「大杉漣」タグアーカイブ

川栄李奈、初主演作の舞台挨拶!、小野塚勇人、中村優一も登壇!映画『恋のしずく』完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 主人公の詩織役を、映画初主演となる川栄李奈さん、酒蔵の息子役である莞爾役を、劇団EXILEの小野塚勇人さんが務めている映画「恋のしずく」。

2018年10月20日(金)公開となりますが、本日、完成披露舞台挨拶が行われ、川栄李奈さん、小野塚勇人さん、中村優一さんといった若手実力派のキャストと、メガホンをとった瀬木直貴監督が登壇しました。


日付:9月25日(火)
場所:丸の内TOEI
登壇:川栄李奈、小野塚勇人、中村優一、瀬木直貴監督

映画情報どっとこむ ralph イベント当日は、天候がかなり悪め。
でしたが、多くのお客様とメディア方々が会場を埋め尽くしました。
キャストと監督が登壇すると、暖かな拍手が起こり、一人広島カープのユニフォームで登壇した監督が

瀬木監督:今日は完成披露ですが、もう一つおめでたいことが近づいているのでこんな格好で来ました!!映画を 楽しんで、そして心の中で広島にも声援を送ってください!!!!

と、監督は作品の舞台となった広島への愛情を見せました。

MCから撮影の際の心境などについて聞かれると、

川栄さん:初主演をさせていただくということで、普段とても人見知りなのに、広島に一か月も行ってみんなと仲良くなれるのか心配でした。

と撮影前の不安を吐露。

川栄さん:でも現場にいくと、初日からみんな同じ楽屋で、コタ ツを囲んでお昼ご飯食べたり、お正月におじいちゃんおばあちゃんの家に親戚が集まったみたいな、雰囲気ですぐに仲良くなれました。

と、実際の酒蔵を使ってのロケだったこともあり、アットホームなで楽しい撮影だったと話してくれました。話の途中で「コタツでご飯を食べる」というフレーズを「コタツを食べる」と言い間違えた川栄さんに、

小野塚さん:だいぶん偏食家ですね。

と突っ込みをいれる様子も見 られ、息の合った掛け合いからも撮影現場での仲の良さを垣間見ることができました。

そんな小野塚さんは

小野塚さん:川栄さんとは、気まずさを通り越して笑えてくる雰囲が良かったですね。

と振り返り、中村さんについて

小野塚さん:空港 で初めて会った時から、優しさのオーラがすごくて、これは結構距離つめていけるんじゃないかって、撮影初日の前日から食事に誘いました!

と思い出を語ると

中村さん:撮影前にも小野塚くんに誘っていただいて、みんなでお酒飲めて楽しかったです。毎日日本酒を飲んでいました!

川栄さん:東京から全く知らないお酒を学びにいく役だったので広島弁でもなく、川栄李奈としても学びに行く気持ちでした。

と自分と役の立場がリンクしていたことを述べ、

小野塚さん:日本酒という伝統文化を仕事とする家に生まれた 息子ということで、日本酒を知るところから始まりました。

と川栄さんとは逆に自分と役とのギャップを埋めるところから始めたと話し、

中村さん:日本酒への愛情と、熱い気もちを持っているというところは心がけました。

と優秀な若き蔵元という自信の役についてコメントしました。

また、作品の中で描かれる酒造りについては、

川栄さん:お酒造りって本当に大変。10キロ以上ある樽を持って運んだり、本当に大変です。お酒を 造る人たちの大変さ、日本酒への愛情を感じました。

と撮影を振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、和気あいあいと楽しかったという撮影現場について質問が及び、当日登壇していた川栄さんや中村さんとの思い出について聞かれると、

小野塚さん:特に何もないですね・・・。

と答え、2人から「何かあるでしょ!」「いっぱいあるでしょ!」と突っ込みがはいる一幕も。

改めて小野塚さんから初対面でこたつ囲んででの滞在の様子が語られ、“乃神酒造会”という会を組んで美味しいお酒をのんで美味しい食べ物を食べていたという小野塚さんに、

監督:蔵人も、酒造りの際には蔵に寝泊まりしてお酒をつくりますからね。

と言う肯定的な意見も出 ました。さらに、東映での舞台挨拶ということで、中村さんは、小野塚さんを引き合いに出し、“聖地”で二人の仮面ライダーが揃い、映画本編でも オートバイに二人乗りのシーンでの興奮を熱く語り、

川栄さん:仮面ライダーに挟まれてるんだ!!

と呟き笑いを誘った。


また、本作が遺作となった大杉漣さんについては、息子役を演じて

小野塚さん:最初の挨拶以降、ほとんど話すことがなく、どうすればいい か小市さんに相談したところ、役柄的には対立している親と息子だから、わざと距離を置いているんだよ、と教えていただきました。演技で もそうでないときにも、背中で語る方でした。

と、そして

川栄さん:私は結構話しましたね。縁側で日向ぼっこしたり、写真をとっていただいた りして過ごしました。撮影中も、自分のこと以上に周りのことに気を配ってくださる姿が印象的でした。

とそれぞれ大杉とのエピソードを語 りました。

映画情報どっとこむ ralph フォトセッションではタイトル入りの酒樽が用意され、鏡割りが行われました。
川栄さん:せーの!

という掛け声に合わせて、登壇者と客席が「よいしょ!」と声を揃え鏡割り。
さらに本イベント用に作られた、特注の大きな枡を持って、日本酒と映画 の魅力をアピールいたしました。


最後の挨拶では、実際にロケ地が西日本豪雨により被災し廃業の可能性もあるとのことで、スタッフやエキストラとともにボランティアへ駆けつけたという監督は

監督:気候風土、この土地に生まれ育って幸せだと思っていたあける映画にしたつもりです。西条の景色とともに世界観 を楽しみにしていただければと思います。

とロケ地であり舞台となった東広島の魅力を述べました。また、

中村さん:この映画を観たあとに、実際に東広島へ行っていただいて、ロケ地マップもありますので、ロケ地を回って日本酒も飲んでいただければと思います。

と映画と合わせて日本酒や広島を満喫する聖地巡礼が提案されました。

小野塚さん:本当に1年前から丁寧に作った作品です。1人1人の登場人 物の心情がも丁寧に描かれていますので、そちらにもご注目ください。

と作品への愛情を見せ

川栄さん:こうして 皆さんに観ていただくまでに本当に色々なことがありました。ここでこうして皆さんに観ていただけることが、どんなにありがたいことなのか 実感しました。災害があり、ロケをさせていただいた酒蔵も被災したと聞いています。この作品は現地の方々の協力がなければできな かった作品です。作品に関わってくださった広島の方々、スタッフさん、役者さん、大杉さんのたくさん詰まった想いが、スクリーンから皆さ んに伝わればいいなと思います。

と初主演映画への想いを語りました。


映画『恋のしずく

公式HP:koinoshizuku.com

物語・・・
舞台は酒蔵で有名な東広島市・西条。農大に通う大学三年生の詩織(21)は、意に反して日本酒の蔵へ実習に。やる気のない蔵元の息 子、厳格な杜氏、不倫に悩む美咲。老舗酒蔵での出会いに彼らの人生は転がり始める。愛らしくて、せつなくて、そしてじんわり味わい深 いヒューマンドラマ。

***********************************


監督:瀬木直貴
脚本:鴨義信

出演:川栄李奈 小野塚勇人 宮地真緒 中村優一 蕨野友也 西田篤史 東ちづる 津田寛治 小市慢太郎 大杉漣

主題歌:和楽器バンド「細雪」
配給:ブロードメディア・スタジオ

©2018「恋のしずく」製作委員会


川栄李奈 主演映画『恋のしずく』新場面写真:大杉漣と酒を飲み交わすなどが解禁。


映画情報どっとこむ ralph 川栄李奈 主演映画『恋のしずく』、新場面写真が解禁となりました。

東広島市・西条を舞台に東京の大学から日本酒の酒蔵へ実習にきた主人公の詩織役を、映画初主演となる川栄李奈さん、酒蔵の息子役である莞爾役を、劇団EXILEの小野塚勇人さんが務めます。

その他、今作が遺作となった蔵元役の大杉漣さんや、杜氏役の小市慢太郎さん、詩織をサポートする農家の娘役の宮地真緒さん、酒造会の若手ホープ役の中村優一さんと、豪華なキャスト陣が脇を固め、酒作りを通して人生の喜び・出会い・別れを経験しながら、成長していくヒューマンドラマとなっています。


今回解禁となる新場面写真では、宮地さん、中村さんとテーブルを囲み、日本酒の味に驚いた表情を見せる川栄さんの姿が。

大杉さんと飲み交わす写真では、美味しそうに日本酒を飲む、川栄さんの柔らかい表情が観ることができます。
またどちらの写真にも登場する「鯉幟」は、詩織が研修へやってきた、大杉さんが蔵元を演じる酒蔵の看板商品であり、販売されている東広島・西条のお酒のため、実際に味わうことのできるお品物となっております。

映画情報どっとこむ ralph 恋のしずくの収益の一部は、西日本豪雨の復興支援活動に寄付するそうです。

恋のしずく

10月20日(土)全国ロードショー
10月13日(土)広島県先行ロードショー

公式HP:
koinoshizuku.com

公式Twitter:
@510429_movie


監督は、テーマとなる地方に実際に住み綿密な調査と土地土地の息吹を肌で感じながら映画を制作していくことで知られている名手・瀬木直貴。そして、主題歌を担当するのは、詩吟・和楽器とロックバンドを融合させた新感覚ロックエンタテインメントバンド「和楽器バンド」。本作にピッタリとマッチした楽曲「細雪」が、予告編に華を添えている。

物語・・・
舞台は酒蔵で有名な東広島市・西条。農大に通う大学三年生の詩織(21)は、意に反して日本酒の蔵へ実習に。やる気のない蔵元の息子、厳格な杜氏、不倫に悩む美咲。老舗酒蔵での出会いに彼らの人生は転がり始める。愛らしくて、せつなくて、そしてじんわり味わい深いヒューマンドラマ。
***********************************

監督:瀬木直貴
脚本:鴨義信
出演:川栄李奈
小野塚勇人 宮地真緒 中村優一 蕨野友也 西田篤史 東ちづる
津田寛治 小市慢太郎 大杉漣
主題歌:和楽器バンド「細雪」
配給:ブロードメディア・スタジオ 
配給:ブロードメディア・スタジオ
©2018「恋のしずく」製作委員会


大杉漣 主演映画『教誨師』ポスター・予告編公開


映画情報どっとこむ ralph 今年惜しくも急逝された俳優、大杉漣が主演・エグゼクティブプロデューサーを務めた、教誨師と6人の死刑囚の対話を描いた映画『教誨師』が、10月6日(土)より有楽町スバル座、池袋シネマ・ロサ他にて公開となります。

本作は大杉漣演じる教誨師と6人の死刑囚たち(玉置玲央、烏丸せつこ、五頭岳夫、小川登、古舘寛治、光石研)による、“死” の側からとらえた、強烈な“生”の物語です。

この度本作のポスタービジュアルと予告編映像が解禁となりました!


この度解禁となった予告編では、主人公・佐伯が死刑囚たちと面会する姿が描かれています。

心を開かない無口な男・鈴木(古舘寛治)、
お喋りな関西の中年女・野口(烏丸せつこ)、
お人好しのホームレス・進藤(五頭岳夫)、
気のいいヤクザの組長・吉田(光石研)、
家族思いで気の弱い父親・小川(小川登)、
そして自己中心的な若者・高宮(玉置玲央)。
彼らと対話する中で葛藤していく佐伯の姿を大杉漣が全身全霊をかけて体現し、限りある命を持つもの同士、激しい火花を散らす物語を予



映画情報どっとこむ ralph 教誨師

10月6日(土)より、有楽町スバル座、池袋シネマ・ロサ他にて全国順次公開

公式サイト: kyoukaishi-movie.com

物語・・・
プロテスタントの牧師、佐伯保。彼は教誨師として月に2 回拘置所を訪れ、一癖も二癖もある死刑囚と面会する。無言を貫き、佐伯の問いにも一切応えようとしない鈴木。気のよいヤクザの組長、吉田。年老いたホームレス、進藤。よくしゃべる関西出身の中年女性、野口。面会にも来ない我が子を思い続ける気弱な小川。そして自己中心的な若者、高宮。佐伯は、彼らが自らの罪をしっかりと見つめ、悔い改めることで残り少ない “生” を充実したものにできるよう、そして心安らかに “死” を迎えられるよう、親身になって彼らの話を聞き、聖書の言葉を伝える。しかし、意図せずして相手を怒らせてしまったり、いつまで経っても心を開いてもらえなかったり、苦難の日々が繰り返される。それでも少しずつ死刑囚の心にも変化が見られるものの、高宮だけは常に社会に対する不満をぶちまけ、佐伯に対しても一貫して攻撃的な態度をとり続ける。死刑囚たちと真剣に向き合うことで、長い間封印してきた過去に思いを馳せ、自分の人生とも向き合うようになる佐伯。そんな中、ついにある受刑者に死刑執行の命が下される….

***********************************

出演:大杉漣 玉置玲央 烏丸せつこ 五頭岳夫 小川 登/ 古舘寛治 ・ 光石 研
エグゼクティブプロデューサー:大杉漣 狩野洋平 押田興将
プロデューサー:松田広子
撮影:山田達也
照明:玉川直人
録音:山本タカアキ
美術:安藤真人
監督・脚本:佐向大
製作:TOEKICK★12 ライブラリーガーデン オフィス・シロウズ
2018年/日本/カラー/ 114分/スタンダード(一部、ヴィスタ)/ステレオ
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
宣伝: VALERIA、マーメイドフィルム
©「教誨師」members
    


主演 井浦新らからコメント到着!映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 知られざる沖縄返還の裏面史を伝える映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』が6月30日ポレポレ東中野、7月7日桜坂劇場ほかにて全国順次公開となります。今まで語られることのなかった実在の外交官千葉一夫を演じるのは井浦新さん。米軍の理不尽な圧政に泣き、沖縄の現状に泣いたという人間味溢れる千葉の奮闘が描かれた予告映像が解禁です!

1972年5月15日、沖縄返還。
日本のプライドをかけアメリカと闘った外交官、“千葉一夫”を知っていますか?
沖縄返還で外交交渉の最前線にいた実在の人物、千葉一夫。返還交渉が始まった1960年代。千葉は、本土から切り離され、アメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう、アメリカと激しい外交交渉を重ねた。
さらに何度も沖縄に足を運んでは、人々の苦悩に真摯に耳を傾けた。挫折しかけながらも妻・惠子に支えられ、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官が生涯をかけて貫いたものとは。

映画情報どっとこむ ralph あわせて本作に寄せられた美輪明宏、茂木健一郎、鳥越俊太郎のコメント、主演・井浦新、戸田菜穂からのメッセージが届きました。
【井浦新コメント】
真剣に、本気で生きる千葉一夫さんの姿が、深く胸に突き刺さった。千葉さんが見た沖縄、そして闘い続けた日本は、あれからどう変わったのだろうか。僕たちは真実を知らなくてはならない。

【戸田菜穂コメント】
「沖縄をこの国に取り戻す!!」そう断言した男の、なんとたくましく魅力的なことか!!日本の歴史を変えた、魂と信念の男の妻を演じて一年経つが、私はいまだにその熱が冷めやらない。

映画情報どっとこむ ralph 予告映像は、「沖縄を取り戻す、日本を取り戻すそれが僕の仕事だ」と真っ直ぐに語る若き日の千葉一夫(井浦新)の言葉から始まる。千葉の直属の上司役・佐野史郎さん、尾美としのりさん、駐米大使役・大杉漣さん、琉球政府主席役・石橋蓮司さんらとぶつかりながら、アメリカとの一筋縄ではいかない返還交渉を成し遂げるために突き進む豪傑な千葉の様子が映し出されている。また、予告映像内には美輪明宏、茂木健一郎さん、鳥越俊太郎さんが「今観るべき映画!!」とそれぞれ絶賛のコメントを寄せている。



映画情報どっとこむ ralph 当時を知る著名人の方々からもコメント!

【美輪明宏(歌手 俳優演出家)コメント全文】
おごれる戦勝国、米国にとって従順ならざる日本人が、白洲次郎以外にもここに居たのである。これは特に政官界人達必見の映画である。演出も俳優陣も素晴らしい。

【茂木健一郎(脳科学者)コメント全文】
沖縄返還の舞台裏に、もう一人の「白洲次郎」がいた!プリンシプルを譲らず、アメリカに対峙した外交官を井浦新が熱演。歴史の渦の中で、貫かれた志。この映画は、傑作にして衝撃のスクープでもある。

【鳥越俊太郎(ジャーナリスト)コメント全文】
沖縄の辺野古に基地が新しく造られようとする今、この映画の登場は大きな希望の光を与えてくれる。「いつか、沖縄を取り戻す」を心に秘め沖縄返還交渉にあたった外交官が日本に実在した!驚きと感動の映画だ。


映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す

6月30日 ポレポレ東中野、7月7日 桜坂劇場
8月11日 東京都写真美術館ホールほか全国順次公開!

公式サイト:
www.henkan-movie.com


***********************************

井浦新 戸田菜穂 尾美としのり 中島歩 みのすけ
チャールズ・グラバー 吉田妙子 平良進 津波信一 佐野史郎 大杉漣 石橋蓮司

語り:仲代達矢

監督:柳川強

脚本:西岡琢也 音楽:大友良英 

原案:宮川徹志「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」(岩波書店刊)
プロデューサー:西脇順一郎 


資料提供:那覇出版社、那覇市歴史博物館、沖縄県公文書館 
制作・著作:NHK  配給:太秦
【2018年/100分/DCP/16:9/日本】
©NHK   


大杉漣最後の主演映画、佐向大監督・脚本『教誨師』10/6(土)公開決定


映画情報どっとこむ ralph 6人の死刑囚と対話するひとりの男の姿を描いた映画『教誨師』(きょうかいし)が、10月6日(土)より有楽町スバル座にて公開決定。

主演、そしてエグゼクティブプロデューサーは先日惜しくも急逝した大杉蓮。

大杉演じる主人公・佐伯は、「受刑者に対して道徳心の育成・心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く」教誨師。

死刑囚専門の教誨師という複雑な人物像を圧倒的な存在感で演じ切り、最初のプロデュース映画にして最後の主演作となりました。


佐伯が対話する死刑囚役には、光石研、烏丸せつこ、古館寛治といったベテラン俳優や、本作が映画初出演となる劇団“柿食う客”の玉置玲央。

監督・脚本は『休暇』『アブラクサスの祭』の脚本、監督作『ランニング・オン・エンプティ』の佐向大です。

公式サイト:
http://kyoukaishi-movie.com

***********************************

出演:大杉漣 玉置玲央 烏丸せつこ 五頭岳夫 小川登/古舘寛治 ・ 光石研

監督・脚本:佐向大

エグゼクティブプロデューサー:大杉漣 狩野洋平 押田興将
プロデューサー:松田広子
撮影:山田達也 照明:玉川直人 録音:山本タカアキ 美術:安藤真人
製作:TOEKICK★12 ライブラリーガーデン オフィス・シロウズ
2018年/日本/カラー/ 114分/スタンダード(一部、ヴィスタ)/ステレオ
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
宣伝:マーメイドフィルム、VALERIA
©「教誨師」members