「大杉漣」タグアーカイブ

川栄李奈 主演映画『恋のしずく』新場面写真:大杉漣と酒を飲み交わすなどが解禁。


映画情報どっとこむ ralph 川栄李奈 主演映画『恋のしずく』、新場面写真が解禁となりました。

東広島市・西条を舞台に東京の大学から日本酒の酒蔵へ実習にきた主人公の詩織役を、映画初主演となる川栄李奈さん、酒蔵の息子役である莞爾役を、劇団EXILEの小野塚勇人さんが務めます。

その他、今作が遺作となった蔵元役の大杉漣さんや、杜氏役の小市慢太郎さん、詩織をサポートする農家の娘役の宮地真緒さん、酒造会の若手ホープ役の中村優一さんと、豪華なキャスト陣が脇を固め、酒作りを通して人生の喜び・出会い・別れを経験しながら、成長していくヒューマンドラマとなっています。


今回解禁となる新場面写真では、宮地さん、中村さんとテーブルを囲み、日本酒の味に驚いた表情を見せる川栄さんの姿が。

大杉さんと飲み交わす写真では、美味しそうに日本酒を飲む、川栄さんの柔らかい表情が観ることができます。
またどちらの写真にも登場する「鯉幟」は、詩織が研修へやってきた、大杉さんが蔵元を演じる酒蔵の看板商品であり、販売されている東広島・西条のお酒のため、実際に味わうことのできるお品物となっております。

映画情報どっとこむ ralph 恋のしずくの収益の一部は、西日本豪雨の復興支援活動に寄付するそうです。

恋のしずく

10月20日(土)全国ロードショー
10月13日(土)広島県先行ロードショー

公式HP:
koinoshizuku.com

公式Twitter:
@510429_movie


監督は、テーマとなる地方に実際に住み綿密な調査と土地土地の息吹を肌で感じながら映画を制作していくことで知られている名手・瀬木直貴。そして、主題歌を担当するのは、詩吟・和楽器とロックバンドを融合させた新感覚ロックエンタテインメントバンド「和楽器バンド」。本作にピッタリとマッチした楽曲「細雪」が、予告編に華を添えている。

物語・・・
舞台は酒蔵で有名な東広島市・西条。農大に通う大学三年生の詩織(21)は、意に反して日本酒の蔵へ実習に。やる気のない蔵元の息子、厳格な杜氏、不倫に悩む美咲。老舗酒蔵での出会いに彼らの人生は転がり始める。愛らしくて、せつなくて、そしてじんわり味わい深いヒューマンドラマ。
***********************************

監督:瀬木直貴
脚本:鴨義信
出演:川栄李奈
小野塚勇人 宮地真緒 中村優一 蕨野友也 西田篤史 東ちづる
津田寛治 小市慢太郎 大杉漣
主題歌:和楽器バンド「細雪」
配給:ブロードメディア・スタジオ 
配給:ブロードメディア・スタジオ
©2018「恋のしずく」製作委員会


大杉漣 主演映画『教誨師』ポスター・予告編公開


映画情報どっとこむ ralph 今年惜しくも急逝された俳優、大杉漣が主演・エグゼクティブプロデューサーを務めた、教誨師と6人の死刑囚の対話を描いた映画『教誨師』が、10月6日(土)より有楽町スバル座、池袋シネマ・ロサ他にて公開となります。

本作は大杉漣演じる教誨師と6人の死刑囚たち(玉置玲央、烏丸せつこ、五頭岳夫、小川登、古舘寛治、光石研)による、“死” の側からとらえた、強烈な“生”の物語です。

この度本作のポスタービジュアルと予告編映像が解禁となりました!


この度解禁となった予告編では、主人公・佐伯が死刑囚たちと面会する姿が描かれています。

心を開かない無口な男・鈴木(古舘寛治)、
お喋りな関西の中年女・野口(烏丸せつこ)、
お人好しのホームレス・進藤(五頭岳夫)、
気のいいヤクザの組長・吉田(光石研)、
家族思いで気の弱い父親・小川(小川登)、
そして自己中心的な若者・高宮(玉置玲央)。
彼らと対話する中で葛藤していく佐伯の姿を大杉漣が全身全霊をかけて体現し、限りある命を持つもの同士、激しい火花を散らす物語を予



映画情報どっとこむ ralph 教誨師

10月6日(土)より、有楽町スバル座、池袋シネマ・ロサ他にて全国順次公開

公式サイト: kyoukaishi-movie.com

物語・・・
プロテスタントの牧師、佐伯保。彼は教誨師として月に2 回拘置所を訪れ、一癖も二癖もある死刑囚と面会する。無言を貫き、佐伯の問いにも一切応えようとしない鈴木。気のよいヤクザの組長、吉田。年老いたホームレス、進藤。よくしゃべる関西出身の中年女性、野口。面会にも来ない我が子を思い続ける気弱な小川。そして自己中心的な若者、高宮。佐伯は、彼らが自らの罪をしっかりと見つめ、悔い改めることで残り少ない “生” を充実したものにできるよう、そして心安らかに “死” を迎えられるよう、親身になって彼らの話を聞き、聖書の言葉を伝える。しかし、意図せずして相手を怒らせてしまったり、いつまで経っても心を開いてもらえなかったり、苦難の日々が繰り返される。それでも少しずつ死刑囚の心にも変化が見られるものの、高宮だけは常に社会に対する不満をぶちまけ、佐伯に対しても一貫して攻撃的な態度をとり続ける。死刑囚たちと真剣に向き合うことで、長い間封印してきた過去に思いを馳せ、自分の人生とも向き合うようになる佐伯。そんな中、ついにある受刑者に死刑執行の命が下される….

***********************************

出演:大杉漣 玉置玲央 烏丸せつこ 五頭岳夫 小川 登/ 古舘寛治 ・ 光石 研
エグゼクティブプロデューサー:大杉漣 狩野洋平 押田興将
プロデューサー:松田広子
撮影:山田達也
照明:玉川直人
録音:山本タカアキ
美術:安藤真人
監督・脚本:佐向大
製作:TOEKICK★12 ライブラリーガーデン オフィス・シロウズ
2018年/日本/カラー/ 114分/スタンダード(一部、ヴィスタ)/ステレオ
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
宣伝: VALERIA、マーメイドフィルム
©「教誨師」members
    


主演 井浦新らからコメント到着!映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 知られざる沖縄返還の裏面史を伝える映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』が6月30日ポレポレ東中野、7月7日桜坂劇場ほかにて全国順次公開となります。今まで語られることのなかった実在の外交官千葉一夫を演じるのは井浦新さん。米軍の理不尽な圧政に泣き、沖縄の現状に泣いたという人間味溢れる千葉の奮闘が描かれた予告映像が解禁です!

1972年5月15日、沖縄返還。
日本のプライドをかけアメリカと闘った外交官、“千葉一夫”を知っていますか?
沖縄返還で外交交渉の最前線にいた実在の人物、千葉一夫。返還交渉が始まった1960年代。千葉は、本土から切り離され、アメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう、アメリカと激しい外交交渉を重ねた。
さらに何度も沖縄に足を運んでは、人々の苦悩に真摯に耳を傾けた。挫折しかけながらも妻・惠子に支えられ、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官が生涯をかけて貫いたものとは。

映画情報どっとこむ ralph あわせて本作に寄せられた美輪明宏、茂木健一郎、鳥越俊太郎のコメント、主演・井浦新、戸田菜穂からのメッセージが届きました。
【井浦新コメント】
真剣に、本気で生きる千葉一夫さんの姿が、深く胸に突き刺さった。千葉さんが見た沖縄、そして闘い続けた日本は、あれからどう変わったのだろうか。僕たちは真実を知らなくてはならない。

【戸田菜穂コメント】
「沖縄をこの国に取り戻す!!」そう断言した男の、なんとたくましく魅力的なことか!!日本の歴史を変えた、魂と信念の男の妻を演じて一年経つが、私はいまだにその熱が冷めやらない。

映画情報どっとこむ ralph 予告映像は、「沖縄を取り戻す、日本を取り戻すそれが僕の仕事だ」と真っ直ぐに語る若き日の千葉一夫(井浦新)の言葉から始まる。千葉の直属の上司役・佐野史郎さん、尾美としのりさん、駐米大使役・大杉漣さん、琉球政府主席役・石橋蓮司さんらとぶつかりながら、アメリカとの一筋縄ではいかない返還交渉を成し遂げるために突き進む豪傑な千葉の様子が映し出されている。また、予告映像内には美輪明宏、茂木健一郎さん、鳥越俊太郎さんが「今観るべき映画!!」とそれぞれ絶賛のコメントを寄せている。



映画情報どっとこむ ralph 当時を知る著名人の方々からもコメント!

【美輪明宏(歌手 俳優演出家)コメント全文】
おごれる戦勝国、米国にとって従順ならざる日本人が、白洲次郎以外にもここに居たのである。これは特に政官界人達必見の映画である。演出も俳優陣も素晴らしい。

【茂木健一郎(脳科学者)コメント全文】
沖縄返還の舞台裏に、もう一人の「白洲次郎」がいた!プリンシプルを譲らず、アメリカに対峙した外交官を井浦新が熱演。歴史の渦の中で、貫かれた志。この映画は、傑作にして衝撃のスクープでもある。

【鳥越俊太郎(ジャーナリスト)コメント全文】
沖縄の辺野古に基地が新しく造られようとする今、この映画の登場は大きな希望の光を与えてくれる。「いつか、沖縄を取り戻す」を心に秘め沖縄返還交渉にあたった外交官が日本に実在した!驚きと感動の映画だ。


映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す

6月30日 ポレポレ東中野、7月7日 桜坂劇場
8月11日 東京都写真美術館ホールほか全国順次公開!

公式サイト:
www.henkan-movie.com


***********************************

井浦新 戸田菜穂 尾美としのり 中島歩 みのすけ
チャールズ・グラバー 吉田妙子 平良進 津波信一 佐野史郎 大杉漣 石橋蓮司

語り:仲代達矢

監督:柳川強

脚本:西岡琢也 音楽:大友良英 

原案:宮川徹志「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」(岩波書店刊)
プロデューサー:西脇順一郎 


資料提供:那覇出版社、那覇市歴史博物館、沖縄県公文書館 
制作・著作:NHK  配給:太秦
【2018年/100分/DCP/16:9/日本】
©NHK   


大杉漣最後の主演映画、佐向大監督・脚本『教誨師』10/6(土)公開決定


映画情報どっとこむ ralph 6人の死刑囚と対話するひとりの男の姿を描いた映画『教誨師』(きょうかいし)が、10月6日(土)より有楽町スバル座にて公開決定。

主演、そしてエグゼクティブプロデューサーは先日惜しくも急逝した大杉蓮。

大杉演じる主人公・佐伯は、「受刑者に対して道徳心の育成・心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く」教誨師。

死刑囚専門の教誨師という複雑な人物像を圧倒的な存在感で演じ切り、最初のプロデュース映画にして最後の主演作となりました。


佐伯が対話する死刑囚役には、光石研、烏丸せつこ、古館寛治といったベテラン俳優や、本作が映画初出演となる劇団“柿食う客”の玉置玲央。

監督・脚本は『休暇』『アブラクサスの祭』の脚本、監督作『ランニング・オン・エンプティ』の佐向大です。

公式サイト:
http://kyoukaishi-movie.com

***********************************

出演:大杉漣 玉置玲央 烏丸せつこ 五頭岳夫 小川登/古舘寛治 ・ 光石研

監督・脚本:佐向大

エグゼクティブプロデューサー:大杉漣 狩野洋平 押田興将
プロデューサー:松田広子
撮影:山田達也 照明:玉川直人 録音:山本タカアキ 美術:安藤真人
製作:TOEKICK★12 ライブラリーガーデン オフィス・シロウズ
2018年/日本/カラー/ 114分/スタンダード(一部、ヴィスタ)/ステレオ
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
宣伝:マーメイドフィルム、VALERIA
©「教誨師」members


新宿に強面たちが集結!『アウトレイジ 最終章』初日舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 北野武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』が10月7日全国公開となり、初日舞台挨拶が行われました。北野武監督、西田敏行さん、大森南朋さん、ピエール瀧さん、松重豊さん、大杉漣さん、金田時男さんが新宿歌舞伎町がすぐ近くの新宿ピカデリーに一歩出たら会いたくない強面たちが集結。

『アウトレイジ 最終章』初日舞台挨拶
日時10月7日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:北野武監督、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、金田時男

映画情報どっとこむ ralph 暖かな拍手に迎えられ、キャストの皆さんが一人づつ登壇。最後に北野武監督が現れると一層大きな拍手!全くボケずに着席。

初日を迎えての感想を聞かれた西田さん
西田さん:小説『アナログ』(北野武:著)の販売促進会においでいただきましてありがとうございます!!!(拍)

こんなに沢山の方々にお集まりいただき、感謝の念に堪えません。

心から御礼申し上げます!

(誰が生き残るのか?と言うことで、役者界での生き残り方法を)ともかく、風が吹く方に尻尾を振りながら元気に歩いていく。(笑)これが方法です。

大杉さんは9年ぶりの北野組
大杉さん:もう9年経つのかなと思いますね。アウトレイジは良い緊張感の現場で、北野組は僕にとって独特で・・・帰ってきたな。と言う気持ちでいっぱいです。
(個性的なキャラクター)誰からも信頼されていないというキャラは、中途半端で役作りが難しかったですが、やりがいはありました。

初北野組のピエールさん
ピエールさん:北野組初めてだったので、緊張しながら現場に入り、わからないまま終わってしまった感があります。アウトレイジと言う最高の作品に出させていただいて光栄です。
(役作りは・・・)変態なやくざなので、いつも通り(笑)プライベートを出し過ぎないように心がけました。入れ墨を入れるのに8時間かかるのですが・・・・出来上がりみたら、後の方は背中書かなくても良いんじゃないかなと。今思いました。(観たばかりの観客、大笑)

映画情報どっとこむ ralph 金田さんは本来実業家。で前作に続き出演する素人さん。
金田さん:今回は監督が表現したいことがだんだんわかってきました。家族を巻き込んで、役に入り込みました。

前作に続いてマル暴(組織犯罪対策部)刑事役で出演
松重さん:ビヨンドで、台本上では死ぬ役だったんですが・・・撮影中皆死にたくない!って雰囲気になってきまして、桐谷君と新井君は「死にたくない!」と、死んだシーンで生きてるかもを自分で演出する。生き残りにかけた男たちの映画でもあります。ぼくの場合は生き残れまして・・・そして生き残った5年でした!
(正義感溢れる刑事役に共感は?)全員悪人問い看板の中で、善良な公務員。一人だけ浮いてるなと思ってはいました。

アウトレイジへの出演を度々画策していたことで知られる大森さんは念願かなって初参加。
大森さん:夢にまでみたアウトレイジ出演です。遂に最終章で呼んでいただき、感動しました。
(アウトレイジの魅力は?)北野映画が好きなのと、バイオレンスものが好きなので・・現代で、ここまでやくざを描いているのは珍しいので、その辺りは魅力ですね。

映画情報どっとこむ ralph 撮影中に印象に残った
西田さん:思いではすべてのシーンですが、脳溢血の後遺症がある塩見さんと初日に撮ったんですが、私も頸椎も亜脱臼して、歩行がままならなかった時で。二人とも抱えられながらの撮影。監督が「大丈夫?本変えちゃう?」って、気遣いをしていただきました。

北野監督:西田さんが怪我。塩見さんが病気になったり。体の悪さ具合が迫力があって生かそうと思っていて観ている俺の首はこんなだから・・・どんな撮影なんだと(笑)。

北野監督:アウトレイジは一度死ぬと、二度と出られないのがルールなので、いよいよ最終章です。三部作で自分なりにうまいまとめ方が出来たなと思ってます。次の映画は恋愛()ものとかをやって、その間にバイオレンス映画を見直して、次は日本の役者オールスターズで撮るかなと。この映画に呼ばれない役者は認められてないという追い込み方をして・・・お車代だけ出てもらおうかなと思ってます。仲代さんも500円で出てもらいます!(笑)
と笑いを取ったところで、強面集団退場となりました。

アウトレイジ 最終章

ただいま絶賛全員暴走中!次回の原作?北野武著小説『アナログ』絶賛販売中

outrage-movie.jp

あらすじ・・・
《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。
そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。

***********************************

監督・脚本・編集:北野 武
音楽:鈴木慶一

出演:ビートたけし 西田敏行
大森南朋 ピエール瀧 松重 豊 大杉 漣 塩見三省
白竜 名高達男 光石 研 原田泰造 池内博之 津田寛治 金田時男 中村育二 岸部一徳

配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野
©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会