「大悟」タグアーカイブ

佐藤健 x 白石和彌監督 最新作『ひとよ』佐々木蔵之介、音尾琢真ら第2弾キャスト解禁


映画情報どっとこむ ralph 『凶悪』を世に送り出して以降、昨年公開『孤狼の血』など、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとりである白石和彌監督最新作『ひとよ』が11月8日(金)全国公開します。

15年前、ある家族に起こった一夜の事件。
それは、母とその子どもたち三兄妹の運命を大きく狂わせた。一家はその晩の出来事に囚われたまま別々の人生を歩み、15年後に再会。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける。抗うことのできなかった家族の岐路と向き合う一家が辿り着く先とは−−−−。
『ひとよ』
15年前の事件に縛られ家族と距離をおき、東京でうだつのあがらないフリーライターとして働く稲村家の次男・雄二を演じるのは、佐藤健。しがない町の電気屋に勤務し、三兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩み、幼少期より人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ長男・大樹に鈴木亮平、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・園子に松岡茉優、そして、15年ぶりに三兄妹との再会を果たす母・こはるを田中裕子が演じる。

映画情報どっとこむ ralph この度、稲村家を取り巻く人物たちである、第2弾キャストを解禁!
ひとよ

別れた妻との間に17歳の息子を持ち、稲丸タクシーの生真面目そうな新人ドライバー・堂下道生(どうした・みちお)に、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」への出演が発表された佐々木蔵之介。堂下が抱える息子への想いが、稲村家の行く末にも大きく影響を与えることになる。

堂下道生(どうした・みちお)役 佐々木蔵之介 コメント

初参加の白石組は、撮影の流れ、段取り、雰囲気がとても良く、この空気は良い作品になると感じました。丁寧に作られた作品になっていることは間違いないです。親子、兄弟、家族…日本に限らず世界に共通する問題で、非常に普遍的な映画になる気がしています。映画をご覧いただく皆さんが、特別な家族に、どれだけの感情を乗せていただけるか、もし乗ってきていただけたとしたら高いハードルを越えてきてくださったことになるので、この映画はそういう面で挑戦した作品になっていると思います。同じ観客の立場としても、出来上がりの作品を楽しみにしています。

稲丸タクシーの2代目社長であり、稲村こはる(田中裕子)の甥にあたる、丸井進(まるい・すすむ)を演じるのは、高校の先輩でもある白石監督作品への参加が通算9作目となり、白石組には欠かせない存在となった音尾琢真。

丸井進(まるい・すすむ)役 音尾琢真 コメント

白石監督は温厚な方なので、相変わらず現場の雰囲気は良くて、落ち着くお家に帰ってきたような、故郷に帰ってきたような感覚になりました。作品の手ごたえは自分には分からないですが、ただ白石監督が撮っているのだから大丈夫だと思っています。この作品も世界に羽ばたき、日本だけでなく世界中の皆さんに楽しんでいただけるようなものになったらいいなと思っています。

亡人で一人娘を養う、稲丸タクシーの事務員・柴田弓(しばた・ゆみ)に、来月公開の『よこがお』で再び深田晃司監督とのタッグを組む筒井真理子。

柴田弓(しばた・ゆみ)役 筒井真理子 コメント

白石監督の作品を数多く拝見していて、作風から緊張感のある現場かなと思っていましたが、すごく柔らかくてみんな楽しげで、ちょっと意外でした。良い意味で緊張感を抜いていただける現場で、リラックスして監督の思う世界に入れたかと思います。出来上がりを楽しみにしています。

稲丸タクシーのドライバーで雄二(佐藤健)の同級生・歌川要一(うたがわ・よういち)に「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」「相棒」シリーズなどで幅広い演技力をみせる浅利陽介。

歌川要一(うたがわ・よういち)役 浅利陽介 コメント

白石組が初めてなので、自分が持っている引き出しや芝居のアプローチがうまく白石監督や他の役者さんのヒントになるといいなと思い、撮影に挑みました。クランクアップして、撮影が終わったという達成感と、もう少し撮影現場に居たかったという気持ちが入り混じっています。稲丸タクシーの現場は、ゆったりした時間が流れていたのでリラックスした状態で撮影ができました。台本を読んだ限り、ズシッと残るものがあり、最後に家族の愛っていいなと思ったので、皆さんにも伝われば嬉しいなと思います。それぞれの個性的なキャラクターが相まって、どんなクライマックスになるのか、期待しています。

同じく雄二の同級生で女性ドライバーの牛久真貴(うしく・まき)に鈴木清順監督に見出された『ピストルオペラ』でデビュー以来、存在感を放つ韓英恵。

牛久真貴(うしく・まき)役 韓英恵 コメント

モー(牛久真貴の愛称)はヤンキーながら、稲丸タクシーを支えていく気持ちがあり、頼り甲斐のあるキャラでありたいと思い演じました。白石監督とは助監督時代にご一緒したことはありますが、監督作品への参加は初めてでした。撮影当初は不安もありましたが、監督が役者の芝居にきちんと向き合ってくれて、のびのびと演じることができました。全力を出し切ったのでクランクアップして率直に寂しく、まだあの世界に浸っていたい気持ちが残っています。

別居中の大樹(鈴木亮平)の妻・稲村二三子(いなむら・ふみこ)には、『孤狼の血』に続き白石組への出演を果たし、多才ぶりを発揮するMEGUMI。

稲村二三子(いなむら・ふみこ)役 MEGUMI コメント

スタッフの方全員の想いが一つになった空気感が、本当に気持ちが良く、私もこの場にいれて幸せだなという思いとプロフェッショナルさを感じた現場でした。役柄と同じく私も子供がいるので、感情移入できた部分があり、心が震えるような場面が何度もありました。出演するほぼ全シーンが怒りに震えていて、激しくて、台本を最初に読んだ時よりも何百倍も肉体的に削られましたが、精神的には鈴木亮平さんに監督、そしてスタッフさんに今までの自分にないものを引き出していただき感謝しています。インターネットが流通し、実際に会話するよりもテキストや絵文字でのやりとりがメインになっている世の中とは真逆で、自分の辛さ、弱さ、喜びをぶつけ合っている、すごく人間らしい家族の話です。観た方もちょっと思ったことを言ってみようかなとか、家族に辛いことや喜びをシェアするような、共感のきっかけになったらいいなと思います。

そして、稲丸タクシーに乗りあわせるチンピラ・友國淳也(ともくに・じゅんや)に、バラエティ番組で大活躍中の大悟(千鳥)。

友國淳也(ともくに・じゅんや)役 大悟(千鳥) コメント

白石監督は、『孤狼の血』とかを観て、勝手にめちゃくちゃ怖い人かなと思っていたら、すごい物腰の柔らかい方でビックリしました。「クセ」は強くなかったですね。とても優しい、紳士な方でした。撮影は、緊張しました。フワッフワしたまま、こんなことになるんや、と思いました。

映画情報どっとこむ ralph 今回、佐々木蔵之介、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、大悟(千鳥)は、白石組に初参加。

実力派俳優、芸人、タレントとバラエティ富んだ演者たちが、それぞれの家族が抱える問題に真摯に向き合いながら、物語を紡いでいく。2019年最も豪華な俳優陣が集結し、〈家族の絆〉を問いかける感涙のヒューマンドラマ『ひとよ』は、11月8日(金)全国公開!

www.hitoyo-movie.jp

***********************************

監督:白石和彌
脚本:髙橋泉
原作:桑原裕子「ひとよ」

出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子

製作幹事・配給:日活 企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

千鳥(大悟とノブ)、美人プロドライバー:小山美姫 がVRドライビング対決!『TAXi ダイヤモンド・ミッション』


映画情報どっとこむ ralph リュック・ベッソンが製作・脚本を手掛け、新感覚カー・アクションとして全世界にTAXi旋風を巻き起こした『TAXi』1作目の公開から20年。ついに、新たなTAXiシリーズが再始動!フランスではすでに公開され、2週連続第1位、動員は365万人を超える特大ヒットを記録した『TAXi5』が、邦題『TAXi ダイヤモンド・ミッション』としてついに1月18日(金)に日本公開いたします。

此度、公開を直前に控えた1月15日(火)に、日本公開をさらに盛り上げるべく、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で公開直前PRイベントが実施され、お笑いコンビの千鳥(大悟とノブ)、美人プロドライバーとして注目の小山美姫が登壇しました!

日付:1月15日(火)
場所:池袋サンシャインシティ噴水広場
登壇:お笑いコンビの千鳥(大悟とノブ)、美人プロドライバー:小山美姫

映画情報どっとこむ ralph 吹き替え版ゲスト声優&宣伝隊長を務める千鳥。
声優としては強盗団という役どころだが、

大悟さん:オファーをもらったときに『どっちをやってくれてもいい』と言われて驚いた。その辺も自由。どっちの役をやってもいいなんて今まで聞いたことがない!」と声優初挑戦の洗礼(?)に驚き顔も「本編を観たら確かにどちらがやってもいいキャラだった。

と笑わせました。

ノブさん:アフレコ現場も自由で、叫ぶ声も好きなようにやっていいと言われた。こっちのアドリブを求められて楽しい収録になった。

と振り返ってた。

千鳥には『TAXi』との浅からぬ縁があるようで

のぶさん:一作目は、当時、大悟の大阪の一人暮らしの部屋で観た覚えがあります。

とノブが回想すると、

大悟さん:ワシが大阪でお笑いを一人でやっていた時代に、岡山から来たノブと二人でレンタルショップに行って『TAXi』を借りて観た。その頃から、いつかこの映画の声優をやりたいと言い合っていた。本当に夢が叶った!

とちゃっかり。

また1作目の公開から20年ということで新成人に向けて

ノブさん:色々人生はあると思うけれど、好きなことをやればいい。見つかっていない人は好きなことを見つけられるように一歩一歩進んでいってほしい。ウッス!

と中身のないエールを送ると、

大悟さん:売れてねえ俳優か!

と痛烈ツッコミ。

大悟さん:大人にせかされて何かやれとか何かを見つけろとか言われるけれど、好きなように生きていくのが後々の自分の人生に繋がってくる。一生懸命生きてほしい。ウッス!

と勢いで中身の薄さをごまかしていた。

続いて話は、昨年末にノブがテレビの企画で1142万円のメルセデス・ベンツを購入した話題に。
本来はファミリーカーを探しに行くつもりであったそうだが、大悟さんにそそのかされてベンツを買ってしまったというノブさんは、

ノブさん:嫁からは『なんでなん?』と8回連続で言われました。すでに納車されて、家族みんなで乗ってます。息子はうしろの席でギュって。いい車ですから、テンション上がってるんですけど、テレビで色とか車種も特定されているので、この間表参道通ったら指さされて笑われました。

と告白し、会場を笑わせた。

また今年の目標を聞かれ

ノブさん:僕らの仕事は漫才師ですから、お笑いをやりながら皆さんに笑ってほしい。2018年を超えるような、エンジンをブンブン飛ばして…『TAXi ダイヤモンド・ミッション』!

と作品に絡めながら意気込み。それに

大悟さん:おもろなっ!

突き放しつつ

大悟さん:色々な仕事があるけれど、ワシらはお笑い一本!お笑い以外何もできない!

とキメていた。

映画情報どっとこむ ralph 千鳥の2人は、宣伝隊長として劇中で繰り広げられる時速300km超えの世界を身をもって体感するために、プロのレーシングドライバーもトレーニングに愛用するVRドライビングシミュレーター「T3Rsimulator」対決を実施。


大悟VSノブの千鳥対決では、逆走して何故かピットインしてしまったノブが大悟さんに完敗。

ノブさん:走っていたら赤と白の看板が出てきて、もうええわ!とピットに入ってしまった。お亡くなりになったと思う。

という敗戦の弁に、

大悟さん:途中で世田谷の分離帯でユラユラしているのがいて、それは抜いといた。

とお笑いコンビ・インパルスの堤下敦さんによる不祥事エピソードをにおわすと、ノブさんはすかさず

ノブさん:VRにはおらん!どんなファンタジーやねん!

と反応していた。

続く決勝戦は、岡山国際サーキットを舞台に、大悟さんとプロドライバー・小山さんとのガチンコ対決を実施。

小山さんはプジョーに乗車し、大悟さんはフェラーリでスタート。
余裕の小山さんをよそにフェラーリの爆走ぶりにハンドルを持っていかれる大悟さんだったが、ゴール直前で停車して大悟さんの様子をうかがう小山さんの隙をついて、大逆転の優勝となった。

最後に・・・

大悟さんん:物語のキーを握る役として大悟とノブが出てくるので、そこを見逃すと後半の話が分からなくなる。ぜひ何度も観てほしい!

と作品アピール。

ノブさん:めちゃくちゃ面白いストーリーでカー・アクションが沢山。リュック・ベッソンとお笑い談義をしたいくらい面白いボケがある。シリーズを見ていなくても大丈夫だし、僕らのアフレコ部分を聞かなくてもいいので、本編を楽しんで。

と見どころを挙げていた。

TAXi ダイヤモンド・ミッション

公式サイト:
taxi5.asmik-ace.co.jp

2019年1月18日(金) 全国爆走!

【STORY】
超絶ドライブテクの(でもスピード狂!)警官 X 街を熟知する(だが間抜けな!)タクシードライバー
問題だらけの警官マロは、ある日首都パリ警察から地方都市マルセイユへ左遷されてしまう。マルセイユ警察は、フェラーリなどの高級車を操り華麗に宝石を盗む、イタリアの強盗団にやられっぱなし。対抗できるのは秘密兵器を搭載した最速のタクシー、伝説のプジョー407しかない!マロは渋々ながら、持ち主の甥で間抜けなタクシードライバー、エディとタッグを結成。そんな中、5日後に世界最大のダイヤモンド“カシオペア”が到着する事に。強盗団はドローンも使用した完璧な作戦を立てていた……。凸凹コンビは伝説のタクシーと共に、無事ダイヤモンドを守れるのか?!

***********************************

製作:リュック・ベッソン、ミシェル&ロラン・ペタン 
監督:フランク・ガスタンビド
脚本:リュック・ベッソン、フランク・ガスタンビド、ステファーヌ・カザンジャン 
出演:フランク・ガスタンビド、マリク・ベンタルハ
原題:TAXi5/2018年/フランス/103分/スコープサイズ
日本語版字幕:寺尾次郎
提供;アスミック・エース、バップ
配給:アスミック・エース
© 2018 – T5 PRODUCTION – ARP – TF1 FILMS PRODUCTION – EUROPACORP – TOUS DROITS RÉSERVÉS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

哀川翔自ら品川ヒロシに監督を依頼とコメント!『Zアイランド』


5月16日(土)より全国公開、 哀川翔活動30周年記念主演、品川ヒロシ監督最新作の

Zアイランド

この度、3月25日(水)より開催中の、島ぜんぶでおーきな祭第7回沖縄国際映画祭にて、3月28日(土)、映画『Zアイランド』舞台挨拶付き特別上映が行われ、哀川 翔、木村祐一、宮川大輔、大悟(千鳥)、川島邦裕(野性爆弾)、品川ヒロシ監督が参加!コザレッドカーペットでは、約2万人が大盛り上がりをみせました!  
コザレッドカーペット2

3月28日(土) 特別上映会
場所:ミハマ7プレックス
参加者:哀川 翔、木村祐一、宮川大輔、大悟(千鳥)、川島邦裕(野性爆弾)、品川ヒロシ監督

3月28日(土) コザレッドカーペット
場所:コザゲート通り
参加者:哀川翔さん、木村祐一さん、川島邦裕(野性爆弾)、品川ヒロシ監督

Z特別上映

哀川さん:昨年の6月から新潟から佐渡島にわたっての約1ヵ月の撮影だったんですが、ヤクザvsZ(ゾンビ)というあまりにも凄い設定で、皆さんいかがでしたか?

サンブンノイチ撮影時に品川監督に「来年芸能生活30周年になるんだけど、メガホン撮ってくれないかー」とお願いしたら、「はい!」と即答してくれて、そこから生まれた作品なんです。本日が一般の皆さまへ初お披露目となります。

30周年にふさわしい素敵な作品が完成したと思っています!

全力で取り組んだ作品なので今日は大変嬉しく思っています。

木村さん:実は本当はいい人なんです 笑笑。最初から見たかったんですが途中から皆さんと一緒に鑑賞しておりました。いきなり僕も泣きました。感動的な作品です!

宮川さん:お子さんも見にきて頂いてるようで嬉しいです。いっぱつめのZが自分でプレッシャーやったんです。撮影の頭で動きを「これどうですか」と監督に見てもらったんですが、「それゴリラやで」といわれて。で、監督から「エリマキトカゲみたいに走ってみましょう」と演出があり、やってみたら凄い良かったんですよ!ハイブリッドゾンビが誕生したんです。

大悟さん:僕凄っごいカーアクションやりましたが、、、免許もってないんです。撮影が大変でした、ご迷惑おかけしました。

川島さん:楽しく参加させて頂きました!

品川監督:翔さん30周年をお借りして、好きなものを全部つめこみました。
おもちゃ箱みたいな、自由度の高い楽しい作品に仕上がりました。
川島さんは破天荒な印象がありますよね?しかし、とても努力家!一番の発見です。
川島真剣説!!(笑)楽しい現場でした。

撮影中エピソードとしては・・・魚を釣りましたね、アジ50匹!打ち上げで皆で頂きました。
あと、川でカニをとりました。翔さんだけ「僕の夏休み」みたいでした。
翔さんはかもめもつかまえてました (笑)。

コザレッドカーペット1

Zアイランド
公式HP:www.z-island.jp
公式Twitter:https://twitter.com/Zisland_movieJP
公式Facebook:https://www.facebook.com/Zisland.movieJP

2015年5月16日(土)全国公開です!

********************************************************************

【ストーリー】
ある雨の夜。高級クラブで豪遊する宗形組、組長の宗形博也【哀川翔】、
武史【鶴見辰吾】、信也【RED RICE(湘南之風)】たちは、
敵対する竹下組の襲撃にあう。武史は、敵討ちを果たすため、
竹下組に反撃するも、失敗に終わり、ムショ送りとなってしまう。
Zアイランドポスター
10年後、武史の出所を出迎えた宗形は竹下組との抗争で、
足に傷を抱え、組は解散に…、武史の愛娘・日向の世話をしながら、
今では借金を抱え、運送業を営み、かつての栄光は見る影も無い。
出所した武史は、待ちわびた娘・日向との再会も虚しく、
前科ものの父親に会いたくないと、家出をしてしまっていた。
向かった先は、家族の思い出の場所―“銭荷島”。

後を追い、宗形、武史、真也、武史の元妻・桜(鈴木砂羽)は島へと向かう。
時を同じくして、竹下組組員吉田が組の薬をごっそり盗み逃亡したという。
銭荷島に潜伏する吉田を消してドラッグを回収するために
竹下組の武闘派・反町(木村祐一)、内田【大悟(千鳥)】、
ジョー【川島邦裕(野性爆弾)】も島へと急ぐ。
その頃、島の診療所には、咳と高熱に魘される患者が殺到していた。
島民たちに吉田は高額で薬を売り捌くが、謎の病は更に広がっていく。
銭荷島に降り立った宗形たち―。彼らは日向に会うことができるのか…。
彼らの敵は、竹下組?それとも謎の病?島民をも巻き込んだ闘いの行方は…。
命を賭けた闘いが今はじまる!

哀川 翔  鈴木砂羽  木村祐一  宮川大輔  RED RICE(湘南乃風)
大悟(千鳥 )川島邦裕(野性爆弾)  山本舞香  水野絵梨奈  般若  篠原ゆき子  シシド・カフカ
風間俊介  窪塚洋介  中野英雄 / 鶴見辰吾
監督・脚本: 品川ヒロシ
配給:KADOKAWA/吉本興業
(C)2015「Zアイランド」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

陳内将登壇『ガチバン NEW GENERATION』初日舞台挨拶


ブレイク前の若手俳優を発掘してきた大人気シリーズ“ガチバン”22作目となる

ガチバン NEW GENERATION

2015年1月31日(土)に公開となり、その初日舞台挨拶が行われました。

舞台挨拶には主演の陳内将。そして、米原幸佑、多和田秀弥、お笑いコンビ「イワイガワ」岩井ジョニ男など個性豊かなジャンルを超えた出演者が集結しました!もちろん元木監督も。

ガチバン

『ガチバン NEW GENERATION』1月31日(土)初日舞台挨拶
日 程: 1月31日(土)
場 所:シネマート新宿
登壇者:陳内将、岩井ジョニ男(イワイガワ)、多和田秀弥、米原幸佑、元木監督

初代番長・窪塚俊介、2代目番長・佐野和真、3代目番長・窪田正孝、4代目番長・荒井敦史、5代目番長・柾木玲弥。

そして!6代目番長 陳内将。

陣内さん:人生初めての主演をやらせていただいて。その初日に寒い夜にこれだけ沢山の方に来ていただき感謝しています。嬉しいです。
ガチバン陳内将2

岩井さん:本日は足元が悪い中。。いや悪くないですね。。。。足元がおぼつかない私を見に来てくださってありがとうございます。
ガチバン岩井ジョニ男

米原さん:本当に撮影中から楽しくて。公開される日を楽しみにしていました!皆さんに観ていただけて嬉しいです。
ガチバン米原幸佑

多和田さん:公開初日に足をお運びいただいてありがとうございます。僕にとって初めての映画で、とても緊張しています。
ガチバン多和田秀弥

元木監督:監督役の元木です。
元木監督

MC:キャラクターをどう演じましたか?

陣内さん:素直でピュアなところがあって、なりたくてヤンキーをやってるというより、素直に生きていたらそうなったと僕は思っていて。目の前の役者さんや状況に素直に反応するよう心がけました!

MC:印象的なシーンはありましたか?

岩井さん:えっボク?陣内さんに初めて会ったとき金髪リーゼントで、そういう人なんだと思ったんです。(場内笑い)最後の方で仲良くなってから、僕普段は全然違うんですよって!写真見せられたんですよ。ぜんぜん違うなと。

MC:そうですね。劇場スタイルでは街で会いたくないですよね。アクションシーンで一番苦労したところは?

陣内さん:アクションと言うよりはにらみ合いが多くて。幸佑くんと橋の上でずっと睨んでいて乾燥して、涙流しちゃったんですよね。

米原さん:泣かせちゃったーと思いました。
ガチバン橋の上ファイト
ガチバン橋の上ファイト2

MC:岩井さん初日いかがですか

岩井さん:ヤンキー映画なんだと思ってね。千葉の土佐犬と言われたこともあったので。
米原さん:千葉の土佐犬?ハーフってことですかね?
陣内さん:雑種じゃない?
岩井さん:室内犬です。出川さんと食事しててヤンキー映画一度出てみたいなって話していた時に来たんです。来たなーと。昔の学ラン出してきたんですけどね。台本観たらラブホテルの店長だったんですよね。
MC:それは撮影初日のお話ですね。
岩井さん:あらうっかり者です。
陣内&岩井

MC:今度こそ、初日を迎えていかがですか?多和田さん。

ガチバン多和田秀弥3多和田さん:ジョニ男さんの後はつらいですね。初めての映画で緊張していて、初日のシーンは陣内さんと一緒だったんですけど、一杯話しかけてくれて。監督も一つ一つ教えていただいて。周りのスタッフにも支えられて。いろいろ学びながら作った作品なので、こうやって沢山の方に観ていただける初日を迎えられて心から嬉しいなと思いました。

MC:どのように演じられました?
多和田さん:はじめ、どこまで嘘でどこまで本当なのか・・・ある意味だまそうと思ってやっていました。

MC:米原さんは?

米原さん:僕、割とちっちゃい方なんですけど。台本もらってみたら最後戦うわけですけど、今までやられる方かBLのやつとかだったんで。俺にこれか!!って思いました。挑戦でした。将とのやり取りも楽しかったです。の作品は撮影から公開まで3か月と短かったですが、それでも早く皆さんに観ていただきいと思っていました。

MC:アクションシーンは!
米原さん:アクションシーンは。。アドレナリン出過ぎてちょっと入ったりもしたりして。行っちゃってる将に載せてもらいつつのめりこんで、苦労と言うより楽しめました。

多和田さん:ふつう殴られないじゃないですか。米原さん最初「大丈夫?」とか気遣ってくれて。今思うとボク身長大きい方なんで、ちょっとね。初めての経験をさせていただきました。

米原さん:言葉遣いは丁寧だけどグサッと刺すね。20cm位ちっちゃい奴から殴られたんだもんね。

ガチバン多和田&米原

MC:監督からお願します。

元木監督:こんな沢山の人が初日に見に来てくれるなんてガチバン史上初めてで、光栄です。(以前はもっと小さな劇場だった。)皆さん人気あるなーと思っています。主人公が6代目。今回の主人公は金髪リーゼントにしようと思っていて、彼が金髪うんこ座りでいるのをみて22作目にしてヤンキー映画撮ってるんだなって実感しました。それぐらい彼が動いてくれていてこれはいけるなと思いました。

MC:面白エピソードを。

岩井さん:ラブホのシーンで、ずっと待ちで睡魔が襲ってきて、セリフが飛んで。
元木監督:7テイクぐらいねしたね。
ガチバン記者会見

米原さん:チームジミーってよるんですけど。うちの手下たちがいるんですけど。設定では僕18なんですよ。(観客くすくす)ほら、僕の手下は30オーバーなんですよ。いい意味で気持ち悪くて良かったです。

陣内さん:ガチバンのヒロイン。ミンキョンさんね。
米原さん:ヒロインではない!
陣内さん:ミンキョンねーさんのアドリブは周りを和ませてくれました。脇に・・・・掛けるとか。
米原さん:キスシーンもミンキョンがハアハア言ってて。
元木監督:僕の演出です。計算通りです。

ガチバンキツネ

MC:最後にメッセージ

ガチバン陳内将3陳内さん:シリーズ22作目6代目番長務めさせていただき光栄です。プレッシャーもありますけど、僕らが楽しんでNEW GENERATION新しい時代を作るぞ気概で作ったんで、ガチバンが続くよう頑張っていきます!

岩井さん:面白エピソード今思い出しました。小学校6年お娘とセリフ合わせを車の中でしてたんですけど・・・ラブホのシーンになって。これはやばいと。まだまだ寒い日が続きますが皆さんご自愛ください。お元気でまた会いましょう!

多和田さん:ヤンキー映画と言うことで色々な見方があると思いますが、僕はこの作品は一人一人に負けられない気持ちや優しさがあって素敵な作品です。この作品を通して皆さんにも何か影響があればと思います。

ガチバン米原幸佑5米原さん:今回から新シリーズ。将は現場でみんなを引っ張っていってくれて。このNEW GENERATIONって言うのが大きくなっていったらいいなと思います。喧嘩映画ですけど人間臭い映画なので、いろいろな層の人に見ていただきたいと思います。

元木監督:22本目のガチバン。こうやってNEW GENERATIONな人たちが演じるとこうやって新しいNEW GENERATIONのお客さんが来てくれるんだなとあらためて実感しました。ヤンキー映画なので暴力シーンやゲスい人間も出てきますが、読み切りマンガみたいに楽しんでもらいたいと、役者・スタッフと創った作品です。是非、SNSで広めて下さい!

『ガチバン NEW GENERATION』絶賛公開中!
『ガチバン NEW GENERATION2』は2月14日に公開決定です。
公式HP: http://ameblo.jp/gachi-ultimatum/
「ガチバン NEW-GENERATION」メイン

********************************************************************

物語は・・・
ガチバンNEW-GENERATION ポスター埼京線から最強のヤンキーが生まれる――。大友斗氣雄(オオトモトキオ・陳内将)は西川口出身の埼京線系金髪ヤンキー、ちなみに童貞・・・・喧嘩は無敵じゃないが根っからの負けず嫌い。そんな大斗氣雄が一念発起!一旗揚げて、金をつかんで、童貞捨てようとやって来たのは、彼にとっては都会の“池袋”!手っ取り早く、ラブホの清掃員のバイトについた斗氣雄だが、そこはやはりヤクザな世界。清掃員の仕事もそこそこに、危ない仕事を押し付けられる。

監督:元木隆史 脚本:イケタニマサオ
出演:陳内将 大悟(千鳥) 岩井ジョニ男(イワイガワ) 多和田秀弥 米原幸佑
配給:AMGエンタテインメント
日本/カラー/83分/16×9ビスタ
(C) 2015「ガチバン NEW GENERATION」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『Zアイランド』特報映像とティザービジュアルが到着!


Zアイランド Tビジュアル2015年より全国公開となります

哀川翔活動30周年記念主演作品にして、

品川ヒロシ監督最新作の

Zアイランド

この度、本作の特報映像とティザービジュアルが到着いたしました!

ヤクザの組長宗方(哀川翔)と謎の黒づくめ集団との攻防戦から始まる緊張感漂うシーンから一変、現れたのはやたらと早い動きをするゾンビ!

アクションシーン満載の映像は臨場感たっぷりで短い映像ながらも見応え十分!先日発表され話題となった宮川大輔さんのゾンビ演技にも注目の映像に仕上がっています!

物語
ある雨の夜。高級クラブで豪遊する宗形組、組長の宗形博也【哀川翔】、武史【鶴見辰吾】、信也【RED RICE(湘南之風)】たちは、敵対する竹下組の襲撃にあう。武史は、敵討ちを果たすため、竹下組に反撃するも、失敗に終わり、ムショ送りとなってしまう。

Zアイランド チラシビジュアル10年後、武史の出所を出迎えた宗形は竹下組との抗争で、足に傷を抱え、組は解散に…、武史の愛娘・日向の世話をしながら、今では借金を抱え、運送業を営み、かつての栄光は見る影も無い。
出所した武史は、待ちわびた娘・日向との再会も虚しく、前科ものの父親に会いたくないと、家出をしてしまっていた。

向かった先は、家族の思い出の場所―“銭荷島”。

後を追い、宗形、武史、真也、武史の元妻・桜(鈴木砂羽)は島へと向かう。
時を同じくして、竹下組組員吉田が組の薬をごっそり盗み逃亡したという。
銭荷島に潜伏する吉田を消してドラッグを回収するために竹下組の武闘派・反町(木村祐一)、内田【大悟(千鳥)】、ジョー【川島邦裕(野性爆弾)】も島へと急ぐ。
その頃、島の診療所には、咳と高熱に魘される患者が殺到していた。
島民たちに吉田は高額で薬を売り捌くが、謎の病は更に広がっていく。
銭荷島に降り立った宗形たち―。彼らは日向に会うことができるのか…。

彼らの敵は、竹下組?それとも謎の病?島民をも巻き込んだ闘いの行方は…。
命を賭けた闘いが今はじまる!

Zアイランド

2015年5月16日(土)全国公開です。
公式HP:www.z-island.jp

********************************************************************

哀川 翔  鈴木砂羽  木村祐一  宮川大輔  RED RICE(湘南乃風)大悟(千鳥 )川島邦裕(野性爆弾)  山本舞香  水野絵梨奈  般若  篠原ゆき子  シシド・カフカ
風間俊介  窪塚洋介  中野英雄 / 鶴見辰吾

監督・脚本: 品川ヒロシ
配給:KADOKAWA/吉本興業
(C)2015「Zアイランド」製作委員会
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ