「大倉忠義」タグアーカイブ

『疾風ロンド』ポスター&阿部寛、大島優子ら場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph だんだん寒くなってきた今日この頃、いよいよ待望のスキー&スノボシーズンが到来です!

雪山舞台に繰り広げられるサスペンスコメディー映画『疾風ロンド』が11月26日(土)より全国公開となります。

%e7%96%be%e9%a2%a8%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89s%ef%bc%91
本作は、東野圭吾先生により書き上げられ、瞬く間に100万部を売り上げた同名小説「疾風ロンド」の実写映画化。

監督を務めるのは、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13年NHK)の演出で日本中に一大ブームを巻き起こした吉田照幸。

主演は、コミカルな演技には定評があり、類を見ない抜群の演技力を誇る稀代の名優・阿部 寛さん。

さらに豪華キャストとして、先日スキー場開きに登場した大倉忠義(関ジャニ∞)さんや大島優子さんのほか、

ムロツヨシさん、堀内敬子さん、戸次重幸さん、濱田龍臣さん、志尊 淳さん、野間口 徹さん、麻生祐未さん、生瀬勝久さん、柄本 明さんなど人気の実力派キャストが顔を揃えています。


映画情報どっとこむ ralph そして公開あと1ヶ月を切ったこの度、本作の全貌が覗き見れる新場面写真が大量解禁!

疾風感溢れる阿部寛さんのweb用ポスターはもちろん、雪山を舞台にバブル時代に流行ってただろう、華やかなスキーウェアを身にまとった栗林(阿部寛)。
%e7%96%be%e9%a2%a8%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89s%ef%bc%92 そしてひょんなことから彼を支えていくスノーボードクロスの選手・千晶(大島優子)、
%e7%96%be%e9%a2%a8%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89s%ef%bc%93 そしてドドメ色の変な帽子を被り、どこか怪しげなスキーヤー・ワダハルオ(ムロツヨシ)、
%e7%96%be%e9%a2%a8%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89s%ef%bc%94 研究所所長・東郷(柄本明)と違法生物兵器「K-55」が盗まれ、犯人からの脅迫メールが届いたあの瞬間を激写した場面が!!!
%e7%96%be%e9%a2%a8%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89s%ef%bc%95
映画情報どっとこむ ralph
東野圭吾先生からのコメント!

主人公の栗林和幸は、決して無能な人間ではありません。むしろ優秀で、状況によってはヒーローになれる人材でしょう。しかしそんな人間でも、ひとたび歯車が狂いだすと、やることなすことのすべてが喜劇になってしまうことを、阿部寛さんは見事に表現してくださいました。その喜劇を際立たせる周りの役者さんたちの演技も素晴らしく、ノンストップの雪上アクションと共に存分に楽しませていただきました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『疾風ロンド

11月26日(土)全国ロードショー

公式サイト: www.shippu-rondo-movie.jp

物語・・・

%e7%96%be%e9%a2%a8%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc人質は全日本国民!? 頼みの綱は“頼りない”中年男!?

大学の研究所施設から、違法生物兵器「K-55」が盗まれた。研究所所長の下に届く犯人からの脅迫メール。「身代金の3億円を用意しろ」警察には頼めない・・・、しかも残された時間は4日間・・・。そんな窮地に白羽の矢がたったのは、何故だか、しがない主任研究員栗林和幸。秘密裏に生物兵器を捜す命を受けるも、全く手掛かりがない・・・。

そんな中、一本の電話が。≪犯人死亡!!≫まさかの事態に呆然とする一方で、刻々と迫りくる大惨事へのタイムリミット。生物兵器の行方も完全に不明になったと、途方に暮れていたその時、犯人の遺品から僅かな手がかりを掴むのだった。そこから浮かび上がったヒントは“日本最大級のスキー場“・・・。スキー初心者、何だかちょっと頼りない中年男が今、日本の未来を担う!?

***********************************

出演:阿部 寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊 淳、野間口 徹、麻生祐未、生瀬勝久、柄本 明

監督:吉田照幸
原作:「疾風ロンド」 東野圭吾(実業之日本社刊)

脚本:ハセベバクシンオー、吉田照幸
配給:東映

©2016「疾風ロンド」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

サプライズ!大倉忠義はスノーモービルで、大島優子はスノボ登場『疾風ロンド』


映画情報どっとこむ mari 映画『疾風ロンド』が11月26日(土)より全国公開となります。本作は、日本を代表する人気作家・東野圭吾により書き上げられ、瞬く間に100万部を売り上げた同名小説「疾風ロンド」の実写映画化です。

そして!!!!
%e7%96%be%e9%a2%a8%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e5%a4%a7%e5%b3%b6%e5%84%aa%e5%ad%90 この度、本作の舞台となった長野県のスキー場開きイベントに大倉忠義さん、大島優子さんが劇中衣装でサプライズ登場!!劇中で野沢温泉スキー場のパトロール隊員を演じた大倉さんはスノーモービルで、スノーボードクロス選手役を演じた大島さんはスノーボードでゲレンデに現れるとお客さんからは歓声があがり、阿部寛さんが着用していた衣装に身を包んだ長野県の“阿部さん”こと、阿部守一知事と一緒に一日限りの“疾風ロンドチーム”を結成いたしました。

日時:11月3日 (木・祝)
場所:軽井沢プリンスホテル スキーセンター横ウッドデッキ 
登壇:大倉忠義、大島優子、阿部守一知事

映画情報どっとこむ mari Q.一言ご挨拶をお願いいたします。

%e5%a4%a7%e5%b3%b6%e3%81%95%e3%82%93%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%9c%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%bd%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%88%e4%bf%a1%e5%b7%9e大倉さん:本日はよろしくおねがいいたします。

大島さん:よろしくお願いいたします。阿部知事が阿部寛さんと同じ衣装ですね!

阿部知事:お二人ともようこそ!同じ阿部ということで“1日阿部寛”として登場しました。

大倉さん:映画の中の阿部さんの恰好ですね!

阿部知事:映画の衣装をそのままお借りしました。似合ってますか?

大島さん:いいですね!こんな楽しい知事っていいなって思いました!

Q.お二人ともゲレンデから滑走して登場しましたが、今日が初すべりですか?

大倉さん:初でした。3月以来の半年以上ぶりなので、野沢温泉スキー場で滑っていた感覚を思い出しました。気持ちよかったです。スノーモービルは転ぶことが無いので安心ですね。

大島さん:私も初でした。今日はすごくいい天気なので、春スキーのように滑れるのがうれしかったです。

Q.撮影から9か月ぶりの長野県ということで、久しぶりの長野はいかがですか?

大倉さん:昨日から長野にいたのですが、水がきれいでごはんもおいしいし、お酒もおいしいですし、野沢温泉村ではそんないい環境のなかで撮影させて頂いたので、素晴らしいところだなと思いました。

大島さん:長野県にくると、必ず野沢菜を食べるんです。場所によって漬け方とかちがうじゃないですか?おうちの漬け方も違うときいたので色んなお店の野沢菜を食べた記憶があったので、今回はこんな味か!と食べ比べることができました。好きな味は、ちょっと薄目で、ダシの入ったものが好きです。撮影中の1か月の間は毎日食べさせていただいたので、味を知りました。

阿部知事:長野県は晴れてよし、雪降ってよしのどんな気候でも素晴らしい県です。人の温かさがつまった県で、日本酒やワイン、野沢菜などおいしいものがどんどん作られています。他のところには負けない県だと思っています!

映画情報どっとこむ mari Q.撮影中のゲレンデでの食事の思い出は?

%e5%a4%a7%e5%b3%b6%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%bd%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%88%e4%bf%a1%e5%b7%9e大倉さん:ゲレンデでは、ロッジで働いている方にすごくおいしいランチをつくっていただきました。本当に人が暖かくて、よくしてもらったなという印象が強いです。そして夕食の時に、地元の方が持ってきてくださった日本酒が本当においしかったです。

大島さん:標高の高いところで撮影をしていた時に、村の方がわざわざカレーを作りに来てくれたり、ケータリングを入れてくださったり、エキストラの方も村の方がたくさんいらっしゃって、ご協力していただいたので、みんなで一緒に輪になりながら食べたのが思い出深いです。一番の思い出は、野沢温泉スキー場にある“ブナ”という食事処のカレーがおいしかったです!三つ葉食堂の野沢菜担々麺もおいしかったです!

阿部知事:お二人がご紹介してくださった食べ物は明日から商売繁盛になりそうですね。

Q.アフタースキーも醍醐味かなと思いますが、どうお過ごしでしたか?

大倉さん:村の方たちと毎晩飲んでいました。村の地図があって、そこにお食事処が書いてあって、一つずつ回っていったんですが、ほとんど行き尽くしました。プライベートでもまた行きたいです。

大島さん:外湯が13か所あったので、そのうちの7か所くらいめぐりました。昨日は軽井沢の温泉に入ったのですが、泉質が違くてすごく楽しめました。

Q.地元の方とのエピソードは?

大倉さん:実は撮影に入るまでスキーは2回くらいしかしたことがなかったんですけど、今回撮影を終えてスキーが好きになって、毎日のように撮影でご協力いただいていた方のスキーショップでグッズを一式揃えました。

大島さん:お惣菜をいつも送っていただける家族ができました。村のみなさんとご飯を食べたりしたのですが、野沢菜とか鬼殺し(野沢菜のキムチ和え)とかを送ってくださるんです、ご飯のお供にしてます。お米もおいしいので、いただきました。


映画情報どっとこむ mari Q.思い出に残るシーンは?

大倉さん:スキー場でスノーモービルにのることがなかなかできない体験なので、大きいスキー場を滑る感覚がすごくよかったです。パトロール隊員の方がスノーモービルを乗りこなす姿はかっこいいですよね。

大島さん:スノーボードクロス選手の役なので、スノーボードをしているシーンですね。スノーボードに乗りながら、雪上でスキーのストックをもってチャンバラをしたのが大変だったので思い出に残っています。

Q.阿部さんとの共演シーンはいかがでしたか?

大倉さん:知事よりも身長も高いですし、今スキー場にこういう格好の人いないので、この衣装をきた阿部さんが遠くから現れた時には迫力がありすぎて異様でした。
大島さん:基本的に大倉さんと一緒にいるシーンが多いのですが、映画の中で随時、すごい役者さんがちょい役で出てくるので、そこが面白いです。えっここにこんな方がでてくるの?ここにも!とモグラ叩き状態でてくるのでそこが楽しいです。サスペンスではなく“笑撃”サスペンスなので、そこをしっかり受け止めながら観て頂きたいです。

Q.みどころをお願いいたします!

大倉さん:それを選ぶのが難しいくらいたくさんあるのですが…随時挟み込まれるコメディな部分が絶妙なバランスで挟み込まれるので、真剣にみていたのにはっとします。ぜひ注目していただきたいです。次の展開が想像できないと思います!

大島さん:スキー場で展開していくということと、全国のスキーヤー、スノーボーダーにはあるあると思う箇所がたくさんでてくるので、楽しんでいただけると思います!

Q.最後に一言お願いいたします

大倉さん:サスペンスというところも見どころですが、スキー場のスケールの大きさだったり、スノーボードが好きな方もあんまりしない方にもみなさんに観て頂きたいです。

大島さん:『疾風ロンド』の撮影を終えたあと、野沢温泉スキー場には2回、軽井沢には先月と今日で2回来ていて、縁があると感じるのがすごくうれしくて、私もこんないい場所があるんだと知ることができて、私自身も映画の撮影をしながら、長野県、スキーをもっと広めていきたいなと思いました。

「疾風ロンド」
映画『疾風ロンド』

公式サイト:
www.shippu-rondo-movie.jp  

映画情報どっとこむ mari
物語・・・
人質は全日本国民!? 頼みの綱は“頼りない”中年男!?
「疾風ロンド」 大学の研究所施設から、違法生物兵器「K-55」が盗まれた。研究所所長の下に届く犯人からの脅迫メール。「人質は全国民。身代金の3億円を用意しろ」警察には頼めない・・・、しかも残された時間は4日間・・・。そんな窮地に白羽の矢がたったのは、何故だか、しがない主任研究員。秘密裏に生物兵器を捜す命を受けるも、全く手掛かりがない・・・。そんな中、一本の電話が。≪犯人死亡!!≫まさかの事態に呆然とする一方で、刻々と迫りくる大惨事へのタイムリミット。生物兵器の行方も完全に不明になったと、途方に暮れていたその時、犯人の遺品から僅かな手がかりを掴むのだった。そこから浮かび上がったヒントは“日本最大級のスキー場“・・・。スキー初心者、何だかちょっと頼りない中年男・栗林和幸が今、日本の未来を担う!?

***********************************


出演:阿部 寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊 淳、野間口 徹、麻生祐未、生瀬勝久、柄本 明 

監督:吉田照幸  
原作:「疾風ロンド」 東野圭吾(実業之日本社刊) 
脚本:ハセベバクシンオー、吉田照幸 
配給:東映  
©2016「疾風ロンド」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ゲレンデマジックは誰!?映画『疾風ロンド』完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画『疾風ロンド』が11月26日(土)より全国公開となります。
本作は、日本を代表する人気作家・東野圭吾により書き上げられ、瞬く間に100万部を売り上げた同名小説「疾風ロンド」の実写映画化です。

そして、阿部 寛、大倉忠義、大島優子、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊 淳、野間口 徹、麻生祐未、柄本 明、吉田監督と豪華キャストが登壇する完成披露試写会がおこなわれました!

ゲレンデをイメージした“ホワイトカーペット”の上を超豪華キャストが次から次へと歩いてステージに登場!「疾風ロンド」ロゴが刻まれたうちわを手にしたファン500名と一緒に、巨大“疾風機 “(扇風機)で雪山ならぬ風船の山を飛ばしてヒット祈願!そして、この後舞台挨拶へ!

極寒の撮影を乗り越えたキャスト・スタッフによる撮影エピソードとは…!
%e7%96%be%e9%a2%a8%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89
映画「疾風ロンド」完成披露プレミアムイベント&完成披露舞台挨拶
日時:10月13日(木)
登壇:阿部 寛、大倉忠義、大島優子、堀内敬子、濱田龍臣、志尊 淳、野間口 徹、麻生祐未、柄本 明、吉田照幸監督

場所:
完成披露イベント:
アーバンドック ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ
舞台挨拶:ユナイテッド・シネマ豊洲

映画情報どっとこむ ralph 完成披露プレミアムイベントでは、映画の舞台・雪山にちななんだホワイトカーペットが用意され、阿部寛、大倉忠義、大島優子、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊 淳、野間口 徹、麻生祐未、柄本明、吉田監督と豪華キャストが登場!疾風ロンドのロゴが刻まれたうちわを手にしたファンの方々の熱い歓声が!!ホワイトカーペットを歩き終わり、全員が再び、舞台に立ち「寒い中、お越しいただきありがとうございます。」という阿部さんのご挨拶をきっかけに極寒の撮影を乗り越えたキャスト・スタッフによる撮影エピソードを熱く語ってくれました。

Q:雪山での撮影について

阿部さん:現場はすでに撮影中で、僕は今年の3月頃に入りましたが、その日凄く寒くて、雪も凄く降っていたんです。エベレストでの撮影も経験していますがそれよりも寒かったです。(笑)

大倉さん:意外と日が出ていて、思ったより暖かかったです。スキー場の撮影は5時までだったので、野沢温泉を楽しむこともできました。この作品で関わった中では今日が一番寒いです。(笑)

大島さん:今年の野沢温泉はなかなか雪が降らなくて…。大倉さんと先に撮影していたのですが、阿部さんが来たら、雪がないのではと心配しましたね(笑)でも、阿部さんが来る前日から大雪が降っていて、さすが、雪男さんだなと思いました。

堀内さん:私はみなさんと違って、スキー場での撮影があけてから現場に入りました。野沢には一度だけいくような設定があったんですが、野沢にはいかず、雪降しで撮影しましたね。あと、ずっと阿部さん、柄本さんとの共演でしたが、実は大倉さんとも共演したかったです。(笑)

戸次さん:僕は雪山行きましたね。(笑)北海道出身で高校まではスキーをやってました。今回25年ぶりのスキーだったので、練習もして現場に入ったのですが、意外と(滑るのはなく)スキー板で歩くシーンが多かったのが印象に残ってます(笑)

濱田さん:望月くん、前田くんと同じ部屋で泊まっていたので、修学旅行みたい感じで楽しい現場でした。阿部さんとは身長の話をよくしてました。(笑)

阿部さん:あの時期、すごく成長期で、ものすごく食べていましたね。(笑)でも、最近はやせたのね?!(濱田:はい!笑顔)

志尊さん:泊っていたホテルに温泉がついていて、ふと、露天風呂をみていたら一人でムロさんが満喫していて…。そこでご挨拶もあれだなと思って脱衣場で時間潰して、ご挨拶しました。ムロさんが、「今貸切だから今いきなー!」と声かけてくださいましたね。

野間口さん:名もないフロントマンで、ここに立っても大丈夫なのかと思っています。(笑)阿部さん以外の方とは共演してませんが…(会場に笑いが!)阿部さんとの共演はすごく刺激的でした。

麻生さん:主に頂上に近いスキー場のレストランで撮影をしていたので、毎日スノーモービルなどに乗せていただき、登ったりするのが楽しかったです。

柄本さん:とにかく、雪山には行ってません!主に、阿部ちゃんと堀内さんとの共演でしたね、阿部ちゃんは会うたびに(身長が)伸びているなー!(会場にまた笑い!)

吉田監督:撮影はそこまで大変ではなく、温かい街でしたね。コンビニに入ろうとしたとたん、すごいでかいパーカーの人に声かけられ、びっくりして振り向いたら、大倉さんでしたね(笑)監督!って一声かけて欲しかったです。


思わず笑ってしまったシーンについて

阿部さん:大倉さんとの初めての撮影で雪山の穴に落ちるシーンでしたが、監督のいじめなのか、なかなかカットをかけてくれなくて(笑)大倉さんも早々にその場から逃げてしまったって(笑)その1分間気まずい時間が進み…、アドリブで何とか対応したんです。でも、しっかりとその場面は使われてましたね。

監督:そのアドリブが起こった瞬間、爆笑でしたね(笑)

大倉さん:そのシーンでは、なにかできる役でもなかったのですぐ去りましたね(笑)阿部さんが穴に落ちるシーンは、台本で読んだときからにやにや笑っていましね。(笑)

大島さん:ムロツヨシ、ずるいですよね。顔見ているだけで笑ってしまうので、いつも思わず笑ってしまいますね。「おい、大島!」とか中身のないことしか話さないんですが…(笑)ちょこちょこ笑っちゃいました。


雪山にかけて、埋めて隠したいものとは?

阿部さん:この世界に入る前に、自分で歌がうまいと思っていて中学生のときには発表会で歌ったりもしたんです。それで、中学の卒業式でギターがうまい同級生と一緒に歌おうとなったのですが、なぜかクリスタルキングのものすごい高音部分を任されて(笑)、当然、そんな高いキーでるわけもなく、最後に志村けんさんみたいな声にもなってました。その後の3年間、それを思い出すたびに顔が真っ赤になってました。

大倉さん:僕もこの世界に入る前の話なんですけど、林間学校で先生が怖い話をするとなって、そのとき隣に好きな子がいたんです。なのに、何故か思いっきりオナラしました。『お前屁こいたやろ』ってすぐ隣の奴のせいにしましたが…(会場に爆笑が!)。完全に僕がしたのはバレていたと思います。

大島さん:(笑いが止まらないまま)大丈夫ですよ。ないです、代わりに野間口さんに聞いてください(爆笑)

野間口さん:はい、そうですね。実家を出て25年ですが、自分の机の下の引き出しにHなやつが隠してあるんです。何とかしたいんですが、いま、それをうちの親が使っていて・・・。なので、もはや、まるっと家ごと埋めたいですね。(会場に笑い続く)

そして、ステージ上の皆さん全員で「疾風ロンド旋風」という掛け声にあわせ、集まったみなさんの「フキアレナサイ」!という大きな声がイベント会場に疾風を巻き起こし!!なんと、舞台に飾られた山の布から、300個の風船が大空へ!!雪山から直径2mの疾風機が姿を現しました!完成披露プレミアムイベントの熱気も風船のように高く舞い上がったところでイベントは終了。

映画情報どっとこむ ralph %e7%96%be%e9%a2%a8%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89_%e5%ae%8c%e6%88%90%e6%8a%ab%e9%9c%b2
完成披露舞台挨拶

役を演じてみての感想について

阿部さん:もともと吉田監督のファンだったので、この仕事を受けました。実際、参加させていただいて吉田監督の発想など、いろいろ自由にやらしてくれて、すごく安心して挑めました。あっという間にみられる映画でしたね。現場では、30年ぶりのスキーだったので、練習させてくださいと言ったら、大倉くんもついてきてくれて、ただ、気付いたら下でもがいていた大倉くんを発見して親しみを感じましたね。(笑)

大倉さん:趣味になぜかスキーと書かれてしまっていて、何かの手違いでね。(会場に笑いが)、実際はスキーは3回目で板の持ち方から教えてもらいました。映画ではすごくうまく滑るようにみえたので、映画ってすごいなーと思いました。スノーモービルも、自分で運転させてもらったのですが、ゴーグルをかけていて…(笑)僕ってわかりづらいですけど、僕って思ってみててください。

大島さん:私はちゃんと趣味でスノーボードと書いてますよ(笑)この話が来た時は本当に嬉しくて、9歳頃からスノーボードをやっていましたので。(MC:大倉さんとは滑りましたか?)滑りました。すごい大回転を繰り広げてましたね。(笑)


ゲレンデマジックについて(雪山で素敵だったあの人、助けられたあの人について)

女性陣

大島さん:大倉さんとの共演が多く、大倉さんと言いたいところですが、(かっこいいのは)ううん、阿部さんかな!大倉さんとは衣装合わせの際に赤のスキーウェアを拝見していたので、絶対かっこいいだろうなとは思いましたが、阿部さんに初めて会った時の笑撃がすごくて。(笑)昔のウェアーを上手に着こなしているのがすごい!かっこいい!と思いました。

堀内さん:阿部さんのスキーウェア素敵ですよね。阿部さんの足が長すぎて特注で作ったと聞きました。だけど、映像をみたら、大倉さんの方がかっこいいと思いました。(笑)

大倉さん:あの赤い衣装は、実際の野沢のスキー場でもパトロール隊員が着られているもので、あれを着たら、みんなかっこいいと言われるかもです。(照れ笑い)

麻生さん:雪の中だと、みんなゴーグルを付けているので、誰が誰かわからず…私がかっこいいと思ったのは、大島さんです。何から何まで決まっていて、立ち姿やしゃべってる姿まで、すっかりファンになりました。



男性陣

阿部さん:大倉さんですかね。大倉さんに助けられる役を演じていて、器も大きく、優しいし、すごく安心する頼りになる役でしたね。

大倉さん:雪山の撮影ですべっちゃいけないところですべるシーンでは大島さんに押されてしまい…「助けろよ」と思ったことはあります。

大島さん:はい、押しました。べたっと顔が雪についてましたよね。ごめんなさい。謝るタイミングを見計ってました。(笑)

戸次さん:寒い撮影だったので、衣装さんに助けられましたね、全身カイロを貼っていたので。北海道出身のあるあるですが、意外と寒さに弱いです。北海道では寒い時には外に出ないので。(笑)

濱田さん:うまく滑べる役だったんですが、スノーボードは初心者だったので、スノーボードを教えてもらった先生に助けていただきました。

志尊さん:撮影が進んでいる途中から現場に入ったので緊張しましたが、ある日、ムロさんから「今日は飲めるのか?」と声をかけられて…ムロさんに助けられました。

野間口さん:野沢温泉のホテルフロントの方たちのなかで、一番偉い方がすごく変わった感じの方で、その方をモチーフにして役作りしましたね。助けられました。

柄本さん:阿部ちゃん、堀内さんとの共演が多く、お二人には別に助けられてない。(会場に笑いが!)阿部さんからの目線は(身長が高くて)上からなので、まったく助けられてないよ(笑いが続く)


原作者の東野圭吾が本作を大絶賛しているとのこと。お気持は?

吉田監督:素直に嬉しいです。東野さんはものすごくスノーボードが好きな方で、スキーやスノーボードのシーンなど、わかる人がみても納得するシーンを求めてられてましたが、東野さんが(本作をみ終えて)僕の顔をみて笑顔だったので”報われた”と思いましたね。「これは、見たことない」とおっしゃっていたので、ストーリーや映像すべてがうまくいったと。ずっとファンだった東野さんからのコメントもいたただいてとてもよかったです。

阿部さん:東野さんの作品に関わらせていただくのは2作目ですが、実際、東野さんがスキー場にきて滑っている姿をみて、本当にこの街を愛していて、この作品を愛しているんだなと思いましたね。大絶賛のコメントは、監督とともに喜びました。


最後は、キャストのみなさんによる「疾風ロンド」という掛け声で、「最高!」という大きな声が会場に鳴り響き、大歓声の中、イベントは終了しました。 

映画『疾風ロンド

公式サイト:
http://www.shippu-rondo-movie.jp/  

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
人質は全日本国民!? 頼みの綱は“頼りない”中年男!?
「疾風ロンド」 大学の研究所施設から、違法生物兵器「K-55」が盗まれた。研究所所長の下に届く犯人からの脅迫メール。「人質は全国民。身代金の3億円を用意しろ」警察には頼めない・・・、しかも残された時間は4日間・・・。そんな窮地に白羽の矢がたったのは、何故だか、しがない主任研究員。秘密裏に生物兵器を捜す命を受けるも、全く手掛かりがない・・・。そんな中、一本の電話が。≪犯人死亡!!≫まさかの事態に呆然とする一方で、刻々と迫りくる大惨事へのタイムリミット。生物兵器の行方も完全に不明になったと、途方に暮れていたその時、犯人の遺品から僅かな手がかりを掴むのだった。そこから浮かび上がったヒントは“日本最大級のスキー場“・・・。スキー初心者、何だかちょっと頼りない中年男・栗林和幸が今、日本の未来を担う!?

***********************************


出演:阿部 寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊 淳、野間口 徹、麻生祐未、生瀬勝久、柄本 明 

監督:吉田照幸  
原作:「疾風ロンド」 東野圭吾(実業之日本社刊) 
脚本:ハセベバクシンオー、吉田照幸 
配給:東映  
©2016「疾風ロンド」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

B’zの新曲「フキアレナサイ」が主題歌に映画『疾風ロンド』


映画情報どっとこむ mari 映画『疾風ロンド』が11月26日(土)より全国公開となります。

本作は、東野圭吾の同名小説の実写映画化です。


監督を務めるのは、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13年NHK)の演出で日本中に一大ブームを巻き起こした吉田照幸。

主演は、阿部 寛。さらに豪華キャストとして、関ジャニ∞大倉忠義や大島優子のほか、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊 淳、野間口 徹、麻生祐未、生瀬勝久、柄本 明など人気の実力派キャストが揃ってます!

そして、主題歌が、B’zの新曲「フキアレナサイ」に決定したとの情報が到着しました!
bz
映画情報どっとこむ mari B’z起用の理由として、吉田照幸監督がB’zのファンということで、過去にはNHK「サラリーマンNEO」内にて同アーティストの「ultra soul」を使用したコントを製作。

そして本作の主題歌を決める際に、「ロックでギターリフがカッコいい曲を書く、日本で一番心に残るメロディを歌う人」という吉田監督たっての希望により、B’zにオファーをしたところ快諾。

本作のために特別に書き下ろされた主題歌が誕生しました。B’zが実写映画の主題歌を手掛けるのは、2007年リリースのシングル「永遠の翼」(映画『俺は、君のためにこそ死ににいく』)、2009年リリースの「PRAY」(アルバム『MAGIC』収録・映画『TAJOMARU』)以来となります。

映画情報どっとこむ mari コメントが到着しています!

B’zさんからのコメント
『疾風ロンド』の原作を読んで、派手で時折滑稽な場面もある活劇のなかに、登場人物が自分の進むべき道を信じ葛藤する気持ちが細やかに描かれているのが非常に印象に残りました。そんな心理状態と、激しく舞う雪を重ね合わせて、この“フキアレナサイ”を創りました。迫力ある映像、ストーリーとともにお楽しみ下さい。

阿部寛さんからのコメント
主題歌をB’zさんに書き下ろしていただけると聞き、ワクワクしました。サスペンス、アクション、コメディと様々な要素が疾風のごとく駆け抜ける本編の締めくくりは、この楽曲を置いて他に無いでしょう。鑑賞後の爽快感そのままに劇場をあとにできること請合います。

吉田照幸監督からのコメント
僕もこの映画で、サスペンスとコメディの両立に挑みました。その二つの要素を重ねることで個性がでるし、親しみやすさを両立できると信じて作品作りに挑みました。分野は違えど、僕が目指すアーティストの方に素晴らしい曲を書き下ろしてもらい大変光栄です。ただひとつ心配なことが。あまりに印象深い曲なので、劇場を出るお客さんが映画忘れてしまわないかなーと。


映画情報どっとこむ mari 「疾風ロンド」
物語・・・
大学の研究所施設から、違法生物兵器「K-55」が盗まれた。研究所所長の下に届く犯人からの脅迫メール。「身代金の3億円を用意しろ」警察には頼めない・・・、しかも残された時間は4日間・・・。

そんな窮地に白羽の矢がたったのは、何故だか、しがない主任研究員・栗林和幸。秘密裏に生物兵器を捜す命を受けるも、全く手掛かりがない・・・。そんな中、一本の電話が。≪犯人死亡!!≫まさかの事態に呆然とする一方で栗林に迫りくる、大惨事へのタイムリミット。生物兵器の行方も完全に不明になったと、途方に暮れていたその時、犯人の遺品から僅かな手がかりを掴むのだった。そこから浮かび上がったヒントは“日本最大級のスキー場“・・・。スキー初心者、何だかちょっと頼りない中年男が今、日本の未来を担う!?

***********************************

出演:阿部 寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊 淳、野間口 徹、麻生祐未、生瀬勝久、柄本 明 

監督:吉田照幸  
原作:東野圭吾「疾風ロンド」(実業之日本社刊) 
脚本:ハセベバクシンオー、吉田照幸
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

阿部寛x大倉忠義x大島優子『疾風ロンド』予告編&新ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ TJ 東野圭吾原作 映画『疾風ロンド』が11月26日(土)より全国公開となります。

「疾風ロンド」
監督を務めるのは、「あまちゃん」の吉田照幸。

キャストには主演に阿部 寛。
大倉忠義(関ジャニ∞)や大島優子のほか、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊 淳、野間口 徹、麻生祐未、生瀬勝久、柄本 明など人気の実力派が顔がそろっています。

過去記事:『疾風ロンド』クランクアップ会見

映画情報どっとこむ TJ そしてこの度、『疾風ロンド』疾走感あふれる!ビジュアルが解禁!

公式サイトでは、予告編映像も公開!

http://www.shippu-rondo-movie.jp/

吉田監督:世の中で、東野圭吾さんの作品が映像化されたのは『秘密』や『容疑者Xの献身』のような真面目な作品が多いですが、実は、それ以外に書かれた作品の中ではコミカルな作品も多く、そう言った東野圭吾さんの作品が大好きです。

と語ったの熱いコメント通り、サスペンス・ミステリー映画でありながらも、コミカルなユーモアが随所に盛り込まれている本作。そしてタイトルにもある“疾風”感があふれております!

映画情報どっとこむ TJ 気になる内容ですが・・・

医科学研究所より違法生物兵器が盗まれる。研究所に脅迫メールが届き、これから極限の心理戦が始まると思われたが・・・≪犯人死亡≫。

交渉相手がいなくなり、手掛かりがほとんど無い状況で生物兵器捜索を押し付けられたのは、冴えない研究員・栗林(阿部寛)だった。遺品の中の手掛かりを元に辿り着いたのは、日本最大級のスキー場。

しかし、20年ぶりのスキーウェアで雪上に降り立ったこともあり、子供が横切っただけでも悲鳴を上げて激しく転倒!子供には「へたくそ!」とバカにされてしまい、しまいには不慣れな雪上でケガをしてしまい絶体絶命!そんな栗林の前に現れた2人の救世主、野沢温泉スキー場で働くパトロール隊員・根津(大倉忠義)とスノーボード選手の千晶(大島優子)に「人の命がかかっているんです!」と嘆願する栗林。

正義感の強い根津は「俺が探します」と協力を決意、千晶も「なんかこの人ヤバイ」いいつつも捜索を手伝ってくれることに。次々と起こる予想外の出来事をかわして、栗林、根津、千晶の三人は生物兵器を見つけ出すことができるのか?!

そしてこの危機を救うことはできるのだろうか!??

なお、7/23(土)から劇場窓口にて”疾風機ハンディファン”付き前売り券、ムビチケも発売!

映画『疾風ロンド』

11月26日(土)全国ロードショー

***********************************


出演:阿部 寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊 淳、野間口 徹、麻生祐未、生瀬勝久、柄本 明

監督:吉田照幸 原作:「疾風ロンド」 東野圭吾(実業之日本社刊)
脚本:ハセベバクシンオー、吉田照幸
配給:東映
©2016「疾風ロンド」製作委員会
     




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ホテルに本物のスキーリフト!阿部寛、大倉忠義、大島優子『疾風ロンド』会見!


映画『疾風ロンド』が11月26日(土)より全国公開することが決定。本作は、東野圭吾先生が17年ぶりに書き下ろし、瞬く間に100万部を売り上げた同名小説「疾風ロンド」(実業之日本社刊)を実写映画化したもの。

本作は2月24日の長野県野沢温泉スキー場でクランクイン。シーズン中のスキー場での大規模ロケを敢行し、4月13日に都内で無事にクランクアップ。そして、本日クランクアップ記者会見が行われ、野沢温泉スキー場で使用されているリフトに乗って、阿部寛さん、大倉忠義さん、大島優子さん、濱田龍臣さん、吉田照幸監督が登壇。

雪山をバックに、エベレストよりも極寒だったという雪山での撮影裏話や、撮影中のエピソードなどをかたりました。
疾風ロンド‗記者会見
『疾風ロンド』クランクアップ会見 概要
日時:6月6日(月)
場所:品川プリンスホテル
登壇: 阿部寛、大倉忠義 、大島優子 、濱田龍臣、志尊淳、吉田照幸監督

大勢のマスコミが詰めかけた会場。まず最初にメイキング映像が流れ、続いて特報が映写されました。

特にメイキングは阿部さんのコメディー部分が色濃い編集。そして大島さんのバックカントリーをすべる姿がスタントじゃないのでびっくりさせられます。

そして、記者会見へ・・・スモークがたかれ、撮影場所であった野沢スキー場の本物のリフトに乗ってキャスト監督が登場!
疾風ロンドリフトで登場
MC:撮影の感想

阿部さん:監督の作品は凄く面白くてファンだたので二つ返事でやらせていただきました。スキーは20年ぶりで・・・上手じゃない役だったのでやらせていただきました。野沢温泉町挙げて参加していただいて感謝しています。今年は雪が少なかったのですが、僕は雪男なんで。僕が入った日が大雪で。良かったなと。

雪男って・・・イエティ?確かに本日の風貌はひげをはやして、この大きさですから確かに見えなくもないです。
疾風ロンド‗記者会見‗阿部寛
大倉さん:雪山で泊まりながらの撮影は楽しかったです。大作にで阿部さんと共演で嬉しいです。オファーの時に僕のプロフィールに趣味スキーって書いてあったらしく。でも2回しかしてないんで苦労しました。撮影自体はすごく楽しくてサスペンスだけではなく、謎解きしながらスカッとみられる作品です。

大島さん:とにかく阿部さんが面白い映画です!。この役(スノーボード選手)はキターと思いました。9歳からスノーボードやっていたので。巡り巡ってきたなーと幸せを感じていました。吹き替えもありますが、多くは自分なので見どころです!
疾風ロンド‗記者会見‗大島優子
濱田さん:スノボ初めてだったので、最初に練習したときは緊張しましたが、同じ年の子たちと練習して、撮影も楽しかったですね。
疾風ロンド‗記者会見‗濱田龍臣
志尊さん:今までは年下役が多かったのですが、今回はお兄さん的な役どころでしたので周りに助けていただきながら勤めました。
疾風ロンド‗記者会見‗志尊淳
監督:この映画を撮影するのに怒鳴るなと滑るは厳禁としました。この演出が滑ってないことを祈ります。(笑)
疾風ロンド‗記者会見‗吉田照幸監督
撮影がかなり楽しかった様子で、最初から和気あいあい感がにじみ出ます。

ここで、記者からの質問コーナーへ!

Q:監督の演出と東野ミステリーでありながらコミカル要素が多い本作いかがでしたか?

阿部さん:東野作品は新参者以来で、今回はノンストップサスペンスの中でユーモラスな部分が入っているので吉田監督と相談してどこまでできるか挑戦しました。もちろんサスペンス部分もありますから出来上がりを楽しみです。

大倉さん:ボケたりする役ではなかったので。でも間抜けな阿部さんを笑わないでいるのが大変でした。ミステリー要素に関しては脚本を読んであっという間に読み終わってオモシロって思えるものでしたね。それが映画になるとこうなるんだと驚きました。

大島さん:今回、謎が深まっていって最後は!な展開になるんだと。今までとまた違ったミステリーになっています。そこに監督のコミカル要素が入ってくるので見やすい作品です。現

監督:役者の邪魔をしない現場を作るように心がけています。雪山大変なので。深刻にならないように明るい現場を作るようにしました。


Q:監督からみたキャストの印象は

監督:阿部さんは真面目な部分とコミカルなところ・・・、色々な顔を持っている方ですが、全部ひとりの人格に入れ込んでます。大倉さんは振り向いた瞬間が格好良くて、振り向くシーンを増やしました。大島さんは演技も素晴らしかったですが。気を使うのが凄いなと。龍臣君は、大食い過ぎて午後には映像がつながらないぐらいで心配でした。志尊くんはかっこいいんでメイキングでも同じシーンに映りたくなかったですね。


Q:阿部さんはエベレスト生還後でしたが。

阿部さん:エベレスト行ってんだから大丈夫だろって。でもエベレストより寒かったんで。日本のほうがびっくりしました。空気は薄くないし温泉地だし楽しみながら撮影しました。
疾風ロンド‗記者会見‗阿部寛x大島優子‗
Q:スキー、スノーモービル、スノボなどどうでしたか?

阿部さん:スキーが出来ないから出来る人よりリアルに転べました!達臣君よく食べてて心配しました。

大倉さん:スノーモービルは普段バイクに乗るので、気持ちイーって顔にならないように頑張りました。あと、ここはジャニーズの良さを出してくれって監督に言われてて。D-BOYがいるので負けないように頑張りました。

大島さん:これは見せなきゃって。プロの方に教えてもらえたのでスノボも成長しました。大蔵さんは他のエキストラさんに「俺が上手に見えるように下手に滑って!」って。

と大島さんが暴露!

大倉さん:だってエキストラの方たちが大会に出るような人たちなんですよ!下手にしても上手いんですから!

と率直に返しました。

Q:野沢温泉ロケ、撮影の合間のリフレッシュは

阿部さん:温泉は外国の人がいっぱいいるから、わかんなくなっちゃうよ!って言われたんですが行ってみましたが多すぎて入れませんでした。

大倉さん:5時に終わっていたので、野沢のあちらこちらに行っていました。みなさんに良くしていただきました。

大島さん:13か所の温泉全部行くつもりで6か所しか行けなかったんです。気づかれることもあって「本物ですか?」って、「はい」って、いろんなところ隠しながら答えました。
疾風ロンド‗記者会見‗大島優子3
濱田さん:3人で泊まっていて、プチ修学旅行観たいで、スノボして、食べて、風呂入って、寝るのがリフレッシュでした!

志尊さん:地酒がおいしくて楽しくてリフレッシュできました。


監督:今回の撮影で印象に残ったのは、本当に野沢の人たちが協力的で、営業中でもスキー場も借りられて壮大なものにできました。東野圭吾さん以前はふざけたものも多かったんです。「疾風ロンド」では、それがちりばめられていたので、新しい一面が見せられるなとワクワクしました!俳優さんたちのアドリブも多くて、カットをかけない手法を撮りました。

と、約一時間の記者会見はあっという間に終了となりました!
疾風ロンド‗記者会見3
映画『疾風ロンド
11月26日(土)全国ロードショー

公式サイト: http://www.shippu-rondo-movie.jp/

***********************************


物語・・・

人質は全日本国民!? 頼みの綱は“頼りない”中年男!?
大学の研究所施設から、違法生物兵器「K-55」が盗まれた。研究所所長の下に届く犯人からの脅迫メール。

「人質は全国民。身代金の3億円を用意しろ」警察には頼めない・・・、しかも残された時間は4日間・・・。

そんな窮地に白羽の矢がたったのは、何故だか、しがない主任研究員。秘密裏に生物兵器を捜す命を受けるも、全く手掛かりがない・・・。そんな中、一本の電話が。≪犯人死亡!!≫まさかの事態に呆然とする一方で、刻々と迫りくる大惨事へのタイムリミット。生物兵器の行方も完全に不明になったと、途方に暮れていたその時、犯人の遺品から僅かな手がかりを掴むのだった。そこから浮かび上がったヒントは“日本最大級のスキー場“・・・。スキー初心者、何だかちょっと頼りない中年男・栗林和幸が今、日本の未来を担う!?


出演:阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊 淳、野間口 徹、麻生祐未、生瀬勝久、柄本明 

監督:吉田照幸
原作:「疾風ロンド」 東野圭吾(実業之日本社刊)
脚本:ハセベバクシンオー、吉田照幸
(C)2016「疾風ロンド」製作委員会
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ