「大人計画」タグアーカイブ

「大人計画」松尾スズキが人生相談『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』公開直前イベント


映画情報どっとこむ ralph 「大人計画」の主宰・松尾スズキさんが監督・脚本・主演を務めた映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』が10月25日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷 ほか全国公開いたします。

昨年活動30周年という節目を迎え、作家、演出家、映画監督、俳優など多岐にわたって活動を続けてきた松尾さんが自ら“到達点”と語っており、注目を集めていた本作。愛妻がSNSに投稿した浮気写真を見て激怒した主人公が、「全財産を使って”いいね!”の数だけ女を抱く」という、あまりにバカバカしい計画を思いつくという物語。常軌を逸したドタバタぶりにマスコミ試写会や完成披露上映で爆笑が巻き起こっている抱腹絶倒コメディです。

この度、公開を直前に控え、10月17日(木)に松尾監督をゲストに迎えトークイベントを開催。本イベントでは、タイトル「108」にちなみ108人の女に囲まれながら松尾監督には撮影中さながらにガウン姿で登場いただき、集まった女性たちの恋愛や人生の悩みについての人生相談を行いました。
松尾スズキ108公開直前イベント (

『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』公開直前イベント
日程:10月17日(木)
場所:神楽座
登壇:松尾スズキ

R18指定です。18歳以上の方の閲覧でお願いします。
続きを読む 「大人計画」松尾スズキが人生相談『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』公開直前イベント




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大人計画:松尾スズキ監督・脚本・主演『108~海馬五郎の復讐と冒険~』キャスト解禁


映画情報どっとこむ ralph 1988年に舞台「絶妙な関係」で旗揚げされ、宮藤官九郎や阿部サダヲなど多才なメンバーと共に、多岐にわたって活動を続けてきた大人計画。主宰である松尾スズキも「松尾スズキ」として活動を始めて、2018年には劇団とともに30周年を迎えました。

その松尾スズキの次なるプロジェクトは自らが初めて監督・脚本・主演を全て務め、この秋公開される映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(読み方:いちまるはち かいばごろうのふくしゅうとぼうけん)。「いいね!の数だけ女を抱いて復讐」という前代未聞のR18映画に、超豪華なキャストが勢揃いしました。
108海馬五郎の復讐と冒険

映画情報どっとこむ ralph 海馬五郎の妻で元女優の綾子を演じるのは中山美穂。
“ドクタースネーク”というコンテンポラリーダンサーとの2ショット写真をSNSに投稿したことがバレて、海馬を激怒させてしまう。不思議な魅力を放つ年下ダンサーに身も心も奪われていく綾子を大胆に演じ、大人の魅力をたっぷりと披露している。海馬のプレイボーイの友人・糸井には、劇団ハイバイを軸に劇作家、演出家、そして自らも俳優として活躍している岩井秀人。「いいね!の数だけ女を抱いて資産を使い切る」という海馬のとんでもない復讐計画に巻き込まれていく。さらに海馬の友人でパニック障害持ちの女優・砂山を、読売演劇大賞や紀伊國屋演劇賞を受賞し名だたる演出家が厚い信頼を寄せる秋山菜津子が、そして海馬の代わりに病気の父の世話を一手に引き受けることになってしまった妹役を坂井真紀が演じている。

また、なぜか海馬に綾子の動向をリークし続ける売れない女優にドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」(19)でブレイクを果たした堀田真由、復讐計画に手を貸すド派手なホストに大東駿介、自分の価値を絶対に落としたくない高級風俗嬢に『リバーズ・エッジ』(18)で体当たりの演技が話題となった土居志央梨など、実力派の若手俳優陣がそれぞれ”超個性豊かな”役柄に挑んだ。

その他、栗原類、LiLiCo、酒井若菜、福本清三、乾直樹、オクイシュージに加え、宍戸美和公、村杉蝉之介といった大人計画でお馴染みの俳優陣も名を連ねている。

映画情報どっとこむ ralph 中山美穂、岩井秀人、秋山菜津子さんからのコメントも到着しています!

●中山美穂さんのコメント
松尾監督がこの作品を構想中の頃、咄嗟に私に演らせて下さいと申し出てしまったのです。監督は実現できるかどうかと笑いながら仰っていましたが、それから1年待たずに私達は撮影に挑んでいました。楽しくて仕方のない現場でした。演出をされる松尾スズキは穏やかに強い信念を持ち、そして激しく演じてらっしゃいました。そんな姿がだんだんと可愛く見えてきて、作品の中でもその感じが伝わるのだと思います。とにかく笑える内容です。そしてせつない。私に演らせて頂けたことに感謝しています。

●岩井秀人さんのコメント
メジャーな作り手の誰もかれもが「コンプライアンス」を気にし、テレビの前の主婦までもが「この表現、誰かに文句言われないのかしら?」と呟くようなご時世に、「よくぞこんな映画を作った!」と言われることでしょう。でも本来「表現」って、「ワレワレの外側」にあるものに手を伸ばすためのものなのだし、そのことを思い出させてくれる作品です。だからコンプラなんてものには届かない高みのシロモノになってございます。ご覧ください! しかし松尾さんって、いつ丸くなるんでしょうね…。

●秋山菜津子 さんのコメント
舞台作品の中でいつも私に面白い役をやらせて下さる松尾さん。今回もなかなか変わった役柄を与えてくださいまして…楽しかったです。 撮影が終わって『この映画を秋山さんの代表作にして下さいね。』と松尾監督に言われたんですけど…嬉しいような ちょっと複雑な気分でした。あ、観て頂ければ分かると思うんですけど(笑)。 でも…そうですね、こんなに潔くかっこいい映画に出演できた事は“誇り”です。それは確かです。

映画情報どっとこむ ralph 『108~海馬五郎の復讐と冒険~』

2019年秋、全国ロードショー

公式サイト:
108-movie.com

Twitter:
https://twitter.com/eiga108

【ストーリー】
名脚本家として成功している海馬五郎は、ある日、元女優の妻・綾子の浮気をSNSの投稿によって知ってしまう。コンテンポラリーダンサーである“ドクタースネーク”という男への熱い恋心を綴ったその投稿を見て、わめき散らす海馬。あまりのショックに離婚を考えるが、離婚時の財産分与で資産の半分を支払わなければならないことを知りさらに大激怒。

妻の”不貞”に支払わなくてはならない資産1000万を、自らの”不貞”で使い切ることで復讐を決意した海馬。綾子がSNSに投稿した写真についた108もの“いいね!”に湧き上がる怒り。 ”いいね!”の数だけ女を買いまくる、煩悩丸出し、前代未聞の復讐劇が幕をあける―。

***********************************

松尾スズキ
中山美穂
大東駿介 土居志央梨 栗原類 LiLiCo 福本清三 乾直樹 宍戸美和公 堀田真由
村杉蝉之介 オクイシュージ / 岩井秀人 / 酒井若菜 坂井真紀 秋山菜津子

監督・脚本:松尾スズキ
制作プロダクション:パイプライン
配給・宣伝:ファントム・フィルム
製作:「108〜海馬五郎の復讐と冒険〜」製作委員会(バップ/ファントム・フィルム/大人計画/パイプライン)
2019年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/102分
(C)2019「108~海馬五郎の復讐と冒険~」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ジヌよさらば~かむろば村へ』クランクアップ


松田龍平さんを主演に迎え、7年ぶりに松尾スズキさんが長編映画のメガホンを取った

『ジヌよさらば~かむろば村へ』

がこのほど、都内で無事クランクアップを迎えました。

ジヌよさらば~かむろば村へ~
ジヌよさらば~かむろば村へ~
原作は、人気漫画家いがらしみきおが小学館ビッグコミックにて2007年~2008年に連載していた人気コミック。

阿部サダヲ、松 たか子、二階堂ふみ、西田敏行ら日本を代表する俳優陣が顔を揃え、笑いとシリアスが絶妙にブレンドされた独特の世界感で、お金を一円も使わずに生きることを決意した主人公・武晴と、彼を支える村人たちとの奇妙な交流を描きます。

本作の舞台となるのは、病院も学校も警察も郵便局もなくなった限界集落‘かむろば村’。

松尾監督がロケ地に選んだのは、福島県河沼郡柳津町。

5月7日に柳津でクランクインし、約一か月に渡る滞在ロケにて撮影を敢行し、去る6月4日都内にてクランクアップとなりました。

現場は、常に新しい演出を加えてくる監督と、テンションの高い演技を魅せる俳優たち、そして全力でサポートするスタッフらにより、緊張感溢れながらも、絶え間ない笑いに包まれていたそうです。

そして!

クランクアップ時の松田龍平さん、阿部サダヲさん、松たか子さんからのコメントが入りました。

ジヌよさらば松田さんクランクアップ

最後花束を監督から贈呈された松田龍平さんは、

「メインロケ地の福島でアップしたかったなぁという気持ちもありますが、楽しかったです。『恋の門』以来、10年振りの松尾組でしたが、撮影が終わって、今振り返ってみると、10年前よりも客観的な視点を持って現場にいれたかな、という気がしています。」

と自身の成長も手ごたえとして掴んだ様子。撮影中は

「台本に書かれていない事が、演出として次々と松尾さんから出てくるので、どのシーンも刺激的で楽しく、それゆえ不安もありました。」「頑なにお金を使わない武晴を、周りの一風変わった人たちが、なんとかして助けようとする、いい話になっているのではないかと思います。僕自身、仕上がりが楽しみです。」
とクランクアップに際しての想いを締めくくりました。

ジヌよさらば阿部さんクランクアップ

また、かむろば村の村長与三郎を演じた阿部サダヲさんは

「撮影は朝早い日が多かったのですが、時間の流れが良くて、とてもいい過ごし方が出来ました。松尾さんとは、長編映画で組むのは初めてでしたが、映画でも舞台でも演出の仕方は変わらないので、安心して挑めました。あと、松尾さんが元気そうなので良かったです。」

ジヌよさらば松さんクランクアップ

与三郎の妻亜希子を演じた松たか子さんは
「撮影は町のあらゆるところを活用させて頂けて、集中して出来たので、とても幸運だったと思います。柳津の町に溶け込ませて頂いて、馴染ませて頂けたのが良かったです。松尾監督らしいアクセントのある演出や要望に、求めて下さることが嬉しくもあり、毎日『今日はどんなことを言われるのかな?』とワクワクドキドキしていました。」
と充実した撮影期間について語りました。

クランクアップ直後、松尾監督

「すごく濃いメンツに集まってもらい、今までにない演技をしてもらいました。完成を楽しみに待っていてください。」

と、自信を覗かせました。

すごく濃いメンツと言うのは、
スーパーあまので働くいそ子役に片桐はいり、温泉旅館の女将奈津役に中村優子、旅館の板前勝男役にオクイシュージ、田植えを教えるみょんつぁん役にモロ師岡、かむろば村・助役に村杉蝉之介、その妻に伊勢志摩、美人局をするチンピラ青木役に荒川良々、隣接する町の議員・青砥に皆川猿時などなどの豪華出演者達のこと。

また、松尾監督自身もヤクザの多治見役として重要な役どころで出演しています。

『ジヌよさらば~かむろば村へ~』

は、これから編集作業に入り、来年2015年の春公開の予定です。

公式HP http://jinuyo-saraba.com/

********************************************************************

『ジヌよさらば~かむろば村へ~』

ストーリー
銀行勤務ながら金アレルギーになり、会社を辞め、東北地方のとある寒村にやってきた主人公(松田龍平)。

お金を一切使わない生活を目指してやってきたその村には、隠された過去を持つ異常に世話焼きな村長(阿部サダヲ)と美しいその妻(松たか子)、自ら“神様”を名乗り、皆からそう慕われている老人(西田敏行)など、想像をはるかに超える、濃い村人たちがいた。

お金に背を向け村人たちに向き合ううちに、主人公の暮らしは、思わぬ方向に走り出してゆく。

果たして人は、一銭も金を使わずに生きてなど、いけるのか?
経済が混迷する現代に放つ、衝撃のスラップスティックコメディ!

【作品概要】
監督・脚本:松尾スズキ
原作:いがらしみきお 『かむろば村へ』/小学館 ビッグコミックススペシャル刊
出演:松田龍平 阿部サダヲ 松たか子 / 二階堂ふみ / 西田敏行

企画製作:キノフィルムズ、グリオ 制作:シネグリーオ
配給:キノフィルムズ

(C) 2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ