「大ヒット」タグアーカイブ

「勝手にふるえてろ」松岡茉優 大ヒット御礼イベントで海外映画祭出品発表!


映画情報どっとこむ ralph 松岡茉優主演映画「勝手にふるえてろ」が大ヒット公開中です。

”脳内片思い”と”リアル恋愛”の2人の彼氏、理想と現実、どっちも欲しいし、どっちも欲しくない・・・恋愛に臆病で、片思い経験しかないヨシカが、もがき、苦しみながら本当の自分を解き放つ!!

公開初日満足度第1位(12/15 Filmarks調べ)、そしてネット上でも「2017年邦画No.1」と話題沸騰中の痛快エンターテインメントです!!

この度1月11日(木)、松岡茉優さん、渡辺大知さん、大九明子監督登壇の大ヒット御礼イベントが行われました。

松岡茉優さんは、初主演映画が海外映画祭へ出品決定したことに対して、「映画って、海を越えるし、言葉の壁も超える。私がヨシカとして生きた時間を理解してくれるんだ」とコメント。

また、1月11日は「鏡開きの日」。と言うことで登壇者一同で鏡開きをし、さらなる映画ヒットを祈願しました。


『勝手にふるえてろ』大ヒット御礼イベント
日程:1月11日(木)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:松岡茉優、渡辺大知、大九明子監督

映画情報どっとこむ ralph 28舘から現在37舘へ上映館を拡大し公開中の本作ついて、松岡さんの元には橋本愛さんや伊藤沙莉さんら親友からの感想が届いていそう。

松岡さん:私、忘れていたんですけど撮影中に橋本に甘えて泣きついていて。その時に『キツイけど、この作品で誰かを救えるかもしれないから頑張る』って言ったらしいんですよ。橋本から『スクリーンで見て茉優の言ってた意味、私もわかったよ』とメールをくれたのでとても嬉しかった。この作品が誰かを救ったり、明日を生きる励みになってくれたのかな。伊藤沙莉と橋本愛という、私を10代から知っている同世代の尊敬する女優2人からメールをもらったことは、すごく励みになりました!

と感慨深げ。


リピーターが多い本作ということで、「リピーターの人!」と観客に手を挙げてもらった松岡さん。大半がリピーターで埋められた客席に向かって、「3回見た人、4回見た人!」と続けて、最後まで手を上げていた人は、なんと12回!!!

松岡さん:私でさえ4回なのに・・・。

と驚きと興奮を隠せない様子。


渡辺さん:もうライフワークですね!

と感謝を示した。渡辺さんはお正月に地元の神戸の映画館で客席から映画と観たそうで

渡辺さん:映画を観終わった後、前を歩いていたカップルが(自分について)『なかなかいい味だしてたな。』と言ってるのを聞いて、思わずありがとうございますって思っていましたね。

と照れながらも披露。続けて

大九監督:新宿で前の女の子たちが、『(ヨシカの)あの病み方やばいよね!』っていう話をしていて、生活の中に溶け込んでいるんだって。街中でそういう感想を聞くっていうのは初めての経験でした。

と語りました。


映画情報どっとこむ ralph 大ヒットに続いて、おめでたいこととしてイタリアで4月末に開催される「ウーディネ・ファーイースト映画祭」のコンペ部門、ドイツで5月に開催される世界最大の日本映画祭「ニッポンコネクション」、米ニューヨークで7月に開催される日本映画の映画祭「JAPAN CUTS」に選出されたことが発表。

松岡さん:ピンときませんね……

と驚いていた松岡さんの心配事が「”空耳アワー“ってわかる?」という映画内の小ネタだったことに場内から笑い声が。それに対して

大九監督:小ネタが伝わるかどうかはさておき。ヨシカはなんでこんなに怒っているんですかっていう質問が東京国際映画祭でも出ていましたよ。

と言葉の壁を超えて伝わる映画の力を述べた。さらに

松岡さん:大九監督から映画は時間も超えるんですよ。10年後にも初主演映画としても見られていくんですよ。と言われて、映画って、海を越えるし、言葉の壁も超える。私がヨシカとして生きた時間を理解してくれるんだ!

と笑顔で語りました。


大学入試センター試験が今週末にあるということで、受験生へエールを求められた登壇者たち。

松岡さん:高校卒業してから大学にはいかなかったけど、この仕事に向き合いたかったので。父親に話したとき4年間で芽が出なかったら大学にはいってくれって言われました。でも私は行く気はなかった。やっぱり自分の悔いが残らない毎日にしてほしい。自分さえ悔いがなければいいと思いますので、周りには“勝手に言わせておけ”って感じで、自分の信じた道を進んでほしいなと。

続けて

渡辺さん:自分の周りでは自分の意思とそぐわない決断をしている人がいたので、自分の選択に覚悟とか決意をもってほしい。頑張ってください。いや、一緒に頑張りましょう!!

と熱いエールを送った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、本日1月11日が鏡開きの日ということで、大ヒットと海外映画祭出品を祝って、3名は大きな酒樽で鏡開きを実施。
松岡さん:この映画がこれからももっともっとみなさんの心の支えになればと思います。そして、いつか皆さんがこの作品を劇場で見たことを自慢できるような女優になっていきたいと思います!

とこれからのさらなる飛躍を宣言して、イベントを締めました。


物語・・・
“脳内片思い”の毎日に“リアル恋愛”が勃発!?
2人の彼氏(?)の間で揺れながら、
傷だらけの現実を突き抜ける 暴走ラブコメディ!
24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」(北村匠海)へ10年間片思い中!
そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知)が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。
ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…

***********************************

原作:綿矢りさ著『勝手にふるえてろ』文春文庫刊 
監督・脚本:大九明子 
出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー) 石橋杏奈 北村匠海(DISH//)
趣里 前野朋哉 池田鉄洋 稲川実代子 栁俊太郎 山野海  
梶原ひかり 金井美樹 小林龍二(DISH//) 増田朋弥 後藤ユウミ 原扶貴子 仲田育史 松島庄汰 古舘寛治 片桐はいり
配給:ファントム・フィルム http://furuetero-movie.com/ 
主題歌:黒猫チェルシー「ベイビーユー」(Sony Music Records)
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会


尾上松也 美山加恋 福原遥 村中知 藤田咲 森なな子 が御礼!『映画キラキラ☆プリキュアアラモード』大ヒット記念


映画情報どっとこむ ralph 『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』が公開注ですが、週末興行ランキング観客動員数堂々の第1位。昨年を上回る大ヒットを記録しました。

それを祝して、11月2日(木)に大ヒット舞台挨拶が行われました!

レギュラー声優の美山加恋さん・福原遥さん・村中知さん・藤田咲さん・森なな子さんに加え、本作のゲスト声優の尾上松也さんが駆けつけました。劇中に登場するスイーツに含まれる想い・キラキラルをイメージしたキラキラと輝く星型バルーンに囲まれたステージにキャスト・そしてプリキュアのキャラクターたちが登場!!
日時:11月2日(木)
場所:新宿バルト9
登壇:ゲスト声優/尾上松也 レギュラー声優/美山加恋 福原遥 村中知 藤田咲 森なな子 
キャラクター/キュアホイップ キュアカスタード キュアジェラート キュアマカロン キュアショコラ キュアパルフェ


映画情報どっとこむ ralph Q:週末興行ランキング 観客動員数 第1位を獲得し、初日・2日間で約17万人ものお客様が足を運んでくださいました。その快挙を聞いたときのお気持ちはいかがでしたか?

美山さん:すごくうれしかったです!びっくりしました。ツイッターで知ったんですけど、5年ぶりに2度目ということで、私はこの作品を演じていて常々、プリキュアの長い歴史に爪痕を残したいと思っていたので、爪痕を残せたのではないかなと思います!みなさんのおかげです。ありがとうございます!

福原さん:私もツイッターで知って、「え!いっぱいニュースが出てる!」と驚きました!実感が全然わかなかったんですけど、友達や家族から「映画観たよ。とても人気みたいだね」とコメントをいただいて、作品がみなさんにこんなに愛されているんだなと、改めて幸せな気持ちになりました!

村中さん:私たちの力だけじゃなく、先輩プリキュアたちの歴史があってこそなので、先輩方への尊敬の念もありつつ、家族や友達など、みなさんできていただいたから、こういった結果に繋がったのだと思うのでうれしいです!

Q:松也さんも「プリキュア」シリーズ初参戦にして、大ヒットという快挙を聞いていかがでしたか?

松也さん:友人からラインに記事が添付されてきて知りまして、とても嬉しく、参加させていただいてとてもよかったと思います。今日客席をみると、小さいお友達はもちろん大きいお友達もいらっしゃるので、幅広い年齢層に見ていただけているのだと思います。そのことがとてもうれしいです。

映画情報どっとこむ ralph Q:SNSでの反響としても「笑えて、感動できる !」「これだけ楽しさ、わかりやすさ、感動を上手い具合にまぜまぜしている映画は さすがプリキュア」といろいろな感想が寄せられておりますが、その感想をお聞きになっていかがですか?

美山さん:それこそおもしろさ、感動、楽しさをまぜまぜした作品なので、きっと幅広く楽しんでいただけてるのだと、みなさんの感想を見ていると思います!

藤田さん:私はSNSはブログしかやってないのですが、終始笑える作品になっているのは、歴代プリキュアでもめずらしいんじゃ無いかなと思います。家族はもちろん、一人でも楽しめると思います!もちろん感動するシーンもあって、個人的には背中合わせのシーンがときめきます。まだ上映前なのに今ニヤッとした人はすでに2回目ですね!(笑)そして戦闘シーンも見所なので、合わせて楽しんでいただけたらと思います。

森さん:実は移動中、毎日SNSで「プリキュア・映画」で検索してみなさんの感想を検索しています。(笑)
お子様がとても楽しんでいるという感想をみてとても嬉しいです。このあとイベントが終わった後もチェックしようと思います(笑)
松也さんは、周りにお子さんがいるお友達がいらっしゃるとお聞きしましたが、みなさんからの反響はありましたか?

松也:多くの友人からお子さんと見に行ったという感想をいただきまして、「自分も一緒に楽しめた」という意見も多くとてもうれしかったです。ジャン=ピエールに関しての感想はスルーでした。頑張ったんですけどね。(笑)ただ僕個人を差し置いても、作品を楽しんでいただけるのはとても嬉しいです。

Q:ジャン=ピエールを演じてみて感じたことや、シエルとの師弟関係の中でご自身の環境と絡めて 感じたことなどあれば教えてください。

松也さん:シエルとジャン=ピエールの師弟関係は一般的な関係とは違うのですが、お互いを刺激しあえる存在がとても素晴らしいなと思います。自分も4人弟子がいるのですが、今回ジャン=ピエールを演じてみて、いろいろな師弟関係の形があっていいのだなと改めて思いました。

映画情報どっとこむ ralph Q:これからご覧になる方はもちろん、もうすでにご覧になった方にもぜひ、ここを注目してみていただきたいシーンはありますか?

村中さん:何を差し置いても、それこそジャン=ピエールとシエルの関係こそだと思います!

美山さん:ずっと二人が喋ってるもんね。私たちももっと出番もほしかったー(泣)

松也さん:これはクレームですか!?(笑)

村中さん:でも今日はシエルが来れなくて、今回水瀬いのりちゃんと、尾上松也さんはイベントなどで、一度も出会えてないんです!そこが2人のキャラクターらしいですよね。(笑)

Q:みなさん今回挿入歌も歌われているんですよね?

美山さん:収録したのはほんとこの間という感じだよね!今までにない感じの挿入歌で、映画でしか出せない感じの挿入歌です。

藤田さん:収録が近くなってイベントの控え室でみんなで覚えたよね!そんな仲の良さも音楽に反映されているんじゃないかなと思います!


映画情報どっとこむ ralph Q:映画の大ヒットを祝ってスイーツをテーマにした作品ということもあり、なんとお砂糖で作った“3Dシュガーケーキ”を作成しました!! ご覧になってみていかがですか?

全員:すごーい!かわいい!!

美山さん:大きくてびっくりしました!すごくかわいいので、ここにいるみなさんで一緒に食べたいくらいです!でも崩すのもったいないですね…。

福原:でも崩さないと食べられないよね…。

松也:ほんとうにすごいですね!ケーキだけじゃなくて、キャラクターも全部食べられるんですね。これがお菓子とは衝撃です!


最後に・・・・

松也さん:今日はみなさんありがとうございました。今回本当に順調にヒットを重ねてきて、みなさんに見ていただいたおかげかと思いますが、これからも映画は続きますので、小さい・大きいお友達含め周りのみなさんにみていただき、この作品がもっと盛り上がっていければと思います。

美山さん:今日は本当にありがとうございました!みなさん今日は思い思いの格好で来ていただいて、ホイップの格好してきてくれている方もいらっしゃって、本当にありがとうございます!ほんとうにいろんな人に観ていただいているのだと実感しました。アニメの方はまもなく終わってしまうのが寂しいのですが、テレビの前・映画館で引き続きプリアラを応援していただけると嬉しいです!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
スイーツの本場・パリで開催される世界パティシエコンテストに出場が決定したキラキラパティスリーメンバー!しかしシエルが急にスイーツづくりもプリキュアの変身も、うまくいかなくなり絶不調になってしまう!!不安を抱えつつもコンテスト前夜祭のパーティーに向かういちかたちは個性的でひとくせありそうなパティシエ・ジャン=ピエール・ジルベルスタインと、妖精に似ている不思議な女の子・クックに出会う。インパクトの強い2 人にとまどういちかたちだったが、なんとジャン=ピエールはシエルの<パリ修行時代の師匠>だったということが発覚する!久しぶりの再会だが、「頼れるのは自分の力のみ!」という信念を持つジャン=ピエールは仲良くスイーツ作りをするシエルの姿に落胆する。落ち込むシエルを元気づけるため、いちかはジャン=ピエールに初めてつくってもらったというシエルの思い出のスイーツ【ミルフィーユ】をみんなでつくることをキラッとひらめく!しかし、次々とコンテスト出場のパティシエを襲う謎の巨大スイーツが出現し、さらにパリの待ちがスイーツになってしまい…!?果たしてパリの街もコンテストも、どうなってしまうのか??そして天才パティシエは復活できるのか…??

映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!
(同時上映)『Petit☆ドリームスターズ!レッツ・ラ・クッキン?ショータイム!』

10 月28 日(土)ロードショー中!!


公式サイト:
precure-movie.com
公式twitter:
@precure_movie

***********************************

声の出演:美山加恋 福原遥 村中知 藤田咲 森なな子 水瀬いのり かないみか / 悠木碧
ゲスト声優:尾上松也
©2017 映画キラキラ☆プリキュアアラモード製作委員会 (ショートVer.)©2017PAMC



大ヒット!祝福の歓声の中TAKAHIROら『HiGH&LOW THE MOVIE 2』舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 8月19日(土)「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」の公開から15日間で観客動員数70万人と大ヒットを記録!

この度、映画の大ヒットを記念して、丸の内ピカデリー1にて、大ヒット舞台挨 拶イベントを開催しました。舞台挨拶の様子は、全国246箇所へのライブ ビューングにより生中継されました。

舞台挨拶ゲストとして、黒木啓司、AKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、登坂広臣、小林直己の豪華出演者6名が登場!舞台挨拶では、映画の大ヒット に関する周囲からの反響や、前作で話題となり今作では初となる“超応援上 映”についてそれぞれの思いを語りました。豪華キャストの登場に会場は熱気に 包まれました。

更にイベント終了間際には、11月11日公開の続編である「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION 」の特報映像が初公開となり、会場 はさらに熱く盛り上がりました。

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』 大ヒット舞台挨拶イベント
日付:9月3日(日)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:黒木啓司、AKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、登坂広臣、小林直己

映画情報どっとこむ ralph 大ヒットを祝福(色々な面でも)する歓声の中、黒木啓司、AKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、登坂広臣、小林直己が登壇し、映画の大ヒットに関する周囲からの反響や、小林直己の演じるキャラ クター・源治についてのトークに加え、前作で話題となり、今作では初の“超応援上映”についての話を語りました。

映画の公開から2週間がたち、初週興行ランキング第1位、そして現在観客動員数70万人と大ヒット となっております。ご家族やご友人を始め、様々な反響が届いているかと思うのですが、本作公開の反響はいかがですか?

黒木さん:今日熊本にいたのですが、地元の高校生にロッキーと役名で呼ばれ、 HiGH&LOWの効果ってすごいなと感心してます。

AKIRAさん:僕は普段AKIRAって、ファンに呼ばれているのですが、琥珀を演じることによって、「琥珀さん」と、少し格があがったような呼ばれ方をして、得をしたんじゃないか なーと思っています(笑)

青柳さん: 僕は、甥っ子が喜んでくれていて、LINEで「しょっちゅ(青柳さんのあだ名)強いね。」ってメッセージが来て、すごく嬉しかったです(笑)

映画情報どっとこむ ralph 雨宮兄弟は、THE RAD RAINで描かれた兄弟の想いを受け継いでの新作ですが、本作での周囲の 反響はいかがですか?また撮影や、プロモーション活動の中で、斎藤工さんともやり取りはされたりしましたか?

TAKAHIROさん:先日、工さんのラジオにお邪魔させていただいたと時に、工さんも本作品をすごく期待しているとおっしゃっていただきました。あと、個人的には雨宮雅貴 はいつも雨宮広斗においしいところを持って行かれるので、 この作品を通して、パワーバランスがちょっとおかしくなった気がしますね。(笑)そのせいか、世間からもなめられるという現象も起きています(笑)

登坂さん:え!そんなことないですよ(笑)僕もあの時一緒に工さんのラジオに出させていただいたのですが、工さんが前作で守り抜いたUSBをもとに、展開する話になっ ているので、続きがどんな展開になるのか、すごく気にされていました。また、お兄ちゃんという立場からして、弟達にあまり危ない場所に行ってほしくないと、工さんは自分 が関わった作品として、他の人とは違う目線で僕らのことを見てくれている感じがしました。

新登場の直己さん演じる源治ですが、キャラクターが強烈すぎて、公開初日・2日目の各舞台挨拶での話が、ほとんど源治のことだったとい う噂も聞きましたが、直己さんはこれだけHiGH&LOWで注目を浴びていることに関して、いかがですか?また、新キャラクター・源治のココが すごかったというポイントがあれば、教えて下さい!

小林さん:北海道地区を回らせていただいたのですが、スタッフから他のエリアで源治の話で盛り上がっているということを耳にし、大変光栄でございます(笑)

TAKAHIROさん:僕は九州地区を青柳と一緒に回らせていただいたのですが、本当にそこでも8割が源治さんの話でしたね。

小林さん:普段一緒に活動しているメンバーの前で普段通りの自分のキャラでいくと、上手く源治を演じられなくなっちゃうんじゃないかなーと思い、撮影以外の時も源治で いました。

AKIRAさん:HiGH&LOWは2年くらいやってきているのですが、ずっと一緒にやってきたキャストやスタッフの中にいきなり飛び込むことって、なかなか難しいことだと思うので すが、それだけ源治の話題になるくらい、役を作り上げたことは本当にすごいことだと思います。

映画情報どっとこむ ralph 本日は前作「THE MOVIE」に続き、今作初となる全国9劇場での”超応援上映”が開催されますが、今後も定期的に開催がされるようで、 これから「このシーンで盛り上がってほしい!」「このセリフを一緒に叫んでほしい!」など、応援ポイントがあれば教えて下さい!

青柳さん:僕はバイク避けるときに使う道具をみんなに叫んで欲しいです。「来るよ、来るよ、車輪止め!」って叫んでほしいです(笑)

AKIRAさん:だるまチームが車の上に乗っているシーンで「道路交通法違反!」とか、ガンちゃん(岩田剛典)が足をドンって乗っけたら、「お行儀悪いよ!」とか言ってい るらしく、応援になってないような気もするんですが、おもしろいですね。

映画情報どっとこむ ralph ついに最終章となる「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」の特報映像が解禁!

特報映像にはフィナーレに相応しい超豪華キャスト勢が続々登場!超ド迫力の爆破シーン、圧巻のバイク・カーアクションなど、次作の見どころが 満載です。そしてラストには、気になるセリフを残すRUDE BOYSのリーダー・スモーキーの姿が・・・。いったいスモーキーの身に何が起こるのか!? 今後も最新情報をお楽しみに!


「THE MOVIE 3 / FINAL MISSION 」特典映像が初解禁となりましたが、皆様から次作に向けての、想いや注目ポイントを教えても らえればと思います!

TAKAHIRO:物語も続いていきますし、九龍グループとの確執だったりいろんなことを経て、どんどん奥深くなっていきます。ワンシーンごと心を込めて、撮影したので皆さんに喜んでもらえるのではないかと思っています!


映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY
全国ロードショー中!

映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION
11月11日(土)全国ロードショー!

ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会

***********************************



柿原徹也・前野智昭・増田俊樹 華やか大ヒット舞台挨拶『KING OF PRISM –PRIDE the HERO-』


映画情報どっとこむ ralph 『KING OF PRISM –PRIDE the HERO-』は​全国56館で6月10日に初日を迎え、大ヒット中!

これを記念して、メインキャラクター“Over The Rainbow”(=オバレ)を務めたキャスト、柿原徹也(神浜コウジ役)、前野智昭(速水ヒロ役)、増田俊樹(仁科カヅキ役)ら3名が登壇する舞台挨拶が行われました。 

またこの模様は、全国の劇場でライブビューイング上映も行われました!

KING OF PRISM-PRIDE the HERO-大ヒット御礼舞台挨拶​
日程:7月15日
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲      ​
登壇:柿原徹也(神浜コウジ役)、前野智昭(速水ヒロ役)、増田俊樹(仁科カヅキ役)​

映画情報どっとこむ ralph 本イベントには約30倍もの当選倍率を切り抜けたキンプリファンが押し寄せ、柿原さん、前野さん、増田さんと成功の喜びを分かち合った。すでに30回以上見ているファンも複数おり、それを聞くや否や「うわー!」「すごいな!」と驚きのリアクション。​


本日、全国42箇所の会場ではライブビューイング上映も行われていて、

柿原さん:この会場の方々だけでなく、全国中のたくさんの方々と集まれることが嬉しいです。何度も見に行ってくださっている方も居て愛が伝わる。

と喜びを表した。プリズムキングカップの決勝で前野演じる速水ヒロが歌う「pride」についてこんな秘話も飛び出した。​

前野さん:難しかったですね。ヒロらしく、さわやかに歌ったら、菱田監督にもねちっこくしようと言われて。一周回って正反対なねちっこい感じの方が、この曲は映えるんだなと思いました。前作でも登場するし、もう完成された曲かと思っていましたが、今回新たに録り直したことで、これこそが完成系なんだと思いました。これも二人のおかげだと思うので、三人でオバレバージョンの「pride」を歌いたいですね。​

と話します。

映画情報どっとこむ ralph 本作に登場する新曲「虹色CROWN」について​

柿原さん:さわやかな曲ですごく好きです。映画の終盤で三人でこの曲を歌うということはハッピーエンディングで絆が深まるんだろうなと思いましたね。

前野さん:三人の楽曲はすごく気持ちがのりやすいですが、この曲もメロディと歌詞がマッチしていてすぐに乗れました。この三人だとレコーディングで別々に録っていても、「こういう感じになるだろうな」と想像がつくので一緒に録ってるようなクオリティになるんですよね。不思議。​

増田さん:想像を超えた出来だなと思います。あの曲に乗せて、あのシーンで、「プリプリプリズムー!」ってカヅキが言うとは思ってなかった(笑) これがキンプリの怖さ、凄さ、きらめき!この曲の完成図ってここにあったんだろうな。​

映画情報どっとこむ ralph 最後にファンの皆さんへ一言!​

増田さん:直感で楽しむ!意味がわからなくても面白い作品です。カヅキとしてはフリーダムでバーニングに楽しんでプリズムショーを続けていきたいなと思います。​

前野さん:本作を応援上映で見る方は、プリズムアフレコに注目してみてほしいですね。「プリティーリズム・レインボーライブ」からやっている身として、あのシーンはとても感慨深いんです。劇場でご唱和するときは、僕たちキャラクターの気持ちを想って、楽しんでください!​

柿原さん:この作品はTVシリーズ「プリティーリズム・レインボーライブ」から始まっています。あの作品の女の子たちによって、Over The Rainbowの三人は成長させてもらったんです。キンプリがどんなにヒットしても、あの子たちの存在は忘れて欲しくないです。今後、何らかのかたちであの子たちと共演したり、お互いのその後の人生を表現出来るような場所があるよう願っています。​


繋がれた絆が今、動き出す​

劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」​

6月10日(土)より新宿バルト9ほか大ヒット全国公開中​

物語・・・
Over The Rainbowのライブで見たプリズムショーに憧れ、エーデルローズに入学した一条シン。​
そこでは7人の新入生たちが、未来のプリズムスタァになるべく学んでいた。​
しかし、法月仁が率いるシュワルツローズの陰謀は、エーデルローズを解散の危機へ追い込む。​
エーデルローズを救うために無期限活動休止したOver The Rainbow。​
コウジは巨額の負債を返すためにハリウッドでの映画音楽制作に、カヅキはストリート系としての自らの原点を見つめ直し、ヒロは己を高めるため特訓に打ち込む。​

それぞれの場所でプリズムスタァとしての自分と向き合うメンバーたち。​
先輩から後輩へと手渡されるバトン。あらためて問われる、仲間との絆。​

波乱の中プリズムキングカップが、いよいよ開幕。​
これまで誰も見たことのない、プリズムジャンプの息もつかせぬ応酬。​
キング・オブ・プリズムの王冠は、いったい誰の頭上に輝くのか。​
新たな歴史が、いまここに刻まれる!​

「俺たちが目指すのは勝者じゃない。」​

***********************************

キャスト​
神浜コウジ:柿原徹也、速水ヒロ:前野智昭、仁科カヅキ:増田俊樹、​
一条シン:寺島惇太、太刀花ユキノジョウ:斉藤壮馬、香賀美タイガ:畠中祐、十王院カケル:八代拓、​
鷹梁ミナト:五十嵐雅、西園寺レオ:永塚拓馬、涼野ユウ:内田雄馬、​
法月 仁:三木眞一郎、如月ルヰ:蒼井翔太、大和アレクサンダー:武内駿輔、​
氷室 聖:関俊彦、黒川 冷:森久保祥太郎、山田リョウ:浪川大輔​

監督:菱田正和、​
脚本:青葉譲、CGディレクター:乙部善弘、キャラクター原案&デザイン:松浦麻衣、​
プリズムショー演出:京極尚彦、音楽:石塚玲依、音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ、​
音響監督:長崎行男、音響制作:HALF H・P STUDIO、​
原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ​
アニメーション制作:タツノコプロ、配給:エイベックス・ピクチャーズ、​
製作:キングオブプリズムPH製作委員会​

製作年/製作国/上映時間 2017年/日本/69分​