「多部未華子」タグアーカイブ

『日日是好日』 映画化決定!黒木華主演、共演に樹木希林、多部未華子!


映画情報どっとこむ ralph 2002年発行以来、多く読者心を掴み続ける人気エッセイ『日日是好日 —「お茶」が教えてくれた15しあわせ—』 (森下典子著・新潮文庫刊)が、大森立嗣監督により『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)として映画化されることが決定しました。

主演大森立嗣監督作品に初参加で主演の黒木華さん(典子役)はコメント。

黒木さん:華ずっとご一緒したいと思っていた大森監督作品に、出演出来ることを幸せに思います。 樹木さんも多部さんも共演させて頂く初めてですが、お二人出演されている作品を拝見していて、いつも素敵な表現をさ れているな、と思っていたで、そんなお二人と作品を創れる事をとても光栄に思います。 茶道全く経験がなく、今回勉強することが大変多いで不安もあるですが、典子と同じように学び、成長していきたいです。

共演に、黒木華と初共演となる樹木希林。本作で黒木華と 樹木希林、茶道教室生徒と先生、弟子と師匠として役柄を演じる。実力派として最高峰にいる二人によって紡ぎ出され る、極上世界に期待が高まります。

樹木さん:年とったからって自動的にいい顔になるわけじゃない・・・つくづくわかった。 映画に出ること恥多いことだ。(後期高齢者)


更に、こちらも黒木華と初共演となる多部未華子。従姉役での待望共演に。

多部さん: またこうして大森組に参加させていただくことを大変嬉しく思います。 黒木さん、樹木さんと初めて共演させていただくで、少し緊張していますが今からとても楽しみです。 茶道も幼稚園で習った以来ですで一から学ばせていただき、人生き方を変えてしまう程茶道魅力や 奥深さが映画を観て下さるみなさんに伝わるようにお稽古をして撮影に臨みたいです。

映画情報どっとこむ ralph 就職話がチラホラ出始める頃大学生、典子(黒木華)、母親から「あんた、お茶、習ったら」と突然すすめられる。 「え?なんで?」と意味がわからず困惑する典子。

嫌々ながらも、従姉美智子(多部未華子)から「ぇ典ちゃん、一緒にやろ うよ」と一押しされ、二人共に、自宅近くにある茶道教室先生を訪る。そ先生巷で「タダモノじゃない」と噂、 武田おばさん(樹木希林)だった・・・。

就職につまずき、失恋や大切な人死という悲しみなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。がんじがらめ決まりごと 向こうに、やがて見えてきた自由。季節を五感で味わう歓び。そして「いま、生きている」そ実感に迫る、感動ドラマが ここに誕生する。


監督・脚本は大森立嗣さん。
大森さん:茶道と無縁僕が原作を読み終えていたく感動していました。一人女性が大人になっていく過程で、きらびやかな宝石 と違う、胸奥にずっと、でも密かにある大切なもにお茶を通して気付き、触れていくお話しです。 素晴らしいキャスト、スタッフと共に映画を作ります。観た人心に深く響く映画になればいいと思っています。

様々なアプローチで人間感情 を映し出そうとする監督、大森立嗣が新たに挑む、登場人物大半が女性映画となる。


原作:森下典子先生の作品は『日日是好日』が初めて映画化であり、本作で著者自ら撮影スタッフ 一員として、茶道関連アドバイザーを担当しています。
森下さん:子どもころから映画れ世界でした。 私書いた本が映画に …… それも、黒木華さん、樹木希林さん、多部未華子さんという、こ上ないキャストで映画化されるなん て、これほど光栄ありません。 しかも、大森立嗣監督撮影現場に、自らスタッフとしてかかわることができるなんて 本を書く仕事をしてきて、ほんとうに良かった …… 。 こ映画実現にお力をくださった多く方々に、心から感謝いたします。ありがとうございます


映画『日日是好日

は、2017年11月にクランクイン/2018年、全国ロード ショー

***********************************

主演:黒木華
共演:樹木希林 多部未華子
監督・脚本:大森立嗣
原作:森下典子著『日日是好日 –「お茶」が教えてくれた15しあわせ』 (新潮文庫刊)
製作:「日日是好日」製作委員会
製作幹事:ハピネット/ヨアケ
製作プロダクション:ヨアケ/ハーベストフィルム
配給:東京テアトル/ヨアケ 特別協賛:カジワラ 撮影:2017年11月〜12月 劇場公開:2018年 全国ロードショー


小林薫の『深夜食堂』が劇場に11月戻ってくるよ~


映画情報どっとこむ mari 小林薫の『深夜食堂』が劇場に戻ってきます!

%e7%b6%9a%e3%83%bb%e6%b7%b1%e5%a4%9c%e9%a3%9f%e5%a0%82 2015年1月に公開し、全国80館という規模での上映にもかかわらず、興収2,5億円、動員数20万人超を記録するヒット作になった映画『深夜食堂』。

原作は安倍夜郎の大ヒットコミック。全世界シリーズ累計発行部数約550万部突破してるんですって!ドラマ化もされたため中国、韓国、台湾でも人気を集め、映画『深夜食堂』もアジア各国で大ブームに。

そして1年。『続・深夜食堂』として、11月5日に公開となります。

映画情報どっとこむ mari 主演は、前作そしてドラマシリーズと同じく小林薫。客とは程よい距離感を取りながら、どこか包みこむような優しさを持つマスター像を確かな演技力で体現する。常連客にはオダギリジョーらドラマシリーズからのお馴染みの顔が揃う。
%e7%b6%9a%e3%83%bb%e6%b7%b1%e5%a4%9c%e9%a3%9f%e5%a0%82_%e3%82%aa%e3%83%80%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc
また、前作でゲスト出演した多部未華子、余貴美子が役柄そのままで常連客に加わってます!
%e7%b6%9a%e3%83%bb%e6%b7%b1%e5%a4%9c%e9%a3%9f%e5%a0%82_%e5%a4%9a%e9%83%a8%e6%9c%aa%e8%8f%af%e5%ad%90
メガフォンを映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で日本アカデミー賞を受賞し、ドラマシリーズ第一弾から世界観を作り上げてきた松岡錠司監督。

映画情報どっとこむ mari 気になる物語は・・・

%e7%b6%9a%e3%83%bb%e6%b7%b1%e5%a4%9c%e9%a3%9f%e5%a0%82%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bcカウンターだけの狭い店ながら、マスター(小林薫)の作る味と居心地の良さで、つい立ち寄りたくなる“めしや”。

ある夜、常連たちが揃いも揃って喪服姿で現れる。そんな中、もう一人、喪服姿で来た範子(河井青葉)。だが、彼女は喪服を着るのがストレス発散という一風変わった女性だった。そんな彼女が本当の通夜の席で喪服の似合う渋い中年男(佐藤浩市)と出会い心惹かれて…。

近所のそば屋の息子・清太(池松壮亮)は父亡きあと、店を切り盛りする母親・聖子(キムラ緑子)が子離れしてくれず、年上の恋人さおり(小島聖)との結婚を言い出せずにいた…。

お金に困った息子に頼まれ、九州からやってきた夕起子(渡辺美佐子)。息子の同僚という男性に大金を渡してしまう。騙されたのではと常連客たちも心配するが、あまり気にも留めぬ様子。そんな折、迎えにやって来た義弟(井川比佐志)が夕起子の身の上話を明かし…。

映画情報どっとこむ mari 春夏秋冬、ちょっとワケありな客が現れては、マスターの作る懐かしい味に心の重荷を下ろし、胃袋を満たして、店を後にしていきます。
きっと見た後は定食屋に行きたくなる。
%e7%b6%9a%e3%83%bb%e6%b7%b1%e5%a4%9c%e9%a3%9f%e5%a0%82logo 2016年11月5日(土)です。

公式サイト
www.meshiya-movie.com/

***********************************


小林薫

河井青葉

池松壮亮 小島 聖/キムラ緑子

渡辺美佐子 井川比佐志

不破万作 綾田俊樹
山中 崇 安藤玉恵
宇野祥平 金子清文 中山祐一朗
須藤理彩 小林麻子 吉本菜穂子 平田 薫
谷村美月 篠原ゆき子 片岡礼子

松重 豊/光石 研

多部未華子/余 貴美子

佐藤浩市 

オダギリジョー

原作:安倍夜郎「深夜食堂」(小学館ビッグコミックオリジナル連載中)
監督:松岡錠司  
脚本:真辺克彦 小嶋健作 松岡錠司

©安倍夜郎・小学館/「続・深夜食堂」製作委員会


浅野忠信、多部未華子が主演俳優賞!日本映画批評家大賞


映画情報どっとこむ TJ 第25回日本映画批評家大賞授賞式。今年から池袋の東京芸術劇場に場所を移し、その実写部門授賞式が行われ、藤野涼子さん、山田涼介さん、 板垣瑞生さん、伊藤淳史さん、満島ひかりさん、浅野忠信さん、多部未華子さんら豪華な俳優さんや監督らが登壇しました。
日本映画批評家大賞授賞式実写部門
作品賞には「ソロモンの偽証」。「ソロモンの偽証」からは新人賞の藤野涼子さん、板垣瑞生さん、そして脚本賞も受賞で4冠です。監督賞は大根 仁監督が「バクマン。」で受賞。

主演男優賞に 岸辺の旅の浅野忠信、主演女優賞 はピースオブケイクの多部未華子さん。

第25回日本映画批評家大賞授賞式
5月26日(木)実写部門
場所:東京芸術劇場

映画情報どっとこむ TJ 新人監督賞に トイレのピエタ、松永大司監督。
松永監督:新人賞はなかなか取れる物ではないので、これがピークにならないように良いものを撮っていこうと思います。
日本映画批評家大賞_松永大司
ドキュメンタリー賞 は、多くの批評家からこうひょうか絶賛の「氷の花火 山口小夜子」松本貴子監督。
松本監督:何かに取り付かれたように取った作品です。我儘な作品ですが、このような舞台に立ててものすごい幸せです。
日本映画批評家大賞_松本貴子監督

新人賞は3名!

新人女優賞は (小森和子賞) 藤野涼子さん「ソロモンの偽証」
藤野さん:私は演技するのが初めてで監督はじめ多くの方達にご指導いただいて、頑張ることができました。今後もがんばって行きます。
日本映画批評家大賞_-藤野涼子
新人男優賞(南俊子賞)は今年はお二人!

新人男優賞(南俊子賞) 一人目は藤野さんに続いて「ソロモンの偽証」から板垣瑞生さん。
板垣さん:素晴らしい賞をいただけて嬉しく思っています。この映画に係った方達に感謝したいと思います。この賞は自分の家宝にしたいと思います。また、ここに戻ってこれるように精進していきたいと思います。
日本映画批評家大賞_板垣瑞生
二人目は山田涼介さん!「グラスホッパー」で受賞です。アイドルの顔を封印した役が好評!
山田さん:僕はグラスホッパーで映画デビューしました。猟奇的な演じたことが無い役で、初の映画で務まるのかなと言う不安はあったのですが、このような賞がいただけて光栄です。この映画で浅野忠信さんとご一緒させていただいて、決闘の後に血だらけで二人でお風呂に入って、「映画界に出て行って欲しいよ」といっていただきました。これからも映画に貢献できるような役者になって行きたいと思います。これからも応援していただければと思います。精進していきます。

映画情報どっとこむ TJ ゴールデン・グローリー賞 (水野晴郎賞)銀幕を支えた方達に贈られる賞です!

草村礼子さん
草村さん:私は映画が大好きです。これからも映画を観た方がニコニコできるような映画に参加したいと思います。あと25年100歳まで女優でいたいと思います。今日を四半世紀のスタートにしたいと思います。
日本映画批評家大賞_草村礼子
仁科亜季子さん
仁科さん:神様が下さったのだと思います。日本映画に少しでも貢献していきたいと思います。
日本映画批評家大賞_仁科亜季子
浜田光夫さん
浜田さん:日活時代の作品涙が出ますね。懐かしいですね。昭和30年代日本映画黄金期に運よくデビューし、やってきました。この賞をいただいてまだまだ頑張って行きたいと思います。
日本映画批評家大賞_浜田光夫
映画情報どっとこむ TJ 助演女優賞は満島ひかりさん。すさまじい演技だった「駆込み女と駆出し男」で受賞
満島さん:すみません。プライベートで大変お騒がせしております!(と自虐ネタで笑いを掴みます。)この作品はふたつ目の時代劇で、監督に眉を落としてお歯黒にするかって言われました。今回ほど役は一人で作るのではないなと思った現場は無くて。みんなに色々教えていただき、支えられました。お芝居はまだまだだなと思いますがこのような賞をいただけてスタッフ、共演者に感謝しています。映画って大人たちを生き生きとさせるものなんだなと。わたしも続きたいと思います。
日本映画批評家大賞_満島ひかり
こんな先生に習いたい!助演男優賞は伊藤淳史さん「ビリギャル」で受賞!
伊藤さん:この作品を通して奇跡を起こすことはできるのだなと。頑張った分だけ結果はついてくると感じさせてくれた作品です。感謝しています。これからも真摯に頑張って行きたいと思います。
日本映画批評家大賞_伊藤淳史
映画情報どっとこむ TJ そして、主演女優、男優賞の発表!

主演女優賞は、この批評家対象で新人賞もとっている 多部未華子さん「ピースオブケイク」で受賞。
多部さん:素敵な賞ありがとうございます。私はちょうど10年前に新人賞をいただきました。一つ一つの作品を喧嘩しながら、支えあいながら、楽しみながら、兎に角、素晴らしい作品にしたくって、戦ってきました。毎日刺激的で幸せな日々を暮らしています。これからも精進して苦しんで楽しんで行きたいと思います。
日本映画批評家大賞_多部未華子
主演男優賞は 浅野忠信さん「岸辺の旅」で受賞。浅野さんはカンヌ映画祭ある視点部門で「淵に立つ」でカンヌから戻ったばかり。

浅野さん:とても嬉しいです。これからも映画に出て行きたいと思ます。何しろ運が良くて、良い作品スタッフに恵まれて。今秋に上映予定の作品でカンヌで賞をいただきまして。そちらも注目してください。
日本映画批評家大賞_-浅野忠信
映画情報どっとこむ TJ 監督賞には大根 仁監督「バクマン。」での受賞です!
大根監督:自分では未だ2作目で。ここに立てる監督だとは思っていません。今回このような賞をいただいたので、もう言い訳が効きません。映画監督を名乗って行きます!
日本映画批評家大賞_大根-仁
作品賞 松竹「ソロモンの偽証」成島監督が登壇。
成島監督:ありがとうございます。映画に生かされてきた想いです。日本が貧しかった時代から、東北震災のときまで、映画って頑張ろうって力になるものだと思っています。10年後も新人賞をとった二人とまた撮れるよう頑張って行きたいと思います。
日本映画批評家大賞_ソロモンの偽証
ダイヤモンド大賞 (淀川長治賞)吉永小百合さん
※欠席の為、ビデオメッセージ。
吉永さん:素晴らしい賞ありがとうございます。今までに119本の映画に出演してきました。とても映画が好きです。これからも映画の仕事をしていけたらと思っています。ご批評ご意見をいただけたら幸いです。
日本映画批評家大賞_吉永小百合
今でも精力的に第一線の映画を撮り続ける山田洋次監督がダイヤモンド大賞(淀川長治賞)!
山田監督:大変嬉しい賞をいただきました。歳を撮った監督はどんなものを造ればよいのか考える歳になってしまいました。できる事なら力が抜けた形でこの仕事を続けて生きたいと思います。
日本映画批評家大賞_山田洋次
と、とても和やかな授与式でした。

その他の受賞は以下の通り。

選考委員特別賞 濱口竜介「ハッピーアワー」
編集賞(浦岡敬一賞) 伊藤伸行「天空の蜂」
編集賞(浦岡敬一賞) 中みね子「ゆずり葉の頃」
脚本賞 真辺克彦「ソロモンの偽証」
映画音楽賞 池永正二「味園ユニバース」
撮影賞 町田博「FOUJITA」
特別賞 豊島公会堂、松永文庫

***********************************



おもしろ多部未華子登壇!『あやしい彼女』大ヒット舞台挨拶


73歳のおばあちゃんが心はそのままに、突然20歳の姿に若返ってしまったことから巻き起こる珍騒動を描いた映画『あやしい彼女』。

多部未華子史上最強にキュートでコミカル、そして破天荒なヒロインが痛快に泣かす本作は4月1日から公開中ですが、その大ヒット御礼舞台挨拶が行われ主演の多部未華子、要潤と水田伸生監督が登壇しました。

あやしい彼女大ヒット御礼舞台挨拶
『あやしい彼女』大ヒット舞台挨拶
日時:4月1日(金)
会場:新宿ピカデリー
登壇者:
多部未華子、要潤
水田伸生監督

多部さん:こんにちは!忙しい中ありがとうございます。
あやしい彼女大ヒット多部未華子
要さん:楽しんでください。
あやしい彼女大ヒット要潤2
水田監督:ありがとうございます。夕べ来ません?と誘われました。
あやしい彼女大ヒット水田監督
MC:ぴあ初日満足度1位。そしてYAHOO映画作品レビュー4.19と高評価です。

要さん:全映画ひっくるめて4.19獲得したんですから。同級生と歌は久しぶりに終わって欲しくない映画だとメールが来ました。

多部さん:友人からの評価は・・・とくにないです。LINEで見たよー。そうなんだー。って感じですね。
あやしい彼女大ヒット多部未華子&要潤おもしろ
MC:TWITTERで「水田監督の演出が好きなので観に行きましたが、期待よりも泣き、そして面白かった」とありました。

水田監督:予想と期待が低いってことですよね。好きなのに。。。ちょっとへこみました。
MC:多部さんの歌と表情が良かったと。

多部さん:感情に重点をおいて歌いました。技術もないので。習った通り。お芝居はテンポを自分で取れますが、歌は・・・ね。

MC:小林には「とにかくイケメン」「格好いい」などと来ています。演じるにあたりイメージ像は?

要さん:今回尾長句プロデューサーの小林さんをイメージしました。お会いしたことはないですが。昔のインタビューをみて。

多部さん:特には似てないですね。

要さん:多部ちゃんは正直!正直で業界生きてますからね。

多部さん:どっちも格好いいですよ。似てないけど。
監督面白
MC:公式Twitterで質問を募集しました。まず、明日73歳になっていたらどうしますか?

要さん:とりあえず現場に行きます。多分誰ですかとなりますが・・要潤73歳になっちゃいましたとセリフは覚えてますよと。楽しみます。

監督:二十歳になるより73歳になる方が近いですもん。普通に現場行って監督します。

多部さん:どうしましょう。自撮りして。友達に やばくない?ってメールしてみます。1日だったら家にいて戻るの待ちます。

MC:多部さんに質問。小林、翼、次郎さんの中でだれが良いですか?
あやしい彼女大ヒット多部未華子&要潤 多部さん:以前特番で二郎さんと答えてるんですが・・・考え直してまして。やはり小林かなと。ある程度お金もあるし。ちゃんと仕事してますし。子供もきっとこの容姿で。

監督:志賀さんは満たしていないと?(笑)

MC:デートするならどこへ行きますか?

要さん:久しくしてねえからなー。せっかちで、引っ張っていきたいタイプです。映画館のプレミアシートって滅茶苦茶いいんです。ラウンジでワインとか飲めるし。

MC:座右の銘は?

要さん:映画はプラチナシートでみろ。ピカデリーのね。

監督:やった後悔は徐々に小さくなり、やらなかった後悔は徐々に大きくなる。だから、トライしろ。

多部さん:座右の銘は・・・なんとかなる。

MC:深いですね。前向きですよね。

多部さん:ポジティブな方です!

4月14日はオレンジデーということで、ありがとうメッセージ入りの飴をお客さんに!
多部さん飴投げる 多部さん飴
MC:最後にメッセージを

監督:レビューで4ポイント嬉しいです。気に入っていただけたら最高です。

要さん:映画って言うのは、ご挨拶が出来るのが次回作の励みになりました!

多部さん:今日はありがとうございます。おのおのの心に留まればいいなと思っています。また会う日まで!
あやしい彼女大ヒット御礼舞台挨拶ラスト
あやしい彼女

大ヒット全国公開中!

公式サイト:http://ayakano.jp
公式twitter:@ayakano2016


***********************************

『あやしい彼女』ポスター監督:水田伸生 脚本:吉澤智子 
音楽:三宅一徳 
劇中歌プロデュース:小林武史
製作:「あやカノ」製作委員会 
製作幹事:日本テレビ放送網 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:松竹
主題歌:anderlust「帰り道」(ソニー・ミュージックレコーズ) 

©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

   


DISH//の北村匠海が黒タキシード姿で『あやしい彼女』舞台挨拶


多部未華子主演コメデイ映画『あやしい彼女』が大ヒット公開中です。

で、昨日、大ヒットを記念してDISH//の北村匠海さんが登壇しての公開記念舞台挨拶が行われました。
あやしい彼女DISH北村匠海 この日の衣装は、Twitter投票によって決められた黒のタキシード。同じくTwitterで投票を募った『あやしい彼女』の名場面トップ3を発表するほか、いつも以上に紳士な北村から花束をプレゼントする企画も実施し、会場からは大きな拍手と黄色い声援に包まれ、大いに盛り上がりをみせました。

DISH//の北村匠海登壇『あやしい彼女』
日付:4月9日
場所:池袋HUMAXシネマズ
登壇:DISH//北村匠海

会場を埋め尽くしたファンから黄色い声援と盛大な拍手で迎えられた北村は冒頭で

北村さん:映画自体も評価が高いということでたくさんの方に集まっていただいてうれいしいです。

タキシードは気持ちが落ち着かないです。でも、わりと似合っていると思っています。

との感想で会場の笑いを誘った。公開後、各レビューサイトで高評価を受ける本作の反響について問われると、同じDISH//のメンバーであるRYUJIから「すげぇーよかった!」と言ってもらったエピソードや、「自然と涙が出てくる」と自身の父親から連絡が来たなど、身近での反響の大きさを語った。

続けて本作で演じた瀬山翼役について話が及ぶと

北村さん:映画を通して成長していく翼の様子に僕自身もいろいろ感じる部分があった。難しかったけど楽しく演じることができた。

と感想を述べた。

その後、『あやしい彼女』の名場面トップ3をパネルとともに発表。

あやしい彼女DISH北村匠海3位 第3位の「翼と節子のデート、バンドに誘うシーン!」が発表されると会場からは「あー」と共感するような反応が。

北村さん:自分が演じているシーンが選ばれるのはうれしい!

と素直に感想を述べると、翼という役柄について『謝罪の王様』の岡田将生さんが演じるキャラクターのイメージで水田監督と一致していたエピソードを披露した。

あやしい彼女DISH北村匠海2位 続く、第2位には「最後のフェスのシーン!」と発表されると真っ先に

北村さん:僕、出てないっすね。多部さんのまっすぐな歌声で会場が盛り上がっていたし、楽しかったです。

と語りました。

あやしい彼女DISH北村匠海1位
そして第1位に「超有名音楽番組に出演!涙の悲しくてやりきれない歌唱シーン!」が発表されると北村さんも納得の表情で

北村さん:『悲しくてやりきれない』を歌って泣いている多部さんを見て僕も泣いてしまいました。僕自身も一番のお気に入りのシーンです。

ayakano0409_flowerと語った。さらにこの日、劇場に集まった方々に感謝の気持ちを込めて北村が抽選で引き当てた1名に花束を渡すサプライズ企画がコールされると会場からは悲鳴と期待の声が!!


最後に

北村さん:今後や俳優をやっていく中で前進する作品。“家族愛”をテーマにしている作品なので、家族でみてほしいです。

とコメントで締めると会場からは大きな拍手に包まれ、大いに盛り上がりをみせた舞台挨拶となりました。



見た目は20歳、中身は73歳!とっても可愛いのに…どこか変?

誰にも言えない秘密を抱えた、“超絶あやしい20歳”が日本中を魅了する

『あやしい彼女』ポスター物語・・・
可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子(多部未華子)。その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、相手かまわず罵声を浴びせ、時には熱く説教をする。そんな“超絶あやしい20歳”の正体は、73歳のおばあちゃんだった!戦中生まれの下町育ち、早くに夫を無くし、女手一つで娘を育ててきた。望むような人生を生きられなかった主人公に訪れた二度目の青春!突然若返った彼女は、こうなったらとことん好きなように生きてやる!と髪型も服装もチェンジ、家族も名前も捨て去って、新たな人生をスタート。そんな彼女の天声の歌声は、魂を震わせ、たちまち周囲を魅了していく。実の娘の心配をよそに、イケメン音楽プロデューサーにスカウトされ、しがないバンドマンの孫とまさかのバンドデビュー!?長年彼女に想いを寄せる幼馴染の次郎も巻き込みながら、初めて思い通りの人生を歩む節子___そんな彼女が最後に気づく大切なものとは?


***********************************

出演:多部未華子、倍賞美津子、要潤、北村匠海、金井克子、志賀廣太郎、小林聡美

監督:水田伸生 脚本:吉澤智子 
音楽:三宅一徳 
劇中歌プロデュース:小林武史
製作:「あやカノ」製作委員会 
製作幹事:日本テレビ放送網 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:松竹
主題歌:anderlust「帰り道」(ソニー・ミュージックレコーズ)  
©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION