「夏帆」タグアーカイブ

女優達からクズ!のレッテル!岡田将生がタジタジ(笑) 『伊藤くん A to E』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 超モンスター級【痛男(いたお)】岡田将生VS崖っぷち【毒女(どくじょ)】木村文乃

あらゆる世代の女性から熱い支持を受ける作家柚木麻子先生のロングセラー恋愛小説を廣木隆一監督が映画化!予測不能な震撼恋愛ミステリー。映画「伊藤くん A to E」は2018年1月12日(金)全国ロードショーとなります!

関わる女たちの人生を翻弄する前代未聞の【痛男(いたお)】伊藤誠二郎役には、岡田将生。そして“伊藤”の存在に迫っていく落ち目の脚本家・矢崎莉桜役には、木村文乃が、W主演で初共演を果たしています。

その他にも、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中圭など豪華キャストが脇を固めています。
そんなキャストと監督が一堂に会して完成披露舞台挨拶にのぞみました。

映画『伊藤くん A to E』完成披露試写会
日時:11月21日(火)
登壇:岡田将生、木村文乃、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中 圭、廣木隆一監督 

映画情報どっとこむ ralph 今回、登場したのは、伊藤(岡田将生)に振り回される女たち

【A】ぞんざいに扱われる女・島原智美(佐々木希)
【B】自分の殻に閉じこもる女・野瀬修子(志田未来)
【C】愛されたい女・相田聡子(池田エライザ)
【D】高学歴のヘビー級処女・神保実希(夏帆)

切実で無様な恋愛相談にのりながら、心の中で毒づき、自身の書く脚本のネタにしようと企んでいる矢崎莉桜(木村文乃)。

そして、ドラマプロデューサーの田村伸也(田中 圭)と(中村倫也)

レッドカーペットに2名ずつ登場するキャストに場内は拍手の嵐。女性陣は其々花を持ち観客にプレゼント。
映画情報どっとこむ ralph 岡田さん:初めて一般のお客様に観ていただくので緊張しています。皆さんが思っている以上に伊藤くんはモンスター痛男で。観たら皆嫌いになります。

木村さん:完成披露、皆さんの反応が気になっています。途中チクチクするところもありますが、最後は爽やかになれると思います。

佐々木さん:其々の女性が伊藤くんに出会ってかき乱されて、成長していく物語です!

志田さん:見ていてこうなりたくないダメな女性が集まっている、人生の教科書のような物語です。

池田さん:私の役は振り回す役にもなっていて、チョットスパイス的な存在です。

夏帆さん:夏のドラマを新たにこうしてお届けできるのは嬉しく思います。

中村さん:この映画指さして笑ってたら、いつの間にか自分を指している・・・そんな映画です。そして、生きる活力が沸きます。セイ!

田中さん:登場人物がほぼほぼクズです!そんな、クズに共感を覚えてしまいます。自分のクズっぷりも噛みしめられる映画になっています。

廣木監督:自分の中では、楽しめる作品になっていると思ってます。

と其々一言挨拶の後、イベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 岡田将生史上一番のクズ。
岡田さん:丁度こういう役を望んでいたので、ラッキーでした。でも、想像以上に痛い奴で、気持ちよかったです。

そして木村さんも毒女。

木村さん:最初に本を読んだ時に、こんなに女であることが痛いと思ったのは初めてでした。監督の撮りたいものを最小限に小さな声で伝えてくれるので、汲み取ってつなげていくかだと演じました。

と、話す木村さん。

今回木村さんと岡田さんはW主演で初共演ですが、撮影前の食事会で漫画のことで盛り上がって仲良くなったそう。

本作の痛いは女性は共感できるところが多いとのことですが、演じてみて、

佐々木さん:5年間付き合ってると思い込んでいる女性。なんでこんな男を好きなんだろう?と演じてて心が痛かく切なかったです。
その切ながってる姿を見て監督は「痛いね~」とご満悦だったそう。
志田さん:恋も仕事も停滞気味。伊藤くんからストーキングされている感じで。はっきりしない役で自分はいらいらしながら演じました。

と言う志田さんは、実はちょっぴり似た部分もあるのだそう。

池田さん:私のハートの先は夏帆さん演じる実希。実希に彼氏ができるのが嫉妬。いろんな感情がその中に渦巻いていて、難しかったです。

その心の行き先の夏帆さんは処女で重い女

夏帆さん:3年間伊藤先輩を好きで、でも重いと。自分はまともだと思ってする行動が周りを傷つける。それをつっこみながらも、自分にもあるかな?と思いながら演じていました。

と、語る皆さん。
そして振り回されて

佐々木さん:伊藤くんに振り回されて嫌な気持ちでした。
志田さん:伊藤くんの圧迫感が凄いなと。
池田さん:伊藤くんとはかかわりたくない。
夏帆さん:傷つきました。

という皆さんに小さくなる岡田さん。

木村さん:この野郎!って思ってたよ!

と、岡田さんを見つめる木村さん。
岡田さん:皆さん、カットってかかると、気持ち悪!って。小さな声で。傷つきました。
と、寂しげな岡田さん。

映画情報どっとこむ ralph そんな女性陣を見ていて

田中さん:みんなクズです!

中村さん:皆可愛らしかったですよ。ちっさい嘘言ってたり・・でも皆クズです。

一番こだわったのは

廣木監督:其々の個性をチョイスして映画としてまとめて。其々の見せ場を作るように心がけました。

最後に

木村さん:おすすめを聞かれると、モンスターであった木村君がほんのちょっと変化が。。。。クズでも、みんな頑張ってるんだと思えるシーンがあります。いろいろな人に心に変化があるといいなと思っています。

岡田さん:伊藤くんに出会えて良かったです。いろんな方々に届けたいです!キャラクター一人一人を観察して観て下さい!

もがいてもがいて、その先に・・・・

『伊藤くん A to E』
公式サイト:http://www.ito-kun.jp/

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。

心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前にも“伊藤”が現れる。

“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての脚本を書いていくのだ。

しかもそこには、莉桜のネタにはない5人目【E】の女が存在し…。
“伊藤”の狙いは一体何なのか――。

莉桜は、徐々に追い詰められていく。

***********************************

木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 山田裕貴 中村倫也 田中 圭
総監督:廣木隆一
監督:毛利安孝 稲葉博文
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫)
脚本:喜安浩平
音楽:遠藤浩二
製作:「伊藤くん A to E」製作委員会
制作プロダクション:ドリマックス・テレビジョン
©「伊藤くん A to E」製作委員会


生田斗真と瑛太『友罪』の追加キャストに佐藤浩市 夏帆 山本美月 富田靖子ほか発表!


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督待望の最新作『友罪』が2018年5月より全国公開となります。

本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞するなど、ミステリー界の若手旗手として注目される作家・薬丸岳が2013年に発表した人気の同名小説「友罪」(集英社文庫刊)の映画化となります。

瀬々監督のもと、友を想い、互いに疑心や後悔と向き合い葛藤する難役に挑むのは、生田斗真さんと瑛太さん。


そして!本日追加キャストが発表に。

息子が過去に犯した事件がきっかけで一家離散し、日々贖罪に向き合うタクシー運転手・山内修司役に『感染列島』、『ヘヴンズ ストーリー』、『64-ロクヨン―前編/後編』以来、4作品目の瀬々監督作品出演となる【佐藤浩市さん】。逃れられない十字架を背負いながら、物語の中でどのように交わっていくのか、そして息の合った瀬々監督作品で再び魅せる重厚な演技も必見です。

あるきっかけで鈴木(瑛太)に助けられ、次第に好意を抱いていく藤沢美代子役に若手実力派として数多くの作品に出演し、『海街diary』では、第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞の【夏帆さん】。過去にAV出演を強いられた過去を持つ女性、という難役に挑みました。

益田(生田斗真)の元恋人であり、彼のジャーナリストとしての再起を願う杉本清美役に、モデルとしてだけでなく『少女』『ピーチガール』など話題作で次々主演を務め、女優としても活躍著しい【山本美月さん】。雑誌記者として児童連続殺人事件の犯人を調べる中で、益田のジャーナリズムを掻き立てるキーパーソンを演じます。

そして、鈴木の少年院時代に担当法務教官だった白石弥生役に、数々の映画や舞台で抜群の存在感を表現し続ける【富田靖子さん】。鈴木の出所後も接点を持ち続け、彼の過去と現在を知る唯一の人物を熱演します。

映画情報どっとこむ ralph 夏帆さん、山本美月さん、富田靖子さんからコメントが届いています。

▼夏帆さんコメント
瀬々監督から、毎回「リミッターを超えてください」という演出をされて、頭がまっしろになり、監督が思う限界点まで到達できていたのか撮影が終わった今でもよく分かりません。
身も心もへろへろになって、答えが分からなくて踠いて。それでも、誰よりもまっすぐに全身全霊でこの作品にぶつかっていく監督をみていたら、弱音を吐いてる場合じゃないと、わたしも腹をくくって挑ませていただきました。
公開はまだ少し先ですが、楽しみにしていただければと思います。

▼山本美月さんコメント
瀬々監督をはじめ、素晴らしいキャストの方々とご一緒できたことを、とても光栄に思います。
監督から、清美は唯一普通の人だから普通の女の人を演じてほしいと言われ、普通ってなんだろうと、とても考えさせられる作品になりました。
なにが間違いなのか、正しいのか、作品を観ていただいた方々それぞれの答えを見つけて頂きたいです。

▼富田靖子さんコメント
「友罪」のお話をいただいた。愕然とする。
光のようなものは感じるが、闇があまりにもすざまじかった。私が日常で 母親という存在であるからかもしれない。葛藤した。葛藤は瀬々監督のもと、「熱」にそして「祈り」に変化していく。どうか、この「祈り」が届くことを願って・・・

映画情報どっとこむ ralph 消せない過去を抱えながらも、それに向き合い、今を懸命に生きる。それぞれの想像を絶するほどの葛藤と思いが交錯する、瀬々敬久監督にしか描けない、慟哭の群像劇となる本作を支えるキャストに、その他、奥野瑛太さん、飯田芳さん、小市慢太郎さん、矢島健一さん、青木崇高さん、忍成修吾さん、西田尚美さん、村上淳さん、片岡礼子さん、石田法嗣さん、北浦愛さん、坂井真紀さん、古舘寛治さん、宇野祥平さん、大西信満さん、渡辺真起子さん、光石研さんと、世代を問わず日本映画の光と影を支え続ける魂系実力派キャストが集結。

それぞれの過去と現在が絡み合い、疑心や後悔に囚われた様々な人間模様が交錯していくストーリーに、圧巻の演技で1シーンたりとも気の抜けない緊張と深みを与えています。


◆あなたは“その過去”を知っても、友達でいられますか・・・?
ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める益田(生田斗真)と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木(瑛太)。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある人物だが、同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていく。だが、あるきっかけと行動で、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める――。

***********************************



製作幹事:WOWOW/ハピネット
配給・宣伝:ギャガ  


夏帆×染谷将太×東出昌大×黒沢清監督登壇!『予兆 散歩する侵略者 劇場版』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 本作は黒沢清監督が劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の同名人気舞台を映画化し黒沢清監督9月9日(土)公開した『散歩する侵略者』のなざーストーリーで前日譚。WOWOWでのTV版が好評ゆえに劇場公開へとなった作品です。

11月11日に公開となった『予兆 散歩する侵略者 劇場版』の初日舞台挨拶が行われ、夏帆さん、染谷将太さん、東出昌大さんと黒沢清監督が登壇し、劇場での公開をに対する思いなどを語りました。そして、もうすぐ世界が終わるとしたらどうする?の質問に・・・・。

日時:11月11日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:夏帆、染谷将太、東出昌大、黒沢清監督

映画情報どっとこむ ralph 温かい拍手の中、登場した皆さん。
夏帆さん:本日は休日にありがとうございます。

黒沢監督:2か月前に映画「散歩する侵略者」をこの劇場で初日舞台挨拶をして、2か月後にこうして新作を公開することが出来て、作品に携わってくれた関係者とお客様たちのおかげです。感無量です。

との挨拶からスタート。


本作を観ると先に公開された劇場版を見に行かねば!となる作品でもあります。

夏帆さん:凄くうれしいです。大きいスクリーンの良い環境でこの作品を見て見たいと思っていたので嬉しいです。

染谷さん:撮影中から劇場でも掛けられるようにと聞いていたのですが、こうして公開。楽しめるのが嬉しいです。

と、答えるお二人。一方で東出さんは、打ち合わせの後にどこかに消えていたそうで。。。

東出さん:大きなスクリーンで見たくて、上から少し見させていただきました。作品は俳優部だけでなく、すべてのスタッフさんが頑張って、綺麗に撮ったので、こうして映画館で掛かるのは嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 黒沢監督の演出について、共感できるところは

夏帆さん:強さを意識して演じて下さいと。怯える芝居も多いですが、その中でも強さを意識して演じていました。特別な力を持ってると言われて世界が終わると対峙しますが、自身は夫と日常を守りたいと。。。その部分は共感しますね。

MCが映画の方でも女性が強いが、そては監督が意識してかと問われると

黒沢監督:女性が強いのは常識的ですよね。何の疑問もない。男は揺れ動き、女は安定している。

と、きっぱり。脚本の高橋洋さんの価値観だとも。それを受けて

染谷さん:脚本を読んだ時に、男らしい弱さを感じてたので。弱いのに粋がる。逆に男らしいな(笑)と思ってました。自分が普通にやるとそうなるなと(笑)

と話す人間の男役の染谷さんに対し、概念を奪ってしまう宇宙人役の東出さんは・・

東出さん:概念を奪うことはないので、安心してください!宇宙人にはなったことがないですが・・・目的がはっきりしてるので演じててすがすがしかったです。色々考えなくてよい宇宙人だったので。


映画情報どっとこむ ralph 実は撮影中にあまり会話がなかったお三方。

東出さん:この3人マイペースなんです。共演もあるんで、仲はいいんですけどね。

染谷さん:確かに各々すごしてましたね。東出君はうろうろ散歩してて、夏帆ちゃんはずっと座ってました。俺は・・・ずっとコーヒーを飲んでました。
監督に真相を聞くも、実は次のシーンの用意で見ていなかったそうですが。

監督:東出君には、宇宙人ですが・・・悪魔。なんとなく休み時間もその役から外れないようにしていることが多い気がします。

実際、概念を奪われそうで近寄りがたかったと夏帆さん。


撮影時のエピソードを聞くと・・・

夏帆さん:染谷君が包丁を持って・・・のシーンで光がちゃんとカメラに映るようにするとき、芝居から一瞬素に戻るんです。

染谷さん:角度が難しいんです!僕が印象に残ってるのは、東出君を思い切り殴るの気持ち良かった~。
東出さん:イキウメのシーンはハラハラしました。


東出さんは映画版では牧師さん。つながりは?

監督:微妙につながってるんです。ご想像にお任せします。

と・・・・。

映画情報どっとこむ ralph もうすぐ世界が終わるとしたら?

夏帆さん:本当にごく普通に過ごします。

染谷さん:終わらないかもしれない。という希望を持ってすごします。

東出さん:何かしなきゃ・・・・と思ってるうち終わりそう。

監督:長い人類の歴史が終わる。その瞬間に立ち会えてるのはラッキー。貴重。見届けたい。格好良いかカメラ回しますか。。。誰が見るかわからないですが、映像残ってるの良いですね。

と、流石、想像主である監督らしいお答えで時間切れ。


凄い3人の俳優の演技を見て欲しい!との監督の言葉でイベントは終了となりました。

予兆 散歩する侵略者 劇場版

yocho-movie.jp

あらすじ

山際悦子(夏帆)は、同僚の浅川みゆき(岸井ゆきの)から、「家に幽霊がいる」と告白される。みゆきの自宅に行くとそこには実の父親がいるだけだった。みゆきの精神状態を心配した悦子は、夫・辰雄(染谷将太)の勤める病院の心療内科へみゆきを連れていく。診察の結果、みゆきは「家族」という《概念》が欠落していることが分かる。

帰宅した悦子は、辰雄に病院で紹介された新任の外科医・真壁司郎(東出昌大)に違和感を抱いたことを話すが、辰雄からは素っ気ない返事のみ。常に真壁と行動をともにする辰雄が精神的に追い詰められていく様子に、悦子は得体の知れない不安を抱くようになる。ある日、悦子は病院で辰雄と一緒にいた真壁から「地球を侵略しに来た」と告げられる。冗談とも本気ともつかない告白に、悦子は自分の身の周りで次々に起こる異変に、真壁が関与しているのではないかと疑い始める-

***********************************

出演:夏帆 染谷将太 東出昌大

中村映里子 岸井ゆきの 安井順平 石橋けい 吉岡睦雄 大塚ヒロタ

千葉哲也 諏訪太朗 渡辺真起子 中村まこと / 大杉 漣

原作:前川知大「散歩する侵略者」
監督:黒沢 清
脚本:高橋 洋 黒沢 清
音楽:林 祐介
配給:ポニーキャニオン 
上映時間:140分/シネマスコープサイズ/ドルビーデジタル5.1

©2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ 
   


スピンオフ作品 『予兆 散歩する侵略者 劇場版』の未公開カットが解禁に・・・!!


映画情報どっとこむ ralph 映画『散歩する侵略者』のアナザーストーリーが、同じく黒沢清監督によっ て新たな設定・キャストでスピンオフ「予兆 散歩する侵略者」として誕生。

異変に気付き、必死に自分たちの世界を守ろうとする主人公・悦子に夏帆。

図らずも「侵略者」の手先となり苦悩する悦子の夫・辰雄に染谷将太。

そして映画版とは全く違う 明確な「“悪”の侵略者」に東出昌大。

今回、公開直前に初公開カット到着!

何かに怯える夏帆、苦悶の表情を浮かべる染谷、そして夏帆に迫る東出…!

映画情報どっとこむ ralph 黒沢監督に「神がかった熱演」と言わしめた素晴らしい恐怖のアンサンブルを披露している。

世界の終わり、行く末を見届ける彼らの表情とは‥・

予兆 散歩する侵略者 劇場版

11 月 11 日(土)より公開 東京:新宿ピカデリー、大阪:なんばパークスシネマ、 愛知:ミッドランドスクエアシネマ、北海道:札幌シネマフロンティア

yocho-movie.jp


あらすじ・・・
山際悦子(夏帆)は、同僚の浅川みゆき(岸井ゆきの)から、「家に幽霊がいる」と告白される。みゆきの自宅に行くとそこには実 の父親がいるだけだった。みゆきの精神状態を心配した悦子は、夫・辰雄(染谷将太)の勤める病院の心療内科へみゆきを連 れていく。診察の結果、みゆきは「家族」という《概念》が欠落していることが分かる。 帰宅した悦子は、辰雄に病院で紹介された新任の外科医・真壁司郎(東出昌大)に違和感を抱いたことを話すが、辰雄からは 素っ気ない返事のみ。常に真壁と行動をともにする辰雄が精神的に追い詰められていく様子に、悦子は得体の知れない不安を 抱くようになる。ある日、悦子は病院で辰雄と一緒にいた真壁から「地球を侵略しに来た」と告げられる。冗談とも本気ともつかな い告白に、悦子は自分の身の周りで次々に起こる異変に、真壁が関与しているのではないかと疑い始める。

***********************************

出演:夏帆 染谷将太 東出昌大
中村映里子 岸井ゆきの 安井順平 石橋けい 吉岡睦雄 大塚ヒロタ 千葉哲也 諏訪太朗 渡辺真起子 中村まこと / 大杉 漣

原作:前川知大「散歩する侵略者」
監督:黒沢 清
脚本:高橋 洋 黒沢 清
音楽:林 祐介

配給:ポニーキャニオン
上映時間:140 分/シネマスコープサイズ/ドルビーデジタル 5.1

©2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ


映画「天然コケッコー」上映会開催に向けてMotionGalleryにてクラウドファンディング


映画情報どっとこむ ralph 11月26日に映画「天然コケッコー」のロケ地である旧後野小学校(島根県浜田市)での上映会開催の資金調達のために、クラウドファンディングサービス「MotionGallery」にて30万円を目指し、プロジェクトをスタートしました。
motion-galleryサイト

島根県浜田市が舞台の漫画「天然コケッコー(くらもちふさこ作)」を通じて、日本の田舎の魅力を再認識し、文化振興を中心とした地域の活性化を図る目的で企画。
2007年に映画化された際も、多くは浜田市で撮影が行われました。この作品を中心として、来年、青春をテーマとした映画祭を、映画館が無い浜田市で開催するため、地域や県内外からの関心を集めるべく、キックオフの位置付けで上映会を開催します。

上映会の会場は撮影が行われた小学校(旧後野小学校)の講堂を利用するため、会場設営に掛かる費用をクラウドファンディングで資金調達します。
一口1,000円から支援を受け付けており、上映会チケットや打ち上げ参加などのリターンを手に入れることができます。本プロジェクトは11月24日23時59分〆切であり、30万円を目標にしています。

全国の天コケファン、くらもちファン、青春映画が大好きな人たちを虜にするような映画祭の開催へ向けて、はじめの一歩となる今回の「天コケ上映会」を多くの方にご覧いただけるよう準備してまいります。

映画情報どっとこむ ralph 【上映会概要】
作品  :天然コケッコー(2007)
     ※35mmフィルム・200インチスクリーン
日程  :2017年11月26日(日)
会場  :旧後野小学校(島根県浜田市後野町779-2)
上映  :10:00~ 一般上映会 ※3才以下入場不可
     14:00~ ファミリー上映会 ※発声可能上映
定員  :各回 100名
チケット:11月6日よりクラウドファンディングで先行発売
     11月16日より一般発売開始(料金1,000円)
     ※一般発売の詳細は後日Dramatic CIMANEのFacebookページで案内
      
その他 :小学生以下入場無料


【特別ゲスト】
藤村聖子(女優)
※映画「天然コケッコー」にあっちゃん(山辺 篤子)役で出演
※上映後(各回とも)にトークセッション

【映画:天然コケッコー】
原作  :くらもちふさこ
監督  :山下敦弘
脚本  :渡辺あや
主演  :夏帆、岡田将生
製作年 :2007年
上映時間:121分

映画情報どっとこむ ralph 映画「天然コケッコー」公式ホームページ
http://tenkoke.asmik-ace.co.jp/

海、山、太陽 - 自然の光と音のなか、きらきらと今を生きるゆったりとした時の流れが、体の中に入りこみ、不思議な優しさと幸福感があふれる、あたたかな永遠の感動作

若草の萌える野のような、生き生きとした日本映画がまた一つ誕生した。カリスマ漫画家くらもちふさこの名作コミック「天然コケッコー」の映画化である。「天然コケッコー」は、ど田舎で暮らす少女の何気ない日常をリアルに描き、長い間ファンの胸に深く根ざし愛され続けてきた。そんな原作に挑むのは、鋭い感性と透徹した洞察力を持ち、『リンダ リンダ リンダ』『リアリズムの宿』などで日本中を爽やかな感動で包んだ気鋭・山下敦弘監督。自然豊かな街を舞台に、方言丸出しの少女が初恋を経験し、家族や友人や村人に見守られながら成長していく、今を切り取った、笑顔いっぱいの物語。ゆったりとした時の流れに、幸福感を味わい、涙したくなる、優しく温かな陽だまりのような感動作が完成した。

***********************************