「壇蜜」タグアーカイブ

映画『食べる女』上海国際映画祭GALA部門への公式出品決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年秋公開予定、映画「食べる女」にて、第21回上海国際映画祭GALA部門への公式出品、さらに上映後の 舞台挨拶に、広瀬アリス、生野慈朗監督が登壇することが決定。

小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香と豪華女優陣が集い、先日の製作発表のニュースが大いに話題となった、映画『食べる女』。
<食>と<性>をテーマに“自分を味わいつくす“ことの大切さ を、年齢・職業・価値観も様々な8人の女たちの日常を通して描いていきます 。筒井ともみ著「食べる女・決定版」(新潮文庫刊)のセン セーショナルな短編集を、筒井自身が脚本化!

映画情報どっとこむ ralph そんな本作が公式出品されることが決定した上海国際映画祭は、中華圏で最大規模 を誇る映画祭。

第21回目となる今回は、2018年6月16日(土)~6月25日(月)の10日間開催。そんな栄誉ある上海国際映画祭で、映 画『食べる女』が他作品とは一線を画する、”GALA”部門で公式出品されることが決定しました。


GALA部門で上映される作品は、 全体出品数500本のうちのわずか数作品。また本作が上映されるのは、本映画祭のメイン会場である、「SFC Shanghai Cinema Hall 1」。

上海最大の客席数を誇る約2000人規模の会場で、映画『食べる女』が全世界で初めて上映されます!

そして本作の公式出品を祝うため、広瀬アリス・生野慈朗監督が上海国際映画祭に駆けつけ、映画上映後の舞台挨拶に登壇。世界 に向けて初めて映画『食べる女』 。なんと本上映のチケットは発売開始後、即完売だったとのことで、昨今日本映画への注目が高い中国で、どのような反響があるのか見逃せません!

【イベント名】上海国際映画祭
【上映部門】GALA
【上映スケジュール】6/17(日) 18:30:GALA公式上映 上映後に広瀬アリス、生野監督登壇の舞台挨拶実施
【上映会場】 Shanghai FILM ART CENTER HALL 1

映画情報どっとこむ ralph 映画『食べる女』

2018年秋公開

料理でつながり、紡がれる“おいしい”関係

料理をこよなく愛す敦子(小泉今日子)の家には夜な夜な迷える女たちが集まってくる。その1人、沢尻エリカ演じる編集者圭子(通称・ドド)は30歳を超え、自分のマンションを買い、つまらない男などよせつけまいと仕事をバリバリとこなす女性。そんな彼女が出会うのは、ユースケ・サンタマリア演じる、一見冴えないオヤジサラリーマンのタナベ。教習所の食堂でひょんなことから顔見知りになった2人。特別な関係になどなるはずもない彼らをつないだのは、本作のテーマの一つでもある“料理”。抜群の腕前を持つタナベを演じるために、ユースケはクランクイン前から料理学校に通うなどして、腕を磨くなど精力的に役作りに挑みました。そうして取り組んだ撮影では、太刀魚のムニエルといったフレンチから鯒のお造りといった日本料理まで幅広く挑戦しており、劇中でも華麗な腕前を垣間見ることができます。また、一見冴えない風貌に見え、脱ぐと実はいい体をしているという設定もあり、ドドとタナベが紡ぐエロスがどのように展開されるのかにもご期待ください。

男女の関係が“料理”によってつながり、紡がれる、意外な男と女の人間模様が見どころの本作。小泉今日子演じる敦子や、そのほかの“食べる女”たちは、どんな意外な男性と、どんな意外な場所で、どんな関係を築いていくのでしょうか。その関係はお互いの人生を充実させることができる“おいしい”関係になりうるのでしょうか。

***********************************

出演:小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田優 壇蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香/ ユースケ・サンタマリア 池内博之 勝地涼 小池徹平 笠原秀幸 間宮祥太朗 遠藤史也 RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察) 眞木蔵人

監督:生野慈朗
原作・脚本:筒井ともみ


小泉今日子「食べる女」“おいしい男”たちとの相関図到着


映画情報どっとこむ ralph 小泉今日子を主演にむかえ、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香という超豪華女優陣の共演で話題沸騰中の映画「食べる女」は2018年9月公開予定です。

構想に約10年をかけ、主演に小泉をむかえるために2年もの月日を待つなど、ストーリー、キャスティングともに並々ならぬ情熱が注がれた本作。

そうして実現した豪華女優陣演じる“食べる女”たちの人生に一味を加えるのは、実力派男性陣演じる“おいしい男”たち。

この度、『食べる女』を彩る、個性豊かな男性キャスト情報が解禁となります。
映画情報どっとこむ ralph “おいしい男”たち

「料理」と「セックス」をテーマに、恋や仕事に悩みながらも本来の自分を取り戻そうとする女性たちを描く本作品。自分の人生を充実させて“おいしい女”になろうとする“食べる女”たちの前に現れるのは、ユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼、小池徹平、笠原秀幸、間宮祥太朗、遠藤史也、RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察)、眞木蔵人らが演じる個性豊かな男たち。ユースケ演じるタナベはちょっと頼りない会社員、池内演じる修治は妻との関係に見切りをつけようとする男、勝地演じる白石は恋に悩む小学校教師。小池演じる友太は朝陽のように爽やかな繊維メーカー勤務。職業も性格も様々な彼らは、はたして彼女たちが望む、人生を豊かにしてくれる“おいしい男”となりうる人たちなのでしょうか?豪華女優陣の共演に加え、世代・ジャンルの垣根を越えた個性豊かなキャストが勢ぞろいしました。

映画情報どっとこむ ralph 料理でつながり、紡がれる“おいしい”関係

料理をこよなく愛す敦子(小泉今日子)の家には夜な夜な迷える女たちが集まってくる。その1人、沢尻エリカ演じる編集者圭子(通称・ドド)は30歳を超え、自分のマンションを買い、つまらない男などよせつけまいと仕事をバリバリとこなす女性。そんな彼女が出会うのは、ユースケ・サンタマリア演じる、一見冴えないオヤジサラリーマンのタナベ。教習所の食堂でひょんなことから顔見知りになった2人。特別な関係になどなるはずもない彼らをつないだのは、本作のテーマの一つでもある“料理”。抜群の腕前を持つタナベを演じるために、ユースケはクランクイン前から料理学校に通うなどして、腕を磨くなど精力的に役作りに挑みました。そうして取り組んだ撮影では、太刀魚のムニエルといったフレンチから鯒のお造りといった日本料理まで幅広く挑戦しており、劇中でも華麗な腕前を垣間見ることができます。また、一見冴えない風貌に見え、脱ぐと実はいい体をしているという設定もあり、ドドとタナベが紡ぐエロスがどのように展開されるのかにもご期待ください。

男女の関係が“料理”によってつながり、紡がれる、意外な男と女の人間模様が見どころの本作。小泉今日子演じる敦子や、そのほかの“食べる女”たちは、どんな意外な男性と、どんな意外な場所で、どんな関係を築いていくのでしょうか。その関係はお互いの人生を充実させることができる“おいしい”関係になりうるのでしょうか。

映画『食べる女

2018年9月末公開予定

***********************************


監督:生野慈朗
原作・脚本:筒井ともみ

出演:小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田優 壇蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香/ユースケ・サンタマリア 池内博之 勝地涼 小池徹平 笠原秀幸 間宮祥太朗 遠藤史也 RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察) 眞木蔵人


小林稔侍男泣き!56年目にして初主演『星めぐりの町』公開初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画やドラマなど、数多くの作品に名バイプレイヤーとして出演する小林稔侍初主演の映画『星めぐりの町』が、2018年1月27日より、丸の内TOEI他全国公開!

震災で突然家族を失った少年と田舎に暮らす老人とが出会い、「生きる」ことに向き合う事がテーマである本作。

その公開初日舞台挨拶が主演の小林稔侍さん、壇蜜さん、高島礼子さん、黒土三男監督が登壇して、丸の内TOEIにて行われました。


俳優生活56年目にして初めての映画初主演を果たした小林稔侍さんは、56年前「東映ニューフェイス」のオーディションでの想い出を感慨深く語り「56年目の夢に出会いました」と、満員の客席を前で男泣き。

映画『星めぐりの町』公開初日舞台挨拶
日時:1月27日(水)
会場:丸の内TOEI
登壇:小林稔侍、壇蜜、高島礼子、黒土三男監督

映画情報どっとこむ ralph 小林さん:皆様のおかげで、夢のような出発を迎える事が出来ました。ありがとうございます。


とご挨拶。そして、俳優としての人生の始まりは、第10期東映ニューフェイス。その東映の劇場での映画初主演の初日、その気持ちはいかがでしょうか?と問われ

小林さん:昭和36年、ちょうど56年前の今頃でございます。最終審査のデスクがありまして。社長室に入りますと、田舎者ですから何しろ緊張しまして、で社長が履歴書を見ながら「君は今年高校卒業なのに、どうして大学を受けないのかね」と聞かれたことだけは覚えています。

今と時代は違いますからね。映画っていうのは夢の世界ですから、最終審査に残れたのが夢のようでした。なので、無になって精一杯やったのですが、でも、それきり審査の部屋から放り出されちゃって。今思うと、そうやって無で純真なところが良かったのかなと。そして、今日同じ時期にこういう場所で皆さんとお会いできるのが、56年目にして夢のようです。


映画情報どっとこむ ralph 今回、小林さんは壇蜜さんのお父さん役を演じられましたね。どんな感じのお父さんでしたか?

壇蜜さん:とっても寡黙なんです。勇作お父さんも、カメラが回ってない時も。ずっと寡黙で。そして、時々おしゃべりして。でも、時々フット笑う瞬間がとても楽しくて。お父さんと娘二人きりで生きてくると、きっとこういう関係になるんだろうな、というのがすごく感と離れて暮らしてかなりの年月が経っていて、母と2人で暮らしていた時期が長かったので、父と二人っていうのはきっとこういう感じなんだなって。お仕事だったんですが、心地のよい時間を過ごすことができました。

何か小林さんからアドバイスはもらいましたか?

壇蜜さん:お茶の入れ方を指導してもらいました!どういう風にお茶を入れたら、父と娘の「慣れてる」感じっぽいかを、教えてもらいました。例えば、急須からお茶を入れるときに、最後まで急須を振り切るっていう、、(笑)お客さんには、絶対しないじゃないですか?でも、家族なら抽出したお茶の葉の、最後のひとしずくまで湯呑みに入れる。「それが、いいよね」っていうのを監督と稔侍さんと一緒に侃侃諤諤しました。これは、お客さんには絶対しないこと。その姿が「二人で暮らしてる」ってことなのかなと、思いました。


次はどんな役で小林さんと共演したいですか?

壇蜜さん:実は今回の映画で2度目の共演なんです。前回は、私が元旦那を刺しちゃって、説得されて自首するっていう関係性でした。稔侍さんに、説得していただいた方なんです(笑)。なので、今回はお父さん役での共演したが、次はまた、なにかの形でまた説得されたいな!と思いました。

高島さん:子分!稔侍さんは兄貴っぽいので、その下で、何か言われたら「はい!」っていう感じの子分になりたいです!(笑)


役のモデルがありきで、作品のキャスティングが始まったのでしょうか?

監督:いえ、最初から主演は小林さんと決めていました。そして、高島さんにもお願いしたいと思っていました。あと、壇蜜さんに関しては実はこれまでの仕事はほとんど見てないんです。初めて見たのは久米宏さんと「本のことを話す」という番組がありまして。そのとき、すごく壇蜜さんに惹かれたんです。「すごく勉強してるなあ。自分の身の丈でしかものを言わない人だな。」と。気取ったことは言わないし、すごく誠実な人だなと思っていて、今回はぜひお願いしたいと思いました。高島さんには、娘役は無理ですからね・笑

映画情報どっとこむ ralph 本作の舞台である豊田市から、太田稔彦市長と豊田PR大使が登場!

市長:豊田市は豊田自動車がある、製造業の街です。しかし、もう一つの顔がこの映画の舞台ともなっている、自然があふれた、日本の原風景を大事にする、美しい街でもあります。ぜひ、お越しください!あと実は、私もこの映画に少し出ています。太田を探せ!って気持ちでぜひもう一度ご覧ください


最後に・・・

監督:黒澤さんが亡くなられると「後を頼むぞ」とおっしゃったそうです。昨今、日本映画は安っぽい映画が増えているように思いますが、僕は、黒澤監督の言葉を肝に命じて良い映画を作るだけです。今回、これだけの良い俳優さんに恵まれました。これからもいい映画を作って残さないといけないと思ってます。

小林:改めて、今日、こうやって足を運んでいただいて、皆さん、監督、共演の皆さん、豊田市の皆さん、心からお礼を申し上げたいと思います。56年目の夢に出会いました。ありがとうございます。




『星めぐりの町』

1月27日(土)より丸の内TOEI他全国公開

物語・・・
震災で家族を失った少年が、唯一心を開いたのは、優しい手をした豆腐屋だった。
明日を生きる勇気となる、心温まる物語。

妻を早くに亡くし、一人娘の志保と二人暮らしをする主人公の島田勇作。
京都で豆腐作りの修行を積んだ勇作は、毎朝じっくりと手間と時間をかけて美味しい
豆腐を作り、町の主婦や料理屋に届ける生活を続けていた。そんなある日、
勇作の元に、警察官に付き添われ、東日本大震災で津波により家族全員を一瞬
で失った少年・政美がやって来る。亡き妻の遠縁にあたるという政美。
突然の不幸により心に傷を抱える政美を、勇作はただ静かに見守り続ける。
自然に根 差した自給自足の勇作との暮らしの中で、薄皮が一枚、また一枚とはがれるように、
少しずつ心を再生させていく政美。しかし勇作がひとりで配達に出ている
最中、町が大きな揺れに襲われ、一人で留守番をしていた政美は震災の恐怖がよみがえり、
姿を消してしまう …。

***********************************

出演:小林稔侍/ 壇蜜 荒井陽太/神戸浩 六平直政/平田満/高島礼子
脚本・監督::黒土三男『蝉 しぐれ』
音楽:羽岡佳

/エグゼクティブプロデュサー:岩城レイ子/プロデュサー:中尾幸男
製作:豊田
市・映画「星めぐりの町」実行委員会/配給・宣伝:ファントム・フィルム
制作プロダクション:エース・プロダクション/ケイセブン/宣伝協力:プリマステラ
(c)2018豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会
上映時間 1 時間48 分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch
     


小林稔侍主演映画『星めぐりの町』本作冒頭5分間の映像を、特別解禁


映画情報どっとこむ ralph 映画やドラマなど、数多くの作品に名バイプレイヤーとして出演する小林稔侍主演の映画『星めぐりの町』が、2018年1月27日より、丸の内TOEI他全国公開することが決定!この度は、本作冒頭5分間の映像を、特別解禁です。



映像は、北王路魯山人や白洲次郎に愛された、京都の名店「平野とうふ」で修行、許されて生まれ故郷である豊田市でこだわりの「平野屋豆腐店」を営む主人公・島田勇作(小林稔侍)が、まだ夜も明けていない早朝から、日課である畑仕事に精を出した後、一つ一つ丁寧に豆腐作りを行う姿を捉えるところことからはじまる。

そして、今日の豆腐の出来を丁寧に確かめている最中、家の外から聞こえる大きなバイクのエンジン音。彼は妻を早くに亡くしたため、一人娘の志保 (壇蜜)と2人暮らしをしているのだが、その娘がこれからバイクに乗って「金沢に行く」という。
「帰りはいつ?」と聞いても、無言で大型のバイクを颯爽と乗りこなして去っていく。男勝りな彼女は自動車工場の整備士でもある。
清楚かつ妖艶なイメージの壇蜜がこれまでのイメージを翻す姿を披露するのも見どころ!

呆れながらも、自身の朝食の準備を始める勇作。
釜で炊いたご飯とお味噌汁、暖かい囲炉裏。
「いただきます」と、丁寧に食事を味わい始める。。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
家族を失った少年と、実直に生きる豆腐屋との運命の出会い。
心の再生を通じて、生きていくことの大切さを教えてくれる物語。
妻を早くに亡くし、一人娘の志保と二人暮らしをする主人公の島田勇作。
京都で豆腐作りの修行を積んだ勇作は、毎朝じっくりと手間と時間をかけて美味しい豆腐を作り、町の主婦や料理屋に届ける生活を続けていた。
そんなある日、勇作の元に、警察官に付き添われ、東日本大震災で津波により家族全員を一瞬で失った少年・政美がやって来る。亡き妻の遠縁にあたるという政美。突然の不幸により心に傷を抱える政美を、勇作はただ静かに見守り続ける。
自然に根差した自給自足の勇作との暮らしの中で、薄皮が一枚、また一枚とはがれるように、少しずつ心を再生させていく政美。
しかし勇作がひとりで配達に出ている最中、町が大きな揺れに襲われ、一人で留守番をしていた政美は震災の恐怖がよみがえり、姿を消してしまう…。

***********************************

出演:小林稔侍/
壇蜜 荒井陽太/神戸浩 六平直政/平田満/高島礼子
脚本・監督:黒土三男
音楽:羽岡佳 /
エグゼクティブプロデュサー:岩城レイ子
プロデュサー:中尾幸男
製作:豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
制作プロダクション:エース・プロダクション
ケイセブン
宣伝協力:プリマステラ
上映時間1時間48分/カラー/
ビスタサイズ/5.1ch
(c)2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会


NPO団体「あしなが育英会」西田正弘震災孤児の支援を語る『星めぐりの町』試写会


映画情報どっとこむ ralph 映画やドラマなど、数多くの作品に名バイプレイヤーとして出演する小林稔侍初主演の映画『星めぐりの町』が、2018年1月27日より、丸の内TOEI他全国公開することが決定!

震災で突然家族を失った少年と田舎に暮らす老人とが出会い、「生きる」ことに向き合う事がテーマである本作のトークイベント付き試写会が、阪神・淡路大震災が起きた1月17日、都内にて開催されました。
悪天候にもかかわらず満席の客席を前に、上映前に、本作の製作プロデューサー・岩城レイ子さんと、震災遺児の支援も行なっているNPO団体「あしなが育英会」の東北事務所所長・西田正弘さんが登壇し、本作を通じて、震災を風化させないことや、震災孤児への支援のあり方をテーマに語りました。

「自分の経験を子供に押し付けるのではなく、子供と一緒の風景を見ることが大事」など、本作全体のテーマに関する想いや、撮影地である豊田市のエピソードやその裏側などを含め、20分にわたる熱い話に観客の皆さまが聴き入っておりました。

映画情報どっとこむ ralph 岩城さん:この映画は、震災で家族を失ってしまった子供、そして、その子がどうやって生きていくかということを考えていただくことが大きなポイントであり、テーマです。「あしなが育英会」はどのようにその辺りをサポートしているのでしょうか?

西田さん:事務局としては、震災で親を亡くした子供は阪神・淡路大震災で573人、東日本大震災が 2083 人と把握しています。例えば、東日本大震災では震災後、募金を募って子供たちに支援したり、保護者や子供が交流できるようにレインボーハウスを運営したりという活動を行なっています。

岩城さん:最近は、PTSD や実際にその震災を体験された方への配慮として、「恐ろしい津波」のような映像が使われなくなってきました。しかし、本作はあえて使用しています。「被害を忘れないこと」「体験した子供がどうやってそのあと生きる道を取り戻していったのか」ということが大きなテーマとしてあったからです。西田さんはどう思われましたか?

西田さん:「見ない」ということではなく、今後どのようにあの映像や記憶と向き合っていくかというその距離感というか、選択肢を考える、ということが、とても重要だと思ってます。

岩城さん:例えば0歳児だった時に震災を経験した子供が、現在小学生くらいに現在成長しています。そして、何が起こったか、というのを今自覚してきている子達も。その辺りについてどう思われますか?

西田さん:大人たちは、自分の経験値でその子に接してアドバイスをする、というのではなく、その子供が今見ている風景を一緒に見てあげてほしい。映画を見てて思ったのは、主人公の小林稔侍さんは「この子はどんな風景を見ているのかな?どんな気持ちがしているの?」と、自分の考えを押し付けず一緒に見てあげている気がしました。

映画情報どっとこむ ralph (豊田市での撮影について)

岩城さん:今回特にこだわったのは音です。地元の音に徹底的にこだわっていて、豊田市を流れる川のせせらぎの音、風が吹く音、鶯の啼く声などすべて実際に豊田市で録音し、それをきちんと整えて映像にのせました。そういう自然の中でコツコツと同じものを作り続け、生活をしている主人公(小林稔侍)の姿を見た、震災で傷ついた少年がどうやって成長していくのか、という姿もぜひ見てほしいです。

西田さん:「生きる」という体験の前に「死」を体験してしまいこれからどうやって生きていこうと考えてしまっている子供が、そういった大人の側にいることで、きっと力が湧いてきたんだろうなと思います。

映画『星めぐりの町』

1月27日(土)より丸の内TOEI他全国公開

物語・・・
震災で家族を失った少年が、唯一心を開いたのは、優しい手をした豆腐屋だった。
明日を生きる勇気となる、心温まる物語。
妻を早くに亡くし、一人娘の志保と二人暮らしをする主人公の島田勇作。京都で豆腐作りの修行を積んだ勇作は、毎朝じっくりと手間と時間をかけて美味しい
豆腐を作り、町の主婦や料理屋に届ける生活を続けていた。そんなある日、勇作の元に、警察官に付き添われ、東日本大震災で津波により家族全員を一瞬で失った少年・政美がやって来る。亡き妻の遠縁にあたるという政美。突然の不幸により心に傷を抱える政美を、勇作はただ静かに見守り続ける。
自然に根 差した自給自足の勇作との暮らしの中で、薄皮が一枚、また一枚とはがれるように、少しずつ心を再生させていく政美。しかし勇作がひとりで配達に出ている最中、町が大きな揺れに襲われ、一人で留守番をしていた政美は震災の恐怖がよみがえり、姿を消してしまう …。

***********************************

出演:小林稔侍/ 壇蜜 荒井陽太/神戸浩 六平直政/平田満/高島礼子□
脚本・監督:黒土三男『蝉 しぐれ』□音楽:羽岡佳
/エグゼクティブプロデュサー:岩城レイ子
プロデュサー:中尾幸男 □製作:豊田
市・映画「星めぐりの町」実行委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム□ 制作プロダクション:エース・
プロダクション/ケイセブン/宣伝協力:プリマステラ
(c)2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員 会/上映時間 1 時間
48 分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch