「塩野瑛久」タグアーカイブ

『HiGH&LOW THE WORST』志尊淳が、塩野瑛久が、雄叫び‼どこよりもアツい!男だらけのイベント


映画情報どっとこむ ralph 「HiGH&LOW」シリーズと、累計7500万部突破・不良漫画 の金字塔「クローズ」・「WORST」(原作:髙橋ヒロシ)との奇跡のクロスオーバーが実現!!

『HiGH&LOW THE WORST』が、10月4日(金)に全国公開を迎えます。
0922『HiGH&LOW THE WORST』クローズ・WORST』
公開に先立ち、9月22日(日)に『HiGH&LOW THE WORST』クローズ・WORST男祭りと題した特別イベント付試写会を開催!

鳳仙学園のキャスト陣である志尊淳さん・塩野瑛久さん・葵揚さん・小柳心さん・荒井敦史さん・坂口涼太郎さん、そして本作の宣伝応援プロデューサー・やべきょうすけさんも登場!さらにサプライズゲストとして「クローズ」「WORST」の大ファンであるTKO・木本武宏さん、木下隆行さんも登場し、上映後の熱気冷めやらぬ男性ファンと<鳳仙トーク>で大いに盛り上がりました!

『HiGH&LOW THE WORST』「クローズ」「WORST」男祭り
日時: 2019年9月22日(日)
場所: ららぽーと豊洲内 ユナイテッド・シネマ豊洲 スクリーン1
登壇: 志尊淳、塩野瑛久、葵揚、小柳心、荒井敦史、坂口涼太郎/やべきょうすけ
サプライズゲスト:TKO・木本武宏、木下隆行&スキンヘッド軍団(10名)

映画情報どっとこむ ralph 「男祭り」の名の通り、この日のイベントには約250名の熱い男性ファンが会場に集結!
上映後のトークイベントで、本作の宣伝応援プロデューサーであり「クローズ」「WORST」といえば欠かせない存在である男・やべきょうすけと、鳳仙学園キャスト陣が登場!会場からは「おおおおおおおぉぉぉぉぉ!!」という野太い歓声があがり、男性ファンならではの熱い空気に包まれた!


客席からの歓迎を受け、上田佐智雄(うえださちお)役を演じた志尊淳さんは

志尊さん:こんなに迎え入れてもらえるとは思っていなかったので嬉しい気持ちでいっぱいです!
0922『HiGH&LOW THE WORST』クローズ・WORST』男祭りイベント と語り、共に登壇した小田島有剣(おだじまゆうけん)役・塩野瑛久さん、沢村正次(さわむらしょうじ)役・葵揚さん、仁川英明(じんかわえいめい)役・小柳心さん、志田健三(しだけんぞう)役・荒井敦史さん、サバカン役・坂口涼太郎さんとともに笑顔でファンに応えた。


本作で登場した鳳仙学園・新キャラクターたちの魅力について、

やべP:一人ひとりのキャラクターを理解して、それをアクションで表現しきれるかというのがすごく難しいんですが、みんな今回の役どころをしっかり把握していて、劇中には実はすごく細かいお芝居があったりするんですよ。そういう部分にも気付いてもらうためにも(今日試写で見た方々にも)是非公開したらもう一度劇場に観に行ってもらいたいですね!

と、話し出したら何時間も語れそうな程の熱意で語った!



現場では毎日のように、芝居についての話を熱心にしていたという鳳仙学園のメンバー。

志尊さん:事前に、こういう演技でどうか?というのをキャストの中で話し合って、こういう風に演じたいと思っていますと伝えた上で実際にやってみて、それがOKかダメか、と判断してもらう感じでしたね。

と語り、それを聞いて

やべP:現場に入る前から鳳仙してるんだね!

と思わず感嘆の声をあげた。

さらに

志尊さん:なんのために戦っているかの共通目的が必要だと思って。闘う時に、(傷ついた仲間の)血まみれの制服を着たいと提案したんです。そういうところをしっかりやることが鳳仙の強さに繋がるなと思っていました。

と続け、それに対して後輩・サバカン役を演じて

坂口さん:この5人(志尊・塩野・葵・小柳・荒井)が現場でお芝居に関する話をずっとされてて、本当に俳優として素晴らしいことだなと感じていました。僕は(後輩役なので)それを聞いて着いていけると思ったし、身を任せられるなと心の底から思っていました。

と、強固な鳳仙学園の関係性を感じるエピソードとなった。


さらにここで、「クローズ」「WORST」大ファンだと語るTKO木下・木本さんが、鳳仙学園さながらの迫力(?)を醸すスキンヘッド軍団を率いてサプライズゲストとして登場!憧れの鳳仙学園の衣装も着用し現れ、会場は驚きと爆笑に包まれた。

TKO木下さんは撮影時に小柳さんが実際に使用していた衣装に腕を通しており、

木下さん:(この衣装)素材がとっても良いんです!ストレッチ効いてる!だからアクションがしやすいんだな。まったく新しい、見たことのないアクションがまだまだあるんですね。

と、語った。さらに

TKO木本さん:もう僕はおじさんなので、どうかな!?と思ってたんですが、歳は関係なく忘れかけていた男の部分がウワッと出てきて。見終わって、もう一度あの時代に戻りたいなと思いましたね。面白くて、映像もかっこよくてシビれました。後半のクライマックスシーンでのアクションは、戦国時代の城攻めとシンクロしてますよね。ああいう部分でも、男だったら何歳でも燃えるというシーンですよね。

と興奮気味に本編の魅力を語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・、

志尊さん:髙橋先生の原作を背負っている中で、<悪い>や<強い>は表面的じゃないなと思いました。内側にもっている強さ、一枚岩の強さを表現していくことを大切にしながら、約80名のみなさんで今回の鳳仙学園をつくっていきました。単純に<喧嘩>と、とられる方もいるとは思うのですが、もっと内側にある強さを感じ取ってもらえたら嬉しいなと思いますし、年齢男女問わず色んな観点からみていただける映画になっているので、是非観て気に入った方は周りの方々にも薦めていただけたら嬉しいです。

とアピール。
0922『HiGH&LOW THE WORST』クローズ・WORST』男祭りイベント イベントの最後には公開に向けた気合の一発として、志尊の「10月4日、鬼邪高潰すぞ!!」という掛け声を合図に会場に集まった男性ファンたち全員が「シャー!!」 と太い声で雄叫び!!ついに2週間後に迫った本作の公開初日に向け、気合いに溢れた熱いイベントとなった!!

『HiGH&LOW THE WORST』鳳仙ビジュアル
映画 『HiGH&LOW THE WORST』

10月4日(金) 全国ロードショー!

***********************************


企画プロデュース:EXILE HIRO 監督:久保茂昭(「HiGH&LOW」シリーズ)
アクション監督:大内貴仁(「HiGH&LOW」シリーズ/「るろうに剣心」シリーズ)
脚本:髙橋ヒロシ 平沼紀久 増本庄一郎 渡辺啓
出演:
鬼邪高校・全日制…川村壱馬・前田公輝・吉野北人・佐藤流司・神尾楓珠・福山康平・龍・鈴木昂秀・うえきやサトシ・中島健
鳳仙学園…志尊淳・塩野瑛久・葵揚・小柳心・荒井敦史・坂口涼太郎
希望ヶ丘団地…白洲迅・中務裕太・小森隼・富田望生・矢野聖人
鬼邪高校・定時制…山田裕貴・鈴木貴之・一ノ瀬ワタル・清原翔・青木健・陳内将
市川知宏  落合モトキ / 箭内夢菜 / 佐藤大樹  佐藤寛太 / 塚本高史    小沢仁志
企画制作:HI-AX 配給:松竹
製作:「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会
©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画「HiGH&LOW THE WORST」鳳仙・過去最強のリーダーに志尊淳!特報映像も同時解禁!


映画情報どっとこむ ralph 累計観客動員450万人・興行収入65億円突破、男たちの友情と熱き闘いをメディアミックスで描く「HiGH&LOW」シリーズと累計7500万部突破・不良漫画の金字塔「クローズ」「WORST」(原作・髙橋ヒロシ)との、奇跡のクロスオーバーの実現で話題となっている、映画「HiGH&LOW THE WORST」ですが、ついに“鬼邪高校“と対決する“鳳仙学園”のキャスト情報が解禁となりました!

さらに、本編映像初解禁となる特報映像、未発表だった本作のストーリー情報やキャラクター名も一斉同時公開となります!

志尊淳・塩野瑛久・葵揚・小柳心・荒井敦史・坂口涼太郎「HiGH&LOW THE WORST」
「クローズ」「WORST」でお馴染み、幹部以外スキンヘッドの最強軍団“鳳仙学園”のキャストには、過去最強と謳われる新世代のカリスマ的リーダーに君臨する上田佐智雄役を、今最もブレイクしている俳優・志尊淳が演じ、自身も一つの夢だったと語る不良のリーダー役と、本格的アクション映画に初挑戦をします!

さらに、『PRINCE OF LEGEND』(18/NTV、映画は今年3月21日公開)に出演で大人気の塩野瑛久、今年公開の映画『居眠り磐音』や『ナツヨゾラ』にも出演する若手俳優の荒井敦史、ドラマ、映画、舞台など多方面で活躍中の小柳心、雑誌やCMでモデルとして活躍中の葵揚が、佐智雄を取り囲む“鳳仙学園”の四天王として“鬼邪高校”に立ちはだかります!

また、映画『ちはやふる』シリーズにも出演する実力派俳優の坂口涼太郎も“鳳仙学園”の幹部として登場します。

映画情報どっとこむ ralph 併せて、最強軍団“鳳仙学園”の威圧感が存分に引き出されている、待望の特報映像も解禁されます。


全日制の保たれていた均衡が崩れ各一派が覇権を競う、一大戦国時代を迎えた鬼邪高校の面々と、過去最強と名高い新世代の鳳仙学園の面々が、壮絶な闘いを繰り広げる物語の本編映像が初解禁!

映像では、“鳳仙学園”のリーダー・佐智雄(志尊淳)の「鬼邪高潰すぞ」という言葉と共に、鬨の声を上げる鳳仙軍団、そして鬼邪高校全日制の転入生・花岡楓士雄(川村壱馬/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)が「いくぞてめぇら」という声を上げて、“鬼邪高校”新世代の面々を率いていく姿と共に、大迫力のアクションシーンが多数盛り込まれ、興奮必至の内容になっています。

もちろん“鬼邪高校”定時制の番長・村山(山田裕貴)の姿もあり、「HiGH&LOW」シリーズのファンの心を掴みます。

映画情報どっとこむ ralph さらに映像には、“THE RAMPAGE from EXILE TRIBE”が歌う本作の劇中楽曲「SWAG & PRIDE / THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」が流れ、アップテンポな曲調で映像により一層の勢いと力強さをつけております。こちらの楽曲も初解禁となります。

映画情報どっとこむ ralph “鳳仙学園”トップ・上田佐智雄役の志尊淳と“鬼邪高校”全日制・花岡楓士雄役の川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)が、本作に参加するにあたっての胸中を綴ったコメントも到着!さらに未発表だった本作のストーリーとキャラクター名も公開!   

“鳳仙学園”リーダー・上田佐智雄役の志尊淳 コメント
 
■作品への意気込み
志尊さん:「WORST」は元々髙橋ヒロシ先生の原作から大ファンで、このような不良漫画の実写ものやアクションものに出演することが一つの夢でした。その夢が、近づいたということで、まずは嬉しい気持ちでいっぱいでした。それと同時に原作が好きだからこそ、その名に恥じぬよう、しっかりと演じなければならないという覚悟が芽生えました。
「HiGH&LOW」という作品も、「WORST」という作品も、すごく歴史がある作品で、その中でも鳳仙という名のある学校の新キャラクターを演じるということで、頭として、鬼邪高には負けないぞという責任感をしっかりと持ち、大きな器でみんなを支えて、僕達しか作れない鳳仙学園を作れたらなと思います。

■演じてみての感想
志尊さん:鳳仙としての初めてのシーンが、トップとしてスキンヘッドの強そうな方々を後ろにして前を歩く、そして歩くと皆さまが道をあけるというシーンで、男としてとても憧れるシチュエーションでしたので、演じていてすごく気持ちが良かったです。鳳仙は皆が一枚岩なので、チーム力を大事に、現場の空気を大切に演じさせていただきました。

■アクションや意識したこと
志尊さん:見たことのないアクションのVコンテが送られてきて、本当に皆でやるのかと、最初は驚きがあったのですが、これをしっかりとリアリティーを持ったアクションのお芝居にできるとすごく躍動感が出ますし、僕のキャラクターとしても、アクションでしっかり説得性を見せていくことが重要でしたので、最大限の力で演じさせていただきました。


“鬼邪高校”全日制・花岡楓士雄役の川村壱馬 コメント

■作品への意気込み
川村さん:自分の中で、本作に臨む上で「カッコ悪いところがあるから、カッコいい」ということを一番大事なテーマとして持っていました。ダサい部分だったり、ケンカのシーンとかでボロボロになったり、ドロドロになったり…、そういう面を見せるから、カッコいい部分が凄くカッコよくなって、締まりが出るんだと思います。なので、自分の中のダサいところを恥ずかしがらずに100%で出していこうと思っていました。そういう部分を観ていただけたら嬉しいなと思います。ダサい部分もあり、カッコいいところもある、そんな人間味を感じられる、愛されるキャラクターを目指しました。 

■志尊さんや他キャストと共演した感想
川村さん:今回はアクションでもお芝居でも、一対一で対峙する場面での相手は必ず役者さんでした。相手のお芝居を受けて、自分の芝居を引き出していただくことが凄く多かったので、相手のことも引き出せるのが役者さんなのか、と感じました。また志尊さんとも公私共に仲良くさせていただき、現場では二人で演技について熱く語る場面もありましたし、志尊さんがオールアップした際に鳳仙メンバーと一緒に食事に行ったり、志尊さんが寝ている時に寝顔の写真を撮ったり(笑)、とても良い関係で、撮影期間を過ごさせて頂きました。

***********************************


「HiGH&LOW THE WORST」作品概要
原作 「HiGH&LOW」/「WORST」
企画プロデュース EXILE HIRO
監督 久保茂昭 「HiGH&LOW」シリーズ
アクション監督 大内貴仁 「HiGH&LOW 」シリーズ/「るろうに剣心」シリーズ
脚本 髙橋ヒロシ/平沼紀久、増本庄一郎、渡辺啓
出演 鬼邪高校・全日制…川村壱馬・吉野北人・福山康平・鈴木昂秀・龍・佐藤流司・うえきやさとし・神尾楓珠・中島健/前田公輝
   鬼邪高校・定時制…山田裕貴・鈴木貴之・一ノ瀬ワタル・青木健・清原翔・陳内将
企画制作 HI-AX
配給 松竹
製作 『HiGH&LOW』製作委員会
制作 イメージフィールド
公開日 10月4日(金)公開
:©︎2019 髙橋ヒロシ(秋田書店) / 「HiGH&LOW」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

王子がいっぱい!HI-AXが贈る『プリンスバトルプロジェクト』が始動!&『PRINCE OF LEGEND』映画化発表


映画情報どっとこむ ralph プリンスバトルプロジェクト始動&『PRINCE OF LEGEND』映画化発表

「ある日突然目の前に白馬に乗った王子が現れ、自分と恋に落ちたら――――」これは万国共通、女子たちの夢。“女の子”として生まれたすべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える刺激的かつ極上のプロジェクトが誕生!“王子”といっても、好みは人それぞれ。ここには「セレブ王子」「ヤンキー王子」「生徒会長王子」「ダンス王子」「先生王子」「美容師王子」・・・・とバリエーション豊かな王子が大渋滞!

ここ数年、“胸キュン”が世の中を席巻したが、その時代はもう終わり。

『PRINCE OF LEGEND』は“胸キュン”の次元を超え、今までの常識を覆し、あらゆるメディアと連動して、個性豊かな王子たちとの<新時代 “祭”エンタテインメント>をお届けします!
さらに王子の中の王子、“トップオブザプリンス”は一体誰なのか――。圧倒的なルックスを誇る王子たちがハイレベルな争いを繰り広げ、“伝説の王子”が誕生します!

「HiGH&LOW」をプロデュースしたHI-AXチームがおくる新プロジェクト“プリンスバトルプロジェクト”映画『PRINCE OF LEGEND』は2019年春公開です!

ドラマ、ゲーム、ライブ、イベントも決定しております!

映画情報どっとこむ ralph セレブ王子・朱雀奏を演じるのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル・片寄涼太。ティーンを中心に圧倒的な支持を受け、今年デビュー5年目にして初のドームツアーも開催。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍の場を広げているトップアーティストです。また俳優としても、「GTO」(2014年)でドラマデビュー。2017年には映画『兄に愛されすぎて困ってます』で映画初出演。

秘めた想いを抱えながら妹を見守る兄を好演しました。その好演により、日本だけでなく、中国でも人気が爆発。中国版ツイッター「微博(weibo)」の公式アカウントでの「#片寄涼太」の閲覧数は10憶を突破し、「weibo」ランキングでも日本人トップを誇っています。また、2018年2月に開設された自身のオフィシャルweiboのフォロワー数も早くも102万人を突破。個人だけでなくGENERATIONSとしても初の中国ツアーを成功させ、日本にとどまらず、今アジアで最も注目される俳優の1人です。

そして今回GENERATIONSからは、2018年『虹色デイズ』で映画初主演となる佐野玲於、バラエティー番組などで大活躍中の関口メンディーも出演します。

ヤンキー王子・京極尊人を演じるのは、劇団EXILEメンバーであり、ドラマ「あなたのことはそれほど」や映画『東京喰種』『リベンジgirl』など数々の話題作に出演し、俳優としてめきめきと頭角を現す鈴木伸之。2018年2月に発売されたファースト写真集「FACE」は発売前から重版がかかり、幅広い層から支持を受けています。また劇団EXILEからは、2018年の大河ドラマ「西郷どん」で初の大河ドラマ出演となった町田啓太も、出演。今回は自身初の先生役を演じます。

鈴木演じる尊人の弟・京極竜を演じるのは、三代目 J Soul Brothers、GENERATIONSに続く次世代アーティストで、2017年のデビューから1年という異例の早さで全国ホールツアーを行い、各地で激しいチケット争奪戦となっているTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカル・川村壱馬。同グループのもう1人のボーカルである吉野北人も出演。“ダンス王子”を演じます。

また、「美容師王子」を演じるのは、「MEN’S NON-NO」の専属モデルを務め、「ViVi」の“NEXT国宝級イケメンランキング”(2017年下半期)で見事ランクインした清原翔。モデル活動だけでなく、映画『リベンジgirl』、2018年4月ドラマ「いつまでも白い羽根」など様々な作品に出演し、俳優としても大活躍中です。

その他にも、特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」で主演のほか様々なドラマに出演、そして2017年デビューの男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」が2018年6月に開催する旗揚げ公演「SHIRO TORA~beyond the time~」では初舞台にして主演を務める飯島寛騎が出演。同劇団の副リーダーで「獣電戦隊キョウリュウジャー」に出演した塩野瑛久も名を連ねます。

今最も勢いのある若手男性俳優の超豪華競演から目が離せない本作!続報にご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 企画・プロデュース
植野浩之(日本テレビ)さんからのコメント

登場する人全員王子!
映画、ドラマ、ライブ、ゲーム等様々なメディア展開される<プリンスバトルプロジェクト>がスタートします!
多種多様な王子の中から理想の王子をみつける新たな“祭エンタテインメント”に参加して下さい! 

映画情報どっとこむ ralph PRINCE OF LEGEND



2019年春 全国東宝系にて公開!

公式サイト: 
prince-of-legend.jp

公式ツイッター: 
@PRINCELEGEND_PR

***********************************

出演 :
【Team 奏】
片寄涼太
飯島寛騎
塩野瑛久 

【Team 京極兄弟】
鈴木伸之
川村壱馬

【Team 生徒会】
佐野玲於
関口メンディー

【Team ネクスト】
吉野北人
藤原 樹 
長谷川 慎

【Team 先生】
町田啓太

【Team 3B】
清原 翔
遠藤史也
兒玉太智

【Team 理事長】
加藤 諒
大和孔太

企画原作 : HI-AX
エグゼクティブプロデューサー : EXILE HIRO
企画プロデュース  : 植野浩之
(「HiGH&LOW」全シリーズ「黒崎くんの言いなりになんてならない」「兄に愛されすぎて困ってます」)
プロデューサー : 藤村直人(「HiGH&LOW」「ホットロード」)
森田美桜(「HiGH&LOW」「黒崎くんの言いなりになんてならない」「兄に愛されすぎて困ってます」)

脚本 : 松田裕子(「東京タラレバ娘」「黒崎くんの言いなりになんてならない」「兄に愛されすぎて困ってます」)
監督 : 河合勇人(「チア☆ダン」「俺物語!!」「黒崎くんの言いなりになんてならない」「兄に愛されすぎて困ってます」)
守屋健太郎 (「スプラウト」「仮面ティーチャー」)

©「PRINCE OF LEGEND」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

渡邉剣、天野浩成 らイケメン勢ぞろい BL映画『花は咲くか』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 日高ショーコ先生の人気BLコミック『花は咲くか』の実写映画がついに2月24日に公開となりました!

そして、その公開を記念し初日舞台挨拶が行われ、同性カップル役を演じた主演・渡邉剣さんと天野浩成さん。そして、塩野瑛久さん、小原唯和さん、水石亜飛夢さん、谷本佳織監督が登壇。イケメンキャスト勢ぞろいの初日となりました。
今日一のニッコリいただきました!


日付:2月24日(土)
場所:池袋HUMAXシネマズ
登壇:渡邉剣、天野浩成、塩野瑛久、小原唯和、水石亜飛夢、谷本佳織監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな歓声の中、キャストと監督が登場し一言挨拶。
渡邉さん:BLは初めてでしたが、性別は関係無いのかなと。きれいな描写がたくさんあって、初心者にも楽しめるのかなと思います!

と話す渡邉さん。劇中の相手役で大人な魅力の天野さんは
天野さん:原作を知らなかったので、おじさんだけど大丈夫かなと。ですが原作読んで大丈夫だと。

と語ります。

劇中から髪がだいぶ伸びた塩野さんは、せめてもと言うことでイメージカラーの赤の衣装で登場。
塩野さん:僕もオファーを受けたときに、BL?と。僕もBLを観たことなかったので、あざとくカット割りしたりするのかなと思ったのですが。試写を見て素敵に人間模様が描かれていて、観た感想は良かったなと。逆に藤本(塩野)いなくてもいいかなと思うくらいでした!

と言う塩野さんに渡邉さんは藤本いないと話が始まらない!と重要だとアピール。

15歳の中3の小原さんはBL自体知らなかった初心っ子。
小原さん:BLを知らなくても。綺麗な恋愛。違和感なくありだなと。

と、ある意味15歳のカミングアウト的な返答に大人たちザワザワ。すると水石さんも
水石さん:なんですかね。キュンキュンしました。

と話します。そして、長編初めての監督は
監督:原作を初めて読んで、観たいものを詰め込んで創っていきました。

話題はキスシーンとなり、撮影前は同じものを食べたり、今日はキスシーンだねと確かめ合ったそうで

天野さん:女性よりも気楽でした。

と、話す天野さんに
渡邉さん:僕はキスシーン初めてで、天野さんで良かったです。

と、女性だったら色々考えてしまうのでかえって良かったそう。

監督:思いっきり行っちゃって!と天野さんにだけ言いました。渡邉さんには生のリアクションが欲しくて。

と、何も言わなかったそう。すると、

渡邉さん:監督と天野さんが遠くで「僕に任せてください!だけ聞こえたんです!

とすべてを委ねたそう。

映画情報どっとこむ ralph 役作りに関して

渡邉さん:無口で表情の変化も少ない役なので、原作を読み込んで、監督と天野さんと話して・・・普段の僕はおしゃべりですが、現場では少し静かにしていました。

と、役づくり。
天野さん:原作の素敵なシーンが詰め込まれているので、(実写として)成立するように演じました。

と原作に忠実に寄り添った天野さん。逆に、
塩野さん:天野さんに闘志メラメラで。原作は流し読み程度。原作に感情をのせてしまうと独りよがりになるかなと。台本に心を乗せて演じました。

と言う塩野さんに天野さんは違うアプローチに感心。その演技に

渡邉さん:塩野さんが鬱陶しくて助かりました。

塩野さん:賑やか士に徹しました。
小原さん:翔太の気持ちをしょうた ようちゃんが大好き過ぎるので、普段から見ていました。
とめっちゃ可愛いい答えに渡邉さんと天野さんはニコニコ。

水石さん:原作はシュッとしてるので・・・僕は本来ポンコツなので、シュッとしたイメージでやったら、もう少し元気に!水石亜飛夢で!と監督に言われました

と監督のイメージに沿った演技をしたそうで、それぞれが違うアプローチで役を生きた作品に。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

天野さん:観た後の方々とは初めてで。お友達にも、宣伝していただけたら嬉しいです。
渡邉さん:ありがとうございました。無事に初日を迎えられて本当によかったです。観ていたけるのが嬉しいことだと。漫画原作なので、反応が気になります。また、原作も知らない方には原作も読んでいただきたいなと。そして、何度も見比べてもらえればと思います。

と締めました。


花は咲くか

2018年2月24日(土)ロードショー

公式サイト:
http://hanawasakuka-movie.com/

STORY
広告代理店に勤める37歳のサラリーマン・桜井和明(天野浩成)は、CM撮影で赴いた古く美しい日本家屋で一心に花の絵を描く19歳の美大生・水川蓉一(渡邉剣)と出逢う。この家の持ち主でもある蓉一は、他人に興味がなく親しい友人すらいなかった。同居している従兄弟の竹生(水石亜飛夢)や菖太(小原唯和)を心配させていたが、屈託なく話しかけてくる桜井にだけは心を開くようになる。二人の気持ちは次第に絡み合ってゆくが、桜井は蓉一との年齢差や同性同士という現実を前に、二人の関係を先に進ませることが出来ないでいた。まるで自分を避けているかのような桜井の行動に動揺し、苛立ちを感じる蓉一。さらに、蓉一に好意を寄せる美大のクラスメイト・藤本(塩野瑛久)も現れる。そんな中、桜井に大阪転勤の辞令が。桜井と蓉一に決断の時が迫る。


***********************************


渡邉 剣 天野浩成
塩野瑛久 小原唯和 水石亜飛夢 / 本宮泰風

原作:日高ショーコ「花は咲くか」(幻冬舎コミックス刊) 
脚本:高橋ナツコ 
監督:谷本佳織 
主題歌:「ふたり願い星」綱希美香(徳間ジャパンコミュニケーションズ) 音楽:加藤亜祐美   
製作:間宮登良松 企画:加藤和夫 プロデューサー:日野原彩子 キャスティングプロデューサー:福岡康裕 
アソシエイトプロデューサー:菅谷英智 高橋 浩 音楽プロデューサー:中谷しの 
ラインプロデューサー:林周治 撮影:上野彰吾(J.S.C.)  美術監督:若松孝市(A.P.D.J.)  照明:赤津淳一 
美術:松田香代子 録音:光地拓郎 編集:柳澤和子 整音:宮本明子 装飾:榊さくら 
小道具:横山夏子 絵画製作・監修:木下令子 衣裳:工藤唯 ヘアメイク:竹川紗矢香 助監督:六車雅宣 
プロダクションマネージャー:杉崎隆行
製作プロダクション:東映東京撮影所 製作統括:木次谷良助 
製作・配給:東映ビデオ 
© 2018東映ビデオ © 日高ショーコ/幻冬舎コミックス
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ついに禁断の“キスシーン”公開 渡邉 剣x天野浩成実『花は咲くか』


映画情報どっとこむ ralph 初めて人を好きになった、あの胸が締め付けられるような、切ない想い。恋愛に身を焦がす時代はとうに過ぎ、今は仕事漬けの日々を送るサラリーマンと、他人に興味を持てずに生きてきた大学生が、ひょんなことから出逢い、想いを育ててゆく―。

誰もが一度は経験する「恋」の葛藤を描く、年の差カップルの純愛ラブストーリーを描いた累計発行部数35万部超えの、日高ショーコによる大人気BLコミックス『花は咲くか』を渡邉 剣xxx天野浩成実で写映画化!
ついに、今週2月24日(土)の公開まで1週間を切りました。

ということで!
この度、原作ファン・BLファンが最も注目し期待を寄せているであろう、“キスシーン”などの新規カット・キャストの新着コメントと、入場者プレゼント情報が解禁となりました!

映画情報どっとこむ ralph 互いに想い合うも、年の差、同性同士という戸惑いや、社会人と学生という立場の差・・・、じれったくもピュアな二人の姿が胸を締め付けられる本作ですが、気持ちが溢れた時、思いが通じ合った時は男らしい真っ直ぐな行動で示します!屋外であってもキスをして、熱いハグをするのです。

先ず、気持ちに抑えがきかなくなった桜井さんが蓉一にキスしてしまう、初めてのキスシーンです。ここで、注目していただきたいのは、カットの美しさ!表情から、光の当たり方まで、綺麗に撮影されています。原作の絵の美しさは損なわず、実写化されていることがわかるカット。

次のカットは、好き同士なのにすれ違う二人がやっと素直になり、抱きしめ合うシーン。
ちなみに、桜井さんの背中に回しているセーターから出た蓉一の手が、 “萌え袖”になっています。天然でピュアな蓉一のさり気ない仕草も、隠れた胸キュンポイントとなり、ファンを楽しませてくれます!

映画情報どっとこむ ralph キスシーンを演じたキャストの新着コメントも到着!

渡邉 剣(水川蓉一 役)キスシーンについて

渡邉さん:僕自身キスシーンが初めてでしたが、相手が男性という事もあり女性の場合と違って逆に気負わずキスシーンに臨むことができました。本番では僕が想像していたよりもキスが長く、そして激しく少々驚きましたが逆にその様子がよりリアルに蓉一の初々しさや驚きを表現できたのではないかと思います。キスシーンを終えた後は『もう誰とでもキスできる!』と思ったくらい吹っ切れていました!(笑)役者渡邉剣のファーストキスを是非ご堪能下さい!


天野浩成(桜井和明 役)キスシーンについて

天野さん:男性同士のキスシーンがどの様に映っているか分からなかったのですが、監督からOKが出た後、女性のスタッフさんたちが顔を手で覆いながら恥ずかしそうにしていたのを見て、正解のキスシーンができたのでは?と思っています。少し恥ずかしですが、皆さんにご覧になって頂ければと思います。

映画情報どっとこむ ralph 入場者プレゼントは、
「日高ショーコ描き下ろし大判ポストカード」!

この度、週替わりで原作コミックの作者、日高ショーコによる描き下ろし大伴ポストカードを
入場者プレゼントとして、数量限定配布することが決定いたしました!

一週目は蓉一、

二週目は桜井さん

のイラスト。木漏れ日まで、繊細なタッチで描かれています。

映画情報どっとこむ ralph 初日舞台挨拶の開催が決定!!

公開を記念して、2月24日(土)に初日舞台挨拶を開催することが決定いたしました!
当日は主演の渡邉剣、天野浩成の二人に加え、他の若手イケメンキャストも勢揃いします。

日程 2月24日(土)
①10:00の回上映後
②12:30の回上映前

■会場 池袋HUMAXシネマズ スクリーン1

■登壇者(予定) 渡邉剣、天野浩成、塩野瑛久、小原唯和、水石亜飛夢、谷本佳織監督

■入場料 2,000円(税込)
《チケット購入方法》
◆インターネット販売:発売中
池袋HUMAXシネマズ

◆窓口販売:池袋HUMAXシネマズチケット売り場にて発売中

映画情報どっとこむ ralph 花は咲くか

2018年2月24日(土)ロードショー

公式サイト:
http://hanawasakuka-movie.com/

STORY
広告代理店に勤める37歳のサラリーマン・桜井和明(天野浩成)は、CM撮影で赴いた古く美しい日本家屋で一心に花の絵を描く19歳の美大生・水川蓉一(渡邉剣)と出逢う。この家の持ち主でもある蓉一は、他人に興味がなく親しい友人すらいなかった。同居している従兄弟の竹生(水石亜飛夢)や菖太(小原唯和)を心配させていたが、屈託なく話しかけてくる桜井にだけは心を開くようになる。二人の気持ちは次第に絡み合ってゆくが、桜井は蓉一との年齢差や同性同士という現実を前に、二人の関係を先に進ませることが出来ないでいた。まるで自分を避けているかのような桜井の行動に動揺し、苛立ちを感じる蓉一。さらに、蓉一に好意を寄せる美大のクラスメイト・藤本(塩野瑛久)も現れる。そんな中、桜井に大阪転勤の辞令が。桜井と蓉一に決断の時が迫る。

***********************************

渡邉 剣 天野浩成
塩野瑛久 小原唯和 水石亜飛夢 / 本宮泰風

原作:日高ショーコ「花は咲くか」(幻冬舎コミックス刊) 
脚本:高橋ナツコ 
監督:谷本佳織 
主題歌:「ふたり願い星」綱希美香(徳間ジャパンコミュニケーションズ) 音楽:加藤亜祐美   
製作:間宮登良松 企画:加藤和夫 プロデューサー:日野原彩子 キャスティングプロデューサー:福岡康裕 
アソシエイトプロデューサー:菅谷英智 高橋 浩 音楽プロデューサー:中谷しの 
ラインプロデューサー:林周治 撮影:上野彰吾(J.S.C.)  美術監督:若松孝市(A.P.D.J.)  照明:赤津淳一 
美術:松田香代子 録音:光地拓郎 編集:柳澤和子 整音:宮本明子 装飾:榊さくら 
小道具:横山夏子 絵画製作・監修:木下令子 衣裳:工藤唯 ヘアメイク:竹川紗矢香 助監督:六車雅宣 
プロダクションマネージャー:杉崎隆行
製作プロダクション:東映東京撮影所 製作統括:木次谷良助 
製作・配給:東映ビデオ 
© 2018東映ビデオ © 日高ショーコ/幻冬舎コミックス




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ