「塩崎祥平監督」タグアーカイブ

陽月華、小日向文世ら家族の力が支えてくれました!『かぞくわり』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 日本で最も古い歴史を持つ奈良に住む、平凡なある家族を通して「今本当に守るべきもの、残すべきもの」を提示する映画『かぞくわり』。

その初日舞台挨拶に陽月華さん、小日向文世さん、竹下景子さん、石井由多加さん、佃井皆美さん、木下彩音さんら豪華役者陣と塩崎祥平監督が揃って登壇!晴れやかに初日を迎えました!

『かぞくわり』初日舞台挨拶
日時:1/19(土)
場所:有楽町スバル座
登壇:陽月華、小日向文世、竹下景子、石井由多加、佃井皆美、木下彩音、塩崎祥平監督

映画情報どっとこむ ralph 本作で初主演を飾った陽月さんは、

陽月さん:自分で務まるのかと不安でしたが、一緒にいてくださる家族役の皆さんが頼もしく支えてくださいました。

と共演者の支えに感謝。劇中で演じた絵画を描くシーンについては

陽月さん:絵から受けるパワー、そして舞台となった奈良で感じたエネルギーが大きな力となりました。

と語りました。気弱な父親役を演じた小日向さんは、役と自らの共通点について

小日向さん:奥さんに主導権を握られているところは同じですね。

と話して、観客から笑い声が上がった。また、

小日向さん:この撮影で家族を演じた皆さんとこうして再会できて、本当の家族みたいに嬉しいです。

と話し、俳優陣の仲の良さを語った。

今までのイメージとは異なる強気な母親を演じて

竹下さん:この作品は手作りの映画で、各地から集まってくれたスタッフや小日向さんたちが現場の雰囲気を盛り上げてくれて、自分の中でも新鮮な役でしたが演じていて楽しかったですね。

と語った。陽月さんの演じたヒロインと対立する妹役を演じた佃井さんは、自らの役どころについて

佃井さん:普段はアクションシーンや舞台が多いんですが今回はアクションなしで不安でした。でも小日向さんが「映像も演劇も心を動かして演じることには変わりない」とおっしゃってくださって、吹っ切れて演じられました。

と小日向さんからのメッセージに後押しされたと笑顔を見せた。

今作が初出演となる木下さんは、

木下さん:本格的な演技も初めてで緊張していたんですが、ベテランの皆さんと共演させていただいて、学ぶことが多かったです。劇中で私も絵を描くシーンがあって、使ったことのない道具を使っての撮影だったので家でも練習したりしました。

と撮影中の思い出を振り返った。脚本から手がけた塩崎祥平監督は、タイトルの意味について

塩崎監督:割れてばらばらになった家族が、別の役割をもってもう一度ひとつになりますように、という願いを込めて付けました。

と話した。

映画情報どっとこむ ralph 『かぞくわり

http://kazokuwari-llp.com


物語・・・
堂下香奈、38 歳。画家になる夢を挫折し、両親の元で無気力な生活を送っていた。ある日、妹の暁美と娘の樹月が家に住み着き、香奈を軽蔑し たことで堂下家の生活が一変する。家に居づらくなった香奈は神秘的な男性と出会い、ふたたび絵を描くようになった。絵に没頭するようになり、香奈が内 に秘めていた魂が解き放たれる時、家族、そして奈良の街に危機が降り掛かる−——。

***********************************


陽月 華 石井 由多加 佃井 皆美 木下 彩音 松村 武 今出 舞 星能 豊 小日向 えり 関口 まなと 高見 こころ 雷門 福三 国木田 かっぱ 竹下 景子 小日向 文世

監督・脚本:塩崎祥平
音楽:Slavek Kowalewski
主題歌:花*花「額縁」(Ten Point Label)
特別協賛:株式会社みぞえ画廊
協賛:セントラル画材株式会社 ホルベイン株式会社 企画製作:かぞくわり LLP

配給:日本出版販売
宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
制作:PKP
2018 年/日本/アメリカンビスタ/5.1ch/129 分
©2018 かぞくわり LL


陽月華 佃井皆美 木下彩音 塩崎祥平監督 登壇!皆で創り上げた「かぞくわり」完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 1月19日(土)より有楽町スバル座・TOHOシネマズ橿原ほか全国順次公開となる映画「かぞくわり」。

10日に開催された完成披露試写会では、主演を務めた陽月華さん、佃井皆美さん、木下彩音さんと塩崎監督が登壇しました。
日時:1 月 10 日(木)
場所:飯田橋 神楽座
登壇:陽月華 佃井皆美 木下彩音 塩崎祥平監督

映画情報どっとこむ ralph 堂下香奈役の陽月華さんは今回映画初主演。

陽月さん:本日はお越しいただきありがとうございます。
とのご挨拶からイベントはスタート。

塩崎監督:奈良県から来ました!宜しくお願いします。

と、お茶目な挨拶の監督。

映画情報どっとこむ ralph 今回の作品で難しかったところを聞かれると・・・

陽月さん:台本が1回読んだだけでは腑に落ちない物語ではなく、不思議で組み立てが難しかったんですね。監督の同じ方向に向くのが大変でした!監督とキャストの考えるものを意見を出して作っていける現場でした。
と思い返す陽月さん。

塩崎監督:個別に東京で皆さんと話をしたんですけど・・・。奈良に入らないとわからないものもあって。徐々に空気感に入っていただけました。

これに付け加える形で

陽月さん:みんなである脚本をもっと練り上げていく中で、お父さん役の小日向さんが役柄さながら父親のように私たちを引っ張っていってくれました。監督との交流の空気感や実際に家族会議みたいなものもしました。

と語ると
塩崎監督:台本がひっくり返って、、決まったものを小日向さんが書きとってくれて。

と皆で創り上げた作品をアピール。

佃井さんは陽月さんの妹で対立する暁美役ですが。

佃井さん:撮影現場は、家族皆で撮影の家の中が多かったので、二人(陽月・木下)ともお話できる時間が多く仲良くなり、撮休日にみんなで奈良の観光に行きました。

と和気藹々アエピソードを披露。

思春期真っただ中の樹月役の木下さんは役との共通点を聞かれると
木下さん:共通点より異なる点が多くて。そこまでの反抗期も無かったですし。自分と性格が全然違うところばかりで不安でしたが楽しかったです。陽月さんと佃井さんのお芝居を間近で見られてとても助けていただきました。

と初々しく語った。

映画情報どっとこむ ralph ロケ地となった奈良の魅力を尋ねられると
塩崎監督:住んでるのでね・・・・。空気感、歴史的なずっとあるもの。奈良の空気と時間は特別なものなんです。この映画で人間のルーツを辿っていくには、奈良という場所がぴったりでした!

陽月さん:奈良に長期滞在初めてで。言葉にしにくいですけど、身体が楽になった気がしました。

奈良の空気感・自然の凄さを語るお二人。小日向さんもよく眠れたと話していたと監督。

気の強い役の佃井さんは力を入れた見どころシーンを聞かれ
佃井さん:お姉ちゃんと対立するシーン。自分も姉がいるのでわかるなと。作品内はバチバチなので注目してください。

木下さんは今回が初映画だそうで、注目点を聞かれ
木下さん:反抗期の私の表情が変わっていく部分を観ていただけたら。

とコメント

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・

塩崎監督:要素は沢山。家族の話もありながらも、歴史も絡んできます。積み重ねてきたものを表現したファンタジーです。3人の変わっていく具合を楽しんでください!

陽月さん:皆でとても大切に創った映画です。沢山の方が幸せになってくださったらと願っております。また、めったに撮影できない神社やお寺で撮影していますので楽しんでください。
と、締めました。


映画「かぞくわり」

1月19日(土)より有楽町スバル座・TOHOシネマズ橿原他全国順次ロードショー

日本で最も古い歴史を持つ奈良に住む、平凡なある家族を通して「今本当に守るべきもの、残すべきもの」を提示する映画です。

主演は元宝塚歌劇団宙組のトップ娘役を務め、『駆込み女と駆出し男』、『チア☆ダン』等話題作に出演している陽月華。今回は満を持して映画初主演となります。さらに『アウトレイジ』シリーズ、『サバイバルファミリー』の小日向文世、『花戦さ』、『聖の青春』の竹下景子の名優達が夫婦役で出演しています。監督は、奈良県で地元に根ざした映画製作を精力的に行なっており、前作『茜色の約束』で関西の動員2万人以上というヒットをとばした新鋭・塩崎祥平。今作が6年ぶりの新作映画となります。

物語・・・
堂下香奈、38歳。画家になる夢を挫折し、両親の元で無気力な生活を送っていた。ある日、妹の暁美と娘の樹月が家に住み着き、香奈を軽蔑したことで堂下家の生活が一変する。家に居づらくなった香奈は神秘的な男性と出会い、ふたたび絵を描くようになった。絵に没頭するようになり、香奈が内に秘めていた魂が解き放たれる時、家族、そして奈良の街に危機が降り掛かる−——。

***********************************


陽月華 石井由多加 佃井皆美 木下彩音 松村武 今出舞星能豊 小日向えり 関口まなと 高見こころ 雷門福三 国木田かっぱ 竹下景子 小日向文世

監督・脚本:塩崎祥平
音楽:SlavekKowalewski
主題歌:花*花「額縁」(Ten Point Label)

撮影:早野嘉伸
照明:杉山文朗
美術:橋本泰至
録音:出口藍子
サウンドデザイン:石井ますみ編集:目見田健VFX:東海林毅音響効果:中村佳央助監督:高田眞幸ヘアメイク:笨田ゆかり近藤美香(竹下景子)衣装:斎藤安津菜音楽協力:大倉源次郎スチール:かしわだにたかしプロデューサー:弓手研平キャスティングプロデューサー:近藤芳憲ラインプロデューサー:馬場麻紀

LLPプロデューサー:田中敏彦 佐藤聞雄
特別協賛:株式会社みぞえ画廊

協賛:セントラル画材株式会社ホルベイン株式会社

企画製作:かぞくわりLLP

配給:日本出版販売宣伝:アルゴ・ピクチャーズ制作:PKP
【2018年/日本/アメリカンビスタ/5.1ch/129分】