「塚本連平監督」タグアーカイブ

篠原涼子「幸せの涙」に 「鳥肌が立つくらいうれしかった!」 『今日も嫌がらせ弁当』大ヒット御礼!


映画情報どっとこむ ralph 6月28日(金)より全国公開中の映画『今日も嫌がらせ弁当』の大ヒット御礼舞台挨拶が、TOHOシネマズ日比谷にて開催されましたことをご報告させていただきます。

本日行われた大ヒット御礼舞台挨拶には篠原涼子さん・佐藤隆太さん・塚本監督が登壇!自身も親である篠原さんと佐藤さんだからこそ伝えられる本作の魅力や役作りのエピソード、そして今だからこそ言える撮影秘話などを存分に語りました!


日付:7月8日(月)
場所:TOHOシネマズ日比谷
登壇:篠原涼子、佐藤隆太、塚本連平監督 

映画情報どっとこむ ralph 温かい拍手に迎えられて登壇の篠原涼子さん、佐藤隆太さんと塚本監督。

篠原さん:こんなにお客様が来てくださって本当に嬉しい!

と笑顔で登壇すると、会場は大盛り上がり。また

佐藤さん:(佐藤)寛太の方じゃなくてすみません!

と笑いを誘いました。
映画上映後のイベントということで、MCが「映画を観て笑っちゃった人!」と質問すると、会場のほとんどの人が手を上げ、さらに「泣いちゃった人!」と質問すると、先ほど同様、会場の殆どが手を挙げました。これには登壇したキャストの皆さんも、「笑って泣ける映画になって本当によかった」と、嬉しさいっぱいの様子でした。
 
映画情報どっとこむ ralph 佐藤さんは、今作の出演がきっかけで“キャラ弁”を作ったとのことで、

佐藤さん:実は完成披露舞台挨拶のちょうど1週間後が娘の運動会だったので、この映画とコラボしたカッティングのりをいただいて、それを使ってキャラ弁を作りました。“午後もがんばれ!”とかちょうどいいメッセージがあって!娘や、娘の友達の親にも大好評で、特にママ友には『これすごくいい!』って大人気でした!

と家族とのエピソードを披露。
 
本作では、親からのキャラクター弁当なんて、すごい嬉しいはずなのに、子供からすると恥ずかしかったりする、という気持ちも描かれていることにちなんで、親が良かれと思ってしてくれたことで、恥ずかしかったことを聞かれると、

篠原さん:小学校1年生の時、髪が長くてお父さんが切ってくれたんです。でも前髪がオンザ眉毛の斜めカットで、後ろは刈り上げみたいになっちゃって(笑)。後ろの席にちょっと気になる子がいて恥ずかしかったなと思いますね。でも親としてはかわいい娘の髪を切りたかったんだなぁと思って、今ではいい思い出ですね。

とかわいいエピソードを披露しました。

そして、本イベントでは、観客からの質問コーナーを実施!
お弁当映画にちなんで「好きなおかず・嫌いなおかずはなんですか?」という質問に、

篠原さん:卵焼きがすきです!見た目にもきれいだし。嫌いなおかずは…それ自体は好きなんですけど、入っていて嫌だったのは、“納豆”ですね(笑)

とまさかの回答。一方で

佐藤さん:僕はうめぼしです!ご飯のところにあるかないかでテンションは変わりますね。嫌いなものはほとんどないけど、しいていえば「パクチー弁当」があったらいやだなぁと思いますね(笑)

と答えてくれました。


「昨年、篠原さんと佐藤さんは『アンナ・クリスティ』で共演されていましたが、次はなにで共演したいですか?」という質問に、

篠原さん:続きがあるような終わり方だったので、続編があると嬉しいですよね!

と答えると、会場からは「見たい!!」という声が!これには監督も、

塚本監督:是非やりたいです!続けようと思えばいくらでも続けられる作品ですよ!

と回答し、会場は大盛り上がりとなりました。


「篠原さんが初めてお弁当を作ったのはいつですか?また、その時作ったお弁当はなんですか?」という質問に、

篠原さん:中学生の時に作りました。卵焼きとウインナーを入れて、ごはんには甘めのそぼろをのせて。あとトマトも入れましたね。実は姉が作っていてそれをマネしてつくったんです。

と当時のお弁当エピソードを語りました。

さらに「憧れの女性なんですが、どうしたらそんな女性になれますか?」という篠原さん宛の質問に、

篠原さん:普段気を付けているのは20代中頃からずっと1日3リットルくらいは水を飲むようにしてますね。昔はニキビだらけで困ってたんですけど、水を変えたらよくなったような気がします。

と篠原流の美容法を伝授してくれました。


またイベントに毎回地方から来ているファンの方から、「この作品のイベントがある時は、毎回雨なんですが、誰かキャストの中に雨男・雨女がいますか?」というちょっと面白い質問に対し、

佐藤さん:僕は雨男だと思います!ぐっさん(山口智充さん)と共演した時に、3回も雨で撮影が飛んじゃって!

と雨男エピソードを披露。一方で監督は晴れ男ですよね?と佐藤さんに聞かれ

塚本監督:晴男ってわけではないですが、撮影はできるくらい男です(笑)

と回答し、ちょうどいい!と会場は大爆笑。

篠原さんは晴れ女とのことで、撮影初日は風が強くて、ロケ地の八丈島に飛行機が着陸できるかどうか…という中、篠原さんが乗った飛行機はちゃんと着陸できたという撮影の裏側も教えてくれました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

塚本監督:映画を観てくれた方の中に、もうすぐ1歳になる子を連れている親がいて、その0歳の赤ちゃんが面白そうに映画を見ていたそうで嬉しかったですね。それにうちの母が90歳なんですが、母もおもしろかったと。今のところ0歳から90歳までおもしろいと言ってもらえる映画になってます(笑)。ぜひ皆さん周りの方にもすすめてください!

と、この作品が老若男女問わず面白いということをアピール!

佐藤さん:初日舞台挨拶もこのスクリーンだったのですが、大ヒットとしてこのスクリーンにまた戻ってこれたことは本当に嬉しいことです。皆さんのおかげです。ありがとうございます。まだ劇場では観ていないので、観たいと思います。もし劇場であったらその時は何問でも質問に答えますので声を掛けてください(笑)

と笑いを交えて感謝の言葉を述べると、観客からは笑いが起きました。

篠原さん:スタッフがプライベートで劇場で観たときに、観客の方の上映後の歓声が素晴らしかったということと、皆さん涙を流していて、それは“悲しい涙”じゃなくて、“幸せの涙”を流していたということ伺って、鳥肌が立つくらい嬉しかったです!私もこの映画を世の中に勧めていきます。なので皆さんも是非いろんな方に勧めてください!

とコメントし、

会場からは温かな拍手が送られ、イベントは幕を閉じました。


映画『今日も嫌がらせ弁当』

iyaben-movie.com

6月28日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか感動のロードショー

伝えたい、あなたが笑顔でいてくれるだけで、私は幸せだと。

お弁当に込められた親子の本音のメッセージに、日本中が涙する。

シングルマザーのかおりは、自然と人情が豊かな八丈島で、高校生の次女・双葉と暮らしている。可愛い娘が今では反抗期に突入し、話しかけても返事すらしない。かおりは娘の嫌がる“キャラ弁”を作り続けて逆襲するが、やがてそのお弁当は、母から娘への大切なメッセージへと変わっていく。娘もまた「ウザい」とぼやきながらも、何かを受け取るように一口も残さず食べ続ける。〈ラストの弁当〉に込められた母からの最後のメッセージと、娘のこみ上げる想いに、誰もが胸を熱くする。

***********************************

出演:篠原涼子 芳根京子 松井玲奈 佐藤寛太/佐藤隆太 監督・脚本:塚本連平 
原作:「今日も嫌がらせ弁当」ttkk(Kaori)(三才ブックス刊)
主題歌:フレンズ「楽しもう」(ソニー・ミュージックレーベルズ) 
製作:2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
制作プロダクション:日活 ジャンゴフィルム
配給:ショウゲート  
Ⓒ2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
公式HP:iyaben-movie.com 


篠原涼子、芳根京子 kaori(ttkk)“感謝状弁当”に感動!『今日も嫌がらせ弁当』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 本日公開となった映画『今日も嫌がらせ弁当』の初日舞台挨拶が、TOHOシネマズ日比谷にて行なわれました。

この度、篠原涼子さん、芳根京子さん、佐藤隆太さん、松井玲奈さん、佐藤寛太さんら豪華キャスト陣に加え、主題歌を務めたフレンズ、塚本監督を迎えて、初日舞台挨拶が行われ、初日を迎えた感想や本作に込めた想いなど、撮影時を振り返りました!


映画『今日も嫌がらせ弁当』初日舞台挨拶
日時:6月28日(金) 
場所:TOHOシネマズ日比谷スクリーン12
登壇:篠原涼子、芳根京子、佐藤隆太、松井玲奈、佐藤寛太
フレンズ、塚本連平監督、サプライズゲスト:kaori(ttkk) 

映画情報どっとこむ ralph 篠原さん:本当に昨日の夜は眠れないほど緊張しちゃったんですが、今日皆さんと会えると思うと元気が出てきて、本当に元気をくれると作品だと思います!

と本作の門出を心から喜んび、原作Kaori(ttkk)さんのすごいと思うところを聞かれると

篠原さん:やっぱり3年間毎日、キャラクターとユニークなメッセージ入りのお弁当を作っていたことですね。他の仕事をしながらやっていた忍耐力に、同じ母としても尊敬します。とくに貞子弁当とか。あのお弁当が一番好きなんです!
と回答。

反抗期の娘・双葉を演じた芳根京子さんは、実際には反抗期がなかったそうですが

芳根さん:私の兄に反抗期があったと聞いたので、役作りのために、母にインタビューしました。意思疎通ができないのが一番辛かったと言っていたのですが、この映画ではお弁当を通して意思疎通が出来ていたので、より一層素敵だなと感じました。

と役作りの裏話を明かしました。また、

芳根さん:憧れの篠原さんとついに連絡先を交換し、お食事に行けました!
と満面の笑みで無邪気な姿も見せました。

映画情報どっとこむ ralph シングルファーザー役を演じた佐藤隆太さんは、

佐藤さん:篠原さん、芳根さん、松井さんの演じる家族の雰囲気が良くて、僕が出てくると、出なくていいよ~(笑)!って思っちゃうくらいずっと見ていたい家族で。でも僕が出ることで、少しでも世の中の男性が共感できる部分を作れているのであればうれしいですね。

と日本中のお父さんたちへの思いを述べました。
また、撮影中のエピソードを聞かれると、

佐藤さん:息子役のお子さんと上手くやれるか不安だったのですが、メイク中からやたらめったらちょっかいをかけてくる子で(笑)。彼のおかげで初日から家族という関係を作れたと思います!

と裏話を披露しました。


芳根さん演じる双葉の姉・若葉を演じた松井玲奈さんは、映画の中で共感したポイントについて、

松井さん:母に観てもらいたいと思った作品です。お弁当に関する小さい喧嘩はよく母ともあったので共感できます。【プチトマト戦争】というのがあって(笑)。プチトマトを温かいものの横に入れないで!と言ってるのに、絶対に母は入れてくるんですよ。でも(この作品に出たことで)そんな思い出話もできて、母に感謝の気持ちを伝えられました。

と、母親との心温まるエピソードを明かしました。

本作で八丈太鼓を披露した佐藤寛太さんは、

佐藤さん:和太鼓は経験していたんですが、八丈太鼓は叩き方もリズムも全然違って。アドリブのようなところがあって、叩き慣れていないとなかなかうまく叩けないんですよ。八丈島の海沿いで島の皆さんと一緒に太鼓を並べてたくさん練習しました!

と、役作りの苦労とともに八丈島の思い出を述べました。

また、本作で初の主題歌を担当したフレンズのひろせひろせさんは

ひろせさん:主題歌作りは監督と何度もやり取りして大変だよ、と先輩からは聞いていたんですが、なんと一発OKでして!

と話すと会場からは大きな拍手が。作詞を担当したえみそんからは実は主題歌の中に塚本監督のお子さんたちの名前がこっそり入っているという秘話も明かされました。

塚本監督は本作が生まれた経緯について、

塚本さん:本屋さんでこれを立ち読みした後にもう声を出して笑っちゃって。本を買った後に、最後まで読んだら泣いてしまい。これを自分で映画にして、皆さんにもこの面白さや感動を届けたい!と思いました。それが本当に叶って今日はとても嬉しいです!

と熱い想いを語りました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、サプライズゲストとして本作の原作者・kaori(ttkk)さんが登場!

なんとこの日のために、作品作りに関わった皆さんへの感謝の思いを込めた“感謝状弁当”を披露!あまりの大きさに、キャストの皆さんもびっくり!佐藤寛太がステージ中央でふたを開けると、そこには「沢山の感謝。たいせつな家族。たくさんの想い出。いっぱいの愛。すてきな映画をありがとう」のメッセージ入りのお弁当が!
これを見た篠原は興奮して「すごーい!唐揚げおいしそう!」と会場の笑いを誘いました。また芳根も感極まり、目にはきらりと光るものが。

最後に・・・

篠原さん:この作品は監督・スタッフの方が4年間温めた作品です。ひとりでも多くの方にこの作品の愛が伝わればいいなと思います。愛してるよーー!!

と、会場にお越しいただいた方々への愛のメッセージを伝え、本イベントは幕を閉じました。


映画『今日も嫌がらせ弁当』は絶賛公開中。

6月28日(金)感動の全国ロードショー

≪STORY≫
伝えたい、あなたが笑顔でいてくれるだけで、私は幸せだと。
お弁当にこめられた親子の本音のメッセージに、日本中が涙する。シングルマザーのかおりは、自然と人情が豊かな八丈島で、高校生の次女・双葉と暮らしている。可愛い娘が今では反抗期に突入し、話しかけても返事すらしない。かおりは娘の嫌がる“キャラ弁”を作り続けて逆襲するが、やがてそのお弁当は、母から娘への大切なメッセージへと変わっていく。娘もまた「ウザい」とぼやきながらも、何かを受け取るように一口も残さず食べ続ける。〈ラストの弁当〉に込められた母からの最後のメッセージと、娘のこみ上げる想いに、誰もが胸を熱くする。

***********************************


出演:篠原涼子 芳根京子 松井玲奈 佐藤寛太/佐藤隆太 

監督・脚本:塚本連平 

原作:「今日も嫌がらせ弁当」ttkk(Kaori)(三才ブックス刊)
主題歌:フレンズ「楽しもう」(ソニー・ミュージックレーベルズ) 
製作:2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
制作プロダクション:日活 ジャンゴフィルム 
配給:ショウゲート  
Ⓒ2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会  




ダンディ坂野ゲッツ!で盛り上げ。篠原涼子主演『今日も嫌がらせ弁当』完成披露イベント


映画情報どっとこむ ralph 『今日も嫌がらせ弁当』を6月28日(金)より全国公開となります。

八丈島に暮らす主人公のシングルマザー・持丸かおりを篠原涼子、反抗期の娘・双葉を芳根京子が演じるほか、かおりのブログ愛読者で一児のパパ・信介に佐藤隆太、双葉の姉・若葉に松井玲奈、双葉が密かに想いを寄せる同級生・達雄を佐藤寛太、かおりの気の置けない友人・浩美を村上知子(森三中)が演じます。監督・脚本は『僕たちと駐在さんの700日戦争』、『レオン』などを手掛けた塚本連平が務め、八丈島の雄大な自然の中で暮らす登場人物たちをユーモラスに生き生きと描き出します。

この度、篠原涼子さん、芳根京子さん、佐藤隆太さん、松井玲奈さん、佐藤寛太さん、村上知子さんと塚本監督が初めて一堂に会し、完成披露イベントを行ないました。

また、劇中でも特に印象的な“芸人弁当”の中からダンディ坂野をモデルにした「ゲッツ弁当」にはご本人が。そして本作のポスタービジュアルを再現した「篠原涼子弁当」が特大差し入れ弁当には篠原さん部分にざわちんさんが登壇しました。
映画『今日も嫌がらせ弁当』完成披露イベント
日時:5月28日(火)
場所:有楽町朝日ホール
登壇:篠原涼子、芳根京子、松井玲奈、佐藤寛太、村上知子(森三中)/佐藤隆太
塚本連平監督

サプライズゲスト:ダンディ坂野、ざわちん

映画情報どっとこむ ralph 暖かい拍手の中にキャストと監督が登場。
篠原さん:今日は完成披露試写会。去年の3月に撮り始めた作品が、ようやく完成することが出来ました。監督が編集とかいろいろ一生懸命温めた作品です。ワクワクしています!

芳根さん:八丈島で撮影して1年。強行して皆さんに観てもらえる日を楽しみにしていました。皆さんがこうして温かく迎えて下さったこと。とても嬉しいです。

佐藤隆さん:来月28日公開と言うことでちょうど1か月前。古碑時間がちょっとだけおいしい時間になればと思います。

松井さん:この映画はお弁当を作ってもらったことがある方には、きっと届く暖かい作品だと思います。私も大好きな一本です!
と、太鼓判を押す松井さん。

佐藤寛さん:暖かい気持ちで、家に帰れればいいなと思います。

村上さん:面白くて可愛らしくて、ほっこり感動する作品。楽しんで帰ってください!

塚本監督: 今から4年程前に、原作を立ち読みしまして・・・笑っちゃいまして。どうしてもやりたいと思いました。そして、こうして、皆様に観ていただける日が来ました。嬉しいです!
と、其々挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 今日の日を迎えて

篠原さん:ワクワクしています。試写の時に2回見ちゃって。それくらい面白い映画です。
役との共通点は

篠原さん:母親と言うところぐらいです。自分の息子が成長して反抗期になったらと考えながら演じました。

芳根さんは篠原さんの娘役、
芳根さん:篠原さんは事務所の大先輩で、デビューの時から5年ぶりだったので。本当に緊張とプレッシャーと、嬉しさとで、前日に、気分が悪くなりました。今回、親子役で幸せでした。

と嬉しさがあふれる芳根さん。これに
篠原さん:撮影の打ち上げで、京子ちゃんが抱き着いてきて、泣いてくれて。

と、エピソードを上げてくれました。

家事が苦手な役の佐藤(隆)さんですが、家では家事もするそうで

佐藤(隆)さん:家事やりますね。ザ!男飯ですけどね!(話変わって)今回寛太君と一緒だったのが嬉しかったんですよ!SNSで佐藤寛太かと思ったら佐藤隆太じゃん!って書かれてて。ややこしい。今回は一緒に出てるんで。少し勘違いしても大丈夫だなと。。
佐藤(寛)さん:僕も小6の時に二子多摩川で熱血教師されてるの見ていたんで、今回光栄でした!

松井さんは長女役。

松井さん:篠原さんと親子になれるか、芳根ちゃんと姉妹になれるか。。。撮影すぐに監督からちゃんと親子に見えるねと言われて安心しました。芳根ちゃんとは撮影直前までオタクの同居人だったので、姉妹の距離感になれるのか心配でした。
芳根さん:オタクでしたからね。爽やかな姉妹になれるか不安でした!

と、語る姉妹は映画館でチェック!

本作は、キャラ弁が主題。

村上さん:娘が幼稚園なので、お弁当作ってますがキャラ弁は苦手で作ってません。
と回答。

塚本監督:撮影はとても良い雰囲気でスムーズで。僕がやって欲しいキャスティングだったので、あまり言うこともなく。重要なシーンもテストなしで本番でやってます!
と、撮影方法を明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、キャラ弁を選んでみることに

そして、劇中でも特に印象的な“芸人弁当”の中からダンディ坂野をモデルにした「ゲッツ弁当」が登場!
中にはご本人が。

そして本作のポスタービジュアルを再現した「篠原涼子弁当」には、ざわちんさんが篠原さんメイクで登壇してイベントを盛り上げました。

映画情報どっとこむ ralph 『今日も嫌がらせ弁当』

6月28日(金)全国ロードショー

公式HP:
iyaben-movie.com 


***********************************


出演:篠原涼子 芳根京子 松井玲奈 佐藤寛太/佐藤隆太
監督・脚本:塚本連平 
原作:「今日も嫌がらせ弁当」ttkk(Kaori)(三才ブックス刊)
主題歌:フレンズ「楽しもう」(ソニー・ミュージックレーベルズ) 
製作:2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
制作プロダクション:日活 ジャンゴフィルム
配給:ショウゲート  
Ⓒ2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会


ハチャメチャ舞台挨拶!『レオン』初日に知英、竹中直人、山崎育三郎、大政絢ら登壇!


映画情報どっとこむ ralph 地味な派遣OL小鳥遊玲音・知英と年商500億円のワンマン社長・竹中直人の”心”と”身体”が入れ替わってしまう、空前絶後のスイッチング・エンターテインメント、『レオン』が本日より公開されました!!

この度、主演を務める知英さん、竹中直人さんをはじめとした豪華キャスト登壇による公開初日舞台挨拶が行われ・・・

本作の濃いキャラばかり出てくる、濃い映画を見せ付けるハチャメチャぶりで大盛り上がり!!

『レオン』公開初日舞台挨拶 概要 
日時:2月24日(土)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:知英、竹中直人、山崎育三郎、大政絢、ジャングルポケット斉藤慎二、ミッツ・マングローブ、塚本連平監督

映画情報どっとこむ ralph 知英さん:今日はありがとうございます。私のオヤジっぷりを皆さんがどう思うのか気になります。

と、公開初日の舞台挨拶がスタート。

竹中さん:層々たるメンバーに囲まれ・・・・斉藤慎二くんがいることに納得がいかない!
としょっぱなから斉藤さんをいじり倒す竹中さんと抵抗する斉藤さん!
それを止めようとする知英さんと大政さん。と、お約束の構図からスタート!

玲音の恋心を弄ぶプレイボーイ税理士、踊る悪役を演じた山崎さんは、育さま~の掛け声の中
山﨑さん:観終わった後に僕を嫌いになっていないことを祈ります。

デカすぎる社長秘書を演じたミッツ・マングローブさんは
マングローブさん:秘書役ということでキレイに撮ってもらったが、もしかしたら、オデコから上が見えないかもしれません(笑)色んな角度から見ていただけたらもしかしたら見えるかも!

と挨拶。
塚本監督:現場の楽しい雰囲気が、映画にも出ていると思います!濃いキャラばかり出てくる、濃い映画。お腹を壊さないように気をつけてほしいです(笑)

というと

マングローブさん:喰い合わせがね。。。

と、心の声がマイクに。

映画情報どっとこむ ralph 自由すぎる出演者たちは、思い入れのあるシーンについて、知英さんは、

知英さん:竹中さんと心と身体が入れ替わってしまって病院で目覚めるシーン。“入れ替わり”はこの映画の始まりで、そこからどんどん面白くなっていくので注目してもらいたい。です。

と語り、竹中さんも

竹中さん:その病院のシーンではとにかく笑ってしまった。入れ替わってしまい元に戻ろうとする玲音(※心は玲男)のシーンで、“目を開けたまま眠る”僕の上に知英が乗るんです。そして寝てる上で知英が必至でもがいているのが可笑しくて。
と“目を開けたまま眠る”人を実演。
見つめる知英さん。

竹中さん:あと知英がこんなにも日本語が上手くてびっくりした!
と知英さんがお気に入りの様子の竹中さん。

山崎さん:日下は常にバラを手に持っていて、女性にそのバラを振り撒くシーンがありますが、これがワンテイクですっごく綺麗に決まったんです!是非注目してほしいです。

と話すと
大政さん:知英ちゃんは男前だし、竹中さんも女の子!竹中さんと知英ちゃんの入れ替わりが自然すぎて、どっちがどっちか分からなくなってしまったほど!

と大笑いしながら注目ポイントを披露。

映画情報どっとこむ ralph 本作は“抱腹絶倒”がキーワードになっていて、本作をいち早くご覧になった方からは「久しぶりに映画を見て大笑いした」「劇場で笑い声がこんなに響くのは初めて」などの声がすでに届いていますとMC。それにちなみ最近爆笑したことについて

ミッツさん:マスコミの前で言えないネタばかりで…

と、本当に使えない話をポロリ。

知英さん:完成披露の時に顔を入れ替えるアプリをみんなでやって、竹中さんと私の顔が入れ替わっている写真を見て、本当に入れ替わったらこんなふうになっちゃうのか、と今思い出すだけで笑えてくる。

と舞台上で大笑い。

竹中さん:僕はあまり笑わない人間だが、最近笑ったといえば、この映画の撮影!

映画情報どっとこむ ralph 最後に

竹中さん:この映画はとにかく知英がチャーミングで力強くて可愛くて、『知英サイコー!!!』という感じ。楽しんでもらいたい!

知英さん:笑いがとまらない映画。この映画を観て、元気になってもらえたらいいなと思う。そして面白かったら声に出して笑ってください!

とこれから本作を観る観客へメッセージをおくり、ハイテンションな舞台挨拶は終わったのでした!

『レオン』本日より全国公開!

公式HP:
reon-movie.com 
公式Twitter:
@reon_movie

原作は、スマホマガジン「Hot-Dog PRESS」で連載され、絶大な人気を誇ったオリジナル漫画『レオン』。他人同士の心と体が入れ替わっちゃう!? 古くは、大林宣彦監督の名作『転校生』、昨今ではテレビ朝日で放送された菅田将暉と遠藤憲一によるテレビドラマ「民王」、そして空前のヒットを飛ばした『君の名は。』。入れ替わりは、古今東西様々なテーマで描かれ、ヒットを飛ばしてきた普及のテーマです。本作では、ナイスバディだけが取り柄の地味なOL小鳥遊玲音(たかなし・れおん/知英)と年商500億の女好きワンマン社長の朝比奈玲男(あさひな・れお/竹中直人)の”心”と”身体”が入れ替わってしまう。性別も地位も性格も何もかも正反対の二人が入れ替わってしまったからさあ大変!しかもそれに乗じて、社長の身内が会社乗っ取りを企む大事件も勃発。社長と社員の禁断の恋も始まる予感・・・?!果たして、2人が巻き起こす騒動の結末は?ハチャメチャで破天荒な展開を笑いたっぷりに、そして時々ピュアな恋心を甘酸っぱく描く、空前絶後のスイッチング・エンターテイメントがここに誕生しました!


物語・・・
地味なナイスバディの派遣OLと年商500億のセクハラワンマン社長
性別も地位も性格も何もかもが正反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!?
 年商500億を越える老舗の食品会社朝比奈フーズに務める、地味な派遣OL・小鳥遊 玲音(28)(たかなし・れおん)とその朝比奈フーズを引っ張る、やり手のワンマン社長・朝比奈玲男(55)(あさひな・れお)。小鳥遊は、磨けば美人でナイスボディの持ち主なのだが、根っからのネガティブ思考でイケてない存在。一方、代表取締役社長・朝比奈は、誰の意見にも耳を貸さない超ワンマンだが、仕事は一流。しかし、女子社員へのセクハラまがいは日常茶飯事の根っからの女好き。。。。ある日、偶然ふたりは同じ車の事故に巻き込まれる。目が覚めると、朝比奈玲男の体にはある異変が・・・・!なんと、心は朝比奈のままだが、体が小鳥遊玲音になっていたのだ―。
性別も地位も性格も、何もかも反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!?
「俺の人生、どうなるの?」 「わたしの人生どうなるのかしら?」

***********************************

出演:知英 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット)ミッツ・マングローブ / 原幹恵 河井青葉  山崎育三郎 竹中直人
監督:塚本連平(『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『かずら』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』『リベンジgirl』)
原作:清智英・大倉かおり「レオン」(講談社KCデラックス)
製作:映画『レオン』製作委員会
配給:ファントム・フィルム

©清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会


竹中直人 知英のパワーと日本語に感動と絶賛!『レオン』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 地味な派遣OL小鳥遊玲音・知英と年商500億円のワンマン社長・竹中直人の”心”と”身体”が入れ替わってしまう、空前絶後のスイッチング・エンターテインメント『レオン』が2月24日(土)の全国ロードショーとなります!

その完成披露試写会が行われ、主演を務める知英さんをはじめ、竹中直人さん、山崎育三郎さん、大政絢さん、吉沢亮さん、斉藤慎二さん(ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブさんらキャスト陣と塚本連平監督が登壇して舞台挨拶が行われました。

『レオン』完成披露試写会
日程:1月24日(水)
場所:T・ジョイPRINCE品川
登壇:知英、竹中直人、山崎育三郎、大政絢、吉沢亮、斉藤慎二(ジャングルポケット)、ミッツマングローブ、塚本連平監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手と歓声の中、キャスト陣と監督が登場!
あれっ??立ち位置が・・・

知英さん:本日はたくさん来ていただきありがとうございます。(中身は女好きのエロオヤジを演じて)竹中さんと入れ替わったのですが、エロ社長が難しかったですが、楽しく演じました!

竹中さん:知英が最高でした!本読みでセリフの声のトーンとか併せてね。知英のパワーと日本語のうまさに感動しました!

と、大絶賛の竹中さん。

ここで、監督の立ち位置が違うことが指摘され。。。おどけながら移動する斎藤さんに!

竹中さん:嘘だろ!しゃべりたかったんだろ!うるさい!

と竹中さん故意に間違えたと疑っている模様。

映画情報どっとこむ ralph 山崎さん:(薔薇の似合う!むかつく役)バラをもって、動きを綺麗にしながらむかつかせる。監督から「やっちゃって!」と指示があって。新しい役のチャレンジが出来ました。

この演技に知英さん笑ってしまって大変だったそう。

大政さん:このメンバーの中だとまともな役。竹中さんと知英ちゃんが入れ替わってるのが面白くってしょうがなかったです。笑わないのに気を付けました。

と面白い現場を満喫したとのこと。そして、
吉沢さん:楽しい現場で、印象的なのは・・・・竹中さんに・・・・。凄いシュールで、キュンキュンしました。

デカすぎる秘書役と紹介されて、

ミッツさん:デカすぎるって!初めて聞いたんですけど。そういう役だったの?

どういう扱いかは本編を見て確認を。
斎藤さん:(竹中さんが喋りまくって邪魔)

時間がないのでこの辺で!とMCに本当に打ち切られる斎藤さん(笑)

塚本監督:楽しんでいってください!

と、其々挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 入れ替わりを描いたスイッチングエンタメ。と言うことで誰に入れ替わりたいかの質問に、
知英さん:男性になりたいです。山崎さんと入れ替わりたい。誕生日が1月18日で。やってみたいこと・・・・男性の声でしゃべってみたいです。

竹中さん:(齊藤さんを指し)この男かな。この顔で街を歩いてみたい。人間じゃないって楽屋でいうんですよ
斎藤:人間だぞ!

山﨑さんは入れ替わりたいのは大先輩である竹中さん、

山崎さん:声が好き。僕は高いので、低い声で加山雄三の歌を歌いたいです!「ふたりを♪」

竹中さん:ふたりを♪

と、二人の美声もちょっとだけ聞け、

大政さん:竹中さんは現場でもいたずらがうまくって。おちゃめな漢字が上手くできればと。
これには、知英さんもいつも騙されて楽しかったそう。

吉沢さんは

吉沢さん:山崎さんになりたい。美声と歌って踊れて。そして、山﨑さんの役を演じたい。
と、ぶっ飛んだ演技を現場でみていて、自分もやりたかったそう。そして、ミッツさんは男前二人を見つめ・・・・決めかねてるご様子。

ミッツさん:交換ですから私になるのはかわいそうですが・・・若い吉沢君。

どんな感じか見て見たい。

斎藤さん:ぼくは吉沢君!あんな格好良く生まれたら。人生変わってたんだろうな!

映画情報どっとこむ ralph 最後に
知英さん:みんなで作り上げた作品です。笑いも沢山あって、感動もできると思いますので、楽しんでください。

キャラクターも個性が溢れ出していて、楽しげな雰囲気なイベントは終了!

『レオン』の公開は2月24日(土)!全国ロードショーです。

公式HP:
reon-movie.com

公式Twitter:
@reon_movie


物語・・・
ナイスバディだけが取り柄の地味なOLと年商500億の女好きワンマン社長
性別も地位も性格も何もかも正反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!? 年商500億を越える老舗の食品会社朝比奈フーズに務める、地味な派遣OL・小鳥遊 玲音(28)(たかなし・れおん)とその朝比奈フーズを引っ張る、やり手のワンマン社長・朝比奈玲男(55)(あさひな・れお)。
小鳥遊は、磨けば美人でナイスボディの持ち主なのだが、根っからのネガティブ思考でイケてない存在。
一方、代表取締役社長・朝比奈は、誰の意見にも耳を貸さない超ワンマンだが、仕事は一流。
しかし、女子社員へのセクハラまがいは日常茶飯事の根っからの女好き。。。。
ある日、偶然ふたりは同じ車の事故に巻き込まれる。目が覚めると、朝比奈玲男の体にはある異変が・・・・!
なんと、心は朝比奈のままだが、体が小鳥遊玲音になっていたのだ―。
性別も地位も性格も、何もかも反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!?

 「俺の人生、どうなるの?」 「わたしの人生どうなるのかしら?」

***********************************

出演:知英 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット)ミッツ・マングローブ / 原幹恵 河井青葉  山崎育三郎 竹中直人
監督:塚本連平(『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『かずら』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』『リベンジgirl』)
原作:清智英・大倉かおり「レオン」(講談社KCデラックス)
製作:映画『レオン』製作委員会 
配給:ファントム・フィルム
©清智英・大倉かおり/講談社・2018 映画「レオン」製作委員会