「塚本晋也」タグアーカイブ

鬼才デヴィッド・リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?著名人コメント続々


映画情報どっとこむ ralph この度、その悪夢のような難解で不可解な世界感がファンを熱狂させ続けているデヴィッド・リンチ監督のドキュメンタリー『デヴィッド・リンチ:アートライフ』が2018年1月27日(土)より、新宿シネマカリテ、立川シネマシティ、横浜ジャック&ベティ、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開。

本作では、映像作品のみならず、絵画、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチが、美術学生時代の「退屈」と「憂鬱」、悪夢のような街フィラデルフィアの暮らし、長編デビュー作『イレイザーヘッド』に至るまでを自らの口で語りつくします。

昨年マーティン・スコセッシ監督の『沈黙』への出演で世界から注目され、監督業に留まらず多方面で活躍する塚本晋也さんや、かねてよりデヴィッド・リンチのファンだという内田春菊さんはじめ、リンチの描く世界観に魅了された各界の著名人からリンチへの愛に溢れたコメント第二弾が到着しました。


デヴィッド・リンチに魅了された著名人の、愛に溢れたコメント第二弾が到着!!*敬称略・順不同

デヴィッド・リンチの創作の謎に迫っていて、とても面白く、興味深かったです。リンチと切っても切り離せないアート。それが動くというシンプルな喜びからリンチの映画の歴史が始まっていたのですね。後期の映画ほど、ここに映された初期映像作品の原点に戻ってゆく。そう感じました。そして原動力であるアートに回帰しどんどん自由になってゆく姿に勇気付けられました。
―― 塚本晋也(映画監督)


人物と作品の両方に興味を持つということは、実はとても大変で罪深いことだったのだ。作品だけでよかったかも、と後悔するような重みのあるシーンもちらほら。もしもああやって目の前で語られていたら、私はその有り難い疲れを消化するのに何日かかるだろうか。
――内田春菊(漫画家・作家)


フランシス・ベーコンの絵を観ると、よくリンチの映画のワンシーンが頭によぎる事があった。美しい悪夢。一体リンチはどうゆう発想でこうゆうシーンが思い浮かぶのだろう…と前から興味があった。自伝も読んだ。そしてツイン・ピークスの続編で再び世界を騒がせたリンチのドキュメンタリー!
意外にも、愛娘とアトリエで絵を描いてるシーンが親密で愛おしかった。この監督、やっぱ面白いわ。
――木下理樹 (ART-SCHOOL)


絶え間ない創作行為の連続こそがリンチをリンチたらしめる。指で絵の具とたわむれるように描き続ける画家リンチ。様々な媒質と対話しながら、異様なイメージを析出させるリンチ・システム。その謎めいた創造の秘密には、得体の知れない感染力がある。
――斎藤環(精神科医、批評家)


リンチはリンチにならざるを得なかった。父や兄弟からの理解が全く得られなくても、この道を進むしかなかった。そのことがよく分かります。そしてリンチが自分について赤裸々に語れば語るほど、謎と神秘は深まり、観る人は、世界の深淵を覗きこむでしょう。
――タカノ綾(アーティスト)


映画情報どっとこむ ralph コメント第一弾 *敬称略・順不同


ボブ・ディランのライブを中座した青年が、ジョージ・ルーカスからの『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』監督オファーを断り、後に『ブルーベルベット』や『マルホランド・ドライブ』を作る。“コーヒーを飲み、タバコを吸い、絵を描く。創作の喜びをひたすら極める生き方”を選んだ彼の顔は、歳を重ねるごとに耽美になる。
裕木奈江(女優)


大金を動かすメジャーなハリウッドの監督ではあるけれど、「生涯一美大生」みたいな人でもあることがよくわかりました。普通の善良な家庭で育ったにもかかわらず――であるからこそ――こういう人物になったということも、なんとなく納得できました。子供の頃から微かな遠雷のように感じていた「生の不穏さ」のようなものを、美大の暗く孤独なアトリエの中で、人知れず育んでいったんだなあ‥‥と。
会田誠(美術家)

デヴィッド・リンチが画家でもあることをはじめて知りました。そしてそのイマジネーションに満ちた作品群に驚くとともに、大いに納得しました。
新しいアイデアの背後に彼の歩んだ人生がある。そして映画は絵画に、絵画は映画に相互に刺激を与えながら、彼の芸術は、より高みへと昇華したのだと思います。
伊藤潤二(漫画家)

無常に流れていく時間の中で、誰の心にもうっすらと存在し続ける”不安”
その部分を冷たいものでそっと撫でられるような気持ちになる。冷たい水で洗われるような感覚にも近いかな。
彼自身が人生の中で感じ取った感情が、彼の作品の中には流れている。人の人生が一つとは限らないんだなと教えられた。
中田クルミ(モデル/女優)

我々は知っている。この世にデヴィッド・リンチという<魔都>が存在することを。そこには決して逃れることのできない蠱惑(こわく)的退廃と致命的依存が潜んでいることを……。魔術的なまでに俗世を掻き回し、惑乱させ続ける鬼才の藝術の原点。その源泉を我々は目撃する。
平山夢明(作家)

映画情報どっとこむ ralph 原題:David Lynch: The Art Life

2018 年1月27 日(土)、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開


公式サイト:
www.uplink.co.jp/artlife/

Twitter:
@LynchArtLifeJP


リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?
『ツイン・ピークス The Return』で再び世界を騒がせる、
映画界で最も得体の知れない監督――その「謎」が「謎」でなくなる、かもしれない。


映像作品のみならず、絵画、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチ。「その頃の僕の世界はとても小さく、近所の数ブロックに全てがあった」ハリウッドにある自宅兼アトリエで語られる過去。「恐怖が垂れ込める意地の悪い街」フィラデルフィアでの日常。その中に潜む「恐怖」「苦悩」は、まるでリンチ作品の登場人物のような姿で私たちの前に現れては消えていく。


アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱。後の『マルホランド・ドライブ』(2001 年)美術監督である親友ジャック・フィスクとの友情。生活の為に働きながら、助成金の知らせを待った日々。そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976 年)に至るまでを奇才デヴィッド・リンチ自らが語りつくす。

***********************************

監督:ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネールガード=ホルム(『ヴィクトリア』脚本)
出演:デヴィッド・リンチ配給・宣伝:アップリンク
(2016 年/アメリカ・デンマーク/88 分/英語/DCP/1.85:1/)

(C) Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016


マーティン・スコセッシ監督x遠藤周作『沈黙-サイレンス-』2017年公開決定


映画情報どっとこむ TJ マーティン・スコセッシ監督最新作『沈黙-サイレンス-』が2017年に公開が決定しました。
%e6%b2%88%e9%bb%99_photo-credit-kerry-brown
原作は遠藤周作の「沈黙」(新潮文庫刊)。

アカデミー賞®監督のスコセッシが1988年に原作と出会ってから28年の時を経てついに映画化を果たしました。


時は17世紀江戸初期。

激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるために日本にたどり着いた宣教師の目に映った想像を絶する日本を舞台に、人間にとって本当に大切なものとは何かを、壮大な映像で描いた歴史大作です。

%e6%b2%88%e9%bb%99_s_photo-credit-kerry-brown
キャストはアンドリュー・ガーフィールド(『アメイジング・スパイダーマン』)、リーアム・ニーソン(『シンドラーのリスト』)、アダム・ドライバー(『スター・ウォーズ フォースの覚醒』に加え、日本からは窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら実力派が集結。

%e6%b2%88%e9%bb%99_%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0_photo-credit-kerry-brown脚本は『ギャング・オブ・ニューヨーク』でアカデミー賞®ノミネートのジェイ・コックス、撮影は『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞®ノミネートのロゴリゴ・プリエト。美術は『ヒューゴの不思議な発明』他にてアカデミー賞®3度受賞のダンテ・フェレッティ、編集は『ディパーテッド』他でアカデミー賞®3度受賞のセルマ・スクーンメイカーなど日米最高のキャストとスタッフが集結しました。

アメリカでは2016年末に公開予定。

既に今年度の賞レースにおける有力作との呼び声も高い本作。ハリウッドと日本が融合した、映画史を塗り替える歴史大作の公開に是非ご期待下さい。

映画『沈黙-サイレンス-

2017年全国ロードショー

http://chinmoku.jp/

***********************************

原作:遠藤周作「沈黙」(新潮文庫刊)

監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス
撮影:ロドリゴ・プリエト

美術:ダンテ・フェレッティ
編集:セルマ・スクーンメイカー

出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ

配給:KADOKAWA


塚本晋也驚嘆!『エヴォリューション』監督ルシール・アザリロヴィックの創作に迫る


映画情報どっとこむ ralph ルシール・アザリロヴィック監督最新作、映画『エヴォリューション』が2016年11月の公開に先駆けて、6月24日より開催中の「フランス映画祭2016」にて上映回が行われました。

美しくも妖しい少女の世界を描いたガールズムービーの金字塔である前作『エコール』の35㎜フィルム上映と併せてマスタークラスが行われ、ルシール・アザリロヴィック監督と『野火』の塚本晋也監督との対談が行われました。

エヴォリューション_ルシール監督&塚本晋也監督
日時:6月26日(日)14:00~
会場:アンスティチュ・フランセ東京
登壇:ルシール・アザリロヴィック、塚本晋也(『野火』)
司会:市山尚三(東京フィルメックス プログラムディレクター)

映画情報どっとこむ ralph MC:ルシール監督と塚本監督2人の出会いは?

ルシール監督:アヴォリアッツ映画際で初めて会いました。その時は自分の映画ではなく、パートナであるギャスパー・ノエの『カノン』の手伝いで一緒に行ったんですが、そこで初めて『鉄男』を観たんです。ギャスパーと二人で”すごい映画だね!日本人の監督が撮っているんだって、絶対会いにいかなきゃ!”とすぐに飛び着きました。私たちが二人で迫っていったので、塚本監督は怖かったんじゃないのかな(笑)。当時、私は英語が話せなかったんですが、お互いに分かり合えたと思います。

塚本監督:アボリアッツ映画祭は『鉄男2』で初めて招待された海外の映画祭で、そこで最初にあったのがギャスパー・ノエで、一緒にいたのがルシールさんだったんです。こんなに長くお付き合いが続くとはとってもびっくりです。その時ギャスパーの家に泊まったんです。そこでルシールの、『ミミ』(’96)の前に作られた短編集『First Death of NONO』をみせてもらい、”ダークビューティフル”と言ったら、そのフレーズをとても喜んでくれていました。


MC:お互いの作品について!

ルシール監督:塚本さんの作品はほとんど観ています。もちろん新作『野火』も。彼の撮る映画にとても興味がある。というのは、新しいものを発明するような実験的な作品が多くて、そこに面白さも感動もあり、非常に自由に作られてれいるから。更に、塚本監督本人が監督、俳優、撮影、照明、編集、制作もすべて行っている。ギャスパーもそう言っているんですが、彼はまさに”オーケトラマン”。しかも『野火』に至っては配給までも行っていて、それをすべて見事にやりとげるのは信じられないな事だと思っています。

塚本監督:僕も彼女の作品はほとんど観ています。今日上映した『エコール』についてはルシールがそのまま映画になったよう。彼女は本当に少女みたいな人なんです。一緒にカラオケ行っても小さな声で歌うんです。その少女のような感じがそのまま映画になっている。この映画はまさにルシールそのもの。普段は少女のようなルシールだけど、映画作りについてはかなり厳格に映画を作っていて、僕自身励まされます。

ルシール監督:この『エコール』については少女の視線で捉えた世界を描きたかった。外部の大人の目でみたというのではない。そして10歳くらいの子供たちにこの作品を観せたかった。実際子供たちにこの作品を観せると「普通だよ。僕たちのいまみている世界だよ」と答えるんです。一方大人に見せると「変な世界ね」といったように捉えるのがおもしろい。私は映画の中のシーンのように棺に入ったことはないけど、この作品は自伝的なもを含めた映画です。

エヴォリューション_ルシール監督&塚本晋也監督トーク
映画情報どっとこむ ralph 映画の作り方・撮影について

ルシール監督:映画を作る際に自分なりのルールがあります。ストーリーボードは作らないし、カメラは固定で長回し。だから塚本さんのような動く映像に憧れます。作品を作る時はいろいろなものをそぎ落として映画を作っていく。そしてミニマルな映画ができていきます。

塚本監督:新作の『エヴォリューション』を一足先に見させていただきましたが、最初に観た時、あまりに映像が綺麗なのに驚いて「最初の海のシーン、あれどうやって撮ったの?」と開口一番に聞いたんだよね(笑)。

ルシール監督:そうやって言ってくれたのとっても嬉しかったです!

塚本監督:映像のことばっかり言ってると思われるかもしれませんが、映像の持つ力は大きくて、映像が語る。映像が物語を生み出すんだと思います。


「フランス映画祭2016」は6月27日まで、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催。

ルシール監督の新作『エヴォリューション』は6月27日に有楽町朝日ホールで上映となります。

映画『エヴォリューション

2016年6月27日(月)14:00開映
会場:有楽町朝日ホール
登壇:ルシール・アザリロヴィック監督

詳細・チケット情報:
http://unifrance.jp/festival/2016/

映画情報どっとこむ ralph 映画『エヴォリューション』(2015年/81分)

2016年11月 渋谷アップリンク、新宿シネマカリテほか全国順次公開

監督:ルシール・アザリロヴィック
出演:マックス・ブラバン、ロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエ ほか

『エコール』の監督が贈る、最も美しい“悪夢”。

エヴォリューション_ティーザー_s少年と女性しかいない、人里離れた島に母親と暮らす10歳の二コラ。その島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となっている。
「なにかがおかしい」と異変に気付き始めた二コラは、夜半に出かける母親の後をつける。
そこで母親がほかの女性たちと海辺でする「ある行為」を目撃し、秘密を探ろうとしたのが悪夢の始まりだった。“エヴォリューション(進化)”とは何なのか…?

ギャスパー・ノエの公私にわたるパートナーであり、森で暮らす少女たちを描いた『エコール』のルシール・アザリロヴィック監督が贈る、最も美しい“悪夢”。

映画祭で上映されるや否や「初期クローネンバーグを思わせる!」「ルイス・キャロル、グリム兄弟、アンデルセンの死体を掘り起こした」等大きな反響を巻き起こした。

***********************************

監督:ルシール・アザリロヴィック
出演:マックス・ブラバン、ロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエ
2015年/フランス、スペイン、ベルギー/フランス語/81分/DCP/2.35/5.1ch
配給:アップリンク
© LES FILMS DU WORSO • NOODLES PRODUCTION • VOLCANO FILMS • EVO FILMS A.I.E. • SCOPE PICTURES • LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015

2015年 トロント国際映画祭 正式出品
2015年 サン・セバスチャン国際映画祭 審査員特別賞・最優秀撮影賞受賞
2015年 ストックホルム国際映画祭 最優秀撮影賞
2015年 ナント・ユートピア国際SF映画祭 最優秀撮影賞


『エヴォリューション』監督が来日、塚本晋也監督と対談!入場無料


映画情報どっとこむ ralph 初期クローネンバーグやルイス・キャロルを彷彿とさせる「美しい悪夢」

ルシール・アザリロヴィック監督最新作、映画『エヴォリューション』が2016年11月渋谷アップリンク、新宿シネマカリテほか全国順次公開決定!
エヴォリューション_ティーザー_s
本公開に先駆け6月24日(金)よりはじまるフランス映画祭2016にて上映。ルシール・アザリロヴィック監督が来日し、美しくも妖しい少女の世界を描いたガールズムービーの金字塔前作『エコール』の35㎜フィルム上映と併せてマスタークラスを入場無料にて開催。『野火』の塚本晋也監督との対談となります。

映画情報どっとこむ ralph フランス映画祭2016映画『エヴォリューション』
エヴォリューション1
2016年6月27日(月)14:00開映
会場:有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1)
登壇:ルシール・アザリロヴィック監督
※取材をご希望の際はご連絡下さい

詳細・チケット情報:
http://unifrance.jp/festival/2016/

■映画『エヴォリューション』(2015年/81分)
監督:ルシール・アザリロヴィック
出演:マックス・ブラバン、ロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエ ほか

**************

『エコール』の監督が贈る、最も美しい“悪夢”。
少年と女性しかいない、人里離れた島に母親と暮らす10歳の二コラ。その島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となっている。「なにかがおかしい」と異変に気付き始めた二コラは、夜半に出かける母親の後をつける。そこで母親がほかの女性たちと海辺でする「ある行為」を目撃し、秘密を探ろうとしたのが悪夢の始まりだった。“エヴォリューション(進化)”とは何なのか…?

ギャスパー・ノエの公私にわたるパートナーであり、森で暮らす少女たちを描いた『エコール』のルシール・アザリロヴィック監督が贈る、最も美しい“悪夢”。映画祭で上映されるや否や「初期クローネンバーグを思わせる!」「ルイス・キャロル、グリム兄弟、アンデルセンの死体を掘り起こした」等大きな反響を巻き起こした。

監督:ルシール・アザリロヴィック
出演:マックス・ブラバン、ロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエ
2015年/フランス、スペイン、ベルギー/フランス語/81分/DCP/2.35/5.1ch
配給:アップリンク

2016年11月渋谷アップリンク、新宿シネマカリテほか全国順次公開

© LES FILMS DU WORSO • NOODLES PRODUCTION • VOLCANO FILMS • EVO FILMS A.I.E. • SCOPE PICTURES • LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015

2015年 トロント国際映画祭 正式出品
2015年 サン・セバスチャン国際映画祭 審査員特別賞・最優秀撮影賞受賞
2015年 ストックホルム国際映画祭 最優秀撮影賞
2015年 ナント・ユートピア国際SF映画祭 最優秀撮影賞
2016年11月 渋谷アップリンク、新宿シネマカリテほか全国順次公開

映画情報どっとこむ ralph 『エコール』上映&マスタークラス
ルシール・アザリロヴィック×塚本晋也

2016年6月26日(日)14:00開映
会場:アンスティチュ・フランセ東京(東京都新宿区市谷船河原町15)
ゲスト:ルシール・アザリロヴィック、塚本晋也(『野火』)
司会:市山尚三(東京フィルメックス プログラムディレクター)
※取材をご希望の際はご連絡下さい

入場無料、先着順(定員108名)
※13時より2Fエスパス・イマージュ前にて整理券を配布いたします。


詳細はこちら

映画『エコール』(2004年/121分)
監督:ルシール・アザリロヴィック
出演:マリオン・コティヤール、エレーヌ・ドゥ・フジュロールほか

大人に羽化する前の、純粋無垢な少女たちの世界へ、ようこそ高い塀で下界を遮断された森の中の学校、エコール。6歳から12歳までの少女たちが自然の生態やダンスを学んでいる。深い森と青い空を映す湖の前で、妖精のように戯れる少女たち。男性のいない完璧な世界にまた一人、6歳の少女イリスがやってきた…。彼女たちは卒業まで外界と接することなく、7年間学校の中で過ごす。卒業のとき、彼女たちの胸に去来するのは、開放の喜びなのか、新しい世界への恐怖なのか?少女たちは一体どこへ行くのだろうか…。

19世紀の作家フランク・ヴェデキントの小説『ミネハハ』(『笑う水』の意味)を、夢見るようなタッチで映像化し、少女の美しさとエロスの世界を耽美的な映像で描き出した美の寓話。

***********************************