「堀江信彦」タグアーカイブ

ディーン・フジオカ サイレントであるという部分は貴重な体験『エンジェルサイン』撮影時のエピソードを披露!


映画情報どっとこむ ralph 北条司初総監督作品、実写映画『エンジェルサイン』を2019 年11 月15 日(金)より、ユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて劇場公開。

10 月31 日(木)に行われました完成披露試写会が行われ、松下奈緒&ディーン・フジオカが撮影時のエピソードを披露しました!

松下奈緒、ディーン・フジオカ『エンジェルサイン』完成披露試写会
開催日:2019 年10 月31 日(木)
場所:品川プリンスホテル クラブeX
登壇:松下奈緒、ディ ーン・フジオカ、堀江信彦

映画情報どっとこむ ralph 堀江さん:元々漫画は絵コンテを原稿用紙に大小強弱をつけてレイアウトしたものです。だから漫画と映画はすごく近い関係にあるんです。そんな漫画が映画になるということを楽しんで欲しいと思います。

と語り、漫画と映画の関係性について熱くコメント。

本作で実写映画の総監督を務めた北条司には

堀江さん:最初から映画監督の才能があると見込んでいたので、今回挑戦をしてもらいました。非常に細やかに丁寧に作ってくれています。

と、その手腕に賛辞を送った。

またイベントでは、この日のために特別に編成されたオーケストラが、セリフのない本作に華を添えるメインテーマ曲”Angel Sign”を生演奏で披露。演奏が終わるとその圧巻の演奏に感動し、涙ぐむファンもいるなど、会場が温かい雰囲気に包まれた。
『エンジェルサイン』完成披露試写会
映画情報どっとこむ ralph そんな生演奏の余韻が残る中、いよいよ本作の主演を務める松下奈緒さんとディーン・フジオカさんが登壇をすると会場から大歓声が上がった。

松下さんはセリフのない作品に参加した感想を

松下さん:北条先生の手描きの絵コンテを見て、自分で感じて、その気持ちになって、ディーンさんとお芝居をするということは新鮮な経験でした。
松下奈緒、ディーン・フジオカ『エンジェルサイン』完成披露試写会 と振り返る。一方

ディーンさん:いい意味でゆるくて、とても素敵な現場でした。サイレントであるという部分は、今思い返すと貴重な体験だったし、たまたま今僕がすごくセリフが多い役をやっているので、『エンジェルサイン』を撮影していたときは幸せだったなと改めて思いました(笑)
松下奈緒、ディーン・フジオカ『エンジェルサイン』完成披露試写会 とコメントをすると、会場から笑いが起こった。

また劇中で松下さんがチェロを、ディーンさんがピアノを演奏しているが、松下さんはチェロの演奏について

松下さん:チェロは一番やってみたかった楽器で、女性のチェリストの方は素敵だなと思っていて、今回こうしたお話をいただけてすごく嬉しかったです。

と笑顔。ピアノを演奏したディーンさんは

ディーンさん:ピアニストの前でピアノを演奏するプレッシャーがすごかったです(笑)
松下奈緒、ディーン・フジオカ『エンジェルサイン』完成披露試写会 と撮影時の苦労を明かし、会場を沸かせました。

映画情報どっとこむ ralph そして本作の主題歌はDEAN FUJIOKAが作詞作曲を手掛けた楽曲「Chasing A Butterfly feat. Nao Matsushita」。

この楽曲に松下さんはピアノと歌で参加しており、イベントでは楽曲の収録時のエピソードにも華を咲かせた。

最後に、

松下さん:この作品を見て、言葉はなくても伝わることがあるということを感じていただけたらと思います。主題歌も楽しんで下さい。

とアピール。そして

ディーンさん:言葉のないサイレントの作品の良さを、是非皆さん言葉を使って表現をして下さい!

と締めくくり、イベントを締めました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『エンジェルサイン』

は、11月15日(金)よりユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて全国順次劇場公開。

『エンジェルサイン』ポスタービジュアル 世界108 の国と地域から寄せられた「サイレントマンガオーディション」作品6888 編の中から選び抜かれたアジア・ヨーロッパの受賞作品を実写化した映画『エンジェルサイン』。本作は、受賞作品の「別れと始まり」、「空への手紙」、「30 分30 秒」、「父の贈り物」、「故郷へ」の5 作品に、北条司が描き下ろしたオリジナルの「プロローグ」、「エピローグ」を加えて構成された長編オムニバス映画です。全編を通してセリフを用いず、映像と音楽のみでストーリーが展開していくため、言語や国境を超え、世界中の人が共感できる内容となっております。

5 作品の監督は世界各国で名を馳せるアジアの有名監督たちが担当し、5 作品をつなぐ重要な役割を果たす「プロローグ」、「エピローグ」では総監督を務める北条自らが初めてメガホンを取りました。本作『エンジェルサイン』の主演で「プロローグ」、「エピローグ」のキャストに松下奈緒とディーン・フジオカ、「別れと始まり」に緒形直人&菊池桃子、「父の贈り物」に佐藤二朗といった豪華なキャストが集結。

奇跡の訪れを告げるブルーバタフライと音楽が鍵を握る6 つの物語を通して、北条司がひとつの「愛のものがたり」を描き出します!

***********************************

配給:ノース・スターズ・ピクチャーズ
©「エンジェルサイン」製作委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松下奈緒、ディーン・フジオカをはじめ、北条司総監督も登壇『エンジェルサイン』舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph 北条司初総監督作品、実写映画『エンジェルサイン』を2019年11月15日(金)よりユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて劇場公開致します。

世界108の国と地域から寄せられた「サイレントマンガオーディション」作品6888編の中から選び抜かれたアジア・ヨーロッパの受賞作品を実写化した映画『エンジェルサイン』。

本作は、受賞作品の「別れと始まり」、「空への手紙」、「30分30秒」、「父の贈り物」、「故郷へ」の5作品に、北条司が描き下ろしたオリジナルの「プロローグ」、「エピローグ」を加えて構成された長編オムニバス映画です。

全編を通してセリフを用いず、映像と音楽のみでストーリーが展開していくため、言語や国境を超え、世界中の人が共感できる内容となっております。5作品の監督は世界各国で名を馳せるアジアの有名監督たちが担当し、5作品をつなぐ重要な役割を果たす「プロローグ」、「エピローグ」では総監督を務める北条自らが初めてメガホンを取りました。

本作『エンジェルサイン』の主演で「プロローグ」、「エピローグ」のキャストに松下奈緒とディーン・フジオカ、「別れと始まり」に緒形直人&菊池桃子、「父の贈り物」に佐藤二朗といった豪華なキャストが集結。

奇跡の訪れを告げるブルーバタフライと音楽が鍵を握る6つの物語を通して、北条司がひとつの「愛のものがたり」を描き出します!

映画情報どっとこむ ralph 映画『エンジェルサイン』舞台挨拶 概要

■11月16日(土)舞台挨拶
【日時】 2019年11月16日(土)①16:00~(上映後舞台挨拶) ②19:00~(上映前舞台挨拶)
【会場】 ユナイテッド・シネマ豊洲
【登壇者】 松下奈緒(アイカ役)、ディーン・フジオカ(タカヤ役)

■11月17日(日)舞台挨拶
【日時】 2019年11月17日(日)16:30~(上映後舞台挨拶)
【会場】 ユナイテッド・シネマ豊洲
【登壇者】 北条司(総監督/「プロローグ」&「エピローグ」監督)
      堀江信彦(企画/株式会社 ノース・スターズ・ピクチャーズ 代表取締役)

■チケット販売情報
【料金】 2,000円(税込)
※別途手数料あり

チケット購入URL:
https://l-tike.com/angelsign

映画情報どっとこむ ralph ★さらに、映画『エンジェルサイン』の劇場公開に先駆け、特別映像も公開!
本作がどのように制作されたのかという舞台裏を垣間見ることができる特別映像を公開致します。
本作を制作するにあたり、まず制作されたのは絵コンテ。絵コンテは、総監督を務めた北条司をはじめ、富沢順、次原隆二という日本を代表する漫画家によって手掛けられました。
そして次に、映像化する上でイメージをより具体化するためのVコンテを制作。
公開された映像では、「プロローグ&エピローグ」、「空への手紙」、「別れと始まり」を例にあげ、Vコンテと本編の映像を比較できるようになっています。特に北条司によって描き下ろされた絵コンテとVコンテは必見です。



映画情報どっとこむ ralph エンジェルサイン

11月15日(金)よりユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて劇場公開!

公式サイト
https://angelsign.jp

公式twitter
@AngelSignMovie

『エンジェルサイン』ポスタービジュアル
***********************************

企画 堀江信彦
総監督 北条司
監督 北条司/落合 賢/ノンスィー・ニミブット/ハム・トラン/旭 正嗣/カミラ・アンディニ
出演キャスト 松下奈緒 ディーン・フジオカ/緒形直人 菊池桃子/佐藤二朗
プレオパン・パンイム ピポッブ・カモンケットソーポン ブンイン・インルアン
ゴー・クアン・トゥアン スアン・ヴァン
坂井彩香 ニーンナラ・ブンビティパイシット メカトロウィーゴ
トゥク・リフヌ・ウィカナ アビゲイル 吉田美佳子
主題歌 DEAN FUJIOKA「Chasing A Butterfly feat. Nao Matsushita」(A-Sketch)
製作 「エンジェルサイン」製作委員会
配給 ノース・スターズ・ピクチャーズ
上映劇場 ユナイテッド・シネマ豊洲 ほか
公開日 2019年11月15日(⾦)
上映分数 105分
©「エンジェルサイン」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『エンジェルサイン』緒形直人、菊池桃子らがロケ地、「第3回 熊本国際漫画祭 舞台挨拶」でトークショーを開催!


映画情報どっとこむ ralph 北条司初総監督作品、実写映画『エンジェルサイン』を2019年11月15日金より、ユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて劇場公開致します。
世界108の国と地域から寄せられた「サイレントマンガオーディション」作品6888編の中から選び抜かれたアジア・ヨーロッパの受賞作品を実写化した映画『エンジェルサイン』。本作は、受賞作品の「別れと始まり」、「空へ」、「30分30秒」、「父の贈り物」、「故郷へ」の5作品に、北条司が描き下ろしたオリジナルの「プロローグ」、「エピローグ」を加えて構成された長編オムニバス映画です。全編を通してセリフを用いず、映像と音楽のみでストーリーが展開していくため、言語や国境を超え、世界中の人が共感できる内容となっております。
エンジェルサイン熊本・南阿蘇 この度、10月5日(土)に「第3回熊本国際漫画祭」内で行われ、スペシャルトークショーには、本作のエピソード「別れと始まり」に出演した、緒形直人、菊池桃子、落合賢監督と北条司『エンジェルサイン』総監督、堀江信彦『エンジェルサイン』企画株式会社ノース・スターズ・ピクチャーズ代表取締役が登壇しました。

映画『エンジェルサイン』
第3回熊本国際漫画祭舞台挨拶
場所:鶴屋百貨店熊本県熊本市
登壇:
直人緒形、菊池桃子、落合賢、北条司、堀江信彦

映画情報どっとこむ ralph このトークショーは熊本復興支援を目的に、10月2日水から6日日にかけて開催された第3回熊本国際漫画祭のチャリティーイベントとして、『エンジェルサイン』先行試写会とともに企画されたもの。この5日間で協力いただいた募金は、映画の製作委員会より、ロケ地となった南阿蘇鉄道に寄付される。

「別れと始まり」で台詞のない難役に取り組んだ緒形さんと菊池さんは、共演について
「初共演から30年近く、何度かご一緒してきた仲。これまでもおたがい惹かれ合う役が多かったので、今回も阿吽の呼吸で夫婦役を演じられました」と目を合わせて笑顔。緒形さんは、自身の演技の原点にはテレビドラマ「北の国から」や映画『優駿ORACION』で受けた杉田成道監督の教えがあると語る。それは、演技は心を伝えるものであり、たとえ台詞がなくても表現し伝えなければならないというもの。「それがあったから、今回の台詞のない役も引き受けようと思った」とコメントした。また、今回の演技の参考になったものとして、良寛和尚の書で見たという言葉「君看双眼色(きみみよそうがんのいろ不語似無憂(かたらざればうれいなきににたり)」を引用し、「瞳だけで心を伝える、大げさではない演技をイメージしていた」と演技する上で意識したというポイントも明かした。
一方、菊池さんの出演理由は、新しいことに取り組む意欲と喜びと語り、「キャリアを重ねるほど新たなチャレンジをする機会は減るため、今回の役は貴重と思い引き受けた」とコメントした。偶然にも、ロケ地となった阿蘇白川駅にあるカフェは、かつてこのお店のドキュメンタリー番組が製作された際、菊池がナレーションを担当したそうで、この駅で実際にカフェを営む、緒形さんと菊池さんのモデルとなったご夫婦からおもてなしを受けるなど交流があり、そのことも役作りの参考にしたと明かした。
エンジェルサイン熊本・南阿蘇 (2) 落合監督は、「堀江社長からこの映画のお話をうかがい、舞台となる南阿蘇の風景を観にすぐに熊本に飛びました」とオファーを振り返る。オムニバス映画の一編のため、全体の流れに沿うよう、「北条総監督とのコミュニケーションを密に取りながら撮りました」と制作を振り返った。
エンジェルサイン熊本・南阿蘇 (2)
最後に
この映画を企画・立案した堀江さんは、「誰にでも、かけがえのないものを失ったことがあるはず。そんな人に観てほしい」と語る。それを受けて北条総監督は、「生があって死がある。死があって生がある。そうやって命が受け継がれていく感覚。それを表現できればと思いながら撮りました」と映画に込めた想いを語った。

映画情報どっとこむ ralph 映画『エンジェルサイン』は、11月15日金よりユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて全国順次公開。

公式サイト
https://angelsign.jp

公式twitter
@AngelSignMovie

『エンジェルサイン』ポスタービジュアル 5作品の監督は世界各国で名を馳せるアジアの有名監督たちが担当し、5作品をつなぐ重要な役割を果たす「プロローグ」、「エピローグ」では総監督を務める北条自らが初めてメガホンを取りました。本作『エンジェルサイン』の主演で「プロローグ」、「エピローグ」のキャストに松下奈緒とディーン・フジオカ、「別れと始まり」に緒形直人菊池桃子、「父の贈り物」に佐藤二朗といった豪華なキャストが集結。奇跡の訪れを告げるブルーバタフライと音楽が鍵を握る6つの物語を通して、北条司がひとつの「愛のものがたり」を描き出します!

***********************************

配給:ノース・スターズ・ピクチャーズ
©「エンジェルサイン」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ