「坂道のアポロン」タグアーカイブ

綾戸智恵、金言連発!三木孝浩監督の手腕を絶賛『坂道のアポロン』面白トークショー


映画情報どっとこむ ralph 単独初主演となる知念侑李、共演に中川大志、小松菜奈を迎え、三木孝浩監督がメガホンを取り映画化した『坂道のアポロン』、2018年3月10日(土)に全国公開となります。

そして、この度本作の公開を記念して、ジャズ・シンガーの綾戸智恵さんと三木孝浩監督のトークショー付き試写会が行われ、金言連発!映画絶賛!綾戸智恵さんマシンガン面白トークの30分でした!

『坂道のアポロン』綾戸智恵&三木孝浩監督トークショー
日時:2月11日(日)
場所:アスミック・エース試写室
登壇:綾戸智恵、三木孝浩監督

映画情報どっとこむ ralph 元気に走って登場する綾戸さん!
綾戸さん:毎度!うちの千太郎(中川大志)がお世話になっております!お母んみたいでっしゃろ!とにかく青春映画にジャズ使っていただいて、嬉しかったです。好きなシーンはおっちゃんにピアノ教えてもろうてるところ。あそこ私と一緒。中村八大っておっちゃんにね。JAZZ始めたころ思い出したわ!

と、話す綾戸さん。実は監督もこのシーンがお気に入り。
三木監督:青春映画でJAZZ扱ってる映画って少ないですよね。音楽の楽しい部分。初期衝動が伝わるジャンルだなと思ったんです。一緒にやって楽しい。

と話す監督に

綾戸さん:そう!嬉しい!日本ではすぐ学校何処?とか素性をすぐ聞く。違うがな、おもろくするためやってる。難しいこと言われても・・ね。誰に憧れてるとかもね、いいですけど。たぶん彼らに聞けばおっちゃんていうんじゃないかなと。ええ映画やわ。

実は綾戸さんのバンドのベーシストが本作の音楽担当もしているそう。

監督:全部のJAZZアレンジや構成もやっていただいていて。

綾戸さん:あれがいるから私のCDがJAZZの棚にあるんです!いなかったら、ただの歌のおもろいおばはんやから!(笑)

と、会場を沸かせます。
映画情報どっとこむ ralph そして、本作に関し
綾戸さん:題材は音楽ですが若い人が出会う、人、時間、事件。ようあんたみたいな若人ができたわ。ちゃんと監督してるね。

監督:若い役者が頑張ってくれて、知念君と中川君が映画だと決まった動きをしなくてはいけないので、アドリブ演奏に見えて、音源にあてる。難しいことをやってくれているんです。

と、二人の若い役者を誉めます。すると、

綾戸さん:この二人が太陽とお月さんで、素晴らしい!で、マドンナが一人。できすぎやないか!

監督:原作が素敵なんです。

と、謙遜気味の監督。

映画情報どっとこむ ralph 二人の演奏シーンについて聞かれると、
綾戸さん:わからん!旨い!演奏の難しいとこはわからん。演奏はお客さんが評価するもの。お客さんが拾うてくれる。なんやったら3000円払って家に持って帰ってあげる!ってCD買うてくれる。(笑)そういうもの。

監督:演者が楽しんでることが、聞き手を楽しくしてくれるんですね。

綾戸さん:自立するということは誰かと一緒に過ごせるかということと。と母に言われまして。ひとりじゃないことを証明していくことが自立と言うこと。人と係る。そういうことがこの映画にある。一生の友情だと思う!この青いセリフもね。最高。いい映画だったわ。キャスティングも。

監督:本当にそれがテーマですね。音楽を通して人を作っていく。自立していくことですね。

綾戸さん:青春、後悔、生き死に、2時間弱に全部詰まってる。あんた詰め物上手やなー

監督:ありがとうございます。ジャズの敷居が低いことがわかるきっかけになってくれればと思います。
映画情報どっとこむ ralph 綾戸さん:(中川)千太郎、哀愁のあるええ役者やね。ジェームスディーンみたい。

監督:そうジェームスディーンやリバーフェニックスをイメージしていて、スタンドバイミーの感じでってプロデューサーにも言われていたんです。そして、あの時代の佐世保のエネルギーが、面白かったですね。

最後に・・・

綾戸さん:細かいところよりストーリに飲み込まれる映画。監督の人間性が出てるんとちゃいますか?すべてのキャラクターが上手に利用する多意味のある、すべての事柄が人生感につながる素敵な映画です。

面白いイベントとなりました!

坂道のアポロン
2018年3月10日(土)全国ロードショー

公式サイト:
http://www.apollon-movie.com/
公式twitter :
@apollonmovie
***********************************

出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀 ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩
脚本:髙橋泉

原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館


映画「坂道のアポロン」がデックス東京ビーチとタイアップキャンペーン


映画情報どっとこむ ralph 東京・お台場の商業施設「デックス東京ビーチ」では、映画『坂道のアポロン』の公開に合わせて「デックス東京ビーチ×映画『坂道のアポロン』公開記念タイアップキャンペーン」を、2018年2月17日(土)から3月23日(金)まで実施します。
今回のキャンペーンは、小玉ユキ先生原作の、一生ものの友情と恋と音楽との出会いを描いた感動作『坂道のアポロン』(3月10日(土)全国ロードショー)の公開を記念して行われます。


デックス東京ビーチの通年点灯型イルミネーション「お台場イルミネーション“YAKEI”~映画『坂道のアポロン』Ver.~」の展開をはじめ、パネル&小道具展、映画前売り鑑賞券や映画オリジナルグッズ台本ノートが当たるプレゼントキャンペーンなどで映画の世界観をお楽しみいただけます。

映画情報どっとこむ ralph
映画の予告編の放映や、主題歌との連動演出も!
お台場イルミネーション“YAKEI”~映画『坂道のアポロン』Ver.~
デックス東京ビーチの通年点灯型イルミネーション「お台場イルミネーション“YAKEI”」が、「お台場イルミネーション“YAKEI”~映画『坂道のアポロン』Ver.~」として点灯します。

人の動きを感知し映像に反映する屋外体感型イルミネーション「ILLUSION DOME(イリュージョンドーム)」では、1時間に2回、映画の予告編を放映します。高さ約20メートルの「台場メモリアルツリー」を中心にした全長 約200mにわたる「樹木イルミネーション」では、約22万球の光による、小田和正さんの歌う映画主題歌「坂道を上って」と連動した限定演出が楽しめます。

◆点灯期間: 2018年2月17日(土)から3月23日(金)までの18:00から24:00
※変更となる場合があります

◆連動時間: 「樹木イルミネーション」18:00から21:30の間で、毎時00分・30分スタート
「イリュージョンドーム」18:00から21:30の間で、毎時15分・45分スタート
(予告編音声連動演出時以外は、通常の「アクアリウムVer.」となります)

◆場所:お台場海浜公園、デックス東京ビーチ3F シーサイドデッキ

映画の世界観を体験できる!パネル&小道具展開催
映画『坂道のアポロン』の世界観がお楽しみいただけるパネル&小道具展を、デックス広場にて開催します。
作品中で登場する実際に使用した小道具を間近で見ることができます。

◆期間:2018年2月17日(土)から3月23日(金)
◆開催時間:11:00から21:00
◆場所:シーサイドモール3F デックス広場


世界観を体験して応募しよう!プレゼントキャンペーン実施
ご来館いただいたお客様に抽選で映画『坂道のアポロン』前売り鑑賞券や映画オリジナルグッズ台本ノートが当たるプレゼントキャンペーンを実施します。
・前売り鑑賞券プレゼント
3Fデックス広場のスタンプ台に設置された応募用紙にスタンプを押して5Fレストラン広場へ向かうと、映画前売り券が抽選で1日30名様に当たるガラポン抽選会に参加できます。
◆期間:2018年2月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)
◆開催時間:11:00から21:00
◆場所:シーサイドモール5F レストラン広場

台本ノートプレゼント
応募用紙に必要事項を記入し5Fレストラン広場の応募箱に投函すると、抽選で50名様に映画オリジナルグッズ台本ノートをプレゼント。
◆期間:2018年2月17日(土)から3月23日(金)
◆開催時間:11:00から21:00
◆場所:シーサイドモール5F レストラン広場

■お台場をジャズで楽しもう!映画挿入曲などを演奏するジャズライブ開催
映画『坂道のアポロン』の作品中で演奏された曲目をはじめとしたジャズナンバーの数々を、ジャズアーティストが3Fシーサイドデッキで演奏します。東京タワー、レインボーブリッジなどが一望できる都内屈指のビュースポットを背景にしたジャズライブで週末のデックス東京ビーチを盛り上げます。

期間: 2018年3月10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)
開催時間: 14:00、16:00、1日2回開催(1回あたり約40分)
場所: シーサイドモール3F シーサイドデッキ

映画情報どっとこむ ralph そして!


友情に、恋に、かけがえのない青春の日々に、胸躍るセッションが交錯する10年間を描いた、今春必見の感動作。

坂道のアポロン

2018年3月10日(土) 全国ロードショー

公式サイト:
http://www.apollon-movie.com/ 
公式twitter :
@apollonmovie

ストーリー
医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず――


***********************************

知念侑李  中川大志  小松菜奈
真野 恵里菜 / 山下 容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀  ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩  
脚本:髙橋泉  
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝  
配給:東宝=アスミック・エース  
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント

(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館


中川大志、小松菜奈、ディーン・フジオカ、真野恵里菜『坂道のアポロン』場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 三木孝浩監督がメガホンを取り映画化 『坂道のアポロン』3月10日(土)に全国公開します。

主人公・西見薫(にしみかおる)を演じるのは、映画単独初主演となる知念侑李さん。
川渕千太郎(かわぶちせんたろう)役に中川大志さん、迎律子(むかえりつこ)役に小松菜奈さんを迎え、共演には、ディーン・フジオカさん、真野恵里菜さん、中村梅雀さん、山下容莉枝さん、ジャニーズJr./SixTONESの松村北斗さん、野間口徹さんら、実力派キャストが集結。

この度、本作の場面写真を一挙解禁。

今回解禁された場面写真、
律子と千太郎の制服姿。
律子の密かな片思いが甘酸っぱさを感じさせる千太郎とのツーショットや、

躍動感溢れる千太郎のドラム演奏シーン、
彼らが兄のように慕う桂木淳一(ディーン・フジオカ)、どこか物憂げな表情でたたずむ淳一の姿など、

千太郎が一目惚れする美女・深堀百合香(真野恵里菜)の視線の先には淳一(ディーン・フジオカ)
そして律子の父・勉(中村梅雀)が登場。

映画情報どっとこむ ralph 舞台は長崎県・佐世保。高校生の薫は、転校先の高校で、誰もが恐れる不良・千太郎と運命的な出会いを果たす。荒々しい千太郎に不思議と薫は惹かれていき、やがて音楽で絆を深めていく。ピアノとドラムでセッションし、二人を見守る千太郎の幼なじみの律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず、ある事件を境に、千太郎は二人の前から姿を消してしまい・・・。

友情に、恋に、かけがえのない青春の日々に、胸躍るセッションが交錯する10年間を描いた、今春必見の感動作が誕生しました。

坂道のアポロン

2018年3月10日(土) 全国ロードショー


公式サイト:
http://www.apollon-movie.com/ 
公式twitter :
@apollonmovie

ストーリー
医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず――

***********************************

知念侑李  中川大志  小松菜奈
真野 恵里菜 / 山下 容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀  ディーン・フジオカ

監督:三木孝浩  
脚本:髙橋泉  
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝  
配給:東宝=アスミック・エース  
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント

(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館


知念侑李×中川大志×小松菜奈 小田和正『坂道のアポロン』主題歌決定 予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!オンナ編」第1位に輝いた、名作コミック「坂道のアポロン」が、単独初主演となる知念侑李、共演に中川大志、小松菜奈を迎え、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督(『ホットロード』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)がメガホンを取り映画化、2018年3月10日(土)に全国公開いたします。
原作は、人気漫画家・小玉ユキにより「月刊flowers」(小学館)にて連載された伝説的コミック。

予告編では、主人公で転校生の薫(知念)と、皆から恐れられる不良の千太郎(中川)がジャズを通じて心を通わせ、一生ものの友と出会う。本作の為に、ピアノとドラムを数か月猛特訓した2人のセッションのシーン。そして、薫の律子(小松)への淡く、儚い片想いや千太郎との衝突。なにか大きな事件を感じさせる10年間が描かれています。


映画情報どっとこむ ralph さらに、本作の主題歌が小田和正「坂道を上って」(アリオラジャパン)に決定し、音源も解禁!古希を迎えてもなお、唯一無二の存在感で全世代に愛され続ける小田和正が本作のためだけに書き下ろした新曲です。作品に寄り添いながら、懐かしく、そして切なさが込み上げてくる、感涙必須な楽曲となっています。
主題歌楽曲情報
「坂道を上って」 
作詞・作曲・編曲:小田和正 (アリオラジャパン)

小田和正さんからのコメント
ボクの高校も海を見下ろす高台にあったので、やはり坂道を上って通っていました。中学高校と6年間。で、この曲を書きながらその頃のあれこれを思い出すことになりました。参考までにと見せてもらった「坂道のアポロン」は素晴らしく、特に演奏の場面はスタッフの音楽に拘る気持ちが伝わって驚くほどの仕上がりでした。自分の書く曲が映画制作に携わった人たち、見る人たちの想いに少しでもそうことが出来れば嬉しいです。  

映画情報どっとこむ ralph 解禁された本ポスターでは知念と中川らがセッションを楽しむ姿と共に、「運命を変えてしまう出会いがある― 必泣の感動作」というコピーが添えられ、セッションの高揚感と熱い人間ドラマを感じさせる渾身のビジュアルに仕上がっています。こちらは公式サイトをチェック!

映画情報どっとこむ ralph 坂道のアポロン

アニメ化でもその音楽シーンの完成度の高さなどで話題を呼んだ、人気漫画の待望の映画化となります。舞台は長崎県・佐世保。高校生の西見薫(にしみかおる)は、転校先の高校で、誰もが恐れる不良・千太郎(せんたろう)と、運命的な出会いを果たす。荒々しい千太郎に不思議と薫は惹かれていき、やがて音楽で絆を深めていく。ピアノとドラムでセッションし、二人を見守る千太郎の幼なじみの律子(りつこ)と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かなかった。ある事件を境に、千太郎は二人の前から姿を消してしまい・・・。

主演・薫を演じるのは、映画単独初主演となる知念侑李。千太郎役に中川大志、律子役に小松菜奈を迎え理想的なキャストの中、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督(『ホットロード』 『ぼくは明日、昨日の君とデートする』)がメガホンを取りました。
共演に、ディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀、山下容莉枝、ジャニーズJr./SixTONESの松村北斗、野間口徹ら、実力派キャストが集結。友情に、恋に、かけがえのない青春の日々に、胸躍るセッションが交錯する10年間を描いた、2018年春必見の感動作が誕生しました。

公式サイト:
http://www.apollon-movie.com/ 
公式twitter :
@apollonmovie

ストーリー
医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……。あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず・・・

***********************************

出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈 
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀 ディーン・フジオカ
監督:三木孝浩  脚本:髙橋泉  
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント 
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館
   


知念侑李 中川大志 小松菜奈「坂道のアポロン」特報解禁!2018年3月10日に全国公開


映画情報どっとこむ ralph この度、第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、2009年版「このマンガがすごい!オンナ編」第1位に輝いた、名作コミック「坂道のアポロン」を単独初主演となる知念侑李、共演に中川大志、小松菜奈を迎え、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督がメガホンを取り映画化、2018年3月10日(土)に全国公開することなりました。そして本日ついに、本編初出しとなる特報映像が解禁。
原作は、人気漫画家・小玉ユキにより「月刊flowers」(小学館)にて連載された伝説的コミック。

都会から長崎県・佐世保市へと引っ越してきた転校生で、うまく周囲に馴染めない主人公・西見薫を演じるのは、映画単独初主演となる、Hey! Say! JUMPの知念侑李。

そして、学校一の荒くれ者で、“札付きの不良”と恐れられながらも優しい心を持ち薫の一生ものの友達となっていくクラスメイト・川渕千太郎には、中川大志。

千太郎の幼馴染で町のレコード屋の娘、薫が想いを寄せながらも自身は千太郎に片思いしている心優しい女の子・迎律子には、小松菜奈。

共演に、ディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀ら実力派キャストが集結し、一生ものの友情と恋に出会ってもがきながら幸せを掴もうとする彼らの友情と恋に加え、音楽がまぶしく交錯する10年間を描いた、2018年春必見の感動青春ラブストーリーが誕生します。

映画情報どっとこむ ralph そして、本日ついに、本編初出しとなる特報映像が解禁。

特報では、主人公薫(知念)が、千太郎(中川)という友人を持ち、律子(小松)との恋をしながら変わっていく様子、そしてなにか大きな事件を感じさせる10年間が描かれています。また、特報で流れるジャズの名曲「いつか王子様が」は、劇中で知念・中川によってセッションされる楽曲の1曲。本作の為に、知念はピアノ、中川はドラムを数か月にわたり猛特訓した成果が表れています。新たなキャストとして、山下容莉枝(やましたよりえ)、ジャニーズJr.の松村北斗(まつむらほくと)、野間口徹(のまぐちとおる)らの出演情報も解禁となりました。

ジャニーズさんなので公式HPで確認して!
http://www.apollon-movie.com/

ストーリー
医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。
二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かなかった。ある日突然、千太郎は二人の前から姿を消してしまい。

***********************************

出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈
真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
中村梅雀 ディーン・フジオカ
監督:三木孝浩 脚本:髙橋泉 原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント
(C)2018 小玉ユキ・小学館/映画『坂道のアポロン』製作委員会