「坂本美雨」タグアーカイブ

『いろとりどりの親子』レイチェル・ドレッツィン監督×坂本美雨トークイベント


映画情報どっとこむ ralph この度、全米批評家協会賞や、ニューヨークタイムズ紙のベストブックに選ばれ、世界24か国語に翻訳され大ベストセラーとなった、アンドリュー・ソロモン著「FAR FROM THE TREE」を原作にしたドキュメンタリー映画『いろとりどりの親子』を11月17日(土)新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開いたします。

このたび、本作の公開にあわせて初来日したレイチェル・ドレッツィン監督と、ミュージシャンであり、「#こどものいのちはこどものもの」では児童虐待撲滅の声をあげ、本作に向けて応援コメントも寄せられている坂本美雨さんをお招きしたトークイベントを行いました。

日程:11月8日(木)トークイベント
場所:ユーロライブ
登壇:レイチェル・ドレッツィン監督、坂本美雨さん(ミュージシャン)

映画情報どっとこむ ralph 大勢のお客様に拍手で迎えられ登壇したレイチェル・ドレッツィン監督と坂本美雨さん。はじめに

監督:日本に来られたこと、そして、日本の皆さんに観ていただくのをとても楽しみにしています。よろしくお願い致します。

と挨拶した監督。

坂本さん:わたしが何故ここにいるかというと、この映画のファンだからです。2ヶ月ほど前に、お友達のインスタグラムにこの映画について書いてあり、観たいと思いました。その方にすぐ「観たい!」と連絡し、いち早く観せていただきました。

と続けて挨拶し、和やかなムードでトークイベントが始まりました。

映画についての感想を聞かれた

坂本さん:“これは、日本の一人でも多くの人に見てもらわなくてはいけない”と、使命感のようなものを感じて、勝手に広報活動をしています。(笑)

と、作品に魅了されたと話した。さらに、ライブでのチラシ配布、パーソナリティを務めるラジオ番組での紹介など、本作を意欲的に応援する理由を
坂本さん:私には3歳の娘がいて子育てに奮闘中なのですが、子育ては、もう一度自分を見つめ直して、向き合い続けることだと思うんです。自分とは全く別の人間である子どもと知り合っていくプロセスによって、写し鏡のように自分のことも教えられる。子どもを自分の分身のように思う人もいるけれど、私は完全に“違う”人間だと感じていて、まさしくそのことがこの映画では描かれていました。映画では否が応でも“違い”をつき突きつけられている親子達がモデルになっているけれど、身近な例はどんな人にも、どんな家庭にも、どんな親子にもあるんじゃないかと思いました。

とコメント。これをうけて

監督:大きなハートを持っているからこそ、この映画にここまで反応してくれているんだと思います。映画のサポートをしてくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。

と笑顔で返し、3児の母でもある監督は

監督:子育てというのは、ある種のアートだと思います。皆やり方も違って、それぞれが学びながら、子どもを育てていくものなのではないでしょうか。今回登場する親は、自分の想像とは違った形で産まれてきた子どもたちを前に、手探りでその方法を見つけていきます。この作品自体が私達全員に対して、“子育てとは何なのか?”ということのメタファーになっているようにも思います。私も子育てを始めてから、随分と変化がありました。最初の頃は“自分が子どもたちを形作っていくんだ”“影響を与えていくんだ”と意気込んでいましたが、歳を重ねるにつれて“彼らは自分たちの道を歩いているから、それを尊重しなくては”と思うようになりました。今、自分が親としてできることは逆に一歩下がって見守り、あるがままの姿の彼らを祝福し、受け入れることではないかなと思います。

と話しました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

監督:この作品はエモーショナルであると同時に政治的、時事的な側面も持っています。ご存知のようにアメリカでは色々な葛藤が起きていて、その核心にあるのは社会がこれからどのくらい包括的でありたいのか、どのくらい多様性を持つ社会にしたいのかということだと思います。日本での滞在は数日ですが色々な方からお話を聞いて、様々な問題に向き合っているんだなと感じました。何が「同じ」で何が「違う」のか、そのふたつの関係性はどうあったら良いのか、何が「普通」で何が「普通じゃない」のか、誰がそれを決めるのか、何かに属することはどういうことなのか、それらを問いかけている作品だと思います。

とメッセージを送った。

坂本さん:「FAR FROM THE TREE」という原題もすごく重要だと思っています。「りんごの木の実はそんなに遠くには落ちない」ということわざを逆説的にとったもので、「遠くにも落ちる場合もあるよ」という意味合いのタイトルだけれど、「“遠くに落ちた理由”の責任は親にあるわけじゃない」というのも大きなメッセージのひとつだと思いますね。日本の文化では“子どもが何かしたら親のせい”というのがあると思います。映画では先天的に障がいがある場合も、また後天的に子どもが何かしてしまったという親子もでてきます。その全ての原因が親にあるわけじゃないということを、多くの人に知ってほしいですね。

と作品への想いを語り、イベントを終了しました。


『いろとりどりの親子』

物語・・・
10年の歳月をかけて、300におよぶ親子を取材した、作家アンドリュー・ソロモン。親や周りとは“違う”性質を持った子どもを持つ親子たちのインタビューをまとめた「FAR FROM THE TREE: Parents, Children and the Search for Identity」は、世界24カ国で翻訳され、数々の文学賞を受賞した。この書籍をもとに、エミー賞受賞の、レイチェル・ドレッツィン監督が映画化。さまざまな“違い”を抱えた6組の親子の、戸惑いや、親から子への愛情、ありのままをアイデンティティとして受け入れていく姿を見つめるドキュメンタリー。

***********************************

監督:レイチェル・ドレッツィン 
原作:アンドリュー・ソロモン著「FAR FROM THE TREE Parents, Children and the Search for Identity」
音楽:ヨ・ラ・テンゴ、ニコ・ミューリー
2018年/アメリカ/英語/93分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/原題:Far from the Tree/日本語字幕:髙内朝子
東京都推奨映画 文部科学省特別選定(青年、成人、家庭向き) 文部科学省選定(少年向き)
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
©︎2017 FAR FROM THE TREE, LLC


SSFF & ASIA2018コンペ部門審査員に三池崇史監督、本仮屋ユイカ他が決定!


映画情報どっとこむ ralph 今年20周年を迎える米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (略称:SSFF & ASIA)は、アカデミー賞につながるグランプリを選出する「オフィシャルコンペティション」、地球環境問題をテーマにした「地球を救え!部門supported by リンレイ」の審査員が決定しました。アカデミー賞につながるグランプリ=ジョージ・ルーカスアワードを決定する「オフィシャルコンペティション」の審査員は、リンダ・カンポス・オルシェウスキさん、千葉真一さん、三池崇史さん、本仮屋ユイカさん、モーリー・ロバートソンさん、の5名。「地球を救え!部門supported by リンレイ」の審査員には、坂本美雨さん、関口宏さん、東儀秀樹さん、の3名が就任しました。


インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門の3部門からなる「オフィシャルコンペティション」の審査員は、リンダ・カンポス・オルシェウスキさん、千葉真一さん、三池崇史さん、本仮屋ユイカさん、モーリー・ロバートソンさん、の5名(50音順)。同審査員は、各部門より優秀賞を選出し、その中からグランプリとなるジョージ・ルーカスアワード1作品を選出。

ジョージ・ルーカスアワード授賞作品は、次年度(2019年度)の米国アカデミー賞短編部門のノミネート選考対象作品となります。各優秀賞およびジョージ・ルーカスアワードは6月17日(日)に明治神宮会館にて開催されるアワードセレモニーにて発表します。

また、「地球を救え!部門supported by リンレイ」の審査員には、坂本美雨さん、関口宏さん、東儀秀樹さん、の3名が就任。3名は、6月4日(月)に渋谷ヒカリエ ホールにて開催されるオープニングセレモニーに登壇を予定しており、優秀賞(環境大臣賞)1作品を発表します。

映画情報どっとこむ ralph 【オフィシャルコンペティション 審査員 】
※五十音順、敬称略 6月17日(日)のアワードセレモニーに登壇予定です。

左から :リンダ・カンポス・オルシェウスキ(映画芸術科学アカデミー短編映画/長編アニメーション選考メンバー)、千葉真一(俳優・映画監督)、三池 崇史(映画監督)、本仮屋 ユイカ(女優)、モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト・ミュージシャン)


リンダ・カンポス・オルシェウスキ

(映画芸術科学アカデミー短編映画/長編アニメーション選考メンバー )

アカデミー賞ノミネート作品を含むショートフィルムを扱うShortsTVが2006年に創設され、オスカーショートのリリースに深く関わる人物として世界的に知られている。ショートフィルムやドキュメンタリー作品、個人で活動するフィルムメイカーに対する彼女の熱意、そして自らが審査員となり無名な国際映画祭を広めようとする情熱によって彼女はフィルムメイカーを映画祭や配給などを使い手助けする手段を導き出した。近年、彼女は副業としてMOVIES THAT MATTERを立ち上げ、フィルムメイカーたちに、どうしたら”良い”作品が”素晴らしい”作品になるのかを伝えるため映画祭でワークショップを開いている。 2016年にチリ史上初のアカデミー賞最優秀短編アニメーション賞を受賞した『BEAR STORY』のプロジェクトチーム、PunkRobot Teamも彼女がサポートしたうちの一組だった。今年に入ってからは、彼女は『THE ELEVEN O’CLOCK』や『MY NEPHEW EMMETT』といったノミネート作品や、ショートリスト入りを果たした『RISE OF A ATAR』、『ICEBOX』、『WITNESSES』、去年は『ENEMY WITHIN』、『SILENT NIGHTS』、『BORROWED TIME』やショートリスト入りした『THE RIFLE THE JACKAL THE WOLF AND THE BOY』など彼女がサポートした作品は数多い。彼女は写真家でもあり、ショートフィルムの世界や彼女が出会うすべての人を写真に収める。


千葉 真一(映画俳優)

昭和を代表する映画俳優。出演作品は1500本以上を記録し、サミュエル・L・ジャクソンやキアヌ・リーブスなど、ハリウッド映画界にもファンが多い。2003年、友人でもあるクエンティン・タランティーノ監督のアメリカ映画『キル・ビル』シリーズに出演。ジャクソンやタランティーノ監督は映画の演出に千葉の影響をうけているといわれている。他の実績として、1970年、アメリカ映画で活躍するような俳優・スタントマンの育成、若年層の教育に関心を持っていたことから、ジャパンアクションクラブ (JAC) を設立。主な門下生に真田広之、伊原剛志、堤真一などが名を連ねた。


三池 崇史(映画監督)

1960年生まれ。大阪府八尾市出身。米国アカデミー会員。横浜放送映画専門学院卒業後、テレビドラマ『闇を斬れ』『ハングマン』等といった作品の助監督を担当。一方で野田幸男、恩地日出夫、今村昌平らの映画作品に従事。監督デビュー作は、1991年のOV『突風!ミニパト隊/アイキャッチ・ジャンクション』。1995年には『第三の極道』で劇場映画監督デビューを果たす。代表作は「オーディション」(00)、「クローズZERO」シリーズ(07/09)、「悪の教典」(12)、「土竜の唄」シリーズ(14/16)等。


本仮屋 ユイカ(女優)

1987年9月8日生まれ。東京都出身。2001年に『3年B組金八先生』(TBS)で注目され、2005年にはNHK連続テレビ小説『ファイト』(NHK)でヒロインを演じた。主な出演作は映画『スウィングガールズ』(04)、『ワイルド7』(11)、『僕等がいた』(12)、『ピーチガール』(17)、ドラマ『そこをなんとか』(12、,『民王』(15)、『さくらの親子丼』(17)など。またTBS系『王様のブランチ』では

MCも務めた他、バラエティ番組や舞台、ナレーション等広い分野で活動している。


モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト・ミュージシャン)

ニューヨーク州で生まれ。広島県広島市・富山県高岡市にて青春時代を過ごす。日米双方の教育を受け、1981年に東京大学に日本語受験をした初めての外国人として現役合格。1988年ハーバード大学(電子音楽専攻)卒業。現在はNTV「スッキリ」、KTV「報道ランナー」、スカパー!「水曜日のニュース・ロバートソン」などの報道番組にレギュラー出演しながら、クイズ番組・バラエティ番組へも数多く出演する一方、ミュージシャン・クラブDJとして活動中。代表著書には「挑発的ニッポン革命論〜煽動の時代を生き抜け〜」(集英社)、

「悪くあれ!窒息ニッポン、自由に生きる思考法」(スモール出版)がある。

映画情報どっとこむ ralph 【地球を救え!部門 supported by リンレイ審査員】

※五十音順、敬称略 6月4日(月)のオープニングセレモニーに登壇予定です。

左から:坂本 美雨(ミュージシャン)、関口 宏(司会者)、東儀 秀樹(雅楽師)
(c)Ayako Yamamoto

坂本 美雨(ミュージシャン)

1997年1月、Ryuichi Sakamoto featuring Sister M名義で 「The Other Side Of Love」を歌いデビュー。最新アルバムは、2016年12月にリリースした、聖歌隊CANTUSとタッグを組んだ、「Sing with me Ⅱ」(坂本美雨 with CANTUS名義)。また、シンガーソングライターのおおはた雄一さんとのユニット「おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)」として、全国様々なフェスなどに出演したり、大ファンだった小室哲哉さんとは日本だけでなく台湾、上海などでもライブをする等活躍中。音楽活動に加え、2011年より、TOKYO FMを始め全国ネットのラジオ番組「ディアフレンズ」のパーソナリティを担当中。また、2014年初の著書「ネコの吸い方」を刊行、大きな話題となるなど、マルチに活躍中。2015年第1子出産、仕事と育児と奮闘中。


関口 宏(司会者)

昭和18年東京生まれ。立教大学卒業。昭和38年にNET「お嬢さんカンパイ」でデビュー。俳優と同時に、「スター千一夜」「クイズ100人に聞きました」などで、司会者としても活躍。現在TBS系列「サンデーモーニング」など。

東儀 秀樹(雅楽師)

1959年東京生まれ。東儀家は、奈良時代から今日まで1300年間雅楽を世襲してきた楽家。父の仕事の関係で幼少期を海外で過ごし、ロック、クラッシック、ジャズ等あらゆるジャンルの音楽を吸収しながら成長した。宮内庁楽部在籍中は、篳篥(ひちりき)を主に、琵琶、太鼓類、歌、舞、チェロを担当。宮中儀式や皇居での雅楽演奏会などに出演する他、海外での公演にも参加、日本の伝統文化の紹介と国際親善の役割の一翼を担ってきた。現在は、他ジャンルの音楽家とのコラボレーションで海外や日本でツアーを開催するなど、雅楽器の持ち味を生かした独自の表現に情熱を傾ける。CD「日本の歌」「世界の歌」「Hichiriki Café」など。

***********************************



ナオトひとりっきり公開記念、劇場イベントが続々決定


4月18日(土)より新宿K’s cinemaにて公開のドキュメンタリー映画

ナオトひとりっきり Alone in Fukushima」。

原発事故による全町避難により無人地帯となった福島県富岡町にひとり残り、同じく取り残されたいきものたちと暮らす松村直登さんの暮らしと、生まれ死にゆく命のサイクル、巡る季節を追ったドキュメンタリーです。

今回その劇場公開を記念し、「主人公」松村直登さんも初日舞台挨拶に登場することが決定!
そのほか劇場にて行なわれるトークイベントも豪華ゲストが決定です。

ナオトひとりきり
◆映画「ナオトひとりっきり Alone in Fukushima」劇場イベント
【K’s cinema劇場公開イベント日程】

4月18日(土) 初日舞台挨拶 
松村直登さん(NPOがんばる福島)、中村真夕監督
4月19日(日) トークショー 
大場久美子さん(女優)、中村真夕監督
4月25日(土) トークショー 
坂本美雨さん(ミュージシャン)、中村真夕監督
4月29日(水) トークショー 
鎌仲ひとみさん(映画「ちいさき声のカノン」監督)、中村真夕監督

なお、劇場公開前に荻窪のブックカフェ『6次元』にて本作の主題歌「道行」を歌うシンガーソングライター寺尾紗穂さんと中村真夕監督によるトークイベントが決定。当日は、寺尾さんがアカペラで「道行」を歌うことも発表されてます。

ナオトひとりきり1
◆映画「ナオトひとりっきり Alone in Fukushima」公開記念イベント

日時:4月14日(火)20:00より(19:30開場)
ゲスト:寺尾紗穂さん(シンガーソングライター)、中村真夕監督
参加費:2000円(「ナオトひとりっきり」劇場で使用できる前売チケット付き)
予約方法:①氏名、②参加人数、③連絡先を明記の上、aloneinfukushima@yahoo.co.jpまでメールください。
場所:6次元 ロクジゲン 
住所 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-10-3-2F 電話 03-3393-3539 http://www.6jigen.com
アクセス:JR荻窪(Ogikubo)駅の西口改札を出て、右側の階段をおりる→マクドナルドの横を進み、突き当たりの薬局「ドラッグストア セガミ」を左へ→「なごみの湯 湯~とぴあ」を左手に見ながら、2分ほどまっすぐ歩く→右手に白山神社があらわれるので、道路を挟んだ斜め向かいをみる→「ラーメン菊池」の隣の階段を上がった2Fが6次元です。

ナオトひとりきり2
◆映画へ寄せて コメント続々到着!

「尋常ではない出来事に、尋常に対処する男の日々、そこにはほのかな明るさがある。希望も多分そういうところにひそんでいる」(谷川俊太郎、詩人)

著名人からの本作へのコメントが続々到着している。詩人の谷川俊太郎氏、音楽評論家のピーター・バラカン氏、グループ魂メンバーで福島県いわき市出身の富澤タク氏、一水会最高顧問の鈴木邦男氏、写真家の川内倫子氏、そしてナオトさんとも交流のある内閣総理大臣夫人・安倍昭恵さんら様々なジャンルの著名人からコメントが寄せられ、公開されてます。

公式HPにて→http://aloneinfukushima.com


4月18日(土)より新宿K’s cinemaにて公開 連日朝10:00より


ナオトひとりきり3ドキュメンタリー映画「ナオトひとりっきり Alone in Fukushima」

ダチョウ、牛、猫、犬、イノブタ、ポニー、そして男がひとり。緑は生い茂り、いきものたちがのびのびと暮らしている。

ナオトひとりきり4ここは福島第一原発から12キロにある福島県富岡町。原発事故による全町避難で無人地帯になった。高度経済成長の裏側で、カネに翻弄される人生を送ってきた松村直登・55才は、目に見えない放射能のリスクの中、町に残されたいきものたちとようやく自分の居場所を見つけた。

季節はめぐり、いのちが生まれ、また消えて行く。地図から消されようとしている町に息づくいのちを一年近く見つめ続けたドキュメンタリー。

監督は、「ハリヨの夏」(06)、「孤独なツバメたち〜デカセギの子どもに生まれて」(12)など、運命に翻弄されながらも、自分の居場所を探し求める人々を描いてきた中村真夕。放射能汚染された町のなかで、穢れなきいのちを見つめ、本当の幸せとは何かを問う。

********************************************************************