「坂井真紀」タグアーカイブ

クライマックス・・こんなことしちゃダメ!『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「大人計画」の主宰・松尾スズキが監督・脚本・主演を務めた映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』が10月25日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷 ほか全国公開いたしました。

昨年活動30周年という節目を迎え、作家、演出家、映画監督、俳優など多岐にわたって活動を続けてきた松尾スズキが自ら“到達点”と語っており、注目を集めていた本作。愛妻がSNSに投稿した浮気写真と、その投稿についた108もの”いいね!”を見て激怒した主人公が、「全財産を使って”いいね!”の数だけ女を抱く」という、あまりにバカバカしい計画を思いつくという物語。常軌を逸したドタバタぶりに爆笑が巻き起こっている本作ですが、公開を迎え10月26日(土)に、松尾スズキさん、中山美穂さん、秋山菜津子さん、岩井秀人さん、坂井真紀さん、栗原類さん、LiLiCoさんが登壇する公開記念イベントが行われました。
『108~海馬五郎の復讐と冒険~』公開記念舞台挨拶 『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』公開記念舞台挨拶
日程:10月26日(土)
場所: TOHOシネマズ 日比谷
登壇:松尾スズキ、中山美穂、秋山菜津子、岩井秀人、坂井真紀、栗原類、LiLiCo

本作は、R18指定です。18歳以上方のみの閲覧でお願いします。
続きを読む クライマックス・・こんなことしちゃダメ!『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』公開記念舞台挨拶




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

新津ちせ、ベテラン俳優からの絶賛に 「本当に嬉しい」、『駅までの道をおしえて』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2004年に公開された『機関車先生』以来、15年ぶりとなる伊集院静原作の映画化作品『駅までの道をおしえて』が全国公開。

直木賞作家・伊集院静の傑作短編を映画化した『駅までの道をおしえて』のキャスト・スタッフが、公開記念舞台挨拶に登壇。

子どもたちの間で絶大な人気を誇る楽曲「パプリカ」を歌うユニット「Foorin」の最年少メンバーで、本作で実写映画初主演を務める新津ちせと、サヤカの両親を演じた坂井真紀と滝藤賢一、サヤカの祖父母役を演じた市毛良枝と塩見三省、監督を務めた橋本直樹監督が登場しクロストークを行った。
『駅までの道をおしえて』公開記念舞台挨拶s
『駅までの道をおしえて』公開記念舞台挨拶
日時:10月19日(土)
会場:新宿ピカデリー スクリーン3(東京都新宿3-15-15)
登壇:新津ちせ、坂井真紀、滝藤賢一、市毛良枝、塩見三省
橋本直樹監督、ルー(柴犬)
MC:伊藤さとり

映画情報どっとこむ ralph 上映後の舞台挨拶に登壇したキャスト・スタッフ陣。先陣を切って

新津さん;こんにちは!サヤカ役を演じました新津ちせです!本当に、本日はよろしくお願いします!

と礼儀正しく挨拶し会場からは歓声と拍手。
本日は映画の中の一家揃っての舞台挨拶となり、ベテラン俳優陣に囲まれた新津は少し緊張気味の様子。

そんな中お父さん役を演じた滝藤さんが

滝藤さん:こんにちは。マキタスポーツです!…って坂井さんに言えと言われました(笑)

と舞台挨拶に来れなかった共演者を名乗り、家長らしく場を和ませた。まず、本作での役作りについて聞かれ

滝藤さん:撮影に入る前に、坂井さんと新津さんと3人で過ごす時間をもらいました。その時間があったおかげで自然と3人が本物の家族のようになっていった覚えがあります。

と回答。続けて

滝藤さん:なにより、僕は高校生の頃から坂井さんの作品を見て育って、部屋にポスターまで飾ってました。その方と夫婦役を演じることができてとても嬉しかったんですよ!

と思いのたけをぶつけると

坂井さん:すいません、ありがとうございます。もういいですそんなこと言わなくて。

とさらっと受け流し、

滝藤さん:これ言うといつも面倒くさそうにされるんですよ。。。。

と苦笑い。

映画情報どっとこむ ralph 家族3人で過ごした時間を坂井さんも振り返り

坂井さん:あの時間があって本当によかったと思います。ちせちゃんが心を開いて私たちを受け入れてくれて、私たちをお父さんお母さんとして育ててくれました」と話すと、すかさず滝藤が「そうですね。そして僕らもまた一歩成長しました。

とうまくまとめ客席は笑いが沸き起こる。約1年間、サヤカを演じ続け

新津さん:サヤカは意志の強い女の子。『ルー(劇中の愛犬)が好き』という気持ちを持ち続けてずっとまっすぐに生きている女の子です!

と語る。今回、撮影の準備期間から1年半ほどルーと共に暮らし、絆を深めていった新津さんは

新津さん:ルーと遊ぶのはとても楽しかったです!撮影が終わって離れる時はすごく寂しくてワーって泣いちゃいました。

と振り返ります。

おばあちゃん役を演じた市毛さんは

市毛さん:この映画はまだストーリーも何も知らない時点でなぜか、『これはやりたい』と勘で思ったんです。そのあと脚本を見せてもらい、役名も“おばあちゃん”でしかなく、台詞もないことに少し驚きましたが(笑)それでもやりたいという気持ちがあったんです。

とほぼ本能で出演を決めたことを告白。

市毛さん:衣装合わせで塩見さんにお会いした時も『久しぶりに塩見さんとご一緒できる』と幸せな気持ちになり、ちせちゃんに初めてお会いした時も『この子と一緒にできるのはすごく幸せ』だなと感じました。この映画に関われるだけでも幸せだと感じてしまう不思議な作品でした。

と語りました。
おじいちゃん役を演じた塩見さんは、

塩見さん:この騒がしい世の中で、このような静かで丁寧な映画を作ったスタッフをリスペクトしています。撮影したすべての時間が私の宝物です。

と本作への愛を語り、

塩見さん:私は新津さんと2 日間、朝から夜まで縁側に座って撮影していましたが、じっくり時間をかけた撮影の中で彼女の気持ちと私の気持ちが一つに重なる瞬間があった。そんな体験は稀有。新津さんの世界に引っ張られていく…『そんなことが映画でできるんだ』と感動した素敵な時間でした!

と感慨深く撮影を振り返ります。そんな塩見さんの言葉に会場からは自然と拍手が沸き起こり、

新津さん:本当に嬉しいです。ありがとうございます!おじいちゃんとおばあちゃんは優しくて、いい意味でサヤカに甘い、みたいな(笑)休憩時間も私と本気で遊んでくれてとても楽しかったです!

とにっこり。

映画情報どっとこむ ralph また本作は韓国・台湾・中国でのセールスも決定!
そんな作品に込めた想いを橋本監督は

橋本監督:構想から15 年たって、ようやく映画が完成し公開を迎えることができました。原作に出会った時『これは絶対に映画にしなければいけない』と思い20 年、30 年の時間をかけてでも映画化する強い気持ちでいました。正直くじけそうになった時もありましたが、ちせに出会ってようやく形にすることができました。ありがとうございます!

と感謝の言葉を述べた。

フォトセッションの際には、映画で共演したルーも登場!
「ルー!」と嬉しそうな新津とルーの可愛らしい再会に登壇者から観客まで会場にいる全員が一瞬で穏やかな笑顔に。
新津ちせxルー『駅までの道をおしえて』公開記念舞台挨拶 最後に・・・

新津さん:この映画は大切な人をゆっくりと想い出すことのできる映画だと思っています。この映画を観ていただいた方の大切な記憶の一つになったら嬉しいです!本日はありがとうございました・

と主演女優たる堂々とした挨拶でイベントを締めました。

映画情報どっとこむ ralph 『駅までの道をおしえて』

公式サイト:
https://ekimadenomichi.com/

駅までの道をおしえて
【STORY】
8 歳になるサヤカ(新津ちせ)は、大好きだった愛犬ルーの帰りを今も待っている。周りの大人たちはもう戻ってこないというけれど、サヤカは信じることができない。ある夏のはじめ、サヤカは1 匹の犬に導かれ、喫茶店のマスター・フセ(笈田ヨシ)と出会う。彼もまた、大きな喪失を抱えて一人で生きていた。別れを受け入れられない2 人は、互いのさびしさに寄り添ううちに、思いがけない友情で結ばれていく――。

***********************************

出演:新津ちせ 有村架純/坂井真紀 滝藤賢一 マキタスポーツ 羽田美智子/余貴美子 柄本明/市毛良枝 塩見三省/笈田ヨシ
原作:伊集院静「駅までの道をおしえて」(講談社文庫)
脚色・監督:橋本直樹
企画・製作:GUM、ウィルコ
製作プロダクション:ウィルコ
配給・宣伝:キュー・テック
配給協力:GUM WORLD
©2019 映画「駅までの道をおしえて」production committee




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

原作・脚本・監督:佐藤二朗『はるヲうるひと』が第35回ワルシャワ映画祭への正式出品決定。


映画情報どっとこむ ralph 鬼才俳優・佐藤二朗が原作・脚本・監督を手掛けた映画「はるヲうるひと」が第35回ワルシャワ映画祭の1-2コンペティション部門(長編監督2作目までの部門)に正式出品作品として上映される事が決定しました。
「はるヲうるひと」 場面写真
本作は、佐藤二朗が主宰する演劇ユニット【ちからわざ】で2009年に初演、2014年に再演され演劇界からも絶賛された佐藤二朗が主宰する演劇ユニット【ちからわざ】した作品。

主演に山田孝之さん、共演には仲里依紗さん、向井理さん、坂井真紀さんら豪華キャスト陣が集結し、映画化を望んでいた佐藤二朗さんが約5年を掛けて本作を完成させました。

ワルシャワ映画祭出品の知らせを受けた佐藤さんは

佐藤さん:映画「はるヲうるひと」は、僕の主宰する演劇ユニット「ちからわざ」で10年前に初演、多くの方々のご要望に押され5年前に再演した舞台の映画化です。架空の島の売春宿で生きる男女のおはなし。生きる手触りが掴めず、死んだように生きる人々が、それでも生き抜こうともがく壮絶な闘いのおはなし。
佐藤二朗アー写
今回、ポーランド・ワルシャワ映画祭のコンペディションに選出され、とても光栄に思っています。これを機に海外の方々にも、この壮絶な闘いの姿を目撃して欲しい。そして日本の皆様にも来年、ご覧頂けます。誰も見たことのない山田孝之、誰も見たことのない仲里依紗、誰も見たことのない佐藤二朗をご覧頂けると確信しています。ご期待を。その膨らんだ胸に見合う作品だと思っています。

佐藤二朗監督は上映に合わせて現地入りをする予定です。
受賞結果は、映画祭最終日の10月20日に発表されます。
「はるヲうるひと」 オフショット 本作は2020年全国公開を予定しております。

***********************************


山田孝之 
仲里依紗 今藤洋子 笹野鈴々音 駒林怜 太田善也
向井理 坂井真紀 佐藤二朗

原作・脚本・監督:佐藤二朗
制作プロダクション:ラインバック
配給:AMGエンタテインメント
配給協力:REGENTS
(C)2020「はるヲうるひと」製作委員会(AMGエンタテインメント/ハピネット)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

妥協なきR18コメディ 松尾スズキ、中山美穂ら登壇『108~海馬五郎の復讐と冒険~』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 「大人計画」の主宰・松尾スズキが監督・脚本・主演を務めた映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』が10月25日(金)にTOHOシネマズ 日比谷 ほか全国公開します。

これまで作家、演出家、映画監督、俳優など多岐にわたって活動を続けてきた松尾スズキが昨年大人計画30周年という節目を経て、31年目にして、また長編監督映画4作目にして初めて監督・脚本・主演全てに挑んだ本作。これは、30年間笑いにこだわり続けた喜劇人、松尾スズキの到達点。妥協なきR18復讐コメディが誕生しました。

監督・脚本・主演を務めた松尾スズキをはじめ、中山美穂、秋山菜津子、岩井秀人、坂井真紀、大東駿介、土居志央梨と、強烈で個性豊かなキャラクターを演じた豪華キャストが勢揃いした完成披露試写会をに開催しました。
映画『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』完成披露
『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』完成披露試写会&舞台挨拶イベント
日程:9月24日(火)
場所:TOHOシネマズ 新宿
登壇:松尾スズキ、中山美穂、秋山菜津子、岩井秀人、坂井真紀、大東駿介、土居志央梨

R-18指定です!18歳以上の閲覧でお願いします。
続きを読む 妥協なきR18コメディ 松尾スズキ、中山美穂ら登壇『108~海馬五郎の復讐と冒険~』完成披露試写会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

新津ちせ、笈田ヨシら登壇!『駅までの道をおしえて』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 2004年に公開された『機関車先生』以来、15年ぶりとなる伊集院静原作の映画化作品『駅までの道をおしえて』が、10月18日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて全国公開となります。

直木賞作家・伊集院静の傑作短編を映画化した『駅までの道をおしえて』の完成披露試写会が9月19日(木)、東京・新橋のスペースFS汐留にて開催。子どもたちの間で絶大な人気を誇る楽曲「パプリカ」(作詞・作曲:米津玄師)を歌うユニット「Foorin」の最年少メンバーで、本作で実写映画初主演を務める新津ちせ、笈田ヨシ、坂井真紀、滝藤賢一、橋本直樹監督が舞台挨拶に登壇! 主題歌・挿入歌を担当しているコトリンゴも来場し主題歌「ここ」を生演奏で熱唱し、さらに劇中に登場する犬のルー、ルースも応援に駆けつけるなど、会場は大きな盛り上がりを見せた。
駅までの道をおしえて_舞台挨拶
『駅までの道をおしえて』完成披露試写会
日時:9月19日(木)
会場:スペースFS汐留
登壇:
新津ちせ、笈田ヨシ、坂井真紀、滝藤賢一、コトリンゴ(主題歌&挿入歌)
橋本直樹監督、ルー(柴犬)、ルース(元保護犬)

映画情報どっとこむ ralph 新津さんは、満員の観客を前に、主演として

新津さん:今日はこの映画の完成披露試写会にこんなにたくさんの方々に来ていただけて、本当に嬉しいです。ありがとうございます!

と9歳とは思えない堂々の挨拶!
本作への出演が決まると、すぐに犬のルーを自宅で預かり一緒の時間を過ごしたそうだが

新津さん:もともと犬が大好きだったんですが、犬を飼うのはルーが初めてだったので緊張して『座れ』とか『待て』というのもスムーズに言えなかったんです。でも、だんだんと一緒に暮らすうちに仲良くなれて、言うことを聞いてくれるようになって信頼関係を築いていけました。

と笑顔で明かした。


新津さん演じるサヤカと年齢を超えた友情を育んでいく老人・フセを演じた、新津さんとの実に77歳差の共演について

笈田さん:お会いしたら美人で頭がよくて、礼儀正しくて。老いらくの恋に落ちまして(笑)、胸をドキドキさせながら撮影してました。目の力がとにかくすごい、素晴らしいお嬢さんで、今日も久しぶりにお会いしてドキドキしてます。

とゾッコンの様子。


サヤカの母を演じた坂井さんは長い撮影の期間中、9か月ほど新津さんと顔を合わせない時間があったそうで

坂井さん:その(9か月の)間、ちせちゃんはずっと撮影をしてたんですが、(再会したら)背も高くなって顏も大人っぽくなっていて…。監督は子どもにも容赦しない演出をする人で(笑)、それに頑張って応えいて、それは最初からそうだったんですが、9か月後にさらに立派になっていて驚きました。

とその成長ぶりを嬉しそうに語る。

父親役の滝藤さんも

滝藤さん:(久々に再会したら)まるで別人でした! 撮影前に家族3 人で過ごす時間をいただいて、すごく人懐っこくて、おかげで僕は父親にさせてもらったなと思いますが、9 か月後は別人で、女性ってこんなに変わるんだ! “キュート”から、“闇を抱えた妖艶な女性”になられていて、自分の娘がこんな風になったらどうしよう! と恐怖を感じました(笑)

と実感のこもった声で語り、会場は笑いに包まれた。


橋本監督:僕は身内は褒めない。

と言いつつ、新津さんを子どもながら

橋本監督:尊敬しています。原作権を取って15 年くらい経つし、撮影も1 年以上で…僕の方が挫けそうになったんですけど、この子が撮影以外のところでも(ルーの)散歩をしたりとか全部、裏でやっているのを見て、僕の準備なんて大したことないなと思いました。

と称賛した。

映画情報どっとこむ ralph そして、観客へのサプライズでコトリンゴさんが駆け付け、弾き語りで主題歌の「ここ」を熱唱! その歌声と美しいメロディに観客はもちろん、登壇陣も心を奪われたようで、

新津さん:本当にすごく感動しました!

と感激を口にする。コトリンゴさんが照れ隠しで「ウソだぁ…」と笑うと

新津さん:ウソじゃないもん!心に響いて泣いちゃいそう!

と心のこもった素直な感想を口にした。



コトリンゴさんは映画の感想を問われ

コトリンゴさん:マネージャーさんがワンちゃんを飼っていて、預かったりするうちにワンちゃんの魅力にとり憑かれたんですが、(映画を見て)ワンちゃんの表情とか、ちせちゃんとのやり取りを見て、かわいいな、素敵だなと思いました。

と語った。

写真撮影では、映画に登場するルーとルースも登場し、新津さんは大喜び!

最後の挨拶でもルーを優しくなでながら

新津さん:見どころはルーとルースの名演技です!

と力強く語ってくれた。

映画情報どっとこむ ralph 『駅までの道をおしえて』

公式サイト:
https://ekimadenomichi.com/

駅までの道をおしえて
【STORY】
8 歳になるサヤカ(新津ちせ)は、大好きだった愛犬ルーの帰りを今も待っている。周りの大人たちはもう戻ってこないというけれど、サヤカは信じることができない。ある夏のはじめ、サヤカは1 匹の犬に導かれ、喫茶店のマスター・フセ(笈田ヨシ)と出会う。彼もまた、大きな喪失を抱えて一人で生きていた。別れを受け入れられない2 人は、互いのさびしさに寄り添ううちに、思いがけない友情で結ばれていく――。

***********************************


出演:新津ちせ 有村架純/坂井真紀 滝藤賢一 マキタスポーツ 羽田美智子/柄本明 余貴美子/市毛良枝 塩見三省/笈田ヨシ
原作:伊集院静「駅までの道をおしえて」(講談社文庫)
脚色・監督:橋本直樹
企画・製作:GUM、ウィルコ/製作プロダクション:ウィルコ
配給・宣伝:キュー・テック/配給協力:GUM WORLD
©2019 映画「駅までの道をおしえて」production committee




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤勝利(Sexy Zone)×髙橋海人(King&Prince)『ブラック校則』第3弾キャストが決定


映画情報どっとこむ ralph 佐藤勝利(Sexy Zone)×髙橋海人(King&Prince)11月1日公開『ブラック校則』第3弾キャストが決定しました。

超強烈キャラを演じる豪華キャストに、成海璃子、片山友希、吉田靖直、戸塚純貴、星田英利、坂井真紀、光石研、でんでん、薬師丸ひろ子の9名。

『ブラック校則』第3弾キャスト
映画情報どっとこむ ralph このたび、創楽&中弥ら生徒たちを“ブラック校則”で縛り付ける学校のブラックな教師のほか、逆に彼らを見守り味方となる大人たちなど、超強烈キャラを演じる豪華キャスト。

国語教師の【田母神】を演じるのは、子役から長いキャリアを重ね、映画や舞台で個性的な役柄まで演じる成海璃子。真面目がゆえに生徒からもからかわれがち。元カレを引きずって思い出のかんざしをいまだに身につけて大事にしている。

英語教師の【大多和】を演じるのは、若手女優の中で急速に実力をつけている片山友希。嫌味な性格に加え、高飛車で気が強く、まさに女子生徒の敵となる。スカートの丈を毎朝登校時に厳しくチェックしている。

数学教師で創楽、中弥の担任【森】を演じるのは、4人組ロックバンド・トリプルファイヤーのボーカル、吉田靖直。ミュージシャンならではの自然派脱力演技で、普段は頼りないが、”ブラック校則”を変えようと奔走する創楽たちの思いを汲み、生徒たちの仲間となる。

中弥の兄【月岡文弥】を演じるのは、数々のドラマや映画で二枚目から個性派キャラまでを見事に演じる若手俳優、 戸塚純貴。父親がいない月岡家の家計を支えながら、中弥の父親代わりでもあり、頼れる兄貴。一人暮らしをしているが、人一倍寂しがり屋な性格で、しょっちゅう家に帰ってきてはあれこれと中弥に口を出す。

体育教師で柔道部顧問【手代木】を演じるのは、芸人のキャリアを捨て個性派俳優として活躍する星田英利。”ブラック校則”を武器に、生徒の自由を奪い、やりたい放題の教師ながら、なぜか不良グループのリーダー・ミチロウ(田中樹)には弱い一面を持つ。

希央の母【町田マリ】を演じるのは、女優としての長いキャリアを重ね、唯一無二の存在感を放つ女優、坂井真紀。希央の父でアメリカ人の夫と別れて以来、奔放に暮らしている。恋多き女で、希央に対しても放任主義。学校の理不尽な規則に従うくらいなら、娘が学校をやめても仕方ないと思っている。

町工場の作業労働員【井上】を演じるのは、バイプレイヤー・光石研。学校のはみ出し者になっている希央のことを気にかけ、同じ工場で働く外国人労働者と共に優しく見守る、ラップが得意でノリの良いおじさん。

校長【法月】を演じるのは、ベテラン俳優のでんでん。風紀を乱すものに対しては容赦なしで、独自の正論で学校を”ブラック校則”で縛りつける圧の強い校長。光津高校の教師の中でも一番の権力者である。

掃除婦で、通称【ヴァージニア・ウルフ】を演じるのは、シリアスもコメディも、主演・助演の両方をもこなすベテラン女優・薬師丸ひろ子。仕事熱心だが面倒くさがりなヴァージニア・ウルフは、あやしげで近づきにくくもあるが、なんだかんだで優しく生徒からの信頼も厚い。横顔がイギリスの小説家、ヴァージニア・ウルフに似てるという理由で中弥が名付けた。他のキャラクターと一線を画する謎の存在感を絶妙に演じる。

映画情報どっとこむ ralph このコンビが”ブラック校則”にいかに立ち向かっていくのか。11月1日の劇場公開のほか、10月~の日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」枠でのドラマ放送、Huluのオリジナルストーリーと、“ブラック校則プロジェクト”にご注目ください!果たして「ブラック校則」は変えられるのか―?!

『ブラック校則』

11月1日(金) 全国ロードショー

【STORY】
クラスの最底辺を生きていた高校生・創楽(佐藤勝利)と親友の中弥(髙橋海人)。彼らが通う高校には理不尽に生徒を縛り付ける校則=“ブラック校則”がはびこっていた。ある朝、登校してきた1人の女子生徒に創楽は心を奪われる。彼女の名前は希央(モトーラ世理奈)。生まれ持った美しい栗色の髪を黒く染めるよう強要された希央は、反発して不登校となり、退学寸前に。そして創楽と中弥は決意する。「ブラック校則をぶっ壊す!」。1人では何もできなかった2人が、恋するあの子のため、そして500人の生徒の青春を取り戻すために、ブラック校則と大人たちに立ち向かう!恋と友情の行方は?果たしてブラック校則は?

***********************************

出演:佐藤勝利(Sexy Zone) 髙橋海人(King & Prince) モトーラ世理奈 田中樹(SixTONES/ジャニーズJr.)箭内夢菜 堀田真由 葵揚 水沢林太郎 成海璃子 片山友希 吉田靖直 戸塚純貴 星田英利 坂井真紀 / 光石研 でんでん / 薬師丸ひろ子

脚本:此元和津也
監督:菅原伸太郎
企画製作:日本テレビ/ジェイ・ストーム
配給:松竹
(C)2019日本テレビ/ジェイ・ストーム




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大人計画:松尾スズキ監督・脚本・主演『108~海馬五郎の復讐と冒険~』キャスト解禁


映画情報どっとこむ ralph 1988年に舞台「絶妙な関係」で旗揚げされ、宮藤官九郎や阿部サダヲなど多才なメンバーと共に、多岐にわたって活動を続けてきた大人計画。主宰である松尾スズキも「松尾スズキ」として活動を始めて、2018年には劇団とともに30周年を迎えました。

その松尾スズキの次なるプロジェクトは自らが初めて監督・脚本・主演を全て務め、この秋公開される映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(読み方:いちまるはち かいばごろうのふくしゅうとぼうけん)。「いいね!の数だけ女を抱いて復讐」という前代未聞のR18映画に、超豪華なキャストが勢揃いしました。
108海馬五郎の復讐と冒険
映画情報どっとこむ ralph 海馬五郎の妻で元女優の綾子を演じるのは中山美穂。
“ドクタースネーク”というコンテンポラリーダンサーとの2ショット写真をSNSに投稿したことがバレて、海馬を激怒させてしまう。不思議な魅力を放つ年下ダンサーに身も心も奪われていく綾子を大胆に演じ、大人の魅力をたっぷりと披露している。海馬のプレイボーイの友人・糸井には、劇団ハイバイを軸に劇作家、演出家、そして自らも俳優として活躍している岩井秀人。「いいね!の数だけ女を抱いて資産を使い切る」という海馬のとんでもない復讐計画に巻き込まれていく。さらに海馬の友人でパニック障害持ちの女優・砂山を、読売演劇大賞や紀伊國屋演劇賞を受賞し名だたる演出家が厚い信頼を寄せる秋山菜津子が、そして海馬の代わりに病気の父の世話を一手に引き受けることになってしまった妹役を坂井真紀が演じている。

また、なぜか海馬に綾子の動向をリークし続ける売れない女優にドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」(19)でブレイクを果たした堀田真由、復讐計画に手を貸すド派手なホストに大東駿介、自分の価値を絶対に落としたくない高級風俗嬢に『リバーズ・エッジ』(18)で体当たりの演技が話題となった土居志央梨など、実力派の若手俳優陣がそれぞれ”超個性豊かな”役柄に挑んだ。

その他、栗原類、LiLiCo、酒井若菜、福本清三、乾直樹、オクイシュージに加え、宍戸美和公、村杉蝉之介といった大人計画でお馴染みの俳優陣も名を連ねている。

映画情報どっとこむ ralph 中山美穂、岩井秀人、秋山菜津子さんからのコメントも到着しています!

●中山美穂さんのコメント
松尾監督がこの作品を構想中の頃、咄嗟に私に演らせて下さいと申し出てしまったのです。監督は実現できるかどうかと笑いながら仰っていましたが、それから1年待たずに私達は撮影に挑んでいました。楽しくて仕方のない現場でした。演出をされる松尾スズキは穏やかに強い信念を持ち、そして激しく演じてらっしゃいました。そんな姿がだんだんと可愛く見えてきて、作品の中でもその感じが伝わるのだと思います。とにかく笑える内容です。そしてせつない。私に演らせて頂けたことに感謝しています。

●岩井秀人さんのコメント
メジャーな作り手の誰もかれもが「コンプライアンス」を気にし、テレビの前の主婦までもが「この表現、誰かに文句言われないのかしら?」と呟くようなご時世に、「よくぞこんな映画を作った!」と言われることでしょう。でも本来「表現」って、「ワレワレの外側」にあるものに手を伸ばすためのものなのだし、そのことを思い出させてくれる作品です。だからコンプラなんてものには届かない高みのシロモノになってございます。ご覧ください! しかし松尾さんって、いつ丸くなるんでしょうね…。

●秋山菜津子 さんのコメント
舞台作品の中でいつも私に面白い役をやらせて下さる松尾さん。今回もなかなか変わった役柄を与えてくださいまして…楽しかったです。 撮影が終わって『この映画を秋山さんの代表作にして下さいね。』と松尾監督に言われたんですけど…嬉しいような ちょっと複雑な気分でした。あ、観て頂ければ分かると思うんですけど(笑)。 でも…そうですね、こんなに潔くかっこいい映画に出演できた事は“誇り”です。それは確かです。

映画情報どっとこむ ralph 『108~海馬五郎の復讐と冒険~』

2019年秋、全国ロードショー

公式サイト:
108-movie.com

Twitter:
https://twitter.com/eiga108



【ストーリー】
名脚本家として成功している海馬五郎は、ある日、元女優の妻・綾子の浮気をSNSの投稿によって知ってしまう。コンテンポラリーダンサーである“ドクタースネーク”という男への熱い恋心を綴ったその投稿を見て、わめき散らす海馬。あまりのショックに離婚を考えるが、離婚時の財産分与で資産の半分を支払わなければならないことを知りさらに大激怒。

妻の”不貞”に支払わなくてはならない資産1000万を、自らの”不貞”で使い切ることで復讐を決意した海馬。綾子がSNSに投稿した写真についた108もの“いいね!”に湧き上がる怒り。 ”いいね!”の数だけ女を買いまくる、煩悩丸出し、前代未聞の復讐劇が幕をあける―。

***********************************

松尾スズキ
中山美穂
大東駿介 土居志央梨 栗原類 LiLiCo 福本清三 乾直樹 宍戸美和公 堀田真由
村杉蝉之介 オクイシュージ / 岩井秀人 / 酒井若菜 坂井真紀 秋山菜津子

監督・脚本:松尾スズキ
制作プロダクション:パイプライン
配給・宣伝:ファントム・フィルム
製作:「108〜海馬五郎の復讐と冒険〜」製作委員会(バップ/ファントム・フィルム/大人計画/パイプライン)
2019年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/102分
(C)2019「108~海馬五郎の復讐と冒険~」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ