「土屋太鳳」タグアーカイブ

菅田将暉x土屋太鳳『となりの怪物くん』前売券特典で原作マンガと夢コラボが実現!


映画情報どっとこむ ralph 何もかもが「初めて」同士の二人を中心とした、まっすぐだけど不器用な登場人物たちが織りなす繊細なヒューマンドラマが、女子高生だけではなく多くの層から支持を集めるさくコミック。この度遂に菅田将暉、土屋太鳳に、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、佐野岳と人気俳優が集結して待望の映画化!!

4月27日(金)公開となります。

そして!この度、3月3日(土)より発売となる前売券購入特典の情報が解禁となりました!

全国合計2万名様に、原作者・ろびこ先生描き下ろしイラストと映画ビジュアルを両面に使用したクリアファイルをプレゼント。
表面の実写映画ビジュアルは、今回のクリアファイルでしか見ることのできない自撮りをしているような仲睦まじいショットに。ろびこ先生によるイラストは12月より発売となっている「となりの怪物くん愛蔵版」の表紙と今回のためだけに描き下ろされた“みっちゃん”が組み合わさったスペシャルなものに!原作ファンの方々も、原作を知らないけれども映画の公開が待ち遠しい方々も、嬉しい特典になっています。

前売券概要
※前売券1枚につき、特製クリアファイルを1部プレゼント!
※数量限定のため、プレゼント終了の際はご了承ください。
※劇場限定の特典です。
※特典は非売品です。転売目的での購入はご遠慮ください。
※詳細は劇場スタッフにお問い合わせください。
※前売券販売劇場は、映画『となりの怪物くん』公式サイトでご確認ください。


映画情報どっとこむ ralph 主演の一人・吉田春に菅田将暉。同じく主演のヒロイン・水谷雫に土屋太鳳。その他、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、佐野岳ら、若手実力派俳優が集結。瑞々しいキャストの競演がスクリーンを彩ります。

監督を務めるのは、2017年の大ヒット作品『君の膵臓をたべたい』など、数多くの青春恋愛映画を手掛け、“新たなラブストーリーの名手“との呼び声も高い気鋭の月川翔。さらに多くのラブストーリーを手掛ける脚本家・金子ありさが、少女マンガ原作の枠に止まらない感動の人間ドラマを紡ぎだしました。2018年、『となりの怪物くん』が青春恋愛映画の新たな金字塔を打ち立てます。

そして先日、西野カナが主題歌&挿入歌を担当することが発表となりさらに話題沸騰中の本作です。


映画『となりの怪物くん

4月27日(金)より全国東宝系にて公開!

映画公式サイト:
http://tona-kai.jp

映画公式Twitter:
@MovieTonakai

ストーリー
行動予測不能な超問題児で“怪物”と呼ばれる春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、二人とも恋人はおろか、友達もいない。二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。
それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白。仕事で家にいない母親に認められるために、幼い頃から勉強だけを信じてきた雫にとって、友達や恋人などはただの邪魔な存在でしかなく、はじめは無関心だったが、やがて春の本当の人柄に触れ、次第に心魅かれていく。そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。初めての友情、初めての恋愛。そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も巻き起こり、二人の世界が変わっていく。それは春と雫にとって、初めて“みんな”で過ごす時間だった。
そんなある日、兄の優山(古川雄輝)が春のもとに現れたことがきっかけで、春は絶縁状態だった父親の元へ突如連れ戻されることになり、雫の前からも姿を消してしまう。

なぜ、春は“怪物”になったのか?
そしてその真実が明らかになったとき、春と雫の恋の行方は―?

***********************************

キャストビリング
菅田将暉 土屋太鳳
古川雄輝 山田裕貴 池田エライザ 浜辺美波 佐野岳
佐野史郎 / 速水もこみち

原作:ろびこ『となりの怪物くん』(講談社「KCデザート」刊)
監督:月川 翔
脚本:金子ありさ
音楽:林ゆうき
主題歌:西野カナ「アイラブユー」(SMEレコーズ)
公開:4月27日(金)

撮影期間:2017年5月下旬~7月上旬
企画・製作:東宝
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝
©2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 ©ろびこ/講談社


主題歌は西野カナに!菅田将暉 x 土屋太鳳『となりの怪物くん』最新予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 「となりの怪物くん」

友達も全くいない、恋もしたことのないガリ勉・冷血な女子高生が、となりの席の問題児男子に、ふとしたことがきっかけで唐突に告白されたことから始まる物語。

初めての友達、初めての恋、初めてのキス、初めてのケンカ、初めての三角関係…。

何もかもが「初めて」同士の二人を中心とした、まっすぐだけど不器用な登場人物たちが織りなす繊細なヒューマンドラマが支持を集めています。そんな本作が、菅田将暉 x 土屋太鳳で待望の映画化!!4月27日(金)公開となります。
そしてこの度、女子から絶大な支持を集め、カリスマ的人気を誇っている西野カナが主題歌を担当することが決定!

映画情報どっとこむ ralph さらには心の機微をリアルに切り取る西野カナの世界観が作品にぴったりということで、大ヒット曲「Best Friend」ほかファンに愛される名曲たちを挿入歌として使用。1つの作品に複数の楽曲が使用されるのは本作が自身初となります。西野カナの歌声と歌詞が映画に寄り添います。幅広い世代に響き、男女問わず人気を誇る西野カナと、幅広い世代から愛され支持される『となりの怪物くん』の豪華コラボが実現しました!


西野カナさんからのコメント
この度、映画「となりの怪物くん」の主題歌を担当させて頂き、とても光栄に思っています。主題歌「アイラブユー」は、女の子の本音がたくさんつまった、“メッセージラブソング”です。大切な人に対して「やっぱり私はキミでよかった」と、ふと思う瞬間を歌にしました。お互いに不器用ながらも、次第に心を通わせていく春と雫のように、皆さんも、この曲を聴いて、となりの大切な人との絆を深めてもらえたら嬉しいです。



さらに今回、主題歌と挿入歌の一部を使用した最新予告映像も併せて解禁!原作同様、名言が散りばめられた映像には、菅田将暉の眩しいほどの笑顔や土屋太鳳の号泣する姿も映し出されていて、物語がどのように展開されていくのか公開への期待がさらに高まるものに!
主題歌「アイラブユー」も使用された本映像は必見です。


映画情報どっとこむ ralph 西野さんの起用に対して菅田さん、土屋さん、月川監督からもコメントが到着!

吉田春役・菅田将暉さんからのコメント

全編通して使用されている西野カナさんらしいストレートな言葉の楽曲の数々がとても作品にハマっていて、おかげで素敵な映画になったと思います。主題歌の「アイラブユー」は、仲間たちとの時間、そして、大切な人たちとの出会いの時間を、懐かしく振り返ることのできる楽曲で、観終わったあとに『となりの怪物くん』の余韻に浸れる、温かい気持ちになれる楽曲でした。


水谷雫役・土屋太鳳さんからのコメント

すごい…!西野カナさんは、青春の天才です。この歌が描く景色も時間も恋も、なんて素敵なんだろう。聴いた瞬間、胸いっぱいにフレッシュジュースみたいな甘酸っぱい想いが広がって、懐かしくて、優しくて。この気持ちを早く月川組の皆と、そして観てくださる方々と共有したい!うずうずしながら、春を待ちたいと思います。


月川翔監督からのコメント


西野カナさんには主題歌のみならず、劇中で5曲もの楽曲を提供していただきました。
100分の映画で高校時代の3年間、そして多くの魅力的な登場人物を描くにあたり、どうしても直接は描かれない余白が生じますが、その余白を、西野カナさんの楽曲が豊かに膨らませてくださいました。西野さんの楽曲には、誰もが感じたことのある心の機微を感じさせてくれる魅力があります。その真骨頂が今回の主題歌『アイラブユー』だと僕は思います。映画を見終えた皆さんの心にも届くことを願っております。

映画情報どっとこむ ralph なぜ、春は“怪物”になったのか?
そしてその真実が明らかになったとき、春と雫の恋の行方は―?

となりの怪物くん

2018年4月27日(金)

映画公式サイト:
http://tona-kai.jp

行動予測不能な超問題児で“怪物”と呼ばれる春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、二人とも恋人はおろか、友達もいない。二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。

それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白。仕事で家にいない母親に認められるために、幼い頃から勉強だけを信じてきた雫にとって、友達や恋人などはただの邪魔な存在でしかなく、はじめは無関心だったが、やがて春の本当の人柄に触れ、次第に心魅かれていく。そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。初めての友情、初めての恋愛。そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も巻き起こり、二人の世界が変わっていく。それは春と雫にとって、初めて“みんな”で過ごす時間だった。そんなある日、兄の優山(古川雄輝)が春のもとに現れたことがきっかけで、春は絶縁状態だった父親の元へ突如連れ戻されることになり、雫の前からも姿を消してしまう。


物語・・・
行動予測不能な超問題児の春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、二人とも恋人はおろか、友達もいない。
二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。
それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白!はじめは無関心だった雫も、やがて春の本当の人柄に触れて、次第に心魅かれていく。

そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。

初めての友情、初めての恋愛。

そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も勃発!?
果たして、春と雫の恋の行方は?

一方、春と兄の優山(古川雄輝)、いとこ従兄のみっちゃん(速水もこみち)との間に隠された過去の秘密とは…?

***********************************

菅田将暉 土屋太鳳
古川雄輝 山田裕貴 池田エライザ 浜辺美波 佐野岳
佐野史郎 / 速水もこみち

撮影期間:2017年5月下旬~7月上旬
企画・製作:東宝
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝

となりの怪物くん
原作:ろびこ『となりの怪物くん』(講談社「デザート」刊)
監督:月川 翔
脚本:金子ありさ
音楽:林ゆうき
©2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 ©ろびこ/講談社
   


佐藤健 登壇!特大バレンタインチョコに『8年越しの花嫁 奇跡の実話』大ヒット記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 昨年12月16日(土)に公開された映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』。

口コミが話題を呼び、興行収入はついに25億円、観客動員数は200万人を突破(1月30日時点)、その大ヒットを記念し、急遽大ヒット記念舞台挨拶を佐藤健さんが登壇して行われました!

大ヒット記念と言うよりも観客の皆さんへの感謝イベントのような進行。佐藤さんがゆっくり客席を歩きながら登場したり、バレンタインデーが間近!と言うことで特大バレンタインチョコに映画大ヒットの感謝のメッセージをデコレーション。さらに抽選で佐藤さんから逆チョコ贈呈も!

更に更に観客からの恋愛相談にも答えるなど大盛り上がりのイベントとなりました。

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』大ヒット舞台挨拶

日程:2月7日(水)
場所:丸の内ピカデリー 1
登壇者:佐藤健
MC:笹川友里アナウンサー

映画情報どっとこむ ralph 客席を通って入場してきた佐藤さん。

佐藤さん:ありがとうございます。皆様の応援のおかげです。感謝しています。いつもよりゆっくり歩いてきました(笑)。おめでとうと声をかけていただける舞台挨拶は珍しいですね。
興行収入はついに25億円、観客動員数は200万人を突破し、大ヒットとなった本作に関して

佐藤さん:嬉しかったです。いつも応援してくれる、皆さんが喜んでくれることが嬉しいです。

とし、第41回日本アカデミー賞優秀賞で4冠を獲得したことに関しては

佐藤さん:役者に対する評価って、役者の力はちっぽけで。どんな役と出会えるか、監督を含めたクリエーターとスタッフに出会えるか。そして、活かされるのか否か。今回に関しては瀬々監督の力が大きいです。土屋さんは、そもそも力を持っている女優さんなので、作品との出会いさえあれば、素敵なことが起こると思っていたので。そして、出会ったなと。

と語ります。

映画情報どっとこむ ralph 2月14日はバレンタインデー。
本作のクランクアップもバレンタインだったそうで、土屋さんと連名でバラの焼き菓子をスタッフに、送ったそう。

チョコをもらうとしたらの理想を聞かれ

佐藤さん:いただければ嬉しいですが・・・・下駄箱っすよ。憧れますね。甘酸っぱい学生ライフ。そういうのを送ってこなかったので。

と、話す佐藤さんに、MC笹川さんは下駄箱からだだだだだと落ちてくるイメージだと疑いの眼差し!これに

佐藤さん:なんにもわかってない!

と笑顔の佐藤さん!


そして!特大バレンタインチョコが運び込まれ、佐藤さんが最後の仕上げにクリームでメッセージを書き込みます!
書き込む姿も格好良い!佐藤さん。
かなり意気込んで書きこんだのは、「ありがとう たける」


この後、なんとお客さんへ『逆チョコ』プレゼント 倍率1/800で抽選ボックスから選ばれた女性はなんとお誕生日!
佐藤さんから直接チョコを受け取って「今までの誕生日で一番幸せ!」と満面の笑み。

映画情報どっとこむ ralph 恋愛相談コーナー

Q1:今彼と一緒に見に来たのですが、結婚のプレッシャーになってしまいますかね?

佐藤さん:(横は)彼氏さん?良いじゃないですかプレッシャーを与えれば。彼女を宜しくね!あとは二人で!

と、後押しをするキューピット佐藤さん!

Q2:出会いがなくて・・・何があっても待ち続けてくれるような人と出会いたいのですが・・・

佐藤さん:わたしが聞きたいです(笑)僕が思ったのは・・・出会いがあったときに、待ってもらえる存在になっていること。自分を大切に生きていくことしかないですよ。

と、相手にのぞむのではなく、自分磨きを怠らないようにしておこうと。
舞台を移動して、質問者に近い方によって話す優しい佐藤さん。

Q3:チョコ以外のプレゼントがしたいのですが何が良いですか?

佐藤さん:何が嬉しいですか?僕が嬉しいのはバスタオル。あと食器とか足ふきマットでもいいですよ!佐藤健さんは嬉しいんです。彼氏さんには使えるこだわりのものを。

と言う佐藤さんに贈るなら日々使えるものが良いようです。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
佐藤さん:後悔から時間がたってこのような舞台に立てる作品はなかなかありません。この映画を愛してくれている皆さんに感謝しています。皆さんに素敵な奇跡が来ますように!ありがとうございました。

と締めました!

8年越しの花嫁 奇跡の実話

めっちゃ大ヒット上映中!

目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらも彼女を思い続ける尚志(ひさし)役に佐藤健、病と闘う麻衣役には土屋太鳳。『64-ロクヨン-前編/後編』(16年)など深い人間ドラマを描くことに定評のある瀬々敬久監督がメガホンをとり、今最も注目を浴びるスリーピース・バンド、back numberが主題歌を担当。これ以上ない豪華キャスト、スタッフが集結し、信じる力と深い愛に満ち溢れた感動のドラマを紡ぎます。


***********************************

佐藤健 土屋太鳳
薬師丸ひろ子 杉本哲太 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治
※古舘寛治さんの「舘」の字は、正式には外字の舘(※舎官)となります。

監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
音楽:村松崇継
原作:中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)

制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
配給:松竹

©映画「8年越しの花嫁」製作委員会


8花 佐藤健、土屋太鳳、薬師丸ひろ子、村松崇継 第41回 日本アカデミー賞受賞


映画情報どっとこむ ralph 2017年も話題作満載だった日本映画界。そんな日本映画に携わる映画人たちの祭典『日本アカデミー賞』の受賞者が発表されました!

そして現在大ヒット公開中の映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』からは佐藤健、土屋太鳳、薬師丸ひろ子、村松崇継(音楽)の4名が第41回日本アカデミー賞、各賞を受賞!

第41回日本アカデミー賞 受賞者
◆佐藤健 優秀主演男優賞 (役名:西澤尚志)
◆土屋太鳳 優秀主演女優賞 (役名:中原麻衣)
◆薬師丸ひろ子 優秀助演女優賞 (役名:中原初美)
◆村松崇継 優秀音楽賞
最優秀賞は3月2日に行われる授賞式で発表となります。

映画情報どっとこむ ralph 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

全国にて大ヒット公開中

結婚式の直前に病に倒れ、意識不明となった花嫁・中原麻衣を土屋太鳳が、その花嫁を8年間待ち続けた新郎・西澤尚志を佐藤健が、そんな2人を支え続けた麻衣の母親、中原初美を薬師丸ひろ子が演じました。

岡山県で実際に起きた奇跡の実話を描いた映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(配給:松竹)。昨年12月16日(土)に全国公開を迎えるや否や、洋画の超大作や、大人気シリーズの映画を抑え、「ぴあ映画初日満足度ランキング」第1位 の92.5点(12月16日調べ)を獲得。その後も「今までで一番泣いた映画」、「涙なしでは見られない!」といった口コミが話題を呼び、公開初週より3週連続で週末興行ランキング実写邦画第1位を獲得し、興行収入は早くも22億円(1月14日時点)を突破するなど、年明けも「ハチハナ」ブームの勢いはますます盛り上がりを見せています!

***********************************


佐藤 健 土屋太鳳 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治 杉本哲太 薬師丸ひろ子
主題歌:back number「瞬き」(ユニバーサル シグマ)
監督:瀬々敬久(「64-ロクヨン-前編/後編」)
脚本:岡田惠和(「ひよっこ」)
音楽:村松崇継(「抱きしめたい-真実の物語-」)
原作: 中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社)
配給:松竹
©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会


土屋太鳳 松竹色の振袖で大ヒット御礼舞台挨拶『8年越しの花嫁 奇跡の実話』


映画情報どっとこむ ralph 「今までで一番泣いた映画」、「涙なしでは見られない!」といった口コミが話題を呼び、大ヒット中の映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』。
この度、その大ヒットを記念し、土屋太鳳さん、瀬々敬久監督が登壇する御礼舞台挨拶が行われました!

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』大ヒット御礼舞台挨拶
日程:1月14日(日)
場所:丸の内ピカデリー              
登壇:土屋太鳳、瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 公開から約1ヶ月となる大ヒット御礼イベント。
約600名の満員の会場に土屋太鳳さんが振袖姿であらわれるとお客様たちから「綺麗!」、「可愛い!」との歓声で迎えられました。

土屋さん:あけましておめでとうございます。松竹さんの作品ですので、(振袖は)緑を選んでみました。今までイベントでたくさん自己紹介してきたんですが、まさかこの嬉しいタイミングでお着物まで着させていただいて、ご挨拶できるとは思っていなかったので本当に嬉しいです。本日はいらっしゃれなかった尚志役を演じた佐藤さんと瀬々組の代表としてこちらに立ちたいと思います。よろしくお願いいたします。

と配給会社まで気にかける土屋さんの気遣いには舌を巻きます。

瀬々監督:今日は初場所だったので、相撲見たかったのですが、来てしまいました。おめでたい席で、土屋さんの晴れ着姿を見れて、本当によかったです。今後も上映続きますので、是非是非引き続きよろしくお願いいたします。

とそれぞれ大ヒット舞台挨拶に立てる喜びを露わにした。

映画情報どっとこむ ralph 挨拶が終わると、早速くす玉に手をかけ

土屋さん:みなさん心の中で一緒に引いてください!では参ります!

との掛け声で大ヒットを記念したくす玉割り。


大ヒットを受け、周りの反応を聞かれると、

土屋さん:家族も友人も何度も見てくれたり、インスタやブログでも沢山のコメントを観て、時間が経つにつれてたくさんの愛情を感じます。この作品を撮っている頃から、周りのスタッフさんにいいことが起こっていて、完成披露試写から司会をしていただいている笹川さんもご結婚されて、本当におめでとうございます!

と土屋さんから祝福のコメントをもらうと、

笹川さん:土屋さんから幸せの粉が降り注いでいて、それを頭から浴びました。

と話しました。

瀬々監督:ブログに書いていたけど、劇場に観に行ったんだよね?周りの人にバレなかったの?

と、土屋さんに尋ねると、

土屋さん:バレなかったです。観てきて、誰もエンドロールの最後で帰らなくて、それがすごく嬉しかったです。帰りにみなさんの会話を盗み聞きしていて(笑)、嬉しい言葉をたくさん言ってくださっていて、とっても嬉しかったです。

と感無量だったご様子。

映画情報どっとこむ ralph 次に、今回は登壇していない佐藤健さんの話になると、

土屋さん:健先輩はあのまんまなんですね。私も思っていることを結構言ってしまっているんで、あんまり言い残したことはないんですが、健先輩はご自身が思われているより、少年っぽい方なのかな、と思います。よく私に「悪ガキだな」とおっしゃるんですが、私に対応してくださってくれているということは少年っぽい方なんだなと思います。相手をしてくださって助かっています。(笑)

と撮影中、そしてプロモーション中を振り返っていました。


最後に・・・・

土屋さん:この作品を観てくださった、愛してくださったみなさんのおかげで、この作品に込めた思いがたくさんの方に届きつつあって嬉しく思います。初日にこの会場で言わせて頂きましたが、もう一度言わせて頂きます。大切な何かを守りたいとき、探したいとき、心が折れそうなとき、この作品がみなさんの暖かなお守りになりますよう心から祈っております。

瀬々監督:この作品は命の映画だと思っています。実際にあった話なので、この作品を撮るのは勇気がいりました。佐藤さん、土屋さんも勇気と愛情をもって撮影に挑んで頂き、この作品ができました。この映画が今後命について考える機会になったら嬉しいです。土屋さん、ありがとうございました。

と監督が話し、ここで本日のお客様への大入り袋プレゼントのサプライズが土屋さんから発表!

「えー!」と会場は驚き、歓喜に沸きました。

土屋、瀬々監督より1人づつ大入袋をお渡しした観客は興奮気味に会場を去り、イベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

全国にて大ヒット公開中

***********************************

佐藤 健 土屋太鳳 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治 杉本哲太 薬師丸ひろ子
主題歌:back number「瞬き」(ユニバーサル シグマ)
監督:瀬々敬久(「64-ロクヨン-前編/後編」)
脚本:岡田惠和(「ひよっこ」)
音楽:村松崇継(「抱きしめたい-真実の物語-」)
原作: 中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社)
配給:松竹
©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会