「土屋太鳳」タグアーカイブ

映画『累 -かさね-』衝撃の原作、遂に最終回!土屋太鳳、芳根京子から熱いメッセージ!


映画情報どっとこむ ralph 現在、13巻まで発売され累計発行部数230万部突破、イブニング新人賞出身の新しき才能・松浦だるまが放つ『美醜』をテーマにした人気コミック「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)が、『ストロベリーナイト』や『キサラギ』を手掛けた佐藤祐市監督により実写映画化。

キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える主人公、“醜い”累(かさね)と“美しき”ニナを、土屋太鳳さんと芳根京子さんの二人が鬼気迫る演技で、それぞれ、1人2役=2人1役を演じます。
日本に先んじて、スイスで行われた第18回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭に出品され、目の肥えた海外の観客からの大絶賛を受け、「観客賞」を受賞! その他、続々と海外映画祭から呼ばれており、早くも海外から注目されております。


そんな映画の原作漫画が、漫画誌「イブニング」で堂々のフィナーレを迎えます!

本日発売の漫画誌「イブニング」(17号)にて、漫画「累」の最終回である第125話が掲載され、2013年から5年間続いた連載が遂に終了します。その表紙を実写映画の主演である土屋太鳳さん、芳根京子さんの2人が、映画のビジュアルで表紙を飾ります!

映画情報どっとこむ ralph そんな二人から、原作終了前日である今日、同タイミングでブログにコメントと2ショット写真をサプライズでアップ!

土屋太鳳 さん(淵 累/丹沢ニナ 役):
漫画「累」がいよいよ、明日発売する「イブニング」にてフィナーレを迎えるとのこと。
本当におめでとうございます…! 私が昨年夏に体験した累たちの世界は、なぜか「永遠」の感覚に近くて、その世界が節目を迎えることは想像が出来ないのですが、5年の月日を走り続けてきた累たちは消えるのではなく、これから更に読む人々のもとに、美しくせつなく舞い降り続けるのだと思います。「累」の世界に出会うことが出来て、本当に本当に本当によかった…!私は本当に…累たちに、どんなに救われたことでしょう。
これから末永く、そしてゆっくりと、感謝をお伝えしていけたら嬉しいです。
スクリーンの累とニナと共に、心からの愛を込めて。

芳根京子さん (淵 累/丹沢ニナ 役):
松浦だるま先生、本当に、本当にお疲れ様でした!
試写の時、だるま先生の後ろの席で鑑賞していたのですが、映画が終わった時、だるま先生が振り向いて「累になってくれてありがとう」と手を握ってくださいました。
それが、嬉しくて、ホッとして、温かくて、あぁ、累と一緒に戦ってよかった、とたくさんの感情の涙が止まらなくなり、佐藤監督がそんな私も見て「人が声を出して泣きわめく姿久しぶりに見た」と爆笑しておりました。笑
去年の夏、映画「累-かさね-」の世界を駆け抜けた時間は、この先も忘れたくない、忘れない、私の大切な大切な宝物です。最高の夏でした。
だるま先生、ニナ、累、本当にありがとうございました!!

映画情報どっとこむ ralph それに応える形で、松浦だるま先生もコメントと描き下ろしで特別イラストをアップ!

松浦だるま先生(原作者):
漫画「累-かさね-」が最終回を迎える事について、映画版主演の土屋さんと芳根さんがそれぞれInstagramとブログでふれてくださり、めちゃくちゃに嬉しいお言葉に感激しております…!映画版に触発されて完走できたと言える部分もあり、描きながらお二人の累/ニナが脳裏によぎる瞬間が何度もありました。
映画「累」の撮影現場ではさながら奇跡を見るようでした。もちろんその演技力はお二人が懸命に培ってきた経験や知識の積み重ねによって表されるのだと思いますが、それだけではなく、土屋さん芳根さんの感性の見せてくれるものが、私には素晴らしい表現として景色としてスクリーンに映って見えました。
 本物の女優であるお二人の力の見せる鮮烈な姿が、原作に与えた衝撃と影響はひとことではあらわせません。原作はイブニング本誌では明日8月10日、単行本では9月7日に最終回を迎え、同時に映画公開と、なんか生まれ変わって羽ばたいていくようです。こんな幸せな作品があるだろうか。
 ちょっとうれしすぎて長々と書きすぎなんですが、土屋太鳳さんも芳根京子さんも本当にありがとうございます。お忙しい中とは思いますが、どうかご自分の身体を大事にがんばってください!映画「累」はもちろん、その先のご出演作品もファンとして追い続けることになりそうです。

映画情報どっとこむ ralph いよいよ本日終了する大ヒットコミック「累-かさね-」!
実写映画も公開までいよいよ1か月を切りました!

原作同様に、衝撃の展開の連続! 予測不能の劣等感ドロドロバトルが、9月7日(金)、開幕します…!

累 -かさね-

公式サイト:http://kasane-movie.jp/




土屋太鳳オフィシャルブログ:
https://ameblo.jp/tao-tsuchiya/
芳根京子オフィシャルブログ:
https://ameblo.jp/yoshinekyoko/
松浦だるまTwitter:
https://twitter.com/darumaym?lang=ja
***********************************

原作  : 「累 -かさね-」(講談社「イブニング」連載中)   
脚本   : 黒岩勉
監督  : 佐藤祐市
出演 : 土屋太鳳 芳根京子
横山 裕 / 筒井真理子 生田智子 村井國夫 檀 れい 
浅野忠信
主題歌  : Aimer「Black Bird」(SME Records)
製作   : フジテレビジョン
配給   : 東宝

Ⓒ2018映画「累」製作委員会 Ⓒ松浦だるま/講談社


土屋太鳳x芳根京子『累-かさね-』ヌーシャテル国際映画祭で観客賞


映画情報どっとこむ ralph 現在、13巻が発売され累計発行部数230万部突破、イブニング新人賞出身の新しき才能・松浦だるまが放つ『美醜』をテーマにした人気コミック「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)が、『ストロベリーナイト』や『キサラギ』を手掛けた佐藤祐市監督 により実写映画化。

キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える主人公、“醜い”累(かさね)と“美しき”ニナを、土屋太鳳 と 芳根京子の二人が鬼気迫る演技で、それぞれ、1人2役=2人1役を演じます。

映画情報どっとこむ ralph 劣等感と欲望が渦巻く衝撃の問題作…! そんな本作が、なんと!

スイスで行われた第18回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭において、「観客賞」を受賞しました!

ヨーロッパを代表する伝統的な映画祭であるヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭。その第18回目となる映画祭が、現地時間 7月6日~7月14日まで開催されました。『累 –かさね-』は、インターナショナルコンペティション部門に出品され、7月11日(現地時間)には、ワールドプレミアとして世界初上映! 

愛と狂気を描く刺激的な“ダークシンデレラストーリー”に映画祭会場は大きく沸き、14日にも行われた上映会に登壇した佐藤監督には、現地の目の肥えた観客から割れんばかりの大きな拍手が送られました!

観客の心を鷲掴みにした本作は、観客の投票により選ばれる「観客賞」を受賞!

佐藤祐市監督:閉会式で、タイトルと僕の名前が呼ばれた時、正直嘘だろうと思い直ぐには立ち上がる事が出来ませんでした。観客賞を頂いたと言う事は、異国の観客にも二人の熱量の高い演技の迫力が届いた証ですね。
太鳳ちゃん、京子ちゃん。やったね~!良かった~!
と、受賞時の驚きと喜びの気持ちを伝えています。

映画情報どっとこむ ralph さらに、W主演の土屋太鳳&芳根京子からもコメントが到着!

土屋太鳳さん (淵 累/丹沢ニナ 役)からのコメント
光栄な賞に胸がいっぱいです!演じてる時、累もニナも劇中劇の少女達も、自分を受けとめ解き放ってくれる世界を探してるように感じてました。彼女達はきっと、熱い拍手に救われたと思います。心からの感謝をこめて…!

芳根京子さん (淵 累/丹沢ニナ 役):からのコメント
映画『累-かさね-』を海外の方にも見ていただけて、本当に嬉しいです。たくさんたくさん情熱を込めて、太鳳ちゃんをはじめとする素敵なキャスト、佐藤監督、スタッフの皆さんと作り上げたこの映画が、海外の映画祭で観客賞という素敵な賞をいただけたということで、累が今、やっとスタートラインに立てたのかな、と喜びと感謝でいっぱいです。一人でも多くの皆さんに『累 -かさね-』が届きますように!


世界が認めた、衝撃の問題作! 予測不能の劣等感ドロドロバトル!
まずは海外の観客を虜にした映画 『累 –かさね-』が、9月7日、次は日本を席巻します!


累 -かさね-

9月7日(金)より全国東宝系にて公開!

公式サイト:
http://kasane-movie.jp/

***********************************

出演 : 土屋太鳳 芳根京子
横山 裕 / 筒井真理子 生田智子 村井國夫 檀 れい 
浅野忠信


原作  : 「累 -かさね-」(講談社「イブニング」連載中)   
脚本   : 黒岩勉
監督  : 佐藤祐市

主題歌  : Aimer「Black Bird」(SME Records)
製作   : フジテレビジョン
配給   : 東宝
制作プロダクション:共同テレビジョン
Ⓒ2018映画「累」製作委員会 Ⓒ松浦だるま/講談社


土屋太鳳 芳根京子 予測不能の女のドロドロバトル!『累 –かさね-』メインビジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph 松浦だるま先生が放つ『美醜』をテーマにした人気コミック「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)が、『ストロベリーナイト』や『キサラギ』を手掛けた佐藤祐市監督 により実写映画化。

キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える主人公、“醜い”累(かさね)と“美しき”ニナを、土屋太鳳 と 芳根京子の二人が鬼気迫る演技で、それぞれ、1人2役=2人1役を演じます。

この度、そんな衝撃的な本作のメインビジュアルが解禁!

7月13日(金)より、全国の映画館にてメインビジュアル版のチラシ掲出が開始! キスをして顔を反転させる「累」と「ニナ」にちなみ、「表」と「裏」、反転させてもメインビジュアルの両A面チラシとなっております!


片面は、「美しいだけで、幸せですか?」「醜いだけで、罪ですか?」という衝撃的なコピーに囲まれ、顔を寄せあう土屋太鳳と芳根京子の美しくも妖しいインパクトのあるビジュアル。
もう一方では、同じ構図の2枚の写真が並べられ、土屋太鳳と芳根京子の顔が→キスをして→顔が入れ替わっていることが分かる、『累 –かさね-』の世界観を1枚で表現した不思議なビジュアル。

どちらの面も美しくダークな雰囲気を持つ、唯一無二のビジュアルとなっております!

映画情報どっとこむ ralph 劣等感と欲望が渦巻く、予測不能の女のドロドロバトル!

観た者を虜にする映画『累 –かさね-

9月7日(金)より全国東宝系にて公開!

公式サイト: http://kasane-movie.jp/


幼い頃より自分の醜い容姿に劣等感を抱いてきた女・累。

今は亡き伝説の女優・淵透世を母に持ち、母親ゆずりの天才的な演技力を持ちながらも、母とは似ても似つかない容姿に周囲からも孤立して生きてきた。そんな彼女に母が唯一遺した1本の口紅。それは、キスした相手の<顔>を奪い取ることができる不思議な力を秘めていたー。

ある日、累の前に、母を知る一人の男・元舞台演出家の羽生田が現れる。累は羽生田の紹介で、圧倒的な“美”を持つ女・ニナと出会う。二ナはその美しい容姿に恵まれながらも、ある秘密を抱え、舞台女優として花開かずにいた。

母ゆずりの“天才的な演技力”を持つ累と。“恵まれた美しさ”を持つニナ。運命に導かれるように出会い、“美貌”と“才能”という、お互いの欲望が一致した二人は、口紅の力を使って顔を入れ替える決断をする。

累の“演技力”とニナの“美しさ”。どちらも兼ね備えた“完璧な女優”丹沢ニナは、一躍脚光を浴び始め、二人の欲求は満たされていく。しかし、累とニナ、二人がともに恋に落ちた新進気鋭の演出家・烏合が手掛ける大作舞台への主演が決まり、それぞれの欲望と嫉妬心が抑えられなくなっていく―。

光と闇。 憧れと嫉妬心。 虚像(にせもの)と実像(ほんもの)。

目に見えるものだけが真実なのか―。 本当の美しさとは―。

***********************************

原作 : 「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)
監督 : 佐藤祐市
出演 : 土屋太鳳 芳根京子
横山 裕 / 筒井真理子 生田智子 村井國夫 檀れい
浅野忠信

主題歌 : Aimer「Black Bird」(SME Records)

脚本 : 黒岩勉
製作 : フジテレビジョン
配給 : 東宝
制作プロダクション:共同テレビジョン
Ⓒ2018映画「累」製作委員会 Ⓒ松浦だるま/講談社


土屋太鳳VS芳根京子「累-かさね-」Aimerの楽曲が主題歌に!予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 松浦だるま先生『美醜』をテーマにした人気コミック「累-かさね-」が、佐藤祐市監督により、実写映画化。

キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える主人公、“醜い”累(かさね)と“美しき”ニナを、土屋太鳳と芳根京子の二人が鬼気迫る演技で、それぞれ、1人2役=2人1役を演じます。

この度、深みのあるハスキーボイスで、若者を中心に多くのファンを魅了する女性シンガーAimer(エメ)が主題歌を担当することが決定!

本作のために書き下ろした「Black Bird」は、まさに主人公の心の叫びを儚くも力強く表現した、映画の世界観に浸れる楽曲。映画の主題歌を歌うことが夢だったというAimerが、初めて実写映画を担当する本作の公開日9月7日は、Aimerのデビュー日でもあるという、運命的な出会いが生んだ曲となっています。

主題歌情報
「Black Bird」
≪リリース情報≫
Aimer 15th single
「Black Bird / Tiny Dancers / 思い出は奇麗で」
2018年9月5日(水)発売


映画情報どっとこむ ralph Aimerさん、土屋太鳳さん、芳根京子さんからコメントが寄せられています。

Aimerさんコメント:
たったひとつの口紅のもとに為す術なくもつれ合い折り重なってゆく2人の女性の運命を、一足先に目撃させていただきました。憎み、怯え、絶望し、ときに泣きじゃくり咆哮し狂気を渦巻かせながら、それぞれの孤独の中で2人がもがき争うさまに、息を飲み見入りました。本当の美しさとは、醜さとは? ついつい問いかけてしまいます。実写映画の主題歌を担当させていただくのは今回が初めてで、ひとつの夢でもありました。偶然にもわたしのデビュー日にあたる9月7日に公開される映画『累-かさね-』の世界を、「Black Bird」が彩れていたら本当に幸せです。


土屋太鳳 (淵 累/丹沢ニナ 役)さんコメント:

エンドロールから流れるこの歌を聴いた時、夜明け前の、闇から光に変わろうとする空の色を思い出しました。累たちの世界を美しく引きずるこの歌はエンドロールの闇を更に切なくするけれど、同時に魂の傷を包み、前を向かせてくれる歌だと思います。私にとって「累 -かさね-」との出会いが、自分が愛せない自分と向き合い、その向こうへの一歩となったように、Aimerさんの生命力溢れる歌声によって、多くの人が光と出会いますように。

芳根京子 (淵 累/丹沢ニナ 役)さんコメント:

衝撃でした。完成した映画を観た際に初めて聴かせていただいたのですが、エンドロールで流れてきたこの曲の「累 -かさね-」の世界観を後押ししてくれる力強い歌声に、感情がとても昂ぶり、映画を観終わってもしばらく興奮状態が収まらなかったです!「愛されるような誰かになりたかっただけ」、劇中の累とニナのどちらの気持ちにも寄り添った歌詞に、撮影をしていた時に感じた「累の気持ち」、「ニナの気持ち」両方を思い出させられました。是非、歌詞にも注目して聴いてみて欲しいです。誰もが、心の芯を震わせられます。

映画情報どっとこむ ralph さらに、 “禁断のキスで顔を入れ替える二人の女の嫉妬と欲望の物語”というミステリアスかつシリアスな内容に、Aimerのエモーショナルな唄声が見事にマッチしている最新予告映像も解禁!



土屋太鳳と芳根京子という若手屈指の演技派女優が、激しく罵り合い、揉み合う衝撃の映像となっています。


映画情報どっとこむ ralph また、本作は、第18回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭(現地時間7月6日~7月14日)のインターナショナルコンペティション部門に出品され、ワールドプレミア上映されることが決定。7月14日(現地時間)の上映時には、佐藤祐市監督が参加する予定です。さらに、カナダ・モントリオールで開催される北米最大のファンタスティック映画祭「第22回ファンタジア国際映画祭」(現地時間7月12日~8月1日)の観客賞コンペ部門(Selection 2018)にも選出をされ、世界的にも注目されています。

『累-かさね-』

9月7日(金)より全国東宝系にて公開!

公式サイト:
kasane-movie.jp


幼い頃より自分の醜い容姿に劣等感を抱いてきた女・累。
今は亡き伝説の女優・淵透世を母に持ち、母親ゆずりの天才的な演技力を持ちながらも、母とは似ても似つかない容姿に周囲からも孤立して生きてきた。そんな彼女に母が唯一遺した1本の口紅。それは、キスした相手の<顔>を奪い取ることができる不思議な力を秘めていたー。

ある日、累の前に、母を知る一人の男・元舞台演出家の羽生田が現れる。累は羽生田の紹介で、圧倒的な“美”を持つ女・ニナと出会う。二ナはその美しい容姿に恵まれながらも、ある秘密を抱え、舞台女優として花開かずにいた。

母ゆずりの“天才的な演技力”を持つ累と。“恵まれた美しさ”を持つニナ。運命に導かれるように出会い、“美貌”と“才能”という、お互いの欲望が一致した二人は、口紅の力を使って顔を入れ替える決断をする。

累の“演技力”とニナの“美しさ”。どちらも兼ね備えた“完璧な女優”丹沢ニナは、一躍脚光を浴び始め、二人の欲求は満たされていく。

しかし、累とニナ、二人がともに恋に落ちた新進気鋭の演出家・烏合が手掛ける大作舞台への主演が決まり、それぞれの欲望と嫉妬心が抑えられなくなっていく―。

***********************************

原作:「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)   ©松浦だるま/講談社
監督:佐藤祐市
出演:土屋太鳳 芳根京子
横山 裕 / 筒井真理子 生田智子 村井國夫 檀 れい 
浅野忠信
脚本:黒岩勉
製作:フジテレビジョン
配給:東宝
製作プロダクション:共同テレビジョン
Ⓒ2018映画「累」製作委員会 Ⓒ松浦だるま/講談社


菅田将暉と土屋太鳳が吉本新喜劇にサプライズ登場!見事なズッコケっぷり披露!「となりの怪物くん」公開記念


映画情報どっとこむ ralph 「となりの怪物くん」待望の映画化!!

主演の一人・吉田春を演じるのは、菅田将暉。
また、同じく主演のヒロイン・水谷雫を演じるのは、土屋太鳳。
その他、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、佐野岳ら、若手実力派俳優が集結。瑞々しいキャストの競演がスクリーンを彩ります。監督を務めるのは、“新たなラブストーリーの名手“との呼び声も高い気鋭の月川翔。青春恋愛映画の新たな金字塔を打ち立てる『となりの怪物くん』が、4月27日(金)に公開初日を迎え絶賛公開中!

そして、その公開を記念し5月2日(水)。
菅田将暉と土屋太鳳が吉本新喜劇に本人役でサプライズ登壇しました!

日付:5月2日(水)
場所:なんばグランド花月
登壇:
菅田将暉、土屋太鳳
吉本新喜劇の皆さん
内場勝則座長、山田花子、烏川耕一、安尾信乃助

映画情報どっとこむ ralph 『となりの怪物くん』という本作のタイトルにちなみ、公開前のイベントでは“怪物級”の特技や能力を持つ一般の方々と“怪物”の名をかけ、負けられない戦いに挑んだ二人。

公開後の今回は“大阪の怪物”に会いに行こうということで、「お笑いの怪物」=大阪を代表する“笑いの殿堂”・なんばグランド花月の舞台に参戦!と言うことで

まずは、内場勝則座長と山田花子さん、烏川耕一さん、安尾信乃助さんと挨拶を交わしました。
もちろん二人とも、吉本新喜劇の舞台は初登壇。また大阪出身で幼いころから新喜劇の大ファン、家族で実際に見に来たこともあるという菅田さんに対して、土屋さんは母親が新喜劇の大ファンだが、自身は生で見るのも初めて。

そんな二人が緊張のあまり硬い表情で立っていると、

内場座長:気楽に、リラックスして!

とアドバイスし、そのまま自然な流れで他の新喜劇メンバーも合流し、本読みが開始されました。

二人も再び真剣な表情を見せながら、本読みで自分のセリフを確認。

すると突然!菅田さんから、映画『となりの怪物くん』の劇中シーンを再現する場面で、山田花子さんに向かって菅田さんがいう「俺、雫のこと好きかも。」と言うセリフを、山田さんに合わせて「花子のこと好きかも」のほうが良いのではないかと提案。

新喜劇メンバーと相談し、菅田の提案通りセリフを変更することになりました。その後も、実際の段取り確認では、立ち位置含めわからないことは聞きながら、細部までしっかりと確認していました。

映画情報どっとこむ ralph そして、すべての準備を終え、いよいよ本番。

会場は満員御礼、立ち見も出ていたため約900名のお客様が!そんなお客様の前に、おなじみの吉本新喜劇のメンバーが登場すると客席からは大歓声が沸き起こり、キャンプ場を舞台に物語がスタートするとあっという間に大爆笑の渦に!そのキャンプ場に、内場勝則座長の一家がみんなで遊びに来るものの、一家の娘・息子はこんなところに来たくはなかったと大騒ぎ。そんな中、キャンプ場の主人の母が、怪物級にびっくりする二人に偶然出会ったから連れてきたということで紹介されるのが、菅田将暉さんと土屋太鳳さん!
二人が登場することはサプライズだったため、主題歌「アイラブユー」をバックに二人が突然登場すると、まさかの出来事に会場には

「えーー!!本物!?」

と驚きの声が響き渡ります!しかし徐々に驚きから、割れんばかりの歓声に変わり、二人が挨拶しようとしても歓声がおさまることなく…あまりの歓声に、新喜劇メンバーが「落ち着いて!」と呼びかけるほど。

そして挨拶のために菅田が手を挙げると、“真似るネタ”かと勘違いしたのか客席中の人が万歳のポーズに(笑)そんなあたたかい空気の中、舞台は進行していきました。

菅田さん:花子のこと好きかも、近くで見たらバカボン・・

烏川耕一さんの口がヒョットコのように見えるのでイジり倒すという定番のくだりに挑戦した二人。ヒョットコにかけ、

菅田さん:ヒョット来い!

と言うと、

烏川さん:ちょっと来いやろ!

から素早く突っ込みが入るなど、テンポよく“ヒョットコ”の言葉遊びでボケ倒し、
「ええ!」とオーバーすぎるほどに驚くというくだりでは、二人とも顎が外れ、目が飛び出るのではないかと思うほどの表情で驚き、会場は大爆笑。

さらに、菅田の提案でセリフが変更になった本作のシーンを再現する場面も、大成功!さらに、新喜劇と言えば…【ズッコケ】ということで、二人も新喜劇メンバーに引けを取らないズッコケっぷりを披露!
二人から作品の紹介し、最後には、何か言おうとして何も言わずに去る…というこちらも定番のネタを披露し出番は終了。“わらいの怪物”といえる内場座長率いる吉本新喜劇メンバーとの競演は、終始、客席が大爆笑&大歓声となりました。

映画情報どっとこむ ralph 終了後、菅田と土屋はこの日の感想をそれぞれ答えました。

菅田将暉さんからのコメント
とても緊張しましたが、本当に楽しかったです!挨拶しようと手をあげたら、皆さんも何故か手をあげて!そういうことじゃない!って思いながら…(笑)本当にそのくらいノリが良くて優しいお客さんばかりでした。そして実際に舞台に立って気付いたことは、新喜劇メンバーの皆さん本当に声が通るんです!合わせようとして頑張ったので、終わったら声が枯れていました(笑)


土屋太鳳さんからのコメント
新喜劇の舞台に立つことができて、嬉しかったです。定番のくだりに参加させていただくのはとても緊張したのですが、本当にお客さんの反応が優しくてフォローしていただけて、感激しました。楽しい時間はあっという間で、もっともっとあの場所に居たかったです。菅田さんが最初大きな声ではじめてくださったので、私も大きな声を出すことができました!(笑)

映画情報どっとこむ ralph となりの怪物くん

4月27日(金)より全国東宝系にて大ヒット上映中!

映画公式サイト:
http://tona-kai.jp

映画公式Twitter:
@MovieTonakai

物語・・・
行動予測不能な超問題児で“怪物”と呼ばれる春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、二人とも恋人はおろか、友達もいない。二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。

それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白。仕事で家にいない母親に認められるために、幼い頃から勉強だけを信じてきた雫にとって、友達や恋人などはただの邪魔な存在でしかなく、はじめは無関心だったが、やがて春の本当の人柄に触れ、次第に心魅かれていく。そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。初めての友情、初めての恋愛。そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も巻き起こり、二人の世界が変わっていく。それは春と雫にとって、初めて“みんな”で過ごす時間だった。

そんなある日、兄の優山(古川雄輝)が春のもとに現れたことがきっかけで、春は絶縁状態だった父親の元へ突如連れ戻されることになり、雫の前からも姿を消してしまう。

なぜ、春は“怪物”になったのか?
そしてその真実が明らかになったとき、春と雫の恋の行方は―?

***********************************

キャスト:
菅田将暉 土屋太鳳
古川雄輝 山田裕貴 池田エライザ 浜辺美波 佐野岳
佐野史郎 / 速水もこみち

原作:ろびこ『となりの怪物くん』(講談社「KCデザート」刊)
監督:月川 翔
脚本:金子ありさ
音楽:林ゆうき
主題歌:西野カナ「アイラブユー」(SMEレコーズ)
©2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 ©ろびこ/講談社

企画・製作:東宝
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝