「国際交流基金アジアセンター」タグアーカイブ

CROSSCUT ASIAを鑑賞で斎藤工インタビュー&エリック・クーイラスト特別ブックレット配布決定!


映画情報どっとこむ ralph 第30回東京国際映画祭にて、アジア映画特集シリーズ「国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA」の第4弾として、「ネクスト!東南アジア」と題し、東南アジアの名監督たちが推薦する若手監督の作品を大特集します。

フィリピンのブリランテ・メンドーサが推薦するHF・ヤンバオの『キリスト』(2016)、
シンガポールのエリック・クーが推薦するカーステン・タンの『ポップ・アイ』(2017)、
タイのアピチャッポン・ウィーラセタクンが推薦するウィットチャーノン・ソムウムチャーンの『4月の終わりに霧雨が降る』(2012)、
カンボジアのリティ・パンが推薦する若手短編集など、

東南アジアの映画界を牽引する名監督が、直々に推薦する若手監督たちの作品を紹介し、先輩から後輩へとつながる東南アジア映画の系譜に注目。

会期中には各作品の監督や出演者などが来日し、上映後のQ&Aやシンポジウムも予定しています。


そして、この度、豪華顔ぶれの推薦監督たちのコメント映像と本特集の特別予告編を公開。


会場ではCROSSCUT ASIAをご鑑賞の方に、斎藤工インタビュー&エリック・クー貴重イラストなどが付いた特別ブックレットも配布するそうです。

映画情報どっとこむ ralph 国際交流基金アジアセンターpresents
「CROSSCUT ASIA#04 ネクスト!東南アジア」


上映日時等、詳しくは公式HPからご覧ください。
2017.tiff-jp.net/ja/


<13本10プログラム(長編9本、短編4本)>

◆トラン・アン・ユン監督推薦
『大親父と、小親父と、その他の話』(2015年 ベトナム、フランス、ドイツ、オランダ/102分)

◆ガリン・ヌグロホ監督推薦
『回転木馬は止まらない』(2017年 インドネシア/84分)

◆アピチャッポン・ウィーラセタクン監督推薦
『4月の終わりに霧雨が降る』(2012年 タイ、オランダ/77分)

◆ブリランテ・メンドーサ監督推薦
『キリスト』(2016年 フィリピン/92分)

◆女優シャリファ・アマニ推薦
『私のヒーローたち』(2017年 マレーシア/122分)

◆エリック・クー監督推薦
『ポップ・アイ』(2017年 シンガポール、タイ/102分)

◆リリ・リザ監督推薦
『他者の言葉の物語』(2016年 インドネシア/82分)

◆石坂健治プログラミング・ディレクター推薦
『ヤスミンさん』(2017年 マレーシア/70分) 

◆カンボジア若手短編集
『ABCなんて知らない』(2015年/22分)
『赤インク』(2016年/21分)
『三輪』(2015年/21分)
『20ドル』(2017年/13分)

◆『カカバカバ・カ・バ?』(1980年 フィリピン/106分)

映画情報どっとこむ ralph
<第30回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル:第30回東京国際映画祭 
開催期間:2017年10月25日(水)~11月3日(金・祝)
会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト:www.tiff-jp.net/

【チケット発売日】※部門別での発売開始となります。
10月14日(土)12:00~アジアの未来/CROSSCUT ASIA/企画上映
        16:00~コンペティション/Japan Now/日本映画クラシックス
10月15日(日)12:00~日本映画スプラッシュ/ワールド・フォーカス/ユース
        16:00~特別招待作品/特別上映

詳しくは公式サイトでご確認ください。

***********************************




ディーン フジオカ SPインタビューありCROSSCUT ASIA特別ブックレット配布決定!


映画情報どっとこむ ralph 10月25日(火)より開幕の第29回東京国際映画祭(以下TIFF)で特集される「国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA #03 カラフル!インドネシア」。

そして好評の特別ブックレットが完成しました!

今回の注目は、日本が誇る国際派スター、ディーン フジオカさんのスペシャルインタビュー。香港で映画デビューし、台湾、そして日本で大ブレイク中のディーンさんは、生活の拠点をインドネシアのジャカルタに置きながらワールドワイドに活躍されています。ディーンさんが語るインドネシアの魅力や、デビューから今までの活躍、そして国際派スターとしての今後の抱負とは?撮り下ろし写真を含む6頁にわたる充実したインタビューにぜひご注目ください。
ディーン-フジオカ:Photo by Omori Fumiaki
ディーン-フジオカ:Photo by Omori Fumiaki

映画情報どっとこむ ralph また、直木賞作家・篠田節子さんの巻頭エッセイ、石坂健治プログラミング・ディレクターによる、来日も決定した国際派監督テディ・スリアアトマジャの真髄に迫るインタビュー、躍進めざましいインドネシアの若手女性映画人たちの鼎談など、このブックレットだけの注目企画が盛り沢山!特別ブックレットは、本部門の来場者に無料で配布される予定です。

前売りチケットは、本日12時より発売開始!
詳しくは東京国際映画祭公式サイト
www.tiff-jp.net へ!!

映画情報どっとこむ ralph crosscut_asia03_flyers-1
国際交流基金アジアセンターpresents「CROSSCUT ASIA #03 カラフル!インドネシア」

概要:アジアの国、監督、俳優、テーマなどに焦点を当て、アジア映画の特集上映を行う「CROSSCUT ASIA」(クロスカット・アジア)は、2014年、TIFFの一部門として新設立された部門。アジアの現在(いま)を鋭く切り取った珠玉の映画を紹介していきます。第3弾は、究極の多様性を内包する国ともいわれる「インドネシア」を大特集。本年度の上映作品の詳細につきましては、映画祭公式サイトでお知らせ!

シンポジウム「インドネシア未来図~女性映画人は語る」
日時:10月26日(水) 13:50~
※『三人姉妹(2016年版)』の上映及びQ&A後に、開催いたします。
会場 : TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン1

ゲスト : カミラ・アンディニ(『ディアナを見つめて』監督)、ニア・ディナタ(『三人姉妹(2016年版)』監督)、
メイスク・タウリシア(『ディアナを見つめて』『舟の上、だれかの妻、だれかの夫』プロデューサー)、
モーリー・スリヤ(『フィクション。』監督) ※予定

この回の『三人姉妹(2016年版)』をご覧いただいた方々は、そのままQ&Aとシンポジウムをご覧いただけます。また、お席に余裕が有る場合のみ、シンポジウムからも無料でご参加いただけます。シンポジウムのみご参加をご希望の方は、13:40までにTOHOシネマズ六本木 スクリーン1入口前にお越し下さい。満員の場合はご覧いただけないことを予めご了承下さい。登壇ゲストはすべて予定です。変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph そして・・・

選べる行き先!インドネシア映画を観て、インドネシアへ行こう!(10/25[火]〜 11/18[金]締切)

第29回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA #03 カラフル!インドネシア」の上映作品を観て、アンケートにお答えいただいた方から選べる行き先!東京発―ジャカルタまたはデンパサール行き・エコノミークラスペア航空券(1組2名様)を含む超豪華賞品が当たるスペシャルキャンペーンを実施するそうです。

詳しくは映画祭公式サイトをチェック

映画情報どっとこむ ralph 29thTIFF_LOGO 第29回東京国際映画祭 開催概要
開催期間:2016年10月25日(火)~11月3日(木・祝)
会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)ほか 都内の各劇場および施設・ホールを使用
オフィシャルウェブサイト:
http://www.tiff-jp.net
チケット発売: 10月15日(土)12時より発売開始!

***********************************



SSFF & ASIA 2016 東南アジアシンポジウムの模様を動画配信開始!


映画情報どっとこむ ralph 米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジアは、国際交流基金アジアセンターと2年に渡り、東南アジア11カ国のショートフィルム上映と各国の短編映画関係者による国際シンポジウムを映画祭内にて実施しました。そして、この度、2016年度に開催されたシンポジウムの動画配信を本事業特設ウェブサイトにて開始しました。
2016年度特設ウェブサイト
%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0_%e3%83%91%e3%83%8d%e3%83%ab
【 SSFF & ASIA 2016 東南アジアシンポジウムパネリスト】
%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0 ・ラミン・ウー
 ドキュメンタリー映画監督・プロデューサー (ミャンマー)
・フォン・ホァン・グエン
 映画人材開発センター(TPD) 代表 (ベトナム)
・タン・チュイ・ムイ
 映画監督、ダフアン・ピクチャーズ共同創立者、ネクスト・ニュー・ウェーブ創立者 (マレーシア)
・サライティップ・タルプーム
 チュラーロンコーン大学映画学教員 (タイ)

第二回目の今年は、ミャンマー、ベトナム、マレーシア、タイからのパネリストがシンポジウムに参加。昨年同様、 「東南アジアのショートフィルムの現状と展望」と題し、「映画産業全体からみた、東南アジア各国におけるショートフィルムの位置づけ」「各国におけるショートフィルム制作の状況」「各国での若手映像作家の育成状況」「未来に向けた共通課題とその解決」の4テーマで議論が交わされました。一括りに東南アジアと言っても、政治や宗教的背景、経済状況などは大きく異なるため、映画製作事情も多種多様。例えば、マレーシアでは広告業界がショートフィルム製作の土壌となっていたり、ミャンマーでは比較的コストがかからないドキュメンタリー作品が多くつくられていたりと、各国の具体的な状況を伺うことができ、ショートフィルムの新たな輪が国際的に広がっていく貴重な機会になりました。

映画情報どっとこむ ralph %e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%86%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2
■国際交流基金アジアセンターとは

国際交流基金アジアセンターは、アジア域内に住む人々の間に、共に生きる隣人としての共感、共生の意識を育くんでいくことを目指し、文化事業、知的交流事業、日本語教育事業をはじめとした幅広い分野で、日本とその他のアジア諸国との交流と協働を促進、強化するさまざまな活動を行っています。東南アジア地域を主な対象とする交流事業や調査・研究活動等を支援する助成プログラムも実施しています。詳細はウェブサイトをご覧ください。
jfac.jp


■ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (SSFF&ASIA)について

俳優の別所哲也が代表をつとめる米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭。1999年に東京・原宿で誕生し、これまでに延べ34万人を動員。初年度は映画『スター・ウォーズ』で有名なジョージ・ルーカス監督の学生時代のショートフィルムも6作品上映し、その後も毎年、応援メッセージを頂くなどご協力を頂いています。
www.shortshorts.org
***********************************




アジア・オムニバス映画「アジア三面鏡」主要キャスト決定‼ #TIFF


日本を含むアジアの監督3名が、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作する東京国際映画祭初の映画製作プロジェクト「国際交流基金アジアセンター×東京国際映画祭 co-produce アジア・オムニバス映画製作シリーズ『アジア三面鏡』」。

行定勲監督(日本)、ブリランテ・メンドーサ監督(フィリピン)、ソト・クォーリーカー監督(カンボジア)による作品の詳細と主要キャストが決定しました。

アジア三面鏡 写真上段左:ルー・ヴェローソ(フィリピン/俳優) 、津川雅彦(日本/俳優) 、加藤雅也(日本/俳優) 、
写真下段左:シャリファ・アマニ(マレーシア/女優) 、永瀬正敏(日本/俳優)、チュムヴァン・ソダチヴィー(カンボジア/女優)

ブリランテ・メンドーサ監督
による作品は、日本を不法滞在で追われ、故郷フィリピンに数十年ぶりに帰ることとなる男の心の内に接近するストーリー。

苦境に見舞われながらも逞しく誇り高く生きる自国の人々を巧みに描くメンドーサ監督が、北海道帯広、マニラを舞台にナショナリティーを失ったことで伴う人生の喪失について描きます。

主演は、フィリピンで最も尊敬される俳優の一人で『ボーン・レガシー』(12年)などハリウッド映画でも活躍するフィリピンの名優、ルー・ヴェローソ。



行定勲監督
による作品は、かつては日本軍が駐留し、現在多くの日本人高齢者が余生を過ごすため移住するマレーシアが舞台。日本から移住し、鳩舎のある屋敷で家族と離れて暮らす老人と、ヘルパーの若いマレーシア人女性の心の交流を描きます。
主演は日本映画界の重鎮、津川雅彦。相手役はマレーシアの故ヤスミン・アフマド監督のミューズ、シャリファ・アマニ。老人の息子役として永瀬正敏が出演します。


ソト・クォリーカー監督
による作品は日本とカンボジアを繋ぐ時代を超えたラブストーリー。初監督作『シアター・プノンペン』(7月2日公開)でクメール・ルージュにより失われた自国の映画史を題材に、未来への望を描いたクォリーカー監督。2作目となる本作では二つの時代にカンボジアで出会った男女の恋愛模様を同国の内戦の歴史、そしてプノンペンに実在する日本友好支援の橋、《日本橋》を軸に描きます。

主演は映画、テレビ、舞台など国内外数々の作品で活躍する加藤雅也。相手役はカンボジアより現在宮本亜門演出の舞台「ライ王のテラス」に出演中のチュムヴァン・ソダチヴィー。


本作品は10月25日(火)~11月3日(木・祝)まで開催予定の第29回東京国際映画祭にてワールドプレミア上映したのち、世界各国の主要映画祭等での上映を目指すそうです。

「アジアで共に生きる(Live together in Asia)」を共通のテーマに、日本とカンボジア、フィリピン、マレーシアを舞台に両国間を行きかう人々の生きる姿を映し出します。

********************************************************************