「国立映画アーカイブ」タグアーカイブ

「EUフィルムデーズ2018」25カ国・27作品の上映ラインナップ公開


映画情報どっとこむ ralph EU加盟国より25カ国が参加し、各国の最新映画や名作などを一堂に集める映画祭、「EUフィルムデーズ2018」が5/26(土)より東京・国立映画アーカイブにて開催となります。この度先日発表となった日本初公開作品11本の他、映画祭で上映される通常プログラム・全27作品の情報が公開となりました!
ポルトガルの巨匠ペドロ・コスタ監督『ホース・マネー』、桃井かおり主演のラトビア映画『ふたりの旅路』、第26回レインボー・リール東京で上映され話題を呼んだアイルランド映画『マッド・メアリー』、スペインの第26回ゴヤ賞で「最優秀アニメーション賞」を受賞した『しわ』の原作パコ・ロカ氏の最新作『パジャマを着た男の記憶』など各国の個性際立つ魅力的な作品27本が勢ぞろいしました。

「ホース・マネー」ポルトガル

「マッド・メアリー」アイルランド

「アロイス・ネーベル」チェコ


また5月中旬より映画祭開催を記念したブックフェアを、東京堂書店神田神保町店、青山ブックセンター六本木店、
八重洲ブックセンター本店、HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE4店舗にて開催します!
こちらの詳細は各店舗HPにて随時お知らせします。

映画情報どっとこむ ralph <EUフィルムデーズ2018>
◆東京会場:国立映画アーカイブ ※旧東京国立近代美術館フィルムセンター
 期間:5/26(土)ー6/21(木)
◆京都会場:京都府京都文化博物館
 期間:6/2(土)ー6/24(日)
◆広島会場:広島市映像文化ライブラリー
 期間:7/1(日)ー7/13(金)

<主催>
在日EU加盟国大使館・文化機関 駐日欧州連合代表部
国立映画アーカイブ 京都府京都文化博物館 広島市映像文化ライブラリー

EUフィルムデーズ2018 公式サイト:www.eufilmdays.jp

映画情報どっとこむ ralph <上映作品一覧>
◆日本初公開作品
エストニア:『私と同じ顔の、おじさん』
(原題: Minu näoga onu(The Man Who Looks Like Me)/監督:カトリン・マイミック、アンドレス・マイミック/2017年/エストニア/110分)
オーストリア:『世界でいちばんの幸せ』
(原題:Die beste aller Welten(The Best of All Worlds)/ 監督:アドリアン・ゴイギンガー/2017年/オーストリア、ドイツ/103分)
オランダ:『キッツ先生の子供たち』
(原題:De kinderen van juf Kiet(Miss Kiet’s Children)/監督: ペトラ・ラタスター・ジッシュ、ペーター・ラタスター/2016年/オランダ/ 113分)
ギリシャ:『もうひとりの私(仮)』
(原題:Έτερος εγώ (The Other Me)/監督:ソティリス・ツァフーリャス/2016年/ギリシャ/ 101分)
クロアチア:『緑の丘のミステリー』
(原題:Uzbuna na Zelenom Vrhu (The Mystery of Green Hill)/監督:チェエン・チェルニッチ/2017年/クロアチア/81分)
スロヴァキア:『ウィルソン・シティ』
(原題:Wilsonov (Wilson City)/監督:トマーシュ・マシーン/2015年/スロヴァキア、チェコ/115分)
スロヴェニア:『鉱夫』
(原題:Rudar(The Miner)/監督:ハンナ・スラク/2017年/スロヴェニア/100分)
ドイツ:『キャスティング』
(原題:Casting/監督:ニコラス・ヴァッカーバルト/2017年/ドイツ/91分)
ブルガリア:『猿』
(原題:Маймуна(Monkey)/監督:ディミタル・コツェフーショショ/2016年/ブルガリア/126分)
リトアニア:『エミリヤ、自由への闘い』
(原題:Emilija iš Laisvės alėjos(Emilia.Breaking Free)/監督:ドナタス・ウルヴィダス/2017年/リトアニア/122分)
ルクセンブルグ:『ラスティー・ボーイズ 〜ビバ老後!〜』
(原題:Rusty Boys/監督:アンディ・バウシュ/2017年/ルクセンブルグ/107分)


◆追加決定作品
アイルランド:『マッド・メアリー』
(原題:A Date for Mad Mary/監督:ダレン・ソーントン/2016年/アイルランド/82分)
イギリス:『日の名残り』
(原題:The Remains of the Day/監督:ジェームズ・アイヴォリー/1993年/イギリス/134分)
イタリア:『人間の値打ち』
(原題:Il Capitale Umano (Human Capital)/監督:パオロ・ヴィルズィ/2013年/イタリア、フランス/109分)
スウェーデン:『ラスト・センテンス:死者への裁き』
(原題:Dom över död man (Last sentence)/監督:ヤーン・トレエル/2012年/スウェーデン/126分)
スペイン:『パジャマを着た男の記憶』
(原題:Memorias de un hombre en pijama (Memoirs of a man in pajamas)/監督:カルロス・フェルナンデス/2017年/スペイン/ 90分)
チェコ:『アロイス・ネーベル』
(原題:Alois Nebel)/ 監督:トマーシュ・ルニャーク/2011年/チェコ/87分)
ハンガリー:『ヒットマン・インポッシブル』
(原題:Tiszta szívvel (Kills on Wheels)/監督:アッティラ・ティル/2016年/ハンガリー/99分)
フィンランド:『湖のものがたり』
(原題:De kinderen van juf Kiet(Miss Kiet’s Children)監督:マルコ・レール、キム・サールニルオト /2016年/フィンランド/ 76分)
フランス:『スワッガー』
(原題:Swagger/監督:オリヴィエ・バビネ/2016年/フランス/ 84分)
ベルギー:『神様メール』
(原題: Le tout nouveau testament (The Brand New Testament)/監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル/2015年/ベルギー、フランス、ルクセンブルグ/113分)
ベルギー:『ベルヒカ』
(原題: Belgica/監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン/2016年/ベルギー、フランス、オランダ/126分)
ポーランド:『ソラリスの著者』
(原題:Autor Solaris/監督:ボリス・ランコシュ/2016年/ポーランド、フランス、ドイツ/56分)
ポーランド『寄せ集め』
(原題:Przekładaniec/監督:アンジェイ・ワイダ/1968年/ポーランド/35分) ※ポーランド作品は2本立て上映
ポルトガル:『ホース・マネー』
(原題:Cavalo Dinheiro (Horse Money)/監督:ペドロ・コスタ/2014年/ポルトガル/104分)
ラトビア:『ふたりの旅路』
(原題:Magic Kimono監督:マーリス・マルテインソーンス/2016年/ラトビア/99分)
ルーマニア:『エリザのために』
(原題:BACALAUREAT(GRADUATION)/監督:クリスティアン・ムンジウ/2016年/ルーマニア・フランス・ベルギー/128分)

***********************************



第40回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)会期&会場発表!作品募集中!


映画情報どっとこむ ralph 今年40回を数えるPFF(ぴあフィルムフェスティバル)の会期会場が決定しました。

会期は9月8日(土)から22日(土)。月曜休館を挟んで13日間、「国立映画アーカイブ」で展開します。

「国立映画アーカイブ」は、これまでPFFを開催してきた「東京国立近代美術館フィルムセンター」が、日本で6番目の国立美術館として独立し、「映画を残す、映画を活かす。」というミッションのもと、映画文化振興のナショナルセンターとして、4月1日、新たな歴史をスタートする映画の殿堂です。この「国立映画アーカイブ」の若手クリエイターの支援の趣旨を受け、PFFも40回という記念の年を始めます。


◎映画祭「第40回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」開催概要

【会期】2018年9月8日(土)から22日(土)まで  ※月曜休館
【会場】国立映画アーカイブ
(※東京国立近代美術館フィルムセンターが2018年4月1日より「国立映画アーカイブ」に変わります。)
【内容】コンペティション部門「PFFアワード2018」、招待作品部門、ほか映画講座、関連企画等を予定
【公式サイト】https://pff.jp

映画情報どっとこむ ralph PFF(ぴあフィルムフェスティバル)のメインプログラムは、1977年の始まりから続く自主映画のコンペティション「PFFアワード」です。

この「PFFアワード」からは、例えば、本年度の映画賞レースを独走する『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石井裕也監督、現在公開中の『嘘を愛する女』の中江和仁監督、『不能犯』の白石晃士監督、公開を控える『娼年』の三浦大輔監督、『いぬやしき』の佐藤信介監督など、120名を超えるプロの映画監督が生まれてきました。

また、2月15日開幕の第68回ベルリン国際映画祭には、昨年の「PFFアワード2017」グランプリ『わたしたちの家』(清原 惟監督・現在ユーロスペースにて公開中)と、観客賞『あみこ』(山中瑶子監督)がフォーラム部門に正式出品が決定しています。

映画の新しい才能が集う場所として、国内外から注目される「PFFアワード」。

本年の 応募締切は3月22日(木)です。入選作品は「第40回PFF」にてお披露目され、9月20日(木)の表彰式で各賞が発表されます。

映画情報どっとこむ ralph “PFFに応募すれば、何かが変わる”

◎コンペティション部門「PFFアワード2018」作品募集概要
【公募受付期間】2018年2月1日(木)~3月22日(木)
※データアップロードの場合は、23時59分までにアップ完了。
※郵送の場合は、当日消印有効。

応募される作品の長さ(短編・中編・長編)、ジャンル(ドラマ、CG、アニメーション、
ドキュメンタリーetc)や、応募者の年齢、性別、国籍などの制限は一切ありません。
作品募集ページ

◎コンペティション部門「PFFアワード2018」作品募集概要
【公募受付期間】2018年2月1日(木)~3月22日(木)
※データアップロードの場合は、23時59分までにアップ完了。
※郵送の場合は、当日消印有効。

応募される作品の長さ(短編・中編・長編)、ジャンル(ドラマ、CG、アニメーション、
ドキュメンタリーetc)や、応募者の年齢、性別、国籍などの制限は一切ありません。

作品募集ページ

***********************************