「唐田えりか」タグアーカイブ

主演:東出昌大×監督:濱口竜介『寝ても覚めても』 柴崎友香原作本書き下ろし短篇入り発売


映画情報どっとこむ ralph 濱口竜介監督が、東出昌大を主演に迎え、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化し、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された『寝ても覚めても』が、9月1日よりテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開となります。

その公開を記念して、河出文庫「寝ても覚めても 増補新版」の発売が6月6日(水)に決定しました!

増補新版には柴崎友香さんと気鋭の漫画家・森泉岳土さんの書き下ろしで贈るコラボ小説×マンガ「同じ街の違う夜」が増補されています!

「寝ても覚めても」は、柴崎友香が2010年に発表した長編小説で、第32回野間文芸新人賞を受賞。

朝子の目に映る景色をつぶさに描き出し、2人のそっくりな顔の男性の間でゆれる恋心を細やかに表現した柴崎友香を代表する一作。

映画情報どっとこむ ralph このたび発売される河出文庫の増補新版は、映画の主演で麦と亮平の一人二役を演じる東出昌大と、ヒロイン朝子を演じる唐田えりかが映る映画のティザービジュアルが表紙に。さらに増補新版のために書き下ろされた柴崎友香さんによる短篇小説「同じ街の違う夜」がマンガとのコラボで加わる。


【「寝ても覚めても」増補新版 情報】

著者:柴崎友香/河出文庫/344ページ/ISBN:978-4-309-41618-2

Cコード:0193
発売日:2018.06.06
定価799円(本体740円)

★書き下ろしコラボ「同じ街の違う夜」 小説:柴崎友香×マンガ:森泉岳土


映画情報どっとこむ ralph 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。

主演・東出昌大さんが、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・亮平と麦(ばく)という一人二役に挑み、新星・唐田えりかさんがヒロイン・朝子を演じる。

メガホンをとるのは、前作『ハッピーアワー』でロカルノ、ナント、シンガポールはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞し、その名を世界に轟かせた気鋭・濱口竜介。

監督自ら熱望した「寝ても覚めても」の映画化で、満を持して商業映画デビューを果たし、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された。

過去記事:寝て覚めレッドカーペットレポ
(c) Kazuko WAKAYAMA

カンヌでお披露目された本作は、「日本のヌーベルヴァーグ!新しい才能が現れた」と海外の記者より賛辞が送られ、「繊細で感動的。人間の魂を追求する、比類ない映画(ル・モンド)」「エレガントで深遠な愛のロンド。美しい!(レ・ゼコー)」、「濱口監督は、現代における最も重要な監督の一人だ。愛の季節を描いた『寝ても覚めても』はカンヌで栄誉を与えられるべき作品(リベラシオン)」「ニュアンスに富んだ演技が見事!(インディワイヤー)」と、海外メディアから絶賛された。

映画情報どっとこむ ralph 映画『寝ても覚めても

あらすじ・・・
東京。カフェで働く朝子は、コーヒーを届けに行った先の会社で亮平と出会う。真っ直ぐに想いを伝えてくれる亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ。

***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子

監督: 濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats

2018/119分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/ COMME DES CINEMAS 
製作幹事:メ~テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス 
c2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINEMAS www.netemosametemo.jp
    


東出昌大、唐田えりか フォトコール&記者会見『寝ても覚めても』カンヌ国際映画祭 


映画情報どっとこむ ralph 東出昌大を主演に迎え、濱口竜介監督が、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋 愛小説を映画化した『寝ても覚めても』。

本作は 5 月 8 日から 開催中の第 71 回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に 正式出品されています。

このたび、フランス現地時間5月15日(火)12:00(日本 時間同日 19:00)、フォトコールに主演東出昌大、ヒロイン 唐田えりか、濱口竜介監督が登場。12:30(日本時間 19:30)から記者会見が行われました。

授賞式はフランス現地時間 5 月 19 日(土)19:15(日本時間 5 月 20 日午前 1:15)から行われる。


タキシードだった昨日のレッドカーペットから、東出さんはマルタン・マルジェラのブラックスーツに変え、高身長がさらに際立つ美しい 立ち姿に。
また、唐田さんもセクシーだった昨日とは打って変わり日本からパリへ進出したブランド sacai のキュートなチェックのドレスで登場、日本からフランスへの羽ばたきを衣装でも表現した。日本人らしからぬスタイルの良さを見せる東出の登場に、海外セレブ達 を撮影してきたカメラマンからもため息が。そして、ふわふわとしたドレスをまとう唐田がくるっと回る度に歓声があがる。
ラフな姿の監督を中心に息のあったチームワークを見せる『寝ても覚めても』チームは海外メディアをも虜にした。

映画情報どっとこむ ralph 記者会見内容

Q.素晴らしい作品をありがとうございました。日本のヌーベ ルヴァーグ、新しい才能が現れたと思いました。とても繊細な映画です。どのようにその目に見えないような軽さ、繊細さを描写できたのでしょうか。

濱口監督: 震災が起こった後、被災地でドキュメンタリーを撮るようになっ たのですが、その土地で、カメラに対して、自分自身を差し出 してくれる人たちが映画にいかに力を与えるかを痛感しました。 『ハッピーアワー』では、本人でない人物を演じながら、本人を出すにはどうしたら良いのか、を試行錯誤し、最終的に、脚本を信用する、テキストを洗練させていくことになりました。何度も何度も感情を排した本読みをすることでテキストを体に入れ込んでいき、 その言葉を発するとき、その人ならどういう風に言うのかをこのような反応を引き出せるもということを知りました。 今回、ふたりを知る時間はあまりなかったのですが、直感的に好きだと思える人をキャスティングできました。その人たちに磨き上げ たテキストをしみ仕込みませました。それでその人たちの演技が自然だとおっしゃるならば、非常に嬉しいことです。

唐田さん:まっすぐな感想をいただけて光栄です。私は演技経験があまり ありません。でも、濱口さん、東出さんはじめ、みんなのことが 好きで信頼して現場に挑みました。現場では皆さんに甘えて、 頼りにさせてもらおうと思い、皆さんの演技を聞いて感じたことを 出した結果、嘘でない演技ができたと思います。みなさんのお かげで演じることができました。

東出さん:日本の映画界は大体 1 ヶ月から 2 ヶ月、もしくは 1 週間で撮 ることもあります。しかし、クランクイン前にみんなで会えるかと言うとやれないことも多い。初めて会う人と 20 年来の友人役を演じる こともあります。そういった場合、プロの役者は自分の用意したもので戦うしかないし、それができるからプロなんだと思います。でも己で 用意したものは芝居臭くなる。だから、おっしゃった軽さはその対局にあるものだと思います。今回はクランクイン前に監督に会って、 ワークショップもやり、俳優同士も繋がってから撮影に入りました。濱口メソッドではやったことのないことをたくさんやりました。で も、用意したことをやるのではなく、そこにいること、感情を大事にすること、真心のようなものを大事にして、みんなで挑んだよう な気がします。


Q.「繊細でナチュラルな演技の方向性が大事」だと言っていましたが二役は難しい。繊細でナチュラルな二役をどのように構築し て演じたのでしょうか?

東出さん:麦と亮平は標準語と関西弁との違いがあります。外国の方にはわからないと思うけれども、ふたりは違う地域の言葉を話します。特 に柴崎さんからのリクエストで関西弁には注意をして話しました。用意しないことが大事、と言いましたがクランクイン前は演じわけ が大事だと思って、少ない引き出しを開けて、表面的に演じ分けようと思っていました。目線だったり、仕草だったり、生き方によって、 声色や喋り方は変わると思っていたので、声も変えようと思っていました。でも、監督に声は変えないでいいと言われた。東出という楽 器から出てくる麦という音と、亮平という音を聞かせてくれ、と。実際、監督がおっしゃる通り、読むセリフが違うので、別の人物に なりました。小手先で変えるのではなく、気持ちの部分だと言うところに立ち返りました。

Q.朝子を正面から捉えているショットの意図は? そのシーンをどう演じているのでしょうか。

濱口監督:朝子の顔を正面から取ることはやりたくてやったものです。ぼくは増村保造監督が好きなのですが、増村監督がよくやる俳優の配 置で 90 度に人物を置いて、男性は女性を見ている、女性は横顔で目を合わさない、というものがあります。それを正面から撮るとど うなるか、に興味がありました。これは彼女にとっては難しいこだったと思います。彼女は正面にカメラがある、でも彼女の人生や魂 を差し出して欲しいと思っていたので、暴力的かもしれませんがカメラを置かせてもらいました。

唐田さん:カメラが目の前にあっても、カメラマンの佐々木さんを信頼していたし、防潮堤のシーンも、カメラがあるのにカメラから透けて海 が見えていたような気がします。不思議なんですが。カメラが邪魔だと思ったことはありませんでした。

映画情報どっとこむ ralph 映画「寝ても覚めても

9月1日(土)より、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷シネクイントほか全国公開!

www.netemosametemo.jp

東京。
カフェで働く朝子は、コーヒーを届けに行った先の会社で亮平と出会う。真っ直ぐに想い を伝えてくれる亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、 朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋 人・麦に顔がそっくりだったのだ
***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子

監督: 濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats
英題: ASAKOⅠ&Ⅱ 2018/119 分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/ COMME DES CINÉMAS
製作幹事:メ〜テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&I エンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS


カンヌレッドカーペット&公式上映10分間拍手鳴りやまず東出昌大・唐田えりか感激!映画『寝ても覚めても』


映画情報どっとこむ ralph 5月8日から開催中の第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品されている東出昌大さん主演『寝ても覚めても』。

このたび、フランス現地時間5月14日(月)15:45(日本時間同日22:45)、レッドカーペットに主演東出昌大さん、ヒロイン唐田えりかさん、濱口竜介監督が登場。16:00(日本時間23:00)から公式上映が行われました。

朝から雨と曇りを繰り返した5/14のカンヌでしたが、レッドカーペットのタイミングだけ暑いほどの青空が広がちました。
そこへディオールの黒いスタキシードに身を包んだ東出さんと、アルマーニの美脚が露わになった黒のシースルードレスを着こなした唐田さんが登場。3人は緊張しながらも映画祭を楽しんでいるご様子。レッドカーペットの階段を上る際は唐田さんのドレスが靴に引っかかってしまうハプニングも。そこはすかさず東出さんが外し、優しくエスコート。
レッドカーペット写真 (c) Kazuko WAKAYAMA

映画情報どっとこむ ralph そして!場内に入ると、大きな拍手で迎えられた。
現在、フランスで公開中の『ハッピーアワー』監督の濱口さんには「Hamaguchi!」の声が何度もかかった。

上映終了後、エンドロール中から大きな拍手が始まった。その大きな拍手は10分以上続いた。
場内が明るくなった時には多くの観客が監督、俳優へ「Beatiful film!」の声を投げかけ、二階席からは身をのりださんほどに拍手を送る観客の姿も。この大きなカンヌの歓迎に唐田さんは涙を流して感激し、東出さん、濱口監督も目を潤ませた。

鑑賞後の観客たちからは「ライトでヘビー、今まで見たことのないラブストーリー」「amazing film! 今回のコンペ作品内で一番好き」などの声が聞かれた。

公式上映直後のコメント

濱口竜介監督からのコメント
観客の好むものかわからなかったけど、こんなにあったかい拍手もらえると思いませんでした。カンヌで伝わってとても嬉しい気持ちです。ふたりにありがとうと伝えたいです。

東出昌大さんからのコメント
万感の思いで受け止めました。いろんな愛が伝わったと思います。2000人もの席の会場で自分の出演映画が上映されたのは初めてで、入ってすぐに天井を見てその広さに驚きました。さすがカンヌだと思いました。上映が終わって、二階席から身を乗り出して拍手してくれた人がいたんです。映画の思いが届いたんだと思ったけど、その人たちへ感謝を伝える言葉が浮かばず、拙いフランス語でメルシーと言いました。

唐田えりかさんからのコメント
貴重な経験をすることができました。この場所にいるのが奇跡のようです。濱口監督、東出さんはじめ、かかわったひとたちへの感謝、みんなへの感謝と愛が溢れました。(号泣) 『寝ても覚めても』に関わってくださった方々と見てくださった方々への感謝が溢れて、そして、こんなに大きな舞台でこれだけの声援を受けさせていただいて感謝の思いでいました。

授賞式はフランス現地時間5月19日(土)19:15(日本時間5月20日午前1:15)から行われます。

映画情報どっとこむ ralph 初の世界三大映画祭出品で、カンヌ国際映画祭コンペティション部門入りの快挙!

世界最高峰のカンヌ国際映画祭でメインの部門となるコンペティション部門には、毎年世界中の大御所監督たちが名を連ね、近年でもケン・ローチ、ジム・ジャームッシュ、グザヴィエ・ドラン、ダルデンヌ兄弟、ホウ・シャオシェン、ミヒャエル・ハネケといった巨匠・名匠の作品がコンペティション部門に出品されている。


そのような潮流の中で、39歳の濱口竜介監督が、初の世界三大映画祭への出品でありながら、カンヌのコンペティション部門に選ばれたことは極めて珍しく、快挙です!コンペティション部門の映画祭公式の対象賞は、最高賞のパルムドール、次点のグランプリ、監督賞、男優賞、女優賞、脚本賞、審査員賞、芸術貢献賞です。

寝ても覚めても

9月1日(土)、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国ロードショー!
www.netemosametemo.jp

人は、人のどこを好きになるのか?なぜ、その人でなくてはならないのか?二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である『寝ても覚めても』。主演・東出昌大が、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・亮平と麦(ばく)という一人二役に挑み、新星・唐田えりかがヒロイン・朝子を演じる。メガホンをとるのは、前作『ハッピーアワー』でロカルノ、ナント、シンガポールはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞しその名を世界に轟かせた気鋭・濱口竜介。監督自ら熱望した「寝ても覚めても」の映画化で、満を持して商業映画デビューを果たす。

瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子の豪華キャストが脇を固め、tofubeatsが初の映画音楽を担当し主題歌を書き下ろすなど、最高の原作、キャスト、スタッフが集結。スリリングな展開が観るものに衝撃と共感を与える「大人の恋愛映画」の傑作がここに誕生!

あらすじ
京。カフェで働く朝子は、コーヒーを届けに行った先の会社で亮平と出会う。真っ直ぐに想いを伝えてくれる亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ――。

***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史 山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子
監督: 濱口竜介
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats
英題: ASAKOⅠ&Ⅱ 2018/119分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/ COMME DES CINEMAS
製作幹事:メ~テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
(c)2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINEMAS


吉田羊から大久保へ誕生日祝いのキス!『ラブ×ドック』公開記念舞台挨拶イベント


映画情報どっとこむ ralph 鈴木おさむさんが初めて監督に挑んだ完全オリジナル作品『ラブ×ドック』が5月11日(金)より全国公開。

その公開を記念した舞台挨拶が5月12日(土)に行われ、イベントには、主演の吉田羊さんをはじめ、野村周平さん、玉木宏さん、広末涼子さんなど超豪華キャストが登場!

舞台挨拶では、本作の重要な要素のひとつである“キス”にちなみ、キャスト達に理想のキスシチュエーションを発表!
また、イベント当日は、大久保さんの誕生日!お祝いとして、サプライズで大久保さんの愛犬「パコ美」を催した“ラブドッグ”ケーキを用意!羊さんから大久保さんへお祝いの・・・・!?


映画『ラブ×ドック』 公開記念舞台挨拶イベント
日時:5月12日(土)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:吉田羊、野村周平、玉木宏、大久保佳代子、広末涼子、成田凌、篠原篤、唐田えりか、鈴木おさむ監督

映画情報どっとこむ ralph 恋愛クリニック「ラブドック」を訪れる恋愛体質のパティシエ・剛田飛鳥役の吉田さんは、
吉田さん:シャチに水をかけられたり、ピンポン玉でキスをしたり、初めてのことが多かった。それぞれのキャラが濃くて、皆さんのお芝居に反応するだけで世界観が出来上がった。この先、私が恋愛映画をやることはたぶんないと思うので、奇跡のような映画であり、いい経験でした

と挨拶。

ホイップクリームキス、ピンポン玉キス、金魚キスなど様々なシチュエーションのキスシーンが描かれる本作。

それにちなんで理想のキスのシチュエーションが質問されると

大久保さん:自然な中でのキスが理想!

というと、

野村さん:森とか?ネイチャー?

と問われ
大久保さん:同棲2年くらいの関係。2ドアの冷蔵庫の中からしゃがんでポン酢を探しているときに、振り返った瞬間キスされるのがいい

と設定を説明し、なんと野村さんと実演!!

やらせておきながら

大久保さん:実演は照れる…

と。

映画情報どっとこむ ralph ラブドッグの魅惑の女医院長・冬木玲子役の広末さんは、チョット欲張って
広末さん:2つで迷う。一つは結婚式の誓いのキス。短くてもキュンとするし、長すぎてもハラハラする。もう一つは大久保さんと似ていて、自然な感じで毎朝の行ってらっしゃいのチューかな・

と大テレ。すかさず

大久保さん:毎朝していますか?

と突っ込み会場を沸かせました。


玲子のクールな助手・桜木美木役の成田さんは
成田さん:実際にやったことがあるシチュエーションは・・・幼稚園の時に好きな人が片付けしている横で、振り向くときにほっぺに触れた

と振り返ると、

大久保さん:幼稚園!?早くね!?

吉田さん:もう、おませさん!

と、天性の女たらし発言に仰天!

映画情報どっとこむ ralph 飛鳥の友人が通う整体ジムのトレーナー・俊介役の玉木さんは
玉木さん:人前でキスをするのは抵抗がある。でも海外に行ったら羽根を伸ばしたくなりますよね。アイスランドでオーロラを見ながらキスをしたらロマンチック。

と告白した。飛鳥のスイーツ店で働くパティシエ・花田星矢役の野村さんは

野村さん:オーロラキッスですか?

と玉木の理想をイジる一方で、
野村さん:何かが始まりそうなキスがいい。家のベッドとかで、何かが始まりそうなキスをされたい。今日なんかいい日だなぁというキス

と珍回答。全員から「何?どういうこと?わかんない。」

と首をかしげられると

野村さん:女性からしてくれるのならば何でもいい。普段は男からすることが多いので、女の子からキスしてくれたらそれでいい・

と再説明。それでも登壇者が納得しない様子を見せると

野村さん:そうじゃないですか?玉木さん。

と玉木さんに助けを求めていた。

映画情報どっとこむ ralph そして吉田さんは理想のキスについて

吉田さん:髪の毛を切ったときに、『可愛いじゃん』と髪の毛を触りながら引き寄せてチュッとされるのがいい。唇や頬のようなオーソドックスな場所ではないところにキスされると、自分のパーツのすべてを愛してくれていると思えるから・・。

と妄想。それに客席のファンから拍手が上がり、

吉田さん:誰かとやります?

とジョークで笑わせた。

篠原さんは鉄人レース後のキス。
唐田さんはおやすみのキス。
鈴木監督は老後の渋谷交差点でのキス
と、それぞれ理想のキスを熱っぽく紹介した。

会場の方たちに映画の中のキスで、ホイップクリームキス、ピンポンダマキス、金魚キスのどれが良かったか聞くと

ピンポンと金魚キスが多めで、ホイップが少なめ。

実は、ホイップは今日いない吉田鋼太郎さんのもので、

鈴木監督:鋼太郎さんは男とのキスに夢中ですから!

と、今話題のドラマを引き合いに出し会場を沸かせました!

映画情報どっとこむ ralph またこの日47歳を迎えた大久保さんに、サプライズで大久保さんの愛犬パコ美をかたどった特製バースデーケーキーをプレゼント。

さらに劇中のホイップクリームキスにちなんで・・・

吉田さんが大久保さんの頬にクリームを付けてキスするというサービス!


最後に・・・

長編映画監督デビューした鈴木監督は

鈴木監督:大人の女性が観られる恋愛映画は少ないが、これを機に増えたら嬉しい。大人の女性の方にとっての人生のサプリメントになれば。

とアピール。

吉田さん:劇中にある『人生に無駄なことはない』というセリフが好きです。辛い思いをしても、それを含めて人生だと、最後に自分を肯定できる映画になりました。皆さんにも何か一つでもポジティブなものを受け取ってもらえれば。

と願いを込めた。
***********************************

監督・脚本:鈴木おさむ

出演:吉田 羊 野村周平 大久保佳代子 篠原 篤 唐田えりか 成田 凌/広末涼子 吉
田鋼太郎(特別出演)/玉木宏 ほか
ミュージックディレクション&主題歌:加藤ミリヤ
製作:『ラブ×ドック』委員会
配給:アスミック・エース
c2018『ラブ×ドック』製作委員会


飯田かずな、鈴木おさむ監督『ラブ×ドック』ビジュアル作りと撮影エピソードを語った


映画情報どっとこむ ralph 放送作家として人気バラエティを数多く手掛けるほか、小説家、脚本家、エッセイストとしても才気を発する鈴木おさむによる、完全オリジナルの長編映画監督デビュー作『ラブ×ドック』は5月11日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー。

この度、本作の公開を記念した公開直前試写会イベントが1日、東京の原宿クエストホールで行われ、鈴木おさむ監督と本作のアートディレクションを担当した飯田かずなさんが登壇してトークイベントが行われました。


日付:5月1日
場所:原宿クエストホール
飯田かずな、鈴木おさむ監督

映画情報どっとこむ ralph 鈴木おさむ監督の描く“大人のための”ラブコメをいち早く楽しみたい、男女約300名が訪れた本イベント。

盛大な拍手に包まれながら開口一番、

鈴木監督:飯田さんとは、昔から何度か舞台などのビジュアルを作る際に入ってもらっていて、『ラブ★コン』や『ハンサム★スーツ』の時には、あまり日本の映画では無かった “アートディレクション”という立場で入っていただきました。衣装とか色味などを全て飯田さんには見ていただいています。

と飯田さんとの深い付き合いを明かすとファッションやヘアメイクのほか、キャラクターが住む部屋の家具までを含めた、トータルのイメージバランスを担当したという飯田さんは、

飯田さん:リアルさも盛り込みつつ、少し夢見てみるようなファンタジーとの合間をバランス良く整えることを意識していました。

と本作でのこだわりを述懐。そんな飯田のこだわりには監督もご満悦な様子で、

鈴木監督:本作を観た女性の方に、おじさんが作った映画だと思われたくないじゃないですか!!

と笑いを誘いました。
映画情報どっとこむ ralph 撮影中のオフショットをスクリーン投影しながら、2人が撮影現場でのエピソードを振り返る中、話題は吉田羊さん演じるパティシエの剛田飛鳥が得意とするパウンドケーキの話へ。本作では、パウンドケーキが物語でも重要なファクターとなるが、本作の脚本執筆中に1年間育休していたという監督は、

鈴木監督:育休期間中、毎日料理をしていたのですが、ハッと思ってパウンドケーキを検索しました。色々調べると、女性の方はジンジャーが好きだなということに気がつきまして。黒糖とジンジャーとレモンを組み合わせたパウンドケーキを本作のケーキのポイントにしようと決めました。

と明かしました。


続いて、飛鳥に恋心を抱くひと回り年下のカレ・星矢を演じた野村周平さんが現場で眠っている姿を映した写真が写し出されると、場内からは黄色い歓声が。子役に対しても非常に面倒見が良かったという野村さんに対し監督は

鈴木監督:(寝顔を見て)顔はキレイなのに…。普段はやんちゃなイメージありますよね(笑)。でも実際はすごく面白くて、本作では真逆のイメージの役をやってもらいました。

とコメント。また、飛鳥と不倫する年上のカレ、パティシエ・オーナーの淡井役を演じた吉田鋼太郎さんに関しては、

鈴木監督:派手な花柄スーツを着て、常にTV取材を受けた帰りのような恰好を意識しました。

と、飯田さんがビジュアル作りについて語る一方で、

鈴木さん:普段、鋼太郎さんは(吉田羊さんのことを)好きだ好きだと言っておきながら、いざ撮影に入るとすごく真面目でしゃべらなかった。男って不思議ですよね(笑)でも撮影後、「キス出来て良かった」って言ってました(笑)

と、先日のTV番組「しゃべくり007」でも、“吉田羊愛”を告白した吉田鋼太郎のキスシーンの撮影秘話が暴露されました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、恋に悩む飛鳥が訪れる恋愛クリニック【ラブドック】の院長・冬木玲子を演じた広末涼子さんが、衣装の白衣を観に纏い、現場で監督に肩もみをする瞬間をとらえた写真が写し出されると、

飯田さん:いつも広末さんに肩揉ませてましたよね。

と飯田さんがパワハラをチクリ。

対する監督は、

鈴木監督:本当肩こりなんですが、撮影中に気がついたら…この格好で肩揉ませているのすごいですよね!

と照れ笑いを浮かべました。

一方、飛鳥の親友でシングルマザーの千種を演じた大久保佳代子さんについて、元々ファンであったという飯田さんは、

飯田さん:TVで見ていた通り、色気のある方で、常に色気がダダ漏れしている感じでした。

と当時の大久保さんへの印象を告白。しかし本作では役に合わせるために、

飯田さん:色気を抑える必要があったので、お団子の位置など髪型にもこだわり抜きました、

としました。

打ち上げでは、キャスト・スタッフ一同でカラオケに興じたエピソードも語られ、初の監督という立場ながら、“鈴木組”は終始仲睦まじい関係性だった様子。

最後に、話題沸騰中の飛鳥と、3人の<運命の相手候補>とのキスシーンについて触れた監督。

鈴木監督:鋼太郎さんが魅せる“ホイップクリームキス”、玉木さんが魅せる“ピンポン玉キス”、野村くんが魅せる“金魚キス”。キーワードだけ覚えてもらって、人によっては笑っていただいても構いません!(笑)。劇中のセリフにも出てきますが「ロマンチックな行動とイタイ行動は紙一重だ」ということは、僕は本当そうだと思っていますので。

と、本作最大の見どころを熱弁していました。

映画情報どっとこむ ralph いくつになっても恋したい!人生を楽しみたい!でも理想と現実がかみ合わない…
そんなあなたの恋愛を、遺伝子レベルで導く“大人のための”ラブコメ誕生!!

ラブ×ドック

公式サイト:lovedoc.asmik-ace.co.jp
公式Twitter:@lovedocmovie

物語・・・
とあるところに存在する恋愛クリニック「ラブドック」。そこは恋愛体質の人にこそ、意味のある場所。ある日訪れたのは人気パティシエの剛田飛鳥。人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、仕事を無くし、親友を無くしてきた。そんな飛鳥に、魅惑の女医、冬木玲子が処方したのは、遺伝子から抽出したという、特別な薬。これを打てば危険な恋愛をストップできる優れもの?果たして彼女の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか?いくつになっても恋をしたい!毎日を楽しみたい!でも理想と現実がかみ合わない・・・。
そんな女性たちに贈る、遺伝子レベルで恋が始まる、究極のラブコメディ!

***********************************

脚本・監督:鈴木おさむ

出演:吉田 羊 野村周平 大久保佳代子 篠原 篤 唐田えりか 成田 凌/広末涼子 吉田鋼太郎(特別出演)/玉木 宏

アートディレクション:飯田かずな 
ミュージックディレクション&主題歌:加藤ミリヤ
製作:『ラブ×ドック』製作委員会 
企画・制作・配給:アスミック・エース 
(C)2018 『ラブ×ドック』製作委員会