「哀川翔」タグアーカイブ

福地桃子、晴れ着姿をお披露目!20歳を機に家族(哀川翔一家)にご馳走!?


映画情報どっとこむ ralph 2018年下半期公開予定の長編映画『あまのがわ』で主演の福地桃子さん(20)が8日、都内で晴れ着姿を披露しました。

福地さんは、10月に20歳の誕生日を迎え、今回、成人の日を迎えました。
今後挑戦してみたい仕事は?との質問に対し、

福地さん:色んなイメージを持ってもらえるような女優さんになりたいです。普段は経験できないような事をお芝居を通して経験したいです。近い目標でもあり、遠い目標でもあるのですが、人間ではない役にすごく興味があります!今後挑戦できるように頑張ります。

と抱負を語りました。人間でない役・・・気になります。

大人になったと実感したことや変化したことは

福地さん:私のお誕生日に、内緒でお家にきてくれてお祝いしてくれたんです!幼稚園からずっと知ってるので、その子とお酒を飲んでいるのが不思議で不思議で…でもすごく嬉しかったです。アルバムを振り返りながら、“こんなことしてたね〜。大人になったね〜。”と懐かし話を沢山しました。あと、昔から赤ちゃんや小さい子が大好きなのですが、今まではただただ可愛いという感情だけだったんです。でも最近は甥っ子や姪っ子の成長をみていて、ひとつひとつの行動にすごいなぁって感動するようになりました。(笑)

と、話します。

映画情報どっとこむ ralph また、20歳を機にプライベートで挑戦したことや、今後挑戦してみたいことは?

福地さん:この前、いつも行っているお店に家族で行き、感謝の気持ちを込めて家族に初めてお食事をご馳走しました!!あんまり慣れていないので、お支払いの時、ドヤ顔で格好つけちゃいました。(笑) 今後は、わんこそばや、一人旅にも挑戦してみたいです!

と答えました。

映画『あまのがわ
http://amanogawa-movie.com/

祭りの太鼓奏者であった女子高生が、教育に厳しい母親との葛藤から自分自身のやりたいことを見失いながらも、祖母の入院をきっかけに訪れた、神秘の島・屋久島で新しい自分を発見していく本作。福地は、大好きな祖母から教わった太鼓の演奏が大好きな女子高生・琴浦史織(ことうら・しおり、17)を演じています。

公式福地桃子HP


***********************************

主演:福地桃子
公開予定:2018年下半期
ロケ地:屋久島、種子島、鹿児島市内、東京都内
キャスティング:渡邉直哉(パロマプロモーション)、柳井宏輝(パロマプロモーション)
プロデューサー:森武彦、前田光一、松本沙織、田村昌裕
地域協力プロデューサー:植村耕二、黒坪則之
撮影監督:陣ヶ尾達也
監督/脚本:古新舜
制作:コスモボックス株式会社


福地桃子、映画『あまのがわ』撮影地で思い出の場所。鹿児島市を表敬訪問。


映画情報どっとこむ ralph 哀川翔の次女として、近年バラエティーで活躍中の女優・福地桃子さんが、主演する長編映画『あまのがわ』(2018年下半期公開予定)のPRで撮影地・鹿児島市を訪れ、同市役所に表敬訪問しました!

本作の監督/脚本を手掛ける古新舜(こにい・しゅん)監督、プロデューサーと共に、森博幸市長を訪れ
福地さん:私にとって鹿児島は思い出の場所です。特に屋久島は印象的で感動しました。

と父・哀川翔の故郷でもある鹿児島に対する想いを語り、

福地さん:映画初出演、初主演ということもあり、不安もありますが、この作品を通して私自身も成長できればと思います。人との繋がりがとても感じられる映画です。

と作品の魅力について語った。

それに対し、鹿児島・森市長は

森市長:今回この映画は鹿児島をテーマにしているということもあり、大変光栄です。この映画を通して、鹿児島を盛り上げていただければ嬉しいです。素晴らしい映画を作ってください。

と激励のコメントを寄せました。

映画情報どっとこむ ralph 祭りの太鼓奏者であった女子高生が、教育に厳しい母親との葛藤から自分自身のやりたいことを見失いながらも、祖母の入院をきっかけに訪れた、神秘の島・屋久島で新しい自分を発見していく本作。福地は、大好きな祖母から教わった太鼓の演奏が大好きな女子高生・琴浦史織(ことうら・しおり、17)を演じています。

撮影は今年11月より屋久島、種子島、鹿児島市内、東京都内で実施される予定で、現在太鼓の練習真っ只中だそうです。


映画『あまのがわ』

http://amanogawa-movie.com/

***********************************

主演:福地桃子
公開予定:2018年下半期 / 撮影予定:2017年11月
ロケ地:屋久島、種子島、鹿児島市内、東京都内
キャスティング:渡邉直哉(パロマプロモーション)、柳井宏輝(パロマプロモーション)
プロデューサー:森武彦、前田光一、松本沙織、田村昌裕
地域協力プロデューサー:植村耕二、黒坪則之
撮影監督:陣ヶ尾達也
監督/脚本:古新舜
制作:コスモボックス株式会社


〜福地桃子〜
福地桃子公式HP
福地桃子公式Instagram




良いお父さんぶりが滲む哀川翔、福地桃子 親子登壇!『あしたは最高のはじまり』


映画情報どっとこむ ralph 世界 5 ケ国リメイクが決定!本国フランス、ヨーロッパで大ヒット!!
オマール・シー最新主演作 『あしたは最高のはじまり』は9月9日(土)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、渋谷シネパレスほかで公開となります。

本日、スペシャルトーク付試写会が行われ、上映前に“芸能界の仲良し親子”として有名な哀川翔さんと福地桃子さんのお二人が登壇しました。

日付: 8月30日(水)
場所:KADOKAWA 神楽座ホール
登壇:哀川翔、福地桃子

映画情報どっとこむ ralph 本作が父娘の絆の物語ということで、おそろいの赤いスカーフを哀川さんはスーツのポケットに、福地さんはヘアアレンジに取り入れたコーディネートで登場した哀川さんと福地さん。

今回、親子では初となる映画イベント登壇となる哀川さん と福地さん。

感想を聞かれると、

哀川さん:別に普通ですよ。親子で登壇するけど、プライベートをさらけ出すということではなくて、今日はきっちりトークをしてもらわないとね。
と娘の福地さんへアドバイスはするものの顔はほころびっぱなし。一方で

福地さん:今日は親子の物語をPRするということで、朝ごはんは親子丼を食べてきました!

と気合十分。

哀川さん:そういうことだったの?俺は普通に食べてたよ。

と、その意味に気づいていなかった様子。

映画情報どっとこむ ralph 映画の感想を聞かれ

哀川さん:人生は一度きりだし、一生懸命生きていくということが大切なんだな、と改めて感じさせてくれる映画でした。自分に しては大変珍しいことなんだけど、2 回見ました。たぶん 3 回目も見ると思う。なんで見るのかっていったらネタバレになっちゃうから言えないんだけどね (笑)サミュエルとグロリアの親子関係が素敵で、内容が深くて…、とにかく繰り返し見たくなる映画ですよ。

とコメント。

福地さん:幸せってなんだろう?と考えさせられる映画でした。普通の親子関係ではない主人公のふたりの周りには愛が溢れていて、見ている間ずっと笑顔になってしまうような、すごく素敵な映画でした。

と作品の魅力を伝えました。

映画情報どっとこむ ralph 哀川さんと主人公サミュエルとの共通点を聞かれると

福地さん:サミュエルのように、お父さんというより子供に近い目線から接してくれるんです。だから家族だけじゃなくて子供みんなに好かれているんだと思います。

と見解を述べると、

哀川さん:そうそう俺、幼稚園~小学校低学年の子たちにはめちゃくち ゃ人気あるからね。

と自慢げ。

哀川さん:子供の遊びに親がのっかるのはすごく難しいから、俺は親の遊びに子供を引き込んじゃうんだよね。そのほうが子供も喜ぶし、親子の繋がりが深くなるような気がして。映画の中でもサミュエルとグロリアが一緒にバスケットボールをしているシーンがあるけど、大人がうまくやると子供がそれに憧れて『自分もうまくなりたい』と向上心が芽生えるでしょ。それはすごくいいことだと思うんです。あとスタントマンの仕事をしているサミュエルが子供を撮影現場に連れて行くけど、うちも小さい頃から現場には連れて行っていましたよ。この子たちは仕事場に行くというよりも遊びに行くという感覚だったみたいです。当時は任侠映画の撮影が多かったんだけど、夜一緒に お風呂に入ると俺の背中の入れ墨メイクをみて『今日は柄が違うね~』と言ってきたりしていました(笑)

と福地さんの幼い頃を思い出しながら芸能一家ならではのエピソードを明かしました。

さらに、家庭円満の秘訣について聞かれると

哀川さん:しょうもないことをなんでも会話にしちゃうことかな。明日何時に起きるの?今日はどこ行くの?とか、あまり会話にしなくていいようなことも全部聞きます。そうすることで自然に家族間のコミュニケーションがとれているんじゃないかな。

と話すと、納得した様子で、

福地さん:家族全員が全員のその日のスケジュールを把握できるように、朝みんなで会話をするんです。それがもう日課になっていたので今まで気づかなかったのですが、家族の大事なコミュニケーションとなっていますね。

と日々の何気ない日課が仲良し親子のヒミツであることを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph また娘である福地さんしか知らない、父・哀川さんの秘密を聞かれると

哀川さん:父は植物に優しいんです。家の植物の水やりは父が担当していますね。最近は四葉のクローバーを一生懸命育てているんですよ!

と哀川さんのカブトムシ愛だけでない一面を明かし・・・。それについて

哀川さん:誕生日に“幸せの四葉のクローバーの 種”をもらったから、鉢に植えて育てていたんだけど、出てきたら全部三つ葉だったんだよ!可愛がってたから、結構ショックだった。

と、衝撃の結末を語り 会場の笑いを誘いました。


そんな哀川さんに日ごろの感謝の印として、福地さんからサプライズで四葉のクローバー柄のネクタイがプレゼントされた。
哀川さん:いいね、これ!俺そこまで四葉のクローバー好きってわけじゃないんだけど、いいね!

と嬉しそうに首元にあててみせました。

10月に20歳の誕生日を迎える福地さん。

福地さん:早く20歳になりたい。大人になりたいんです。大人の綺麗な女性はみなさんパクチーサラダを食べているイメージがあるのでパクチーを食べれるようになりたいです。

とコメント。それに対し

哀川さん:別に食べれなくてもいいじゃん!

と 反応、

福地さん:実は父もキライなんですよ。

と福地さんが暴露すると

哀川さん:それは言わなくていいんだよ。

と、ほのぼのとした仲良し親子のやりとりを見せてくれました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

哀川さん:自分は2回見てしまいましたが、それくらい深い思いを残してくれる作品だと思います。人生どこからでもやり直せるんだと、共感できる素敵な作品でした。

福地さん:日々を過ごす中で忘れかけていた大事なことに気付くきっかけをくれる映画だと思います。私自身この映画からたくさんのことを教わりました。見終わった後に は、大切な方にこの映画を勧めてあげてください。

PR し、トークイベントを締めました。


あしたは最高のはじまり
原題:Demain Tout Commence

公式 HP:http://ashita-saikou.jp

南仏コートダジュールで、毎日がバカンスのような気楽な暮らしを送るサミュエル(オマール・シー)。ところが、 かつて関係を持ったクリスティン(クレマンス・ポエジー)が突然現れ、生後数か月のグロリアを「あなたの娘よ」と預けてい く。慌てたサミュエルはクリスティンを追ってロンドン行きの飛行機に乗るが、心に傷を負った彼女は消えてしまう。呆然とす るサミュエルを救ったのは、彼にひと目惚れしたゲイのベルニー(アントワーヌ・ベルトラン)だった。それから 8 年、すっかり “普通じゃない”家族になった 3 人。そんな時、サミュエルがグロリア(グロリア・コルストン)に“世界をまたにかける敏腕エ ージェント”だから会えないと説明していた母親クリスティンから当然、連絡が入る。

***********************************

監督:ユーゴ・ジェラン
出演:オマール・シー、クレマンス・ポエジー、アントワーヌ・ベルトラン、グロリア・コルストン

2016/フランス/カラー/5.1ch/スコープ/117 分/G
配給:KADOKAWA




福地桃子(哀川翔の次女)『あまのがわ』で映画“初主演” コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 哀川翔の次女として、近年バラエティーで活躍中の女優・福地桃子さんが、長編映画『あまのがわ』で映画“初主演”を務めることが明らかになりました。本作が映画デビューだそうです。
主演を務める福地さんは、大好きな祖母から教わった太鼓の演奏が大好きな女子高生・琴浦史織(ことうら・しおり、17)を演じます。人工知能の研究者である母・聡美(さとみ)の厳しいしつけから母とは不仲になり、自分の心を閉ざし、やがて不登校になるという難しい役どころ。祖母の入院をきっかけに屋久島に一人旅立つことになった史織は、様々な人との出会いを通し、物事をやり抜くことや誰かのために行動することの大切さを学んでいくというもの。

映画情報どっとこむ ralph 福地桃子さんからコメントが届いています!

◆映画“初出演”“初主演”ということですがご感想を

福地さん:新たな挑戦ということで嬉しい気持ちや楽しみな事も沢山ありますが、初めての事だらけで正直今は不安な気持ちでいっぱいです。ですが、初めてだからこそ新しい発見は必ずあると思うので、この作品を通して成長できるように頑張りたいです。

◆オファーをもらった時の率直なご感想を

福地さん:びっくりしすぎて不思議な気持ちになりました。そもそもオーディションが印象的でした。オーディションの会場はもちろん緊張感がありますが、その中で一人一人と真剣に向き合ってくださっているのがすごく伝わってきて、それがとても心強くて、なんだか嬉しくて、こんな方々とご一緒できたらなという思いがあったので、とても嬉しかったです。

◆舞台が屋久島ということですが、プライベートで行ったことはありますか?

福地さん:一度だけあります。小学生の時に屋久島に行って、自然の雄大さにとても感動しました。なので、ある意味思い出の場所でもあります。空気が本当に綺麗で、お家に持って帰りたい!と思って沢山深呼吸したのを覚えています。(笑)

◆太鼓が大好きな女子高生という役どころですが、実際に太鼓はやったことはありますか?

福地さん:幼稚園と中学校の時に授業で少し習ったことはありますが、上手に出来た思い出がないので少し心配です。まずは太鼓の稽古を一生懸命に頑張りたいです。

◆現在役作りではどのようなことをしていますか?

福地さん:女子高生の時のことを思い出すところから始めています。「最近まで高校生だったのになぁ〜」と思うのですが、高校生の時の感受性はとても繊細で複雑で、ころころ変わる、どれもその時にしか感じられなかったものだなと今になって感じています。作品の中で共感できる部分を大事にして、丁寧に演じられるように頑張りたいです。

◆今後撮影するにあたっての意気込みをお願い致します。

福地さん:現場がとてもアットホームな雰囲気で、緊張している私にこまめに声をかけてくださったり、アドバイスをしてくださる愛のあるスタッフさん達ばかりで、とても心強いです。そんな方々に支えられながら、はじめの一歩を踏み出したいと思います。とにかく一生懸命、全力でぶつかっていきたいです。
※2017年11月撮影予定

◆最後にメッセージをお願い致します。

福地さん:この映画を観て、普段あたりまえに過ごしている日常を見つめ直すきっかけになってもらえたらいいなと思っています。舞台となっている屋久島や、自然の魅力が沢山詰まった作品になっています。ご家族やお友達など、大切な方と一緒に観ていただきたいです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『あまのがわ
amanogawa-movie.com/

物語・・・
祭りの太鼓奏者であった女子高生が、教育に厳しい母親との葛藤から自分自身のやりたいことを見失いながらも、祖母の入院をきっかけに訪れた、神秘の島・屋久島で新しい自分を発見していく物語。屋久島を舞台に、道中で出会った分身ロボットを通し、困難やトラブルに見舞われながらも、心を無くした女子高生が新しい自分を発見していく。

2017年11月より撮影予定。
公開は、2018年来年下半期を予定

***********************************

主演:福地桃子 ※映画初出演&初主演
撮影予定:2017年11月
ロケ地:屋久島、種子島、鹿児島市内、東京都内
公開予定:2018年下半期
キャスティング:渡邉直哉(パロマプロモーション)、柳井宏輝(パロマプロモーション)
プロデューサー:松本沙織、前田光一、森武彦、田村昌裕
地域協力プロデューサー:植村耕二
撮影監督:陣ヶ尾達也
監督/脚本:古新舜
制作:コスモボックス株式会社
   


哀川翔『ザ・コンサルタント』メンズ試写会で 気持ちが大事と!


映画情報どっとこむ ralph 昼は田舎のさえない会計士の仮面をかぶり、夜は裏社会の殺し屋として巨悪に対峙する謎の男“クリスチャン・ウルフ”。
政府、マフィア、巨大企業――アメリカ裏社会を、たった一人でかき回すこの男、一体何者だ!?

ベン・アフレック主演で贈るサスペンス・アクション映画『ザ・コンサルタント』が2017年1月21日(土)より全国公開。

この度、公開直前トークイベント付き試写会を10代後半~30代前半の男性限定で開催。トークイベントでは、ゼブラーマンで二面性のあるヒーローを演じ、俳優・監督・タレント・アーティスト・カブトムシブリーダーといくつもの顔を持つ哀川翔さんが登壇しました!

『ザ・コンサルタント』メンズ限定トークイベント概要
日時:1月12日(木)
場所:神楽座
イベント登壇者:哀川翔 MC:コトブキツカサ

映画情報どっとこむ ralph MCの呼びかけにより、ゲストの哀川翔さんが現れると、メンズならではの頼もしく大きな拍手とともに大きな歓声が上がりました。

哀川さん:男ばっかりだね~!優しい目で見ていただきたいね!

と一言!早速MCより本作の感想を聞かれると

哀川さん:アクションが派手だよね!動と静の身なりのはっきりしていて、コントラストの効かせた作品だと思ったね。そして、物語の裏にはものすごいでかいテーマがあって、観た後は凄く考えさせられるなと思う。最終的にはジーンとくるし、予想をしていなかった結末もあったね

と大絶賛!普段から映画をよく観るそうで

哀川さん:最近の映画はテーマ性がしっかりしてきて面白いものが多いね。この作品みたいに迫力あるアクションとか淡い恋なんかをうまくまとめている作品も多くていいと思うよ。

と独自の視点で作品を分析。ゼブラーマンで二面性のあるヒーローを演じ、俳優・監督・タレント・アーティストといくつもの顔を持ち合わせている哀川さんですが、本作でも会計士かと思いきや腕利きの殺し屋と、哀川さんのように様々な顔を持っている主人公について問われ、

相川さん:普段の生活の小物の置き方とか、ナイフとフォークの几帳面な配置とかで人間性が醸し出されているなと思ったんだけど、あれは相当凝ったキャラクターだよね。数学の天才というところから完璧さを感じさせるし、すべてにおいてきっちりしている。ウルフですからね。

と、”ただの会計士”という表の顔だけに留まらないクリスチャン・ウルフの魅力について明かしました。

映画情報どっとこむ ralph
シラットと言われるインドネシアの最強の格闘術や、様々な武器を駆使した本格アクションの他、秀逸なサスペンスも盛り込まれている本作について問われると

哀川さん:実践感のあるアクションだから、魅せるアクションよりも戦闘している感じがリアルに出ているアクションだったと思う。あと、ライフルがすごかったよね~!あの一コマでクリスの存在がしっかり刻み付けられたと思うくらいかっこいいシーンだった

と、説得力のあるベン・アフレックのアクションに感心した様子で語りました。

哀川さんが分析したように淡い恋も描かれている本作では、主人公のギャップにヒロインのディナ(アナ・ケンドリック)も心を打たれます。

本作の主人公と同様、カブトムシを飼育するというギャップを持つ哀川さんへMCが”やはりモテる男の秘訣は、ずばりギャップでしょうか?”と問うと

哀川さん:俺はギャップあんまりないよ~!カブトムシなんてみんな飼うでしょ!?」

逆に会場に問いかける哀川さん。しかし、会場からはなかなか同意を得られず、

哀川さん:なんだよ~!カブトムシは一家に一匹だろ~!

と残念そうにリアクションし、会場は笑いに包まれました。

映画情報どっとこむ ralph 一見普通の会計士でありながら、裏では腕利きの殺し屋として暗躍する主人公の裏の顔や正体が謎解きサスペンスとして巧みに描かれている本作。そんな主人公にちなみ、哀川さんの更なる一面をということで、なんと書道初段という腕前を持つ哀川さんへ、2017年のモテ男になるための金言をしたためていただくことに!

MCの声掛けで、筆を取った哀川さんは普段の親しみやすいお兄さんのような表情から一転、真剣な眼差しに!!!

慣れた手つきで書き上げた漢字は”気”!
哀川さんの魂のこもった一文字に会場からは拍手喝采!どのような思いで書いたのか問われると

哀川さん:人と付き合うには気持ちが大事だと思う。表面だけ付き合っていても深い関係にはなれないからね。やっぱり気持ちだよ!

と男気溢れるコメント。女性だけでなく会場にいる男性までも惚れてしまいそうな金言を残しました!

映画情報どっとこむ ralph 最後に、

哀川さん:物語で描かれる淡い恋も洒落ててポイント高いと思うけど、やっぱり主人公の人生の歩き方が結構すごいんですよね。ウルフは生きるという気持ちが強くて、きっとそれは家族の愛から始まったんじゃないかなと思う。最後まで観るとずっしりいい気持ちが残る作品だね。あとアクションが最高!!!

と、本作の魅力について語り、メンズだらけという会場だけでなく、トークの内容も濃ゆいイベントは大盛り上がりのなか幕を閉じました!


物語・・・
田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。
彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。
その日から、何者かに命を狙われるウルフ。

実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。
年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。

本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

地味にめちゃ強い!格闘家必見!

映画『ザ・コンサルタント

が2017年1月21日(土)より全国公開

***********************************

監督:ギャビン・オコナー
出演:
ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J.K.シモンズ、ジョン・バーンサル、ジーン・スマート、
シンシア・アダイ=ロビンソン、ジェフリー・タンバー、ジョン・リスゴー
全米公開: 2016年10月14日
配給: ワーナー・ブラザース映画
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.