「名越康文」タグアーカイブ

鏡リュウジ、名越康文、赤川次郎、坂上忍ら『ザ・プレイス 運命の交差点』へコメント!


映画情報どっとこむ ralph 人生と運命という複雑系の綾を、
たった一つのカフェのテーブルの上で描き出す傑作。


この度、4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開となるパオロ・ジェノヴェーゼ監督『ザ・プレイス 運命の交差点』へ、鏡リュウジ、名越康文、赤川次郎、坂上忍 各界の著名人からのコメントが届きました。

カフェ「ザ・プレイス」の奥のテーブルに昼も夜も座っている男の元には、
人生に迷ったものたちがひっきりなしに訪ねてくる。彼らが自らの願いや欲望を叶えるためには、男が告げる行為を行わなくてはならない。
運命を操る男と絡み合う人生の綾を見事に描き出した本作に絶賛の声!

映画情報どっとこむ ralph この度、解禁された各界からの著名人からのコメントは、精神科医、心理学者、占星術研究家などが中心に称賛の声を寄せている。

赤川次郎(作家)
人は知らず知らず、誰かを不幸にして生きている。 そんな人生の皮肉をひと幕の舞台劇のように描いた、不思議なファンタジーだ。

石丸幹二(俳優・歌手)
彼は、救い主なのか悪魔なのか。 訪問者に淡々と投げつける、 生と死にまつわる課題。 カフェに朝が来て、夜が更けてゆく。 名もなき男の美しい映像が、 その深い孤独を物語る。

鏡リュウジ(占星術研究家)
人生と運命という複雑系の綾を、 たった一つのカフェのテーブルの上で描き出す傑作。

加藤諦三(作家、心理学者、早稲田大学名誉教授)
ギリシャ悲劇、アガメムノン総大将は逆風で船は出られない。その時娘の生け贄と言う信託を受ける。娘への愛と 総大将の責任で、苦しみ、娘を生け贄にする。 今の世俗的生活を通してよみがえるギリシャ悲劇

コトブキツカサ(映画パーソナリティ)
謎の男を訪ねる者たちは自らの願いや欲望を満たす為に決断を強いられる。 悪夢と喜悦が背中合わせの脚本に唸りました。

坂上忍(俳優)
なんて粋な映画なんでしょう そして、なんて深い映画なんでしょう とてつもなく優しさに溢れ 時に怖ろしいまでに残酷で でも、全ての判断はわたし達に委ねられているのです

辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)
毎日毎日願い事をされまくっている神様は、 もしかしたらこんな疲れた表情をしているのかもしれません……。 萌えと感謝がせめぎ合いました。

名越康文(精神科医)
人生という紐(ヒモ)がからまった時、理屈だけでは解けないことが良くある。見えないところで、意外なものと意外 なものが結び付いているからだ。

野村雅夫(ラジオ DJ / 翻訳家)
舞台のカフェからカメラは離れないのに、僕たち観客の想像のレンズはずっとカフェの外にフォーカスを合わせられる。 映画は見せてなんぼだけれど、これは見せないのがいい映画。そこに魅せられる。

星野概念(精神科医 など。)
示唆的な言葉、態度、雰囲気は、迷える他人の人生を変えうるほど強力です。一方、人生は 1 秒先さえ未知 で、「正解」はありません。「こうなりたい」と思うことは最善なのか、「こうなりたいならこうしなさい」という言葉は最適 なのか。ずっと誰も知らないそれらのことに、人は翻弄され続けるのかもしれません。

山内ケンジ(劇作家・映画監督)
カフェで、修道女が男に、神を感じなくなったので感じたい、どうすればいいでしょう?と聞く。男は妊娠しろと言う。 修道女は指示通り別の男とセックスをするのだが、その模様は全く描かれず、再びカフェに来てたぶん妊娠しました と報告する、という映画。そんな映画、面白いのか?面白かったんですよ!

映画情報どっとこむ ralph 『ザ・プレイス 運命の交差点』

4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

URL:
theplace-movie.com


***********************************

監督・脚本:パオロ・ジェノヴェーゼ『おとなの事情』

出演:ヴァレリオ・マスタンドレア、マルコ・ジャリ―ニ、アルバ・ロルヴァケル、サブリーナ・フェリッリ
2017年/イタリア/イタリア語/101分/カラー/シネスコ/5.1ch/DCP
原題:The Place 字幕:椎名敦子
後援:イタリア大使館
特別協力:イタリア文化会館
配給:ミモザフィルムズ
宣伝協力:佐々木瑠郁、岩井秀世
© 2017 Medusa Film SpA .  


保坂健二朗、名越康文、ヴィヴィアン佐藤で『ザ・スクエア 思いやりの聖域』を語った!


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝き、本年度アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』が、4月28日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開されます。

このたび、約2週間後に迫った本作の公開に向け、代官山 蔦屋書店にて映画をいっそう楽しめるトピック満載のトークイベントを開催!保坂健二朗さん、名越康文さん、ヴィヴィアン佐藤さんという豪華ゲストがご登壇しました!

実施日:4月15日(日)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:
保坂健二朗(東京国立近代美術館研究員)
名越康文(精神科医)
ヴィヴィアン佐藤(美術家・ドラァグクイーン)

映画情報どっとこむ ralph アートや様々なカルチャーの発信地でもある代官山 蔦屋書店で開かれたトークイベントには、美術館研究員の保坂健二朗さん、精神科医の名越康文さん、美術家・ドラァグクイーンのヴィヴィアン佐藤さんと、異なる立場の第一人者の方々がゲストに集結。

映画の感想を尋ねられ、

名越さん:僕は菊地成孔さんとよく対談をする機会があるんですが、彼に“『ザ・スクエア』観た?面白かったですよ”って言われたんです。伏し目がちに笑っていて、意味ありげでね、ずっと気になっていた。観て、その意味が分かりました(笑)

と一言。東京国立近代美術館に18年間学芸員として勤めている

保坂さん:この映画はスウェーデンの美術館が舞台で、そこのキュレーターが主人公ですが、映画を観ていると自分と同じ職業でも外国の美術館は色々と違うことがあるなと感じました。こんなパーティがあるんだ、とか、こんなにキュレーターの部屋って大きいんだぁ、いいなぁ、とか(笑)。ガラ・パーティ(※美術館が資金集めのために開くパーティ)だって、日本だと森美術館ぐらいしかやってないだろうと思うんですが、やっぱり普通にあるんだなぁって。

と、長年キュレーターを経験してきたからこその感想を述べました。

映画情報どっとこむ ralph ヴィヴィアンさん:前作の『フレンチアルプスで起きたこと』も大好きで、映像が大変美しい。無駄な動きのない、意味のある空間や奥行きを感じるつくりのカメラワークで、それに反してどろどろした人間の内面、情念を描く。その対比が面白い。また、“これがアートです”と断言できるものは存在するのだろうか、ということを考えさせられますよね。

と本作のアートという題材の扱い方にも言及。すると、

保坂さん:アートって、便利に使われがちな言葉なんですよね

と指摘。

保坂さん:よく分からなければ、“アートだね~”って言っておけば済んでしまう、みたいな(笑)。現代美術のキュレーターというのは、そういう作品を全世界から美術館へと集める仕事。厳密に言うと、キュレーターという言葉の語源は、ルナティックス――いわゆる心の病を患う人々を塔に入れて、それを護る人をキュレーターと呼んでいたそうです。人や物を守護する管理人の役割を持っていた人の呼称が、ただ管理するのではなく、人にそれを“見せる”ことになり、展覧会を構成する人へと意味が変わっていった。今では、新しい意味を生み出す人のような認識になっている。『ザ・スクエア 思いやりの聖域』では、主人公のキュレーター、クリスティアンが記者発表の中で作品の説明をしていましたが、本来、それはアーティストがすべきこと。今、世界的にキュレーターがアーティスト化していると言われていて、この映画はそれを象徴していると感じました。

と、延べ、

名越さん:今、保坂さんからキュレーターの語源を聞いてゾクッとしました。僕の専門でもある精神医療の話になりますが、精神病院というのは19世紀頃には監獄と変わらない状況だったんです。酷いところでは、彼らを見せものにしていたという、実際にそういう記録が残っているんです。キュレーターの意味が、精神を病んだ人を護る人から“見せる”人へと意味が変わったというのが、精神医療の歴史ともどこかリンクするものがあるように思えてしまいました。

と驚きを語りました。

映画情報どっとこむ ralph そうして話は、本作の鍵を握るエピソードの1つでもある、美術館が作成した宣伝動画の炎上問題についても及んでいきました。

ヴィヴィアンさん:“これくらいやった方が盛り上がるんじゃないの”って言って意図的に狙って動画を作る、あの炎上商法の場面もすごいですよね。

と唸ると、

保坂さん:広報チームに美術館だけじゃなくて外部の人間も入っているというのが、日本では通常ないことですね。

と日本の美術業界にも話を拡大。

保坂さん:いま世界的に言われているのは、どこで検閲を入れるのかということ。表現の自由の問題ですね。表現の自由を広報に対しても適用するなら、『ザ・スクエア 思いやりの聖域』に出てくるあの動画はアリということになる。でも、まぁ、日本ではあれは不可能でしょう。日本ではここ最近忖度が問題になっていますが、内部検閲がほかの国に比べて強いです。

と答え、

ヴィヴィアンさん:アートに限らず、映画とかもそうですけど、万人向けするものが多い気がしますね、日本は。

とコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph 『ザ・スクエア 思いやりの聖域』で、炎上問題のみならず劇中発生するあらゆるハプニングをまとめて被ることになるのは、敏腕キュレーターの主人公・クリスティアンだ。彼について、

名越さん:極めて人間的な人ですね。人間は例外なく神経症的であるということを喝破している。そういう意味では、典型的な“人間”。絶えず怯えていて、ある程度知的で、自分が本質からずれたことをやっていると分かっているからこそ、それに何とか自分なりに理屈をつけようとしてワーカホリックになていく。カメラに映っているクリスティアンの9割に不安が浮かんでますからね(笑)

と述べ、

ヴィヴィアンさん:これでもかっていうほど、彼に災難が降りかかりますよね。まるで、小さなコントの連続みたいな。この人が全部引き受けなくてもいいのでは、と思っちゃうんですが、逆に言うと、クリスティアンというキャラクターの中には大勢の人物が入っているんでしょうね。だからこそ感情移入しやすい。私たちの代表なんです。彼は、私たちの相対。

と考察しました。


最後に、

三人が再びそれぞれ映画への感想を総括。

保坂さん:今の時代、アートにおける美術館の重要性は段々変化してきている。アートの中心は、ビエンナーレとかアートフェア。そういう催しの中心って、どんどん変わるんですよね。例えば、アート・バーゼルは前回は香港だったけど、次はスイスのバーゼルです。そうした状況の中で、美術館は一歩引いた状況になっている。だから存在感を示すため、この映画の美術館は、そこに打って出て、炎上したというところでしょうか(笑)。本当に色んな問題がてんこ盛りの映画です。

と美術業界を肌で知る保坂さんならではの言葉で締められ、

名越さん:僕はこの映画を観て、キューブリックを思い浮かべたんです。普段は抑圧している人間の暴力性がヒリヒリと浮かび上がっていくという意味では、『時計じかけのオレンジ』や『2001年宇宙の旅』を連想した。キューブリックは影の入れ方や色の使い方全て丹念で、そういう意味ではノイローゼの極地みたいな人。追い詰め型というか。『ザ・スクエア 思いやりの聖域』も手法は違うがそのタイプ。ストレスフルでもあるが、観終わった後に必ず何かが変わる映画ですよね。

と世界の見え方か変わる映画として本作を推薦。

ヴィヴィアンさん:ハプニングが起きても、周りの人が傍観するだけで誰も助けようとしない“傍観者効果”っていうのも重要なテーマの1つとして描かれているじゃないですか。そういった点にも注意して観てみるのもいいと思います!私も違った意味で傍観者効果を感じることがありますからね。授業で“質問ありますか?”って聞いても手が挙がらないことが多いけど、質問がないって言うのは、そこにいなかったっていうのと同じですからね!

と、喝。まだまだ三人の話が尽きない中、トークは幕を閉じました。


映画情報どっとこむ ralph ザ・スクエア 思いやりの聖域

ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ他4/28(土)全国順次公開!

公式サイト:
www.transformer.co.jp/m/thesquare/

***********************************

監督・脚本:リューベン・オストルンド『フレンチアルプスで起きたこと』

出演:クレス・バング、エリザベス・モス、ドミニク・ウェスト、テリー・ノタリー他

2017年 / スウェーデン、ドイツ、フランス、デンマーク合作 / 英語、スウェーデン語 / 151分 / DCP / カラー / ビスタ / 5.1ch /原題:THE SQUARE
/日本語字幕:石田泰子 後援:スウェーデン大使館、デンマーク大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
© 2017 Plattform Produktion AB / Société Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS 


名越康文、桜雪 登壇!『マン・ダウン 戦士の約束』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『マン・ダウン 戦士の約束』が2月25日公開。戦地から帰還した海兵隊員が愛する家族を探し、異世界と化した故郷を彷徨という、これまでの戦争映画とは一味も二味も違う、リアルな男の生き様が観る者の度肝を抜く衝撃作が誕生しました。

この度、公開を記念して、精神科医師の名越康文先生と、「仮面女子」東大卒アイドルとして小池都知事の政治塾に合格した桜雪さんが登壇する初日トークイベントが行われました。
映画の内容を踏まえ、【家族愛】【PTSD】 【トランプ政権】問題を徹底大解剖!都知事選立候補が噂される桜雪さんの心を名越先生が徹底カウンセリング!

『マン・ダウン』公開記念!激論トークイベント
日時:2月25日(土)
場所:新宿武蔵野館
登壇:名越康文(精神科医)、桜雪(アイドル)

映画情報どっとこむ ralph 名越先生と桜雪さんが登場すると会場に大きな歓声が上がり、MC から実際に映画を観た感想を聞かれると、

名越先生:何も内容を知らずに観て、最初の 15 分ぐらいは SF 映画かなと思い、特異な映画でした。内面から外側を見ることに成功している映画だなと思いました。

と自身に重ね合わせて映画を堪能した様子。PTSD について 説明を求められると、

名越先生:自分も苦しいし、周りの人にも気づいてもらえない、二重苦。

と 30 代半ばの阪神淡路大震災での活 動経験をもとに力説しました。映画を観た感想を聞かれると、

桜雪さん:時系列がバラバラになっているので、どのような時系列なのか考えながら観ていくわけですよね。

としっかりとしたコメントに、

名越先生:そういうの得意そうな頭脳やね。

と妙に説得力のあるコメントに感嘆した先生。

映画情報どっとこむ ralph 桜雪さん:帰還兵の自殺率が高いことは知っていましたが、幻想を見る PTSD を発症することを知らなかったので、現実の世界で空想を重 ねているとは思わなくて、そこにすごく衝撃を受けましたね。周りも巻き込んで、家族も命がけという状況にゾッとしました。

コメントに対し、

名越先生:現実と幻想が交じりあるということですよね。アイドルにしておくのは、もったいないね。アイドルと心理学者の2人欲しいね。

と桜雪さんの分析力に感動。本作の一つの背景である戦争からの復員兵について聞かれると、

桜雪さん:トランプ大統領がとあるニュースで、トラウマを抱えた帰還兵に対して心が弱いと発言していたことが、ニュースになっていたと思うんですが、それは言葉が切り取られすぎかなと思っていて、 大統領の周囲の人間は軍人出身が多いので、理解の深い政策をしていってくれると思います。それと、アメリカと比べて日本の方がメンタルクリニックに行くと、周りから「え!大丈夫!」と心配されたり、30 代~40 代の引き込もりが多いことも問題になっていますし、もっと気軽に メンタルクリニックに通うことできるに未来になればいいなと思います。

と日本の未来像を語り、名越先生から解説のあった“PTSD”と似た経験を聞か れると、

桜雪さん:事務所に暮らしていた時に虫が大量発生しているのを見てからトラウマで掃除好きになった。少しでも部屋が汚れると 虫が来るんじゃないかと思ってゾッとしたり小さなゴミが虫に見えたり、フラッシュバッグに悩まされた。

と過去のトラウマを激白。

映画情報どっとこむ ralph 最後は・・・、

名越さん:あなた気を遣う性格でしょ?実は、元々そういう気質がありそうだなと思っていました。体力あるから、ストレスの塊みたいになっていること に気づかなくて、「マン・ダウン」(倒れないよう)にならないように気を付けてください。

としっかりとカウンセリングを行い、

桜雪さん:とても良いカウ ンセリングをしてもらいました。

とスッキリとした様子。密度の濃い舞台挨拶は幕を閉じました。

マン・ダウン 戦士の約束
原題:MAN DOWN

公式サイト:
mandown-movie.com



***********************************

監督:ディート・モンティエル
製作総指揮:ダグラス・アーバンスキー他
出演:シャイア・ラブーフ、ジェイ・コートニー、ケイト・マーラ、 ゲイリー・オールドマン他 2015 年/アメリカ/91 分/シネスコ/5.1ch
提供:ニューセレクト/クロックワークス/博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
配給:アルバトロス・フィルム/クロックワークス
© 2016 Man Down, LLC. All Rights Reserved


DVDスル・コメ 『フレンチ大作戦 灼熱リオ、応答せよ』受賞決定


今年も2014年9月12日(金)~16日(火)に開催されるコメディ映画の祭典
「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。

3回目となる 雑誌「DVD&ブルーレイでーた」とのコラボ企画『DVDスルー・コメディ大賞』。

今回、5作品のノミネート作品の中から『フレンチ大作戦 灼熱リオ、応答せよ』が見事「第3回DVDスルー・コメディ大賞」に選ばれました!受賞を記念して、『フレンチ大作戦 灼熱リオ、応答せよ』の上映と、昨年大好評だった名越康文氏を迎えてのトークショーを開催されます。

「フレンチ大作戦-灼熱リオ、応答せよ」
「フレンチ大作戦 灼熱リオ、応答せよ」

DVD 発売・レンタル中
(発売元・販売元:アクセスエー)

日程:9 月15 日(月・祝)時間は決まり次第、発表致します。

会場:東京キネマ倶楽部

© 2009 MANDARIN CINEMA -GAUMONT- M6 FILMS

STORY:
時は1967 年。フランスの謀報員ユベール=0SS117 は、フランス内のナチス協力者リストが記録されたマイクロフィルムを追うというミッションを与えられ、ブラジル・リオデジャネイロへ向かう。

ジンメルなる男が、そのフィルムで仏政府を恐喝しているのだ。そんな矢先、ユベールはジンメル本人を追っていたイスラエル謀報機関モサドから共闘を持ちかけられ、美しきイスラエル軍大佐ドロレスと行動を共にすることに・・・

ゲスト:名越康文/なこしやすふみ
名越康文1960年 奈良県生まれ。精神科医。相愛大学客員教授。専門は思春期精神医学、精神療法。
近畿大学医学部卒業。大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任
者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画
評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。主な著書に「悩み脱出の力を鍛える!名越康文のシネマセラピー」
(KADOKAWA)、「驚く力」(夜間飛行)、「自分を支える心の技法」(医学書院)、「14歳の子を持つ親たちへ」
(新潮社・内田樹氏との共著)、などがある。

********************************************************************


精神科医の名越康文 したコメに登場決定


第6回したまちコメディ映画祭in台東 第2回DVDスルー・コメディ大賞『伝説のロックスター再生計画!』受賞決定!のお知らせです。

今年2回目となる 雑誌「DVD&ブルーレイでーた」とのコラボ企画『DVDスルー・コメディ大賞』。

2012年8月~2013年7月にリリースされた、劇場公開されずにDVD、ブルーレイ化された外国映画作品の中から”最も笑える映画”を投票で選び、表彰・上映する企画です。

今回、5作品のノミネート作品の中から

『伝説のロックスター再生計画!』

が見事「第2回DVDスルー・コメディ大賞」に選ばれました!

受賞作品上映に加え、精神科医の名越康文氏によるトーク・ショーが開催されます!

コメディ映画に見る人間の深層心理は如何に!?。


「伝説のロックスター再生計画!」

STORY:
「寝取られ男のラブ♂バカンス」のサブ・キャラ、アルダス・スノー(ラッセル・ブランド)を主人公にしたスピンオフ。落ちぶれた伝説的ロッカーが復活ライブを開くまでを、名曲やセレブ俳優のパロディ満載で描く。

◆日時:9月16日(月・祝)15:00~
◆会場:コシダカシアター
◆HP:http://mid-ship.co.jp/dvd/comedy/Rockstar/
◆チケット 8月10日(土)よりチケットぴあにて発売開始

(C)2010 Universal Studios. All Rights Reserved.
DVDが発売&レンタル中伝説のロックスター再生計画! [DVD]
発売元/ミッドシップ 販売元/アメイジングD.C.(セル)、ミッドシップ(レンタル)

このイベントのある「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)は2013年9月13日(金)~9月16日(月・祝)に開催されます。

レッドカーペット盛り上がりますよ!この映画祭。

********************************************************************


『したコメ』とは

昨年、11万人を動員した「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。今年、第6回目は、2013年9月13日(金)~9月16日(月・祝)開催です。

「したコメ」は浅草、上野という東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただく、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭です。

「映画(Cinema)」「したまち(Old town)」「笑い(Comedy)」という3つの要素を掛け合わせることで、映画人、喜劇人、地元の皆さん、映画・喜劇を愛する皆さんが一体となって盛り上がれる、他にない魅力を持った、住民参加型の映画祭となっています!


ゲスト:名越康文/なこしやすふみ
1960年 奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、京都精華大学客員教授。専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業。大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論など様々な分野で活躍中。
********************************************************************
残りの4作品が気になる方に