「名塚佳織」タグアーカイブ

小清水亜美&名塚佳織 コメント到着!『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン』


映画情報どっとこむ ralph テレビ放送から12年。

2017年秋より開幕した『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の第2弾、父をなくしたアネモネの魂の軌跡『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、11月10日(土)より全国公開となります。
監督・京田知己、脚本・佐藤大、キャラクターデザイン・吉田健一のオリジナル・スタッフが集結。さらに新メカニックのデザイナーとして、ニルヴァーシュのオリジナルデザイナーである河森正治も参加しています。

この度、今回の物語の主軸となるアネモネとエウレカのキャラクター設定が明らかになりました。

本作でのアネモネは、エウレカセブンと戦うための特殊部隊アシッドの一員“石井・風花・アネモネ”として、描かれます。早くに母を亡くし、幼い時に父・賢もエウレカセブンと戦うために出征して帰らぬ人に・・・。

強気なふるまいで 、孤独な自分を守りながら成長し反攻作戦アクペリエンスに参加します。

そして、エウレカは、73の国・26億人を滅ぼした人類と敵対する存在=“エウレカセブン”として登場。エウレカセブン殲滅のためアネモネがその内部へとダイブするとその深部で見つけたのがエウレカと名乗る少女でした。



アネモネ役小清水亜美&エウレカ役名塚佳織からコメントが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph 石井・風花・アネモネ
早くに母を亡くし、幼い時に父・賢もエウレカセブンと戦うために出征して帰らぬ人となった。強気なふるまいで 、孤独な自分を守りながら成長したアネモネ。7年後、彼女は、エウレカセブンと戦うための特殊部隊アシッドの一員となり、反攻作戦アクペリエンスに参加する……

小清水亜美 コメント

■アネモネを演じての感想と今作でのキャラクターの見どころ
ゲーム等の収録があったので10年ぶりというわけではありませんが、まさか新しいセリフ・エピソードを演じることになるなんてただただ驚いています。見どころは、最初から最後までですよ!本気でそうです!

■本作への印象
アネモネだけどはじめまして!なので、深く考えすぎず、今を生きることにしました。TVシリーズでは出来なかったことができて、嬉しかった部分もあったり!それがどういうところだったのかは、劇場公開後に話すことにします。どんなストーリーになっているのか、お楽しみに。


エウレカ
73の国、26億人を滅ぼした、人類と敵対する存在。
東京に出現したエウレカは7番目で、エウレカセブンと呼称される。
エウレカセブン殲滅のためその内部へとダイブしたアネモネが、
その深部で見つけたのは一人のエウレカと名乗る少女だった。

名塚佳織 コメント

■エウレカを演じられてのご感想とキャラクターの見どころ
色々驚き、戸惑いました。でも、いつか監督がおっしゃって下さった、名塚が演ればエウレカになると言う言葉を信じて、エウレカの気持ちを一から考え直し挑みました。これが皆さんにどう映るか不安ですが…私にとっては、彼女もまだ成長途中だったのかと新しい発見が…。やはり、気持ちというものは未熟だから面白いのかもしれませんね…。

■本作への印象
アネモネが最高にカッコよく、最高にかわいいです♡まさに今作の主人公ですね!アネモネとのシーンはお気に入りのシーンばかり♪ラストも好きですが、特に一緒に走ってるシーンが好きかなぁ…。

映画情報どっとこむ ralph 「エウレカセブン」シリーズ初の東京が舞台。新たなストーリーの扉がもうすぐ開きます。

アネモネが幼い頃から好きだった人気キャラクター・ガリバーのビジュアルも解禁となりました。


『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』

2018年11月10日(土)全国ロードショー

公式HP:http://eurekaseven.jp/

まだ幼かったあの日。父はアネモネを残して戦いに赴き、そして帰ってこなかった。アネモネの小さな胸に深く残る後悔。彼女の心を支えたのは、ぬいぐるみのガリバーとAIコンシェルジュ・ドミニク。7年が経過し、アネモネは父が散った戦場――東京にいた。アネモネは実験部隊アシッドが実行する作戦の要として、人類の敵「7番目のエウレカ=エウレカセブン」と戦わなくてはならないのだ。エウレカセブンにより追い詰められた人類は、もはやアネモネに希望を託すしかなかった。そしてアネモネは、エウレカセブンの内部へとダイブする――。

***********************************

監督:京田知己

脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:吉田健一
配給:ショウゲート
©2018 BONES/Project EUREKA MOVIE


桐嶋ノドカ、北村諒、加村真美、美沙玲奈、名塚佳織、廣瀬智紀 登壇!『爪先の宇宙』


映画情報どっとこむ ralph 世界累計2500万ダウンロードを誇る超人気マンガ・ノベルアプリ「comico」にて、圧倒的な支持を得ている少女漫画作品「爪先の宇宙」が実写映画となって登場!

ヒロインの亜紀を演じるのは映画初主演で主題歌も担当する桐嶋ノドカさん。

不思議なバイト先の仲間アンジ役には、同じく映画初主演で舞台を中心に俳優・声優として活躍する北村諒がダブル主演。亜紀のバイト仲間のユメコ役に加村真美さん、優しくて少しお節介な店長ユウ役を廣瀬智紀さんが演じます。また、店長の元カノでラジオパーソナリティのしおり役を人気声優の名塚佳織さんが演じるなど、一味違うバラエティ豊かなキャスト陣が集結しました。
そんなそんな本作の先行上映を記念しまして舞台挨拶に桐嶋ノドカさん、北村諒さん、加村真美さん、美沙玲奈さん、名塚佳織さん、廣瀬智紀さん、谷内田彰久監督が登壇しました。

映画『爪先の宇宙』先行上映舞台挨拶
日付:2017年11月17日(金)
場所:TOHOシネマズ上野 
登壇者:桐嶋ノドカ、北村諒、加村真美、美沙玲奈、名塚佳織、廣瀬智紀、谷内田彰久監督

映画情報どっとこむ ralph 映画『爪先の宇宙』の「ドリパス」先行上映を記念して開催された本舞台挨拶。
満席となった客席を見て、まずは本作のヒロインと主題歌を担当した桐嶋ノドカさんと北村諒さんから挨拶。

桐嶋さん:今日の日を内心ドキドキしながら迎えたんですが、みなさんに楽しんでいただけたようでほっとしています。

と語れば、

北村さん:こんなに多くの方に先行上映に来て頂いて、本当にあったかいお客さんだなと思います。

と語り、この日が来たことを感慨深く語っていた。続いてユメコ役の加村さんは

加村さん:原作の愛読者だったので、お話を頂いたときはとても嬉しかったです。

と語り、朋子役の美沙さんは

美沙さん:撮影時は雨の日が続いてとても大変だったんですが、この日を迎えられてとても嬉しいです。

とし、続いて人気声優として活躍するしおり役の名塚さんは

名塚さん:普段の声優のお仕事と違う現場で、とても新鮮で楽しかったです。映画の撮影ってこんなに待ち時間が多いんだなって(笑)

と振り返った。また、急遽舞台挨拶に駆け付けた店長ユウ役の廣瀬さんは

廣瀬さん:原作のある作品に多く出演させていただいているのですが、今回は原作のまま演じるというよりも、現実にこのキャラクターが生きているんだってことを意識して演じていました。

と役作りを語りました。

映画情報どっとこむ ralph この日の衣装はアースミュージック&エコロジーを展開する、ストライプインターナショナルから提供されていて、その中でも桐嶋さん、北村さん、美沙さんの衣装は、映画でのキャラクターをイメージした特別デザイン。これに関し

桐嶋さん:亜紀をイメージした色や素材で、星の刺繍が施してあったりしてかわいいんです。

と紹介しました。


そして

谷内田監督は雨続きだった撮影時の様子を振り返り、

谷内田監督:僕は自他共に認める雨男なんですけど、見事に5日間の撮影中ずっと雨でしたね(笑)。でも、雨のシーン大好きなんで僕には楽しい撮影でした。

と語り、さらに本作がいよいよ12月1日より、川崎チネチッタにて公開されることが監督の口から発表され、

北村さん:友達にSNSで今日の熱い感想と共に知らせてください!

と観客に呼びかけました。

撮影中のエピソードの話になると、

桐嶋さん:漫画の中で頑張る亜紀に突き動かされるように、私も頑張っていました。監督やキャストの皆さんに支えられたおかげで乗り切れた撮影でした。

と述べると

北村さん:アンジは不器用で若いな、っていうキャラクターで、演じていて自分が若返った気持ちになりました。彼の中にある誰にでもあるような葛藤や悩みに皆さんにも共感してもらえたら。

と、自身が演じたアンジ役について語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

桐嶋さん:キャスト、スタッフ一丸となって作りあげた作品です。みなさん、ぜひお友達とまた観に来てください。

北村さん:短い上映時間の映画ですが、僕たちの思いが詰まった作品になったので、多くの人に届けることができたらと思っています。

と来場者に呼びかけ、盛況のうちにイベントは終了した。

2017年12月1日(金)より川崎チネチッタにて上映、以降全国順次公開です。

物語。。。
親友との間に起こった出来事、親との関係が原因で思っていることが口に出せなくなり、人との関わりを絶っていた亜紀は、自分を変えるために近所のカラオケボックスでアルバイトをはじめる。そしてバイト仲間との交流を通して、少しずつ変わっていく。

公式サイト:
爪先の宇宙.com

Twitter:
@tsumasaki_uni

***********************************

キャスト:桐嶋ノドカ  北村 諒  加村真美  美沙玲奈  名塚佳織 / 廣瀬智紀
原作:manni「爪先の宇宙」(comico)   
監督:谷内田彰久 『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』
製作:「爪先の宇宙」製作委員会
制作プロダクション:BroadMarks Inc. CINE-C
配給:メディアプルポ
©「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico
    


日給5万円+交通費「an超バイト」× 映画「爪先の宇宙」


映画情報どっとこむ ralph アルバイト求人情報サービス「an」は、『comico』で連載中の人気少女マンガ「爪先の宇宙」の実写映画化を記念した「an超バイト」の新企画を実施。映画「爪先の宇宙」の初日舞台挨拶でキャストのお手伝いをするバイトを2名募集いたします。報酬として日給5万円と、原作者manniさん&キャストサイン入りパンフレットをプレゼントいたします。

人と話すのが苦手な方も大歓迎!「an超バイト」をきっかけに一歩踏み出してみよう!

世界累計2,500万ダウンロードを突破したマンガ・ノベルサービス『comico』で連載中の人気少女マンガ「爪先の宇宙」が、2017年11月に実写映画化されることが決定!「爪先の宇宙」は、高校生の時に親友の放った一言で心を閉ざしてしまった吉河亜紀が、“自分を変えたい”と小さなカラオケボックスでバイトをすることで、バイト仲間と共に成長していく再起ストーリー。
今回の「an超バイト」では、桐嶋ノドカさん、北村諒さんがダブル主演を務める映画「爪先の宇宙」の初日舞台挨拶で、カラオケ店員のようにキャストにマイクを渡したり、ドリンクを運んだり、キャストのお手伝いをするバイトを大募集いたします。物語の主人公の亜紀のように、人と話すのが苦手な方も大歓迎です。バイト先を舞台に仲間と共に成長していった亜紀達のように、バイトを通して人生が変わることを「an超バイト」でも感じられるかもしれません。たくさんの方からのご応募お待ちしておりますとのことです。

映画情報どっとこむ ralph
募集概要
・内容  :2017年11月17日(金)に行われる映画「爪先の宇宙」初日舞台挨拶で、カラオケ店員のようにキャストにマイクを渡したり、ドリンクを運んだり、キャストのお手伝いをしていただきます。
・報酬  :日給5万円+原作者manniさん&キャストサイン入りパンフレット
※全国どこからでも交通費全額支給
・募集人数:2名
・応募資格:経験・年齢・性別など一切不問です。「爪先の宇宙」が好きな方歓迎!
挫折して立ち直りたい方、自分を変えたいと思う方歓迎! 人と話すのが苦手な方歓迎!
・実施日時:2017年11月17日(金)4時間程度
・実施場所:TOHOシネマズ上野(東京都台東区) ※今秋開業予定
・募集期間:2017年10月17日(火)9:00~ 2017年11月6日(月)23:59
・応募方法:
①「an」公式Twitter(@weban)をフォロー
②本企画の該当ツイートをリツイート
③特設サイト内の応募フォームから必要事項を入力して応募

特設サイトURL


※本募集はパーソルキャリア株式会社により実施されますが、雇用元はイーストアイプランニング株式会社となります。

映画情報どっとこむ ralph

映画『爪先の宇宙』について

「いつだって本当は、伝えたい事がたくさんあるの。」
親友の朋子が発した一言で他人と接する事が出来なくなってしまった吉河亜紀は高校を卒業してから一年間自宅に引きこもる日々を過ごしていた。
このままじゃダメな事は自分でも良く分かっていた。
けれど他人を前にすると親友の言葉が頭の中を駆け巡ってしまう。苦痛が亜紀の心を支配していく。
携帯電話の電源はあの日から切れたままだった。
そんな時、ふと目に入ったアルバイト募集のチラシ。
亜紀はそんな自分を変えるため一歩踏み出す決意をする。
カラオケボックスでバイトを始めた亜紀。
そして、バイト仲間を通じて、少しずつ変わっていく―。

▼公式サイト 爪先の宇宙


***********************************

タイトル:『爪先の宇宙』
原作:manni「爪先の宇宙」(comico)
出演:桐嶋ノドカ  北村 諒
   加村真美  美沙玲奈  名塚佳織 / 廣瀬智紀
監督:谷内田彰久
脚本/芸術監督:中野裕太 
脚本協力:野村伸一
主題歌:桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」(キングレコード)
挿入歌:桐嶋ノドカ「夜を歩いて」(キングレコード)
公開:2017年11月公開
Ⓒ「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico
    


三瓶由布子、名塚佳織、古谷徹 登壇!交響詩篇エウレカセブン 第1弾初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 感動のTVシリーズから12年―新たに描かれるレントンとエウレカの物語『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、劇場3部作として待望の映画化。

その第一弾『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』が、9月16日本日より全国107館にてロードショーとなりました。

この度、『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の初日舞台挨拶が新宿バルト9で行われました。

イベントでは、主人公・レントン役三瓶由布子さんと、
ヒロイン・エウレカ役名塚佳織さんの“交響詩篇コンビ”と、
2005年のTVシリーズからのオリジナルスタッフ、京田知己総監督が登壇。

さらに、レントンの父である、英雄・アドロック・サーストンを演じた古谷徹さんが登壇致しました!

日付:9月16日
場所:新宿バルト9
登壇:三瓶由布子、名塚佳織、古谷徹、京田知己総監督 ※敬称略

映画情報どっとこむ ralph <いよいよ本日から全国上映が開始され、今日を迎えての感想は?>

三瓶さん:本当に感無量です。今回テレビシリーズから12年ぶりにエウレカセブンが新しい劇場作品となって皆様にお届けできるのは、この作品を愛してくださっている皆様のおかげだと思っています。本当にありがとうございます。もう、胸がいっぱいです。

名塚さん:いま三瓶ちゃんがいってくれたとおり、ついに公開ということで、先週くらいまでは不安ではあったんですけれど、これだけ皆さんが集まってくれているのもすごく嬉しいですし、こうしてやっと皆さんの元へお届けできるんだなぁ、という気持ちです。公開してここからがスタートだと思うので、いろんな感想をいただきながらこれからも『エウレカセブン』がんばっていきたいです。

古谷さん:『エウレカセブン』というビッグタイトルで、初めて登場するアドロック・サーストンという、とても重要な役を仰せつかりまして、非常に緊張していました。自分では納得のできるお芝居ができたと自負しておりますが…みなさんはいかがでしたか?(会場から大きな拍手)ありがとうございます。ちょっとホッとしました(笑)

京田総監督:この『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』が完成するまでにすごく紆余曲折があったので、たどり着けるのか?と思ったこともありましたが、こうしてみなさんにお届けすることができて本当によかったなと思いつつ、今、始まったばかりだなとも思います。これから皆さんに数年の間楽しんでいただけるものを作る、ということで、やっと始まったなぁという感触が強いです。


<注目の一つでもある、今作でやっと描かれた『サマー・オブ・ラブ』にて、やっとアドロックの声を聞くことができました。演じられての感想は?>

古谷さん:プレッシャーでした。僕はひげをはやした親父というのは今までほとんどやったことがないんですよ。しかも、息子がいる父親で。ずっと少年役が多かったので、キャラクターのルックスに僕の声は合わないんじゃないかと思いました。でもきっちりお芝居ができれば、皆さんに納得してもらえるんじゃないか、という想いであまりルックスにはこだわらずにやりました。結果、アフレコでは自分の頭が真っ白になってしまうくらいのめり込めたので、よかったんじゃないかな、と自負しております。

映画情報どっとこむ ralph <古谷さんと共演しての感想は?>

名塚さん:本当にすばらしかったです。私達がテレビシリーズから作ってきた、作品に対する想いをすごく大事にしてくださっていて、収録前から監督たちとたくさん話し合いをしてキャラクターを作っていらっしゃいました。いざ収録がはじまると、思い出すと鳥肌がたちます(笑)強さとあたたかさの中に人間らしさがあり、レントンの父親なんですが、レントンのような少年らしさも持っていて、というのをあの短いシーンの中すべて見えてしまうというか。今までレントンが思い描いていたものが実体化されたような感じがしました。
エウレカにとってアドロックという存在の大きさを収録で体感することができ、とても幸せな時間でした。

三瓶さん:その感想を聞いて思うのは、かおりん、ずるいよ…。(笑)私は親子としての会話はすることはなかったので、今回の映画で初めて実際にアドロック生きていている姿を見て、涙がとまりませんでした。それは私の中のレントンなのか私自身なのかはわからないんですが、やっとアドロックに会うことができてすごく感動しました。


<古谷さんにアドロックを演じてもらっていかがでしたか?>


京田総監督:アドロックは、レントンにとって会ったことのないお父さんであると同時に、レントンの物語が始まる、前の物語の主人公なんです。なので、あんな結末になりましたが、主人公だったお父さんがどういうことをがんばっていたかを今回は見せる、という話だと思ったんです。主人公というのは、ただ強いだけではなく、いろいろな迷いや壁にぶち当たったりするということを感じさせつつ、最終的には人を救ったりすることができる存在だと思うんです。そういう意味では古谷さんにお願いするしかない、と思いましたし、最初の第一声を聞いたときに、本当にグッとつかまされました。

映画情報どっとこむ ralph
<最後に一言ずつご挨拶をお願いいたします。>

三瓶さん:まだまだエウレカセブンの世界、続きます。今回レントンの気持ちにすごくフォーカスしていただいて、2、3とどうなっていくのかわかりませんが、今後のエウレカセブンにもぜひ期待していただきたいです。

名塚さん:いま三瓶ちゃんの話を聞きながら、テレビシリーズでもレントンのことをがんばって受け止めていたなぁ、と思い出しました。これからも精一杯、レントンを受け止めながら最後までがんばっていきたいとおもいますのでこれからもよろしくお願いいたします。

古谷さん:せっかく素敵なキャラクターをやらせていただいたので、ぜひまたやりたい!と。なので、なんとか監督に考えていただいて、皆さんにも映画をたくさん観ていただいて、Blu-rayをたくさん買って頂いて(笑)そうすれば、また皆さんにお目にかかれる日が来るのではないかと。

京田総監督:『2』は、ちょうど稼働しはじめたところなんですが、今回よりもさらにエウレカらしいエウレカセブンをやろうと考えてつくっています。新しい雰囲気を醸し出しながらも、みんなが思ってくれていたエウレカを描きたいなと思っています。

公式サイト:eurekaseven.jp

***********************************

レントン:三瓶由布子 エウレカ:名塚佳織
デューイ:辻谷耕史 ホランド:森川智之 タルホ:根谷美智子
チャールズ:小杉十郎太 レイ:久川 綾 / アドロック:古谷 徹
総監督:京田知己 
脚本:佐藤大 
キャラクターデザイン:吉田健一 
アニメーション制作:ボンズ
音楽:佐藤直紀
挿入曲:Hardfloor 、HIROSHI WATANABE 
主題歌:「Glory Days」尾崎裕哉(TOY’S FACTORY) 
   


交響詩篇エウレカセブン HV1オリジナル予告編製作!予告編メーカー


映画情報どっとこむ ralph 新たに描かれるレントンとエウレカの物語
『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、劇場3部作として待望の映画化を果たします。
いよいよ今週末16日(土)より『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』が、全国107館にてロードショーとなります。

そしてこの度、映画公式サイトにて、オリジナルの予告編が製作できる“予告編メーカー”がスタートしました!

こちらは、各3秒20種類の本編映像の中から、自分で好きなものを組み合わせ、最後になんと自分の言葉でキャッチコピーをつけオリジナル15秒の映画予告映像を作れるというもの。

音楽も尾崎裕哉が歌う主題歌『Gloey Days』か、挿入曲Hardfloorの「Acperience 7(アクペリエンス・7)」2曲のどちらかを選ぶことができ、まさに自分だけの「エウレカ」、予告映像を楽しめます。もちろんその映像をWEB上でお披露目、他の人が作ったものも閲覧できるため、それぞれの「センス」を競い合うこともできるのです。“我こそは!”と思う人、自分の好きなキャラクターをフューチャーしたい人、「予告映像を作ってみたい人」…貴重な機会なので、ぜひ、チャレンジしてみるのはいかがでしょうか!?

予告編メーカーはこちら

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

地球上を覆う情報生命体・スカブコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機――サマー・オブ・ラブ。

その危機から世界を救ったのは、アドロック・サーストンだった。
英雄と讃えられるようになるアドロック。だが、その真相を知るものは、最前線で戦ったごく一握りの人間だけだった。
そして10年の時が流れた。
アドロックの残された息子レントンは、ビームス夫妻の養子となり、地方都市ベルフォレストで暮らしていた。
義理の父チャールズは、豪放で色んな意味で“濃い”男。義理の母、レイは冷たそうに見えて細やかな愛情の持ち主だった。
だが、ビームス夫妻とレントンの間にはどこかぎこちなさがあった。
14歳になり、鬱屈とした日々を送っていたレントンに運命の転機がやってくる。そして、家を飛び出すレントン。

そこからレントンは様々な人との出会い、別れを経験する。
レントンが出会ったひとりは、ファシリティ・ガード隊長のホランド・ノヴァク。一時、ホランド率いるファシリティ・ガードに身を寄せていたレントンだが、ホランドとの相性は最悪。徹底的に悪かった。結局レントンはそこからもわずかな時間で飛び出してしまった。
彼が出会ったもうひとりは、少数宗教ヴォダラクの少女。死に瀕した彼女を救うため、レントンは、再会したビームス夫妻の心配をよそに奔走する。

人々との出会いと別れは、レントンに大事なことを気づかせる。
自分はなぜ、家出をしたのか。自分はなぜ今、この道を走っているのか。

***********************************

レントン:三瓶由布子
エウレカ:名塚佳織
デューイ:辻谷耕史
ホランド:森川智之 タルホ:根谷美智子
チャールズ:小杉十郎太 レイ:久川 綾/ アドロック:古谷 徹

総監督:京田知己 脚本:佐藤大 キャラクターデザイン:吉田健一
原作:BONES

監督:清水久敏
メインメカニックデザイン:河森正治 コンセプチャルデザイン:宮武一貴

デザインワークス:武半慎吾、齋藤将嗣、出渕裕、コヤマシゲト、柳瀬敬之、中田栄治

キャラクター作画監督:藤田しげる、倉島亜由美 特技監督:村木靖 メカニック作画監督:阿部慎吾

メインアニメーター:柿田英樹、金子秀一、大塚健、横屋健太、長野伸明、工藤糸織

美術監督:永井一男 美術監督補佐:本庄雄志 色彩設計:水田信子 編集:坂本久美子 撮影監督:木村俊也 音響監督:若林和弘