「吉田鋼太郎」タグアーカイブ

広瀬すず 吉田鋼太郎 藤原竜也が『ルパン三世 THE FIRST』ゲスト声優決定


映画情報どっとこむ ralph 1967年に「漫画アクション」にて連載がスタート、1971年にはテレビアニメ化され、誕生から50年以上経った今でも映画・ゲーム・スピンオフなど様々なメディアで老若男女問わず絶大な人気を誇る「ルパン三世」。初代アルセーヌ・ルパンの孫であるルパン三世を中心に、桁外れな技術を持つ早撃ちの天才ガンマン・次元大介、居合の達人で切れない物はないという斬鉄剣の使い手・石川五ェ門、類稀なる美貌と抜群のプロポーションを持つ謎の美女・峰不二子、ICPO(インターポール)のルパン三世専任捜査官・銭形警部など個性豊かな魅力的なキャラクターと、アクション・コメディ・ラブ要素など、小粋でオシャレな世界観が人気を博している国民的キャラクター「ルパン三世」の劇場最新作が12月6日(金)に長編アニメーションとして23年ぶりに公開されることが決定、既に大きな話題を呼んでおります!
広瀬すず 吉田鋼太郎 藤原竜也『ルパン三世 THE FIRST』ゲスト声優
映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、作品の重要なカギを握るゲストキャラクターを演じる声優が解禁!
広瀬すず 吉田鋼太郎 藤原竜也『ルパン三世 THE FIRST』ゲスト声優
ルパン三世が狙うお宝“ブレッソン・ダイアリー”を巡りルパン一味と出会う考古学に精通している聡明な女性・レティシア役に、NHK連続テレビ小説「なつぞら」の主演を終えたばかりの

広瀬すずの出演が決定!「なつぞら」では日本のアニメ黎明期を切り拓く女性アニメーターを演じた広瀬が、今度は長きにわたって愛される国民的アニメの声優に華麗なる転身を果たします!

【レティシア】
ブレッソン・ダイアリーを巡り、ルパンと出会う考古学に精通した女性。育ての親・ランベールの命を受けブレッソン・ダイアリーを盗みだし、隠された謎を明かそうとルパン一味と行動を共にすることに。

【広瀬すずコメント】
最初にお話を頂いた時には、作品を壊してしまうのではないかと少し怖い思いもありました。2年前のプレスコの際はルパン役の栗田さんと一緒に収録をさせていただいたのですが、「こうやってルパンが出来ているんだ」というのを間近で感じることができ、役を通して会話をしながらリードしていただきました。山崎監督からはレティシアは「あっけらかんとしている部分と、まっすぐで情熱的な部分がある女の子」と言われました。結構アクションシーンもおとぼけなシーンもあるのですが、その場その場で指導していただきました。3DCGアニメーション化すると、とても現実味があってルパン一味が凄く近い存在に思えました。「次元って帽子を取ったらあんなにカッコいいんだ」「不二子ちゃんは本当に色っぽいな」とか、一人一人のキャラクターが立っていて実際にみんなに会いたいと思ったし、レティシアが抱えている悩みをルパンはちゃんと言葉にしてくれたりして、カッコよすぎて結婚したいと思いました(笑)。勿論ルパン一味は大泥棒ですが、人間同士の繋がりや絆の強さにも感動しました。面白いシーンも沢山ありますが、その後にズシッと重いシーンもあって、先が読めなくていい意味で裏切られました。


更に、“ブレッソン・ダイアリー”の謎を追い求める組織の研究者ランベールに吉田鋼太郎が、

【ランベール】
レティシアの育ての親である考古学者。ブレッソン・ダイアリーの謎を解き明かそうと暗躍する。
ゲラルトに使われている。

【吉田鋼太郎コメント】
中学生の時、成人コミック誌に掲載されていたこともあり、不二子ちゃんが中々セクシーだったこともあり、かなりドキドキしながらルパン体験をしてました。不滅の人気アニメにまさか自分が声の出演をさせて頂くとは夢にも思わず、大変光栄な事と思うと同時にファンの方々の期待を裏切る事になりはしないかとハラハラしています。名だたる共演者の方々の中で自分の出来る事はやれる限りやったつもりなので、どうぞ寛大にご覧になって頂ければ幸いです。舞台での共演が多い藤原竜也氏とのアニメでの共演もとても新鮮で楽しかったです。どうぞご期待ください!

“ある目的のために組織を操り、ランベールに指示を出す謎の男ゲラルトに藤原竜也の出演が決定しました。

【ゲラルト】
ブレッソン・ダイアリーに隠された謎を解き明かすため、不二子に盗ませる。戦前から続く秘密結社の再興を目指している。

【藤原竜也コメント】
誰もが知る国民的作品「ルパン三世」の最新映画にゲスト声優として参加させていただき、本当に嬉しかったです。僕自身も幼い頃から観させていただいていた作品でしたので、当初は自分の声が「ルパン」の世界にマッチするのか不安もありましたが、精一杯楽しみながら、取り組ませていただくことができました。今作の魅力は何と言っても、山崎貴監督が手掛けられるハイクオリティーの3DCGですね。日本のアニメーションはココまで来たのか!と驚いております。収録時も、どんな作品が完成するのかワクワクしながら声を吹き込ませていただいておりました。数多くの歴史を築き上げてきた「ルパン三世」という作品が、未だ観たことのないまた新たなアニメーションの歴史を築いていくという、とても貴重なタイミングで参加させていただけたと、心から誇りに思っております。年齢問わず、大人から子供まで皆さまに楽しんでいただける作品になっておりますので、ぜひ劇場へ足をお運びいただければと思います!


ともに舞台でも活躍し、個性的な悪役を演じることも多い二人が今回は一体どのようなキャラクターを作り出したのか、要注目です。

映画情報どっとこむ ralph また、ルパン一味・ゲストキャラクターが総登場となる本ポスターと、アクションシーンが満載の本予告も解禁!
ブレッソン・ダイアリーの謎を解き明かすために奮闘するルパンやレティシアらルパン一味の活躍をお楽しみに!


映画情報どっとこむ ralph さらに、4DX・MX4Dでの上映も決定!スクリーンを駆け回るルパン一味と、大迫力のアクションシーンは必見です!
ルパン三世の史上最高傑作と名高い『カリオストロの城』から40年、3DCGになった新しい「ルパン三世」シリーズの幕開けと、誰もが愛するニューヒロインの誕生に是非ご期待ください。

『ルパン三世 THE FIRST』

12月6日(金)全国東宝系にてロードショー

映画公式サイト:
lupin-3rd-movie.com

ルパン三世 イントロダクション

1967年「漫画アクション」にて連載が始まった「ルパン三世」。

モンキー・パンチが描く、ルパン一味の冒険活劇はその後TVアニメとなり『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)をはじめとする、今も色褪せない数々の名作が世に送り出されてきました。 そんな不朽の名作『カリオストロの城』から40年、日本のVFXを牽引するクリエイターである山崎貴によって今年4月にこの世を去った原作者モンキー・パンチの悲願であった3DCGアニメーションによる劇場版が完成! 長年シリーズを支えてきた栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一ら、チームルパンの面々はもちろん!本作のゲストキャラである、考古学を愛し、ルパンと一緒に財宝の謎を解き明かすこととなる少女・レティシア役に広瀬すず、ブレッソン・ダイアリーを狙う秘密組織の研究者・ランベール役に吉田鋼太郎、ランベールに指示を出す謎の男・ゲラルト役に藤原竜也といった日本を代表する名優たちが出演し、「ルパン三世」23年ぶりの劇場版に花を添えます。

ストーリー
「ブレッソン・ダイアリーを戴きに参上します ルパン三世」

その謎を解き明かしたものは莫大な財宝を手にするとされ、かのアルセーヌ・ルパンが唯一盗むことに失敗したといわれている秘宝・ブレッソン・ダイアリー。

そんな伝説のターゲットを狙うルパンは考古学を愛する少女レティシア(広瀬すず)と出会い、2人で協力して謎を解くことに。しかし、ブレッソン・ダイアリーを狙う秘密組織の研究者ランベール(吉田鋼太郎)と、組織を操る謎の男ゲラルト(藤原竜也)が2人の前に立ちはだかる・・・。 ブレッソン・ダイアリーに隠された驚愕の真実とは一体!? 天下の大泥棒による史上最大のお宝争奪戦が幕を開ける!!

***********************************

監督・脚本:山崎貴
原作:モンキー・パンチ
音楽:大野雄二
出演:栗田貫一 小林清志 浪川大輔 沢城みゆき 山寺宏一 広瀬すず 吉田鋼太郎 藤原竜也
制作:トムス・エンタテインメント/マーザ・アニメーションプラネット
製作:2019映画「ルパン三世」製作委員会
配給:東宝
©モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会
    
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

劇場版『シンカリオン 』伊藤健太郎、吉田鋼太郎&釘宮理恵がゲスト声優決定!主題歌はボイメン!


映画情報どっとこむ ralph 12月27日(金)より全国公開される劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』に、テレビドラマ・ラジオ・映画・CMなど幅広いフィールドにて、目覚ましい活躍をみせる俳優・伊藤健太郎と、舞台にて圧倒的なキャリアを積み上げ、近年ではテレビドラマや映画のフィールドでも存在感を光らせる吉田鋼太郎がゲスト声優として出演することが決定!また、映画主題歌はBOYS AND MEN(通称ボイメン)が担当することも明らかに!
ゲスト声優新幹線変形ロボ シンカリオン
 「新幹線変形ロボ シンカリオン」は、2018年1月よりTBS系全国28局ネットで放送されてきたテレビアニメ。新幹線が移動手段だけでなく、日本の平和と安全を守るため“新幹線変形ロボ シンカリオン”として活躍する世界を舞台に、そのシンカリオンと高い適合率を持つ子供たちが運転士となり、巨大な敵に立ち向かう姿を描いた物語。劇場版では、次世代新幹線の開発を進めるためのJR東日本の新幹線試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」がシンカリオンとして活躍する。
 
 本作にゲスト声優として出演が決定した伊藤健太郎は、テレビドラマ「今日から俺は!!」や映画『コーヒーが冷めないうちに』、『惡の華』等、様々な役を演じ分ける個性派俳優。自身がMCを務める映画情報番組「ムビふぁぼ」では、かねてより「シンカリオン」について熱く語っており、同番組のSNSで紹介されている動画内では、シンカリオンのおもちゃを手にを持ち、自分なりのアテレコ披露したことも。今回主人公・ハヤトたちが戦う敵・ナハネを演じるにあたり「ちびっ子たちに大人気の『シンカリオン』の新たなる、宇宙最強の敵役に挑戦します。ワクワクドキドキしてもらえるよう、しっかり頑張りたいと思います。お楽しみに!!」とコメントし気合十分! 

そして、ナハネの参謀・オハネフ役の吉田鋼太郎は「敵には敵の矜持を示せるよう、心を込めて立ち向かいたいと思います。同じく敵役を演じる伊藤健太郎くんと、シンカリオンの世界で暴れまわりたいと思います!」と意気込みを語った。

さらに、今作で“シンカリオン ALFA-X”の運転士として、物語の鍵を握る少年ホクトを演じるのは、テレビアニメ「鋼の錬金術師」、「血界戦線」、「宝石の国」など数々の作品に出演する実力派声優・釘宮理恵。出演にあたり「制作陣のみなさまとお会いする機会があったのですが、キラッキラの元気な男の子がそのまま大人になったような方たちで! 何だかすごく、わくわくしました! 全力で体当たりしたいな、と思っています!」と収録を前にして、意気込み十分なコメントを寄せた。

加えて、主題歌を担当するBOYS AND MEDの辻本達規もゲスト声優としても参加することが明らかに! テレビアニメではBOYS AND MENとして一度物語に登場したボイメンだが、今回は「新幹線超進化研究所・北海道支部」の指令員・渡島カムイという役柄に挑戦! テレビアニメでもゲスト出演を果たしていた、辻本は「以前、本人役で出演させていただいた時も嬉しかったですが、今回は物語の人物を演じるのでまた違った喜びがあります! 子どもと関わる仕事をたくさんしているので、その子どもたちにまた喜んでもらえるのが楽しみです!」とコメントし、「シンカリオン」の物語の一部になれることに喜びを表した。
 
そして、新たに解禁された予告編は、宇宙最強の敵のナハネとオハネフが初登場し、彼らの襲来により地球に危機が迫るシーンから始まります。ハヤトから「お父さんが子供に!?」という衝撃の台詞が飛び出し、これまで“謎の少年”とされていたキャラクターは、敵が放つ光の粒子に包まれてタイムスリップしてきた9歳の父・ホクトだったことが明らかに。日本各地からシンカリオンが集結し、敵に立ち向かう中で“シンカリオン ALFA-X”が放つ必殺技「グランクロス」は迫力満点の映像となっています。劇場版では、「なぜシンカリオンが生み出されたのか?」その秘密も明らかに!? 続報にご期待ください。


最後に、ムビチケ(前売券)の発売日が10月4日(金)に決定。「劇場購入特典」は、二段階にスピード変速する【超・超・超加速!!新幹線E5系&ハヤト】。そして、公開初日から中学生以下の小人の方が映画館で貰うことができる「入場者プレゼント」は、ゼンマイ式で歩行可能な【ガンガン前進!!E5はやぶさ MkⅡ】に決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』

12月27日(金)全国ロードショー

映画公式サイト:
shinkalion.com/movie/
映画公式twitter:
@shinkalion

新幹線変形ロボ シンカリオン ストーリー
地球を奪うため、新たな敵・ナハネ、オハネフそして謎の巨大怪物体が宇宙から現れた!
そのすべては、超進化研究所が密かに開発を進めていた「シンカリオン ALFA-X」が鍵を握っている…!?
平穏な日々を過ごしていたハヤトら<チームシンカリオン>の戦いが再び幕を開ける――!!

突然の敵の攻撃により父・ホクトが行方不明になってしまい、不安を隠せないハヤト。そこに現れたのは、なんと時空を超えてやってきた“9歳のホクト”だった! 光の粒子に包まれてタイムスリップしてきた<少年ホクト>は、地球を守るため、そして元の世界に戻るため、最新技術を結集し完成した「シンカリオン ALFA-X」の運転士になることを決心する。二人の想いとともに、北海道支部・山形支部・大宮支部・名古屋支部・京都支部・門司支部から集結した<チームシンカリオン>は宇宙最強の敵に立ち向かう!

チームシンカリオンは日本の平和と安全を守ることができるのか! 
ハヤトは父・ホクトと再会することができるのか!?

***********************************

【スタッフ】
監督/池添隆博 脚本/下山健人 キャラクターデザイン/あおのゆか 
メカニックデザイン/服部恵大 音楽/渡辺俊幸 音響監督/三間雅文

【キャスト】佐倉綾音 沼倉愛美 村川梨衣 真堂圭 竹達彩奈 杉田智和 雨宮天 うえだゆうじ 山寺宏一/
釘宮理恵 伊藤健太郎 吉田鋼太郎

【主題歌】「ガッタンゴットンGO!」BOYS AND MEN(ユニバーサル ミュージック)
【アニメーション制作】OLM
【アニメーション制作協力】SynergySP
【CGアニメーション制作】SMDE
【制作】小学館集英社プロダクション
【製作】超進化研究所
【配給】東宝映像事業部

©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・The Movie 2019




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

田中圭 林遣都 吉田鋼太郎・・・『劇場版おっさんずラブ 』初日を全員でお祝いしたお


映画情報どっとこむ ralph 待ちに待った初日を全員でお祝いしたお♡
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』公開初日。
『劇場版おっさんずラブ-~LOVE-or-DEAD~』11キャラ 主演の田中圭さんはじめ、主要キャストたち全員が初日舞台挨拶に登壇し、「おっさんずラブ」を愛して公開を心待ちにしてくれていたファンへの感謝を次々に語ったほか、劇場版のキャッチコピー「ラブが、とまらない」にちなみ登壇者それぞれが愛してやまない「●●が、とまらない」が発表され、まさかの珍回答から感動の回答!

さらにこの舞台挨拶の模様は全国131カ所の会場にも生中継されており、日本列島を「おっさんずラブ」一色に染めあげる大盛り上がりのイベントとなりました!

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台挨拶
日時:8月23日(金)
場所:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉 ・ 沢村一樹 志尊淳 ・ 眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎 / 瑠東東一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 連続ドラマ最終話の放送から約1年2ヶ月、待ちに待ったこの劇場版で完結となるとあって、上映終了直後の余韻冷めやらぬ会場。

興行収入30億円超を狙える大ヒットスタートを切った本作の初日舞台挨拶として、田中圭さん、林遣都さん、内田理央さん、金子大地さん、伊藤修子さん、児嶋一哉さん、沢村一樹さん、志尊淳さん、眞島秀和さん、大塚寧々さん、吉田鋼太郎さん、瑠東東一郎監督が、劇場内の後方通路から登場!
『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (田中圭) 満員の観客とハイタッチしながら練り歩く嬉しいサプライズ演出に、喜びのあまり涙を流すファンも多数、会場の興奮は一気に最高潮!

田中さん:初日にこんなにたくさん、全国131カ所も生中継で!本当にありがとうございます!おっさんずラブという作品を僕たち以上に愛して、応援してくださった皆さんのおかげで、僕たちが”映画化”のプレゼントをもらったので、ちゃんとお返ししなくてはと思っていました。映画としてパワーアップして、恩返しできる作品になったと誇りに思っています。また皆さんが大切に、いい感じにしてくれると嬉しい(笑)。感謝しかないです!

と高らかに挨拶し、ブチョー!の声援を照れ臭そうに受け止めて・・・・

吉田さん:ヒロイン・黒澤武蔵を演じた、オオシマです!

と続けたところすかさず

児嶋さん:こじまだよ!やり方違うむちゃくちゃ!吉田だよ!!

とさっそく伝統芸?で会場を沸かせ、

林さん:皆さんの熱気を受けて、改めてすごい作品に参加していたんだと実感しました。

と喜びのコメント。
『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (田中圭 林遣都 沢村一樹) 劇場版からおっさんずラブに参戦を果たして

沢村さん:こんなに公開にドキドキするのは初めて、待ち遠しかった。僕はこの作品ではじめて、一人二役。難しかったー。

と謎の告白を始め、キャストも観客も大きくザワつくのもお構いなしに

沢村さん:気が付かなかった?狸穴役と、ゆいP役の二役やってたんです!楽しんでいただけましたかね!思い残すことは何もありません!

とエスカレートする一方。同じく本作から参戦して

志尊さん:ちょっと私情になるんですが…。今年のはじめに応援して下さるファンのお父様から、『亡くなった娘の生きる糧が志尊君でした。ありがとうございました』と手紙をいただきました。すごく胸を打たれたときにこのジャスティス役のお話をいただいて、皆さんの愛に触れることができて、この役を通して感じた気持ちを胸に後悔のないよう生きようと思いました。皆さんも少しでも想いを伝えようと思ってくれたら嬉しいです。

と、この作品への特別な想い入れを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 本作のキャッチコピー「ラブが、とまらない」にちなみ、登壇者それぞれが愛してやまない「●●が、とまらない」を発表することに!
事前に記入したパネルが配られる中、まず

監督:皆さんが深く深くやってくださったお芝居を見返すと、新たな発見がたくさんある。あの時の感情ってこうだったのかな、とたくさん想像してもらえる作品なので!

ということで【想像が、とまらない】と披露。

続いてMCから「ではオオシマさん!」と振られ「こじまだよ!でもいい振りありがとうございます!」と再びツッコんだ児嶋が書いたのはなんと【こじまだよが、とまらない】!

児嶋さん:森三中の大島に振ったのにこじまだよ!ってツッコんじゃったり、正しく紹介されてるのにこじまだよ!ってツッコんじゃったり、とにかく止まらないんです!

と盛り上げました。

続いて伊藤さんが発表した【香港映画熱が、とまらない】に、

田中さん:ご覧になった皆さん気づきましたかね?伊藤さんが香港ロケのシーンで春田の後ろにいるの。

とファンも気づかなかった衝撃発表に会場も騒然!

伊藤さん:どうしても香港で観たい映画があって、その日に香港でロケをやっていると聞いて軽い気持ちで見学に行ったらエキストラ参加に…(笑)

と振り返りました。


金子さんは、眞島さんを見つめながら【眞島愛が、とまらない】と告白し、

金子さん:撮影中に眞島さんがふわっといなくなるところが背中だけ見えたのでついていったら、見せ場のシーンをめっちゃ練習してて!もう止まらない!と思いました!

と金子さんに暴露され

眞島さん:言わなくていいから!影の努力は!

とタジタジ。


大塚さんは【キュンキュンが、とまらない】と発表し、

大塚さん:この作品はドラマでも映画でも皆さんのお芝居に心を動かされて、細胞からキュンキュンする。おっさんずラブはキュンキュンする映画です!

とアピール。

眞島さんは【ソフトクリームが、とまらない】としたため

眞嶋さん:最近ものすごくおいしいところを見つけて通るたびに買ってしまう。甘すぎずさらっとしていて、今日はどうかなと思っても食べると美味しい。本当に止まらないものはこれです!

と宣言し、内田さんもゲームセンターの【ゾンビ倒しが、とまらない】と個人的なブームの披露が続いてきたところで、

吉田さん:本当にソフトクリーム?好感度を気にして?

と一つ前の眞島さんにツッコんだり、内田さんにも

吉田さん:どこでゾンビ倒してるの?ゲームセンターよく行くの?

と話がとまらなくなり周囲から「もういいよ!」と制止される一幕も。

『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (志尊淳) 志尊さん:競走馬のドキュメンタリーを観てから【お馬ラブが、とまらない】。最近は血統とかいろんなことを探るのが趣味になってきたまし!

と明かした際にも、

吉田さん:ほんとにそのまま?裏はないの?

ととまらず会場は笑いの渦に包まれました。


沢村さん:さっきも言ったんですが役作りが大変だったのでなかなか抜けなくて。

と満を持して【おかすクラブが、とまらない】とまさかの”天丼”で笑いを誘いながら、

沢村さん:ゆいP役で助演女優賞を獲れると思っています!
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』速水薫子(ゆいP) とブレず、

田中さん:本当に沢村さんがゆいPをやっていたら賞獲って世界に出られると思います(笑)

と乗っかってしまう始末。

林さんは【感謝が、とまらない】と出し、

林さん:本当にファンの皆さまあっての作品で、連続ドラマからここまで応援していただいて、自分の頑張り以上のご褒美を経験させてもらいました。おっさんずラブには感謝してもしきれないです。

と感慨深げに述懐。それを見つめていた吉田さんは「お世辞でも何でもない」と言いながら【田中圭が、とまらない】と書き上げ、
『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (田中圭 吉田鋼太郎) 吉田さん:3年前の単発ドラマから、エゴサーチをしてみたら物凄い数の反響が入り始めていて、そこまでのことはこれまでなかった。連続ドラマになって社会現象を巻き起こして、いま映画になって、と、この仕事に携わっているものとして夢のよう。その中心に田中圭がいる。田中圭はひょっとしたら、全国の人に愛された寅さんのようになってくれるんではないかと思っているんです。この映画が何本も続いて、代表作としてずっと演じ続けていってくれたらいいなと。田中圭はとまらない、とまってほしくない!

と座長へのアツい言葉を投げかけながら、「僕もついでにずっと出させてほしい(笑)」と抜け目なさを発揮。


最後となった田中さんは【おっさんずラブが、とまらない】とこれ以外には考えられないフレーズを披露し、
『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶 (田中圭 林遣都 吉田鋼太郎) 田中さん:みんなもっとボケ倒してくるかと思ってた…最後は真面目に、と思ってたのに…(笑)劇場版おっさんずラブをより大切な作品にしてほしい思いを込めたのと、おっさんずラブの公式の場でこのメンバーが集まれるのはきっと最後ですが、また会えると思える大切な仲間をくれたのもおっさんずラブ。おっさんずラブに出会えてよかったと言って下さるたくさんのファンの皆さんにとっても、心が元気になるきっかけとして一緒に育ってくれればといいなと思う。そして、これからもとまらないところまで行けばいいな、と願ってこれにしました!

と力を込めました。

おっさんずラブがとまらない会場は終始、登壇者も観客も全員とびきりの笑顔がとまらず、

映画情報どっとこむ ralph 最後には・・・

「みんなに出会えてよかった。」のメッセージを1文字ずつ持ちあうさすがのチームワークの良さも見せつけた一同。熱狂的な「O(おっさんず)L(ラブ)民(ファン)」、
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台挨拶 通称”OL民”待望の映画化ということで、名残惜しまれながらもこの先の大ヒットへむけて大いに期待高まる舞台挨拶となりました。

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』

全国東宝系にて大ヒット公開中!

映画公式サイト 
ossanslove-the-movie.com

***********************************


監督:瑠東東一郎
脚本:徳尾浩司
音楽:河野伸
出演者:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉 ・ 沢村一樹 志尊淳 ・ 眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎
主題歌:スキマスイッチ「Revival」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)

製作:テレビ朝日ほか ©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

藤原竜也「一般的なレベルの温度」の芝居では通用しない!映画『カイジ ファイナルゲーム』特報映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『カイジ ファイナルゲーム』(2020年1月10日公開)の特報映像が完成しました。

8月23日より劇場展開となる特報映像は、これまでの『カイジ』シリーズ全作品で主演を務めた藤原竜也演じる主人公・カイジが、まさに”カイジ節”全開の「クセが強すぎる」パワーワードを連発する、日本中がまたしても“ざわ…ざわ…”すること間違いなしの映像となっている。



藤原自身はカイジを演じることについて「『カイジ』では一般的なレベルの温度の芝居では通用しない。脳みそが疲れるくらい大変でしたが、ここまでやっていいのかってぐらいてんこ盛りですので期待して下さい。」と語っていたが、その言葉通り、「クソッ!クソッ!」、「クズの人生ただ繰り返して死んでいくだけだ!」、「この勝負、圧倒的不利」、最後には“キンキンに冷えたビール”を一口飲み、「悪魔的だー!」と叫ぶなど、カイジの名ゼリフ満載に、圧倒的熱演を見せている。

ファン待望の9年ぶりの新作であり、最終章である本作『カイジ ファイナルゲーム』。今年5月31日に映画化決定と共に主演の藤原竜也をはじめ、本作からの新キャストとして福士蒼汰、関水渚、新田真剣佑、そして吉田鋼太郎の出演が解禁されるとSNS上では「カイジ最新作とか神すぎる」、「カイジの映画新作、しかもオリジナルストーリー出るとか観るしかねえ」、「9年の歳月を経てっ・・・!!!カイジ続編公開っっ・・・!!!なんという僥倖っ・・・!!!感謝っっ・・・!!!!圧倒的感謝っっ・・・!!!」など、藤原竜也のカイジにまた会える喜び、そして原作者・福本伸行自らの脚本によるオリジナルストーリーであることへの期待感など様々な声が寄せられ、大きな話題を呼んでいる。

映画情報どっとこむ ralph 映画『カイジ ファイナルゲーム』は2020年1月10日(金)全国東宝系にて公開予定。シリーズ最終章にふさわしい、日本中を震い立たせる大ギャンブルに、ぜひご期待ください!!

公式HP:kaiji-final-game.jp

『カイジ ファイナルゲーム』藤原竜也
イントロダクション
アイツが帰って来る―

主演・藤原竜也の超人気シリーズが9年ぶりにスクリーンに復活!
原作者・福本伸行による完全オリジナルストーリーに、
福士蒼汰・関水渚・新田真剣佑・吉田鋼太郎ほか豪華俳優陣が集結!

1996年より講談社「ヤングマガジン」にて連載が開始され、シリーズ累計発行部数2100万部を超える大ヒットコミック
「カイジ」。連載開始から23年たった現在でも「ヤングマガジン」の読者ランキング上位を誇る異例の人気原作となっています。また、過去に公開した映画シリーズ2作、『カイジ 人生逆転ゲーム』(2009年公開、22.5億円)・『カイジ2 人生奪回ゲーム』(2011年公開、16.1億円)は共に大ヒットを記録し、日本を代表する超人気シリーズとなりました。今でも色褪せぬ知名度と人気を誇る本シリーズが、この度、今最も旬な実力派俳優陣を加え、オリジナルストーリー&シリーズ最終章として9年ぶりにスクリーンに帰ってまいります!
監督は過去2作でもメガホンを取った佐藤東弥が続投。「カイジ」の強烈な世界観を再びスクリーンに甦らせます。また、「限定ジャンケン」「鉄骨渡り」「Eカード」「沼」など、『カイジ』シリーズの象徴とも言える斬新なゲームがこの作品の見どころの一つとなっていますが、今回の最終章では、原作者・福本伸行自らが脚本に携わり、オリジナルストーリーを考案。原作にはない全く新しい4つのオリジナルゲーム【バベルの塔】【最後の審判】【ドリームジャンプ】【ゴールドジャンケン】が登場します!カイジに立ちはだかる4つのゲームとは?過去作で観る者すべてを魅了した数々のゲーム同様、原作者渾身の手に汗握る展開が待っています。
本作の主演を務めるのは、これまでの『カイジ』シリーズ全作品で主演を務め、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍する演技派俳優・藤原竜也。いつも借金まみれのダメ人間・カイジを9年ぶりに熱演します。「今回も福本先生の「カイジ」の世界観に度肝を抜かれました。『カイジ』では一般的なレベルの温度の芝居では通用しない。脳みそが疲れるくらい大変でしたが、ここまでやっていいのかってぐらいてんこ盛りですので期待して下さい。」と語るなど、並々ならぬ覚悟でカイジという役柄に向き合い、過酷な撮影に臨みました。また本作からの新キャストとして、数多くの作品で注目を集める若手実力派俳優・福士蒼汰。注目度急上昇中の若手女優・関水渚。数多くの大ヒット作品に引っ張りだこの大人気俳優・新田真剣佑。そして、様々な作品で強烈なインパクトを残す名優・吉田鋼太郎の4名が出演することに!シリーズ最終章にふさわしい、豪華俳優陣が集結!
今作でカイジを待ち構える試練とは?その未来にあるのは天国か地獄か?クセが強すぎる登場人物や驚きの展開に日本中が再び“ざわ…ざわ…”すること間違いなし!この先行きの見えない新時代。平成から令和へと移り変わる今だからこそ、カイジならではのメッセージを全ての日本国民に投げかけます!

***********************************


キャスト:
藤原竜也
福士蒼汰・関水渚・新田真剣佑・吉田鋼太郎
原作:「カイジ」(福本伸行/講談社ヤンマガKC刊)
監督:佐藤東弥
脚本:福本伸行 徳永友一
配給:東宝 
©福本伸行 講談社/2020映画「カイジ ファイナルゲーム」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

田中圭ら浴衣で全員集合おっさんずフェスに大興奮だお!スキマスイッチライブも!


映画情報どっとこむ ralph モテない独身ダメ男・春田創一と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵、イケメンでド S な後輩・牧凌太の三角関係をピュアに描いたラブコメディ『おっさんずラブ』の8月23日全国公開となります。

その公開が目前に迫る中、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』のレッドカーペットイベント“おっさんずフェス”が8月13日、東京の六本木ヒルズアリーナで行われ、田中圭さん、林遣都さん、内田理央さん、金子大地さん、伊藤修子さん、児嶋一哉さん、沢村一樹さん、志尊淳さん、眞島秀和さん、大塚寧々さん、吉田鋼太郎さん、瑠東東一郎監督が登場! スキマスイッチのライブも!
『劇場版おっさんずラブ-~LOVE-or-DEAD~』イベント
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』おっさんずフェス イベント
日時:8月13日(火)
場所:六本木ヒルズアリーナ
登壇:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉 沢村一樹 志尊淳・眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎 / スキマスイッチ(ライブイベントのみ)、瑠東東一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 約700人のファンが待ち受ける中、キャスト&監督全員が艶やかな浴衣姿で、しかもそれぞれが人力車に乗っての豪華登場に会場は冒頭からヒートアップ。田中らキャストも、振りかぶってファンたちに向かってカラーボールを投げ入れるなど大いに盛り上げてイベントスタート。

映画情報どっとこむ ralph ドラマ版の大ブームから1年2ヶ月。
平成最後の春に行われた映画版ロケを振り返って
劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』イベント (田中圭) 田中さん:本当に毎日が楽しかった。特にお泊りロケが楽しかったよね。初めて真面目な話をしたよね。

と林さんに対して話を振ると、

林さん:平成最後の満月の夜でしたよね。

とロマンチックモード。すると

吉田さん:俺は泊っていない。いつも2人が仲良くしているんだよねぇ。。。。

と物語さながらの嫉妬劇を繰り広げていた。

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』イベント (林遣都) 林さん:全シーン皆さん120%でやっているので、どんな映画が完成するのか楽しみでした。見どころは花火のシーン。エキストラのみなさんが『おっさんずラブ』愛を持っていてくれて、作品の一部として細かい演技を披露してくれています。

と参加したファンに感謝した。

吉田さん:僕と圭と遣都と沢村さんと志尊が出ているサウナのシーンは、ある意味で大変でした。撮影後は凄くやり切った感があって。そのサウナシーンはお楽しみに…。色々な意味でね。

と意味深。すると

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』イベント (沢村一樹) 沢村さん:そのシーンはDVD化の際にモザイクが入るけれど、劇場版ではモザイクなしでお届けします。だから絶対に映画館に足を運んだ方がいいよ!劇場版はノーカット。R18指定にならないように頑張りました。

とエロ男爵を降臨させ、

田中さん:適当なこと言わないの!

と柔らかく注意されていた。

新参者の志尊さんは
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』イベント (志尊淳) 志尊さん:サウナシーンの前に僕と鋼太郎さんと圭君の3人芝居があるのですが、そこで僕は『おっさんずラブ』の洗礼を受けたと思うほど、面白いシーンになりました。

とシミジミし

志尊さん:僕と鋼太郎さんの愛が田中さん演じる春田さんに向かって行くのですが、そこで何かが起きます。それがとても面白くて…。鋼太郎さんのアドリブには度肝を抜かれました。

と衝撃を予告した。

内田さん:劇場版で『わんだほう』が新装開店しました。無駄に広くなって多国籍感が凄い。あと椅子が座りにくくなりました。

と謎情報を提供。

眞島さん:劇場版のお話をいただいたときから、ストレッチを開始しました!

と肉体改造で役作り。

大塚さん:この作品で役としても自分としても新しい一歩を踏み出せたかな?というところがあります」と報告。金子は「男としての覚悟を持って演じました。それを見てほしい。

と緊張気味に打ち明けた。


劇中で繰り広げられる金子さんと大塚さんとの恋愛模様に対して

田中さん:鋼太郎さんは部長として、大塚寧々さんとの2人の恋は応援するの?

と聞くと、すかさず
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』イベント (7) 吉田さん:個人的に大塚寧々さんのファンなので、焼きもちを妬いています!

と嫉妬していた。

伊藤さん:私がどんな楽器を演奏しているか、お楽しみに。

とニヤリ。劇中で歌唱シーンがあるという大嶋さんも

児嶋さん:長渕剛さんが好きで中学時代に始めたギターがここで活きるとは…。長渕さんの曲をパクッて作曲もしました。ぜひ長渕さんに観てほしいです。

とダイレクトにラブコールを送っていた。

劇場版について

瑠東監督:120%の熱量ある芝居が撮れたという手応えがある。笑いにしろ、愛情にしろ、熱すぎるくらいに楽なく演じてもらった作品です」と自信。田中はレッドカーペット参加の倍率40倍、試写会の倍率250倍という驚きの事実に触れて「皆さんに支えられて成長して1年2ヶ月のときを経て、誰も欠けることなくパワーアップして戻って来られました!劇場版は僕らのできるすべの笑いと愛情を詰め込みました。去年のドラマのように劇場版も大きくなっていけば日本ももっと温かくなるのではないかと本気で思います。早く観てもらいたい!そして僕らの想いを皆さんに託します!

と公開後の反響に期待を込めた。
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』イベント
映画情報どっとこむ ralph その後行われた、ドラマ版&劇場版主題歌を担当しているスキマスイッチ(大橋卓弥・常田真太郎)のライブにも900人の観客が詰めかけ大盛り上がり!
劇場版おっさんずラブ_スキマスイッチ_ライブ 劇場版おっさんずラブ_スキマスイッチ_ライブ
さらにキャスト陣が飛び入り参加。
劇場版おっさんずラブ_スキマスイッチ_ライブ 劇場版おっさんずラブ_スキマスイッチ_ライブ
舞台袖でライブの熱気を体感した

田中さん:最高ですよ!スキマさんとは『おっさんずラブ』と共に歩んできたわけで、僕はずっと歌っていました。遣都のモノマネで…。

とジョーク。また劇場版について

吉田さん:僕は『おっさんずラブ』の中で唯一の本物のおっさんです」と饒舌で「劇場版はスキマスイッチさんの歌がガンガン盛り上げてくれています!

と嬉しそう。

金子さん:おっさんずラブを愛してくださる皆さん、アリよりのアリですっ!

と演じる栗林歌麻呂が放つキメ台詞でさらに盛り上げると、

志尊さん:皆さんジャスティース!

と山田正義(ジャスティス)の代名詞ともいえる台詞で応戦!そして

田中さん:スキマさんのお陰で“おっさんずフェス”最後のイベントも大盛り上がり。改めて音楽の力を感じました!映画の公開がもうすぐなので…“すぐだお”なので、映画館に…行ってみ~

と演じる春田創一役風にアピール。

映画情報どっとこむ ralph 最後にスキマスイッチの大橋さんは

大島さん:本当に劇場で楽しんでほしい!僕らは音楽という形で少しだけ支えているけれど、映画はメチャメチャ面白いです!

と集まった大勢のファンに向けて猛プッシュしていた。

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』
ラブコメディ『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』

8月23日(金) 全国東宝系にてロードショー

映画公式サイト:
ossanslove-the-movie.com

***********************************

監督:瑠東東一郎 脚本:徳尾浩司 音楽:河野伸
出演者:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉 ・ 沢村一樹 志尊淳 ・ 眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎
主題歌:スキマスイッチ「Revival」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)
公開日:2019年8月23日(金) 
製作:テレビ朝日ほか




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ