「吉田大八監督」タグアーカイブ

錦戸亮しんどかった!『羊の木』完成披露試写会 僕目線で見て!


映画情報どっとこむ ralph 漫画家・山上たつひこといがらしみきおがタッグを組み、2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した同名傑作コミックを、吉田大八監督が映画化した『羊の木』。

来年2月3日の全国公開を前に、12月13日に東京・読売ホールにて完成披露試写会が行われ、主演の錦戸亮さん、共演の木村文乃さん、優香さん、市川実日子さん、水澤紳吾さん、田中泯さん、松田龍平さん、吉田大八監督が参加した。

日付:12月13日
場所:読売ホール
登壇:錦戸亮、木村文乃、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平、吉田大八監督

映画情報どっとこむ ralph 元受刑者の受け入れ担当となった市役所職員・月末一役の錦戸さん

錦戸さん:僕自身は役として翻弄されてやろうと思って臨みました。でも撮影地の富山に行く電車の中も気持ち的にしんどかったです。だから東京に帰れるときは“よっしゃ!”と思いました。観客の皆さんが映画を見た上で改めてお話したい。役柄上僕目線で見る方が多いと思うので、ナビゲーターのように捉えてほしい。

とアピール。


魚深の町に帰郷した月末の同級生・石田文役の木村さんは

木村さん:吉田監督とお会いした時から(劇中で演奏する)ギターのことを言われていたので、撮影はちゃんと弾かなければ!とそこに向けてやっていました。プロの方のポジションを奪って弾くくらいに!都会に馴染めず、かといって田舎にもなじめない気持ちはわかりましたので気負うことなく監督の演出通りにやっていこうと思いました。

と自身の役に共感を寄せた。

映画情報どっとこむ ralph 元受刑者で隙のある介護士役の優香さんは

優香さん:色気も、むき出しにするのではなく、ついつい出てしまう色気の生々しさを大切に演じました。難しかったけれど、監督のお陰で終えられました。

とニッコリ。極度の人見知りの役という市川さんは


市川さん:死骸を見つける役でもあって、コミュニケーションを取るのは錦戸さんか死骸か…。死骸は苦手だけど頑張りました。

と本編を見ていない観客に向けて謎過ぎる説明で客席をざわつかせると、

錦戸さん:情報ゼロのところに死骸というワードが出たからねぇ。

と苦笑いだった。


一方、元受刑者で宅配業者・宮腰一郎役の松田さんは

松田さん:何も考えず、撮影しながら。

と説明すると、

錦戸さん:空気を探りながらですね。

と同調し、初共演のお互いの印象について

錦戸さん:お仕事も、会うのも初。歳は松田さんが1コ上なので、探り探り。ちょっとずつ喋って、セリフを交わして、何度か飲みにも行きました。今は緊張しませんが、撮影当初は緊張していました。

と打ち明けると、

松田さん:僕も緊張していて、探りながら。映画の中でも冒頭のシーンではその戸惑いがいい感じに出ている。

と初共演の感想を口にした。そんな中、

木村さん:すごく不思議な空気感で、3人が顔を合わせるシーンは探り探りでした。でも松田さんが突然台本にない小躍りを初めて、それが可愛かった。あれは台本になかったですよね?

と松田さんのアドリブを回想すると、

松田さん:小躍りって…台本に書かれていても戸惑いますよね?

と照れ、

錦戸さん:確かに小躍りって書かれたら、まず辞書で調べるわ!

と笑わせた。


映画情報どっとこむ ralph また映画の内容にちなんで「衝撃を受けたこと」を聞かれ

錦戸さん:この映画が釜山国際映画祭でキム・ジソク賞を受賞したことに衝撃を受けた。その衝撃がどんどん広がってほしいし、観客の反応が僕たちに衝撃を与えるくらいに、この映画が一人歩きしてくれればいい。

と上手に作品をPR。

その次に返答の指名を受け

木村さん:私の衝撃は、錦戸さんにまつわること。凄く長い“福白髪”がある!

と錦戸の右側の顎に生えている長い白髪の存在を指摘。

当の錦戸さんは

錦戸さん:え?何それ?毛が生えてるの?抜いて!気持ち悪い!嘘!?

と初めてその存在に気付いた様子。

錦戸さん:恥ずかしい!

と福白髪を必死に抜こうとして

錦戸さん:切れただけでまだ抜いてません。バレへんように後で抜きます!

と赤面していた。

続いて指名された優香は、木村さんと錦戸さんのやりとりに

優香さん:これ以上の衝撃はないよ!

と思わず突っ込みつつも、共演者の松尾諭に言及。
現在42歳の松尾さんが33歳の錦戸さんと同級生の役を演じたことについて

優香さん:衝撃を受けました。びっくりしていたんですけど、映画を観たら同級生に見えなくもなかった。

と会場を沸かしました。

映画情報どっとこむ ralph 撮影中なかなか1回でOKを出さないという吉田監督について

市川さん:一発でOKが出た時の衝撃といったら!

と興奮気味にコメント。これには錦戸も強くうなずきながら、

市川さん:“大丈夫!?”って思った!

と共感している様子。肝心の監督は、

監督:僕は1回1回覚えていない。本当にOKだったんだと思いますよ、時間切れとかじゃなくて!

と会場を笑わせていた。

水澤さんは錦戸さんとの車中シーンを挙げ、

水澤さん:錦戸さんと僕が運転席と助手席という密な空間にいるという衝撃。そんなところでオナラはできませんよ!それを我慢していたという僕の思い出です。

と告白。

一方、クリーニング店を営む元受刑者役の田中さんは、役柄への強い共感ゆえに

田中さん:自分の役も含めて、この映画はまだ僕の中で終わっていない。もぞもぞと気持ちの中で引きずっていて、終わった!終わった!と言えない初めての映画。それが僕にとっての衝撃。

と作品への思い入れを口にした。

同じ質問を振られた

松田さん:実は、このコーナーでは驚愕のエピソードを用意してもらえているんだと思った。そうしたら、聞くのではなく自分で言うということを今知って…衝撃を受けました。

と天然ぶりを見せ、

錦戸さん:それでいいと思います。今この状況に衝撃を受けているわけですから、何も思いつかないはずです!

とフォローされていた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

吉田監督:田舎町に犯罪者が移住してくるという設定の強さ、面白さ。その原作の持つパワーは半端なものではないので、映画として負けないパワーを出すにはどうすればいいのか?と試行錯誤して製作までに2年かかった。

と舞台裏を明かすと、

錦戸さん:本編を数回は観たけれど、整理できない部分があって、なんとも言いようのない感情があった。皆さんにとっても、色々な後味があると思う。それは甘いかもしれないし、苦いかもしれない。その味を隣で観ている友達と確かめ合ったら、きっといい友達になれるはず。真っ白な気持ちで見てください。何色にも染まれると思います。

とメッセージを送った。

羊の木

物語・・・
素性が知れないものたち、信じるか?疑うか?
さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文(あや)をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

http://hitsujinoki-movie.com/

***********************************

出演:錦戸亮 木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯/松田龍平

監督:吉田大八『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』

脚本:香川まさひと

原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊) 山上たつひこ「がきデカ」、いがらしみきお「ぼのぼの」

© 2018『羊の木』製作委員会 ©山上たつひこ、いがらしみきお/講談社
配給:アスミック・エース


上海・深セン・昆明で熱烈歓迎「2017 中国・日本新作映画上映」上映会開催


映画情報どっとこむ ralph 国際交流基金、ユニジャパン(東京国際映画祭)、上海国際影視節有限公司(上海国際映画祭)が共同で、12月1 日(金)~3日(日)の3日間 中国の上海・深セン・昆明で開催した「2017 中国・日本新作映画上映」(中国語:2017 中国・日本新片展)が、中国の映画ファンを連日魅了し、大反響の中で閉幕しました。日本から駆け付けたゲストの現地映画ファンとの交流が行われました。


オープニングセレモニー
2017年12月1日18:00~/上海/上海大光明電影院
写真左より(敬称略)片山ゆかり(在上海日本国総領事夫人)柄博子(国際交流基金 理事)金輝(上海電影発行放映行業協会 秘書長)于志慶(上海市広播電影節目制作行業協会 秘書長)片山和之(在上海日本国総領事)呉孝明(上海市文化広播影視管理局 芸術総監)熊澤尚人(監督)白石晃士(監督)吉田大八(監督)傅文霞(上海国際影視節中心 総経理)王曄(上海国際影視節中心 副総経理)都島信成(ユニジャパン 事務局長)

映画情報どっとこむ ralph オープニング作品『美しい星』
ゲスト:吉田大八監督、橋本愛
【2017年12月1日/上海/上海大光明電影院】
今回の上映会でオープニングを飾ったのは吉田大八監督の『美しい星』。12月1日上海でのオープニング上映は、「東洋一豪華な劇場」と称され由緒ある大劇場「上海大光明電影院」で行われ、吉田大八監督と女優の橋本愛さんが歓声の中1300人の観客の前に登場しました。熱心な映画ファンとのQ&Aでは作品に深く切り込む質問も起こり、『美しい星』に対するゲストとファンの熱い想いが会場を一層盛り上げました。

【吉田大八監督コメント】
上映後に登壇した際、劇場を埋めた1300人のお客さんの熱気を肌で感じることができました。質問のテンションも高く、みんな両手で挙手するからまさに主人公・大杉重一郎の執念そのものが海を越えたような気がして感無量でした(火星人のポーズ、本編参照)。この勢いとノリに応えられるような映画をもっともっと作っていきたいです。ありがとうございました!

【橋本愛さんコメント】
1300人もの観客の方々が、心から映画と自分たちを歓迎してくれていて感動しました。ただただ高揚したり、この作品の芯を捉え深く考察したりと、きっとそれぞれの味わい方でこの映画を楽しんでいただけたのではないかと思います。中国の皆さんの熱気に包まれ、大変なパワーを貰いました。感謝です。


クロージング作品『海辺のリア』
ゲスト:小林政広監督、宮川朋之プロデューサー
【2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
小林政広監督『海辺のリア』クロージング上映は最終日である12月3日(日)深センで行われました。会場には小林政広監督、宮川朋之プロデューサーが深センに駆け付け、クロージングセレモニーと作品上映後のQ&Aに出席しました。会場である「深センブロードウェイ電影センター」は今年11月にオープンした最新設備を備え、世界の優秀な作品を上映する映画ファンのためのシネコンで、熱心な日本映画ファンが会場に集合し、小林監督に質問を投げかけました。

【小林政広監督コメント】
深センは初めてでした。想像していた町とは全く違っていて、高層ビルが林立する都市でした。たった一泊の滞在でしたので、上映会場のシネコンとホテルの往復のみの移動でした。しかし上映はとても素晴らしいものでした。巨大スクリーンに圧倒されました。上映後のQA にもお客さんが熱心に参加してくれて、様々な質問が飛び交いました。『海辺のリア』の中国での上映は初めてでしたので、お客さんの反応の良さには驚きました。ありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph ワールドプレミア『不能犯』
ゲスト:白石晃士監督
【2017年12月3日/昆明/昆明ブロードウェイ影城】
今回の上映会で上映される作品は全てチャイナ・プレミアですが、中でもこの『不能犯』は、全世界初のお披露目となるワールドプレミアとなりました。上海でのワールドプレミアを迎えた白石晃士監督は、さらに上映会最終日に雲南省・昆明の劇場で舞台挨拶とQ&Aに登壇しました。

【白石晃士監督コメント】
『不能犯』が中国でワールドプレミアになるとはまったく予想していなかったので非常に嬉しかったです。同じ中国でも、都市やお客さんの年齢でリアクションが違うのが面白かったです。びっくりするほどリアクションが大きく心から作品を楽しんでくれているのを感じました。Q&Aでは作品について核心をついた質問をしてくれる人もいて、映画を見る目が養われているのを感じました。今回の訪中を通して、中国でも自分の映画が通じるんだなという感触が得られたのが一番の収穫でした。今後話があればぜひ中国で映画を製作してみたいと思います。


『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』
ゲスト:熊澤尚人監督
【『ユリゴコロ』2017年12月2日/上海/上海大光明電影院】
【『心が叫びたがってるんだ。』2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
今回2本の作品が上映された熊澤尚人監督は北京・福州での上映を終えた足で上海に駆けつけ、上海では『ユリゴコロ』、深センでは『心が叫びたがってるんだ。』のQ&Aに登壇しました。

【熊澤尚人監督のコメント】
青春映画とミステリー愛憎劇、真逆の2つの私の作品が上映されました。両作とも、上海でも深センでも観客が大変な熱意を持って集まり、驚きました。また日本で観客の反応が薄いシーンでも、泣いたり笑ったりと、その反応の違いにも驚かされました。上映後のQ&Aでは質問が止まらず、列を作ってサインや記念撮影を求められ、私の以前の監督作品も既に見ているという、その日本映画への熱量の強さを体感し、日中合作映画への意欲がますます増しました。

映画情報どっとこむ ralph 「2017 中国・日本新片展」

(日本語:「2017 中国・日本新作上映会」)
会期:2017年12月1日(金)~3日(日)
会場:(上海)上海大光明電影院、新天地UME国際影城 /(昆明)昆明百老滙影城(深セン)深圳百老滙電影中心、深圳百老滙影城cocopark店

作品:『美しい星』(吉田大八監督 ※オープニング作品)『海辺のリア』(小林政広監督 ※クロージング作品)『南瓜とマヨネーズ』(冨永昌敬監督)『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』(熊澤尚人監督)『光』(河瀨直美監督)、『覆面系ノイズ』(三木康一郎監督)『不能犯』(白石晃士監督)『武曲』(熊切和嘉監督)『彼らが本気で編むときは、』(萩上直子監督)
合計10作品、1都市での上映作品は各9作品

主催:上海国際影視節中心、独立行政法人国際交流基金、公益財団法人

ユニジャパン動員数:(上海/2会場)13,816名(深セン/2会場)2,612名(昆明/1会場) 758名 総合計:17,186名
左より、白石監督、熊澤監督、吉田監督 監督の雰囲気がグラデーション!が面白い写真

***********************************



『羊の木』吉田大八監督、初参加の釜山国際映画祭で快挙!!キム・ジソク賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph 『桐島、部活やめるってよ』、『紙の月』で人間の光と闇を描き続ける俊英・吉田大八監督の最新映画『羊の木』(2018年2月3日(土)公開)が10韓国・釜山で開催していた第22回釜山国際映画祭にて本年度より新設されたキム・ジソク賞を受賞しました。

キム・ジソク賞は、アジア映画の窓部門に選ばれた56作品の中から10タイトルがノミネートされ、その10作品から2作品が選出。

10月21日(土)に行われたクロージングセレモニーと授賞式に吉田大八監督が出席しました。

5000人の観客が見守る中、授賞者が発表されると大きな歓声が沸き起こりました。吉田監督はトロフィーを受取り、

吉田監督:僕は今年初めてこの映画祭に来たので、残念ながらキム・ジソク氏とは会ったことも、もちろん直接お話したこともありません。しかし、彼を知る人たちからの話や、この素晴らしい映画祭の盛り上がりを通じて確かに彼を感じることができます。この賞、そしてこの映画祭に関わる全ての皆さんに感謝します。

と英語でスピーチ。最後には

吉田監督:カムサハムニダ!

と韓国語で挨拶しました。

受賞後のインタビューで

吉田監督:釜山国際映画祭には始めてきましたが、最初の機会でこんな大きな賞を頂き、本当にラッキーだなと思っています。しばらくは『羊の木』の公開に向けて、宣伝活動を頑張って行きたいと考えていますが、この2年間くらい映画二本と舞台をやって忙しかったので、しばらくちょっと充電しながら次やる事をゆっくり考えたいと思っています。せっかくこんな大きな賞を頂いたので、この賞の第一回受賞者に恥じないような映画をこれからも作っていきたいと思います。

と語っていました。

映画情報どっとこむ ralph 審査員さんからは・・

トニー・レインズさん:とにかく素晴らしい映画だった!

ダーシー・パケットさん:キャラクターが魅力的で、導入から一気に引き込まれた。人間の闇とそうでないものが、日常の中でよく描かれ、またバランスがとても良い。テーマも興味深く、それを語るストーリーテリングも良かった。

とのコメント。

今回の受賞の理由は:

今年の多くのジソク賞候補作品が、日常の中の社会的相互作用の表面、そしてその下に置かれた暴力性をあつかっていますが、「羊の木」には特別な美妙感と独創性が目立ちました。この映画は、もっともらしく見えるが実際には不条理な社会的実験を自ら行っている平和に見える漁村を切り取り、効果的な演出で描いていきます。「羊の木」は俳優たちの素晴らしい演技、良く練られた脚本、そしてたちまち観客を映画に引き込む力が目を引く作品です。

だそうです。

【キム・ジソク賞とは】

釜山国際映画祭(BIFF)のプログラムディレクターを務めた故キム・ジソク氏は、映画祭創設者として、20年以上もの間、若いアジア映画制作者たちに貢献し、釜山国際映画祭を最も素晴らしい映画祭の一つに育て上げた。彼の精神を引き継ぎ、映画祭がアジア映画のハブとしてあるべくアイデンティティを忘れないことを目的として新設された。

アジア映画を発見し激励することを目的とし、その年の最も才能あるアジア映画制作者を紹介する“アジア映画の窓”の部門で上映された56作品の中から選ばれる。“アジア映画の窓”の中からふさわしい10のワールドプレミア作品がノミネート作品として選ばれ、審査員によって二作品が最初の“キム・ジソク賞”として選ばれる。なお、“アジアの窓”部門で上映された日本映画は本作のほかに『散歩する侵略者』『アウトレイジ最終章』『無限の住人』『光』『彼女がその名を知らない鳥たち』『あゝ、荒野』などがある。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

ある寂れた港町“魚深(うおぶか)”にやってきた見知らぬ6人の男女。平凡な市役所職員・月末(つきすえ)は彼らの受け入れを命じられた。 受刑者を仮出所させ、過疎化が進む町で受け入れる国家の極秘プロジェクト。月末、町の住人、そして6人にもそれぞれの経歴は知らされなかった。しかし、月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」

犯した罪に囚われながら、それぞれ居場所に馴染もうとする6人。素性の知れない彼らの過去を知ってしまった月末。

そして、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文を巻き込み、町の人々と6人の心が交錯し始める―。

http://hitsujinoki-movie.com/

***********************************

監督:吉田大八『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』

出演:錦戸亮 木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯/松田龍平

脚本:香川まさひと『クヒオ大佐』

原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊) 山上たつひこ「がきデカ」、いがらしみきお「ぼのぼの」

配給:アスミック・エース
© 2018「羊の木」製作委員会 ©山上たつひこ いがらしみきお/講談社


記憶を消された?リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛『美しい星』完成披露


映画情報どっとこむ ralph 三島由紀夫の【SF】小説を、『桐島、部活やめるってよ』、『紙の月』の吉田大八監督が悲願の映画化『美しい星』が、5月26日(金)より全国ロードショーとなります。

舞台を現代に大胆アップデートし、或る日突然【覚醒】した宇宙人視点で、世界を切り取る。その予測不可能な三島×吉田ワールドに、リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介ら、今をときめく個性派キャストが舞台挨拶付き完成披露試写会集結しました。
映画『美しい星』完成披露イベント
日程/4月24日(月)   
会場:有楽町朝日ホール(千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)
登壇:リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介、吉田大八監督

映画情報どっとこむ ralph 悲鳴に近い大歓声の中、現れた宇宙人ファミリーと謎の宇宙人と監督。

30年越しの三島由紀夫原作の『美しい星』を映画化に漕ぎ着けてた監督
吉田監督:当時読んでぶっ飛んだ内容の虜になりました。やっと、実現できました。幸せすぎて苦労は感じませんでした。

と幸せをかみしめる監督。
リリーさん:火星人役です。映画会社の人に何星人役か言うように言われました!お天気キャスターで不倫もしてます!お母さんそこに居ますが。。。原作ではお天気キャスターではないのですが、監督が空を見上げる仕事ということで、お天気を言い当てるのが神的ですしね。
監督の指示する台詞の言い方がね。大変でした。苦しすぎたのか?あまり撮影時の記憶がないんです!多分監督に連れ去られて記憶を消されたんだと思います。

リリーさんが、今日は息子がパジャマで・・・と、亀梨さん衣装がパジャマっぽいことをいじると

亀梨さん:水星人を演じました。パジャマで来ました!今回は準備して現場に入ってからは監督に身をゆだねました。僕はプレーボーイなものであまり家に帰ってなくて、家族に会えてないんですよね。でも一緒の時は控室でも家族といました。

と言う亀梨さんにリリーさんは、「そう野球の練習でいなかった」と暴露!

映画情報どっとこむ ralph
橋本さん:金星人役です。撮影に入る前に監督と話をさせていただいて、絶対に美しくなくてはいけないんだと。重圧がありました。私は絶対に美しいと自己暗示をかけ続けた1か月でした。大変だったのは、金星人のポーズが面白くて、まじめな顔で演じるのに時間がかかりました!

監督:彼女には美を正して欲しくて。彼女はそれに答えてくれたと思います。

中嶋さん:地球人役です!そのままです。おもしろかったですね。でも、おかんはおかん!図太くやりました。

リリーさん:おかんの宇宙が一番大きかったね!

と同意のうなずきを見せる一同。

映画情報どっとこむ ralph
佐々木さん:謎の宇宙人役です!台詞を言うと監督が「今、日本語に聞こえました!」って、トライすると「こんどは宇宙人過ぎ!」って演出受けました。なかなか高度でしたね。瞬きしてはいけないので、大変でした。

リリーさん:それ脇から見てて、その匙加減どうなの?って思ってました!

と、フォローするリリーさん。佐々木さんは観客の皆さんに

佐々木さん:くそまじめにやってるのを、俯瞰で観て面白がってくれると嬉しいですね!


これは止めなくては!なエピソードは?

リリーさん:環境問題が話されています。まっとうなんです。まじめなことを声高に言うことが宇宙人扱いされる。ひとって、問題を先送りにしたいんだろうなと。この映画を観ていると考えさせられるよね。

亀梨さん:当たり前に感じてしまっていたことを改めて考えさせられましたね。地球人として新たに思いました。


最後に・・・・

監督:素晴らしい皆に苦労を掛けてつくりました!あとは観ていただくだけです。
リリーさん:文芸作品を面白くしていて、試写で観た人たちからも監督やったね!と褒められてて。良い作品に呼んでもらえて幸せな経験でした!新しいですよ!


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・・

その手で“美しい星・地球”を救えると信じた、とある平凡な“宇宙人一家”の悲喜劇

“当たらない”お天気キャスターの父・重一郎、野心溢れるフリーターの息子・一雄、美人すぎてまわりから浮いている女子大生の娘・暁子、心の空虚をもて余す主婦の母・伊余子。
そんな大杉一家が、ある日突然、火星人、水星人、金星人、地球人(?)として覚醒。
“美しい星・地球”を救う使命を託される。ひとたび目覚めた彼らは生き生きと奮闘を重ねるが、やがて世間を巻き込む騒動を引き起こし、それぞれに傷ついていく。
なぜ、目覚めたのか。本当に、目覚めたのか。
そんな一家の前に一人の男が現れ、地球に救う価値などあるのかと問いかける。

『美しい星』

5月26日(金) TOHOシネマズ 日本橋他全国ロードショー

gaga.ne.jp/hoshi/

***********************************

リリー・フランキー
亀梨和也 橋本愛 中嶋朋子 / 佐々木蔵之介
羽場裕一 春田純一 / 友利恵 若葉竜也

原作:三島由紀夫「美しい星」(新潮文庫刊) 
脚本:吉田大八 甲斐聖太郎  音楽:渡邊琢磨
劇中曲:「金星」(作詞・作曲:平沢進/歌:若葉竜也、樋井明日香)
製作:「美しい星」製作委員会  助成:文化庁文化芸術振興費補助金  
企画・制作プロダクション:リクリ 企画・製作幹事・配給:ギャガ
監督:吉田大八  
(C)2017「美しい星」製作委員会
  


第39回報知映画賞で『紙の月』主演女優賞:宮沢りえ、助演女優賞:大島優子


第39回報知映画賞にて、絶賛上映中の映画『紙の月』より宮沢りえさんが主演女優賞を、助演女優賞を大島優子さんが獲得し、本日12月17日の表彰式に二人そろって出席しました。

hochi1
第39回報知映画賞 表彰式 概要
日時:12月17日(水)14:00~16:00
場所:ザ・プリンス パークタワー東京 ボールルーム
登壇者:宮沢りえ 大島優子

報知映画賞はスポーツ新聞が単独開催する初の映画賞として、1976年に誕生し、今回で39回目を数える。映画ファンがもっとも優れた作品や俳優を選ぶことができる読者参加型の映画賞というのが、報知映画賞の大きな特色。

今回の第39回報知映画賞では、映画『紙の月』より宮沢りえが主演女優賞を、大島優子が助演女優賞を受賞し、ザ・プリンス パークタワー東京にて行われた表彰式に、二人そろって出席した。二人を含め受賞者には、賞状とイラストレーター・和田誠さんデザインのブロンズ像等が贈呈された。

真っ白なワンピースで登場した大島優子さんは、自身初の女優賞に驚きと喜びを表現。

紙の月2吉田大八監督から花束贈呈し、「出番が多いわけでもなく大きな見せ場があったわけでもない。そんな中、宮沢さんと小林さんの間に入って絶妙なバランスをとりながら演じられていた。そこを評価していただき感謝している」と大島さんへの賛辞を述べた。

hochi3
さらにサプライズ花束ゲストとして駆けつけたAKB48生みの親の秋元康さんが「おめでとう。このような素敵な賞をいただき、大島にとって一生ものの賞になったと思う。これからを期待される賞だと思いますので、重く受け止めて頑張ってください」と、今後も女優業にまい進していく大島さんにエールを贈りました。

2002年の「たそがれ清兵衛」(山田洋次監督)以来、12年ぶり2度目の栄冠となった宮沢りえさんは、大島さんとは真逆のシックな黒のロングドレスで登場。

hochi2
紙の月1本作で共演し花束を贈呈した池松壮亮さんは、「りえさんの覚悟がこういった形で認められて個人的にとてもうれしいです」と述べ、宮沢さんと抱き合い、喜びを分かち合った。今後も続く賞レースで一歩リードしているものの宮沢さんは「気を引き締めたい」と謙虚に受け止めていました。

宮沢りえさんコメント
これまでに受賞されてきた、銀幕を彩ってこられた大先輩たちと同じ賞をいただき、感動で胸がいっぱいです。また志高く、誠実にこれからも演じなさいと言われているようで、己に鞭を打ちたい気持ちでもあります。この場所に立てて、素晴らしい賞をいただけたのは7年ぶりの映画主演で不安な私を、吉田監督が緻密に丁寧に志高く、支えて引っ張ってくださったからに他なりません。本番を本物で埋めてくださった池松さん、大島さん、小林さんほか共演者の皆さんにも大変感謝しております。

大島優子さんコメント
お芝居の賞は縁遠いと思っていました。監督、キャスト、スタッフの皆さんがこの賞に引き合わせてくださったのだと感謝しています。時に励みに、常に自信に、これからの糧にさせていただきたいと思います。


紙の月
公式サイト:http://kaminotsuki.jp
公式Twitter:@kamino_tsuki
公式Facebook:www.facebook.com/kaminotsukimovie

絶賛上映中!

********************************************************************

<ストーリー>
バブル崩壊直後の1994年。夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。気配りや丁寧な仕事ぶりが上司や顧客に評価され、何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だったが、自分への関心が薄い夫との間には、空虚感が漂いはじめていた。
そんなある日、梨花は年下の大学生・光太と出会う。光太と過ごすうちに、ついに顧客の預金に手をつけてしまう梨花。最初はたった1万円を借りたつもりだけだったが、次第に金銭感覚と日常が少しずつ歪みだし…。

原作:「紙の月」角田光代(ハルキ文庫刊)
監督:吉田大八
(『桐島、部活やめるってよ』『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)
脚本:早船歌江子(『ラッキーセブン』『未来日記』)
制作プロダクション:ROBOT
配給:松竹
出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美
主題歌:ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ『Femme Fatale』(ユニバーサル ミュージック)
(C)2014「紙の月」製作委員会