「吉沢悠」タグアーカイブ

大東駿介x渡部秀『BRAVE STORMブレイブストーム』ポスタービジュアルが解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、11月10日(金)に公開される2大ヒーロー共演で話題の映画『BRAVE STORMブレイブストーム』より、待望のポスタービジュアルが解禁となりました!

本作品は、1970年代にテレビで人気を博した2作品「シルバー仮面」と「レッドバロン」が1つのスクリーンで共演するSFアクション映画。過去作へのオマージュも散りばめ、当時のファンにとっては懐かしさと嬉しさが共存する1作でもあるが、その映像は最新の特撮技術の結集ともいえる。


ハリウッドと日本の技術が見事にコラボレーションし、迫力満載の世界観を作り上げた。
この度解禁されたポスタービジュアルでは、最新技術で蘇ったレッドバロンの迫力ある戦いのシーンが描かれ、崩壊した未来の地球を背景にシルバー仮面がセンターに配置されている。「シルバー仮面」と「レッドバロン」の2大ヒーローが崩壊寸前の未来を変える戦いに挑む本作。

メインキャッチコピーには、シンプルで力強い「未来を変えろ!」というフレーズが起用されたが、最新の特撮技術によって、日本の映画界における特撮の未来を変えろ!というメッセージを想像してしまうほどの迫力あるビジュアルが完成した。

本作でW主演となるのは『クローズZERO』『クローズZERO?』の大東駿介、『仮面ライダーオーズ/OOO』の渡部秀。
そして『ウルトラマンジード』の山本千尋、『青鬼ver2.0』のタモト清嵐、『仮面ライダーアマゾンズ』の藤田富、『アイアムアヒーロー』の吉沢悠、その他、壇蜜、泉谷しげる、寺脇康文と豪華な顔ぶれが脇を固めている。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
2050年、地球人類は滅亡していた。―極わずかに残された人類の中、春日5人兄弟【大東駿介、山本千尋、タモト清嵐、壇蜜、春日光一】は 過去に時間移動し、侵略者 キルギス星人 を 地球侵略開始前に抹殺することを計画。奪取したキルギス星人の巨大ロボット設計データ。
そして、宇宙人探知グラス、サイキック能力、強化スーツ?シルバー“3つの力を手に、2015年の過去へ移動する。

過去へ到着した兄弟達は、ロボット工学者 紅健一郎【吉沢悠】へ接触し、巨大ロボット“レッドバロン”の製造を懇願する。
健一郎はロボット製作を同意するが、一つの条件があった。健一郎の弟 血気盛んなボクサー 紅 健【渡部秀】は、望むこと無く レッドバロン操縦者 として地球存亡のカギを握る壮絶な戦いに巻き込まれてゆく。
エイリアン VS 強化人間、巨大ロボット VS 巨大ロボット、東京を舞台に、壮絶なバトルが開始される!

公式サイト:
www.bravestorm.jp

***********************************

出演:大東駿介 渡部秀/山本千尋 タモト清嵐 春日光一 壇蜜 松崎悠希 藤田富/泉谷しげる 寺脇康文 吉沢悠 
  
プロデューサー・脚本・編集・監督:岡部淳也 
エグゼクティブ・プロデューサー :村田修一 原作:宣弘社  
脚本協力:北村龍平 
VFXプロデューサー:桑原 崇 
VFXディレクター:子安 肇 
特殊造形:高橋勇也 
製作:株式会社ブラスト 
配給:プレシディオ  
上映時間:81分
©albatross japan
    


夏木マリ主演『生きる街』主題歌と追加キャストが解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、夏木マリ主演、2018年春公開の映画『生きる街』の主題歌と追加キャストが解禁。

唯一無二の存在を示し誰もが認める日本を代表する俳優、夏木マリが10年ぶりの主演に選んだ『生きる街』は、宮城県石巻市を舞台に、「家族」と「故郷」が持つあたり前の普遍的な価値、「生きる」「生き続ける」とは何かを問う珠玉のヒューマンドラマです。

映画情報どっとこむ ralph 主題歌を歌うBRAHMANさんと追加キャストの佐津川愛美さん、堀井新太さん、吉沢悠さんのコメントが到着しました。

今回、追加キャストとして発表されたのは、夏木演じる千恵子の娘役として佐津川愛美、息子役に堀井新太。“失う”可能性に怯えて新しい未来を築けない香苗役の佐津川愛美は、映画デビュー作『蝉しぐれ』(05)で第48回ブルーリボン賞助演女優賞にノミネート、さらに『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(07)では第50回 ブルーリボン賞助演女優賞、新人賞の2部門にノミネートされて注目を集め、映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍している。

佐津川愛美さんコメント

石巻で撮影しました。あの時あの場所に私は居なかったはずなのに、時が経ったあの場所に行くと、涙が止まりませんでした。絶望を希望に変えるなんて事は難しいですが、それでも生きていくのは私たちです。また築いていく。生きていく。家族の物語です。


将来に向き合うことを避けてきた不甲斐ない哲也役を演じた堀井新太は、 ドラマ『下町ロケット』(15)、主演ドラマ『3人のパパ』、映画『青空エール』(16)で瑞々しい演技を見せ、2018年大河ドラマ『西郷どん』への出演も決まり、人気上昇中。

堀井新太さんコメント

この作品では、実際に震災が起きた場所で寝泊まりし、撮影しました。
その街で起こった事を実際に経験した訳ではありませんが、そこで震災の大きさを肌で感じ、風化させてはいけないと思い、それを僕なりに表現しました。街が、人が、自然がゆっくり前向きに進んでく様子が「生きる街」だと僕は思います。
是非多くの方々に届けば嬉しいです。



そして、佐津川の夫役として実力派俳優、吉沢悠。
冨樫森監督の『星に願いを。』(03)で映画主演デビューし、『孤高のメス』(10)、『道 -白磁の人-』(12)、『アイアムアヒーロー』(16)、主演作『エキストランド』など出演作が絶えない吉沢が、心の傷がいえるまで妻を見守る夫を好演している。

吉沢悠さんコメント

一変したあの日から時が経ち、それでも石巻に居続ける母の物語。それぞれ悩みを抱えた思いから「生きる」ということを強く語りかけてくる。撮影期間中にも強い地震が起こり、僕は体が固まりました。映画に祈りを込めて、本気で取り組んだ現場です。

映画情報どっとこむ ralph 映画を力強く、そして優しく包み込む主題歌は、BRAHMAN「ナミノウタゲ」。夏木が立ち上げた途上国支援活動 One of Loveプロジェクトのイベントで競演するなど、夏木との親交が深いボーカル・TOSHI-LOWが作詞を手掛け、ハナレグミがコーラスとして参加している。

BRAHMANさんコメント

ある晩
電話を取ると
あの街で映画を撮ってきたから
主題歌を歌わないかと誘う
夏木マリ

ある朝
電話を取ると
あの街で流されたおっ母と息子が
夢に出てきたんだと泣きじゃくる
舞台の街の漁師

あの日
電話の向こうの街から
消えたナミノウタゲが
今は確かに聞こえてくる


***********************************

出演:夏木マリ  
   佐津川愛美 堀井新太 イ・ジョンヒョン(CNBLUE) 吉沢悠
監督:榊英雄
配給:アークエンタテインメント/太秦
©2018「生きる街」製作委員会
     


大東駿介 × 渡部秀 『シルバー仮面』『レッドバロン』実写映像化


映画情報どっとこむ ralph エイリアン VS 強化人間、巨大ロボット VS 巨大ロボット

伝説の特撮ヒーロー番組「シルバー仮面」「レッドバロン」が最新の特撮&デジタル技術により新たに実写映像化!
東京を舞台に繰り広げられる 巨大ロボットバトル!

この度、2大ヒーロー共演の映画『BRAVE STORMブレイブストーム』の公開が決定しました。
本作品は、1970年代にテレビで人気を博した2作品「シルバー仮面」と「レッドバロン」が1つのスクリーンで共演するSFアクション映画。製作は、円谷プロダクション元代表取締役副社長 岡部淳也 の立ち上げた株式会社ブラストが担当し、特撮業界最強のクリエイティブスタッフが集結。
主演に『クローズZERO』『クローズZEROⅡ』の大東駿介、『仮面ライダーオーズ/OOO』の渡部秀の2人をW主演に迎え、『ウルトラマンジード』の山本千尋、『青鬼ver2.0』のタモト清嵐、『仮面ライダーアマゾンズ』の藤田富、『アイアムアヒーロー』の吉沢悠、またその他にも壇蜜、泉谷しげる、寺脇康文などの実力者俳優が脇を固める。本作品は、2017年 秋より、TOHOシネマズ上野他にて全国ロードショー。

映画情報どっとこむ ralph 尚、本作の公開宣伝資金増強を目的としたクラウドファンディングも開始。
本作出演の 山本千尋 と プロデュース・監督の 岡部淳也 からのPR映像、様々な特典プランから、本作ならではのプランを御紹介。
クラウドファンド 

映画情報どっとこむ ralph BRAVE STORMブレイブストーム

2017年秋、TOHOシネマズ上野他全国ロードショー

物語・・・
2050年、地球人類は滅亡していた。
極わずかに残された人類の中、春日5人兄弟【大東駿介、山本千尋、タモト清嵐、壇蜜、春日光一】は 過去に時間移動し、侵略者 キルギス星人 を 地球侵略開始前に抹殺することを計画。奪取したキルギス星人の巨大ロボット設計データ。そして、宇宙人探知グラス、サイキック能力、強化スーツ‟シルバー“3つの力を手に、2015年の過去へ移動する。
過去へ到着した兄弟達は、ロボット工学者 紅健一郎【吉沢悠】へ接触し、巨大ロボット“レッドバロン”の製造を懇願する。紅健一郎はロボット製作を同意するが、一つの条件があった。
健一郎の弟 血気盛んなボクサー 紅 健【渡部秀】は、望むこと無く レッドバロン操縦者 として地球存亡のカギを握る壮絶な戦いに巻き込まれてゆく。
エイリアン VS 強化人間、巨大ロボット VS 巨大ロボット
東京を舞台に、壮絶なバトルが開始される!

公式サイト:
http://www.bravestorm.jp

***********************************

出演
大東駿介 渡部秀
山本千尋 タモト清嵐 春日光一 壇蜜 松崎悠希 藤田富
泉谷しげる 寺脇康文 吉沢悠

プロデューサー・脚本・編集・監督:岡部淳也
エグゼクティブ・プロデューサー :村田修一
原作:宣弘社

脚本協力:北村龍平
VFXプロデューサー:桑原 崇
VFXディレクター:子安 肇
特殊造形:高橋勇也
製作:株式会社ブラスト
(C)albatross japan


尾野真千子 ・ 角田晃広『ハンマー(48億のブルース)』アラサー女子をポップに!


映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディングが好調で4月8日に劇場公開が決まった映画『ブルーハーツが聴こえる』。

ザ・ブルーハーツの6曲が映画になった!

豪華キャスト×人気クリエイターが贈る贅沢な1本!

ストレートなメロディーとメッセージ性の強い歌詞が、今でも多くの人の心を刺激(魅了)し続けている、1995年に解散した伝説のバンドTHE BLUE HEARTS。2015年の“結成30年”を機に、世代を超えて愛されるTHE BLUE HEARTSの名曲6曲「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」「情熱の薔薇」「1001のバイオリン」が映画になりました!


飯塚健監督が尾野真千子 × 角田晃広(東京03)で、恋愛に悩むアラサー女子をポップに描く『ハンマー(48億のブルース)』のご紹介。
映画情報どっとこむ ralph 『ハンマー(48億のブルース)』

ある雨の日、和家具のアンティークショップに勤める28歳の一希は、同棲して3年になる劇団員の彼氏・藤原の浮気現場を目撃してしまう。しかし怒りや不安を彼氏にぶつけることができず、葛藤をひとりで抱え込む一希。職場の先輩の久保と、店に入り浸っているバンドガール女子高生二人組・奏と結はヘコんでいる彼女を放っておけない。一希自身も踏ん切りをつけられない自分に苛立っていた――「もう、怯えたくない!」。そこで彼女が仲間たち三人と起こした行動とは!?
煮え切らない恋愛に悩むアラサー女性の焦燥。彼女が周囲の友情に後押しされながら、自分への打破に向かう姿をコミカルに描く。

監督・飯塚健のポップな演出、主演の尾野真千子に加え、久保役・角田晃広(東京03)、女子高生コンビ役の萩原みのりと伊藤沙莉による緻密に計算された演技アンサンブルに注目。
尾野真千子
角田晃広
伊藤沙莉
萩原みのり


出演:尾野真千子、角田晃広、萩原みのり、伊藤沙莉、吉沢悠、余貴美子
監督:飯塚健
© TOTSU

映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディングの締切がいよいよ2/15(水)まで!

2016年12月7日(水)からクラウドファンディングサイト「Makuake」https://www.makuake.com/project/the-blue-hearts/ にて劇場公開のための資金を集めが、いよいよ締切が2月15日(水)となりましたので、最後のご支援、何卒よろしくお願い申し上げます。

本プロジェクトにご支援頂いた支援者の皆様には、お好きな作品のエンドロールに名前を入れる権利等、「Makuake」でしか手に入らないプレミアムなリターンも用意されております。


映画『ブルーハーツが聴こえる

4月8日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式HP:
tbh-movie.com

映画情報どっとこむ ralph 映画『ブルーハーツが聴こえる』
6つのオムニバス映画

「ハンマー(48億のブルース)」
監督:飯塚健
尾野真千子 × 角田晃広(東京03)
の掛け合いに笑い、恋愛に悩むアラサー女子をポップに描く
詳細と画像は⇒ こちら

「人にやさしく」
監督:下山天
市原隼人 × 高橋メアリージュン
がアクションで魅せ、極限下の人間模様を描く本格SF作品
詳細と画像は⇒ こちら

「ラブレター」
監督:井口昇
斎藤工 × 要潤 × 山本舞香
によるノスタルジックで、可笑しくも泣ける初恋ファンタジー
詳細と画像は⇒ こちら

「少年の詩」
監督:清水崇
優香 × 内川蓮生 × 新井浩文
が挑む、シングルマザーと思春期に差し掛かった少年の絆を描く
詳細と画像は⇒ こちら

「ジョウネツノバラ」
監督:工藤伸一
永瀬正敏 × 水原希子
による、究極の愛を美しく壮大なビジュアルで描いた異色ラブストーリー
詳細と画像は⇒ こちら

「1001のバイオリン」
監督:李相日
豊川悦司 × 小池栄子 × 三浦貴大 × 石井杏奈
による、震災に翻弄された家族を描くヒューマンドラマ
詳細と画像は⇒ こちら

***********************************

尾野真千子 角田晃広/市原隼人 高橋メアリージュン/斎藤工 要潤 山本舞香/優香 内川蓮生 新井浩文/永瀬正敏 水原希子/豊川悦司 小池栄子 三浦貴大

監督:飯塚健 下山天 井口昇 清水崇 工藤伸一 李相日

上映時間:159分/日本
配給:日活/ティ・ジョイ
宣伝協力:MUSA
Ⓒ TOTSU、Solid Feature、WONDERHEAD/DAIZ、SHAIKER、BBmedia、geek sight


増田璃子 x 吉沢悠 『ちょき』 主題歌「風の声を聴いた日に」MV完成!


映画情報どっとこむ ralph 渋谷HUMAXシネマにて公開中の映画「ちょき」。

吉沢悠、増田璃子、金井純一監督で贈る

小さな街の小さな美容室。盲目の少女と美容師のおじさんの、ていねいで、いとおしい、小さな恋の話。

自然豊かな和歌山市の商店街にある美容室”HATANO”。

%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%80%8e%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%8d%e3%80%8f_1レコードとコーヒーが好きな波多野直人(吉沢悠)は美容師を、妻・京子(広澤草)は美容室の二階で書道教室をしていた。7歳の瀬戸サキは、その書道教室に通っていた問題児だが、京子はサキを自分の娘のように可愛がっていた。直人と京子の間に子供はいなかった。

時は経ち十年後、一本の電話がかかってくる。それは十年前のある事件以来会っていなかったサキ(増田璃子)だった。彼女は視力を完全に失っていた。直人も最愛の妻・京子を五年前に亡くしていた。空白の十年間に何があったのか。

サキの想いを知り、直人はある大きな決意をする・・・。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度。

ミュージシャン・おおはた雄一が「ちょき」からインスピレーションをうけ書き下ろした主題歌「風の声を聴いた日に」のミュージックビデオが完成しました!

映画の世界観そのままに、増田璃子演じるサキと少年との対話を通し、「ちょき」のアナザーストーリー要素のあるMVとなっています。

手掛けたのは「ちょき」の監督・金井純一。「風の声を聴いた日に」からインスピレーションをうけ、MVオリジナル脚本を書き下ろした。異例のコラボレーションを果たしたおおはた雄一と金井純一監督からのコメントも到着!!


おおはた雄一さんからのコメント:
この映像を作っていただいた事で、また新しい「ちょき」の世界が見えてきました。自分もその中に入れるなんて最高です。曲を作って良かったなあと心底思いました。監督の仕事ぶりもキリッとカッコよかったですね。みなさん、是非楽しんでくださいね。

金井純一監督のコメント:
98分の映画「ちょき」を、4分11秒の主題歌「風の声を聴いた日に」が、まるっと包み込んでくれました。音楽ってすごいなぁと、改めて思います。今回、おおはたさんと共有できた「ちょき」の世界を、ミュージックビデオという形で表現しました。この映像の世界が伝わってほしい、ぜひみんなと共有したいなぁと強く思います。個人的に最高のミュージックビデオになりました。


「風に声を聴いた日に」MVは、「ちょき」公式HPからも見ることができる。

公式サイト:choki-movie.com

映画情報どっとこむ ralph %e6%98%a0%e7%94%bb%e3%80%8e%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%8d%e3%80%8f_3
優しい人たちが優しい土地で撮った物語は・・・

ちょき

渋谷 HUMAX シネマにて期間限定レイトショー!


過去記事:
増田璃子 x 吉沢悠 映画『ちょき』初日舞台挨拶%e3%80%8e%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%8d%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_02http://eigajoho.com/?p=57470

***********************************

増田璃子 吉沢悠
藤井武美 和泉ちぬ 広澤草 円城寺あや 橋本真実 大竹浩一 横内亜弓 田中良子 真銅倫子 三谷麟太郎 神尾翠優 宇和千夏 本谷紗己
芳本美代子 / 小松政夫

メイン写真:川島小鳥
音楽・主題歌:おおはた雄一「風の声を聴いた日に」
監督・脚本: 金井純一『転校生』『ゆるせない、逢いたい』
配給・宣伝:SDP/製作:「ちょき」フィルムパートナーズ (2016年/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/98分)
(C) 2016「ちょき」フィルムパートナーズ