「吉沢悠」タグアーカイブ

吉沢悠主演『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』種子島でクランクアップ


映画情報どっとこむ ralph 2005年、主演に大杉漣さんを迎え、定年後に突然サーフィンに目覚め種子島に移り住んだ中年男性の第二の人生を爽やかに描いた

映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード

そして、それから13年後となる本年、キャスト、ストーリーも新たに、『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』として、種子島で新作を制作し、この度、6/12(火)に無事にクランクアップしました!!
約2週間にわたる撮影を一気に駆け抜けた主演の吉沢悠さんは、無事に撮影を終えた喜びを語ってくれました。

梅雨の季節と重なった撮影期間中は、現地の天気予報が連日雨続きだったにもかかわらず、奇跡的にほとんど雨の影響を受けることなく撮了。

クランクインの十日前から種子島入りした主演の吉沢悠さんは、すっかり陽に焼けて島民のような顔つきに。島の生活に慣れ親しむ中で地元のサーファーたちとも交流を深め、今では島内の波乗りポイントもかなりディープなところまで把握している。もともと趣味でサーフィンを嗜んでいた吉沢さんだが、今回は全日本選手権で優勝したほどの腕前を持つサーファー・梅原光太郎役ということで、事前に千葉や伊豆でも合宿練習を積みテクニックに磨きをかけています。

しかしそれ以上に、種子島へ来て同じようにサーフィンを愛する仲間たちと出会い、サーフィンを「楽しむ」感覚を取り戻せたことが何よりも大きかったという。

ほぼ全編種子島が舞台となっている本作には地元に実在するスポットがたくさん登場する。

地域に根づいているものはそのまま使うのが喜多監督のポリシーとあって、ロケーションはできるだけ手を入れずに生かされている。

馬場ふみかさん演じる美夏の実家「オリジン」は同名のサーフショップで、本編に出てくる猫の「なさけ」も実際にここの飼い猫だ。目の前に鉄浜海岸を臨むカフェ「イースト・コースト」では、オーナー役の香里奈さんが明るくポジティブな存在感を放ち、華やかなムードに包まれる。また、地元の病院長役の竹中直人さんは、現場入りするなり光太郎を送り出す壮行会のシーンでユニークな竹中節を炸裂させた。ちなみに吉沢さんと泉谷さんが隣り合ってちゃんぽんをすする店は、創業50年以上、地元民に愛される「あやの食堂」である。

撮影も終盤に近づき、西之表港で撮られたフェリー出航のシーンは、不安定な空模様や時間のリミットもあって現場にもいつになく緊張感が漂う。しかし地元から参加してくれたエキストラ300人と吹奏楽部の協力を得て無事に撮りきることができた。大勢の島民たちに見送られながら、フェリー内の階段を軽やかに駆け上がり手を振る吉沢さんの姿が眩しい、晴れやかな旅立ちとなりました。

こうして他の出演者たちが種子島で出番を終えた後、最後に残った吉沢のシーンを鹿児島で撮って、すべての撮影は終了。

吉沢さん:大杉漣さんの魂を引き継ぐプレッシャーとともに、光太郎としてどのようにこの映画に貢献できるかをずっと考えていましたが、皆さんの力のおかげでここまで無事に来られてホッとしています。
との言葉で充実の日々を締めくくっています。

映画情報どっとこむ ralph 各キャストのコメント

吉沢悠(梅原光太郎役)さんからのコメント
サーフィンはもともと趣味でしたが、仕事となると役者として結果を出さなければいけないので、最初は嫌だなと思ったんです。でもあらためてきちんと向き合ってみたら今まで知らなかった魅力を再発見できた。それには種子島で出会ったサーファー仲間の存在が大きいかもしれません。この作品を通してその楽しさを伝えられたらいいなと思います。

馬場ふみか(工藤美夏役)さんからのコメント
二週間ほど種子島にいましたが、毎日がハッピーで、撮影で来ていることを忘れてしまいそうなぐらいでした。地元の方と接する機会も多かったのですが、よそから来ても優しく包み込んで迎え入れてくれるような温かさがありました。島の人は女性が強いと聞いたので、美夏はその血を受け継いでいるんじゃないかなと思います。

香里奈(南田沙織役)さんからのコメント
沙織はみんなを客観的に見ている役なので、現場でもそんな距離感でいようと思いました。喜多監督がその場の雰囲気を大事にしてくれたので自由にやらせてもらった感じです。以前プライベートで種子島を訪れたときにお世話になった方と、今回演じた役のお店の店長さんが友達だったりして、人と人とのつながりを感じられる撮影になりました。

泉谷しげる(安田玄十郎役)さんからのコメント
自分にサーフィンシーンがあると知って最初は焦りましたね。でもみんながやっているのに自分ができないと腹が立つ。吉沢君にもいろいろ教わったんですけど、あいつがまた教えるのが上手くて、だんだんその気になってくるんですよ。こうなったら俺も東京オリンピックを目指そうかな(笑)。いくつになってもトライする気持ちが大事だからね。

竹中直人(田上孝一役)さんからのコメント
喜多組は穏やかなムードが出来上がっていて、そこに途中から入るのはすごく緊張したんですけど、吉沢君が爽やかな好青年なので一緒にいると柔らかい気持ちになりました。自分の監督作『サヨナラCOLOR』(05)でも医者の役を演じたからその頃を思い出したりもしましたね。種子島は初めてでしたが、島にたどり着くというのはやっぱりロマンがありますね。

喜多一郎監督からのコメント
僕の映画では、登場人物がいかにその土地に馴染んで見えるかが勝負ポイントなので、俳優たちがちゃんと島に溶け込んでいるかどうかが見どころです。天候にも恵まれ、サーファーがベストな波を求めて動くように撮影できましたね。サーフィンも人生もバランスとタイミング。あきらめずに挑戦し続ける勇気を受け取ってもらえたらと思います。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード

2019年春 全国ロードショー


物語・・・
梅原光太郎(吉沢悠)はサーファーとして一流の腕を持ちながら、いい波を見ると仕事も約束も放り出してしまうその性格が災いして、湘南でその日暮らしを送っていた。ある日、とうとう彼女にも愛想を尽かされ、住んでいたアパートを追い出されることになり、かつて自分を愛弟子のように可愛がってくれたサーファー工藤銀二を頼って鹿児島県種子島にやってくる。ところが頼りのサーフショップでは銀二はすでに亡くなっており、出迎えてくれたのはその娘、工藤美夏(馬場ふみか)。今はひとりでお店を切り盛りする美夏は、無一文の光太郎を邪険に追い返そうとする。当てもないまま、何とか美夏に鉄浜海岸まで送ってもらう光太郎だったが、そこには、サーファーにとって最高の波が日々訪れる美しい海が広がっていた……。
一度は夢を諦めた男が、サーフィンを通して自分自身と向き合いながら再び立ち上がっていく姿と、それを取り巻く人々の優しさに彩られた再生の物語。

***********************************

吉沢 悠 
馬場ふみか 香里奈 立石ケン・大方斐紗子 泉谷しげる
松原奈佑 南美沙 森高愛 TEE 角田信朗 
勝野洋/榎木孝明(特別出演)/竹中直人

監督:喜多一郎 
脚本:喜多一郎 金杉弘子
プロデューサー:半田健
制作プロダクション:オフィスアッシュ 
後援:西之表市 中種子町 南種子町 
宣伝協力:電通九州 
©2018『Life on the Longboard 2ndWave』製作委員会


あれから13年 吉沢悠・馬場ふみかで『ライフ・オン・ザ・ロングボード2nd Wave』種子島で新作制作決定


映画情報どっとこむ ralph 2005年、主演に大杉漣さんを迎え、定年後に突然サーフィンに目覚め種子島に移り住んだ中年男性の第二の人生を爽やかに描いた映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード』。

当時、この映画を観て「サーフィンを始めた」「サーフィン熱が復活した」という人々が急増し、種子島に第四次サーフィンブームを起こした映画と言われており、現在も愛されて続けております。

そして、それから13年後となる本年、キャスト、ストーリーも新たに、『ライフ・オン・ザ・ロングボード2nd Wave』として、種子島で新作を制作することが決定しました!!

撮影は5/28(月)からスタートし、6/12(火)までの予定となっております。

公開は2019年春の予定です。

映画情報どっとこむ ralph 主演を務めるのは、数々の映画に出演し、昨年は『エキストランド』での主演も記憶に新しい吉沢悠。


今年は3年ぶりに舞台「華氏451度」でも主演に挑戦するなど、各方面で活躍している。自身もサーフィンが趣味で、時間が取れれば海に行きたいと語るほどのハマりっぷりだが、今回はサーフィンの腕前が一流の男「梅原光太郎」を演じるにあたり、約2 ヶ月前から湘南や九十九里で練習に励んだ。


また、撮影が始まる10日ほど前から種子島に入り、すでに練習を始めているなどかなり気合いを入れて撮影に臨んでいるそうです。

吉沢悠(主演)コメント2020年の東京オリンピックで、初めて公式競技に加わった『サーフィン』で種子島を舞台に、映画で描けるこの機会に興奮しています。日本発のカッコいいサーフムービーを撮りたいという喜多監督の熱い思いがたくさん詰まっています。サーフィン、そして種子島だからこそ生まれる人間ドラマにしたいと思っています!前作では、大杉漣さん演じるサラリーマンの米倉一雄が、定年後サーフィンと出会い、新たな豊かさを種子島で知っていく内容でした。大杉さんに自分を重ね合わせ、サーフィンをやり始めた中年層の方もかなりいらっしゃったとも聞きました。今作では、キャストやストーリーは一新していますが、しっかりと前作の世界観が引き継がれています。喜多監督の映画作品の多くには「人間再生」のテーマが描かれています。サーフィンの魅力、種子島の素晴らしさを伝えたいですし、大杉さんの様に、多くの方々の心を動かすお芝居をするぞ!と、強く意気込んでいます。大杉漣さんの熱い想いも継承させていただき、撮影に挑みたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph ヒロイン「工藤美夏」には馬場ふみか。
non-no専属モデルとして活躍するかたわら、2017年7月期にフジテレビで放送された「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON」で、「月9」初出演し、劇場版への出演も果たすなど、女優としてもますます注目が集まる。本作では、種子島で父亡き後にサーフショップを一人で切り盛りする「美夏」を演じ、サーフィンをするシーンなども撮影する予定だが、自身はサーフィンは全くの初体験。吉沢とともに日々練習に励んでいる。元々海が大好きだという馬場は「サーフィンに今回初めて挑戦していて練習で海に入る機会も多く、さらに海を好きになっています。」と語り楽しみながら撮影に臨んでいるようだ。

馬場ふみか(ヒロイン)コメント
私自身、海が大好きなので海が舞台になっている映画に出演できることがとても嬉しいです。また、サーフィンに今回初めて挑戦していて練習で海に入る機会も多く、さらに海を好きになっています。たくさんの方に海の素晴らしさやサーフィン、種子島の美しさを感じてもらえるような映画になればいいな、と思います。

映画情報どっとこむ ralph また、海岸沿いに建つカフェ「イーストコースト」のオーナーでみんなから慕われる姉貴分である「南田沙織」役には香里奈が出演。元漁師「安田玄十郎」役に泉谷しげる、一人暮らしのおばあちゃん「松本シメ」役に大方斐紗子、そして、種子島総合病院院長「田上孝一」を演じるのは竹中直人と、豪華キャストたちが勢ぞろいし、周りを固めている。


映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード

公開は2019年春の予定です。

物語・・・
梅原光太郎(吉沢悠)はサーファーとして一流の腕を持ちながら、いい波を見ると仕事も約束も放り出してしまうその性格が災いして、湘南でその日暮らしを送っていた。ある日、とうとう彼女にも愛想を尽かされ、住んでいたアパートを追い出されることになり、かつて自分を愛弟子のように可愛がってくれたサーファー工藤銀二を頼って鹿児島県種子島にやってくる。ところが頼りのサーフショップでは銀二はすでに亡くなっており、出迎えてくれたのはその娘、工藤美夏(馬場ふみか)。 今はひとりでお店を切り盛りする 美夏は 、無一文の光太郎を邪険に追い返そうとする。当てもないまま、何とか美夏に鉄浜海岸まで送ってもらう光太郎だったが、そこには、サーファーにとって最高の波が日々訪れる美しい海が広がっていた……。一度は夢を諦めた男が、サーフィンを通して自分自身と向き合いながら再び立ち上がっていく姿と、それを取り巻く人々の優しさに彩られた再生の物語。

***********************************

吉沢悠 馬場ふみか
香里奈 立石ケン・大方斐紗子 泉谷しげる 松原奈佑 南美沙 森高愛
TEE 角田信朗 勝野洋/榎木孝明(特別出演)/竹中直人

監督:喜多一郎
脚本:喜多一郎 杉弘子

プロデューサー:半田健制作プロダクション:オフィスアッシュ
後援:西之表市中種子町南種子町
宣伝協力:電通九州
©2018『Life on the Longboard 2ndWave』製作委員会


誉田哲也原作/高杉真宙主演『世界でいちばん長い写真』予告動画解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「武士道シックスティーン」や「ストロベリーナイト」など幅広いジャンルで活躍する人気作家・誉田哲也による小説「世界でいちばん長い写真」が遂に映画化。6月23日(土)~シネ・リーブル池袋・イオンシネマ全国順次ロードショーが決定しました。
愛知県の学校で実際にあった出来事を基に、今まで何に対しても消極的で人生の目的を持てずにいた少年・宏伸がギネス記録を持つパノラマ写真を撮影できるカメラと出会い、モノクロだった人生が鮮やかな色に変わってゆく。誰もが胸に描く青春の1シーンを切り取ったような青春群像劇が誕生です。

主人公の高校生・宏伸役は人気若手実力派俳優の高杉真宙。
カメラを手にし、少しずつ色づく日々に魅せられていく宏伸を実直に演じています。
宏伸の従姉で快活な温子役を演じるのは武田梨奈。
宏伸が所属する写真部の部長には連続テレビ小説 「ひよっこ」での出演で話題となった松本穂香。
他にも水野勝(BOYS AND MEN)、黒崎レイナ、吉沢悠、小松政夫 などが脇を固める。
監督は『からっぽ』で第4回沖縄国際映画祭パノラマスクリーニング部門や、第27回高崎映画祭“若手監督たちの現在”に選出され、『にがくてあまい』で注目を浴びた新進気鋭の草野翔吾。

映画情報どっとこむ ralph 劇場予告も解禁となりました。



世界でいちばん長い写真

6月23日(土)~シネ・リーブル池袋・イオンシネマ全国順次ロードショー

物語・・・
高校写真部の内藤宏伸(高杉真宙)は引っ込み思案がたたり 、部長の三好奈々恵(松本穂香)に怒られるばかり。人物写真をテーマにした写真品評会も人を撮るのが苦手な宏伸にとっては苦痛でしかなかった。しかし、高校最後の夏休みのある日、宏伸は従姉の温子(武田梨奈)が店長をしているリサイクルショップで今まで見たことがない大きなカメラと出会 う。カメラの使い方がわからない宏伸は温子の勧めで近所の 写真館の店主・宮下(吉沢 悠)を訪ね、このカメラは360度 長い写真が撮れるよう改造された世にも珍しいパノラマカメラだということが判明する。宮下に使い方を教えてもらい、 宏伸はパノラマカメラで最初の360度撮影する。現像した写真を見て、いままでにない感動を感じた宏伸は次の日から 360度撮影したい景色を探して街を自転車で駆け巡る。

公式サイト:
sekachou.com
ツイッター:
@nagai_shashin

***********************************

高杉真宙、武田梨奈、松本穂香、水野勝(BOYS AND MEN)、黒崎レイナ、吉沢悠、小松政夫

監督:草野翔吾。
(C)2018 映画「世界でいちばん長い写真」製作委員会


夏木マリ、BRAHMAN、榊いずみ、映画『生きる街』公開記念プレミアムライブ開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 夏木マリが主演を務める映画『生きる街』が、2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次公開となります。

そして!その公開記念として2018年2月26日(月)に、夏木マリ、BRAHMAN、榊いずみによる、映画『生きる街』公開記念プレミアムライブの開催が決定しました!


73年に歌手デビューし、2006年にはブルースバンド「ジビエ ドゥ マリー」を結成した夏木マリ。2年前からは自身のライブハウスツアー「MAGICAL MEETING TOUR Live & Talk」をスタートさせ、精力的にライブ活動も行っている。

2009年には、途上国の子供たちの教育環境とその母親たちの雇用整備向上を目指す支援活動『One of Loveプロジェクト』を立ち上げ、さらにその活動を東日本大震災への支援にも発展した。映画を力強く、そして優しく包み込む主題歌「ナミノウタゲ」を担当したのは、BRAHMAN 。

One of Loveプロジェクトのイベントでの共演するなど、夏木と親交が深いボーカル・TOSHI-LOWが作詞を手掛け、ハナレグミがコーラスとして参加している。そして鋭い言語感覚と叙情的な世界を同時に持つシンガー ソングライターの榊いずみが、映画音楽を担当。

この3組のアーティストが、映画公開記念プレミアムライブにて夢の競演を果たします!

映画情報どっとこむ ralph ライブチケットにはもれなく映画鑑賞券がついてきます!!

「Living Notes」〜映画「生きる街」Showcase Live〜
出演:BRAHMAN / 夏木マリ/榊いずみ and more…
日時:2018年2月26日(月)18:00開場/19:00開演
会場:渋谷O-EAST 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目14-8
チケット:\4,400(映画鑑賞券付き) 入場時1ドリンク\600別途
オフィシャル先行: 2017/12/21(木)18:00 ~ 2018/1/8(月) 23:59 (チケットぴあ)
一般発売: 2018/1/26 (金)
主催:「Living Notes」実行委員会  制作:NOFRAMES / TACTICS RECORDS / ファミリー・ツリー
協力:TOWER RECORDS / アークテンタテインメント / 太秦 / シブヤテレビジョン

映画情報どっとこむ ralph 幾たびかの春夏秋冬を過ぎて、我々は生きている。
どんなに理不尽な事が起きようとも、我々は生きてきた。
そしてこれからも、我々は生き続ける。
たとえこの身が朽ち果てても、この世界は美しいはずだ、なぜなら我々が泣き、喚き、笑い、歌ってきたからだ。
森羅万象の狭間に、一瞬だけで燃え尽きる。
2月26日、集え! 宴を始めよう!!!

映画『生きる街』監督:榊英雄 

映画情報どっとこむ ralph 映画『生きる街』

2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次ロードショー!
http://www.ikirumachi.com/
あらすじ
生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木マリ)の暮らしは、2011年3月11日に一変。津波に流された夫は帰って来ない。それでもいつか夫が戻って来ると信じて、千恵子は地元を離れずに生きている。しかし、あの日を境に、今は離れて暮らす子供たちもまた癒えない傷を抱えていた。被災のトラウマから子供を持つことを恐れる娘の香苗(佐津川愛美)と、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子の哲也(堀井新太)。そんな家族の前に、かつて同じ町に住んでいたドヒョン(イ・ジョンヒョン)が韓国からある人の手紙を持ってやって来る。手紙に託された想いに触れたとき、止まっていた家族の時間がゆっくりと動き出すのだった――。

***********************************


夏木マリ
佐津川愛美 堀井新太 イ・ジョンヒョン(CNBLUE) 岡野真也 吉沢悠
石田法嗣 小柳友  ラサール石井 斎藤工 内田理央 新津ちせ 菅原大吉
石倉三郎(写真の出演) 仲間由紀恵(声の出演)  /  原日出子  升毅
監督:榊英雄 主題歌:BRAHMAN「ナミノウタゲ」
挿入歌:イ・ジョンヒョン(from CNBLUE)「ひかりのまちで」
題字:ジョージ秋山
配給:アークエンタテインメント/太秦
2018年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/124分 ©2018「生きる街」製作委員会 


夏木マリ 主演映画『生きる街』公開日決定&ビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 夏木マリが主演を務める映画『生きる街』が、2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次公開することが決定しました!ポスタービジュアルが解禁となります!

夏木マリが約10年ぶりに選んだ主演映画『生きる街』は、被災者支援ライブを行うなど復興に尽力してきた宮城県石巻市で撮影されました。

東日本大震災から5年以上の時を経て、その地を去る人、とどまる人、帰ってくる人がいます。人々は、そして街は未来を信じて生きています。そんな人々と街の姿を残すべく、スタッフ、キャストが集結。「家族」と「故郷」が持つあたり前の普遍的な価値、「生きる」「生き続ける」とは何かを問う珠玉のヒューマンドラマがここに誕生。


辛い過去に向き合い、前を向く等身大の女性を熱演した夏木マリが、飾らない笑顔で家族を迎えいれる温かなビジュアルが完成しました!また、夏木演じる主人公を見守る豪華出演陣、岡野真也、石田法嗣、小柳友、ラサール石井、斎藤工、内田理央、新津ちせ、菅原大吉、石倉三郎(写真の出演)、仲間由紀恵(声の出演)、原日出子、升毅の出演情報が一斉解禁となりました。

映画『生きる街

http://www.ikirumachi.com/

2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次ロードショー!

映画情報どっとこむ ralph ものがたり・・・
生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木マリ)の暮らしは、2011年3月11日に一変。津波に流された夫は帰って来ない。それでもいつか夫が戻って来ると信じて、千恵子は地元を離れずに生きている。しかし、あの日を境に、今は離れて暮らす子供たちもまた癒えない傷を抱えていた。被災のトラウマから子供を持つことを恐れる娘の香苗(佐津川愛美)と、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子の哲也(堀井新太)。そんな家族の前に、かつて同じ町に住んでいたドヒョン(イ・ジョンヒョン)が韓国からある人の手紙を持ってやって来る。手紙に託された想いに触れたとき、止まっていた家族の時間がゆっくりと動き出すのだった――。

***********************************

夏木マリ

佐津川愛美 堀井新太 イ・ジョンヒョン(CNBLUE) 岡野真也 吉沢悠

石田法嗣 小柳友 ラサール石井 斎藤工 内田理央 新津ちせ 菅原大吉
石倉三郎(写真の出演) 仲間由紀恵(声の出演) / 原日出子 升毅

監督:榊英雄
主題歌:BRAHMAN「ナミノウタゲ」
挿入歌:イ・ジョンヒョン(from CNBLUE)「ひかりのまちで」
題字:ジョージ秋山
配給:アークエンタテインメント/太秦

2018年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/124分
©2018「生きる街」製作委員会