「吉沢亮」タグアーカイブ

表現者:峯田和伸の新境地!!『猫は抱くもの』で


映画情報どっとこむ ralph 『ヘルタースケルター』(2012)以来6年ぶりとなる沢尻エリカの主演、若手演技派俳優の吉沢亮出演、犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』が、6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となる。

本作は、夢を諦めきれない女性、沙織(沢尻エリカ)と“自分を沙織の恋人だと思い込んでいる猫”吉沢亮が、自分らしい生き方を見つけていく物語。
また、ロックバンド「銀杏BOYZ」ボーカル&ギターを務める峯田和伸も、物語のキーマンとなる画家・ゴッホとして登場。


今回、犬童監督からオファーをもらった峯田は「胸が熱くなった」と静かに心境を吐露。解禁された場面写真では売れない画家ゴッホが夢中で絵を描く姿を捉えた写真。
ステージで歌う峯田の姿とも重なり、強烈なエネルギーを発している写真ばかりだ。絵の具で汚れた姿でロックな雰囲気も増しており、本作では峯田自身
また犬童監督が銀杏BOYZのライヴに行った際に峯田がステージ上で語った話を、監督はとても気に入り、そのまま劇中のセリフとして使用した。それが「部屋に一人でいて、誰からも連絡がこなくて、ベッドに横になっていると外から聞こえてくる、笑い声に耳をふさいだりして。窓から見上げた空が青空だとうんざりして…思いっきりカーテンを閉めた気持ちも分かる」。これ以外にも主人公の沙織や観ている我々の心に刺さるセリフを放っている。
舞台をライブからスクリーン、相棒をギターから筆に持ち替えた峯田の表現者としての才能と人間味に溢れた本作は、アーティスト・峯田和伸のファンも役者・峯田和伸のファンも必見です。

映画情報どっとこむ ralph 猫は抱くもの

6月23日(土)新宿ピカデリー他、全国ロードショー!

公式HP: nekodaku.jp

物語・・・
こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる―
思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

***********************************

監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮 音楽:水曜日のカンパネラ
沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠 / 伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人

企画製作・配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
©2018「猫は抱くもの」製作委員会 


桜井日奈子、吉沢亮が京都の女子校に突然現れ600人が大興奮!『ママレード・ボーイ』キャンペーン


映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計1000万部突破の大ヒットコミック「ママレード・ボーイ」が遂に実写映画化!
桜井日奈子と吉沢亮W主演の本作は・・・・突然の同級生との同居、保健室のキス、すれ違いの初恋、三角関係・・・すべての女性のトキメキがここに!

4月27日(金)に遂に封切られ只今大ヒット公開中!

映画公開を記念して、3月30日~4月15日にて実施された「『ママレード・ボーイ』をあなたの学校に呼ぼうキャンペーン」。

日本全国4600校の高等学校の在校生・卒業生を対象にWEB投票が行われ、上位100校の中から選ばれた1校に映画キャストがサプライズ訪問をするというこのキャンペーンはなんとわずか20日間で60万PV、投票数2万3千を達成するほどの大きな盛り上がりを見せ、中には、投票を呼びかける口コミがクラス内で拡大し、クラスの1イベントとなる学校も発生!全国の高校生を網羅する大規模CPに。

本日遂にサプライズ訪問が実施されることとなり、桜井と吉沢が訪れることとなったのは、1位に輝いた<京都府の私立・平安女学院高等学校>。

平安女学院高等学校は、全校生徒数約400人に対し489票(卒業生による票を含む)を獲得!キャンペーンサイトには「歴史が長く、初めてセーラー服ができた学校でもあります!自分の学校が誇らしく思います」「生徒が少なく、小規模ですが全学年との絆がとても強い学校です!」といった生徒たちからの熱いPR&想いが寄せられており、中学生を含めた生徒約600人が熱望していることを知った学校側の厚意で・・・サプライズ訪問!!!! 果たして反応は!?

『ママレード・ボーイ』をあなたの学校に呼ぼうキャンペーン
​キャンペーン展開期間:​3月30日~4月15日
日時:5月2日 (水)
場所:平安女学院高等学校
登壇:桜井日奈子、吉沢亮

映画情報どっとこむ ralph 桜井さんと吉沢さんがすぐ近くでスタンバイしていることなど、つゆ知らず集められた在校生たち。

MCの話を聞いているうちに緊張感と期待が膨れ上がり…!
2人が登場すると大歓声が瞬く間に沸き起こり、念願叶ってのサプライズ訪問に思わずフリーズし、感極まって泣き出す生徒も!
余り大歓声にMCの声がかき消され、場内はもはや大興奮でパニック状態!

桜井さん:みなさん、こんにちは。皆さんがこのキャンペーンに応募してくださったおかげで訪れることが出来ました!ありがとうございます!

吉沢さん:盛り上がってるか~い!(ギャ~)僕らも今日を楽しみにしていました!

との挨拶からスタート。

2人が言葉を発すたびに、黄色い声援が止まらず・・・・

桜井さん:ここまで盛り上がっているのは初めてです!

吉沢さん:いや、すごいですね!何言っても反応してくれる!(笑) みなさん、本当にすごい!パワーが(笑)

と未だかつてない盛り上がりように桜井と吉沢は驚き隠せず。

映画情報どっとこむ ralph 全編オールロケで全国各地で撮影を行った本作ですが、実は京都で重要なシーンの撮影をしていて・・・

桜井さん:電車のシーンがあったのですが、嵐電で撮影をしました!
吉沢さん:僕が演じた遊が京都に行って、住んでいる場所が京都YWCAで。ここのすぐ近くで撮影をしてました。

と京都での思い出を振り返る。

公開から早6日がたった今の心境を聞かれると

桜井さん:初の主演作品なので、大切な想いが沢山詰まった作品です。同世代の方々にも、沢山トキメいて頂きたいので、まだ観ていらっしゃらない人は是非、観に行って頂きたいです。。

吉沢さん:もう観た人って聞いたら半々ぐらいでしたけれど、みんな正直で可愛らしくて(笑)ここに居る全員に本当に観に行ってもらいたいです。皆さん世代的にはドンピシャなんじゃないかな?色んな恋愛の憧れるシチュエーションが沢山あります。是非、劇場で楽しんでもらいたいです!

映画情報どっとこむ ralph イベントは進んでも、場内のテンションは上り続け・・
生徒たちから直接感想を伝えるとともに、2人に向けた質問を募集することに。

「京都のシーンは自分たちが知っている場所が沢山映っていて嬉しかったです。2人のイチャイチャシーンがめっちゃ良かったです!」、「キュンキュンしました!」と代表の生徒たちから感想が贈られるとその言葉を応援するかのように大歓声が!

Q:好きな異性のタイプは?

桜井さん:頼りがいのある男性は素敵ですよね。あと、クシャっと笑う人はいいですよね?

と桜井さんが言うと生徒たちは共感!!…その言葉を受けて、吉沢が“クシャっと笑顔”を披露!

すると場内からは更なる黄色い悲鳴が!!!一方、吉沢さんは

吉沢さん:一生懸命頑張っている人が好きです。学校の行事とか、部活動とか今できることを頑張っている人が好きなので。今日も皆さんが頑張って投票してくれたので、こうやって今日来れたわけですしね。

との吉沢の言葉には生徒たちの熱い想いが報われた様子。

Q:最近一生懸命になったことは?

桜井さん:数ヶ月に渡るこの作品の宣伝活動です!

と答えたの言葉に続いて、

吉沢さん:僕もですね。やっぱり、この作品を沢山の方に観てもらえるように、頑張りました。満足して頂ける自信もありましたし!皆さんTwitterとかやっていますか?是非、ご覧頂いたら感想をつぶやいてもらいたいです!ハッシュタグ:#ママレードボーイ

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

桜井さん:終始熱い想いが伝わってくるイベントでした!これだけ盛り上がって頂けるとすごくすごく私も楽しかったです!せっかくのゴールデンウィークなので、是非、『ママレード・ボーイ』を観に行って下さい!

吉沢さん:本当に楽しかったです!こんなに熱い想いを返してくれるイベントも中々ありません!ありがとうございます!個人的に僕は京都が大好きなのでまた来たいです!」(吉沢)との言葉を贈り、盛り上がり冷めぬままイベントは幕をおろしました。

トキメキがたくさん詰まった映画『ママレード・ボーイ』

は大ヒット公開中!是非、劇場でお早めにお楽しみ下さい!

映画情報どっとこむ ralph 映画『ママレード・ボーイ

は4月27日(金)より全国ロードショー!

公式HPアドレス:
http://marmaladeboy.jp 
Twitter:
@marmalade_movie

ハッシュタグ:#ママレードボーイ

本気の恋は 甘いだけじゃない
ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?
更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。

一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。
甘いけれどクールな遊に翻弄されながら、ひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。

でも、ある日、遊は光希と自分の間にある秘密を知ってしまう。二人の恋の行方は・・・?

過去記事:
吉沢亮の紳士さにキュンキュン!桜井日奈子が母の手紙に涙で・・・『ママレード・ボーイ』公開記念舞台挨拶
http://eigajoho.com/108290


岡山・広島大歓喜!桜井日奈子、主演映画「ママレード・ボーイ」と共に地元凱旋
http://eigajoho.com/107619


吉沢亮、佐藤大樹どちらを選ぶ!?女子学生400人大熱狂!映画『ママレード・ボーイ』女子大イベント
http://eigajoho.com/107510



出演:桜井日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀 れい 中山美穂

原作:「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)

監督:廣木隆一
脚本:浅野妙子  廣木隆一
音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー  
配給:ワーナー・ブラザース映画 
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


吉沢亮が「猫」としてダンス 猫映画『猫は抱くもの』予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『ヘルタースケルター』(2012)以来6年ぶりとなる沢尻エリカの主演、若手演技派俳優の吉沢亮出演、犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』が、6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となります!
本作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻エリカ)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”が、自分らしい生き方を見つけていく物語。

猫の良男の擬人化した姿を演じるのは、今最も注目されている若手演技派俳優の吉沢亮。

ついにこの度待望の予告映像が解禁となりました!

沢尻エリカと猫の良男の熱演、キュンとくる映像、そして印象的な楽曲など見どころが満載。実は本作の撮影中からずっと猫の良男を可愛がってきた沢尻エリカさん。

吉沢亮さん↓↓↓↓↓↓↓↓
もともとブリーダーによって生後六か月まで育てられた良男を撮影終了後、ついに沢尻は引き取ったほど。名前も新たに決定。良男の毛の色から取り、“グリグリ”(フランス語で「灰色」=「Gris」=グリ)という名前になった。沢尻は「毎日家中を走り回っていてとても元気な子です。新たな家族が増えてとても幸せな日々を過ごしています。」とコメントするほど溺愛している様子がわかる。

予告編での沢尻の良男に向けた愛の眼差しは本物!



映画情報どっとこむ ralph 【本映像の見どころ】

1.粉まみれで踊るシーンも!沢尻エリカが6年ぶりの主演作で人生にこじらせたアラサー女性を熱演!

本作で6年ぶりの主演となる沢尻エリカが、アラサーの元アイドルで人生にこじらせた女性を体当たりで熱演している。アイドルとしてステージで踊る姿に加え、粉まみれのままジャージ姿で歌ったり、坂を転げ落ちるなど体当たりで人生にこじらせた女性像を体現している。また終盤で見せる峯田演じるゴッホの前で見せる涙の表情は圧巻の一言だ。彼女の新境地に是非注目していただきたい!

2.吉沢亮が擬人化した猫としてダンスも披露!猫映画史上、最強にキュンとくる“最キュン”演出にご注目!

本作では本物の可愛い猫に加えて、吉沢亮を始めコムアイ、岩松了など11名の役者が擬人化された猫として登場するという斬新な演出がとられている。特にロシアンブルーの猫:良男を演じた吉沢は木の影や窓辺から沢尻を見つめる姿がまさに猫そのもので、本映像ではダンスも披露するなど本物の猫以上に癒される!人間と可愛い猫、そして擬人化されたさらにカワイイ猫たちによる映画史上、最強にキュンとくる“最キュン”猫映画が誕生した!

3.こじらせた1人と1匹の妄想を彩る印象的な楽曲たち。彼らが見つける自分らしさとは・・・。

予告映像で流れる楽曲は主人公の沙織(沢尻)がアイドル時代所属していたグループ「サニーズ」の唯一のヒット曲「ロマンス交差点」。軽快な曲調の曲だが、かつて夢を追っていた沙織の心境と重なり合い劇中で重要な役割を果たす。またコムアイが歌う挿入歌「マヨイガのうた」も優しく物語に寄り添っていく。人生をこじらせた1人と1匹が見つける“自分らしく生きるすべとは?”劇中を彩るこれらの楽曲にも是非ご注目ください!

映画情報どっとこむ ralph 猫は抱くもの

6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開

nekodaku.jp

物語・・・
こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる―
思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。
うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

***********************************

監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮
音楽:水曜日のカンパネラ
沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠 / 伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人
企画製作・配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
©2018「猫は抱くもの」製作委員会


吉沢亮の紳士さにキュンキュン!桜井日奈子が母の手紙に涙で・・・『ママレード・ボーイ』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 桜井日奈子&吉沢亮が、満を持してラブストーリーに初主演することで話題沸騰中の『ママレード・ボーイ』が、ついに4月27日(金)公開!
その公開を記念し、ゴールデンウィーク初日4月28日(土)快晴の中!

豪華キャスト登壇の公開記念舞台挨拶が行われました。

そして!原作者・吉住渉先生から、桜井さん&吉沢さんへお祝いのサプライズメッセージ&イラストが到着!

さらに桜井さんには、実の母からの手紙に涙!

その時、紳士な吉沢さんは・・・

映画『ママレード・ボーイ』公開記念舞台挨拶
日時:4月28日 (土)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:桜井日奈子、吉沢亮、中山美穂、谷原章介、筒井道隆、佐藤大樹、優希美青、廣木隆一監督

映画情報どっとこむ ralph 会場となった丸の内ピカデリーの前には大きな漫画型のスタンディーが!ワクワクを盛り上げてくれます。
そして、劇場の中では見終えたばかりの観客の皆さんが今か今かと登場を待ちわび、MCの呼び込みと同時に割れんばかり(実際ICレコーダーはバリバリ)の歓声と大きな拍手でキャストと監督が迎えられました。
桜井日奈子さん:GW初日に映画ママレード・ボーイを選んでいただきありがとうございます。緊張してます!(桜井さんは初主演)主演でしたが、自分のことで手いっぱいで。。。それを吉沢さんが、周りへの気配りとかをみんなやってくれました!ご飯に行ったり、自分の中で余裕のある人って凄いなって!廣木監督と御一緒出来て、筒井道隆さん 谷原章介さん 檀れいさん 中山美穂さんと共演できたことは今後の女優業への糧になったと思います。
と、挨拶中もかわいいいいーの声が鳴りやまない会場。そして、

吉沢亮さん:遂に初日。凄いドキドキと神妙な気持ちとで。改めて多くの方に観ていただきたいなと思っています。
とご挨拶。

中山美穂さん:ドキドキ、キュンキュンの映画。皆さんの顔もキュンキュンしているように見えます!不思議な設定ですが、年齢関係なくときめける作品に携われて嬉しいです。

谷原章介さん:見た後ですよね?ときめいて頂いたと思います。是非またときめきに来てください!

筒井道隆さん:特にあれなんですけど。凄い素敵な作品になっていますので。皆さんに勧めて下さい!

佐藤大樹さん:皆さん元気ですか!(元気!)いいですね。
と、LDHなノリから

佐藤さん:観終わってキュンキュンして、家族に会いたくなっていると思います。盛り上げていきたいと思います!

優希美青さん:観てどうでしたか?キュンキュンしましたか?(大拍手)良かったです。

廣木隆一監督:無事に今日を迎えられてほっとしています!楽しんで言って下さい。

映画情報どっとこむ ralph 鑑賞後と言うことで、ネタバレが多いので、ここからはかなりぼかしてご紹介!

ときめいたシーンは?

桜井さん:遊とシチューを食べるシーン。

吉沢さん:空気感。凄くいい。端から見てたらキュンキュンする。

桜井さん:その時の言葉CMみたいでした!(笑)

吉沢さん:・・・・。

佐藤さん:食卓のシーンは感情移入できるので、にやにや・ときめきポイントです。


吉沢さんは:幸せな生活感と切ないところが・・・いいんです。二人で歩いていくところとか。心臓持ってかれます。キュン超えました!ギュンです!

とすると、負けず嫌いな桜井さんは

桜井さん:ギョンギョンしました!ギュンの上です!

と何故か張り合い


優希さん:私もギョンギョンしました!

と乗っかります。

廣木監督:ラストですね。多くのカメラを使いまして、映画的な空間にキュンとしました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、大人組から若い方達へ恋愛アドバイスのコーナーに

中山さん:私が言えることはないんですけど。。。恋愛してるときは何でも楽しいんで。其々が自立した存在でいて欲しいかな。そこから進んでほしい。

桜井さん:深いですね。好きになると・・ 勉強になります!

谷原さん:どうせ聞かないでしょ?恋は盲目。優希さんはコナン君が好きなんですって!ファンなんだって聞いたら愛なんですって!全く聞いてくれませんでした!変なアドバイスしてもしょうがない。恋はやらないで公開するより、やって公開した方がいいと思います!

筒井さん:今の子たちは、今の子たちが思う恋愛をすればいいと思います!大人を特に参考にしなくていいです。自由になさってください!
吉沢さん:自由にやります!

佐藤さん:おもしろいな。筒井さん。

映画情報どっとこむ ralph ここで、原作者・吉住渉先生から、桜井さん&吉沢さんへお祝いのサプライズプレゼント!
メッセージ&イラストが到着!

さらに桜井さんには、実の母からの手紙に動揺・・・
そして、涙!

吉沢さん、サッとハンカチを差出すところは流石。

桜井さん:聞いてなかった・・泣いてしまった!ズルいです~。母が言うようにいろんな奇跡がつながってここに立てています。

と、絶対舞台挨拶では泣かないと思っていた桜井さん轟沈!そして、皆に感謝。
それにしてもお母さん絵が上手い!


最後に・・・

吉沢さん:僕らも一生懸命作りました。多くの方に観てもらわないと映画は完成しません。面白いと思っていただいた方は輪を広げて下されば。よろしくお願いいたします!
桜井さん:この作品のクランクインの前から、初日の舞台挨拶を妄想してました。それがかなって嬉しいです。作品を作るのにどれだけ多くの人の力と思いがあるのか強く感じました。みんなの愛が詰まった作品です。愛していただけると嬉しいです。応援宜しくお願いいたします!

お客さんにも挨拶! でイベントは終了となりました!

映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計1000万部突破の大ヒットコミック「ママレード・ボーイ」が遂に実写映画化!

突然の同級生との同居、保健室のキス、すれ違いの初恋、三角関係・・・すべての女性のトキメキがここに!『余命一ヶ月の花嫁』『ストロボ・エッジ』のラブストーリーの名手・廣木隆一監督が手がけ、少女マンガの枠を超えた恋愛映画の金字塔が誕生した。光希を演じるのは “岡山の奇跡”として一躍注目を集め、ドラマ・CM・舞台と活躍の場を広げる桜井日奈子。遊を演じるのは、『銀魂』ほか話題作への出演が続く、吉沢亮。

いま最も勢いのある若手俳優の二人が、満を持してラブストーリーに初主演!光希と遊の両親に、中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆と “ラブストーリーの神たち”とも言える超豪華キャストが集結した。すべての女性を夢中にさせた、光希と遊のとまらない恋の行方に中高生から大人まで心を奪われる!

物語・・・

本気の恋は 甘いだけじゃない

ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。

一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。

甘いけれどクールな遊に翻弄されながら、ひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。

でも、ある日、遊は光希と自分の間にある秘密を知ってしまう。二人の恋の行方は・・・?

公式HPアドレス:http://marmaladeboy.jp
Twitter:@marmalade_movie
ハッシュタグ:#ママレードボーイ

***********************************

出演:桜井日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀 れい 中山美穂

原作:「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)
監督:廣木隆一
脚本:浅野妙子 廣木隆一 音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会 制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画

ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


猫の良男も大満足『猫は抱くもの』の前売り特典 “猫抱く特製バンダニャ” キャンペーン


映画情報どっとこむ ralph 6年ぶりとなる沢尻エリカの主演、若手演技派俳優の吉沢亮出演、犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』が、6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となります。

そして!

この度、本作の前売り特典が猫の良男柄のバンダナ改め“バンダニャ“であることが決定! 劇中に登場する吉沢の衣装に合わせてグレーのボーダー柄のバンダニャとなっており、愛猫はもちろん愛するペットに巻いたり、ランチBOXに巻いたりと多種多様な使い方が出来る大判サイズ!

バンダニャの四つ角には「吹き出し」がついており、よだれかけのように巻くと、ペットが喋っているかのような写真が撮れる。 更にこの前売り特典SNS投稿プレゼントキャンペーンを実施することも決定!!

良男柄バンダニャをご自身のペットに巻いて写真を撮りSNSに投稿すると豪華賞品が当たるという、ペットを飼っている方には見逃せない内容!
是非、本キャンペーンに参加して、公開まで一緒に盛り上がろう!

映画情報どっとこむ ralph 《『猫は抱くもの』前売り特典SNS投稿プレゼントキャンペーン(ニャンペーン)概要》
◆名称:猫だくバンダニャ★キャンペーン
◆期間:4月21日~6月24日まで
◆商品:キャストサイン入りポスター(4名様)
前売り特典の良男柄バンダニャを、ご自身のペットに巻いて写真を撮り、#猫だく を入れてツイッター、インスタグラムに投稿いただいた方から抽選で4名様にキャストのサイン入り猫抱くポスターをプレゼント!

※その他、応募条件は映画公式サイトをご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻エリカ)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”が、自分らしい生き方を見つけていく物語。

猫の良男の擬人化した姿を演じるのは、今最も注目されている若手演技派俳優の吉沢亮。吉沢扮する美形猫が、毎日帰りを待っていてくれる・・という、“きみはペット”を思わせる設定にも期待感が高まる。さらに、「水曜日のカンパネラ」のボーカル・コムアイが猫のキイロを擬人化した姿を演じ、銀幕デビューを果たしている。また、ロックバンド「銀杏BOYZ」(表記:「銀杏」と「BOYZ」間は空けずに詰めて下さい)でボーカル&ギターを務める峯田和伸も、物語のキーマンとなる画家・ゴッホとして登場。本作は、こじらせた1人と1匹の、妄想とリアルが入り混じる演出が見どころ。メガホンをとったのは『ジョゼと虎と魚たち』(2003)、『メゾン・ド・ヒミコ』(2005)など幅広いジャンルの作品を手掛け、大島弓子の名作『グーグーだって猫である』を映画版(2008)とドラマ版(2014、16)を撮り、「猫を撮らせたら日本映画界随一」と言っても過言ではない犬童一心監督。本作は“猫映画”の決定版にして、犬童ワールドの集大成となった。

猫は抱くもの

6月23日(土) 新宿ピカデリー他、全国ロードショー!

公式HP:
nekodaku.jp

物語・・・
こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる―
思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。
うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

***********************************

監督:犬童一心 
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮 音楽:水曜日のカンパネラ

沢尻エリカ
吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠
伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人
企画製作・配給:キノフィルムズ 制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
©2018「猫は抱くもの」製作委員会