「吉沢亮」タグアーカイブ

吉沢亮インタビュー&『悪と仮面のルール』メイキング映像到着


映画情報どっとこむ ralph 2018年1月13日(土)から公開の映画『悪と仮面のルール』。
日本国内のみならず、アメリカをはじめとした海外でも注目を集め、ウォール・ストリート・ジャーナルで「ベストミステリー10小説」に選出された芥川賞作家・中村文則の原作が、待望の実写映画化を果たします。
今回解禁となるのは、主人公・久喜文宏に近付くテログループのメンバー・伊藤を演じた吉沢亮さんのインタビューとメイキングで構成された特別映像。

この映像は、中村哲平監督自ら吉沢さんへインタビューを実施し、監督自身で編集したものです。

吉沢さん演じる伊藤は、日本を騒がせているテログループ“JL”のメンバーで、主人公・久喜文宏と同じく”邪”の家系に連なる人物。文宏に近づき、「お前、人間恨んでるんだろ?」とテログループとの共闘を誘う強烈なキャラクターです。映像は伊藤が鋭い目付きで路上に佇む姿から始まり、吉沢さんのインタビュー映像が差し込まれます。本作で演じた伊藤について、「(文宏と)同じ邪の家系に生まれて、悪に徹しようとしているけどなり切れていない男」と語ります。伊藤を演じるにあたり、初めて髭を伸ばして役作りに挑んだという吉沢さんは、原作者・中村文則さんの大ファン。

本作への出演が決まる前から原作を読んでおり、「新谷(※文宏が整形し、成り替わった人物)との距離感などヒリヒリするものを感じていた」と、伊藤と文宏の関係を語ります。また、「意識の中では(伊藤自身は)悪の存在で本当に世界を滅ぼすと思っているけど、多分、心の奥底では、そうじゃない自分がいる。彼の矛盾を出していきかった。」と役作りに関して振り返ります。

映像には、インタビューの様子とともに監督から演出を受けている場面など貴重なメイキングも映し出されます。

映画情報どっとこむ ralph 悪と仮面のルール

物語・・・

“悪”になるために創られた男。彼は顔を変え、過去を捨て、殺人を繰り返す。全ては初恋の人を守るために――。

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために生まれたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが。

http://akutokamen.com/

***********************************

玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明

原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)

監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉

主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)

2017年/カラー/5.1ch/138分
(C)中村文則/講談社
(C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

企画制作:Plus D
配給・宣伝:ファントム・フィルム


桜井日奈子と吉沢亮 二人なオフショット!映画『ママレ―ド・ボーイ』


映画情報どっとこむ ralph 11月20日(月)にクランクインし、順調に撮影を進めている映画『ママレ―ド・ボーイ』から、2ショットビジュアルが到着!

原作漫画の世界観が最大限に表現され、まるで光希と遊が漫画から飛び出してきたようなビジュアルが初解禁となった。

誰しもが共感できる、素直で元気な女の子の光希。
演じる桜井は男女問わず愛されるキャラクターである光希の親近感を身にまとい登場!

そして、頭脳明晰・スポーツ万能と王子様を絵に描いたような遊を演じる吉沢は、本作の為に髪色を金髪に!既に “吉沢遊”とのキーワードを世にとどろかせており、披露されたその完成度は更なる話題を呼ぶこと間違いなし!

映画情報どっとこむ ralph 共に解禁となったオフショットは、地方ロケを行った際に撮影されたもの。
めっちゃ仲良さげ!

クランクアップは年明け1月上旬予定!映画完成への期待が高まります!


​映画『ママレード・ボーイ

は2018年4月27日(金)より全国ロードショーとなります。

本作は突然ひとつ屋根の下で暮らすことになった同い年の高校生・小石川光希と松浦遊が織りなすラブストーリー。
ある日、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。

ハワイ旅行で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?

更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。
そして、一つ屋根の下で暮らし始める光希と遊。「家族なんだから好きになっちゃダメよ!」
と母親に釘を刺されながらも、次第に2人は距離を縮めてゆくが・・・この恋の先に、少女マンガファンの全女性が夢中になった展開となっております。

公式HPアドレス:
http://marmaladeboy.jp
Twitter:
@marmalade_movie
ハッシュタグ:
#ママレードボーイ

***********************************

主演(ダブル):桜井日奈子 吉沢亮
原作:吉住渉「ママレード・ボーイ」(集英社文庫<コミック版>)
監督:廣木隆一
脚本:浅野妙子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
     


『悪と仮面のルール』玉木宏インタビューとメイキング特別映像


映画情報どっとこむ ralph 2018年1月13日(土)から公開することになりました、映画『悪と仮面のルール』。
このたび、玉木宏が本作について語るインタビューと、本編撮影中のメイキング映像、本編映像で構成された特別映像が完成した。本作の監督である中村哲平が、玉木へのインタビュー、編集を自ら手がけたスペシャルなものです。
今回解禁となる特別映像でも、玉木宏自身が本作への思い入れ、見どころを語る。完成披露舞台挨拶での発言と合わせて、本作への期待度が高まるものとなっている。

映像は、久喜文宏が過去を捨て“新谷弘一”となるために整形手術を受け、初めて包帯を取るシーンから始まり、玉木宏が本作について語るインタビューに続く。
玉木宏、本作について原作を読んだ時から「文学的な要素が強い」という印象を持っていたと言い、「善悪について語られる作品」「人間の根底にあるものを考えさせられる作品」だと、本作の重厚なテーマの魅力を語る。

本作は、監督・キャスト・スタッフ全員が原作に惚れ込み、その世界観をそのまま映画にするために想いを一つにして作り上げた作品。玉木は脚本、リハーサル、撮影現場とあらゆる段階で自らアイディアを提案し、主人公・久喜文宏を繊細に表現した。中村哲平監督と玉木が、撮影現場で演出について真剣に語り合う映像も収められている。

映画情報どっとこむ ralph そして、作品の中で「一つピークに持って行こうと思ったのは、香織に対してのピュアな恋愛観」と語り、本作のラブストーリーとしての魅力についても語る。顔を変え、過去を捨て、全てを賭けて初恋の女性・香織を守ろうとする文宏を「人を本当に好きになってしまったら、自分だったらどうするだろう?」と考えながら演じたと振り返り、“邪“となるために生まれた久喜文宏が「香織という存在があったからこそ、善意が生まれた」「その結果、悪事をおかしてしまう」と、初恋の女性への一途な想いを秘めながら、善悪の間で葛藤する久喜文宏というキャラクターについて語っています。

悪と仮面のルール

2018年1月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
顔を変え、過去を捨てた殺人者 全ては初恋の人を守るために――。
11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために生まれたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが―。
***********************************

玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明
原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
2017年/カラー/5.1ch/138分  
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会
企画制作:PlusD  
配給・宣伝:ファントム・フィルム


玉木宏 今年を漢字一文字で!? 映画『悪と仮面のルール』プレミア試写会


映画情報どっとこむ ralph 芥川賞作家・中村文則原作、玉木宏主演による映画『悪と仮面のルール』は2018年1月13日(土)より公開となります。

今回、プレミア試写会を玉木宏さん、新木優子さん、吉沢亮さんという豪華キャスト陣と中村哲平監督。さらに原作者である中村文則先生が登壇して行われました。
日付:12月12日(火)
場所:新宿バルト9
登壇:玉木宏、新木優子、吉沢亮、中村文則(原作者)、中村哲平監督

映画情報どっとこむ ralph MCの呼び込みにより大きな拍手と歓声の中登場した登壇者たち。
玉木さん:皆さんこんばんわ!華やかな舞台に立ててホッとしています。楽しんでいってください!

との挨拶からイベントはスタート。
中村監督:中村先生の素晴らしい原作を映像化するということで大きなプレッシャーがありましたが、素晴らしい役者の皆さんとスタッフのおかげで素晴らしい作品になったので、みなさんに、楽しんで欲しいですね。

と話、さらに

中村監督:長回し、20-30分回して撮影しても、スムースに感情豊かに演じてくれて3人。凄いですよ!

と、べた褒めの監督。そんな、べた褒めされた玉木さんは演じるにあたり、
玉木さん:悪役と言われがちですが、理性が生まれて、彼女を守るために色々やってしまう。複雑ですが実は人間味あふれる役だったと思います。ピュアであるからこそ。愛。そこに焦点を合わせて、シンプルに演じました。

守られた新木さんは

新木さん:撮影前に、監督と玉木さんと3人でお話をして。玉木さんに預けました。

玉木さん:新木さんは明るくて、紳士に現場にのぞむし、まじめでした。
一方、吉沢さんは原作の中村先生の大ファンだそうで、
吉沢さん:となりにいるのも緊張しています。この作品にかかわれると聞いて、最初メチャメチャ嬉しい反面、ビビりました。好きな作品なので壊しちゃいけない思いもありました。

と、ファンならではの想いも乗って演じている吉沢さん。今回髭をはやして演じていて
吉沢さん:芝居の中で生やしたのは初めてです。外見もそうですし、原作からくるインスピレーションも大切にして演じました。玉木さんとは現場ではあまり話してなくて。微妙な距離感を出したかったので、近くならないようにしました。それが映像に出てると思います。

と、語り、それに関して玉木さんも良い緊張感で臨めたと答えました。

映画情報どっとこむ ralph 中村先生は本作を観て
中村先生:本当に素晴らしくて、原作者として幸せだと強く思いました。玉木さんは存在感も表情も凄くて原作のまま演じて下さって。新木さんは、全身から出てます!吉沢さんはすごくアクセントをつけてくれていて、顔がどんどん変わっていく。これから凄い役者になると思いました。
実は最初に会ったときに、吉沢さんの顔を見て、こんな良い顔があるんだと驚愕されたそう。


想ったり思われたりすることで、泣ける作品になっている本作。

玉木さん:なかなか一途はいいことです。そうあれたらよいですけどね。。。
新木さん:こういう風に守られたいと思います究極です。これは、私生活には転がってないな~と。見つけられたらとは思います。

吉沢さん:人生掛けて。。。究極の愛は奇跡です。素敵です。

と、究極のラブストーリーになっていると語ります。

とあるシーンで涙を流すのが印象的な玉木さん

玉木さん:そのシーンは原作と脚本がちがったのですが、好きなシーンだったので原作にあわせてもらうように監督にお願いしました。

と撮影が難しい方向に修正したのだそう。

映画情報どっとこむ ralph ここで、玉木さんが今年の感じを披露。その一文字は「繋」。
玉木さん:僕らの作ったものと、お客様を繋ぐ。ことを感じた一年でした。

これには、新木さんも吉田さんも同意見。特に人との関係はつなげていくことが大事と必要だとのお話に。


映画『悪と仮面のルール
日本国内のみならず、アメリカをはじめとした海外でも注目を集める中村文則の小説の中でも高い人気を誇る本作を、数々のPVやCMを手掛けてきた新鋭・中村哲平監督が映画化。“悪”となるために創られた男・久喜文宏を演じるのは、映画、舞台など幅広いジャンルで活躍する玉木宏。そのほか、新木優子、吉沢亮、中村達也、光石研、村井國夫、柄本明ら実力派キャストが集結しました。

***********************************

玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明
原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉 主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
2017年/カラー/5.1ch/138分
企画制作:Plus D  
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会



二階堂ふみ x 吉沢亮 欲望と孤独・・焦燥感 行定勲が描く『リバーズ・エッジ』予告解禁


映画情報どっとこむ ralph どうしようもない欲望と孤独を持て余し、生きることにもがく若者たちの姿を鮮烈に描く岡崎京子の代表作「リバーズ・エッジ」が映画化!

『リバーズ・エッジ』は2018年2月16日(金)より全国ロードショーとなります。

このたび、本予告映像が完成。

二階堂ふみ演じるハルナと吉沢亮演じる山田が、河原で偶然みつけた死体を共通の秘密としていびつな友情を結んでいく様子が描かれています。2人を取り巻くクラスメートたちも登場し、山田がハルナの恋人・観音崎から激しく殴られるシーンや、大量に食べては吐く摂食障害を持つモデルのこずえが、ハルナにキスをするシーン、ハルナの親友のルミが密かにハルナの恋人と関係を持っている様子など、衝撃的な場面が疾走感あふれる音楽にのって畳み掛けられ、青春に別れを告げ大人になろうともがく若者たちの姿が刻まれた予告編となっています。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・

「若草さん、今晩ヒマ? 僕の秘密の宝物、教えてあげる」。

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)がいじめる山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ、放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は友情とは違う歪んだ絆で結ばれていく。

ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ(森川葵)、暴力の衝動を押さえられない観音崎、大量の食糧を口にしては吐くこずえ、観音崎と体の関係を重ねるハルナの友人ルミ(土居志央梨)。閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたと報せを山田から受ける・・・。

監督を務めるのは行定勲監督。出演は二階堂ふみ、吉沢亮のほか、森川葵、上杉柊平、SUMIREら、日本映画の新時代を担っていく華やかな若手俳優たち。衝撃的な岡崎ワールドに体当たりで飛び込み、リアルで衝撃的な「生」の姿をスクリーンに叩きつけた。そして主題歌は、かねてより岡崎京子と親交があり、その固い絆で知られる小沢健二が書き下ろしている。
リバーズ・エッジ

2018年2月16日(金)よりTOHOシネマズ新宿他全国ロードショー

movie-riversedge.jp

***********************************

出演:二階堂ふみ 吉沢亮  上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨  森川葵
監督:行定勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎京子「リバーズ・エッジ」(宝島社)
主題歌:『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』 小沢健二(ユニバーサル ミュージック)/作詞・作曲:小沢健二
© 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社