「吉村界人」タグアーカイブ

谷崎潤一郎『神と人との間』『富美子の足』『悪魔』を現代に甦らせる!


映画情報どっとこむ ralph 谷崎潤一郎作品『神と人との間』『富美子の足』『悪魔』を現代に甦らせる!


谷崎文学の神髄は、人間の業ともいえるマゾヒズム、フェティシズム、甘美な毒に酔う人間の性。

そのエッセンスを濃縮した膨大な数の短編作品の中から、年齢もキャリアも異なる3人の映画監督が、自分たちの描きたい作品を選び、それらの作品を原案に、3本の現代劇として甦らせました!

『グレイトフルデッド』(14)や『下衆の愛』(16) が世界中の映画祭で絶賛された内田英治監督は『神と人との間』。

監督デビュー作『リュウグウノツカイ』(13) が大きな話題を呼び、続く二作目『桜ノ雨』(15) が東京国際映画祭パノラマ部門で上映され、注目を集めたウエダアツシ監督は『富美子の足』。

そして、メジャー映画からインディーズ映画、さらにはテレビドラマまで数多くの作品を手がける俊英・藤井道人監督は『悪魔』をそれぞれ制作しました。

映画情報どっとこむ ralph 神と人との間』は、映画業界の監督やプロデューサーが「最も使いたい」と声を揃える渋川清彦と、演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーとしてもお馴染みである戸次重幸の豪華ダブル主演!二人の男に愛される朝子役は、演劇、映画、テレビドラマと幅広く活躍する内田慈が演じています。作中の3人の登場人物が、谷崎本人と谷崎の最初の妻・千代、そして谷崎の友人であり後に千代の新たな夫となる佐藤春夫の三角関係をモデルにしたといわれる作品。

内田英治監督からのコメント

もちろん多くの日本人と同じように谷崎文学が大好きなのですが、作品以上に谷崎潤一郎本人に長年興味を抱いていました。とくに親友である作家・佐藤春夫と、谷崎の妻・千代を巻き込んだ大正の一大スキャンダル「細君譲渡事件」をいつか描きたいと思っていました。この最低で、しかし人間味溢れる三角関係をベースにした小説が「神と人との間」です。マゾヒスト的な、一方ではサディスト的なぐだぐだな恋愛。しかしそれもまた愛の形であり、谷崎にしか描けない世界観なのです。今回、谷崎作品を現代解釈するという企画において真っ先に本作をと考えたのは言うまでもありません。本作はラブストーリーでございます。それは恋愛と呼ぶにはクズすぎるかもしれませんが、やはりラブストーリーなのでございます。

映画情報どっとこむ ralph 富美子の足』では、『冷たい熱帯魚』で国内の映画賞を総なめにした、でんでんが“富美子の足”に強い偏愛を示す塚越役を演じ、グラビアでも注目を集める女優・片山萌美が富美子役でその美脚を遺憾なく発揮!さらに、2017年、『ダブルミンツ』で映画初主演を果たし、連続ドラマ「恋がヘタでも生きてます」での色気あふれる佇まいに、“セクシー俳優”と注目を集める淵上泰史も共演!

ウエダアツシ監督からのコメント

谷崎を読むと正直に生きる登場人物たちが愛おしくなります。その耽美的な執着は、時に肉体的なフェティシズム、時に精神的なサディズムやマゾヒズムへと辿り着きます。常人には滑稽に見えてしまうその姿ですが、そこには確固たる覚悟と美学があり、真の意味での人間らしさが感じられます。
数々の名作映画を生み出してきた谷崎文学に今、内田監督と藤井監督と共に挑戦できたことをとても嬉しく思っています。僕が監督したのは『富美子の足』。偏愛される足を持つ女と、足を偏愛する男たちの姿を描いた…要するに足フェチのお話です。片山さん、淵上さん、そして、でんでんさん―。素晴らしく個性豊かな面々と、足と向き合い、足を舐め、足に踏まれる日々を過ごしました。正直に欲望へと突き進む、狂おしくも愛おしい人間たちの姿をぜひスクリーンでご覧ください。

映画情報どっとこむ ralph 悪魔』は、次代の日本映画界を担う若手俳優として今もっとも注目を浴び出演作が続く吉村界人と、映画初出演ながら主演のヒロイン役に大抜擢された『高校デビュー』をはじめ、数多くの映画やドラマでの演技が高く評価されている大野いとが共演します。

 ベテラン演技派から注目株のフレッシュな若手まで、幅広いキャストが揃いました。日本映画界の実力派たちがいかに“谷崎のフェチ地獄”に堕ちていくのか、必見です!

藤井道人監督からのコメント

「悪魔」とは、人間を誘惑し、災いをもたらす存在を称してそう呼ばれています。そして、大なり小なり私たちの周りにはその「悪魔」が存在します。谷崎潤一郎の「悪魔」を初めて読んだとき、100年以上前に書かれた作品にも関わらず、今の現代社会における人間の心の暗部に置き換えることが出来る普遍性に感嘆しました。
主人公の青年は、若くて美しい女子高生の照子という「悪魔」に出会い、次第に自我が崩壊していきます。
そもそも「悪魔」とは、自分に外的危害を加える存在なのか。もしくは、自分自身の精神に巣食う存在なのか?というテーマに向き合って作りました。

映画情報どっとこむ ralph  また、『神と人との間』が、10月25日に開幕する第30回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門への出品が正式決定!2018年の劇場公開に先駆け、ワールドプレミアの場となります。


 かつて宇野重吉、京マチ子、森雅之、田中絹代、若尾文子、岸田今日子、大楠道代・・・錚々たる大俳優たちが演じてきた谷崎文学の世界。2018年、新感覚で描くフェティッシュな3作品にご注目ください!


『神と人との間』
町医者の穂積と、親友で漫画家の添田はともに熱帯魚屋で働く朝子に惚れている。ある日穂積は添田に朝子を譲り、ふたりは結婚する。その瞬間、添田は愛人を作り朝子を虐待し、そのうえ穂積と朝子が不倫をするようにけしかけたりとサディスト化するのだった。かつての親友に馬鹿にされ挑発されながらも一心に朝子を想い続ける穂積。しかしある事件をきっかけにその純愛は憎悪へと変貌する…。
◆監督 内田英治
◆出演 渋川清彦 戸次重幸 内田 慈 ほか


『富美子の足』
富豪の老人・塚越はデリヘルで見つけた富美子を愛人にし、彼女の美しい足を偏愛し、悦びを感じる日々を送っている。塚越はある時、フィギュア作家の甥の野田に、富美子の足の等身大のフィギュアを作るように依頼する。野田の作ったフィギュアに満足しない塚越は、「富美子の足を理解するために舐めてみろ!」と命令する。
◆監督 ウエダアツシ
◆出演 片山萌美 淵上泰史 / でんでん ほか


『悪魔』
大学入学のため上京した佐伯は、閑静な住宅街にある林邸に下宿する。林家には大家の千枝、高校生ながら不思議な色気と魅力を持つ千枝の娘・照子、そして、照子を偏愛する林家の親戚にあたる鈴木が住んでいた。佐伯は、アルコールにおぼれ、幻覚に苦しみ、大学にもなじめない。そして、下宿先では、照子が佐伯の部屋へ頻繁に訪れ、小悪魔のように佐伯の心を惑わしていくのだった。ふたりの様子を見た鈴木は、佐伯に対し、照子に近づかないよう警告をする。反発する佐伯だったが…。
◆監督 藤井道人
◆出演 吉村界人 大野いと 前田公輝 ほか


2018年、テアトル新宿 ほか 全国順次公開!

公式ウェブサイト
http://tanizakitribute.com 

公式Twitter
@TanizakiTribute 

***********************************


原案:谷崎潤一郎
制作プロダクション:TBSサービス
配給:TBSサービス

Ⓒ2018 Tanizaki Tribute製作委員会


『ビジランテ』大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太が、狂気の愛憎をぶつける


映画情報どっとこむ ralph 大森南朋 × 鈴木浩介 × 桐谷健太 がトリプル主演を務め、『22年目の告白-私が殺人犯です-』の入江悠 監督がオリジナル脚本でメガホンをとった映画『ビジランテ』が2017年12月9日(土)よりテアトル新宿他全国公開となります。
ビジランテ前売り特典ポストカード


「ビジランテ」とは――
法や正義が及ばない世界、大切なものを自ら守り抜く集団
本作は、荒々しく破滅へと突き進む哀しき男たちの刹那的な生き様を描き出したノワール映画です。

脚本・監督は『22年目の告白―私が殺人犯です―』が邦画3週連続1位の快挙をうちだし、注目が集まる鬼才 入江悠。

約10年ぶりのオリジナル作品で、壊れた倫理観、醜い人間性、映画でしか描けない限界に挑戦した衝撃作で新境地をみせます。

そしてトリプル主演を果たした大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太が、狂気に満ちた愛憎をぶつける迫真の演技でせめぎ合います。

物語・・・
歪みを抱える地方都市。
幼い頃に失踪した長男・一郎(大森南朋)。市議会議員の次男・二郎(鈴木浩介)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷健太)。
別々の道、世界を生きてきた三兄弟が、父親の死をきっかけに再会。
逃れられない兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。


公式サイト
http://vigilante-movie.com/

***********************************

出演:大森南朋 鈴木浩介 桐谷健太 
篠田麻里子 嶋田久作 間宮夕貴 吉村界人 /菅田俊
脚本・監督:入江悠
音楽:海田庄吾 
配給:東京テアトル
2017年/日本/カラー/125分
R15+ 
©2017「ビジランテ」製作委員会


入江悠監督 『ビジランテ』追加キャストに吉村界人、間宮夕貴、岡村いずみ


映画情報どっとこむ ralph 鬼才・入江悠 監督がオリジナル脚本・メガホンをとり、大森南朋×鈴木浩介×桐谷健太 がトリプル主演を務める渾身の最新作、映画『ビジランテ』。2017年12月9日(土)テアトル新宿他全国公開の本作に吉村界人、間宮夕貴、岡村いずみの出演が発表となりました。


今回出演が明らかになったのは、鈴木浩介演じる次男・二郎とともに地元の自警団で活動する石原陸人役の吉村界人(24)。
大森南朋演じる長男・一郎とともにヤクザに追われて逃げてきたサオリ役の間宮夕貴(26)。
桐谷健太演じる三男・三郎の経営するデリヘルで働く亜矢役の岡村いずみ(27)の3人。

映画情報どっとこむ ralph 同世代の人気若手俳優の中でも、独特の個性と魅力にファッション界など多方面から熱い視線が集まる吉村さんは、どこか危険な雰囲気を漂わせる鬱屈した感情を抱えた若者を“危うく”や“妖しく”演じ、
吉村さん:僕は、オーディションの時から、陸人は僕しかいないんだ!と強く思っていました。だから決まった時は一人小さく頷きました。入江監督のようにオリジナルでこういう作品をやる監督は今稀有ですし、こういったテイストが僕は好みでもあるので、ここで他の作品とも、先輩方とも、勝負するんだと、冷静に想像しました。冷静と情熱の間で、胸騒ぎがしてました。

とコメントしています。

また、「日活ロマンポルノ」45周年を記念した“リブート・プロジェクト”「風に濡れた女」で主演を努め、「第26回 日本映画プロフェッショナル大賞」にて新進女優賞を受賞した間宮さんは、本作では大森さんとの激しい絡みも体当たりで演じ、
間宮さん:1月の撮影、己との戦いはありますが、寒さとの戦いも激しく、キャスト、スタッフ、命を削って撮影しました。入江悠監督の世界に入って今までの人生をかき乱されました。こだわりの強さ、粘り強さ。現実なのか映画の世界なのかわからない状態で五感を研ぎ澄ました作品です。この作品に出会ったことで私は大きく変われた自信があります。‪皆様も心が震えて、燃えてグチャグチャにかき乱されて欲しいです。

とコメント。

同リブート・プロジェクト「ジムノペディに乱れる」にて初ヌードを披露し、「第59回ブルーリボン賞」にて新人賞を受賞するなど役柄の幅を広げている岡村さんは本作の出演にあたり、
岡村さん:入江監督の『太陽』の長回しのシーンに心を射抜かれ、いつかご一緒できたらなと思っていたので、お話をいただいた時は本当に嬉しかったです。今回演じた亜矢は、私にとって初めてとなる風俗嬢の役で、大変ではありましたが、監督の熱い想いを感じ、喜びと、なんとか食らいついてやる、という気持ちで挑みました。厳しい寒さの中、スタッフキャストのみなさんと必死で生きた日々は、過酷ながら幸せな時間でした。みなさんにどう受けとってもらえるのか、楽しみでなりません。

とそれぞれ語っています。

映画情報どっとこむ ralph 高校時代に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。そしてその後、再会した三兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。
―「ビジランテ」とは「自警団」という意味を持つ。警察や法律がない世界、警察や法律が機能してない世界で、自分たちの力・判断で自分たちを守ろうとする集団を指す。―

映画『ビジランテ

公式HP:vigilante-movie.com

***********************************

出演:大森南朋 鈴木浩介 桐谷健太  篠田麻里子 嶋田久作 間宮夕貴 吉村界人 岡村いずみ /菅田俊 

脚本・監督:入江 悠 
配給:東京テアトル 【2017年/日本/カラー/125分】 R15+
©2017「ビジランテ」製作委員会 


伊藤沙莉、須賀健太ら登壇『獣道』初日舞台挨拶 MC矢部にクレーム(笑)


映画情報どっとこむ ralph 伊藤沙莉、須賀健太W主演の青春ブラックコメディ『獣道』が、7月15日(土)に、シネマート新宿にて初日を迎え舞台挨拶が行われ、W主演の伊藤沙莉さん、須賀健太さんをはじめ、本作が映画デビューとなるお笑い芸人・アントニーさん、注目の新鋭俳優・吉村界人さん、鈴木清順監督や是枝裕和監督など、名立たる映画監督に起用されてきた韓英恵さん、俳優としても味のある演技で定評のあるお笑い芸人・矢部太郎さん、そして内田英治監督、英国人プロデューサー、トレル・アダムの登壇しました。

日付:7月15日(土)
会場:シネマート新宿
登壇:伊藤沙莉、須賀健太、アントニー、吉村界人、韓英恵、 矢部太郎、内田英治監督、アダム・トレルプロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 族車のホーンが流れる中、MCの矢部さんが改造ミニ自転車で登場!!映画当時のパンチパーマにしてきたそう!

そして呼び込まれたキャストは特攻服姿で登壇!

女性の声であちこちから「沙莉ちゃん可愛い!」の声が飛ぶ会場
伊藤さん:ありがと!!本日はこんなに集まっていただき嬉しいです!

耳に手を当て・・・催促!でかっこいい!!を引きだし満面の笑みの須賀さん
須賀さん:本当に沢山来ていただいて嬉しいです!

内田監督:5年前から脚本を書き始めて、ようやくスクリーンで皆さんに観ていただけます。ヤンキー映画ですが、本当に弱そうな人たちばかりですが・・・スクリーンの中ではヤンキーになってると思います。
アダムさん:特攻服着たかった!

映画情報どっとこむ ralph カミカミで聞き取れない矢部さんのMCに「ちゃんとして!(笑)」と笑顔でたしなめる伊藤さん。自分が演じた役を上映前に話すため探り探り・・・

伊藤さん:演じているのは7歳で宗教団体に預けられて・・・その後に愛を求めて居場所が変わっていくのを表現するのが難しかったですね。
須賀さん目線で語られていく本作
須賀さん:僕が意識したのは、お客さんに一番近いところにいたいなと。共演者の皆さんが個性的で、個性的な役を演じているので
(アントニー:今俺見ただろ!)一番普通に見えるように心がけました!

アントニーさん:僕は、映画のオファーがあったときにドッキリだと。だって台本に北川健太ってあって。監督とお会いした時に少し演じてみたら監督頭抱えたんですよ!僕にとってこの映画で演じることが獣道でした!でも、イタリア・ウディネで高評価で。JAPANESE NO1 ACTORって言っておきました!

エピソードを含めて語り

吉村さん:凄い寂しがり屋のヤンキー役だったんですけど。この作品では本物の地元のヤンキーさんたちが出ているので、その方々に、本当の自分・・根暗で読書好きで、オラッみたいのが嫌いなのが、ばれないようにと思ってました!

韓さん: 私のシーンは沙莉ちゃんと健太くんと一緒が少なくて・・アントニーと男くさい人ばかりに囲まれてました。あとダイビングしまして、まさかのアントニーが泳げないことが発覚しました!

盛り上がりも気にせず、カンペと助手に促される、とても荒い進行を進めるMC矢部さん!

この後、やんちゃなエピソードを其々あかし・・・その中で、吉村界人さんは寝ないということが判明。

さらに、幹さんが子役あるあるで、遊びたかったよね!と同じ子役出身の伊藤さんと須賀さんに同意を求める場面も。
特に修学旅行や運動会に出れなかったことや道を外れられないことなどを明かし・・・

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

須賀さん:今日から公開で、僕らのものだけでなく皆さんの物にもなります。是非是非『獣道』の感想をSNSでつぶやいてください!エゴサーチします!
伊藤さん:あらすじ聞くとダークで重い作品だと思われがちですが、笑えるところやシュールなところが沢山あって笑っていただけると思います。そして、皆の人生がしっかり描かれた群像劇です!一人一人を観ていただければと思います。

と舞台挨拶を締めました!

宗教団体、ネグレクト、少年犯罪、性産業など大人に翻弄される地方都市の若者たちを、実話をベースに描いたブラックコメディ

『獣道』

が、7月15日(土)よりシネマート新宿ほか全国公開ほか全国公開です。

http://www.kemono-michi.com



***********************************

伊藤沙莉 須賀健太 アントニー 吉村界人 韓英恵 冨手麻妙 松本花奈 川上奈々美 毎熊克哉 マシュー・チョジック 矢部太郎 でんでん 広田レオナ 近藤芳正

監督・脚本:内田英治(『下衆の愛』)
撮影:伊藤麻樹(『リアル鬼ごっこ』)
プロデューサー:アダム・トレル
製作:Third Window Films / Libertas / MOVE
制作:NAC
宣伝:フリーストーン 〈2017年/日本、イギリス/カラー/94分〉
©third window films
   


締め切り迫る!『オフィス作』ワークショップオーディション


映画情報どっとこむ ralph オフィス作さんが、3年ぶりに、俳優・女優、次世代のスター発掘を目的に、ワークショップオーディションを行います!
経験の有無は問わず!ただし!3日間全日程の参加が必須です!

たくさんの才能に出会えることを、スタッフさん一同楽しみにしているとのことですので、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか!!

応募は郵送のみ。7月20日(木)必着です!

映画情報どっとこむ ralph 応募の概要は以下の通りです。

【募集対象】
16歳〜25歳の男女
※事務所の所属・無所属は問いません。
※未成年の方は保護者の承諾が必要です。

【参加費用】
30,000円(税込)
※全日程を通しての受講料になります。1日ごとのお申込みは受け付けできません。
※全日程の参加必須。途中返金はいたしかねます。
※参加費用は、指定の期日までに事前入金となります(書類選考通過者には別途連絡)。

※会場までの交通費および宿泊費はご自身でご負担ください。

【応募方法・郵送先・締切】
7月20日(木)必着
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-54-6
「OFFICE作 ワークショップオーディション係」宛
オフィス作HPにてチェックして下さい!

【日程・会場】
2017年8月25日(金)、26日(土)、27日(日)@都内某所
※3日間全日程の参加が必須となります。
※詳細は書類審査通過者にのみ連絡。

映画情報どっとこむ ralph ワークショップの内容は以下の通りです!

■1日目:8月25日(金)
講師:沖田修一(映画監督・脚本家)
主な作品:「南極料理人」「キツツキと雨」「横道世之介」「モヒカン故郷に帰る」等。

■2日目:8月26日(土)
講師:蓬莱竜太(劇作家・演出家/劇団「モダンスイマーズ」作・演出)
主な作品:「まほろば」(第53回岸田國士戯曲賞)「楽園」「夜光ホテル」「母と惑星について、および自転する女 たちの記録」(第20回鶴屋南北戯曲賞)、赤坂歌舞伎「夢幻恋双紙
(ゆめまぼろしかこいぞうし)赤目の転生」等。

■3日目:8月27日(日)
講師:石井則仁(振付家/舞踏家/DEVIATE.CO芸術監督)
過去に様々なDance Companyの国内外の公演に参加する傍ら、故 蜷川幸雄や宮本亜門の演劇作品にも出演。2010年世界45カ国のべ700都市以上で公演をしている舞踏カンパニー山海塾に在籍し、21カ国60都市以上で公演を行う。

講師:松田美由紀(女優・写真家・オフィス作代表) 近作に映画『2つ目の窓』(第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品)『ちはやふる 上の句/下の句』ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『楽園』舞台『コメディ・トゥナイト!』等。

【オーディションを経た所属実績】
2013年9月開催 第1回:藤原季節、吉村界人


【注意事項】
・研究生として採用は若干名の予定です。採用なしの場合もあります。

***********************************