「吉川愛」タグアーカイブ

十二人の死にたい“キャスト”たち 杉咲花、新田真剣佑、北村匠海・・・一斉解禁


映画情報どっとこむ ralph 2019年、1月25日。平成最後の年に、平成で一番ヤバい日本映画が満を持して公開する。

「天地明察」、「マルドゥック・スクランブル」のベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)原作で、第156回直木賞にも候補作となり話題となった冲方自身初となる現代サスペンスの傑作 「十二人の死にたい子どもたち」(文藝春秋刊)の実写映画化。先日9月に本作の公開と共に解禁されたのは、出演者全員の塗りつぶされた顔と、彼らが「死にたい」という言葉を放つ衝撃的な映像のみだった。解禁するや否や、ネットでは即座にキャスト予想が始まり、異様な盛り上がりを見せていた…。

更に先日7日には、「11.21発表」という情報がネットで流れ、SNSなどで大きな期待と反響をみせていた。

そして遂にこの度、十二人の死にたい“キャスト”の全容が明らかに――

モザイクの外れたポスターから顔を出したのは、杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜という、今年の日本映画界をことごとく席巻した、若手超オールスターキャスト。更に今回、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「SPEC」シリーズで数々の若手俳優を発掘し続けてきた堤幸彦監督からの白羽の矢が止まったのは、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗といった将来の活躍が期待される6人の俳優。ここまでで名前が挙がったのは11人。

そして一人、モザイクを外してもなお、マスクと深めに被ったニットで顔が見えない12人目のキャストの名は秋川莉胡――彼女は一体誰なのか。

キャストを解禁してもなお、深まっていく謎が、世間を更に賑やかせそうだ。
映画情報どっとこむ ralph またキャスト解禁に加えて、本予告も解禁となった。
解禁された映像では、今回発表された12人の若手超オールスターキャストが、廃病院に集合し、その力を十二分に発揮した感情剥き出しの演技バトルが終始繰り繰り広げられている。さらに、集団安楽死をするために集まった12人の未成年の前に、想定外の13人目の死体が現れる。この12人の中に人殺しの犯人がいるという現実に、状況が一変し、12人は全員が殺されるかもしれない立場に・・・



また、主題歌はThe Royal Concept「On Our Way」が選ばれた。本作の飯沼伸之プロデューサーは、「この映画は未成年の若者たちの一瞬の心の機微を捉えているものです。よってそんな若者たちの代弁者となるような曲を選びました。我々が映画で表現したかったもの、そのものを歌ってくれている。素晴らしい楽曲です。」と語る。

映画情報どっとこむ ralph ミッション:集団安楽死 / 場 所:廃病院 / 参加者:12人の未成年 / 謎:13人目の死体

死にたいけど、殺されるのはイヤ。
その日、12人の未成年たちが、安楽死を求め廃病院の密室に集まった。
「みんなで死ねば、怖くないから」 ところが、彼らはそこで13人目のまだ生あたたかい死体に遭遇。
突然の出来事にはばまれる彼らの安楽死。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々起こる奇妙な出来事。
彼らだけしか知らない計画のはず。まさかこの12人の中に殺人鬼が……?
死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、12人の死にたい理由が生々しくえぐられいく。
全員、ヤバい。 気が抜けない。 
いつ誰が殺人鬼と化すかもわからず、パニックは最高潮に。
彼らは、安心して“死ねるのか”怯えながら“殺されるのか”
監督 堤幸彦(「SPEC」「イニシエーション・ラブ」)が仕掛ける、出口無しのノンストップ未体験・密室サスペンスゲームの幕が上がる。

『十二人の死にたい子どもたち』
2019年1月25日(金) 全国公開

***********************************


杉咲花 新田真剣佑 北村匠海 高杉真宙 黒島結菜
秋川莉胡 吉川愛 萩原利久 渕野右登 坂東龍汰 古川琴音、竹内愛紗

監督 堤 幸彦

原作 冲方 丁『十二人の死にたい子どもたち』(文春文庫刊)
脚本 倉持 裕 音楽 小林うてな
主題歌 The Royal Concept「On Our Way」(ユニバーサル ミュージック)
企画・製作 日本テレビ放送網
制作プロダクション オフィスクレッシェンド
配給 ワーナー・ブラザース映画


佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星ら七夕祭りとして全員浴衣姿で公開記念舞台挨拶『虹色デイズ』


映画情報どっとこむ ralph “男子だって本気で恋をする。”

男子高校生4人が織りなす【友情】とピュアな【初恋】に胸がときめく青春感動ストーリー『虹色デイズ』が7月6日(金)より公開となり、虹色七夕祭りとして全員浴衣姿で下記日程にて公開記念舞台挨拶が行われました。

日程:7月7日(土)
場所:有楽町マリオン
登壇:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星、吉川愛、恒松祐里、堀田真由、飯塚健監督

映画情報どっとこむ ralph 虹色七夕祭りとして全員浴衣姿であらわれたキャストと監督は大きな歓声の中登壇。

まずはじめに、一言挨拶。

佐野さん:昨日公開したばかりですが、早速集まっていただき、ありがとうございます。今日はよろしくお願いします。

中川さん:僕たちも本当に青春しながら作り上げた作品です。本日からたくさんの人に広げていただけると嬉しいです。

高杉さん:会場に入ってきたときの熱気がすごいですね。嬉しいです。これから盛り上げていけたらと思います。

横浜さん:いつもは髪を下ろしているのですが、今日は前髪を分けた恵ちゃんヘアーにしました!今日は楽しんで帰ってください。

吉川さん:初めてキュンキュンしている映画に出演して、不安もありましたが、みなさんの感想をお待ちしてます!

恒松さん:今日は短い時間ですが、みなさんと楽しめたらと思います。

堀田さん:変わらぬ日常の中には曇りの日もありますが、みなさんの心に虹がかかれば良いなと思います。

飯塚監督:今日ははじめての上映後の舞台挨拶ということで、みなさんの反応がどうなのか正直怖いです。いかがでしたか?(会場拍手)今日は楽しんでいってください。
と、初日は怖いと言う、監督あるあるからイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 本作には縁日のシーンが登場しますが、撮影時のエピソードについて問われると、それぞれに「楽しかった!」と口を揃えました。11月の肌寒い中行われた縁日の撮影は苦労もあったようで、息が白くならないように、氷を食べたというエピソードも。

中川さん:みんなでやったスーパーボールすくいも楽しかったです!男子みんなで、まりっぺ神っぺじゃん!みたいなアドリブを入れて盛り上げたり。

とコメントし、劇中には様々なアドリブが取り入れられていることを明かしました。

中川さんと横浜さんが一番アドリブのセリフが多かったそうで、

佐野さん:カットがかからなくて、自然に役として仕掛けてくるんですよ(笑)

と語ると、

飯塚監督:粘りすぎると、カットかけないんかーい!って雰囲気になって(笑)
とコメントし、キャストの自然なやり取りが劇中には数多く反映されているそう。

そんな男子キャストのやり取りを間近で見ていた女子キャストの皆さん。


吉川さん:男子同士、すごく仲良さそうにしていましたね。

とコメントし、

恒松さん:お昼ごはんも4人みんなで食べていましたよね。お互いに写真を撮り合ったりして。

と男子キャストの仲良しエピソードを披露。

佐野さんの姿ばかり撮影していたという高杉さん。

高杉さん:一番おもしろいことしてくれるから(笑い)!

と高杉さんが弁明すると、

佐野さん:友情を超えた何かが?

とわちゃわちゃなやり取りを繰り広げました!

映画情報どっとこむ ralph 続いて、七夕ということでそれぞれが短冊に書いたお願い事を披露!願いを込めた理由も明かしました。

佐野さん:“この映画がたくさんの人に届きますように”
個人的な願いは島にバカンスに行きたいです。ハワイとか良いですね。

中川さん:“恋するみんなに虹がかかりますように”(会場歓声)
青春を送る皆さんは、楽しいことばかりでなく、過酷なこともあるかもしれませんが、そんな後に虹がかかれば、良かったと思えるはずです。

高杉さん:“また『虹色デイズ』のメンバーで撮影ができますように”
本当に楽しい時間を過ごせたので、また別の形でご一緒できればと思います」

横浜さん:“『虹色デイズ』が大ヒットしますように”
玲於くんと同じになってしまいましたが、みんなの気持ちは一緒なので!個人的な願いは、ウユニ塩湖に行きたいです。幻想的できれいな場所なので。

吉川さん:“セレーナ・ゴメスとDNCEに会いたい”
本当に大好きで。一緒に写真撮れたら・・・(妄想して)ふふふ。

恒松さん:“20歳になる友達の誕生日を祝いたい”「人の誕生日を祝うのが趣味なので、カレンダーにもメモしているんです」
ここで、7月4に誕生日を迎えた高杉をみんなでお祝い!

堀田さん:“誘惑に負けませんように”「甘いものが好きで、最近は我慢していたのですが、先日、砂糖が入ってないアイスをみつけて、食べてしまったんです(笑)夏は食の誘惑に負けないようにしたいです」

飯塚監督:“7月にディズニーランドに行くときに、超空いてて欲しい!”
娘の誕生月なので、家族で行こうと思っているのですが、夏のディズニーランドはきついので、空いていると良いなと思って・・・

監督の願いに、キャスト陣も猛ツッコミ!

映画情報どっとこむ ralph また、会場には7色の「虹色瓦」が用意され、公開を記念した「虹色瓦割り」に主演の4人が挑戦いたしました!

空手の世界チャンピオンの横浜さんは

横浜さん:瓦の前で三角をつくるといいよ

と3人にレクチャー!

そして!3、2、1の合図と共に4人が一斉に瓦割り!!!
見事に4人とも瓦割りに成功し、拍手が沸き起こりました。それぞれ、「気持ちよかった」、「まさか全部割れるとは!」と感想をコメントしました。


最後に・・・

飯塚監督:映画の最後にエンドロールが流れるのですが、その中の誰か一人でも欠けたら今日はなかったと思っています。是非これからも応援してください。

と、イベントを終えました。

虹色デイズ

7月6日(金)全国ロードショー!


物語・・・
ピュアで元気な愛されキャラの【なっちゃん(羽柴夏樹)】、チャラくて女好きなモテ男の【まっつん(松永智也)】、秀才で超マイペースなオタクの【つよぽん(直江剛)】、いつもニコニコ実はドSな【恵ちゃん(片倉恵一)】。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!


***********************************

出演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星
吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希(E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一

原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:飯塚健
脚本:根津理香/飯塚健
音楽:海田庄吾
企画・配給:松竹
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社


佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星 観客へ生告白・・『虹色デイズ』完成披露舞台挨拶その2


映画情報どっとこむ ralph ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の【友情】と【恋】に胸がときめく感動青春ストーリー
映画『虹色デイズ』は、今年7月6日に全国公開となります。

そして、その完成披露イベントが行われ、空色カーペット“虹入れセレモニー”を終えた後、舞台を劇場に移して舞台挨拶!撮影時の思い出や観て欲しいポイントなどをトーク!

さらに佐野玲於さん、中川大志さん、高杉真宙さん、横浜流星さんが客席に生告白を実演!そして、中川さんの無茶振りで山田さんも!

映画『虹色デイズ』ブルーカーペット“虹入れ”セレモニー付完成披露試写会
日付:5月30日(水)
場所:有楽町マリオン9F/丸の内ピカデリー
登壇:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星、吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希(E-girls/Flower) 、山田裕貴、飯塚健監督

映画情報どっとこむ ralph キャストと監督が後方扉から登場すると、割れんばかりの歓声!そしてゆっくり目でファンサービスしての登壇で、会場の熱気はのっけからMAX。

佐野さん:本日はお忙しい中ありがとうございます。本日初めて映画がお披露目ということで、これからこの映画が届いていくと考えると色々と思うことがあります。たくさんの方に観ていただきたいと思います。

中川さん:ついに映画を観ていただけるので、ドキドキしています。青春がつまった映画になっていますので、楽しんでください。

高杉さん:初めて皆さんに映画をご覧いただけるということで、緊張しています。短い間ですがよろしくお願いします。

横浜さん:いち早く映画を観ていただけるということで、とてもワクワクしています。友情と恋がつまった素敵な作品を楽しんでください。

吉川さん:友情と恋愛にキュンキュンするシーンがたくさんあります。ゆっくり、じっくり楽しんで観てください。

恒松さん:今日はとてもドキドキしていますが、是非楽しんでください。

堀田さん:笑ったり、胸が苦しくなったり、共感できることがたくさんある映画だと思います。楽しんで帰ってください。

坂東さん:今日は初めての舞台挨拶で緊張しています。みなさん楽しんでください。

山田さん:キャストの皆さんと監督の采配で、素晴らしい映画になっています。たくさんキュンキュンしてください。

飯塚監督:今日は人気者がいっぱいなので、なるべく早口にしようと・・・(笑)これだけ言わせてもらうと、楽しんでいってください!

映画情報どっとこむ ralph 本作の撮影は昨年の10月から11月にかけて。空き時間にキャスト同士がお互いにスマホで撮影するなど、仲良く楽しい現場だったそう。
佐野さん:監督には前からお世話になっていたのですが、初めて共演する方もいて。撮影前からリハーサルや食事会があって、そこですぐに皆さんと打ち解けました。

と振り返り、

中川さん:今回、佐野くんだけ初めてご一緒したのですが、パフォーマーの方という印象があって緊張したのですが、実際はフランクな方でホッとしました!

と初共演の感想を語ると、

高杉さん:僕も人見知りだったので安心しました。

と同感した様子。

苦労したのは・・・
中川さん:プールでの撮影は過酷でした。10月末だったので肌寒く、朝から夕方まで6時間くらいプールに入っていましたね。プールに浮いて台詞を言うシーンがあるのですが、みんな上手く浮けなくて、制服の中にビート板を入れたり(笑)

と、意外なエピソードが明かされました。余りにも唇の色が悪かった横浜さんの唇は、本編ではCGで着色しているそうです。

高杉さん:勉強会のシーンは自分が経験したことのないことだったので、うらやましいなと思いました。

と語ると、

佐野さん:勉強会のシーンは、つよぽん一番のキュンシーンがあるもんね。

と、ときめきポイントを明かします!

それを聞いて・・・・キャラクターの恋愛模様を前に複雑な思いを抱える横浜さんは、

横浜さん:僕だけ1人恋をしていないんですよ。少し寂しくなりましたが、みんなの普段とは違った一面を見られるのも良いですよね。
と語りました。

映画情報どっとこむ ralph また、吉川さんは電車に乗っているシーンが印象深かったようで、
吉川さん:一日中電車に乗っていて、お昼ご飯も電車の中で食べたんです。完成した映画を観ながら、このシーン大変だったなって思いだしました。

と語り

恒松さん:怒る時は目を大きくした方が良いとか、監督には、まりの表情についてアドバイスしていただきました。まっつんと2人のシーンでは派手に転んでしまって・・・。
と明かし、中川さんに謝罪。
キャストと監督も一番焦った!と撮影の思い出話に大盛り上がり。

堀田さん:一人学校が別で寂しかったですが、縁日のシーンではみんなでかき氷を食べたり、楽しかったです!

とコメント。実はこれ寒い時の撮影だったので息が白くないように、味なしかき氷だったとも明かされました。


自身のクランクアップが学芸会だった坂東さんは

坂東さん:学芸会のシーンでは楽しい恰好をしています(笑)これが私のラストシーンだったのですが、くすっと笑えるシーンでこの映画の魅力になっているんじゃないかと思います。
とコメント!旦那シーンなのかは是非劇場で!

山田さんは撮影期間が短くて寂しかったといいながらも、すぐに打ち解けるように積極的にアプローチ。

山田さん:妹の恒松さんとは、顔を交換できるアプリで仲良く撮影しました!

と、兄妹役の2人の和気あいあいとしたエピソードも飛び出しました。

飯塚監督:撮影中に、真宙の部屋に玲於、大志、流星の5人で集まることがあったのですが、その中で、みんながキラキラしている理由がわかりました。ただ話をしたりゲームをしただけなのですが、この映画、いけるなって思って。日常の延長線の物語だということが大切だと思っています!

とキラキラ度MAXを主張!

映画情報どっとこむ ralph ここで、本作のテーマの一つである“男子だって本気で恋する”にちなみ、男子キャストが「本気の告白」を披露することに!「片想いしている人と映画『虹色デイズ』を一緒に観に行った帰り道、想いを伝える」ということで客席全員に告白コーナー!

と言うことで、じゃんけんで順番決め!!

はじめに披露したのは

横浜さん:あのさ、、、この後、俺ん家来る??
との告白にキラキラを望んでいた!?観客の反応はいまいち。すると
山田さん:めっちゃ、きゅんきゅんする~~~~~~!!

と盛り上げ会場を沸かせます!

高杉さん:俺が幸せにするので、付き合ってください!!
と男らしい告白!会場は感嘆の声が。

佐野さん:ずっと見ているよ・・・。ずっと見ているよ・・・。ずっと見ているよ・・・。
と告白。会場は賛<否両論。

そしてキラキラ界の王子登場!!
中川さんは、映画を観た帰り道というシチュエーション付きで

中川さん:映画おもしろかったね、、あれ?見て!虹が見える!(キスをする仕草をして)チュッ。いくよ!(手をつないで去る)
と実演!この生演技には会場から黄色い悲鳴が!

ここで終わりかと思えば、中川さんの無茶振りで山田さんも告白することに、

山田さん:映画おもしろかったね、、あれ?見て!虹が見える!あの4人には劣るけど、5人目でも良いから好きになってください!お願いします!!!!
と土下座スタイルの告白!?

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

飯塚監督:映画ををつくるのは楽しい中にも苦労することがあるのですが、この映画は300人近くのスタッフが関わっていて、その誰か一人でも欠けたら出来上がりませんでした。映画はみなさんに観ていただいて初めて完成します。最後楽しんでください。

と、締めました。

映画『虹色デイズ

7月6日(金)全国ロードショー!

公式サイト:
nijiiro-days.jp

公式Twitter
@nijiiro_movie

物語。。。
ピュアで元気な愛されキャラの【なっちゃん(羽柴夏樹)】、チャラくて女好きなモテ男の【まっつん(松永智也)】、秀才で超マイペースなオタクの【つよぽん(直江剛)】、いつもニコニコ実はドSな【恵ちゃん(片倉恵一)】。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

***********************************

出演:
佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星
※4人ともに主演

吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希( E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一

監督:飯塚健 『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』

原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:根津理香 『君に届け』/飯塚健
音楽:海田庄吾
制作:松竹撮影所
企画・配給:松竹
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
   


佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星“虹入れ”&生告白『虹色デイズ』完成披露舞台挨拶その1


映画情報どっとこむ ralph 今年7月6日に全国公開となります映画『虹色デイズ』は、〝たった一度だけ”の青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の【友情】と【恋】に胸がときめく感動青春ストーリーです。

その完成披露イベントが有楽町マリオン/丸の内ピカデリーで行われ、空色カーペットでの主演4人に大きなパネルに虹の色を塗る“虹入れセレモニー”が行われ“虹”を完成させました。その後、劇場に移動し舞台挨拶を行いました。

映画『虹色デイズ』ブルーカーペット“虹入れ”セレモニー付完成披露試写会 概要
日付:5月30日(水)
場所:有楽町マリオン/丸の内ピカデリー
登壇:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星、吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希(E-girls/Flower) 、山田裕貴、飯塚健監督

映画情報どっとこむ ralph 今か今かと待つファンの前にキャストと監督が登場!!

一言挨拶の後、直ぐに“虹入れセレモニー”

黄色!ゆっくりしっかり塗っていく高杉さん。

オレンジ!大胆に塗っていく横浜さん!

見守る恒松さん、坂東さん、山田さん。
吉川さん、堀田さん、飯塚監督。

緑色の佐野さんはペンキ職人のよう「ご用命は中目黒の事務所の方に!」

赤を塗る中川さんは最初に佐野さんと打ち合わせして下から、まじめにきっちり!

と、ペンキ塗りは其々の反映することが判明!


映画情報どっとこむ ralph そして、フォトセッションで虹ポーズ!

その後、完成披露舞台挨拶&試写会へ向かうのでした。
http://eigajoho.com/111817


映画『虹色デイズ

公式サイト:
nijiiro-days.jp

公式Twitter
https://twitter.com/nijiiro_movie

物語・・・
ピュアで元気な愛されキャラの【なっちゃん(羽柴夏樹)】、チャラくて女好きなモテ男の【まっつん(松永智也)】、秀才で超マイペースなオタクの【つよぽん(直江剛)】、いつもニコニコ実はドSな【恵ちゃん(片倉恵一)】。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

***********************************

出演:
佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星 
※4人ともに主演

吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希( E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一


監督:飯塚健 『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』

原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:根津理香 『君に届け』/飯塚健
音楽:海田庄吾
制作:松竹撮影所
企画・配給:松竹
撮影:2017年10月中旬~11月/都内近郊
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社 




映画『虹色デイズ』 EDテーマは降谷建志が書下ろし!予告映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 佐野玲於・中川大志・高杉真宙・横浜流星 4人主演!

映画『虹色デイズ』が、7月6日(金)より全国公開することが決定しました!!

本作は、たった一度だけの青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の【友情】と【恋】に胸がときめく感動青春ストーリーです。

映画情報どっとこむ ralph そして、映画のエンディング・テーマは、降谷建志(Dragon Ash)がソロとして書下ろした新曲「ワンダーラスト」に決定しました!

映画からインスパイアを受けて制作された「ワンダーラスト」。日々の出来事から明日へ向かう旅立ち、青春から次の世界への旅立ちなど、さまざまな物事を抱え乗り越えながら先へ進んでいく、この世代特有の心情を楽曲に映しこんでいます。

降谷建志さんからのコメントが到着しました!

作品の始まりから終わりまで、その全てを観て感じて曲を創らせてもらいました。
この映画と出会わなければ決して生まれる事のない、選ぶ事のない旋律や言葉を見出してくれてありがとうございます。
晴々としたエンディングから、観る人の劇場を出るまでの歩調がほんの少し軽やかになれば幸いです。    

映画情報どっとこむ ralph さらに、劇中の様々なシーンに散りばめられる挿入歌には、豪華アーティストたちの楽曲を使用。オープニングには映画タイトルにも繋がる、フジファブリックの「虹」。そして同じくフジファブリックの「バウムクーヘン」や、阿部真央の「17歳の唄」、さらに劇伴を手がける海田庄吾が作曲・飯塚健監督自ら作詞し、Leolaが歌う新曲「群青」、 SUPER BEAVERの「your song」など、男子高校生の青春を虹色に彩ります。

エンディング・テーマ「ワンダーラスト」の楽曲も今回解禁となり、フジファブリック「虹」と共に流れる予告編映像も完成!

男子たちの友情だけでなく恋の要素も加わったことで、10代には憧れや共感を、20代以上には心地よかった仲間との青春時代を思い出す、甘酸っぱくも楽しい映像となりました。
 


原作は″男子の本音がわかっちゃう“No.1青春コミック「虹色デイズ」(水野美波/集英社マーガレットコミックス刊)。少女コミックながら<主人公が男子高校生>という斬新な設定が人気を呼び、累計発行部数は300万部を突破。その実写映画化を手掛けるのは、『大人ドロップ』の新鋭・飯塚健監督。若者たちのリアルな感覚と青春の輝きを〝今しか撮れない”映像で紡ぎます。笑って、悩んで、恋をしてーーいつだってみんながいた。あふれるほどの【友情】と【恋】を駆け抜ける、たった一度の青春。いつもの毎日に、七色のキセキが輝く。この夏、男子だって本気で恋をする、新しい青春映画のバイブルが誕生します。

いつもの毎日に、七色のキセキが輝く
笑っって、悩んで、恋をして――いつだってみんながいた。
[友情]と[恋]を駆け抜ける、男子高校生4人の感動青春ストーリー!

物語・・・
ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(佐野玲於)、チャラくて女好きなモテ男のまっつん(中川大志)、秀才で超マイペースなオタクのつよぽん(高杉真宙)、いつもニコニコだけど実はドSな恵ちゃん(横浜流星)。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

***********************************

出演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星
     吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希(E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一
原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊) 
監督:飯塚健
脚本:根津理香/飯塚健
音楽:海田庄吾
エンディング・テーマ:「ワンダーラスト」降谷建志(ビクターエンタテインメント/MOB SQUAD)
挿入曲:フジファブリック/阿部真央/Leola/SUPER BEAVER
企画・配給:松竹
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社