「吉岡里帆」タグアーカイブ

吉岡里帆 猫と岩合光昭への愛が溢れる舞台挨拶『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き』


映画情報どっとこむ ralph ≪ナショナル ジオグラフィック誌≫の表紙も飾った、日本が誇る世界的動物写真家=岩合光昭氏撮影の≪ネコによる究極の癒しと微笑み≫で世を魅了し続けるBSプレミアムの人気番組が遂にスクリーンへ!

『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』10月21日(土)より、いよいよ全国ユナイテッド・シネマ他にてロードショーとなります。
そして、この度、動物写真家・岩合光昭氏と、この話題作の本編ナレーションを担当する吉岡里帆さんのお二人が揃って登壇する、プロモーションとしては、最初にして最後となります。

日時: 10月21日(土)
場所: ユナイテッド・シネマ豊洲 ≪スクリーン10≫
登壇: 岩合光昭、吉岡里帆

映画情報どっとこむ ralph 登壇時の階段で靴が脱げるハプニング!

吉岡さん:一人シンデレラごっこしちゃいました!

と、可愛らしいコメントでスタートしたイベント。
特大のスクリーンで上映となった本日
岩合さん:本当に大きなスクリーンですね。本当にみんないい顔ね。(ファンもニンマリ)

吉岡さん:台風が来ている中、よく来てくれたね~(笑)ありがとうございます。

とご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、NHK BSプレミアムの人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」の中で、ファンのあいだで人気の≪津軽の四季≫より“コトラとその家族”を中心に、岩合氏お気に入りの世界6ヶ国のネコたちの生きる姿を再編集。更に追撮を加えたもの。

岩合さん:BD版の撮影時に、劇場公開を意識して光や画面構成を締めて撮影していたので、感無量です。

と話すと、今回ナレーションを担当した吉岡さんは

吉岡さん:ずっとファンだった作品。あの素敵な世界が広がっていくことが嬉しいです。オファー頂いたときには、耳ぴょーと出るくらいうれしかったです!

と、耳がついてるCMの映像が目に浮かんだのは記者だけではないはず!となりの記者は猫耳付けてくれたらうれしかったのに~とも。

今回のナレーションは少し変わった作り方だったそうで、

吉岡さん:まず無音で映像を観て、自分で感じたものをディレクター・スタッフの方たちと書き留めて、足していく。生の言葉なんです。一緒に過ごしてるような感じになりました。

岩合さん:あの声で言われたら、ぼくが猫ならごろニャンてなってました。

と、会場の男子全員が思ってたことを代弁してくれました。

映画情報どっとこむ ralph コトラ家族との出会いは

岩合さん:雪深い津軽。春リンゴの花が咲く季節。コトラがちょうど5匹生んだ日に、撮影を開始しました。最初、コトラに怒られましたが、何とか、赤ちゃんみさせてくれるように頼んで、「みゃー」と鳴いてくれたのでOKもらったと。撮影を始めました。

吉岡さん:岩合さんの猫ちゃんたちを優先している、猫ちゃんたちが撮ってももいいよ!というスタイルが自然なんですね。今日のお客さんと、岩合さんが撮る猫について座談会したいぐらいです。

と、添えます。

感動した点を聞かれ、

吉岡さん:リッキーとハナちゃん兄弟愛にもグッときました。甘えん坊だったリッキーが最後 男らしくなってかっこいいんですよ!いい顔だなと。役者として嫉妬です(笑)。

岩合さん:最後はリッキーの顔じゃなくて、母親のコトラの顔が入っていて血はつながってるんだなとファインダー見ていて涙がでました。

猫を撮り続ける原動力は・・・

岩合さん:猫は身近ですが・・・発見があるんですね。ドキドキする野生を引き出すのが僕の仕事です。それは僕たちにも残っているはず。、その心が必要ではないかと思っています、

猫と暮らしていて学んだこと

吉岡さん:うちの猫さまは自由奔放で。今は5匹ですが、たまにけんかして帰ってきて、でも表情はへこたれてなくて。どうどうとした姿が、強くタフな精神で生きている。私もそんな風にありたいなと思います。

猫に似てるとところは?

吉岡さん:すぐ寝ちゃうとこですね。

ずっと猫と寄り添って仕事してますが魅力は

岩合さん:すべてです!動き、姿、生きる大切さを素晴らしさを伝えたいです。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
吉岡さん:猫を飼われていたり、帰りに猫とあったら愛を注いであげて下さい。私も精進します!

世界中で暮らしている猫たち。彼らが幸せに暮らせれば人が幸せになって、ちきゅが幸せになると思います。またどこかでお会いしましょう!

猫愛溢れるイベントになりました!


劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち

≪INTRODUCTION & STORY≫

世界的動物写真家、岩合光昭がネコの目線で撮影する世界中のネコを、岩合氏自らがネコに語りかける様子と共に紹介するNHK BSプレミアムの人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」。劇場版の本作は番組ファンのあいだで人気の≪津軽の四季≫より“コトラとその家族”を中心に、岩合氏お気に入りの世界6ヶ国のネコたちの生きる姿を再編集。TVでは放送されなかった、選りすぐりの未公開シーンとともに、この夏に追撮を行った“コトラの子どもたち”の今の姿をご紹介します。青森県・津軽の大地で、太陽を浴び真っ赤に育ったリンゴのように愛くるしく、そして力強く生きるネコたちの姿をお楽しみください。

作品公式ホームページ:
nekoaruki-movie.com
公式twitter
@nekoaruki_movie

10月21日(土)より、全国ユナイテッド・シネマ他ロードショー!
***********************************

出演:岩合光昭
語り:吉岡里帆
音楽:高野正樹
制作:NHKエンタープライズ
制作プロダクション:ジーズ・コーポレーション
製作・配給・宣伝:ユナイテッド・シネマ
映像提供:NHK/ジーズ・コーポレーション


阿部サダヲ×吉岡里帆『音量を上げろタコ!!』製作発表! 吉岡里帆ギター&歌 絶賛特訓中!


映画情報どっとこむ ralph オリジナル映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の製作が発表となりました!

驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部サダヲ)。
その存在自体がロックであり、カリスマ的な人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。彼の歌声は、「声帯ドーピング」というタブーな方法によって作られたものだったのだ。

限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)だった― 2つの歌声が出会ったとき、奇跡は起きるのか!?


主演のシンを演じるのは阿部サダヲ。
紅白歌合戦出場も果たした人気バンド「グループ魂」のボーカル≪破壊≫も務める彼が、驚愕の歌唱力で一躍スターダムにのし上がったカリスマロックスターを演じます!

ロックスター・シンのキャラクターを創り上げるにあたり、製作サイドが参考にしたのは、そのパフォーマンスが世界中を驚かせてきたマリリン・マンソン。

奇抜で衝撃的な、今までに見た事のないメイク姿の阿部サダヲの姿にも要注目です。


阿部サダヲさんのコメント:
いつかは御一緒してみたいとずっと思っていた三木監督とお仕事出来るとは…嬉しいです。しかもロックコメディ‼ワクワクします‼台本を読んで、これはどうやって撮るんだろうっていうところばっかり…ワクワクします‼
吉岡里帆さんはお会いした事ないですけど、どんなふうかを見せてくれるのか、とても楽しみです。よろしくお願いします。

映画情報どっとこむ ralph ヒロイン:ふうかには、上半期ブレイク女優No.1(オリコン2017年)!「ゆとりですがなにか」(NTV)、「カルテット」(TBS)、「ごめん、愛してる」(TBS)など続々とドラマに出演し、今最も注目を浴びている女優、吉岡里帆。

ストリートミュージシャンとして活動するも、声が異様に小さく歌声が聞こえないという弱点を持つ難(?)役を、こちらも今までに見た事のない振り切った演技で演じ切ります。
さらに、映画・ドラマでは一度も披露した事のない歌声を、このたび劇中で初お披露目!現在、絶賛特訓中であるギター演奏とともに奏でられる彼女の歌声と、豪華アーティスト達の提供による映画オリジナル曲にもご注目ください。

吉岡里帆さんのコメント:
「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」

頂いた企画書の頭に書かれていたタイトル。
これが私には映画の題でありながら、突然贈られてきた激励のメッセージの様に見えました。
台本を読み進めていくと、絶妙な掛け合いに笑いが込み上げ、予測出来ない展開にワクワクし、ラストシーンではじんわりと胸が熱くなりました!
昔から大好きだった三木聡監督の作品に出られること、監督のピュアで真っ直ぐな台詞を発せられること、ただただ嬉しく台本を抱きしめたくなりました。
そして同時に背筋が伸びました。
私の演じる明日葉ふうかという役は声があまりに小さなストリートミュージシャンです。
でも私は歌もギターにも触れたことが無い人間です。
ふうかになるべく0から作っていってます。殻を破るための殻作りを今しています。
生の成長記録として、皆様の胸が熱くなれる様に全力を尽くしますのでどうぞよろしくお願いします。

映画情報どっとこむ ralph 原案・脚本・監督を手掛けるのは、三木聡。『俺俺』『インスタント沼』『転々』など、誰にも真似できない独自のコメディセンスを持つ監督が、何かと息がつまる現代社会に“歌”と“笑い”の力で風穴を開ける、ハイテンションロックコメディを作り上げます!

物語・・・
破滅するロックスターと唄声の小さいストリートミュージシャンの出会いから始まります。
破滅するロックスターを演じるのは阿部サダヲ氏。今、まだ撮影の準備段階だけど、この役を演じられるのは阿部サダヲ氏の他には居ないと確信してる。演技面そしてロック的なアナーキー感、どこを取っても凄すぎる。阿部さんの歌を実際に聞いただけで、ぶっ飛びました。
ここに立ち向かうのが吉岡里帆さん。まぁ大変でしょう。でも大丈夫、とても華奢な感じだけどこのカオスに平然と飛び込める強さと驚くべき集中力。話をしていても、パッと憑依するみたいに映画に集中する感じは今まで会った事ないタイプ。変ちゃ変な人ですよね吉岡さんは。
サブキャラクターもベストメンバー。もう、ちょっと怖いくらいですこの俳優陣。

URL:
http://onryoagero-tako.com
本作は、2017年11月から本編撮影を開始し、2018年に公開予定です。


物語・・・

驚異の歌声を持つロックスターの男
×
歌声が小さすぎるストリートミュージシャンの女

2つの歌声が出会ったとき、起きる奇跡は一体!?

4オクターブの音域と、すべての人の心を打つ声量を持ち、金も女も名声も手にするロックスター・シン。
しかし彼には誰にも言えない秘密があった。
彼の歌声は、「声帯ドーピング」という掟破りの方法によって作られたものだったのだ。
「歌を届けるためなら、もう声が出なくなってもいい、死んでもいい―」
長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、彼の喉には限界が近づいていた。
次第に声が出なくなる恐怖に怯えるシン。
そんな中で彼が出会ったのは、 歌声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうかだった―
彼女の姿にかつての自分を重ね、ふうかを叱咤するシン。
そんな中、シンは次第に声が出なくなっていく・・・はたしてふうかはシンを救えるのか!?

***********************************

出演:阿部サダヲ 吉岡里帆
監督・脚本:三木聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会  
制作プロダクション:アスミック・エース/パイプライン
配給:アスミック・エース
ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会


「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き」津軽追撮メイキング写真到着


映画情報どっとこむ ralph 吉岡里帆さんの語り(本編ナレーション)決定に加え、岩合光昭さんがあの≪コトラ家族≫と再会を果たした津軽での追撮も無事終了し、10月21日(土)全国公開に向けさらに期待高まる、『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』。

そして、この度、作品の目玉でもある今夏【2017年7月】の津軽追撮のメイキング写真と、追撮を終えた岩合光昭さんの最新コメントが到着!待望の解禁となりました。
岩合光昭さん 津軽追撮を終えてのコメント
『成長したリッキーやハナと過ごせるなんて、本当に嬉しい時間でした。そしてそれ以上に、彼らの懸命な生き方にあらためて感動しました。逞しいボスネコとなったリッキー、ハナの子育ては母親のコトラを彷彿させます。子ネコたちもかわいい盛り、ぜひ大きなスクリーンでお楽しみください。』
映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』


公式ホームページ 
http://nekoaruki-movie.com/

公式twitter 
@nekoaruki_movie

INTRODUCTION
世界的動物写真家、岩合光昭がネコの目線で撮影する世界中のネコを、岩合氏自らがネコに語りかける様子と共に紹介するNHK BSプレミアムの人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」。本作は番組ファンのあいだで人気の≪津軽の四季≫より“コトラとその家族”を中心に、岩合氏お気に入りの世界6カ国のネコたちの生きる姿を再編集。TVでは放送されなかった、選りすぐりの未公開シーンと共に、この夏に撮影予定の“コトラの子どもたち”の今の姿をご紹介します。青森県・津軽の大地で、太陽を浴び真っ赤に育ったリンゴのように愛くるしく、そして力強く生きるネコたちの姿をお楽しみください。

***********************************

出演:岩合光昭
語り:吉岡里帆
音楽:高野正樹
プロデューサー:小島智
ディレクター:藤原光暁 
タイトル・デザイン:半田淳也 
製作・配給・宣伝:ユナイテッド・シネマ
制作:NHKエンタープライズ 
制作プロダクション:ジーズ・コーポレーション
映像提供:NHK/ジーズ・コーポレーション 
©Mitsuaki Iwago © Iwago Photographic Office
配給:ユナイテッド・シネマ株式会社
     


「劇場版  岩合光昭の世界ネコ歩き」本ビジュアル完成!


映画情報どっとこむ ralph 10月21日(土)の全国公開『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』。登場する猫たちには、一匹また一匹と、その個性の1つ1つに、ついつい心を掴まれてしまいます。

そして、この度本ビジュアルが完成。

津軽の《コトラ家族》の場面写真とともにお楽しみください。





『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』

≪INTRODUCTION & STORY≫

世界的動物写真家、岩合光昭がネコの目線で撮影する世界中のネコを、岩合 氏自らがネコに語りかける様子と共に紹介するNHK BSプレミアムの人気番組 「岩合光昭の世界ネコ歩き」。
劇場版の本作は番組ファンのあいだで人気の≪津軽の四季≫より“コトラとその家 族”を中心に、岩合氏お気に入りの世界6ヶ国のネコたちの生きる姿を再編集。
TVでは放送されなかった、選りすぐりの未公開シーンとともに、この夏に撮影 予定の“コトラの子どもたち”の今の姿をご紹介します。青森県・津軽の大地で、太陽を浴び真っ赤に育ったリン ゴのように愛くるしく、そして力強く生きるネコたちの姿をお楽しみください。


公式ホームページ:
nekoaruki-movie.com

公式twitter:
@nekoaruki_movie

***********************************

出演:岩合光昭
語り:吉岡里帆
音楽:高野正樹
制作:NHKエンタープライズ
制作プロダクション:ジーズ・コーポレーション

製作・配給・宣伝:ユナイテッド・シネマ
映像提供:NHK/ジーズ・ コーポレーション


吉岡里帆、3人にやっと会えた!『STAR SAND ─星砂物語─』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ちょうど50年前、ベトナム戦争に徴兵される前に、人を殺すことを拒否して、アメリカを去ったパルバース監督が、「”国に戦争に行けと言われても行かない。人を殺せと言われても殺さない”という勇気を知ってもらいたい」と、通常“卑怯者”とみなされる脱走兵をヒーローとして描いた日豪合作映画『STAR SAND ─星砂物語─』の初日舞台挨拶が行われ、織田梨沙、満島真之介、三浦貴大、吉岡里帆若手主要キャストと監督が登壇しました。

8月4日(金)
会場:ユーロライブ 
登壇:織田梨沙 満島真之介 三浦貴大 吉岡里帆 ロジャー・パルバース監督

映画情報どっとこむ ralph 初日を迎えての感想を聞かれ、6月の慰霊の日に合わせて行われた沖縄での先行上映でも舞台挨拶を行った満島さんは、
満島さん:沖縄で、この映画を通して色々な方々とお話ができた。平成に生まれた僕らにとっては、戦争は歴史的な、遠いものになってしているけれど、ロジャー監督は50歳位歳が違うけれど、人種や肌の色や年代を超越した作品に挑戦できたことを光栄に感じていて、本作が毎年8月に全国で上映される映画になればいいなと思っていますので、皆さんぜひ力をお貸しください。

と挨拶。

それを聞き、
三浦さん:さっき真之介が、『平成に生まれた僕たち』と言っていましたが、僕だけ昭和です。

と言うと、

満島さん:監督は昭和?

と聞き、監督はすかさず「明治です。(本当は昭和)」と、アメリカ生まれの白人なのにジョークで答え、会場を笑わせた。

映画情報どっとこむ ralph MCが「パルバース監督は、国内外で、メル・ギブソンさんや柄本明さんなどが出演された舞台を約40本書いたり演出をされてきて、本作で、72歳で映画監督デビューをされた」と紹介すると、上映を見終わったばかりの観客からは大きな拍手が巻き起こり・・・

監督:ちょうど50年前、ベトナム戦争に徴兵される前に、人を殺すことを拒否して、アメリカを去り、「”国に戦争に行けと言われても行かない。人を殺せと言われても殺さない”という勇気を知ってもらいたいと、本作を執筆しました。

吉岡さん:監督がずっと温められていた平和に対する思い。こんな思いがあったんだよというメッセージを届けてくれる作品なので、この夏日本で公開されることに意味を感じます。『忘れちゃいけない』ということですよね。この映画が他の戦争映画と明確に違う点は、残虐なシーンや人が亡くなっていく罪の様を描くことで戦争に対しての怒りを表現するのではなくて、普通の人たちが普通に恋をして、普通に生きて、普通に食べて、普通に幸せになることを願ったところをちゃんと描いているところに面白みを感じました。

と熱い想いを話した。

負けずに
満島さん:沖縄戦の映画のオファーは何度かもらっていたんですが、正直言うと、勇気が出なくて一歩踏み出せなかったんです。僕自身が外国人の孫でクォーターなんですけれど、沖縄戦がなかったら、僕は生まれなかったんですよ。僕らより長く日本と関わっていて、日本でこの映画を撮るというロジャー監督と会い、勇気に乗っかりたい、この人となら、一歩踏み出せるかもしれないと思いました。映画は、戦争はどうだというより、人と人が、人種が違えど、肌の色が違えど、宗教観が違えど、触れ合った瞬間に生まれる奇跡的な愛情が描かれている。僕は、僕らの時代が、電子機器に振り回されている中で、肌質を感じることを体感していくのが大事だと思っていて、だから僕は表現という仕事をしているんですけれど、だからこそ世界に、このメッセージを届けたいです。

と熱い思いを語りました。

三浦さん:この作品の前に、全然関係ないところで、真之介と1回ご飯に行ったことがあって、『兄弟役とかできたらいいね』と話をしていて、この映画の話が来た時に『よし』と思っていたら、次の日に初めて行ったバーでまたばったりと会って。

と、満島との縁を告白。  
織田さん:冒頭の星砂を取るシーンで、海に潜ったんですけれど、ライフセイバーの資格を持っている三浦さんが、出番ではないのに、わざわざ泳ぐシーンの撮影に立ち会ってくださいました。

という撮影時のエピソードを明かしました。

すると

吉岡さん:「私がクランクアップした日、三浦さんが、『お疲れ様でした』と星砂を持ってきてくださったんですけれど、実は織田さんと満島さんも待っていてくださっていたということを先ほど知りました。二人とも待っていてくださったんですけれど、仕事の時間が迫って、帰っちゃったんだそうです。

というエピソードを披露。

監督:三浦さんは日本のロバート・ミッチャムです。何も言わなくても貫禄と存在感がある。真ちゃんは、日本のカーク・ダグラス。本当に似ているし、悲劇も喜劇も何でも出来る。織田さんは日本のエリザベス・テイラー。エリザベス・テイラーは、十代からすごい役をやって、美しくて素敵な女優だった。そして、最後に吉岡さん。英語にこういう諺があるんです。”Good things come in small packages.(小さい小包こそ、中にいいものが入っている)”日本のオードリー・ヘプバーンですよ。頭が良くて、何でも出来る。

と4人を絶賛。

映画情報どっとこむ ralph 実は吉岡さんは、一人現代シーンに出演したため、この4人のキャストが揃ったのは初めてということが判明。

吉岡さんが、1945年の戦時中のシーンに出演した3人に

吉岡さん:会えてすごく嬉しかったです。『やっと会えた〜』って感じで。
と言うと、

満島さん:来てくれなかったら、『ごめん、愛してない』と言うところだった。

と吉岡さんが出演中の連ドラ『ごめん、愛してる』に絡めて笑いをとり、

監督:すごくいいパンフレットを作ったので、ぜひお求めください。今日だけ、800円のところ、800円にしますから!
と親父ジョークで締めた、楽しい舞台挨拶となりました。

映画情報どっとこむ ralph 色々な世代の色々な思いが詰まった映画

STAR SAND ─星砂物語─

東京・ユーロライブにて公開中 ほか順次公開!

あらすじ・・・
1945年の沖縄。戦火から遠く離れた小島に渡り暮らし始めた16歳の少女・洋海(ひろみ)は、洞窟で日本軍とアメリカ軍からの脱走兵、隆康とボブに出会う。隆康とボブ、そして彼らの世話を焼く洋海の間には、不思議な関係が築かれてゆく。

ある日、戦いで脚を負傷し、除隊を余儀なくされた隆康の兄・一(はじめ)が、養生のために洞窟にやって来るが、それは悲劇の幕開けだった

2016年、東京。大学生の志保は、卒業論文のために教授から一冊の日記を手渡される。それは、戦時中に沖縄の小島で暮らしていた少女のものだった。志保は日記を読み、そこに封印されていた過去の出来事にわれ知らず迫ってゆく……。

公式サイト:www.star-sand.com

***********************************

出演:織田梨沙 満島真之介 ブランドン・マクレランド 三浦貴大/ 吉岡里帆
    寺島しのぶ/ 渡辺真起子 石橋蓮司 緑魔子
監督・脚本: ロジャー・パルバース   原作:ロジャー・パルバース『星砂物語』講談社刊
主題曲:坂本龍一