「台北映画祭」タグアーカイブ

中野量太監督登壇!『長いお別れ』台北映画祭でも感動、感涙、絶賛の声続出!


映画情報どっとこむ ralph 日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞受賞作家である中島京子の同名小説を映画化する最新作『長いお別れ』が絶賛公開中です。
父の70歳の誕生日。久しぶりに帰省した娘たちに母から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だったー。ゆっくり記憶を失っていく父との、お別れまでの7年間。それは、思いもよらない出来事と発見に満ちた日々。蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山﨑努という、日本映画界が誇る豪華実力派俳優陣の共演で贈る、笑って泣いて、前に進んでいく家族たちの、新たな愛の感動作です!

この度、本作が2019年6月27日~7月13日まで台湾で開催されている、第21回台北映画祭アジアン・プリズム部門に正式出品され、中野量太監督が映画祭に参加しました。

映画情報どっとこむ ralph 上映の1回目は7/5(金)19:00~。
上映後の舞台挨拶&質疑応答前に、地元の主要媒体の囲み取材を実施。

映画に関する質問はもちろん、「台湾で好きな俳優はいますか?」との質問に、

中野監督:グイ・ルンメイが好きです。
と答えた監督。翌日の新聞には、その発言が一面に掲載されていました。

満員のお客さんの温かい拍手に迎えられて登壇した中野監督。お客さんは20代~40代の男女半々で、若い世代にも関心を持たれている事が伺えました。冒頭の挨拶では、一生懸命覚えた中国語で「私の名前は中野量太です。マンゴーかき氷が食べたいです。」と挨拶した監督。「マンゴーかき氷=マンゴーピン」と発言すると、場内は大爆笑!

お客さんのつかみもばっちりのまま、質疑応答へ。遠慮がちな日本人とは違い、続々と手があがります。
台湾でも少子高齢化が深刻な問題になっており、認知症への向き合い方は年々重要視されているとの事。そのようなテーマに関する質問から、映画の登場人物の描き方まで色々と質問があがりましたが、「『長いお別れ』は空画が特別印象に残る作品でした。特に空の映像がきれい。空画が入るテンポがとても心地よかったのですが、意識されているのですか?」という質問に

中野監督:日本も含めて初めての質問です。初めての質問なので上手い答えが用意できないのですが、意図的に行っているのではなく、編集のリズムでそうなっていきました。

と答え、質疑応答は終了。
最後の挨拶で監督が、「おいしいマンゴープリンのお店を教えてください」と話すと、再び大爆笑。映画祭のfacebookには、おいしいお店の情報がコメントで殺到しました!

映画情報どっとこむ ralph 上映の2回目は7/6(土)13:10~。
この日もチケットはすぐにソールドアウト!
場内は20代~50代の男性がやや多め。質疑応答前に、「監督の前々作『チチを撮りに』、もしくは前作『湯を沸かすほどの熱い愛』を観た人?」という質問には、なんと3分の2のお客さんが手をあげており、中野監督の台湾での人気ぶりがうかがえました。

台湾ではまだ原作が発売されていないそうで、原作からの変更点を聞かれるお客さんが多くいらっしゃいました。
最後に

中野監督:台湾では7/26~公開されるそうですが、翌日の7/27は僕の誕生日です。なので、台湾は公開日から満席でしたよ!という報告をうけるために、皆さん、口コミをよろしくお願い致します!

と挨拶し、舞台挨拶は終了。

映画情報どっとこむ ralph その後場所を移しサイン会を実施。ほぼ全員のお客さんが参加し、サイン会は大行列!
上映のチケットにサインを求める人、わざわざ色紙を持参する人、配られた台湾チラシにサインを求める人など様々でしたが、中には『湯を沸かすほどの熱い愛』のポスターを持参しサインを求める、熱狂的な監督ファンも!前作では台湾には来られなかったそうで、ファンの方はとても感動していました。
お客さんは片言の日本語ながら、「感動しました。」「監督の誕生日に向けて頑張ります。」「素敵な映画でした!」「何回も泣きました。」と熱い想いを伝えてくださる方が多数いらっしゃいました。『浅田家(仮)』の事も知っており、来年が楽しみです!と伝えてくださる方も。

また、一足先に7/4~上映されている香港ではすでに満席が続出しているそうで、台湾の上映も期待できますね!との報告も頂きました。

こうして大盛況の中、映画祭への参加を終えた監督。

台湾では最近、台湾製作の映画は全くヒットしないそうで、ほぼ外国映画の上映ばかりになっているとの事。現地の配給会社の方と、

中野監督:台湾との合作映画を作りたいですね!グイ・ルンメイに出てもらって(笑)

と話し、今回の渡航は終了しました。

日本での公開から1ヶ月以上たちましたが、各地ではいまだ満席が続出し、ロングランとなっている本作。
刻々と変化する時代に変わることのない大切なものを問う、昭和、平成、そして新しい時代へと繋がる愛の感動作です。

映画『長いお別れ』各国映画祭の上映情報
第43回香港国際映画祭 シネフィル・パラダイス部門正式出品 2019年3月26日、3月30日
第9回北京国際映画祭 パノラマ部門正式出品 2019年4月7日、4月12日、4月13日
第41回モスクワ国際映画祭 アウト・オブ・コンペティション部門正式出品 4月19日
第22回ハワイ国際映画祭スプリングショーケース JapanFest部門正式出品 4月7日、4月1日
第22回上海国際映画祭 インターナショナル・パノラマ部門正式出品 6月21日、6月22日上映
第21回台北映画祭 アジアン・プリズム部門正式出品 7月5日、7月6日上映

映画情報どっとこむ ralph 『長いお別れ』

公式サイト:
http://nagaiowakare.asmik-ace.co.jp/ 
公式twitter:
@nagaiowakare_mv


あらすじ:
父の70歳の誕生日。久しぶりに帰省した娘たちに母から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だった。それぞれの人生の岐路に立たされている姉妹は、思いもよらない出来事の連続に驚きながらも、変わらない父の愛情に気付き前に進んでいく。ゆっくり記憶を失っていく父との7年間の末に、家族が選んだ新しい未来とは。

***********************************

監督:中野量太 出演:蒼井優 竹内結子 松原智恵子 山﨑努
北村有起哉 中村倫也 杉田雷麟 蒲田優惟人
脚本:中野量太 大野敏哉 原作:中島京子『長いお別れ』(文春文庫刊)主題歌:優河「めぐる」
企画:アスミック・エース Hara Office 配給・制作:アスミック・エース 
©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

夏帆主演『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 ドイツ日本映画祭・第21回台北映画祭出品&箱田優子監督参加!


映画情報どっとこむ ralph 箱田優子初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が10月11日(金)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開。

先日の第43回香港国際映画祭ヤング・シネマ・コンペティション部門へ出品され、現地で絶賛の嵐だった本作。


この度、ドイツにて開催される第19回日本映画祭「ニッポン・コネクション」、第21回台北映画祭への出品が決定しました。

ドイツ日本映画祭「ニッポン・コネクション」&第21回台北映画祭出品決定!!

台北映画祭へは箱田優子監督も参加!

先日の第43回香港国際映画祭ヤング・シネマ・コンペティション部門へ出品され、満員御礼、観た人から絶賛の声が絶えなかった本作。

日本公開前から海外で注目集めている本作が、この度5月28日よりドイツ、フランクフルトで開催される第19回日本映画祭「ニッポン・コネクション」の出品が決定!世界最大の日本映画祭と言われる同映画祭では、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、世界から多大な注目を集めた『寝ても覚めても』や、第75回ヴェネチア国際映画祭出品『斬、』、第69回ベルリン映画祭出品『きみの鳥はうたえる』なども上映される予定。

世界各国を賑わせた日本映画が参加する中、新人監督の箱田優子の『ブルーアワーにぶっ飛ばす』がニッポン・ビジョン部門での上映が決定し、同映画祭がヨーロッパプレミアとなる!

映画情報どっとこむ ralph さらに6月27日から台北で開催する第21回台北映画祭の国際ニュータレントコンペティション部門への出品も決定した。

毎年約160作品が上映され、約10万人の映画ファンが参加する台北最大の映画祭。
2007年より「国際ニュータレントコンペティション部門」が設けられ、国際審査員によって「最優秀映画」および「特別審査員賞」が選出される。新人監督の発掘に力を入れている同映画祭へ、箱田監督が『ブルーアワーにぶっ飛ばす』を引っさげ参加する予定。

映画情報どっとこむ ralph 初監督作品にして続々と世界各国の映画祭への出品が決まる『ブルーアワーぶっ飛ばす』。

10月11日(金)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国ロードショー!

www.blue-hour.jp

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
***********************************


出演:夏帆 シム・ウンギョン  渡辺大知 / 黒田大輔 上杉美風 小野敦子 / 嶋田久作 伊藤沙莉 高山のえみ / ユースケ・サンタマリア でんでん 南果歩

監督・脚本:箱田優子 
製作:中西一雄 
企画・プロデュース:遠山大輔 
プロデューサー:星野秀樹 

撮影:近藤龍人 
照明:藤井勇 録音:小川 武 
美術:井上心平 
編集:今井大介 音楽:松崎ナオ

製作:「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会 
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 制作プロダクション:ツインズジャパン 

配給:ビターズ・エンド
2019年/日本/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/92分
©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『寝ても覚めても』 台北映画祭にてアジアプレミア上映!現地から濱口竜介監督の喜びのコメントも到着!


映画情報どっとこむ ralph 『寝ても覚めても』9月1日(土)、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開となります。

そして!

7月5日(木)、台北映画祭にて『寝ても覚めても』のアジアプレミア上映が行われました!
『ハッピーアワー』や『親密さ』などですでに多くのファンを獲得し、着実にその才能を世界に知らしめてきた濱口監督の商業デビュー1作目とあって、会場は超満員。

デビュー作にして完成度の高いクオリティに観客は思わずため息、興奮と熱狂に包まれた。

上映後には濱口監督登壇によるQ&Aも行われ、
その後もファンがサインをもらおうと押しかけるなど、現地での人気の高さをうかがわせました。

新人監督の発掘に力を入れている同映画祭ではInternational New Talent Competition部門を設け、今年の審査員に濱口監督を選出、その審美眼にも注目が集まっています。

現地にいる濱口竜介監督コメント

『寝ても覚めても』アジアンプレミア、台北映画祭で上映いただきました。上映後も質問は絶えず満席の観客の熱気と町の熱気が絡まり合って、熱い夜となりました。この熱が、ここから各地に届きますように!

映画情報どっとこむ ralph 第66回サン・セバスチャン国際映画祭正式出品決定!!
世界20カ国での配給が決定!

カンヌ国際映画祭コンペティション部門・第66回サン・セバスチャン国際映画祭正式出品などなど、高評価を受けて次々とオファーが舞い込む『寝ても覚めても』は、フランス、ベルギー、オランダ、ポルトガル、中国、香港、韓国、台湾を始め、既に世界20カ国での配給が決定!特にフランスに関しては、前作『ハッピーアワー』が今年5月に公開され10万人以上を動員する大ヒットを記録するなど、濱口監督への注目度は非常に高い。『寝ても覚めても』の公開国数はますます増えていくことが見込まれます。

映画情報どっとこむ ralph 寝ても覚めても

9月1日(土)、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開!

www.netemosametemo.jp

違う名前、違うぬくもり、でも同じ顔。運命の人は二人いた。

二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。主演・東出昌大が、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・亮平と麦(ばく)という一人二役に挑み、新星・唐田えりかがヒロイン・朝子を演じる。濱口監督自ら熱望した芥川賞作家の柴崎友香の小説「寝ても覚めても」の映画化で、満を持して商業映画デビューを果たし、初の世界三大映画祭への出品ながら、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された。

瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子の豪華キャストが脇を固め、tofubeatsが初の映画音楽を担当し主題歌を書き下ろした『RIVER』にも注目が集まる。

あらすじ・・・

東京。亮平は、コーヒーを届けに会社に来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながらも惹かれていく

朝子。ふたりは仲を深めていくが、朝子には亮平には告げられずにいる秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた

恋人・麦に顔がそっくりだったのだ。

***********************************

出演: 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史山下リオ 伊藤沙莉 渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子
監督: 濱口竜介 原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)音楽:tofubeats
2018/119分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ 製作:『寝ても覚めても』製作委員会/ COMME DES CINEMAS 
製作幹事:メ?テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス 
© 2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ