「古谷徹」タグアーカイブ

シャア・アムロ・セイラ!池田秀一、古谷徹、潘めぐみ登壇『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』フィナーレ舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』アニメシリーズ最終話「誕生 赤い彗星」が6月1日(金)に劇場上映最終日を迎え、シャア・アズナブル役の池田秀一さん、アムロ・レイ役の古谷徹さん、セイラ・マス役の潘めぐみさんがフィナーレ舞台挨拶に登場しました!

『ガンダム』を長きに渡って支え続けてきた、レジェンド声優、池田秀一さん、古谷徹さん、そして若手実力派声優として今シリーズから新しく参加し、作品を支えてきた潘めぐみさんを交え、過去全6作品の歴史を振り返りながら、当時の思い出を語っていただきました。

イベントの最後にはシリーズ最後を惜しみながら、ガンダムの代表的な「ジーク・ジオン」のセリフを池田さんの掛け声で会場の方と合唱し、会場一体となって締めくくりました。


『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』フィナーレ舞台挨拶
日程:6月1日(金)
場所:新宿ピカデリー 
登壇:池田秀一(シャア・アズナブル役)、古谷徹(アムロ・レイ役)、潘めぐみ(セイラ・マス役)、谷口理プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 本日で、シリーズ最終話が最終上映ということもあり、ファンの方で賑わう場内にメイン3人の声優がそれぞれ登場。会場からは、歓声とともに惜しむ声も。

池田さん:何回も観てる方もいるそうで、最終回も来て頂きありがとうございます。

古谷さん:本日は沢山の方にお越しいただき、ありがとうございます。聞くところによると(古谷さんが同じく声優を務める)『劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人』よりも公開館数は少ないが、座席に対する人口密度が上だと聞いて・・・・・・こんなにうれしいことはない!

と言うと会場からは拍手が。

スクリーンに過去の「ガンダム ジ・オリジン」シリーズの年表を投影しながら、

第一話「青い瞳のキャスバル」を振り返り、

池田さん:第一話のアフレコは約30年前の「ファーストガンダム」の様子を思い出しましたね。ですが、最初はセリフが二つ三つ程で、割と少なくて暇でしたね(笑) 徐々に主役って大変だなとアムロの気持ちを感じました。

と当時を思い出していると

古谷さん:昔から自分が主役だと思っていたじゃないですか!

とガンダムのメインキャラ、シャアとアムロを意識するツッコミをし、会場は爆笑!

映画情報どっとこむ ralph 第一話の初日舞台挨拶を思い出し、

古谷さん:僕がいないときに池田さんは何を言うのかな、と気になって舞台挨拶を観に行きましたね。

と当時、観客に交じって本日と同じ劇場で2階から鑑賞していた様子。それを知った池田さんが舞台挨拶中に

池田さん:アムロが来ているなら喋ってもらわなきゃ、ノーギャラだけど喋ってくれるのかなと思い呼びかけましたね(笑)

と当時のサプライズを語っていただきました。

その時に安彦総監督から「第二話でアムロも出てきますから、お願いしますね!」と言われて第二話で出てくるアムロは8歳なので、自身では出来ない、オーディションで別の方がすると思っていたが

古谷さん:思わず、やります!と答えました!

と言うことで8歳を演じることになったという。


今シリーズに参加する事になって

潘さん:(潘の母親も声優で『ファーストガンダム』のアニメに参加しており)ガンダムは血のつながりを感じる作品なので、とてもご縁を感じました。

第二話「悲しみのアルテイシア」を振り返って、当時開催された東京国際映画祭のオープニングイベントで富野由悠季さん、安彦良和さん、大河原邦男さん、GACKTさんと共にレッドカーペットを歩かれたそうで、

池田さん:(シャアのイメージカラーが赤のため)、同じ赤だったので得意でしたね、やっと私の時代が来たかと感じました(笑)

同じく参加して

潘さん:レッドカーペットは一生に一度歩けるかどうかだと思います。生まれ変わっても、レッドカーペットを再び歩けないだろうと、当時は緊張で震えてましたね。

と加えました。


映画情報どっとこむ ralph 第三話シャアとガルマとの出会いが描かれた「暁の蜂起」を振り返って、二話~三話と若い時代のシャアを演じられていかがでしたか?という質問に、

池田さん:(ガルマ役の)柿原くんが役と同じように“坊や”なので、とてもやりやすかったです(笑)特別な役作りなく、役と同じように接せられたので、相手に恵まれて、本当に良かったですね。

と、新しい若手の声優陣との交流も楽しかった様子。

第四話「運命の前夜」を振り返って、上映前に行ったプレミア上映会では、東京オペラシティにてこれまでを振り返る朗読と、四話の先行上映を行って

潘さん:実は第四話は(潘が演じた)セイラは出てこないのですが、イベントに参加させていただき、森口博子さんに主題歌を歌って頂いたのが、とても印象的でしたね。

と当時イベントはパイプオルガンの演奏で始まり、一部座席もシャアのスーツ仕様になっているなど特別なイベントだったことに皆さんしみじみ。池田さんも当時を思い出し

池田さん:生で朗読を行うのは、緊張感あり怖かったですが、それが気持ちよくてとても良かったですね。

と他イベントと違う魅力あるものだったと感慨深い様子。

この第四話で出てくるララァ・スンに対し、

池田さん:色々思い出しますが、(潘の母親は以前でララァ役の声優を努めていたこともあり)若いララァは良いですね(笑)

と言うと会場からは笑いが。それに対して、

潘さん:家に帰っても、母には報告しないでおきますね。

と話しました。また当時、1日で札幌と福岡で舞台挨拶を行うほど反響の大きかった回でもあった様子。


第五話「激突 ルウム会戦」を振り返って、『ファーストガンダム』から出演しているギレン・ザビ役銀河万丈さん、カイ・シデン役古川登志夫さんと舞台挨拶を行い、当時を思い出して

池田さん:男ばっかりで女っ気がなくて・・・つまらなかったなぁ(笑)作品中で役同士のお付き合いがないので、とても新鮮で面白かったですね。

谷口さん:皆さん、懐かしさありながら緊張感があり、すごかったですね。

と皆さんに感動した様子。

古谷さん:この時にオーディオコメンタリーを録ったのが、すごく懐かしく感じて楽しかったですね。あれはブルーレイ特典なので、まだ観たことない方は、是非、観て頂きたいです。

と劇場との違いも語っていただきました。

映画情報どっとこむ ralph 最後には・・・

谷口さん:3年間お付き合い頂きありがとうございます。様々な方から続編を期待されますが、とりあえずお休みさせて頂ければと思います。力を貯めて、また皆さんにお会いできればなと思います。

潘さん:ガンダムに携わらせて頂くなんて、本当に遺伝子、運命を感じました。長く応援して頂きましたファンの方もありがとうございました!きっとこれが最後じゃないと思いますので、またいつかお会いできるのを楽しみにしてます。池田さんと兄弟を演じることになるなんて、(池田さんに対し)兄さん守って頂きありがとうございました!

とシリーズを振り返り、感慨深く涙する場面も。

古谷さん:やはり、アムロが主役のガンダムがやりたい、見たい、という想いはあります(笑)ジ・オリジンのシリーズは一旦終わりますが、来年40周年を迎えるガンダムに向けて、偉い人の気持ちが変わるんじゃないかと期待したいと思います!皆様、ありがとうございました。

池田さん:アニメシリーズから40年余りシャアを演じていて、ジ・オリジンと出会い、シャアの若き頃を演じて、私の知らないシャアにも出会いました。そして、今日はシャアからメッセージを預かっておりまして、、、(シャアの声で)『赤い彗星誕生の物語、最後迄お付き合い頂き感謝する。私は今、宇宙の闇の淵で、君達を静かに見守っている。いつの世も日常は容赦なく時を刻み、目の前に立ちはだかる。…が…。賢明な君達の事だ。必ずやそこに何かを見出し、見事に生きのびることを私は期待している。勝利の栄光を君に!! シャア・アズナブル』 

と伝えると会場からは、鳴りやまぬ大きな拍手が。

そして締めには会場の皆さんと一緒に

池田さん:シャア行きます!ジーク・ジオン!

の合唱。会場は一体となり、シリーズ最後のフィナーレを迎えました。


誕生 赤い彗星

公式サイト:
http://gundam-the-origin.net

あらすじ
宇宙世紀0079年1月23日、サイド5、ルウムで、ジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが始まった。

圧倒的劣勢に追い込まれたジオンは、秘策である人型兵器「モビルスーツ」で編成した特別強襲大隊を投入し、戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。なかでも、ジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクⅡ」で戦果を上げ少佐に昇進、“赤い彗星”の異名をとる。
ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく“V作戦”を計画。

その裏側で、サイド7の少年アムロ・レイは自ら行動し、新兵器「ガンダム」の秘密を探っていた。一方、地球の南極大陸でのジオン、地球連邦の両軍の高官がそろう早期和平交渉の場でルナツーから世界中にある声明が発信される…。

***********************************

【スタッフ】原作:矢立 肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より) 
漫画原作:安彦 良和(KADOKAWA「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」より)
キャラクターデザイン:安彦 良和、ことぶきつかさ 

オリジナルメカニカルデザイン:大河原 邦男

メカニカルデザイン:カトキ ハジメ、山根 公利、明貴 美加、阿久津 潤一 

総監督:安彦 良和 
企画・製作:サンライズ
   


『名探偵コナン 科学捜査展』名探偵が3人!?銀シャリ念願のコナン君と初共演!!


映画情報どっとこむ ralph コミック・アニメ・映画など様々なジャンルで絶大な人気を誇り“国民的コンテンツ”となった「名探偵コナン」。

先日、最新作である劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』も公開され、3日間で128万人動員、興行収入16.7億円を突破!

そんな「名探偵コナン」の世界観をベースに、科学捜査のプロセスを楽しく体験できる企画展『名探偵コナン科学捜査展 ~真実への推理(アブダクション)~』が4月18日(水)~7月8日(日)の間、江東区の日本科学未来館にて開催されます。

本展は、劇場版にも登場する人気キャラクター・安室透にフィーチャーし、現場の状況から毛利小五郎に容疑がかけられる等、今年の映画にも通じるオリジナルストーリーで、科学捜査について学びながら、事件の真相を解明していく参加者体験型の展示会となっています。

本日は、そんな本展の開催初日に先駆け“一日科学捜査官”に任命された銀シャリの鰻和弘と橋本直が、コナン君と共に、“事件現場公開式(プレス向け開会式)”を行いました。

この日は銀シャリがいつも着用している青ジャケットに加え、コナン君とお揃いの赤い蝶ネクタイ・眼鏡を身につけて参加し、まるでコナン君が3人並んでいるかのような??奇跡のコラボが実現!!

映画情報どっとこむ ralph
鰻は、髪形をコナン君に真似てセットし、普段かけていない眼鏡をかける等、気合の入り具合を感じさせ、

橋本さん:青山剛昌先生が二人とも好きで、だから青ジャケットを着ていると言っても過言ではありません!

と念願がかなったことを喜びました。また、一足先に本展を体験した二人は

銀シャリさん:迷宮入りになりそうだったが、科学の力で解決できた!」

と大興奮。

鰻和弘(銀シャリ)
ここまで体験できる企画展は今までなかったと思います。本来は切ってはいけない「KEEPOUT」テープを切るのが、初のテープカット体験だったのですが、斬新でこんな機会めったにないと思います。「コナン」は青山剛昌先生の地元・鳥取県にある「ふるさと館」へ大阪から原付に乗って行ったことがあるくらい好きです。橋本は、眼鏡に青ジャケットという姿から「コナン君じゃん!」と言われていたこともあったので、念願かなったオファーで嬉しかったです。

橋本なお直(銀シャリ)
探偵事務所や喫茶ポアロにも行き、コナン君や安室さんの協力を得て、なんとか捜査してきました。僕は青山剛昌先生の他の作品も持っているくらいで、それで青ジャケットだと言っても過言ではないくらい大好きです。相方の鰻が、漫才などでスベった時に、スッと眠らせる麻酔銃が欲しいです。“マダムに溶け込む能力”と“何でもチャレンジできるスピリッツ”はコナン君に探偵として勝っている部分だと思います。

最後は、会場の入口に張り巡らされた事件現場でおなじみの“KEEP OUT”と書かれたバリケードテープをカットし、事件現場(=企画展)を公開しました!

その後、会場内にある毛利探偵事務所を再現したエリアでの囲み取材とフォトセッションが行われ、戦いたくない組織を聞かれた橋本さんが「よしもとです」と即答するなど、公開式は大いに盛り上がりました。

映画情報どっとこむ ralph 『名探偵コナン ゼロの執行人』

4月13日(金)より全国東宝系にてロードショー中


本作は東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリーとなっており、 20作目『純黒の悪夢(ナイトメア)』に続き、私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場することが発表され、既に話題を呼んでいます!!

***********************************

原 作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監 督:立川譲
脚 本:櫻井武晴
音 楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹 ほか
配給:東宝
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント

©2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会


地球を守ってきた最強声優陣集結、コメントも!『パシフィック・リム:アップライジング』


映画情報どっとこむ ralph 日本をはじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が2018年4月13日(金)に日本公開いたします。

この度、数々のロボットを乗りこなし地球を、日本を守ってきた史上最強布陣が集結!
空前絶後の超絶豪華な第一弾日本語吹替キャストを発表となりました!!
前作でパイロットの座を勝ち取り人類を救う英雄となった菊地凛子演じる森マコには林原めぐみさん、

林原さん:まさか、また森マコに会えるとは思いませんでした。メンバーも一新する中、ベテランの風格を漂わせているマコに、時の流れを感じます。前作に引き続き、日本へのリスペクトは十二分に感じられました。

KAIJUの脳とのドリフトという荒業で勝利への突破口を切り開き本作でも物語を重要なカギとなるニュート博士には古谷徹さん、

古谷さん:再びニュート博士を演じられて嬉しいです!チャーリー・デイは喜怒哀楽が激しい個性的な演技をする俳優さんで、演じがいがあります。ますます磨きがかかった僕の怪演にご期待ください!

気難しくも天才的な分析を見せ本作でも獅子奮迅の活躍を見せるハーマン博士には三ツ矢雄二さんが前作に引き続き続投決定!!

三ツ矢さん:パート2なので、あれからどんな話が続くのか、楽しみにしていました。思いの外、たくさん喋っていて、体力を使いました。ちょっとクセのある変わったキャラクターなので、なにか味がでるといいな、と思っていましたが、セリフの量が多くて、しゃべるのだけで必死になってしまい、自分の個性で勝負、という感じになってしまいました。日本の専売特許だった『カイジュウ』が世界ブランドとして登場します。大人も子供も楽しめる作品です。ぜひご覧になって下さい。

日本声優界を代表する方々が再び集結なんです!


そして本作からの新キャストは、主人公ジェイク・ペントコストには、「マクロスF」早乙女アルト役/「機動戦士ガンダム00」グラハム・エーカー役の中村悠一さん!そのジェイクの相棒でありエースパイロットのネイサン・ランバート役には『ワイルド・スピード ICE BREAK』でもスコット・イーストウッドの吹替を担当し、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』で古代進の声を務める小野大輔さん!イェーガーは2人のパイロットが神経接続し意思統一する”ドリフト”によって操縦することのできる胸アツシステムを搭載しており、一心同体となってイェーガーに乗り込む超強力タッグのコンビネーションを中村悠一&小野大輔がどう演じるかに注目が集まります!

中村さん:デル・トロ監督とはまた違った「わかってるなぁ」感満載の本作、収録も楽しみながら、キャスト一同全力で挑ませて頂きました。イェーガーやKAIJUが入り乱れる迫力の映像は是非とも劇場で観ていただきたいです!

小野さん:前作のスケールの大きさ、面白さ、想いをバッチリ引き継いだ今作。とにかく熱くて楽しかったです。ぜひ劇場で心を1つにして、共にイェーガーに乗り込んでいただければと思います。

とコメントを寄せ、東京を蹂躙するKAIJUとの激戦に臨んだ熱い想いを明かしています。

映画情報どっとこむ ralph そのほか、本作から参戦する新キャスト達として、独自にイェーガーを作り上げる謎の少女アマーラ役には「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」ララァ・スン役早見沙織さん!

早見さん:「パシフィック・リム」の続編に出演させて頂けることをとても嬉しく思います。臨場感溢れるイェーガーのアクションシーンは、アフレコの時も手に汗握りました。ぜひスクリーンで、大迫力の映像をお楽しみくださいませ。

イェーガーの整備や指揮ラインの管理でパイロットを支えるジュールス役には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」真希波・マリ・イラストリアス役の坂本真綾さん!

坂本さん;ジュールスはとにかく美しいです。同じ女性から見ても惚れそうなほど。公開がスタートしたら私もぜひ劇場の大きなスクリーンで、改めてじっくり楽しみたいと思っています!

そして、イェーガーの開発に尽力するシャオ産業の才媛・リーウェン役には魏涼子さん、

魏さん:華やかな声優の皆様に囲まれて収録する事が出来、とても幸せな時間でした。ここだけの話、一ヵ所だけ中国語でガヤを収録してもらえましたが、使って頂けるかな…!?どうぞお楽しみに~!


新たな司令官的な役割を担い辣腕を振るうチュアン役には子安武人さんと、

子安さん:ロボット・怪獣・SF・バトル。大好きな要素テンコ盛り、面白いに決まってる!頭カラッポで興奮しまくろう!!


映画情報どっとこむ ralph 盤石すぎる布陣!しかし、今回発表はあくまで”第一弾”だそうです。

ということは第二弾待ち遠しい!

字幕で観るか?日本語版で観るか?迷う? 両方観ちゃいましょ!

パシフィック・リム:アップライジング

公式サイト:
pacificrim.jp

公式Twitter:
twitter.com/PacificRim_JP

戦いは終わりではなく、始まりだった。

前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャスト、さらに新キャストとして名を連ねる新田真剣佑も活躍!先日、主要キャストと監督の来日、さらにファン待望のジャパンプレミアの開催が発表され大きな話題を集め、2018年の春の映画シーンを大いに盛り上げること間違いなしの本作。

***********************************

監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、メアリー・ペアレント、ジョン・ジャシュニ、ケイル・ボイター、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス 
キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか

全米公開:2018年3月23日(予定) 
原題:PACIFIC RIM UPRISING
配給:東宝東和 
【映画】©Legendary Pictures/Universal Pictures.
【フィギュア】© Legendary 2018. All Rights Reserved.
   


『名探偵コナン 科学捜査展』展示内容とチケット情報が到着!あらすじも!


映画情報どっとこむ ralph 2018年4月18日(水)~7月8日(日)まで日本科学未来館(東京・お台場)にて開催する、参加者体験型の企画展『名探偵コナン 科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~』の展示内容とチケット情報が到着しました!


そしてついに、本展のあらすじが明らかに!

『数々の事件を解決し、今や時の人となりつつある名探偵・毛利小五郎。
このたび小五郎を主人公にしたミステリー小説が出版されることになった。
しかし、その執筆を担当するはずだったミステリー作家が自宅で殺害されているのが発見された。
推定死亡時刻は14時。
現場に残されたカレンダーにはハッキリと、こう書かれていた……。

「14:00 毛利小五郎氏」

果たしてコナンたちは、科学捜査を駆使し、見事、毛利小五郎の疑いを晴らすことができるだろうか?』

映画情報どっとこむ ralph 参加者は体験のガイドとなる「探偵手帳」を手に、この事件の真相を“現場検証エリア”・“聞き込みエリア”・“ラボエリア”の3つのエリアを経て解明していくという内容です。
今年の劇場版では欠かせない大人気キャラクター、安室透も登場します。

“現場検証エリア”イメージ
“聞き込みエリア”イメージ
“ラボエリア”イメージ

映画情報どっとこむ ralph 体験のガイドとなる「探偵手帳」は2種類。

・コナン&安室コース

様々な証拠を積み重ねながら、容疑者を絞り込んで事件の真実に迫るコース。
コナンと安室、ふたりの名探偵と一緒に、「推理」と「科学捜査」を駆使して真相を解明しよう!

・コナン&蘭コース

いろんな手がかりを手に入れて、容疑者にされてしまった小五郎の疑いを晴らすコース。

蘭と一緒に、みんなの力を借りて情報を集め、事件の日に何が起こったのかを考えてみよう!

映画情報どっとこむ ralph 企画展『名探偵コナン 科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~』実施概要

■会場:日本科学未来館(東京都江東区青海2丁目3−6)1階 企画展示ゾーン
■会期:2018年4月18日(水)~2018年7月8日(日) ※火曜日休館(5/1は開館)
■開館時間:10:00~17:00(入場は閉館時間の30分前まで)

■主催:日本科学未来館、「名探偵コナン 科学捜査展」製作委員会
■後援:りんかい線  
■協力:法科学鑑定研究所

■内容:
『名探偵コナン』の世界観で繰り広げられる、本展だけのオリジナルストーリー。
「探偵手帳」を手に、コナンたちと一緒に証拠を集めて、事件の真実に迫れ!
真相解明のために巡る3つのエリア・・・

①現場検証エリア「現場を観察せよ!」
いざ事件現場へ!現場の状況をよく観察して、手がかりを採取しよう。小さな発見が決定的な証拠になるかもしれない!

②聞き込みエリア「自分の足で証拠に迫れ!」
毛利探偵事務所や喫茶ポアロなどで事件の手がかりがないか、聞き込みをしよう。街中にいるコナンの仲間達から情報収集だ!

③ラボエリア「科学捜査で証拠をつかめ!」
事件現場や聞き込みで集めた手がかりを科学の力で分析してみよう。いろいろな鑑定技術と組み合わせれば、確かな証拠をつかめるかもしれない!

■チケット:
オリジナルチケットホルダー
2月21日(水)正午より各プレイガイドにて販売開始!
①前売券
②限定グッズ付前売券
・オリジナルチケットホルダー
・オリジナルブックマーカー(3枚セット)
※数量限定、なくなり次第終了。
※限定グッズは会期中(2018年4月18日~7月8日)に本展会場内グッズショップにてお引き換えください。
※販売場所:ローソンチケット、日テレゼロチケ
③当日券 ※4月18日(水)より発売

グッズ:会期中に会場内グッズショップにて販売。
内容は随時解禁予定。

公式サイト:
http://conan-kagaku.jp/

©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996


映画情報どっとこむ ralph そして!映画情報を!

2018年4月13日(金)より全国東宝系にて公開される劇場版22作目は

『名探偵コナン ゼロの執行人』!

ストーリー
東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日には、2万2千人もの警察官が出動するという超巨大施設で、ある日突如大規模爆破事件が発生!

そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。

サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の不可解な行動に違和感を禁じ得ないコナン。

その時、現場の証拠物に残された指紋が、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎の指紋と一致してしまう!
これは何かの陰謀なのか。小五郎の逮捕を巡って敵対し始めるコナンと安室。果たして謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか?

「極秘任務」のカウントダウンは、既に“その時”へと動き始めていた。


***********************************

原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:立川譲 脚本:櫻井武晴 音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹 ほか
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント
配給:東宝
(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会  



『名探偵コナン 純黒の悪夢』4D上映決定!新作の予習に是非体感!


映画情報どっとこむ ralph 2018年4月13日(金)より全国東宝系にて公開される劇場版22作目は『名探偵コナン ゼロの執行人』に決定!

東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリー!
20作目『純黒の悪夢(ナイトメア)』に続き、私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場することが発表され、既に話題を呼んでおります!!

映画情報どっとこむ ralph そしてこのたび、「名探偵コナン」史上初『純黒の悪夢(ナイトメア)』のアトラクション型4D上映が決定しました。

コナンと安室が最新作で敵対するのなら、初めて共闘した作品が観たい!等の多くの要望が東宝さんに届いたそうで・・・。

その声に応え、「名探偵コナン」史上初のアトラクション型4D上映の実施が決定したとのこと。

この上映は、まさに「安室透からのプレゼント」!
『純黒の悪夢』は歴代の劇場版作品史上トップクラスのアクションの激しさを誇るため、MX4D・4DXなどの体感型上映にはピッタリな作品です。『ゼロの執行人』公開に備え、予習復習にもピッタリの『純黒の悪夢』のアトラクション型4D上映にご期待下さい。

※『ゼロの執行人』のアトラクション型4D上映はございません。
※『純黒の悪夢』のアトラクション型4D上映は2018年2月10日~の期間限定上映です。

※シアターリストは公式サイト
http://www.conan-movie.jp
をご参照ください。

「名探偵コナン 純黒の悪夢」ストーリー
暴かれるダブルフェイス!頂上決戦が始まる!

リニューアルされた東都水族館にやってきたコナンたちは、謎の記憶喪失の女性と出会う。左右の瞳の色が異なる“オッドアイ”の特徴から、その正体が組織のNO.2=ラムかもしれないと恐れる灰原。一方、宿敵に迫るチャンスを探るコナン。時を同じくして、世界各国で黒ずくめの組織による暗殺事件が発生!組織の目的とは?謎の女性との関係とは?
劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』
原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:静野孔文 脚本:櫻井武晴 音楽:大野克夫 声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、ほか
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント 配給:東宝
(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会


映画情報どっとこむ ralph そして!

劇場版22作目は『名探偵コナン ゼロの執行人』は2018年4月13日(金)より全国東宝系にて公開。

ストーリー
東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日には、2万2千人もの警察官が出動するという超巨大施設で、ある日突如大規模爆破事件が発生!
そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。
サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の不可解な行動に違和感を禁じ得ないコナン。
その時、現場の証拠物に残された指紋が、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎の指紋と一致してしまう!
これは何かの陰謀なのか。小五郎の逮捕を巡って敵対し始めるコナンと安室。果たして謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか?

「極秘任務」のカウントダウンは、既に“その時”へと動き始めていた。

***********************************

原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:立川譲 脚本:櫻井武晴 音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹 ほか
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント
配給:東宝
(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会