「古舘佑太郎」タグアーカイブ

勝負と縁結びの神様 乃木神社で高橋一生、川口春奈 幸せ祈願!『九月の恋と出会うまで』


映画情報どっとこむ ralph 高橋一生と川口春奈の初共演、大人のラブストーリー『九月の恋と出会うまで』が3月1日(金)に公開となります。

時空を超える一途な想いと切ないウソに涙する本作の公開に先駆けて、勝負と縁結びの神様が祀られ、縁結びや恋愛成就にご利益があると言われているパワースポット「乃木神社」にて、心願成就祈願を行いました。


『九月の恋と出会うまで』を見てくれた人の幸せを願う祈願イベント
日時:1月30日(水)
場所:乃木神社 境内
登壇:高橋一生、川口春奈

映画情報どっとこむ ralph W主演の高橋一生、川口春奈が本殿にて本作を観た人たちの幸せを願いを厳かに行いました。


映画情報どっとこむ ralph 祈願を終え、絵馬が並ぶ境内に登場した高橋さんは

高橋さん:こういった神殿できちんとお願いさせて頂くというのは中々ない機会ですので、より多くの人達が作品を観てくれて、その方達が幸せになってくれればいいな、とお願いしました。

と祈願内容について話し、

川口さん:背筋がしゃんとしました。一人でも多くの人に映画が届いてくれればいいなと思いながら祈願しました。

とコメント。

そして、それぞれの印象を聞くと、

高橋さん:すごいチャーミングですし、コミカルです。勝手に僕が抱いていた川口さんのイメージが良い意味で毎日崩れていきましたね。とっても素敵な方でした!

と、どんなイメージだったのか?を聞いてみたい話をし、

川口さん:意外だったなという部分はなくて、とにかく優しいお兄さんでした!

と、印象を照れながら話していました。

映画情報どっとこむ ralph また、<時空を超える一途な想い>と<大切な人のためにつく切ないウソ>が感動的な本作で主演を演じるにあたり、大切にしていたことは何か?と聞かれると

高橋さん:この役がどう思ってこの場にいるんだろうというようなことは常に意識しながらお芝居をしていました。

と役への向き合い方を話した。また、切ないウソをつくシーンもある本作について、これまでに大切な人の為についたウソはありますかという質問に

高橋さん:ウソついてばっかりだと思いますよ。日常的なことですけど、嫌だなと思うことを嫌だと言わないようにするとか。ウソは大事な事でもあるなと思ってます。

と大人なコメント。

川口さん:映画の中ほどの大きなウソはないですけど、同じ話をされても新鮮な反応をするとかですかね。

と高橋さん同様、周囲を思い遣ってのウソについて話した。


さらに、タイムリープが題材となっている本作に因んで〈二人がタイムリープできるとしたら、行ってみたい時代はありますか?〉という質問が出ると、少し考えながら・・・・

高橋さん:2、3年くらい前に戻りたいですね。一時的に戻って、とっても声をかけたい人がいます!

とコメント。

川口さん:特に大丈夫です。戻るのは(笑)

と語り、また「未来には行ってみたいか」という質問に対して

川口さん:変化は気になりますど・・・。

と話し始めると、

高橋さん:知っちゃうと面白くないから僕は行かないかな。

とコメント。それを聞いて、

川口さん:じゃあ行かない!

と即座に話すなど、仲の良いやり取りを見せた。一途な思いが描かれる本作について、これまでの人生で二人が一途に思ってきたことやものについて聞かれると、

高橋さん:お芝居をしてきたやり方や向き合い方は変わってないと思います。

と解答。

映画情報どっとこむ ralph イベントの最後には・・・、

特別に用意した大きな“オリジナル絵馬“が登場。しばし悩んだ末に二人は願い事を書き披露すると、

高橋さんは【出会った人達が一人でも多く笑っていますように】、川口さんは【縁】と記入。

高橋さん:長くなっちゃいましたけど、川口さんみたいに一言で表すなら【笑】という字です。

川口さん:ご縁を大切にしていきたいですし、どういう人に出会うかというのは大切だと思うので、これにしました。

とコメントし、イベントを閉じました。

『九月の恋と出会うまで』

3月1日(金)全国ロードショー

公式HP:
http://kugatsunokoimovie.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/9koi_movie 
ハッシュタグ:#九月の恋


【ストーリー】
ちょっと不思議なマンションに引っ越してきた志織は、小説家志望の隣人平野と運命的に出会う。そして、新しい部屋で突然聞こえてきた不思議な声――。「こちらは一年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」それは強盗殺人にあうところだった志織を助けようと時空を越えて届いた、未来からの誰かの声だった。相談を受けた平野は、助かった志織に<タイムパラドクス>が生じることに気付く。それは一年後、志織の存在が消えることを意味していた。必死に自分を助けようとする平野に惹かれていく志織だったが、平野との別れは近づいていた――。

***********************************


主演:高橋一生 川口春奈 ※W主演
出演:浜野謙太 中村優子 川栄李奈 古舘佑太郎 ミッキー・カーチス
原作:松尾由美「九月の恋と出会うまで」(双葉社刊)
監督:山本透(『探検隊の栄光』『猫なんかよんでもこない。』『わたしに××しなさい!』)
主題歌:androp「Koi」(image world / ZEN MUSIC)
(C)松尾由美/双葉社 (C)2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員

九月の恋と出会うまで,#九月の恋,高橋一生,川口春奈,浜野謙太,中村優子,川栄李奈,古舘佑太郎,ミッキー・カーチス,山本透,松尾由美


脚本家・岡田惠和 x 峯田和伸 映画「いちごの唄」を古舘佑太郎 x 石橋静河で製作が決定


映画情報どっとこむ ralph この度、主演に古舘佑太郎さん、共演に石橋静河さんを迎え、映画「いちごの唄」の製作が決定しました。

“恋”と“青春”を歌い続け、絶大な支持を受けるカリスマロックバンド“銀杏BOYZ”がこの世界へ産み落とした名曲の数々を脚本家・岡田惠和先生が、峯田和伸さんの楽曲を映像界でトリビュート!!

数々の名誉あるドラマ賞を総なめにした「奇跡の人」(BSプレミアム)、記憶に新しい朝の連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)で、脚本家と出演者という形で競演した岡田惠和先生と峯田和伸さん。

そこから意気投合した2人は親交を深め、2018年春発売、共著による小説「いちごの唄」(朝日新聞出版社)へと発展した。

「いちごの唄」は小説化と映画化を同時並行で実践。

小説原作と映画の脚本を手掛けた岡田先生が銀杏BOYZの楽曲7曲からインスパイアされ、イメージされた物語をオリジナルで紡ぎ、峯田さんは、小説をイラストという形で共著し、映画への出演も決定している。そして映画は、銀杏BOYZを愛して止まないキャスト・スタッフが集結しています。

映画情報どっとこむ ralph 出演者はミュージシャンであり俳優としての活躍も注目される古舘佑太郎さん

<古舘佑太郎さんコメント>
『いちごの唄』の世界の中で、僕らはどう生きて、どう笑ったり泣いたりして、どんな恋をするのか、楽しみでもあり扉を開ける前の恐怖もあります。初めて銀杏BOYZの曲を聴いた時、部活帰りの汚れたユニフォームのままベッドの上を暴れ回った事を思い出しました。あの時の衝動は何だったのか。この映画を通して僕自身の目で覗いてみたいし、観てくれた方たちと少しでもこの想いが通じ合えたら嬉しいです。大先輩である峯田和伸さんと岡田惠和さんのタッグによって生まれたこの物語を、石橋静河さん、菅原監督と共に全力で駆け抜けて青春したいと思います。


2017年には新人女優賞を総なめ、NHK連続テレビドラマ「半分、青い」などの出演でひっぱりだこの石橋静河さん。

<石橋静河さんコメント>
峯田さんの音楽から紡がれたこの素敵な物語が映画になることが、私自身とても楽しみです。
絡まってほどけなくなった心をほどいて、また大切に編み上げるように千日という女の子を演じてみたいと思いました。
古舘さんをはじめとする素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんと、ひとつひとつのシーンを丁寧に積み上げていけたらと思います。

映画情報どっとこむ ralph 青春時代。
笑って泣けて、痛くて切なく、そして愛らしい。
全ては “あの日”から始まった―かつて誰もが体験したであろう、小さくも真っ赤に実った“初めての恋”の物語を10年の時を経て描く、愛と青春の物語。

2019年、全国ロードショー

公式サイト: ichigonouta.com

物語・・・
なのに僕は恋をする。
恋しちゃいけない、“天の川の女神”に。
冷凍食品の製造工場で働く、笹沢コウタ。
バカでさえない、かっこよくもないコウタの、唯一の親友だった伸二。
しかしその伸二は、2人が大好きだった“女神”あーちゃんを交通事故から守り、死んでいく。
伸二君の死から10年後、コウタはあーちゃんと偶然再会する…。

***********************************

出演:古舘佑太郎 石橋静河 ほか
監督:菅原伸太郎
脚本:岡田惠和 
原作:岡田惠和・峯田和伸(朝日新聞出版)
幹事・企画・制作プロダクション:ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム


ミュージカル映画オーディション受付中!『とってもゴースト』角川監督インタビュー


映画情報どっとこむ ralph ミュージカル映画を日本に根付かせる活動をしてきた角川裕明監督が手掛ける次回作は音楽座さんのオリジナルミュージカル「とってもゴースト」。

監督にインタビューをする機会をいただきました!実は、記者自身ミュージカル好きで、音楽座さんの「とってもゴースト」は、何回か観劇させていただいた作品なので興味津々でインタビューに臨みました。


「とってもゴースト」映画化 角川監督インタビュー
日時:10月16日
ゲスト:角川裕明(かくかわひろあき)監督

映画情報どっとこむ ralph 角川監督自身も『レ・ミゼラブル』『エリザベート』『オーシャンズ11』などミュージカル作品に出られている俳優さん。スマートでイケメン。そして、ミュージカルへの熱が言葉の端々にほとばしります。先ずは、本作の映画化への経緯をお聞きすると

角川監督:日本ではミュージカル映画も少ないですし、オリジナルのミュージカルも少ないのが現状です。海外ではブロードウェイのミュージカルを映画化するという道が普通にあるのですが、日本にはない。ならば是非やってみたい。そんな話をSKIPシティーのプロデューサーにお話している時に、彼が懇意にしている音楽座さんに企画を持っていこうということになりました。私も元々ミュージカルを日本で広める活動と俳優として音楽座さんとはつながりがあったので、いくつか候補を持って行ったところ、音楽座さんも面白がってくれまして。今年の6月に再演した『とってもゴースト』を映画化しようということになりました。

と明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph とってもゴーストは、美貌の人気ファッションデザイナーが自動車事故で死んでしまうのですが、突然の事故死に自分が死んだことに気づかずに・・・と言うもの。既にファッションデザイナー入江ユキ役に安蘭けいさん、デザイナー志望の服部光司役に古舘佑太郎さんが決まっていて、このお二人にメインキャストを決めた理由を

角川監督:安蘭けいさんは、何度も共演させていただいていて、ぼくの監督作に出たいと冗談っぽく言われていたんです(笑)。今回役柄的にも実力的にも安蘭さんが適役だと思い、ダメもとでオファーしてみたらOKがでました。

と語る角川監督は、ミュージカルに対する思いも方向性も安蘭さんと似ている点も起用の一つだそう。そして、古館さんに関しては

角川監督:最初は役柄的に親子で1人を演じてもらおうと2世タレントを探していたんですね。その時に古舘佑太郎さんが気になってました。ただ脚本が進むにつれて、2世でなくてよい演出となり他を探したものの・・・どうしても彼自身の雰囲気と歌声が良くて。伝手がなかったので直接事務所にコンタクトしました。彼はミュージカルは初ですがミュージシャンでもあるので可能性を拡げたいとの古館さんの想いもあって出演が決まりました。

と。
そしてこの流れで、話が出たのが昨日出演することが解禁となったガイド役の永山たかしさんの事。

角川監督:本作で重要なガイド役を探していて、上映脚本をお願いしている方の関係で紹介されたのが永山たかしさんです。直ぐに会いに来てくれまして、内容を説明したら乗ってくれました。実力的にも人気的にも心強い方をキャスティングできました。

と嬉しそうな監督。記者的にはガイドは監督自身がされるのかと思ったと話すと

角川監督:監督をしながら出るのは、どっちつかずになるので、作品のクオリティーを上げるために監督に専念します。

とキッパリ。

映画情報どっとこむ ralph 他のキャストは、いつ頃決まりますか?と、お聞きすると

角川さん:オーディションを行います。締切は、2017年10月29日(日) 23:59 なので、ミュージカルやってみたいと思う人は挑戦して是非応募して欲しいですね。

とのこと、応募サイトはこちら


映画情報どっとこむ ralph ここで、失礼ながら低予算でファンタジーものの映画化は大変ではないかと聞くと?

角川さん:そこは、脚本と演出で一工夫します。ミュージカルやファンタジーになじみのない方達にも共感いただけるリアリティがあるものにしようと思っています。例えば、舞台版と違ってガイドの人物像、背景を描いたり・・・・。今はネタバレになるので明かせませんが楽しみにしてください。

とのこと。すると気になるのは音楽。楽曲スコアは、音楽座さんオリジナルでいくのか尋ねると

角川さん:メロディーラインと歌詞はなるべく世界観を保ちます。ただし、アレンジを効かせて今の時代を反映した物にと思っています。そのためにも今回はミュージカル畑の方ではなく、映像に音楽を付けることを多く手掛けているミュージシャンの方にアレンジをお願いしています。

と映画化するからこそ、新しい世界観も出していかれるそう。


最後に・・・

角川監督:日本人が喜ぶ違和感のないミュージカル映画にこだわって創っていきますが、今回はミュージカルの華やかな部分とダンスもしっかり見せて、ミュージカルの王道の部分も出していきたいなと思っています。

皆さんも、映画に参加してみませんか?

①モーションギャラリーにてクラウドファンディング製作資金調達がほぼ目標金額に達し2017年10月20日23:59終了しました!
ファンディングサイト

②オーディション:2017年10月29日(日) 23:59 締切
オーディションサイト 

映画情報どっとこむ ralph
出演者のお二人からのコメントもどうぞ!

入江ユキ役:安蘭けいさん コメント
角川さんの日本ミュージカルに対する熱い思いに何か協力できないかと思っていたところに映画出演のお声 をかけて頂き、とても嬉しく思っています。しかも音楽座さんの名作で
とても素敵な作品なので楽しみで仕方が ありません。古舘さんとの共演もとても楽しみです!沢山の方に愛される映画になるよう、微力ながら全力を尽くしたいと思います!この出逢いに感謝です。


服部光司役:古舘佑太郎さんコメント
お芝居・歌・ダンスと、三つの要素が試されるミュージカル映画。音楽をきっかけに、この世界に入った僕にはうってつけだと息巻いていましたが、最近、実際にダンスをしてみて 一気に血の気が引きました。全く
経験な かった事を忘れていました!(涙)。でも、新しい事に挑戦するのが大好きなので、とても楽しみです。宝塚のトップとしてステージに立たれていた安蘭けいさんにミュージカルの美しさをとことん教えて頂きながら、普段バンドをやっている僕は僕なりの、“歌と映画”の可能性を探したいです

***********************************


松本潤 違う表現の方法もあるということを学んだ『ナラタージュ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 高校教師と生徒という立場で出会った葉山(松本)と泉(有村)。そんな2人が時を経て運命的再会を果たし、一生に一度の許されぬ恋に身を焦がしていく…。

島本理生による禁断の純愛物語を、嵐の松本潤主演で映画化した『ナラタージュ』が10月7日(土)、ついに全国公開。

同日の東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズでは初日舞台挨拶が行われ、松本潤さん、有村架純さん、坂口健太郎さん、大西礼芳さん、古舘佑太郎さん、行定勲監督が登壇した。

『ナラタージュ』初日舞台挨拶
日程:10月7日(土)
場所:TOHOシネマズ六本木
登壇:松本潤、有村架純、坂口健太郎、大西礼芳、古舘佑太郎、行定勲監督

映画情報どっとこむ ralph この日の舞台挨拶の模様は、全国129の劇場へ生中継された。

葉山役の松本さんは

松本さん:この映画を通して、これまでやってきたこととは違う表現の方法もあるということを学んだ。役として何かを表現するときに、こういうやり方もあるんだと、行定監督に広げてもらった作品。監督に感謝です。

と俳優としての成長を実感。葉山との禁断のラブシーンに体当たりで挑んだ泉役の有村さんは

有村さん:これまで正統派な役が多かった中で、このような作品の色や役柄は初めてでした。自分としても選んでいただいたことが嬉しかったし、光栄に思います。23歳という年齢でこの作品を残せたことは、今後も自分にとって大切なものになりました。
とシミジミ語ると、そんな有村さんに大西さんは

大西さん:撮影中は有村さんが悶絶する姿を見た。その悶絶がこの劇場に知れ渡ったはず。

と労っていた。

映画情報どっとこむ ralph 泉の恋人で葉山さんに対する嫉妬に燃える大学生・小野役の坂口さんは
坂口さん:この役は結構一筋縄ではいかない役だと思いました。やっていることは酷いけれど、気持ちもわかる部分もあり、愛くるしさを感じた。観客の方々に対して、愛してほしい小野君として役を作りました。

と報告。役柄に共感する観客が多いことが伝えられた坂口さんが

坂口さん:嬉しいです。

と表情を緩めると、

松本さん:いいなぁ~

と羨ましがって笑わせました。

12年の構想を経て本作を完成させ
行定監督:この映画が作られるまで悶絶していましたが、今思えばこのキャストにたどり着くまでの時間だったと思っています。隅から隅までキャストに恵まれ、あいまいな愛の話だが何かが伝わる恋愛劇として作品を豊かにしてくれました。

と俳優陣の熱演に感謝しきりだった。

映画情報どっとこむ ralph 映画の内容にちなんで“壊れるくらい忘れられない人やモノ”を聞かれ・・・

松本さん:この映画を観終わったときにあったのは、これまで自分が生きてきたことを振り返る時間でした。中村勘三郎さんや蜷川幸雄さんら、もう会えない人のことを考えた。人の人生の記憶にどれだけ残ることができるのかを考えさせられた。

と真剣な面持ちで回答。その次に指名された有村さんは

有村さん:真面目なお話の後に…。

と苦笑いしながらも「母の手料理」と答え

有村さん:風邪をひいて熱を出してしんどかった時に、母が作ってくれたのがちらし寿司だった。食べたら凄く美味しくて、今でも忘れられません。

と“おふくろの味”を紹介。

松本さん:素敵だな~、母の手料理。素晴らしいですね。

と感心していた。

坂口さん:ポジティブな思い出じゃないかもしれないけれど、衝撃的だったのは、オヤジが泣いているのを見た時。それは今でも強烈に覚えています。

大西さん:祖母が好きだった美空ひばりさん。

行定監督:今はもうないけれど、台湾で食べたイカ墨団子。

そして古舘さん:中学時代にプロレスが好きで、家で友達と体が壊れるくらい練習した日々があった。その時の激痛は覚えています。

と上手くお題にかけて笑いをとっていた。

映画情報どっとこむ ralph ここでヒット祈願として、鏡割りを実施。劇中では雨のシーンが重要な意味を持つことから、樽の中身は“雨水”という変わり種。
松本さん:昨日も雨がたくさん降ってましたからね。

と斬新すぎる鏡割りに驚き顔。無事に木槌で蓋を叩き割ると、中身を覗きながら

松本さん:凄い透き通っている綺麗な雨水。

と感想を述べた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

松本さん:苦くも濃密なラブストーリーになりました。たくさんの人に届き、たくさんの方の心に残ってもらえる作品になれば嬉しい。そしてこの映画が観客の皆さんのものとなり、たくさんの人に愛される作品になることを祈っています。

とメッセージした。

10月7日(土) 全国ロードショー

物語・・・
壊れるくらい、あなたが好きでした。
大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こる――。

***********************************

松本 潤 有村架純
坂口健太郎 大西礼芳 古舘佑太郎 神岡実希 駒木根隆介 金子大地/市川実日子 瀬戸康史

監督:行定勲
原作:島本理生(「ナラタージュ」角川文庫刊)
脚本:堀泉杏
音楽:めいなCo.
主題歌:「ナラタージュ」 adieu(ソニー・ミュージックレコーズ) / 作詞・作曲:野田洋次郎
配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017「ナラタージュ」製作委員会


松本 潤 x 有村架純 x 坂口健太郎「ナラタージュ」場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 許されない、けれどすべてを捧げた恋―。あなたは一番好きだった人を思い出す。
この度、島本理生原作の恋愛小説「ナラタージュ」を嵐・松本潤主演、ヒロインに有村架純、恋愛映画の名手・行定勲監督がメガホンを取り映画化、10月7日(土)に全国公開。

その場面写真が解禁。


高校教師と生徒として出会った二人が、時が経ち再会した後、決して許されはしない、けれど、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちる―。
主人公:葉山貴司(はやま たかし)役には、松本潤(まつもと じゅん)。

これまでの恋愛映画で見せてきたまっすぐな青年役とは違う、許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山を演じます。

葉山を全身全霊で愛する工藤泉(くどう いずみ)役には、有村架純(ありむら かすみ)。

全てを捧げてもいいと思える恋に、身も心もさらけ出し突き進む女子大生を、体当たりの演技で挑みます。

そして、泉に想いを寄せ、一度は恋人になるも、葉山を忘れられない泉への恋心と嫉妬に揺れる大学生・小野玲二(おの れいじ)役として、坂口健太郎が務め、さらに大人になった泉の同僚となる宮沢役を瀬戸康史が、葉山の妻・美雪役を市川実日子が務め脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となる場面写真は、全5点。

泉が雨に打たれながら空を仰ぐ姿や
傘をさして険しい顔で葉山を見つめる姿、
真剣に大学の授業を受ける姿に加え、
泉と小野の2ショット写真も・・・
公園で見つめ合う幸せそうな二人の姿や
恋心と嫉妬に悶える小野が無心で泉を抱きしめるカット
が公開され、場面写真からでもそれぞれの複雑な感情が伝わってきます。

映画情報どっとこむ ralph 忘れられない恋を胸に秘めるすべての人を揺さぶる、究極の恋愛映画にご期待ください。

ナラタージュ

10月7日(土)に全国公開。

物語・・・
壊れるくらい、あなたが好きでした。
大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。

二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こる。

***********************************

松本 潤 有村架純 
坂口健太郎 大西礼芳 古舘佑太郎 神岡実希 駒木根隆介 金子大地/市川実日子 瀬戸康史
監督:行定勲 
原作:島本理生(「ナラタージュ」角川文庫刊) 
脚本:堀泉杏  音楽:めいなCo.
製作:「ナラタージュ」製作委員会 
制作プロダクション:東映東京撮影所 
制作協力:ザフール 
企画協力:KADOKAWA
配給:東宝=アスミック・エース  
(C)2017「ナラタージュ」製作委員会