「古田新太」タグアーカイブ

『土竜の唄 香港狂騒曲』WEBアプリ『MOGあわせ』配信スタート


映画情報どっとこむ TJ 香港を舞台に、潜入捜査官・菊川玲二が前作以上にミッション絶対インポッシブルな任務に挑む『土竜の唄 香港狂騒曲』は12月23日(金・祝)に全国公開となります!。

映画続編公開記念としてWEBゲームコンテンツ「MOGあわせ」が配信をスタートしました!

%e3%82%82%e3%81%90%e3%81%82%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%94%bb%e9%9d%a2
内容としては、カードゲーム~もぐあわせ~と称したトランプの神経衰弱ゲームをWEB上で遊べるというもの。

1日3回までプレイ可能で、ゲームの結果によって獲得できるポイント(モグコイン)が変動。このポイントを貯めていき、上位者には12/19(月)に都内某所で行われる公開直前イベントへの招待枠や、非売品スタッフTシャツなどレアなプレゼントが当たるチャンス!更に、ゲームで貯めたポイント(モグコイン)を使用して、12/5(月)に行われるバトルプレミアイベントの勝敗を予想することが出来ます。見事予想が的中すると、ポイントが10倍以上にもなるチャンスで、あとからゲームを始めたユーザーも十分上位を狙えるシステムになっています。

映画情報どっとこむ TJ なんといってもカードゲームで使用している原作者・高橋のぼる氏の描き下ろしカードはファンにとっては必見!
%e3%82%82%e3%81%90%e3%81%82%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%94%bb%e9%9d%a201
主人公・菊川玲二と、玲二が潜入する広域指定暴力団・数寄矢会の会長を務める轟周宝のカードは特別ルールが設定されていたりと、ファンのみならず幅広く“モグラワールド”を堪能できるお楽しみな仕掛けが散りばめられています。前回、髙橋のぼる氏が本作の本ビジュアルを描き下ろした際に、「公開に向けて、私の魂もお祭り騒ぎです!」と語ったように、実写映画×原作漫画の強力タッグは公開までボルテージMAXでお届け!

「MOGあわせ」概要
配信期間 11/18(金)~公開後までを予定

推奨環境
【PC】
[Windows] Internet Explorer 9.0以降、Google Chrome 48.0以降、Mozilla Firefox 44.0以降
[Macintosh] Safari 9.0以降、Google Chrome 48.0以降、Mozilla Firefox 44.0以降

【スマホ】%e3%82%82%e3%81%90%e3%81%82%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%94%bb%e9%9d%a202 [iPhone,iPad](OS) iOS 8.0 以降
(ブラウザ) OS標準ブラウザ
[Android](OS) Android 4.2 以降
(ブラウザ) OS標準ブラウザ

■URL www.mog-awase.com

映画情報どっとこむ TJ %e3%80%8e%e5%9c%9f%e7%ab%9c%e3%81%ae%e5%94%84-%e9%a6%99%e6%b8%af%e7%8b%82%e9%a8%92%e6%9b%b2%e3%80%8f生田斗真を中心に前作から引き続き仲里依紗、上地雄輔、堤真一も本作で大暴れし、さらに今作からの新キャストとして、瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒が加わり、まさに絢爛豪華なキャスト達が「モグラワールド」を彩ります。スリル!コーフン!アクション!お色気!すべてにおいて前作を凌駕した超ハイテンションムービー!

真冬の寒さもぶっ飛ばす、クリスマスとお正月が一緒に来たようなハイテンションムービー『土竜の唄 香港狂騒曲』に引き続きご期待ください!

土竜の唄 香港狂騒曲

12月23日(金・祝)全国東宝系ロードショー

公式サイト:mogura-movie.com

***********************************

原作:高橋のぼる「土竜の唄」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
監督:三池崇史  
脚本:宮藤官九郎 
音楽:遠藤浩二
出演:生田斗真 瑛太 本田翼 古田新太 菜々緒 上地雄輔 仲 里依紗 堤 真一 ほか

製作:フジテレビジョン 
制作プロダクション:OLM 
制作協力:楽映舎 配給:東宝
©2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM ©高橋のぼる・小学館
    


久松郁実 セクシー過ぎるチャイナドレスで参戦!『土竜の唄 香港狂騒曲』


映画情報どっとこむ TJ 原作である超大ヒットコミック「土竜の唄」(高橋のぼる/週刊ビッグコミックスピリッツ連載中)でも絶大な人気を誇る【チャイニーズマフィア編】。香港を舞台に、潜入捜査官・菊川玲二が前作以上にミッション絶対インポッシブルな任務に挑む『土竜の唄 香港狂騒曲』は12月23日(金・祝)に全国公開となります。
%e3%80%8e%e5%9c%9f%e7%ab%9c%e3%81%ae%e5%94%84-%e9%a6%99%e6%b8%af%e7%8b%82%e9%a8%92%e6%9b%b2%e3%80%8f 生田斗真を中心に前作から引き続き仲里依紗、上地雄輔、堤真一も本作で大暴れし、さらに今作からの新キャストとして、瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒が加わり、まさに絢爛豪華なキャスト達が「モグラワールド」を彩ります。スリル!コーフン!アクション!お色気!すべてにおいて前作を凌駕した超ハイテンションムービーに大注目です!

そしてこの度、発表された追加キャスト。自身の写真集やDVDが軒並み完売となることを称され「完売ガール」という異名を欲しいままにする、モデルで女優の久松郁実が本作に出演していることが解禁されました!

下を穿き忘れてます!?

映画情報どっとこむ TJ 久松が出演しているシーンは、本作最大の見せ場である香港の高級美女オークション会場。

轟迦蓮(本田翼)のボディーガードという任務中の菊川玲二(生田斗真)だったが、チャイニーズマフィア・仙骨竜により迦蓮が香港へと攫われてしまいます。助けに向かった玲二が行き着いた先は、人身売買が行われる香港の高級美女オークション会場…この会場に、久松演じる中国人・チーリンの姿が!
%e3%80%8e%e5%9c%9f%e7%ab%9c%e3%81%ae%e5%94%84-%e9%a6%99%e6%b8%af%e7%8b%82%e9%a8%92%e6%9b%b2%e3%80%8f%e4%b9%85%e6%9d%be%e9%83%81%e5%ae%9f_%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3 久松は人身売買の被害者という自身にとっても初めての役どころ。グラビアクイーンならでは、足を全面的に見せつける蠱惑的なチャイナ服で、値踏みをする富豪たちの卑しい視線に耐える難しい役を体当たりで好演しました!役どころ、とはいえ久松のフェロモン全開のビジュアルは、まさに本作の世界観を十二分に表現しているファンタスティックな衣装。この度の発表に伴い、「モグラワールド」を押し出すため、横浜中華街で役衣装を身に着け改めて撮影。久しぶりに衣装を身にまとった久松は撮影時を思い出しながら意気揚々と撮影に臨みました。

映画情報どっとこむ TJ 久松郁実さんからのコメントです!

%e3%80%8e%e5%9c%9f%e7%ab%9c%e3%81%ae%e5%94%84-%e9%a6%99%e6%b8%af%e7%8b%82%e9%a8%92%e6%9b%b2%e3%80%8f%e4%b9%85%e6%9d%be%e9%83%81%e5%ae%9f_%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e5%bd%b93人身売買オークションにかけられる中国人の女性「チーリン」役を演じさせて頂きました。
もともと「土竜の唄」の映画の大ファンで、前作は3回観ていたので、出演が決まった時はとても嬉しかったです。
そして、初めて中国人の役でセリフも中国語だったので不安もありましたが、精一杯がんばろうと思いました。撮影中、実際に体験したことのない恐怖、絶望をどう表現していくのかを自分なりに考え、三池監督にご指導頂きながら演じていました。自分自身演じたことのない役に苦戦しましたが全力でぶつかっていけて、とても楽しい撮影期間でした。前作よりもパワーアップし、どのシーンも見逃せない、とてもハラハラドキドキする作品だと思います。
わたしも活躍シーンがあるので是非楽しみにしていて下さい。

映画情報どっとこむ TJ 「週刊ビッグコミックスピリッツ」1号(12月5日発売)にて、 久松が役衣装を着てグラビアページに登場!!

真冬の寒さもぶっ飛ばす、クリスマスとお正月が一緒に来たようなハイテンションムービー

『土竜の唄 香港狂騒曲』

12.23(金・祝)全国東宝系ロードショー

公式サイト :http://mogura-movie.com/


***********************************

原作:高橋のぼる「土竜の唄」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)

監督:三池崇史  
脚本:宮藤官九郎 
音楽:遠藤浩二
出演:生田斗真 瑛太 本田翼 古田新太 菜々緒 / 上地雄輔 仲 里依紗 / 堤 真一 ほか
製作:フジテレビジョン 
制作プロダクション:OLM 
制作協力:楽映舎 
配給:東宝
©2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM ©高橋のぼる・小学館
    


back numberが3DCG猫映画「ルドルフとイッパイアッテナ」主題歌書き下ろし


映画情報どっとこむ ralph あのback numberがこの夏話題の3DCGアニメ「ルドルフとイッパイアッテナ」の主題歌が映画のために書き下ろした新曲「黒い猫の歌」に決定!
ルドルフとイッパイアッテナ_ポスター
「ルドルフとイッパイアッテナ」(斉藤洋・原作)は1987年に刊行され、シリーズ累計100万部を誇る児童文学の不朽の名作。

世代を超えて愛され続けている原作を「劇場版ポケットモンスター」シリーズの湯山邦彦監督、全米で人気を博した3DCGアニメ「パックワールド」の榊原幹典監督ら日本屈指のクリエイターが集結してアニメ化。さらに井上真央や鈴木亮平らが声優として参加し、この夏最も注目されている感動の作品です。

映画情報どっとこむ ralph 現在back numberは自身最大規模のアリーナ12公演を含む全国ツアー中。全箇所即日ソールドアウトだそうです。そんなback number 清水依与吏さんからコメント届いています!

back-number
back number清水依与吏(Vo&G)のコメント:
きっと多くの子供達が感覚を養う大切な時期に目にする事の多い映画だと思うので、なるべくポジティブな楽曲にしたいと思いました。一方で、その子供達が大人になってもう一度この映画を見た時に、初めて紐解けるメッセージも必要だと感じました。
ルドルフの色、『黒』をキーワードに、『探し続ける事』と『受け入れる事』その両方が肯定できる楽曲になったと思っています。

井上真央さんの主題歌へのコメント:
井上真央back numberさんの曲は、去年、友人に薦められたのがきっかけでよく聴くようになりました。移動の車中でアルバム「シャンデリア」をずっとリピートしていたので、スタッフさんがその事を知って、主題歌をお願いしてくれたのではないかと思ってしまったほどです。主題歌を聴いたとき、映画の世界観にぴったりだと思いました。子供たちだけでなく、大人も余韻に浸れるような曲になっていて、そっと背中を押してくれるような歌詞と優しい歌声です。是非、皆さんも癒されてください。

企画・プロデュース 岩佐直樹氏からの起用コメント:
前向きな楽曲で作品を締めくくりたいという監督の思いを受け、“等身大の歌詞”で絶大なる共感を得ているback numberさんに、2匹の生き様に寄り添いながら、ラブソングとはまた違った普遍的なメッセージを歌い上げて頂きたいと思い、オファーさせて頂きました。前向きな気分で劇場を出られる素敵な曲を作って頂き、感謝しております

映画情報どっとこむ ralph ストーリー・・・
大好きな飼い主と突然はなればなれになってしまった黒猫のルドルフ。迷い込んだ長距離トラックで辿り着いた先は、大都会・東京。そこで出会ったのは町で最も恐れられている大きなボス猫・イッパイアッテナ。ルドルフは故郷へ帰ることもできずイッパイアッテナとともにノラ猫として生きていくことに。しかし、イッパイアッテナには思いもよらないヒミツがあったのです。

声の出演:井上真央、鈴木亮平、八嶋智人、古田新太

原作: 「ルドルフとイッパイアッテナ」(斉藤洋・作)
監督:湯山邦彦・榊原幹典        
脚本:加藤陽一
製作:2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
配給:東宝   
公式サイト:
http://www.rudolf-ippaiattena.com/   
公式Twitter:@rudo_ippai    
公式ハッシュタグ:#ルドルフとイッパイアッテナ
8月6日(土)より 全国東宝系にて3D/2D公開です。

***********************************



『パディントン』公開前夜祭。クマ祭であったかいんだからぁ♪


実写映画化した『パディントン』が、ついに明日から日本公開!

公開を前日に控えた、1月14日(木)、全国の「クマ」が汐留に大集合し、名前に「クマ」が入ったお客さんと共に、“芸能界のクマ代表”「あったかいんだからぁ~」でおなじみのクマムシのお二人が、映画『パディントン』公開前夜祭を盛り上げました!

パディントン
映画『パディントン』前夜祭 クマ祭りイベント
日時:1月14日(木)
会場:スペースFS汐留
登壇:クマムシ(長谷川俊輔、佐藤大樹)、パディントン

パディントンとお揃いの“パディントンコーデ”に身を包み、大きな拍手で登場したクマムシの2人。

長谷川さん:映画のイベントに出るのが初なので、本当に光栄です!クマの耳もつけてみました!

佐藤さん:パディントンみたいに可愛いコーディネートになるはずが、思いのほかかっこよい着こなしになっちゃいました。

と挨拶。
パディントン_クマムシ0
そして、今回はクマ祭り!会場に集まった約100人の「クマ」が名前に入っているお客さんに対して、

佐藤さん:クマ仲間のみんなに会えて嬉しいです!でも“芸能界のクマ代表”に熊川哲也さんじゃなくて、本当に僕たちで大丈夫でした?

とコメントし、会場は爆笑!

MC:昨年は忙しかったですね。

長谷川さん:日本レコード大賞や紅白に出させていただき、ありがたいことに年末はアーティストばりに忙しかったので、もう最近は普通に歌がうまくなりたいって思ってます。今年は、歌だけじゃなくて、映画とか声優とかミュージカルにも出てみたいです。
映画は、とにかく映画がめちゃくちゃ面白かった!パディントンに終始ソワソワさせられながら、でも本当に可愛いくて。家族がテーマの物語なので、心があったかくなっちゃいました。

佐藤さん:そこは普通に“あったかい”って言っちゃうんだ。

長谷川さん:あ、思わず普通に言っちゃった。

と反省。さらに

長谷川さん:パディントンを観ていて思ったのが、佐藤にそっくりなんですよ。すぐどっかに行っちゃったり、迷って一人で勝手に行動しちゃうところとかが。すぐ佐藤もふらっとどっかに行ってしまう。

と、パディントンと佐藤の共通点についても言及。それに対し

佐藤さん:パディントンくらい可愛いの!って意味だと思ったのに、そういうことか。確かに、誰にも言わずにお金とか卸しに行っちゃうんですよね、僕。

パディントン_クマムシ1
終始和やかな雰囲気でトークが進み、パディントンにスペシャルプレゼントがあると明かしたクマムシは、驚くパディントンへ向けて

長谷川さん:映画の公開のお祝いと、ヒットをお祈りして、スペシャルソングをパディントンに贈ります!

と、あったかいんだからぁのパディントン仕様の替え歌を披露

長谷川さん:ブラウン一家とパディン~トンの絆、あったかいんだからぁ♪ 愛しくて可愛い 赤い帽子のクマは~ パディントンだからぁ~♬

と歌い会場を盛り上げました。

パディントン_あったかいんだから
明日からの映画公開を楽しみに待つ人へ、

長谷川さん:家族みんなで楽しめる素晴らしい作品なので、ぜひみんなで観て心をあったかぁ~くしてほしい。

佐藤さん:すごく不器用でおっちょこちょいなところもあるんですけど、すごく誠実な部分もあって、そこも僕に似ているので、ぜひパディントンと佐藤をよろしくお願いいたします!

とちゃっかり自身も含んだPRも!

パディントン

2016.1.15(FRI.)全国ロードショー!

公式サイト:paddington-movie.jp

********************************************************************

パディントン_ポスター物語・・・
映画史上一番紳士なクマに、 ハッピーと笑顔があふれ出す!
イギリス・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、家を探しにはるばるペルーからやってきた。丁寧な言葉づかいで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。 それは・・・彼が“クマ”だから!やっと出会った親切なブラウンさん一家に“パディントン”と名づけられ、屋根裏に泊めてもらうことになる。そうして始まった初めての都会暮らしはドタバタの連続!果たしてパディントンは無事に家を見つけることができるのか―!?そして、そこには、もっと素敵な何かが待っていた・・・!

日本語吹き替えキャスト:松坂桃李、木村佳乃、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめ

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス ほか

監督:ポール・キング  
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ  
原作:マイケル・ボンド 

© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited


三戸なつめも参加!クマ語聞いて!^ ^『パディントン』


実写映画『パディントン』が、2016年1月15日(金)より全国公開となります。

この度、主人公のくまのパディントンの日本語吹き替えを松坂桃李さんが担当することは以前お知らせしましたが、新たに木村佳乃さん、古田新太さん、斉藤由貴さん、三戸なつめさんが参加することが決定いたしました。新ポスタービジュアルに解禁となりました。

そして、そのビジュアルに収められた登場人物のボイスキャストが決定!謎の美女ミリセント役に木村佳乃さん、親切なブラウンさん一家の父・ブラウンさん役に古田新太さん、母・ブラウン夫人役に斉藤由貴さん、娘のジュディ役を三戸なつめさんが担当します。

『パディントン』第2弾ボイスキャスト解禁
今回発表のVC木村佳乃さん、古田新太さん、斉藤由貴さん、三戸なつめさんからコメントです!

木村佳乃(39)/ミリセント役
小さい頃から大好きだった「パディントン」が実写化されると聞いて、これは絶対にやらせていただきたい!と思いました。どんな映画になるのか楽しみで、関われたら嬉しいと思って引き受けさせていただきました。ニコール・キッドマン演じる謎の美女・ミリセント役を担当させていただきました。彼女が表現したお芝居を日本語でいかにわかりやすく声だけで表現していくかに気を配って演じました。美術がとてもきれいな映画で、ブラウンさん一家のセットが本当に素晴らしいです!それから、(ブラウンさん一家の隣人の)カリーさんが登場するシーンはコミカルでお気に入りです。そのあたりにも是非ご注目ください。


古田新太(49)/ヘンリー・ブラウン役
声優の仕事は好きなので、二つ返事で「やらせてください」と引き受けました。洋画の吹き替えはあまり経験がないので楽しくやれました。(声優を担当したブラウンさん役を演じるヒュー・ボネヴィルは)ブレスとか呼吸の位置が非常に独特な俳優さんだったのでちょっと難しかったですが、面白かったです。ご夫婦やお父さん世代の方がお一人で観ても楽しめる映画なので、ぜひ楽しんでください。

斉藤由貴(49)/メリー・ブラウン役
(オファーを受けた時)吹き替えをするのはものすごく久しぶりなので、ちゃんとできるかなぁとすごく心配でしたが、声優を担当したメリー・ブラウンというキャラクターは「物語の挿絵画家」という設定で、家の中のインテリアのしつらえなどもとてもセンスのよさが滲み出るもので、そういう女性の吹き替えができたのはとても嬉しかったです。(お気に入りのシーンは)ドールハウスが出てくるシーンです。私自身ドールハウスが好きなんですが、映画の中のドールハウスが本当によく出来ていて、隅々までじっくり観てしまうくらいでした(笑)。皆さんもぜひご注目ください。


三戸なつめ(25)/ジュディ・ブラウン役
(声優のオファーを受けた時)とてもやってみたかった仕事でしたし、しかも小さい頃から見ていた大好きなパディントンの映画化だったのですごく嬉しかったです。セリフをいうタイミングだったり、イントネーションが難しかったです。ジュディが中学生だったのでいつもより高い声でセリフを言ったり子供らしさを大事にしました。(お気に入りのシーンは)パディントンがスリを追いかけて空に飛んだ場面です。ハラハラドキドキするし、ジュディがパディントンを受け入れたキッカケにもなったシーンなので好きです。パディントンの可愛い世界観や、家族の絆にも注目して観ていただきたいです!私のクマ語も是非聞いてください!^ ^

映画史上一番紳士なクマに、ハッピーと笑顔があふれ出す!

実写映画『パディントン

イギリス・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、家を探しにはるばるペルーからやってきた。丁寧な言葉づかいで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。 それは・・・彼が“クマ”だから!やっと出会った親切なブラウンさん一家に“パディントン”と名づけられ、屋根裏に泊めてもらうことになる。そうして始まった初めての都会暮らしはドタバタの連続!

果たしてパディントンは無事に家を見つけることができるのか―!?そして、そこには、もっと素敵な何かが待っていた・・・!

2016.1.15(FRI.)全国ロードショー!

公式サイト:paddington-movie.jp
公式twitter:@eigapaddington
 
********************************************************************

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント

監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド
配給:キノフィルムズ
 
© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited