「古田新太」タグアーカイブ

山本政志監督、5年ぶりの最新作は南果歩で!大バカ映画『脳天パラダイス』クランクイン


映画情報どっとこむ ralph 山本政志監督の5年ぶりの長編映画最新作がクランクインする運びとなりました。
1982年、高度経済成長の時代に取り残されたマイノリティを描いた『闇のカーニバル』で監督として鮮烈なデビューを果たし、同年のベルリン国際映画祭、カンヌ国際映画祭に出品され、『ロビンソンの庭』(87)ではベルリン映画祭のzitty賞、ロカルノ映画祭審査員特別賞を受賞など、1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントの中心にいた人物が山本政志監督だ。その後も『JUNK FOOD』(97)を全米10都市で公開、単身ニューヨークに渡り、『リムジンドライブ』(00)の製作など次々に発表し、日本映画の中でもアンダーグランドカルチャーの担い手として映画界を牽引してきた。

2014年の『水の声を聴く』が2015年ベルリン国際映画祭フォーラム部門に正式出品され、キネマ旬報日本映画で第9位を獲得。山本監督の最新作にして、彼のパワー、エネルギーがぎっしり詰まった新作、それが『脳天パラダイス』。

映画情報どっとこむ ralph 山本政志監督コメント
どこまでせせこましく、窮屈な世の中にしていくつもりだろう。世界はバカになってしまうのか?じゃ、をれを上回る大バカあ映画で、バカ世界を吹き飛ばしてみよう。「脳天パラダイス」始動!


映画情報どっとこむ ralph 大豪邸に住む父と兄妹。だが、その日は引越しの日。
父が破産、母は昔恋人を作って家を出ており、一家3人は暗い気持ちで引越しの準備をしていた。
不甲斐ない父にイラつきながら、妹の茜が投稿した一回のSNSが、一家を思いもよらぬ運命へと導いていく・・・。

脳天パラダイス_キャスト 脚本に惚れ込んだ南果歩が元妻・昭子役に決定、笹谷家の家長には幅広いジャンルで活躍するいとうせいこう、謎のホームレス役に柄本明と異色の顔合わせが実現。また、玄理、村上淳、古田新太名を連ねる。息子・ゆうた役には田本清嵐、オーディションを勝ち取ったあかね役には小川未祐、新旧入り乱れたキャスティングと、予想を超える展開の物語でエンターテインメントを作り上げる。また、本作の脚本には、速射砲の如く繰り広げられるギャグで、現実と虚構を縦横無尽に渡り歩く斬新な舞台で、期待のU30演劇人として注目されている、「コンプソンズ」の作・演出金子鈴幸が参戦。スーパーポップなタイトルからして何が起こるかわからない本作にこうご期待!

『脳天パラダイス』

本日9月4日、東京都でクランクイン。
公開は2020年を予定している。

あらすじ
東京郊外、一軒の大豪邸。あとは荷物を積み込むだけとなった部屋を見渡す笹谷修次。家長でありながら、この家を手放す原因を作った張本人である。引きこもり気味の息子・ゆうたは淡々と現実を受け止めている。娘のあかねは、不甲斐ない父親にイラつきながら、やけくそ気分でTwitterに写真とメッセージを投稿する。「今日、パーティーをしましょう。誰でも来てください。飲み物・食べ物は持参してね♡」そのままフテ寝するあかね。投稿がリツイートされたことを知らせる通知が鳴っていることを知らずに・・・。SNS恐るべし。破産して一家離散目前の家族の前に、次々と珍客が訪れ、勝手にパーティー的な、どんちゃん騒ぎ的な事態が繰り広げられていく。頑なに追い返そうとする修次だったが、その目の前に現れたのは、元妻・昭子だった。珍客は増え続け、笹谷一家の引越しは!?いやいや、それどころか客たちによって一家の運命はありえない方向へ導かれていく・・・果たして彼らの行く末は・・!?

***********************************

監督:山本政志
脚本:金子鈴幸/山本政志
プロデューサー:村岡伸一郎
製作:株式会社パンクチュアルカルチャー/大江戸美術
企画;株式会社シネマインパクト/株式会社C・C・P
出演:南果歩 いとうせいこう 田本清嵐 小川未祐 玄理 村上淳 古田新太 柄本明 他




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ボイスキャスト追加情報・モンスター画像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」(1992年発売)。

そのストーリーを原案に、山崎貴が総監督・脚本を担当し、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』として、ドラゴンクエストシリーズ初のフル3DCGアニメーション映画化することが先日発表となりました。

監督に八木竜一・花房真、原作・監修に“ドラゴンクエストの生みの親”堀井雄二、音楽にゲームの人気を支えてきたすぎやまこういちの楽曲を使用することも決定。主人公・リュカ役の佐藤健を始め、リュカを取り巻くキャラクターを演じる豪華ボイスキャストも解禁され、この夏一番の超大作として既に大きな話題となっております。

そしてこの度、出演だけが発表されていたリュカと刃を交える魔物たちのボイスキャストの役名を解禁!

映画情報どっとこむ ralph フローラが住む町・サラボナの平和を脅かしている3つの目を持つ巨大なモンスター・ブオーンに古田新太。

古田新太さんのコメント
そいつが現れたのは大学の時だった。
4回生の先輩の部屋にしか、それは無かった。
ファミコンだ、そしてソフトは当然「ドラゴンクエスト」だ。
何せそこにしかないものだから、みんな入り浸った。
何人もが来て、勝手にプレイしてセーブしていく。
「ふっかつのじゅもん」だ。みんながメモに書いて壁に貼っていく。
無数の「ふっかつのじゅもん」がびっしりと貼られた壁、すぐにどれが自分のかわからなくなった。
今でもおいらたちは栄養ドリンクのことを「聖水」と呼んでいる。


母・マーサをさらい、父・パパスの命を奪い、幼き頃からリュカを苦しめているモンスターのボス・ゲマに吉田鋼太郎。

吉田鋼太郎さんのコメント
ドラゴンクエストの思い出と言えば、やはり初期の作品ですね。
復活の呪文の一文字の写し間違いで復活できなかった辛さは筆舌に尽くしがたいです。
ドラゴンクエストとは青年時代からの長い付き合いで、まさか自分が登場人物になれるとは思っていなかったので、今作へ参加することが出来て幸せです。
重要なボスキャラ・ゲマ役なのでプレッシャーが凄かったです。
今でもああすれば良かった、こうすれば良かったと後悔しきりです。


そのすべてが謎に包まれている最恐の魔王・ミルドラースに井浦新。

井浦新さんのコメント
小学生の頃、DQⅠから始まった大冒険。シリーズを重ねるごとに毎回魅了されてきました。
高3の時に夢中になってプレイしたDQⅤの世界を下敷きにし、つくられたこの作品に、参加させていただき、自分の声が吹き込まれたキャラクターが動き出すなんて、直撃世代としては言葉で表しきれないほどの幸せを感じています。
ユア・ストーリーが、DQの真骨頂である勇気と好奇心を、どのような表現で魅せてくれるのか、演じたキャラクターはいったいどんな仕上がりになっているのか、DQファンのひとりとして映画館で楽しみたいと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 世界を闇で包み込むとてつもないパワーを持ったモンスターたちがどのようにリュカ達を追い詰めるのか。リュカは世界を救うことが出来るのか?ご期待ください。

更に映画に登場する様々なモンスターの画像も解禁! パパスの想いを受け、冒険に出発したリュカが対峙するキラーマシン・キングスライム・メタルスライム・マタンゴ・オーク、そしてゲマの手下のジャミとゴンズ等、どこか可愛く、迫力のあるモンスターたちがスクリーンに多数登場します。

まだまだたくさんの謎が残されている映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。更なる続報をお楽しみに!


『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

公式HP :
https://dq-movie.com/

公式Twitterアカウント:
@DQ_MOVIE


***********************************


原作 ・ 監修:堀井雄二
音楽:すぎやまこういち
総監督・脚本:山崎貴
監督:八木竜一 花房真
キ ャ ス ト :佐藤健
有村架純 波瑠 坂口健太郎 山田孝之
ケンドーコバヤシ 安田顕 古田新太 松尾スズキ
山寺宏一 井浦新 賀来千香子 吉田鋼太郎
製作:2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
配給:東宝
©2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
©1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『プロメア』入場者特典は本編の前日譚!超先行試聴シリアルコード付き


映画情報どっとこむ ralph 人気TVシリーズ「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)の最強の二人、アニメ界を沸かせる今石洋之と演劇界を牽引する中島かずきは、常に驚きと勇気を与え、多くの話題をさらってきました。そんな二人が構想から6年の時を経て、二人の想いの全てを注ぎ込んだ 待望の完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が5月24日(金)より公開!
プロメア 本作の声優には、主人公で消防隊<バーニングレスキュー>に所属する新人隊員ガロ役に大河ドラマからコメディ映画まで幅広く活躍する国民的俳優の松山ケンイチさん、ガロの宿敵となるリオ役に舞台、映画やドラマと近年注目作への出演がめざましい早乙女太一さんのW主演が実現!さらにガロの上司であるクレイ役に日本を代表する俳優の堺雅人さんが務め、その脇を固めるケンドーコバヤシさん、古田新太さんなど超豪華キャスト陣の参加も話題となっております!さらに、主題歌とエンディング主題歌は、Superflyさんが本作の世界観をイメージした描き下ろし楽曲で、魂を揺さぶるような楽曲が本作をより熱く鮮やかに燃え上がらせます!

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、本作の第一弾入場者特典が、『プロメア』前日譚となる、このためにだけ制作された全編新作カットから成る完全オリジナル短編アニメーション『ガロ編』が超先行視聴できるシリアルコード付きキャラクターカードに決定しました!

『プロメア』第一弾特典 カードの絵柄はガロ、アイナ、レミー、ルチア、バリスの〈バーニングレスキュー〉メンバーに加え、ウォンテッドと記載されたマッドバーニッシュのリーダー、リオに自治共和国プロメポリスの司政官、クレイ・フォーサイトの全8種類。IDカード風のデザインで、カードに記載された、シリアルコードによって約10分の『ガロ編』を視聴することが出来ます!

更に、第二弾特典も近日発表されるとのことで、今後の特典の内容にも期待が高まります!

映画情報どっとこむ ralph 【プロメア 第一弾入場者特典『ガロ編』 概要】

特典名:映画『プロメア』前日譚!完全新作アニメーション『ガロ編』 超先行視聴!!シリアルコード付きキャラクターカード
配布開始日:5月23日(木)前夜祭上映~ ※前夜祭上映の無い劇場は24日からの配布となります。
カードの種類:ガロ、リオ、クレイ、アイナ、レミー、ルチア、イグニス、バリス(合計8タイプ)

※1回にご入場につき1枚となります。
※ランダム配布の為、絵柄はお選びいただけません。
※数に限りがございます。

映画情報どっとこむ ralph 映画『プロメア』

公式HP:
promare-movie.com

公式Twitter
https://twitter.com/promare_movie

映画『プロメア』
5月24日(金)世界大炎上‼

『プロメア』本ポスター
ストーリー
世界大炎上―― 全世界の半分が焼失したその未曽有の事態の引き金となったのは、突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉の出現だった。あれから30年――攻撃的な一部の面々が〈マッドバーニッシュ〉を名乗り、再び世界に襲いかかる。対バーニッシュ用の高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロ(松山ケンイチ)と〈マッドバーニッシュ〉のリーダー・リオ(早乙女太一)。熱き魂がぶつかりあう、二人の戦いの結末は̶̶。


***********************************


【キャスト】 松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
ケンドーコバヤシ 古田新太 佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸 柚木涼香

【スタッフ】
原作:TRIGGER・中島かずき 
監督:今石洋之
脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術:でほぎゃらりー 美術監督:久保友孝 
色彩設計:垣田由紀子 3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 編集:植松淳一
音楽:澤野弘之 音響監督:えびなやすのり 
タイトルロゴデザイン:市古斉史
主題歌:「覚醒」「氷に閉じこめて」 Superfly(ワーナーミュージック・ジャパン)
アニメーション制作:TRIGGER
製作:XFLAG
配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ファミ通まさかの“アニメ”で47頁 映画『プロメア』のTRIGGER&今石監督特集 


映画情報どっとこむ ralph 6年の時を経て、二人の想いの全てを注ぎ込んだ 待望の完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が5月24日(金)より公開となります!
プロメア さらに本作の声優キャストとして松山ケンイチさん、早乙女太一さんのW主演が実現!堺雅人さん、ケンドーコバヤシさん、古田新太さんと超豪華声優陣の発表も続き、更に主題歌アーティストとしてSuperflyの参加が発表されるなど、公開までの期待がどんどん高まっています!

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、老舗ゲーム雑誌の「週刊ファミ通」(発行:Gzブレイン)が、5月16日(木)発売号で、ゲーム雑誌として超異例のアニメーションスタジオTRIGGER&今石監督特集を47ページの超特大ボリュームで掲載することが分かりました!ゲーム以外のコンテンツでこのボリュームは、30年以上の歴史を誇るファミ通の歴史においても過去最大、並外れた大特集となっています。
映画『プロメア』老舗ゲーム雑誌“ファミ通特集内画像[1] ▲「週刊ファミ通」2019年5月30日号(5月16日発売)

当初2ページ程度で始まったという本企画でしたが、担当曰く『プロメア』の熱に浮かされ、気付いたら47ページなっていた…とのこと。今回、その想いの象徴とも言える特集の冒頭ページも公開されました!

「週刊ファミ通にゲーム以外の情報がこんなにもたくさん載るのは、ちょっとした事件だ。我々も、今石監督と、TRIGGER作品の持つ熱に浮かされたのかもしれない。熱さに感化されたのかもしれない」by週刊ファミ通編集部

観たものを熱狂させ、何雑誌なのか分からなくなってしまう程の特集を組ませてしまうほどの“熱さ”を持った映画プロメア。
ファミ通からの特大の熱を受け、世界大炎上待ったなし!!益々燃え上がる本作からもう目が離せません!!

映画情報どっとこむ ralph 映画『プロメア』

5月24日(金)世界大炎上‼

公式HP:
promare-movie.com
公式Twitter:
@promare_movie
世界大炎上――突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉の炎によって世界の半分が焼失してから30年、一部の攻撃的な面々は〈マッドバーニッシュ〉を名乗り、再び世界に襲いかかる。彼らが引き起こす火災を鎮火すべく、司政官クレイにより結成された高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉の燃える火消し魂を持つ新人隊員ガロは、〈マッドバーニッシュ〉のリーダーであるリオと出会い、激しくぶつかり合う。そんな中、リオからバーニッシュをめぐる衝撃の真実を告げられることに。さらにガロたちは地球規模で進められている“ある計画”の存在を知ることになる――。

***********************************

【キャスト】
松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
ケンドーコバヤシ 古田新太
佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸 柚木涼香
【スタッフ】
原作:TRIGGER・中島かずき 監督:今石洋之 脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術:でほぎゃらりー 美術監督:久保友孝 色彩設計:垣田由紀子 3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 編集:植松淳一 音楽:澤野弘之 音響監督:えびなやすのり タイトルロゴデザイン:市古斉史
主題歌:「覚醒」「氷に閉じこめて」 Superfly(ワーナーミュージック・ジャパン)
アニメーション制作:TRIGGER
製作:XFLAG 
配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG   
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ケンドーコバヤシ、安田顕らボイスキャスト追加情報&コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 1986年に第1作が発売されて以来、現在シリーズ累計の出荷・ダウンロード販売本数が7800万本を突破している日本を代表する国民的RPG「ドラゴンクエスト」。現在までに、80を超えるシリーズ作品が発表されている中で、“親子三代にわたって魔王を倒す”“結婚相手を選ぶ”等、大河ドラマのような人生を体感できる作品として、発売から25年以上経った今でも特に愛され続けているのが「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」(1992年発売)。

そのストーリーを原案に、山崎貴が総監督・脚本を担当し、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』として、ドラゴンクエストシリーズ初のフル3DCGアニメーション映画化することが先日発表となりました。

監督に八木竜一・花房真、原作・監修に“ドラゴンクエストの生みの親”堀井雄二、音楽にゲームの人気を支えてきたすぎやまこういちの楽曲を使用することも決定。

先日ボイスキャスト(主人公・リュカに佐藤健、2人のヒロイン・ビアンカに有村架純、フローラに波瑠、王子・ヘンリーに坂口健太郎、リュカの父・パパスに山田孝之)も発表され、この夏一番の超大作として既に大きな話題に。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、出演だけが発表されていたボイスキャストの役名を解禁!コメントが到着しました
パパスに仕え、リュカと共に旅に出るサンチョに“ドラゴンクエスト大好き芸人”ケンドーコバヤシが、魔物の元から逃げ出したリュカとヘンリーを助ける謎の老人プサンに安田顕が、フローラの父であり、サラボナの大富豪のルドマンに松尾スズキが、リュカと共に数々の冒険に挑んでいくスラりんに山寺宏一が、リュカの母で魔物に囚われているマーサに賀来千香子が決定いたしました。5人から届いた、『ドラゴンクエスト』に出演するにあたっての熱いコメントにも注目です!

★サンチョ【ケンドーコバヤシ】
パパスに忠誠を誓い、共に世界を旅している。リュカのことを“坊ちゃん”と呼び、成長を見守っている。

【ケンドーコバヤシコメント】
お話を頂いた時、果たして僕の役はフローラなのか、ビアンカなのかと思い、背中に汗が流れた思い出があります。よくよく考えれば、フローラとビアンカ、どっちを選ぶかで同級生が喧嘩をしていたのが良き思い出です。
そんな中、ここで再び選択するのかと心臓がバクバク言う中、「サンチョです」と言われ、思わず「良かった」とつぶやいてしまいました。
私生活では人の言うことを聞かない僕ですが、サンチョを演じている間は、主人の為ならなんでもする所存です。
映画をお楽しみください。


★プサン【安田顕】
リュカとヘンリーが魔物の元から脱出する手引きする。魔物が力をつけてきていることを危惧している。


【安田顕コメント】
ドラクエ I は、小学生の頃でした。
兄がファミコンのコントローラーを握る背中越しに、ブラウン管に広がる世界に夢中になりました。最近、ドラクエX Iにプレステで夢中になる娘の背中越しに、モニターに広がる世界を見つめながら、共有できる喜びを得ました。時代を超えた伝説に参加できることに心より御礼申し上げます。重要なポジションを任せていただきました。
心より感謝申し上げます。
映画館で観る日が楽しみで仕方ありません。

★ルドマン【松尾スズキ】
サラボナの大富豪で、フローラの父。町を脅かす魔物ブオーンに手を焼いており、ブオーンを討伐できたものをフローラの婿とし、跡継ぎに迎えるという条件を出す。

【松尾スズキコメント】
若い頃、会社を辞めてプータローを決め込んでいた頃、3畳の部屋でずっぷりファミコンのドラクエにはまっておりました。ファミコンから伸びたニクロム線をテレビのアンテナに巻きつける作業も今では懐かしい思い出です。復活の呪文を書き間違えて、当時の彼女と血で血を洗う喧嘩をしたのも、また懐かしい。まさか、その頃は、それが映画化されて、自分がその出演者になるとは思いもしませんでした。胸熱というやつです。しかし、難しかった。キャラを演じる気恥ずかしさを瞬時に体から追い払うのに力が必要でしたが、楽しかったです。

★スラりん【山寺宏一】
初めてリュカの仲間となるモンスター。何時も一緒に行動をしているので息もピッタリ。

【山寺宏一コメント】
山崎総監督と八木監督のコンビとは『friends もののけ島のナキ』以来となるのですが、僕はあの作品が大好きだったのでまたご一緒できることをとても嬉しく思っています。
「ドラゴンクエスト」は「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」というゲームの中で魔王ジェイムという役を担当させていただいて以来の参加となりますが、世界中で支持されている作品の初のフル3Dアニメーション映画化に参加することが出来てとても光栄に感じています。映像を観てそのクオリティに驚きました、そして、スラりんもシンプルなフォルムなのにとても表情が豊かなので色々な声で演じました。ゲームをずっとやっていらっしゃった方達には夢のような世界がスクリーンで繰り広げられると思いますし、世界中が驚く作品になっていると思います。映画の完成が楽しみで仕方ないです。


★マーサ【賀来千香子】
リュカの母であり、パパスの妻。魔物にさらわれ、現在は消息不明。

【賀来千香子コメント】
ドラゴンクエストは、長い間、幅広い支持を得て、沢山のファンを魅了し続けている特別な作品ですよね。この壮大なストーリーに私も参加させていただける事を本当に光栄に思っています。マーサは"正しい人”という印象です。慈愛に満ち溢れ、ゆるぎない強さを秘め、不思議な能力を持った選ばれた存在—。そういう雰囲気が出せたら…、と思いました。山崎総監督をはじめ、素晴らしいスタッフに見守られ、素敵なキャストの皆様と収録をしているうちに、私自身、何かほとばしるような、不思議な感覚にとらわれました。おかげ様で私にとっても、”特別な作品”になりました。

映画情報どっとこむ ralph リュカを取り巻くキャラクター達がどのように表現されているのか?

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

8月2日(金)全国東宝系にてロードショー


公式HP:
https://dq-movie.com/

公式Twitterアカウント:
@DQ_MOVIE
***********************************


原作 ・ 監修:堀井雄二
音楽:すぎやまこういち
総監督・脚本:山崎貴
監督:八木竜一 花房真
キャスト:
佐藤健
有村架純 波瑠 坂口健太郎 山田孝之
ケンドーコバヤシ 安田顕 古田新太 松尾スズキ
山寺宏一 井浦新 賀来千香子 吉田鋼太郎
製作:2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
配給:東宝
©2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
©1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

主人公は佐藤健『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ボイスキャスト決定


映画情報どっとこむ ralph 1986年に第1作が発売されて以来、現在シリーズ累計の出荷・ダウンロード販売本数が7800万本を突破している日本を代表する国民的RPG「ドラゴンクエスト」。

現在までに、80を超えるシリーズ作品が発表されている中で、“親子三代にわたって魔王を倒す”“結婚相手を選ぶ”等、大河ドラマのような人生を体感できる作品として、発売から25年以上経った今でも特に愛され続けているのが「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」(1992年発売)。

そのストーリーを原案に、山崎貴が総監督・脚本を担当し、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』として、ドラゴンクエストシリーズ初のフル3DCGアニメーション映画化することが先日発表となりました。

監督に八木竜一・花房真、原作・監修に“ドラゴンクエストの生みの親”堀井雄二、音楽にゲームの人気を支えてきたすぎやまこういちの楽曲を使用することも決定しており、この夏一番の超大作として既に大きな話題となっております。

映画情報どっとこむ ralph
そしてこの度、遂に本作のボイスキャストが解禁!

“父との別れ”、“運命の相手との出会い”、など多くの試練を乗り越え、“家族と共に魔王の復活を阻止するために旅をする”勇敢な主人公・リュカ役にNHK連続テレビ小説「半分、青い」での活躍も記憶に新しく、常に第一線を走り続ける佐藤健が決定!

【佐藤健コメント】
調べたところ、天空の花嫁は僕が3歳の時に発売されたようです。ゲームっ子だったぼくは多分小学生の時だったかな?夢中になって遊んでいました。今回の脚本は映画としての最後の終わり方以外は基本的にゲームに沿って進んでいきます。しかしこの普遍的なストーリーは、今読んでも決して古く感じることなく、当時と同じ様に僕の心を震わせました。まず当時、ここまで物語がしっかりとしているゲームなんてないわけで、その時点でドラゴンクエスト凄いなと改めて思ったわけですが、この時代に映画の脚本として生まれ変わってもなお色褪せぬこの魅力。あっぱれドラゴンクエストです。そんなドラゴンクエストの主人公の声を務めさせて頂くということで責任重大なわけですが、どうなのでしょう、不安です。しかし佐藤なんかに任せてらんねえよという方にも是非この映画を観に来て頂きたいのです。何故ならこの物語の主人公は僕が演じた“リュカ”ではなく、紛れもなく今の時代を生きる“あなた”なのですから。

と語るなど並々ならぬ覚悟でアフレコに臨みました!

映画情報どっとこむ ralph 更に、“リュカの二人の運命の相手”、幼い頃に共に冒険をし、成長して強く美しい女性として再会を果たすビアンカ役に有村架純。

【有村架純コメント】
長年愛されて続けている作品ですし、ファンの方々がたくさんいる中、自分が参加して良いものか不安もありましたが、ドラマチックなストーリー、プレイヤーにも寄り添った構成に惹かれ挑戦させていただきました。山崎総監督のもと、佐藤健さんと掛け合いをしながら収録できたので、現場で生まれた空気感や、リュカとビアンカの距離が少しずつ縮まっていく様子が、声を通して少しでも伝わってくれると嬉しいな、と思います。
ビアンカは、気が強くはすっぱな部分もあるけれど、心の隅でリュカを想う乙女な心も持った魅力的な女性です。寛容で肝っ玉だからこそどんなことも受け止め、立ち向かう芯の強さを大切に、ブレることのないよう演じました。


こちらも主人公の幼馴染でサラボナの町中の男性の憧れの聡明な女性・フローラに波瑠が挑みます!

【波瑠コメント】
私はそこまで色々なゲームソフトで遊んでこなかったので、プレイしたことはないのですが、やっぱりゲームをやってる友達のほとんどがドラゴンクエストが好きなので、それが印象的です。たくさんの人に愛されてきた作品だなと思います。とても豪華なキャストの皆さんの中に入るのはとても恐縮しました。たくさんの人の心の中に、それぞれのドラゴンクエストがあると思うので、丁寧に取り組みたいと思いました。今回演じるのが、全ての男性が憧れるお嬢様の役なんて、と驚きましたが、ご一緒した佐藤さんをはじめとしたキャストの皆さんに引っ張ってもらいながらどうにか収録できました。あんなに可憐なお嬢様が私の声で喋っているのはすごく不思議な感覚です。


そして、リュカと共に魔物につかまって奴隷とされてしまう王子・ヘンリーを坂口健太郎。

【坂口健太郎コメント】
ドラゴンクエストシリーズは大好きで、ほとんどの作品をやってきましたが、中でもVは、何度も繰り返し遊んだ思い出があります。ドラゴンクエストというゲームの映画化、どんな世界になるのか、想像がつきません。だからこそとても楽しみです。V自体はとても好きな作品だったので、まさか自分がヘンリーの声をさせていただけるとは。と驚きました。わがままな王子だったヘンリーが、大人になって立派な姿になる。そこを声で表現するのが難しかったです。


リュカの自慢の父親・パパスには「勇者ヨシヒコ」でドラゴンクエストファンの心を虜にした山田孝之が決定!

【山田孝之コメント】
以前「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」にも声で参加させて頂きましたが、
今回の「ユア・ストーリー」でも同様、声だけでの表現は難しいなぁと思いました。
大好きなパパスのプレッシャーは半端ではなかったです。しかし、もし私が主人公の声を演じるとなった場合、演技プランが1つしか思い浮かばないのでパパス役で助かりました。完成を非常に楽しみにしています。
ヨシ、いや、山田孝之より。


その他、ケンドーコバヤシ、安田顕、古田新太、松尾スズキ、山寺宏一、井浦新、賀来千香子、吉田鋼太郎など超豪華俳優陣の出演が決定しています!

映画情報どっとこむ ralph まさに日本を代表する錚々たるキャスト・スタッフが集結しました。
夢のスタッフがパーティを組んで、伝説的名作に新たな生命を吹き込み、あの感動をスクリーンに鮮やかによみがえらせます!

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』
映画公式サイト:
https://dq-movie.com/
公式Twitterアカウント:
@DQ_MOVIE



***********************************

原作 ・ 監修:堀井雄二
音楽:すぎやまこういち
総監督・脚本:山崎貴
監督:八木竜一 花房真
キャスト :佐藤健
有村架純 波瑠 坂口健太郎 山田孝之
ケンドーコバヤシ 安田顕 古田新太 松尾スズキ
山寺宏一 井浦新 賀来千香子 吉田鋼太郎
製作:2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
配給:東宝

©2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
©1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アニメ映画『プロメア』ネズミ役:ケンドーコバヤシ・科学者役:古田新太で参戦!


映画情報どっとこむ ralph この度、「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)のTVシリーズを手掛けた監督:今石洋之と脚本:中島かずきが再びタッグを組む、TRIGGER制作の完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が5月24日(金)に全国公開することが決定致しました!

『プロメア』をさらに熱くさせる追加声優キャストが解禁!!

今年1月に俳優の松山ケンイチさん、早乙女太一さん、堺雅人さんが本作に声優として参加することが発表され、大きな話題となりました!そしてこの度、追加声優キャストが解禁となりました!

本作に登場する消防隊〈バーニングレスキュー〉のマスコット的存在のネズミ・ビニー役に、近年映画やドラマ、声優と活躍の場を広げているお笑い芸人のケンドーコバヤシさんが決定!ケンドーコバヤシさんは実写映画、劇場アニメーションの声優を何度も経験しており、その吹き替えの上手さにも注目されていますが、本作では人間役ではなく、ネズミ役ということもあり、一体どのような声の演技をしているのか。

ケンドーコバヤシさんは、

「今回私が演じたのはビニーというネズミの役です。気合を入れてスタジオに入ったのですが・・・セリフが無い(笑)26年の芸歴の中で初めての経験でした!どうなったかは劇場で確かめてくださいね!」

と、コメント。

映画情報どっとこむ ralph また、劇中で重要な鍵を握る、謎に包まれた科学者デウス役に、その独特な世界観で数々の作品に出演しては強烈な印象を残し続ける個性派俳優の古田新太さん!

古田さんは1984年から〈劇団☆新感線〉に所属しており、劇団の座付作家であり本作の脚本を手がける中島かずきさんとは35年来の盟友。“中島節”を知り尽くす古田さんが本作でどんな演技を見せるのか、非常に注目されています!

古田さんは今回のオファーについて

「デウスの役は(中島)かずきさんから「今回難しい役だけどゴメンね」と言われてオファーされました。台本を読んだら正にかずきさんの脚本らしく、でした。小難しい言葉がいっぱいあって(笑)汗だくで演じさせていただきました。皆様、劇場で一緒に燃え上がりましょう!」と熱いコメントを寄せました。ケンドーコバヤシさんも「今回私が演じたのはビニーというネズミの役です。気合を入れてスタジオに入ったのですが・・・セリフが無い(笑)26年の芸歴の中で初めての経験でした!どうなったかは劇場で確かめてくださいね!」

とコメントしています!

映画情報どっとこむ ralph また、今石洋之監督は二人の演技について「デウス役の古田さんはさすがの存在感でした。ただ・・・キャラクターについては話せません(笑)ケンコバさんのビニーはセリフが本当に面白いので是非とも楽しみしてください!制作陣も完成に向けてラストスパートをかけています。5/24の公開をお楽しみに!」と絶賛!中島かずきさんは「追加のキャストも濃いですよ。古田くんもケンコバさんも、かなり飛び道具な役でお願いしています。お二人の活躍はぜひとも劇場で!僕も完成が待ち遠しいです。皆様もあと少し、お待ちください!」とキャスティングの理由も明かしました!



映画情報どっとこむ ralph AnimeJapan 2019 『プロメア』情報

世界最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2019」でのスペシャルステージ開催が決定!3月24日(日)に行われる「プロメア」スペシャルステージでは監督の今石洋之さん、脚本を手掛けた中島かずきさん、そしてアイナ役の佐倉綾音さん、バリス役の稲田徹さんが登壇予定となっています!ファンの間で新たな情報を待ちわびる声が多い本作なだけあり、このスペシャルステージではどんな話が飛び出すのか注目です!さらにAnimeJapan会期中、XFLAGブース(東京ビッグサイト 東2ホール)では「プロメア」の特別展示、TOHO animation STOREブース(東1ホール)ではムビチケ先行発売も決定!特製Tシャツをバンドル商品としてご用意、AJ限定特典のB2ポスターも付く豪華な仕様に。「プロメア」情報盛りだくさんのAnimeJapan2019にぜひご来場ください。

【AnimeJapan 2019 『プロメア』スペシャルステージ 概要】
【開催日】3月24日(日)
【場所】東京ビッグサイト Anime Japan COBALT BLUE ステージ
【登壇者】今石洋之(監督)、中島かずき(脚本)、佐倉綾音(アイナ役)、稲田 徹(バリス役)

映画情報どっとこむ ralph 映画『プロメア』
5月24日(金)全国大炎上ロードショー‼

公式HP:
promare-movie.com    

公式Twitter:
@promare_movie

ストーリー
世界大炎上―― 全世界の半分が焼失したその未曽有の事態の引き金となったのは、突然変異で誕生した炎を操る人種<バーニッシュ>の出現だった。あれから30年――攻撃的な一部の面々が<マッドバーニッシュ>を名乗り、再び世界に襲いかかる。対バーニッシュ用の高機動救命消防隊<バーニングレスキュー>の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロ(松山ケンイチ)と<マッドバーニッシュ>のリーダー・リオ(早乙女太一)。熱き魂がぶつかりあう、二人の戦いの結末は̶̶。

***********************************



【キャスト】 松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸

【スタッフ】 原作:TRIGGER・中島かずき 監督:今石洋之 脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術監督:久保友孝 色彩設計:垣田由紀子 3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 編集:植松淳一 音楽:澤野弘之 音響監督:えびなやすのり タイトルロゴデザイン:市古斉史
アニメーション制作:TRIGGER
製作:XFLAG 配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工 登場『パディントン2』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『パディントン2』が、来年2018年1月19日(金)より全国公開となり、日本語版吹き替えキャストの松坂桃李さん、古田新太さん、三戸なつめさん、斎藤工さんが公開を記念し舞台挨拶を行いました!!!

また、1月16日(火)のジャパンプレミアでヒュー・グラントとヒュー・ボネヴィルの“Wヒュー”が完成させた“パディントンだるま”も登場して記念撮影!
最初のアルバイトで買ったものは・・・

『パディントン2』公開記念舞台挨拶
日時:1月20日(土)
会場:TOHOシネマズ新宿
登壇:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手で迎えられた日本語吹き替え版キャストの面々
松坂さん:元は取れる作品です!宣伝よろしくお願いいたします。
古田さん:面白かったですか?よかった!?(大拍手)
三戸さん:私の役は前作は反抗期でしたが、今回はお姉さんになってたり。成長が嬉しい作品です。
斎藤さん:2からの参加ですが、大好きな作品になりました!作品が好きだと思ったら拡めてください!

との挨拶からイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 昨日から公開となった本作、なかなか好調な滑り出しと、絶賛の声がSNSに上がっていることに対して
松坂さん:そうですね。3もあるかな!?そうなったら嬉しいです!ぼくも続きを観たいので!(拍手)

古田さん:今回、お父さんがふざけだして。どんどんふざけて欲しいです!

と、次回作にすでに心が馳せているお二人。


先日1月16日(火)のジャパンプレミアでヒュー・グラントとヒュー・ボネヴィルさんと登壇した斎藤さんと三戸さんに・・・松坂さんは思わず「ずるかった!」と漏らし、
三戸さん:ボネヴィルさんめっちゃ大きかったです。目も青くてざ・外国人!でもボネビルさんめっちゃ優しくて。サンドイッチとか奨められて・・。

斎藤さん:餌付けされてましたね。(ラストのシーンの話題をMCにをふられ)ヒューがネタバレなのでやめようと言ってました。

と、いうことでここではカット。

映画情報どっとこむ ralph 本編ではパディントンがバイトに励んでいます。ということで、最初にバイトで買った物は?

松坂さん:高校デビューしようと思って、ピチピチのデニムを買いました!ただ、あまりにピチピチで、自転車がこげなかった思い出があります。
と、実演付きでエピソードを明かす松坂さん。古田さんは、古の昔を思い出すように・・・

古田さん:新聞配達。小学校の時に・・むにゃむにゃって使っちゃった。中学の時KISSのレコード。

三戸さん:遊園地で案内人やっていて。。。最初の給料は乗り物十回乗れる券を買いました。

と、かわいらしい回答。
斎藤さん:高校一年で、竹下通りの某バーガーショップでバイトしました。アップルパイをズボンのポッケに入れてて、座って火傷。地獄でした。バイト代は火傷用に馬油を買いました。

と、あれ暑いですからね。ちょっと悲惨な思い出を語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph 変装するとしたらと言う質問に。以前斎藤さんは草間彌生さんの変装と答えたそうで
松坂さん:僕は、○○えもん・・(大人の事情で)おなかにポッケついてる青い奴になりたいです。

古田さん:やったことがない役がないな・・・・きれいな女性。ニールキットマン。

と明かしました。


今かなえたい夢は・・・

三戸さん:ロンドのロケ地を回りたいです。

斎藤さん:続編ができるなら・・・ゲストで、そうにか呼んでいただきたい。


2018年の豊富
松坂さん:うちの事務所の人が増えるように、仕事頑張りたいです。

斎藤さん:求人広告の掲載は無料なので・・・(笑)

古田さん:くじけることなく365日酒を飲むぞと!

三戸さん:旅行に行きたいです!インスタ映え充にしたいです。

斎藤さん:この段階で確定申告の用意をしたい。

映画情報どっとこむ ralph ここで、パディントンダルマに祝大ヒットのシールをはって

フォトセッション!

最後に

松坂さん:皆さんの感想がより広める力になりますので拡散してください!


『パディントン2』

公式サイト:paddington-movie.jp


絶賛公開中!


***********************************


出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替え版キャスト:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工

監督:ポール・キング 
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ 原作:マイケル・ボンド 
配給:キノフィルムズ
©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ