「古澤健監督」タグアーカイブ

志尊淳 らキャストが最近あったキセキ発表『走れ!T校バスケット部』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 実話に基づいた同名小説を実写化、汗と涙の痛快青春スポーツ映画『走れ!T校バスケット部』が11月3日(土)に公開となりました!

そして、その初日を記念して全国制覇を目指すT校メンバーが駆け付けて舞台挨拶が行われ、志尊淳さん、佐野勇斗さん、早見あかり、戸塚純貴さん、佐藤寛太さん、鈴木勝大さん、西銘駿さん、阿見201さん、古澤健監督が登壇しました。

舞台挨拶では「一番●●なのはこの中で誰?」などT校バスケット部番付を実施!!さらに雑草バスケチームが奇跡を起こす”というキャッチコピーに絡めて“奇跡エピソード”を・・・・

そして、サイン入り記念ミニバスケットボールを観客席に投げ入れ大盛況のイベントとなりました!

日時:11月3日(土・祝)
場所:丸の内TOEI
登壇:志尊淳 佐野勇斗 早見あかり 戸塚純貴 佐藤寛太 鈴木勝大 西銘駿 阿見201 古澤健監督

映画情報どっとこむ ralph 映画を観終えたばかりの観客席の後方扉からキャストと監督があらわれると割れんばかりの歓声!

志尊さん:こんにちは!!無事公開を迎えることが出来て、本当に嬉しいです!この映画を選んでくださってありがとうございます!

佐野勇斗さん:皆さん!こんにちわ!1年前に撮影していて。。。無事皆さんに作品が届く日が来たことを嬉しく思っています。

早見あかりさん:初日をやっと迎えられます!私たちが熱い心で創った作品です。楽しんでください!

戸塚純貴さん:今日は・・・名前だけでも覚えて帰って下さい!戸塚淳貴です!(笑)

佐藤寛太さん:モテたくてバスケ始めました!本日は短い時間ですが楽しみたいと思います。ヨロシク!

鈴木勝大さん:スピードスター役です!

青いね・・・・と今日の衣装をいじられると

鈴木さん:T校も赤だったし。。。数年前まで赤いスーツ着てたので。反動で青です。初日です。みんなと盛り上げていきたいと思います!

西銘駿さん:初日を待ちわびてました。幸せです!

阿見201さん:17歳を頑張りました!

古澤健監督:本日は、ありがとうございます。阿見さん16歳ですからね。(阿見さん:1年経ったんで)映画はキャスト・スタッフと共に作りますが、皆さんの心に届いて完成です。今の皆さんお顔を見て、いつも以上の仕上がりになってるなと。嬉しいです!映画愛して下さい!
と、其々一言挨拶。

映画情報どっとこむ ralph MCから、一番男気のあったのは・・・と問われ悩む皆さん。

志尊さん:該当者ない?やっぱ指差ししてみよ

との提案で指差し!せーので刺すもわかりにくい・・・・たぶん志尊さんと言うことでエピソード

佐藤さん:飯おごってくれるんですよ!

志尊さん:俺はお財布か!

阿見さん:ご馳走様でした!

志尊さん:主役と言うことで男気も見せなくちゃとは思ってました。

監督:西銘・・・言うべきことあるでしょ。

早見さん:もっと良いエピソードありますよね・・・・。あれ!

阿見さんが西銘さんに耳打ち・・・クマが小動物襲ってるように見える・・・(笑)
西銘さん:志尊君素晴らしいんですよ!僕がシュートを決めるシーンは無かったのに。監督に直談判に言ってくれて。男気あります!

監督:あのシーン大変だったけど。志尊が来てやりましょうと。キャストとエキストラさんにも頑張りましょうと声かけていて。監督して、案に嬉しいの初めてでした!

西銘さん:寛太君。ボディーが凄かった!

佐藤さん:佐藤寛太です!覚えて帰って下さい!
と絶好調!

映画情報どっとこむ ralph もしみんな同じ高校だったら、誰が一番モテたでしょうか?の質問に・・・

戸塚さん:(志尊さん・佐野さん・佐藤さんを指し)この3人じゃない!?。
佐藤さん:控えめに言って僕かなと。モテなくてバスケやる役は。。。普段モテてるから役に入れなかった・・(笑)

と、オチャラケる佐藤さんに

古澤監督:寛太さん:脱いだりするのも、全部当て書きだからね。

と、ばらされる佐藤さん。

早見さん:それぞれ個性が違ってるからね・・・誰が一番。みんなイケメンだし心も!

阿見さん:なぜ僕を見ない!(笑)

と、本業のお笑い魂を見せました!

雑草チームが奇跡を起こす物語・・・なので。奇跡を発表することに

志尊さん:朝ドラ「半分、青い。」に出てる時に。佐藤健君にアーモンドみたいな瞳。って言った次の週に競馬でアーモンドアイが1着になったんです。それから、14番目の月と言う歌を劇中で歌ったら、その日が14番目の月だったんです。
と、奇跡を明かすも、皆ピンとこない様子。

鈴木さん:半分青いって・・俺全身青い!奇跡!(笑)

佐野さん:僕奇跡なんです。あれ知ってます。インスタグラムのフォロワーが3日で千人減った。奇跡的です。

佐藤さん:11月3日と言う日にこうやって皆さんと一緒に迎えられたことが奇跡だなと。心の底から思います!佐藤寛太です!

鈴木さん:群馬にプライベートで言ったら、喫茶店は行ったら、隣が純貴だった。これ奇跡でしょ。

戸塚さん:モーニング食べてたら。居たの。

ここで、とっておき奇跡を阿見さんが。

阿見201さん:歯医者行ったら、デカいんで。倒したら足が壁にぶつかって。治療前に先生居たいですって手を挙げたんです。奇跡です!

阿見さんの身長2mあるある的な面白奇跡に崩れ落ちる皆さん。

ここで、フォトセッション。

映画情報どっとこむ ralph さらに、サイン入りバスケットボールを投げ入れることに!
みんな全力投球!


最後に・・・

志尊さん:ミンアで宣伝してきて、幕を上げることが出来て嬉しい気持ちでいっぱいです。でも、怖い気持ちもあります「ひとりでも多くの方に観ていただきたくて全力で作りました。T校の部員として広めてください!とてもクリーンな映画です!ご家族友達を誘ってまた見に来て下さい!
と、ワチャワチャ楽しいい舞台挨拶を締めました!


映画『走れ!T校バスケット部』

連戦連敗、向かうところ負けばかりの超弱小チーム「T校バスケット部」。そんな通称T校と呼 ばれる多田野高校に、バスケの強豪白瑞高校(通称H校)で1年生ながらエースとして活躍してい たスタープレーヤー、田所陽一が編入してくる。陽一は親友をイジメから救った事で自分自身が 標的となり、H校を自主退学していた。

もう二度とバスケはしない。

そう心に誓い、勉強に 専念する陽一だったが、新たな仲間たちとの出会い、脳裏に焼き付いて離れないリングに引き寄 せられるボールの軌道が、陽一を再びコートへと駆り立てる。情熱と葛藤、仲間と家族、あきら めきれない夢 ―。陽一を迎えた新生「T校バスケット部」が全国大会に向けて走り出す!
***********************************

出演:志尊淳/佐野勇斗/早見あかり、戸塚純貴、 佐藤寛太、鈴木勝大 西銘駿、阿見201 /竹内涼真(友情出演) / 千葉雄大(友情出演) / YOU、真飛聖、竹中直人 /椎名桔平

監督:古澤健
原作:『走れ!T校バスケット部』 (松崎洋著・幻冬舎文庫)
c2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会


葵わかな、佐野勇斗ら全浴衣で登場!『青夏 きみに恋した30日』公開前夜祭!


映画情報どっとこむ ralph いよいよ明日8月1日(水)夏休みだけの〈期間限定の恋〉を描いたピュアラブストーリー『青夏 きみに恋した30日』が全国公開となります。

その公開、前日祭として浴衣姿の葵わかなさんと佐野勇斗さん。そして、古畑星夏さん、岐洲匠さん、久間田琳加さん、水石亜飛夢さん、秋田汐梨さん、志村玲於さん と古澤健監督が登壇して行われました!!

全員の “青夏”への愛を測るため、劇中に登場するアイテムを当てる「箱の中身はなんだろな」ゲームに挑戦!

また、撮影からプロモーション活動と葵さん・佐野さんは互いに感謝の気持ちを伝え合い、葵さんにはサプライズで、キャスト全員から温かい言葉が贈られました。
日時:7月31日(火)
場所:新宿ピカデリー
登壇:葵わかな、佐野勇斗、
古畑星夏、岐洲匠、久間田琳加、水石亜飛夢、秋田汐梨、志村玲於、古澤健監督

映画情報どっとこむ ralph
夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒(葵)と、そこで出会った地元の男子高生・吟蔵(佐野)との、夏休みだけの〈期間限定の恋〉を描くピュアラブストーリー。

浴衣姿のキャストが揃ったこの日。まずは皆で青夏ポーズ!

今回のイベント最初のお題は、“青春よりも、もっと青くて熱い”という意味を込めた『青夏』にちなんで「今年の“青夏”な出来事」を発表するというもの。トップバッターで手を挙げた監督は

古澤監督:撮影地へ家族旅行で行きました。そして、子供を海水浴デビューさせました!

というほっこり家族愛エピソード。

佐野さん:え~!それ以上いいの出ないよ~

といきなりハードルが上がったことを嘆き
佐野さん:夏といえば海。海といえば海水パンツをはきますが…O脚を直したい!

と胸を張って宣言。これに登壇者一同「????」

佐野さん:いや、青夏したいから、O脚を直したいということ。青夏の準備段階です!

と力説。全員を「な、なるほど~」と強引に納得させました。

映画情報どっとこむ ralph 相方の葵さんは
葵さん:おじいちゃんと山登りします。青夏っぽくない?おじいちゃんと青夏します。

と今年の夏はお爺ちゃん孝行。

そして、水石さんは夏祭りで
水石さん:林檎飴食べたい!

とはなすと、京都在住の秋田さんは
秋田さん:祇園祭に友達を誘ったら、その子は好きな人と行ってしまった。祇園祭で告白されて結ばれたみたいなので、凄く羨ましい。私も青夏したい!でも8月には花火大会に行く予定なので、そこで青夏かな?

とキラキラ。志村さんは実はアウトドア派らしく
志村さん:夏といえば海!友達と一緒にサーフィン!

と話すとカッコいい!!!とキャストと会場。


古畑さんは
古畑さん:青夏は今!今年初めての浴衣なので、夏してます!

と嬉しそう、すると今回一番青春していることが分かったのは・・・・
久間田さん:青夏してます!もうお祭りに行って、海にも行って、花火もしたし。蚊にも刺されました。8月もスケジュールがギュウギュウです。

と青夏満喫中!!!一方でインドア派な岐洲さんは
岐洲さん:ゲーム内で毎日花火を見ています。ゲームの世界で…だけど

と明かしました。

映画情報どっとこむ ralph そして!映画にちなんだアイテムを当てる“箱の中身はなんだろな”ゲームコーナーへ!

チーム都会:葵さんとチーム上湖:佐野さんで、3組に分かれて、ボックスの中にあるものを当てることに。
その中身はスイカ、トウモロコシ、キュウリなのですが・・・

怖がる久間田さんと手を触って脅かす水石さん
大人な感じの岐洲さんと古畑さん
秋田さんと志村さんは触っているものの・・・・???

そして、チームで相談して共に3つとも正解!と言うことで決勝戦へ!

葵さんと佐野さんの2人に用意されたのは、セミのおもちゃが入った箱。
何かを察知して手を入れる前から怯える2人。葵さん以上に佐野さんが「うおおお~!」と絶叫しながらヘタレ全開!葵から「静かにして!」と叱られる一幕も。
雄叫びを挙げる佐野はセミのおもちゃに触れると「なんかヌルッとした!あ、自分の汗か」などと天然を発揮。

結果は、大騒ぎする佐野さんの一方で怯えつつも「セミ!」と探り当てた葵さんチームの勝利となりました!

激戦を終えた

葵さん:ここ1年で一番動いた!!でも佐野君が大きな声を出すから、そっちの方が怖かった!
と苦笑い。その佐野さんは触れたのがおもちゃのセミにも関わらず、しきりと自分の手の臭いをかぐ行動を繰り返し、共演者から「それ自分の臭いだからね!」と爆笑交じりのツッコミを受けました。

映画情報どっとこむ ralph にぎやかなステージから一転、明日8月1日が公開初日という話になると
葵さん:今にも心臓が飛び出そうなくらい緊張しています。佐野さんとは短い期間だったけれど、共演4度目の安心感がありました。私は周りからしっかりしている大人だと言われることがあるけれど、できないことや不安なこともあります。そんな私ができないことを佐野君ができて、助けてくれました。これまで2人で頑張ってきて良かったです。お疲れ様でした。

と感謝の意を表すと・・・照れながら
佐野さん:役者仲間というか、幼馴染のような印象。自分は頼りない男だけれど、わかなちゃんに助けられることも多く、理緒がわかなちゃんでよかった。お疲れ様!

葵さん:ありがとう

と小声で感謝。


そして、その後、キャストと古澤監督が葵さんや佐野さんに感謝の言葉を送り、

「わかな 大好き」と佐野さん直筆で書いた色紙を葵さんにプレゼント。余白には共演者の寄せ書きがあり、まさに“青夏”の思い出の一枚。
佐野さん:わかな、大好き!

と言われて受け取って

葵さん:思ってないでしょ!?泣かせる気?

と照れつつも、思い出と喜びを噛みしめたご様子でした!


『青夏 きみに恋した30日』8月1日(水)全国公開です。

物語。。。
夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵わかな)は、そこで地元の高校生・吟蔵(佐野勇斗)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう──。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは──?

***********************************


出演:葵わかな、佐野勇斗、古畑星夏、岐洲匠、久間田琳加、水石亜飛夢、秋田汐梨、志村玲於、霧島れいか、南出凌嘉、白川和子/橋本じゅん                   
主題歌: Mrs. GREEN APPLE 『青と夏』
挿入歌:Mrs. GREEN APPLE 『点描の唄(feat. 井上苑子)』 (ユニバーサルミュージック/EMI Records)
原作:南波あつこ『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊
監督:古澤健
脚本:持地佑季子
音楽:得田真裕
制作プロダクション:東北新社
配給:松竹 ©2018映画「青夏」製作委員会


超弱小&個性派チームがこの秋、奇跡を起こす!!『走れ!T校バスケット部』特報映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 同名小説を実写化した汗と涙の直球青春スポーツ映画『走れ!T校バスケット部』が今年秋に公開。

古澤健監督がメガホンを取り、弱小バスケットチームの成長を通し17歳の高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の想いを丁寧に描きます。


そしてこの度、WEBで初解禁となる特報映像が完成しました!

全国の劇場・TV番組でも未解禁のため、WEBでしか見れない貴重な“フライング映像”となっています!今回の映像では個性豊かなT校メンバーたちのキャラクター像が明らかに!名門バスケットボール部のエースとして活躍しながらも、イジメを受けてT校に転校してきた田所陽一(志尊淳)。「絶対強いチームにすっから!」とヤル気満々のキャプテン・矢嶋俊介(佐野勇斗)。バスケオタク&ムードメーカーで寿司屋の息子・川崎裕太(戸塚純貴)。とにかく女子にモテたいがためにバスケを始めた・牧園浩司(佐藤寛太)。陸上部とバスケ部を掛け持ちする俊足の持ち主・川久保透(鈴木勝大)。後輩の根来修(西銘駿)&斎藤健太(阿見201)も登場し、個性豊かなキャラクター達がついにベールを脱ぎます!




映画情報どっとこむ ralph “連戦・連敗”の超弱小チームはどこまで強くなれるのか・・・!?そして、どんな奇跡を起こすのか・・・!?汗と涙の直球青春スポーツ映画『走れ!T校バスケット部』は11月3日(土・祝)に公開。若手キャスト陣が体当たりで作り出した、最高に熱い青春に是非、ご期待下さい!!


公式Twitter:
https://twitter.com/tkoubaske

主人公を演じるのは、そのルックスで世の女性を萌えさせる甘い役柄から、トランスジェンダーの女性、地球侵略のためアイドルを目指すことになった宇宙人、そして現在放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」ではゲイ役のボクテを好演し、演技派として注目を集める志尊淳。

さらにT校バスケット部メンバーに佐野勇斗、早見あかり、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿、阿見201。ら、若手俳優からお笑い芸人まで、個性豊かなメンバーが集結!

さらに、バスケットの知識はまったくない顧問・小山先生にYOU、陽一を心配しつつも温かく見守る父親・正道に椎名桔平、他界した陽一の母親・佳代に真飛聖、合宿先の怪しい管理人役に竹中直人とベテラン勢が脇を固め、バラエティ豊かな役者陣が揃いました。さらに、竹内涼真が早見あかりが演じるマネージャー・浩子の兄で、大学のスター選手という役どころで友情出演することが発表となり話題を集めています!

***********************************


(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会


葵わかな、佐野勇斗『青夏 きみに恋した30日』クランクアップ コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒と、そこで出会う地元の男子高生・吟蔵との〈期間限定の恋〉を描いたラブストーリー。


葵わかなさんと佐野勇斗さんのW主演、古畑星夏さん、​岐洲匠さん、久間田琳加さん、水石亜飛夢さん、秋田汐梨さん、志村玲於さんといったフレッシュなキャストたちが集結した本作の撮影がGW真っ只中の5月3日、約1ヶ月に及ぶ撮影期間を経て、ついにクランクアップを迎えました。​

新年度が始まって間もない4月2日にクランクインした本作は、理緒が夏休みの間過ごすことになる自然豊かな田舎を再現するために、三重県を中心にオールロケを敢行。まだ少し肌寒さの残る中、夏祭りのシーンや、川でのバーベキューなど、まさに〈夏〉の撮影が実現。​
また共演経験のあるW主演の二人を中心に、同世代のキャストが多い今回の現場では、待機時間も互いの写真を撮り合ったり、撮影が休みの日には観光に出かけるなど、劇中さながら、同級生や地元仲間のような仲の良さで、終始にぎやかな現場となりました。クランクアップ当日は、キャストとスタッフで記念撮影会が続くなどチームワークの良さが伺える一体感と、撮影を終えた達成感に包まれました。​
古澤監督から花束を手渡された葵わかな、佐野勇斗は、それぞれ監督と固い握手を交わし、集まったスタッフ・キャストからは盛大な拍手が沸き起こりました。​

映画情報どっとこむ ralph クランクアップ直後の葵、佐野、古澤監督からコメントも到着しました!

葵わかなさんからのクランクアップコメント​

Q.撮影を振り返って

葵さん:撮影は春でしたが、実際に夏休みを過ごし、次は秋が来るのではと思えるくらいちゃんと夏休みを体験できた1ヵ月でした。​同世代の子が多い現場が自分の中では珍しく、あまりない経験だったので、みんなと一緒に走ってる感じが凄く楽しかったです。​スタッフさんとも1ヵ月しか一緒にいなかったのに、あだ名で呼び合ったりするくらい仲良くなれた現場でした。​皆さんのおかげで理緒を今日まで演じることが出来ました。これから多くの方に観て頂けるように宣伝を頑張りたいと思います。​本当にありがとうございました。​

Q.佐野勇斗さんとの共演について​

葵さん:過去に共演作もあり、仲は良かったのですが、今回は恋の相手役ということで、自分でもどんな気持ちになるのかクランクイン前はわからなかったのですが、実際に撮影が始まると、その関係性があったおかげで、どこかで言葉にしなくても分かり合える空気感が出来ていて、とても信頼できました。今回こういうタイミングでご一緒出来たのはすごく良かったです。​

Q.映画を楽しみにしている方へメッセージ​

葵さん:この映画は16歳の女の子が一生懸命、誰かを想うストレートな話ですが、もしかしたらこれから映画を観て下さったあなたが経験する未来かもしれないし、もう過ぎてしまっていても、昔そんなことがあったのかもしれないと思えるような身近に感じられる物語だと思います。​この映画を観て「ああ、夏だな」と思ったり、「田舎に行こうかな」と思ってくれたら嬉しいです。そして「恋したいな」って思っていただけたら素敵だなと思います。​


佐野勇斗さんからのクランクアップコメント​​

Q.撮影を振り返って​
佐野さん:すごく大変な撮影も多かったのですが、周りの皆さんに支えられて毎日楽しく撮影が出来ました。​今回、吟蔵という、頼りがいがあり、理緒を引っ張っていくという役が自分の中では挑戦的で難しかったところではあるのですが、​本当に周りの方々に支えられて、皆さんのおかげでここまで突っ走ってこれたと思います。​完成が楽しみです。1ヵ月間、本当にありがとうございました。​

Q.葵わかなさんとの共演について​
佐野さん:デビュー作の映画で共演させてもらった時から、しっかりされている方で、今回は僕が引っ張っていかなきゃいけない役ではあったのですが、​葵さんは経験も豊富で、色々なことを知っていて、僕もそういう技術を学びつつ、盗みつつ、一緒に良い作品を作りたいと思っていました。作品の中では、恋人同士の関係でしたが、同じ作品を作る「戦友」のような関係で作品を作れたと思います。​

Q.映画を楽しみにしている読者へのメッセージ​
佐野さん:この作品は胸がキュンキュンする映画だと思いますが、それだけじゃなくこんな夏を皆さんにも過ごしてほしい、こんな夏を過ごしてみたいと思える作品です。今年の夏一番熱くて最高の映画になっています。ぜひ多くの人に映画を観ていただけたら嬉しいです!​


古澤健監督コメント​

Q.W主演を務められた葵わかなさん、佐野勇斗さんの演技について​

古澤監督:葵わかなさん演じる理緒が、ひと夏の恋を通じて大人へと変化していくさまは、本当に胸に迫るものでした。お芝居で「ひとりの人間を生み出す」というのは本当に大変なことで、間近で葵さんのその努力を見つめ続けることがまさに『青夏』を作ることにつながったと思います。​カメラがまわっていないときのムードメーカーっぷりにも助けられました。スタッフと談笑する葵さんが現場の雰囲気を和やかにしていました。​

古澤監督:佐野勇斗さんは努力のひとだと思います。でもそれを表に出さない。吟蔵というキャラクターは佐野さんのある一面とは共通するところがあると思います。それは周囲に対する思いやりであったり、責任感の強さであったり。まわりに余計な心配をかけたくない、という佐野さん=吟蔵の心遣いがあって、一緒に現場にいると自然とこちらもはしゃいでしまう。だから佐野さんの努力が見えたときにはハッとしてしまうんですよね。そんな佐野さんがときおり見せる儚げな表情にこちらも胸が締め付けられるような思いになりました。​


Q.映画を楽しみにしている読者へのメッセージ​

古澤監督:原作を読んだときにも感じましたが、これは普遍的な物語だと思います。人が誰かを好きになってしまう時って、その誰かと自分のあいだにものすごい距離を感じてもどかしくなってしまうと思います。こんなにそばにいて触れることもできるのにこんなに遠いなんて……。​『青夏』は、その切なさの先にあるものを描く映画になっています。ぜひ劇場で理緒・吟蔵と一緒にひと夏の恋と成長を見届けてください。​ふたりが迎えるラストには、観る人それぞれの明日へのメッセージがあるはずです。​

映画情報どっとこむ ralph 青夏 きみに恋した30日

​物語・・・
夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵わかな)は、そこで地元の高校生・吟蔵(佐野勇斗)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう──。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは──?​
***********************************

葵わかな   佐野勇斗​

古畑星夏  岐洲 匠  久間田琳加  水石亜飛夢  秋田汐梨  志村玲於​

霧島れいか  南出凌嘉  白川和子 / 橋本じゅん 
                  ​
原作 南波あつこ『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊
監督:古澤 健  脚本:持地佑季子
音楽:得田真裕​
制作プロダクション:東北新社
配給:松竹
©2018映画「青夏」製作委員会​


イケメン祭!池田エライザ ハーレムな『一礼して、キス』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 池田エライザ、中尾暢樹、初主演映画の初日を迎える! さらに! 思わず、“一礼”したくなる、次世代・スターが壮観の登壇! 中尾暢樹(「動物戦隊ジュウオウジャー」) 松尾太陽 (超特急・タカシ) 鈴木勝大(「特命戦隊ゴーバスターズ」) 結木滉星(演劇「ハイキュー!!」) 佐藤友祐(lol エルオーエル)

初日を迎えた喜びや、撮影裏話等を語りました!
『一礼して、キス』初日舞台挨拶
日程:11月11日(土)
会場:新宿バルト9
登壇:池田エライザ 中尾暢樹 松尾太陽 鈴木勝大 結木滉星 佐藤友祐 古澤健監督

映画情報どっとこむ ralph 一礼してから挨拶!今日の衣装は役の杏ちゃんの帯の赤にちなんだもの。
池田さん:皆さんこんにちは!初日にこうやって晴れ晴れとした日を迎えられてとても幸せです。

中尾さん:舞台挨拶が、上映後は初めてで、どのような顔でいるのかドキドキしています。先ほど、もし出てきてしっとりした雰囲気だったらどうしようと思っていたのですが(大きな拍手で)安心しました。

松尾さん:こんなに多くの方に観ていただけるのは本当にうれしいです。

鈴木さん:青春学園ものに出るのが初めてだったので、キラキラした作品に出られるのかと期待していたら、実は湿度が高い作品でキラキラじゃなくて、びちょびちょ系で!それが異質で素敵だなと思いました。

結木さん:こんなに多くの方と、この時間を共有できて嬉しいです。

佐藤さん:誰かな?と思われていますよね。金髪で特別出演として出ていました!今回初映画初舞台挨拶です。そしてlol-エルオーエル-として主題歌「think of you」を歌わせていただいてます。

古澤監督:最近撮った作品御中で最も思い入れのある作品で本当に感動してます。多くの方に観ていただきたいです。

と、神妙に語っていた監督ですが・・・

古澤監督:中尾君は役のように少し闇を抱えてる子だと持っていたら、さっき滅茶明るくて。あれ、中尾君の事わかってなかった?と、戸惑ってます!

と吐露する監督。どうやら、撮影時に中尾さんは役に入り込んでいた模様。

映画情報どっとこむ ralph 3月のクランクインだった本作ですが撮影は3月でしたが弓道の練習は1月から始めて

同世代が集まった撮影で、仲良くなりましたかとの質問に
と中尾さんと松尾さんをさして

池田さん:ここは仲いいですよ!

中尾さん:そうですね。プライベートでも遊んでますね。

と、仲良さげ。

今だから聞きたいこと、言いたいことを聞かれると。

佐藤さん:初めての舞台挨拶だったので衣装を調べて、かっちりとかなと思ったら。主役がこれですから。イメージと違うといのが疑問です。

中尾さん:フォーマルの逆行ってみました!

と話。


結木さんはどうしても言いたかったことを発表

結木さん:撮影が寒い時期だったので、吐く息を白くさせないために、寸前まで氷を舐めていたことですね。

と、池田さんがそうそうと同意。一方、池田さんとのシーンしかほとんだなかった同事務所の鈴木さん。

鈴木さん:ほとんどイライザとしか出てないんで、みんなの話を共有できなくて・・・でも撮影は楽しかった。キスシーンもあったしね。
池田さん:でもすぐに殴られるけどね。戦隊の先輩(ゴーバスターズ)が後輩(ジュウオウジャー)に殴られてるのが面白かった
古澤監督:池田さんは鈴木さんと仲良かったのでワイワイしていて、中尾が嫉妬してた。俺が恋人役なのにって感じでね。

と暴露。

松尾さん:思うことは・・・僕自体病院から出ていない。ので、皆を客観的に見れました。チーム一丸になってたなと。

と言う中尾さんは先生風。

池田さん:初日だから言いたいこと・・・皆さん恋してますか?(会場:ため息)恋したいと思ってますか?(会場:拍手)この映画やっていて、恋をしてるといろいろな選択肢があるなと思いました。いい恋してね!

映画情報どっとこむ ralph ここで実はこの役がやりたかった!を発表することに

佐藤さん:由木役。三神に頭ポンポンされたかった。(BL?)友情を感じました。

結木さん:僕も由木役。穏やかで。。。柚木と言うか松尾太陽になりたい。キャーキャー言われてみたい(笑)

鈴木さん:僕はまた桑原役。違うアプローチでやってみたいです。(ストイック!)

松尾さん:嬉しいですね。おとなしい性格なので。逆に遠藤(結木)役後輩キャラで元気溌剌やってみたい

結木さん:めっちゃ嬉しい。こんな嬉しいことはない!

とアムロレイ張りの想いのこもった嬉しいことはないを発しました。

中尾さん:なんで誰も三神(中尾)って言わないの?(笑)。撮影中は三神しか見えてなかったので、それ以外全部やってみたいですね。

と、ちょっと寂し気な中尾さん。

映画情報どっとこむ ralph 撮影後に弓道初段をとった中尾さんの賞状をここでお披露目。

中尾さん:撮影が終わった後弓道にはまって初段をとりました。映画を観て弓道に興味を持っていただければと思います。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

監督:エライザとは2回目。本当は自信のない子なんだなと。惑いを悟られないようにしてるんですよね。そこをカメラの前でさらけ出させた気がします。僕のフィルムグラフィの中でも特別な映画となりました。共犯です。

というと、池田さんは照れながらも

池田さん:凄く幸せです。また呼んでね。

と、甘え

中尾さん:キラキラ王子系でない、一画を立ち上げたと思います。弓道が合わさって文学的です。多くの方に新しい感覚を味わってほしいです。

池田さん:本日から皆さんに委ねます。もちろん、公開終了まで、そしてDVD発売まで宣伝頑張ります!一礼してキスを愛してください!
実は・・エライザさんが話している途中にsiriが発動!大爆笑をさらう珍場面もありました!あのタイミング。AI恐るべし。

一礼して、キス
shitekiss.com

中学からの 6 年間を弓道に捧げてきた、岸本杏(あん)。

弓道 部の部長は務めているものの、結局、満足のいく結果も出せな いまま、高校三年生で挑んだ夏の大会が終わってしまう。

次期 部長は、後輩の三神曜太(ようた)。普段から、ほとんど練習 もしないのに、入部した当初から、天才ぶりを見せつけ、大会 でもいとも簡単に優勝してしまった三神に複雑な思いを抱える 杏。

そして、杏はついに引退を決意し、三神に部長の任を引き 継ぐことに。だが、それを知った三神は、杏に“あるお願い” をしてきて…!?「俺は先輩の事、ずっと見てましたよ…。」 三神の一途な愛がさく裂…。

二人は無事、結ばれるのか?

***********************************



監督:古澤健
出演:池田エライザ/中尾暢樹 松尾太陽/鈴木勝大/前山剛久/萩原みのり/結木滉星/金森 啓斗/奥仲麻琴/押田岳/牧田哲也/吉岡睦雄/佐藤友祐 (lol-エルオーエル-)(特別出演)/眞島秀和

原作:加賀やっこ「一礼して、キス」 (小学館「ベツコミフラワーコミックス」)
ベツコミフラワーコミックス 一礼して、キス 加賀やっこ 全7巻・特別編 定価:(各)本体400~429円+税 発行/小学館 一礼して、キス 特別編

主題歌:lol-エルオーエル-「think of you」
Ⓒ2017 加賀やっこ・小学館/「一礼して、キス」製作委員会