「古澤健」タグアーカイブ

『走れ!T校バスケット部』鈴木勝大、阿見201 BリーグU15チャンピオンシップ決勝戦に登場


映画情報どっとこむ ralph 実話に基づいた同名小説を実写化、汗と涙の直球青春スポーツ映画『走れ!T校バスケット部』が今年11月3日(土)に公開となります!

弱小バスケットチームの成長を通し、高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の想いを丁寧に描いた、胸アツ青春映画がこの秋、誕生します!

そして!本日!

『走れ!T校バスケット部』イベント第2弾となるBリーグとのコラボイベント“BリーグU15チャンピオンシップ”の決勝戦を鈴木勝大さんと阿見201さんが観戦&ハーフタイムショーのゲストとして登場しました!


日付:8月17日
場所:大田区総合体育館
登壇:鈴木勝大、阿見201

映画情報どっとこむ ralph 鈴木さんと阿見さんは大田区総合体育館で行われたBリーグが主催する男子バスケットボールU15の決勝戦<栃木ブレックスU15VS横浜ビー・コルセアーズU15>の試合を観戦。
決勝戦ということもあり前半から激しい攻防が続く試合に、思わず声を上げ応援!

そしてハーフタイムになると、先程まで試合が行われていたコートに2人が登場し、バスケットファンに向けて本作をアピール。観戦していた試合について

鈴木さん:めちゃくちゃ良い試合ですね!!

阿見さん:前半だけで僕の2年分くらいは動いてますよ!!!

と興奮気味に語りました。

映画情報どっとこむ ralph 本作の中で本格的なバスケットボールを体現するため、元日本代表のはんだ半田けいし圭史さんから指導を受けたことや撮影現場での様子ついて質問されると、

鈴木さん:撮影に入る前に3ヶ月間、半田コーチに指導してもらったのですが、T校メンバーがみんなバスケットを未経験者だったので大変でした。。。僕はまずルールを覚えるところからだったので、コーチ陣にみっちりと指導して頂きました。泊まり込みで撮影していたので、修学旅行みたいで本当に楽しかったですね!でも撮影が早く終わった日に、半田コーチの練習があったことがちょっとハードでした。笑 学生の時はテニスをしてました!

阿見さん:僕もルールを覚えるところからだったのですが、僕だけ特別メニューを組んでもらって、「撮影までに動けるようになりましょう」と言われました。笑 撮影は地方でしていて、さらに夏だったので蚊がすごくてとにかく暑かったですね。。。学生の時はずっと野球をしていて、ボールを拾う動作が苦手だったので(体が大きいから)打つ専門でした。笑

と語ります。チームワークについて聞かれると、

阿見さん:チームワークは抜群だったよね!!

鈴木を見ると、鈴木が少し距離を取り始め、

阿見さん:嘘でしょ!?

と会場を沸かせる一幕も。
ハーフタイム終了後はさらに過熱する後半戦を観戦。手に汗握る展開に釘付けになりつつ、試合は65-55で栃木ブレックスU15の勝利で終了。
その後、2人は本大会の表彰式にも参加。見事、優勝した栃木ブレックスU15のチームメイトと共に記念撮影を行い、さらに参加チームすべてに向け、

鈴木さん:今日の試合を見てても思いましたが、やっぱりバスケはかっこいいですね!スポーツの花型という言葉がぴったりです!!

素晴らしい試合とスポーツマンシップを称えました。

映画情報どっとこむ ralph 走れ!T校バスケット部

主人公の田所陽一を演じるのは、志尊淳。
さらにT校バスケット部のキャプテン・矢嶋俊介役に佐野勇斗、

マネージャー・佐藤浩子役に早見あかり、ムードメーカーの寿司屋の息子・川崎裕太(ガリ)役に戸塚純貴、女子大好きチャラ男の牧園浩司(ゾノ)役に佐藤寛太、持ち前の俊足で陸上部とバスケ部を掛け持ちする川久保透役に鈴木勝大。

後輩・根来修(コロ)役に西銘駿、斎藤健太役にお笑い芸人の阿見201。今、人気急上昇中の若手俳優からお笑い芸人まで、個性豊かなメンバーが集結!

そして、バスケットの知識はまったくない顧問・小山先生にYOU、陽一を心配しつつも温かく見守る父親・まさみち正道に椎名桔平、他界した陽一の母親・佳代真飛聖、合宿先の怪しい管理人役に竹中直人とベテラン勢が脇を固め、バラエティ豊かな役者陣が揃いました。


物語・・・
中学時代、バスケットボール部キャプテンであった田所陽一(志尊淳)は、強豪私立であるはく白ずい瑞高校に入学するが、部内で激しいイジメにあい、自主退学する。
「二度とバスケはしない」と誓い、通称T校と呼ばれるただの多田野高校に編入した陽一だが、連戦連敗の弱小バスケ部から勝負を挑まれ、そのまま入部することに。そこで陽一は、キャプテンの矢島俊介(佐野勇斗)をはじめ、個性的なチームメイトと出会い、仲間とのバスケの楽しさを思い出していく。そして迎えたウィンターカップ。因縁のライバル・白瑞を相手に、弱小バスケ部は勝利を手にすることが出来るのか!?

***********************************


監督:古澤健

【代表作】映画『アナザー/Another』(11)、『今日、恋をはじめます』(12)、『ルームメイト』(13)、『クローバー』(14)、『ReLIFE リライフ』(17)、『恋と嘘』(17)、『一礼して、キ
ス』(17)ほか『青夏 きみに恋した30日』が、今年8月1日全国公開予定。

脚本&初プロデュース作品『ゾンからのメッセージ』が、今夏公開予定。

撮影期間:2017年9月~11月
配給:東映㈱ 
企画製作幹事:テレビ朝日
原作「走れ!T校バスケット部」(松崎洋著・幻冬舎文庫)
(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会


葵わかな&佐野勇斗『青夏 きみに恋した30日』CMタイアップ発表!


映画情報どっとこむ ralph 南波あつこ先生による人気コミック「青夏 Ao-Natsu」が、葵わかなさん&佐野勇斗さんをW主演にむかえ、映画『青夏 きみに恋した30日』として8月1日(水)に全国公開いたします。

6月14日(木)松竹が興行関係者向けに行う松竹宣伝キャラバンにて、葵わかなさん&佐野勇斗さんがサプライズ登壇しました。
葵さんは、開口一番に

葵さん:お仕事中すみません。あ、私も仕事中だ

と一人ツッコミ。一気に和やかなムードに包まれる中、

葵さん:短い時間ですが、みなさんに『青夏』の魅力をお伝えできればと思います」と挨拶。佐野も「お邪魔します」と丁寧な挨拶とともに、「映画を見たいなと思っていただけるように『青夏』の魅力をお伝えいたします。

と笑顔でコメントしました。

本作は、夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒と、そこで出会う地元の男子高生・吟蔵との〈期間限定の恋〉を描いたピュアラブストーリー。撮影が行われたのは、今年の4月~5月。田舎パートは、大自然溢れる三重県で行われました。

葵さん:山があったり、川があったり、海があったりですごく綺麗な場所で撮影させていただきました。出演者のみんなが揃うときは本当に夏休みを過ごしているような雰囲気で撮影をしていました。

と言うと、

佐野さん:1ヶ月間、撮影休み以外はずっと三重県にこもりっぱなしで、撮影をしていました。一足お先に素敵な夏休みを過ごせた気分でした。

と、撮影を振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph そして、今回、ブシロード、クリエイト、ロッテの3社とのタイアップCMが決定したことを発表。
タイアップCMは、スマートフォン向けゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」、求人情報サービス「Createバイト」、アイス「モナ王」の3つ。本作の撮影期間中、本編と同じキャスト・スタッフ、本編と同じロケ地で映画の世界観そのままに撮影された非常に新しい試みのCMで、登場人物たちの、映画本編にはない掛け合いをそれぞれのCMで楽しむことができます。

映画の主題歌を担当するのはティーンを中心に絶大な人気を誇り、今最も勢いに乗る注目度NO.1のバンド、Mrs. GREEN APPLE。本作のために書き下ろした新曲『青と夏』が使用されたCMもあり、そのCMを見た

葵さん:本編撮影中に撮影を行ったので、映画本編の撮影と変わらない気持ちでのぞめました。でもCMは、映画のキャラクターで演じなければいけないので難しかったです。

佐野さん:CMの撮影をあまり経験したことがなかったので、新鮮な気持ちで撮影できました。映画は自分の感情を自由に表現できるのですが、CMは時間が決まっているので、難しかったです。

と述懐。


映画情報どっとこむ ralph 「バンドリ!ガールズバンドパーティ!」は、葵さん演じる理緒の気持ちには気付かない佐野さん演じる吟蔵がゲームに夢中になり、理緒がふてくされるというCM。
葵さん:撮影中もゲームができて楽しかったです

とゲーム好きな葵さん。

佐野さんは、「Createバイト」のCMでバイトを探し始める理緒に対して「頑張れよ」と声をかけるシーンが「恥ずかしかった」と照れ笑いしたかと思うと、

「モナ王」のCMでは

佐野さん:僕、アイスが大好きで。撮影用のアイスをたくさん持って来ていただいて、いっぱい食べることができたので嬉しかったです。

と無邪気に語る姿を見せ、会場から笑いが起こりました。「モナ王」のCMでは、葵演じる理緒が「“しっとりな私”と“さっぱりな私”、どっちが好き?」と吟蔵に尋ねる、とびきりキュートな姿を披露。


葵さん:何度も撮ったので、渾身の“しっとり”と“さっぱり”な私を見せているので、注目していただけたら嬉しいです!CMを通して、本編とはまた少し違う二人の関係性を楽しんでいただければと思います。

と語ると、

佐野さん:3つのCMに共通しているんですが、理緒の想いに気付かない吟蔵の鈍感さに注目してほしいです。

と佐野も負けじとCMポイントをアピールしました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

葵さん:原作を読んだときに感じた<真っ直ぐな>作品で、<真っ直ぐな>キャラクターという印象が変わらないので、そこを感じてもらえれば嬉しいです。また、映画ではBBQや花火大会など<夏と言えば!>なことがたくさん詰まっているので、ぜひご覧いただければと思います。

佐野さん:どんな人にとっても、こんな夏を過ごしたいなと思えるような作品になっています。撮影中からすごくいい作品だと思いました。『青夏』を見なければ、この夏は始まりません!始まらせません!ぜひみなさんのお力をお貸しください。

と、力強く懇願しました。


映画『青夏 きみに恋した30日』​

8月1日(水)ROADSHOW​


夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵わかな)は、そこで地元の高校生・吟蔵(佐野勇斗)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう──。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは──?​

***********************************

葵わかな   佐野勇斗​

古畑星夏 岐洲匠 久間田琳加 水石亜飛夢 秋田汐梨 志村玲於​

霧島れいか 南出凌嘉 白川和子 / 橋本じゅん

主題歌: Mrs. GREEN APPLE 『青と夏』
挿入歌:Mrs. GREEN APPLE 『点描の唄(feat.井上苑子)』(ユニバーサルミュージック/EMI Records)​

原作:南波あつこ『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊
監督:古澤健
脚本:持地佑季子
音楽:得田真裕​

制作プロダクション:東北新社 
配給:松竹
©2018映画「青夏」製作委員会​
    



竹内涼真 友情出演決定!志尊淳の憧れ&頼れる先輩役『走れ!T校バスケット部』


映画情報どっとこむ ralph 同名小説を実写化した汗と涙の直球青春スポーツ映画『走れ!T校バスケット部』が今年秋に公開。映画『今日、恋をはじめます』、『クローバー』、さらにこの夏、公開を控える『青夏 きみに恋した30日』等、数々の青春恋愛映画を生み出してきたふるさわ古澤たけし健監督がメガホンを取り、弱小バスケットチームの成長を通し17歳の高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の想いを丁寧に描きます。


この度、新キャストとして爽やかなルックス&長身で女性からの圧倒的な支持を得ながら、現在放送中のドラマ「ブラックペアン」や映画『センセイ君主』などの話題作で多才な演技力を披露し、爆発的な人気を誇る竹内涼真出演が決定!!

高校時代にサッカー少年で、東京ヴェルディユースに所属したほどの腕前だった竹内は、その身体能力を生かし、映画『青空エール』(2016年)でひた向きに甲子園を目指す高校球児を、日曜ドラマ「陸王」(2017年)で足のケガに悩むマラソンランナーと様々な“スポーツマン”を演じてきました。そんな竹内が、今回は大学バスケット界の人気選手を演じます!T校バスケット部のマネージャー・佐藤浩子(早見)の兄で、バスケットのスター選手として名を馳せる佐藤準役で、陽一(志尊)の才能をいち早く見抜き、チームにアドバイスをする“頼れる先輩”という役どころ。冷静かつ的確にやさしくアドバイスする竹内と、そんな竹内に真剣なまなざしを向ける志尊。

二人が魅せる、理想の先輩&後輩像は必見です。

映画情報どっとこむ ralph 竹内涼真コメント(佐藤準役)

志尊君や他にも知っている方がいて撮影が楽しかったですし、初めましての方もまたご一緒したいなと思いました。
自分もバスケをやっている役なので、陽一くん(志尊)と二人で会話するシーンは、あまり固くなりすぎないよう、上からになりすぎないように、同じ目線で、バスケをする仲間として、彼の気持ちが分かると思うので、距離感もあまり遠くならないように意識しました。もちろん有名な大学の選手なんですけど、フラットに誰にでも接することができる人間にしたいなと思って、そこは意識しました。皆さん、バスケをしながらの撮影はとても大変そうで、点を決めるシーンは何度も何度も繰り返し撮影し、一丸となって頑張っていて、素敵だなと思いました。バスケシーンがすごくて、皆とてもカッコ良かったです!志尊君とは3度目の共演ということで現場にはスッと入っていくことができましたし、二人のシーンに関しても限られた時間の中で、うまくコミュニケーションを取りながら進めていくことができたと思います。

志尊淳コメント(田所陽一役)

涼真くんとは共演が3回目になりますが、毎回役柄の関係性が違い、今回も新鮮な気持ちで楽しく撮影させてもらいました。今作で涼真くんは先輩役。そして物語・僕演じる陽一のキーとなるシーンでの共演でした。とても安心感・説得力があり沢山の刺激をいただきましたし、心地よい空気感の元で撮影することができ、
出演してくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

映画情報どっとこむ ralph 走れ!T校バスケット部

主人公の田所陽一を演じるのは、そのルックスで世の女性を萌えさせる甘い役柄から、トランスジェンダーの女性、地球侵略のためアイドルを目指すことになった宇宙人、そして現在放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」ではゲイ役のボクテを好演し、演技派として注目を集める志尊淳。
さらにT校バスケット部のキャプテン・矢嶋俊介役に佐野勇斗、マネージャー・佐藤浩子役に早見あかり、ムードメーカーの寿司屋の息子・川崎裕太(ガリ)役に戸塚純貴、女子大好きチャラ男の牧園浩司(ゾノ)役に佐藤寛太、持ち前の俊足で陸上部とバスケ部を掛け持ちする川久保透役に鈴木勝大。

後輩・根来修(コロ)役に西銘駿、斎藤健太役にお笑い芸人の阿見201。今、人気急上昇中の若手俳優からお笑い芸人まで、個性豊かなメンバーが集結!そして、バスケットの知識はまったくない顧問・小山先生にYOU、陽一を心配しつつも温かく見守る父親・まさみち正道に椎名桔平、他界した陽一の母親・佳代真飛聖、合宿先の怪しい管理人役に竹中直人とベテラン勢が脇を固め、バラエティ豊かな役者陣が揃いました。


走れ!T校バスケット部

2018年秋全国ロードショー!

ストーリー
中学時代、バスケットボール部キャプテンであった田所陽一(志尊淳)は、強豪私立であるはく白ずい瑞高校に入学するが、部内で激しいイジメにあい、自主退学する。
「二度とバスケはしない」と誓い、通称T校と呼ばれるただの多田野高校に編入した陽一だが、連戦連敗の弱小バスケ部から勝負を挑まれ、そのまま入部することに。そこで陽一は、キャプテンの矢島俊介(佐野勇斗)をはじめ、個性的なチームメイトと出会い、仲間とのバスケの楽しさを思い出していく。そして迎えたウィンターカップ。因縁のライバル・白瑞を相手に、弱小バスケ部は勝利を手にすることが出来るのか!?

***********************************

監督:古澤健

【代表作】映画『アナザー/Another』(11)、『今日、恋をはじめます』(12)、『ルームメイト』(13)、『クローバー』(14)、『ReLIFE リライフ』(17)、『恋と嘘』(17)、『一礼して、キス』(17)ほか『青夏 きみに恋した30日』が、今年8月1日全国公開予定。

脚本&初プロデュース作品『ゾンからのメッセージ』が、今夏公開予定。

撮影期間:2017年9月~11月
配給:東映㈱ 
企画製作幹事:テレビ朝日
原作「走れ!T校バスケット部」(松崎洋著・幻冬舎文庫)
(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会
   


葵わかな・佐野勇斗 映画『青夏 きみに恋した30日』この恋、期間限定!青春全開ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 葵わかな・佐野勇斗のW主演映画『青夏 きみに恋した30日』。

この度、夏全開!青春全開!なフレッシュさ溢れるポスタービジュアルが完成しました。

本作が「わろてんか」(NHK)後初の主演映画となる葵わかな演じる女子高生・理緒と、本年度は『3D彼女 リアルガール』ほか5本の映画出演に出演するなど、今最注目の佐野勇斗演じる男子高生・吟蔵が、青空をバックに飛び跳ねるビジュアルは、まさに青春全開!

恋に向かって全力で飛び込んでいくような勢いと、恋が始まる期待感、ひまわりや水しぶきなど〈夏〉を感じられる爽やかさが溢れたビジュアルが完成しました。


さらに、同時に別バージョンのビジュアルも完成!

爽やかなポスタービジュアルから一転、二人の切ない表情が印象的な一枚になっています。火を見上げる理緒と、そんな彼女を見つめる吟蔵、そし

て「30日だけ好きでいさせてください」

というメモとカレンダー。

夏休みが終われば離ればなれになってしまう―そんな期間限定の恋の切なさが映し出されています。

4月26日(木)から順次劇場に置かれるチラシでは、この両ビジュアルを楽しむことができます。

さらに、本作の正式タイトルが『青夏 きみに恋した30日』に決定!
【都会】育ちの理緒と、【田舎】で暮らす吟蔵、出会うはずのなかった2人の<運命の夏休み>を描いたピュアラブストーリー。

青夏 きみに恋した30日

8月1日(水)全国公開

物語・・・
運命の恋を夢見る、都会育ちのイマドキ女子高生・理緒。夏休みの間、大自然の田舎で過ごすことになった理緒は、そこで地元の男子高 校生・吟蔵と出会う。クールで少しぶっきらぼうだけど 実は優しい吟蔵に、理緒は一気に恋に落ちる。 吟蔵こそ運命の人…?と思ったのも束の間、「住む世界が違う」とあっさりフラれてしまう。 そんなとき、理緒に想いを寄せる東京の男子高生・祐真が理緒に会いにやってくる。 「夏休みが終わったら俺と付き合おう。東京で待ってる」―優しくて誠実な祐真の告白に、戸惑う理緒。 そんな理緒を見た吟蔵は、「おまえ、俺のこと好きなん じゃねぇのかよ!」と思わず本音を口にする。まっすぐでピュアな理緒に惹かれ始めてい た吟蔵だったが、いずれ離ればなれになってしまうことから、理緒への気持ちを

必死で抑えていたのだった。 近づく夏の終わり。高まっていく気持ち。果たして〈夏限定〉の恋のゆくえは―?
***********************************

葵わかな 佐野勇斗
古畑星夏 岐洲 匠 久間田琳加 水石亜飛夢 秋田汐梨 志村玲於
霧島れいか 南出凌嘉 白川和子 / 橋本じゅん  

原作:南波あつこ『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督:古澤 健
配給:松竹

©2018映画「青夏」製作委員会


葵わかな×佐野勇斗『青夏 Ao-Natsu』特報映像&インタビュー映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 2013年から2017年にかけ講談社「別冊フレンド」で連載された、南波あつこによる人気コミック『青夏 Ao-Natsu』。

夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちのイマドキ女子高生・理緒と、そこで出会った地元のクール系イケメン男子高生・吟蔵(ぎんぞう)との〈夏限定の恋〉を描いたラブストーリー。8月1日(水)より全国公開となります!!

主人公理緒役には若手女優・葵わかな(あおい・わかな)。「わろてんか」後初の主演作となる本作で、明治時代の女性起業家から一転、現代のイマドキ女子高生に扮する姿にも注目。そして吟蔵役には、、今注目の俳優・佐野勇斗(さの・はやと)。本作が映画初主演となる。

この度、先日のキャスト情報解禁で反響が大きかった本作の特報映像が解禁!

特報では東京に暮らす理緒の前に突然現れる田舎育ちの吟蔵の“運命の恋”を思わせる内容となっています!


そして、撮影前を控えた二人のインタビュー映像も到着!映画『くちびるに歌を』(15年)以来3年ぶり2度目の共演となる二人の息のあった(!?)仲の良い関係性が伝わるインタビューになっています。


映画情報どっとこむ ralph 映像注目ポイントは!!

★イマドキ女子高生の前に現れた“運命の恋”にドキドキが止まらない!
→「運命の恋を信じますか?」という問いから始まるこの特報。
東京に暮らすイマドキの高校生・理緒(葵わかな)は周りにバカにされながらも信じる一人。そんな彼女が家族の理由で突然夏休みの間だけ田舎で暮らすことに。そんな彼女の目の前に現れたのはクールに微笑むイケメン・吟蔵(佐野勇斗)。これは“運命の恋”なのか!?

★葵わかなの制服姿がフレッシュ!
→葵のフレッシュな制服姿が!イマドキ高校生を演じる彼女に注目!!

★佐野勇斗の笑顔に見とれてしまう!
→葵演じる理緒が夏休みに田舎で出会った吟蔵を演じる佐野のクールな笑顔が!今年5本の映画に出演し様々な役をこなす佐野の主演作にして正統派イケメン役に注目が集まる!

映画情報どっとこむ ralph 『青夏 Ao-Natsu』

物語・・・
運命の恋を夢見る、都会育ちのイマドキ女子高生・理緒。夏休みの間、大自然の田舎で過ごすことになった理緒は、そこで地元の男子高校生・吟蔵と出会う。クールで少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一気に恋に落ちる。吟蔵こそ運命の人…?と思ったのも束の間、「住む世界が違う」とあっさりフラれてしまう。そんなとき、理緒に想いを寄せる東京の男子高生・祐真が理緒に会いにやってくる。「夏休みが終わったら俺と付き合おう。東京で待ってる」―優しくて誠実な祐真の告白に、戸惑う理緒。そんな理緒を見た吟蔵は、「おまえ、俺のこと好きなんじゃねぇのかよ!」と思わず本音を口にする。まっすでピュアな理緒に惹かれ初めていた吟蔵だったが、いずれ離ればなれになってしまうことから、理緒への気持ちを必死で抑えていたのだった。近づく夏の終わり。高まっていく気持ち。果たして〈夏限定〉の恋のゆくえは―?

***********************************

原作: 『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督: 古澤健(『今日、恋をはじめます』『クローバー』)
配給: 松竹
制作スケジュール: 4月初旬~5月初旬
公開: 2018年8月1日(水)
©2018映画「青夏」製作委員会