「古泉智浩」タグアーカイブ

スカート覗く衝撃のポスター解禁!『チェリーボーイズ』池田エライザがヒロイン!


映画情報どっとこむ ralph このたび、2018年2月17日(土)よりシネ・リーブル池袋、渋谷TOEIほか全国劇場公開となる 『チェリーボーイズ』のポスタービジュアル、ヒロイン・池田エライザなど全キャスト、主題歌に MANNISH BOYSの「GO! GO! Cherry Boy!」が決定致しましたので、御紹介!

そして!<衝撃のポスタービジュアル解禁> 今回解禁となったポスタービジュアルは、覆面を脱ぎ捨て、スカートの中を覗こうとする童貞3人組の姿が!

とある地方都市、仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端な3人組。

揃いも揃って25 歳の童貞で、寝ても覚めても考えるこ とは女性とSEXのこと。そんな負け組認定の冴えない童貞3人組が、自分を変えるためにとった行動とは…。いざ、脱童貞大作戦!!

原作は童貞漫画の金字塔として高い人気を得ている古泉智浩の『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊)。
童貞3人組の主人公で
通称:クンニこと国森信一には林遣都。
通称:ビー チクこと吉村達也に栁俊太郎。
通称:カウパーこと高杉誠には前野朋哉。

また、『アズミ・ハルコは行方不明』『アイスと雨音』松居大悟の脚本を基に、原作の実写映画化を熱望した西海謙一郎監督がメガホンをとり、長編映画デビューを果たしました!

映画情報どっとこむ ralph <ヒロインは人気急上昇中の若手女優 池田エライザ>
本作品のヒロインは池田エライザ。童貞3人組のマドンナ的な存在にして、脱童貞大作戦のタ ーゲットにされる釈笛子を演じる。大胆キャラに扮し、過激シーンにも果敢に挑むなど、幅広い演技と体を張った熱演で童貞 3人組を見事に迎え撃ちます!

池田エイラザさんからのコメント

悩める男子たちの青春の一ページに参加できて楽しかったです。母性全開でお届けしています。みんないたって真剣です。 ぜひ最後まで、最後までお楽しみください。


また、童貞3人組を目の敵にする不良・通称:プーチンこと中出英雄に石垣佑磨、プーチンの舎弟・清水に 岡山天音、強面な一匹狼の変わり者・通称:ゴキこと五木誠一郎に般若が出演。さらに、山谷花純、 松本メイ、岸明日香、馬場良馬の若手から、吹越満や立石涼子のベテラン勢まで、バラエティに 富んだ個性豊かなキャストが顔を揃えてます。

映画情報どっとこむ ralph <主題歌は MANNISH BOYS(斉藤和義×中村達也)の「GO! GO! Cherry Boy!」!!>
エンディングを飾る主題歌は、斉藤和義と中村達也によるロックユニット・MANNISH BOYSの 「GO! GO! Cherry Boy!」。11 年夏に急遽結成され、圧巻のライブパフォーマンスと意外な二人 による異色コラボに多くのロックファンを引き寄せている。各々のソロ活動が多忙を極めている なかにおいてもMANNISH BOYSとして、精力的な展開を打ち出し、アグレッシブルに走り続け ている。「GO! GO! Cherry Boy!」は、14 年に発表された既成曲ながら、 「GO! GO! GO! Cherry Boy!」というフレーズが繰り返し歌われ、本作の主人公たちを応援する ような楽曲となっている! 奇蹟の“チェリーボーイズ”コラボが、ここに実現した!

映画情報どっとこむ ralph チェリーボーイズ
201 8 年 2 月 17 日(土)より シネ・リーブル池袋、渋谷 TOEI ほか 全 国ロードショ ー

とある地方都市に住むボンクラ3人組――国森信一(林遣都)、吉村達也(栁俊太郎)、高杉誠(前野朋哉)。 仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端。揃いも揃って 25 歳になっても童貞をこじらせている。3 人集まって考え ること、話すことは、上手く行かない世の中への愚痴と女性とSEX のことのみ。そんな負け組認定の男達が、自分と人生を 変えるためにある計画を立てた!?いざ、脱童貞大作戦へ!

***********************************

林遣都 栁俊太郎 前野朋哉 池田エライザ / 石垣佑磨 岡山天音 般若 山谷花純 松本メイ 岸明日香 馬場良馬 吹越満 立石涼子

監督:西海謙一郎 脚本:松居大悟 原作:古泉智浩『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊) 主題歌:「GO! GO! Cherry Boy!」MANNISH BOYS(スピードスターレコーズ) 音楽:石塚徹×鈴木俊介 製作:間宮登良松 エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫 プロデューサー:中野剛 原田博志 松嶋翔 キャスティングプロデューサー:眞野雄次 撮影:沖村志宏 照明:鳥越正夫 録音:山田幸治 美術:山本直輝 編集:太田義則 スタイリスト:杉本京加 ヘアメイク:知野香那子 特殊メイク:三好史洋 VFX スーパーバイザー:井上英樹 アクション監督:根本太樹 制作担当:雲井成和 タイトルロゴデザイン:井上則人 スチール:井上貴之 ポスターデザイン:杉山ハジメ 音楽プロデューサー:田井モトヨシ 音楽制作:ロードアンドスカイ・オーガニゼイション パブリシティ:アティカス 制作プロダクション:マイケルギオン 製作:東映ビデオ マイケルギオン 配給・宣伝:アークエンタテインメント 2018 年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/113 分/R15+ ©古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン


林遣都x栁俊太郎x前野朋哉でボンクラ3人童貞『チェリーボーイズ』実写映画化


映画情報どっとこむ ralph このたび、古泉智浩先生の人気漫画「チェリーボーイズ」実写映画化。
そしてタイトルをそのままに2018年2月17日(土)よりシネ・リーブル池袋、 渋谷TOEIほか全国劇場公開することが決定しました。

ある地方都市に住むボンクラ3人組。仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端。

そして、揃いも揃って25歳の童貞で、寝ても覚めても考えることは女性とSEXのこと。そんな負け組認定の男たちが、自分を変えるためにとった行動とは…。

その『チェリーボーイズ』の映画化決定に際し、今回このどうしようもない3人組の男に、実力派として個性派として活躍を続けるキャストが集結。

主演の林遣都さんが演じるのは、自己中心的で見栄っ張りな主人公・国森信一役。3人組の共演に、栁俊太郎さん は乳首が大きいことがコンプレックスの吉村達也役を演じ、前野朋哉さんがオタクっぽい外見と内気な性格で女性が苦手な高杉誠役を演じます。

映画情報どっとこむ ralph
主演の林遣都さん、共演の栁俊太郎さん、前野朋哉さんよりコメントが届きました。

林遣都さん(国森信一役)からのコメント
古泉智浩さんの原作を読ませていただき、この漫画の世界に飛び込んでみたいと強く感じました。20 代半ばにしてチェリーボーイ ズと呼ばれる中身も外身もコンプレックスだらけの3人の男達が、諦めかけていた人生、敗れ去った青春を取り戻すべく、必死にも がき苦しみ叫び続ける、情けなくもどこか切ない物語に、沢山勇気を貰いました。西海監督、そして栁俊太郎 さん、前野朋哉さんと共に、魂を込めて悩める童貞青年の思いをぶつけました。是非見届けていただけたらと思います。

栁俊太郎さん(吉村達也役)からのコメント
ビーチク役を演じさせて頂きました、柳俊太郎です。半年ほど前に撮影を終えて久しぶりにビーチクという役名を言ってみると、とて も懐かしくあの時に感じた青春を思い出します。『チェリーボーイズ』の台本を初めて拝見させて頂いた時に、最低な3人組のズッコ ケでピュアな青春ストーリーにとても熱いものを感じました。どこか愛おしく憎めない3人組を演じるのがとても楽しみになりました。 それでもやはり彼らは最低ですが。笑 最初はクンニ、カウパーという呼び名に少し抵抗はあったものの、すぐにチェリーボーイズ の世界に引き込まれ、とても充実した撮影期間を過ごさせて頂きました。最低でくそったれな3人組が終わりに近づくにつれて、と ても寂しく切ない気持ちになったのを今でも覚えています。キャスト、スタッフの皆さんに支えられて素晴らしい青春バイオレンスエ ロサスペンス作品に参加できて最高でした!ぜひ皆さん、映画『チェリーボーイズ』をよろしくお願い致します。

前野朋哉さん(高杉誠役)からのコメント
かつて童貞だったキャスト・スタッフと、現役童貞のキャスト・スタッフで真剣に「童貞」と向き合いました。童貞だった頃に書いたとさ れる松居大悟さんの脚本『チェリーボーイズ』を紐解いていくと心情や行動がとんでもなく複雑なのです。それを読み解き、演じな がら体感していく中で、林くんと柳くんと僕の仲に生まれたモノがありました。生きとし生きるもの全ての方にご覧頂きたいです。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
とある地方都市に住むボンクラ3人組――国森信一(林遣都)、吉村達也(栁俊太郎)、高杉誠(前野朋哉)。 仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端。揃いも揃って 25 歳になっても童貞をこじらせている。3 人集まって考えること、話すことは、上手く行かない 世の中への愚痴と女性とSEXのことのみ。そんな負け組認定の男達が、自分と人生を変えるためにある計画を立てた!?いざ、脱童貞大作戦へ!

1 8 年 2 月 17 日(土)より シネ・リーブル池袋、渋谷 TOEI ほか 全 国ロードショ ー

***********************************

林遣都 栁俊太郎 前野朋哉
監督:西海謙一郎
脚本:松居大悟
原作:古泉智浩『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊)
配給:アークエンタテインメント
製作:東映ビデオ/マイケルギオン 2018年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/113 分/R15+
©古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン


『ホドロフスキーのDUNE』公開記念連日豪華イベント


ホドロフスキーのDUNE
ホドロフスキーのDUNE
今週末6月14日(土)より公開となる『ホドロフスキーのDUNE』

1974年にアレハンドロ・ホドロフスキーが企画した“映画史上最も有名な未完の大作と言われる、ホドロフスキー版『DUNE』をめぐるドキュメンタリーである本作の公開を記念し、トークイベントが開催されます。

先日行われた「ホドロフスキーのDOMMUNE」では、熱狂的ホドロフスキー信者としての実力をいかんなく発揮しホドロフスキーから「マスクをすれば神だ!」とまで言わしめたザ・グレート・サスケ。

ホドロフスキーとグレートサスケ
覆面レスラーとして壮絶なレスラー人生を闘い続け、幾度となく絶望の淵から立ち上がってきた自身の歴史とシンクロさせながら『ホドロフスキーのDUNE』を熱く語ります!

日時:2014年6月26日(木) 19:00の回 上映終了後トーク
会場:渋谷アップリンク(東京都渋谷区宇田川町37-18)
出演:ザ・グレート・サスケ

料金:一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000

予約・詳細:http://www.uplink.co.jp/movie/2014/26402

<出演者プロフィール>
ザ・グレート・サスケ(プロレスラー)
1990年3月1日、後楽園ホールにおけるユニバーサル・レスリング連盟旗揚戦でデビュー。 1993年3月、日本初のローカルプロレス団体、みちのくプロレスを起業。 プロレス界の枠を超えたスーパースターに。 株式会社 アルファ・ジャパンプロモーション所属

そして、連日豪華イベント決定!
座席指定のオンライン予約チケットは、各詳細ページにて6/12(木)より発売開始です。


2014年6月14日(土) 19:00上映スタート / 20:30トークスタート
人々の意識を変容させる映画『DUNE』から読み解くホドロフスキー世界
ゲスト:柳下毅一郎 (映画評論家・特殊翻訳家) 、原正人(翻訳家)
詳細・予約 http://www.uplink.co.jp/event/2014/28533


2014年6月15日(日) 19:00上映スタート / 20:30トークスタート
プログレで語る未完のSF映画『ホドロフスキーのDUNE』
ゲスト:mito (クラムボン) 、MMMatsumoto (MARQUEE)
詳細・予約 http://www.uplink.co.jp/event/2014/28526


2014年6月18日(水) 19:00上映スタート / 20:30トークスタート
映画やアニメーションなど集団作業による触発と官能
ゲスト:氷川竜介(アニメ特撮研究家、明治大学大学院 客員教授)
詳細・予約 http://www.uplink.co.jp/event/2014/28529


2014年6月22日(日) 19:00上映スタート / 20:30トークスタート
映画を愛しすぎた漫画家たちが語る未完のSF大作『ホドロフスキーのDUNE』
ゲスト:古泉智浩(漫画家/『青春金属バット』など)、羽生生純(漫画家/『恋の門』など)、タイム涼介(漫画家/『アベック・パンチ』など)
詳細・予約 http://www.uplink.co.jp/event/2014/28535


2014年6月25日(水) 19:00上映スタート / 20:30トークスタート
初心者向けバンドデシネ講座
ゲスト:フレデリック・トゥルモンド(ユマノイド日本支社代表)
http://www.uplink.co.jp/event/2014/28581


2014年6月26日(木) 19:00上映スタート / 20:30トークスタート
失敗もひとつの選択だ!覆面レスラー(ルチャドール・エンマスカラ)サスケがホドロフスキーより授かりしもの
ゲスト:ザ・グレート・サスケ
http://www.uplink.co.jp/movie/2014/26402

「失敗してもかまわない、それも一つの選択なのだ」
スターウォーズなどのSF作品に多大な影響を与えた未完の大作を巡るドキュメンタリー!!

映画『ホドロフスキーのDUNE』

6月14日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか、全国順次公開です。

********************************************************************


映画『ホドロフスキーのDUNE』

メビウス、ギーガー、ダン・オバノン、サルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、ピンク・フロイドら、驚異的な豪華メンバーを配するも、撮影を前にして頓挫した幻のSF大作『DUNE』。その製作過程を、ホドロフスキー、プロデューサーのミシェル・セドゥー、ギーガー、ニコラス・ウィンディング・レフン監督らのインタビューと、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、映画史上最も有名な“実現しなかった映画”ホドロフスキー版『DUNE』についての、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリー!

■監督:フランク・パヴィッチ
■出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、ミシェル・セイドゥ、H.R.ギーガー、クリス・フォス、ニコラス・ウィンディング・レフン
■配給:アップリンク/パルコ
(2013年/アメリカ/90分/英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語/カラー/16:9)

6月14日(土)より、
新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか、全国順次公開

(c) 2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED

【 公式サイト 】http://www.uplink.co.jp/dune/


*****************************************


映画『リアリティのダンス』
世界を熱狂させた巨匠アレハンドロ・ホドロフスキー、85歳。
23年ぶりの新作は、ホドロフスキーが原点に立ち戻り生み出す癒しの物語。

1990年の『The RainbowThief』(日本未公開)以来23年ぶりとなる新作は、生まれ故郷チリの田舎町で撮影された自伝的作品。権威的な父親との軋轢と和解、ホドロフスキーを自身の父親の生まれ変わりだと信じる、元オペラ歌手の母親との関係、そしてホドロフスキー少年が見た“世界”とは…映画の中で家族を再生させ、自身の少年時代と家族への思いを、現実と空想を瑞々しく交差させファンタスティックに描く。

■監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
■出演:ブロンティス・ホドロフスキー(『エル・トポ』)、パメラ・フローレス、クリストバル・ホドロフスキー、アダン・ホドロフスキー
■音楽:アダン・ホドロフスキー
■原作:アレハンドロ・ホドロフスキー『リアリティのダンス』(文遊社)
■配給:アップリンク/パルコ
(2013 年/チリ・フランス/130 分/スペイン語/カラー/1:1.85/DCP)

(c) “LE SOLEIL FILMS” CHILE・“CAMERA ONE” FRANCE 2013

2014年7月12日(土)より
新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷アップリンクほか、全国順次公開

★【 公式サイト 】http://www.uplink.co.jp/dance/