「古新舜監督」タグアーカイブ

活弁シネマ倶楽部 古新舜監督『あまのがわ』の撮影秘話を公開!!


映画情報どっとこむ ralph 2月17日(日)12:00から、“映画を語る”番組「活弁シネマ倶楽部」第14回が放送されました。ゲストには映画『あまのがわ』監督の古新舜(こにい・しゅん)さんが登場。MCは映画ライターの石井隼人さん。
監督が自ら3年間かけて取材・構想を作り上げた作品にかける想いと経緯や、本作で映画デビューとなった主演・福地桃子さんらのオーディション時の様子など、約1時間に及ぶマシンガントークを繰り広げられました。

今回取り上げたのは映画『あまのがわ』。
母との関係が悪化し心を塞いでしまった女子高生・琴浦史織が祖母の入院がきっかけで訪れた屋久島で出会ったロボット・星空(セイラ)と交流を通して、成長し、希望を見出していくヒューマンドラマ。

映画情報どっとこむ ralph 番組内では、ヒロインの福地について古新監督自身も初だったというオーディションでは「ドアの開け方で選んだんです、実は。0.何秒でこの子だって決めた」と大物俳優の参加もあったという中で、映画未経験の福地の起用を即座に決めたエピソードを披露。次回の朝ドラにてヒロインの親友役への起用が決定している福地の才能を、誰よりも先に見抜いた先見の明を改めて感じさせた。
また、映画の撮影としては不向きだとされている屋久島での撮影に至った経緯について「今回は屋久島ですと頑なに言い続けた」とこだわりを見せた。一方で、池の中心に福地さんが浮かぶシーンの撮影においては、天候が味方せず、撮影が滞っていた。そこで古新監督は「スタッフには行ってないんだけれど、実は神社のお参りに朝早く行ったんです。(お参りが)遅れてすみませんでしたと拝んだら翌日から晴れました」と神聖な土地での撮影において天候を味方につけた、影の努力も垣間見せている。
さらには、“この番組だからお話します”と前置きして、前述の池のシーンでは、 “福地を池の真ん中に正確に配置する”という強いこだわり為に「特殊効果」の専門家らを呼び、「(何気なく浮いているように見せて)テグスで(福地を)引いてるんです実は」と何気ないシーンに注いだ並々ならぬ苦労をした撮影秘話を特別に披露した。
番組では、他にも出演者の表情を引き出すために身体を張ったエピソードや、自身が抱えてきた社会への想いなど、終始、興奮気味に本作について隅から隅まで語り尽くした。



■古新 舜 プロフィール ■
早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了(国際情報通信修士)、デジタルハリウッド大学大学院修了(DCM修士)
学生時代にいじめや引きこもりを経験。大手予備校物理科講師を10年務め、現在は映画監督となり、映画を通じてコミュニケーションを育むことをテーマに活動をしている。米国アカデミー賞公認映画祭ショートショートフィルムフェスティバル2年連続入選、山形国際ムービーフェスティバルW受賞など、過去の作品でのべ35以上の映画祭で受賞・入賞を果たしている。初の長編映画「ノー・ヴォイス」では、捨てられる命ゼロを目指してをテーマに、日本の殺処分の現状と犬猫の命の大切さを描ききり、劇場公開から四年経つ現在でも、各地で上映会が行なわれている。

映画情報どっとこむ ralph 「活弁シネマ倶楽部」

公式ツイッター:
@katsuben_cinema

独自の目線で作品を選定し紹介しているため、まだまだ視聴者に知られていない作品やその内容について十分に語られていない作品にも出会えるチャンスかも。WEB配信での特別番組だが、引き続き定期的に配信され、今後は生配信の可能性もあるとのことで、映画好きにとっては、必見の番組です。


あまのがわ

2019年2月9日(土)全国順次公開
https://amanogawa-movie.com/
あらすじ
主人公の史織は東京生まれの高校生。周りの子から目立たないように、いつも周囲の顔色を伺っている。母・聡美は人工知能の研究者。研究熱心な聡美は、家にいる時間はほとんどない。が、史織に対しての教育熱は人一倍である。史織はおばあちゃん子で、祖母・菊江から習った祭の太鼓の演奏に興味、関心があった。しかし、聡美のしつけで太鼓を叩く機会を奪われてしまい、かつ不登校になってしまう。自分のやりたいことを見失ってしまった史織は、ある日、菊江の入院で鹿児島に行くことになる。菊江からの頼みで、史織は一人屋久島に旅立つ。その道中で、実は人が遠隔操作をしている分身ロボットと出会うーー。

主演:福地 桃子(映画初出演・初主演)
監督/脚本/原作:古新 舜
撮影監督 :陣ヶ尾 達也
プロデューサー:森 武彦、古新 舜、松本 沙織
協力プロデューサー:田村 昌裕、安藤 大作、藤由 達藏
地域協力プロデューサー:植村 耕二、黒坪 則之、満留 友和
キャスティング:渡邉 直哉(パロマプロモーション )、柳井 宏輝(パロマプロモーション )
企画協力:番田 雄太、吉藤 オリィ
法律監修:岡筋 泰之
AI監修:株式会社AIT
制作:コスモボックス株式会社

***********************************


福地桃子ら登壇『あまのがわ』初日舞台挨拶 OriHime開発者 吉藤オリィも登場!


映画情報どっとこむ ralph 母との確執により心を閉ざしてしまった女子高生と、交通事故により体の自由を失った青年が、ロボット・OriHimeを通じて心の交流をし、成長していく姿を描いた福地桃子主演映画『あまのがわ』が、2月9日に全国公開となりました。 。

そして、その初日舞台挨拶が行われ、主演の福地桃子、共演の生田智子、水野久美、住岡梨奈、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)、園田あいか (校庭カメラアクトレス)、そして古新舜監督が参加した。


『あまのがわ』初日舞台挨拶
日程:2月9日(土)
場所:有楽町スバル座
登壇:福地桃子、生田智子、水野久美、 住岡梨奈、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)、園田あいか (校庭カメラアクトレス)、古新舜監督
スペシャルゲスト:OriHime開発者 吉藤オリィ

映画情報どっとこむ ralph 映画初出演・初主演の福地さんは

福地さん:皆さんに初めて観てもらうと思うとドキドキです。

と全国公開に期待と不安が入り混じったご様子。
母親役の生田さん、祖母役の水野さんらベテラン女優に

福地さん:沢山助けていただきました。劇中では親子関係が大事なので、撮影以外ではこちらが力を抜いて話せるような瞬間を作っていただきました。

と感謝。

すると祖母役の水野さんは自らのデビュー当時を振り返り

水野さん:デビュー作というのは一番よく覚えているもの。だから私も初心に戻ろうと努力しています。

と笑わせた。

映画情報どっとこむ ralph また和太鼓の練習場所で二十歳の誕生日を迎えた福地さんは

福地さん:生田さんから二十歳の誕生日をサプライズで祝ってもらい、生田さんの娘さんとおそろいのリュックをプレゼントしてもらいました。

と嬉しそう。劇中では福地さんに厳しく当たる母親という役どころを演じる生田さんは、

生田さん:普段の私はボーッとしていますが、娘を思う気持ちや愛情は同じ。娘に対して間違った方向に行ってほしくないという思いが、厳しい接し方になってしまったんだと思う」と同じ親として役柄に共感を寄せていた。



主題歌も担当している住岡さんは

住岡さん:屋久島の撮影を終えた後に、作品の持つテーマを織り込みながら作った思い入れのある曲。

と紹介すると、

古新監督:僕が昭和歌謡が好きなので、『木綿のハンカチーフ』のような楽曲をリクエストしました。でも住岡さんはその曲をご存じないようで、そこにジェネレーションギャップを感じました。

と笑いを交えて楽曲誕生秘話を明かした。

高校生役の渡邉さんは

渡邉さん:私は現役高校生ではないので、久しぶりに制服を着てテンションが上がりました。お弁当を食べるシーンも『高校時代はこうだったよなぁー』と思い出しながら演じました。

と“JK”再体験に喜び。
一方、高校生役とは言え撮影時中学3年生だった園田さんは

園田さん:すごく寒い撮影だったけれど、スタッフさんが気遣ってくれて優しかった。

と慣れない撮影現場での思い出を振り返っていた。

現場の温かい雰囲気について

福地さん:この映画の現場は、みんなで作ろう!という雰囲気があった。私は映画出演も主演も初めてで不安だったけれど、この現場特有の温かさがあり、スタッフさんとの距離感を含めて、コミュニケーションをとる機会が多かった。

とアットホーム感を強調。それに対し、

古新監督:手作り感のある映画ですが、限られた時間の中で、いかにポジティブに向き合うかを大切にしました。現場スタッフの『いけるよ、いけるよ』という励ましの言葉に救われた。

と苦楽を共にした現場スタッフに感謝を込めた。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶には、物語で重要な役割を担うロボットOriHimeとともに、開発者である吉藤オリィ氏も登壇。

「コミュニケーションテクノロジーによって人類の孤独を解消する」というコンセプトにもとづいて開発されたOriHimeが、医療現場や高齢者介護の現場だけにとどまらず、より多くの人の日常生活に寄り添うロボットとしての多様な可能性について言及。

吉藤さん:OriHimeを使えば、海外に行くのが難しい祖父母を、ハワイの結婚式に連れていくこともできます。

などと語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・昨年の東京国際映画祭での上映を振り返り

福地さん:たくさんの海外の方々にも観ていただき、日本の素晴らしい技術や屋久島の豊かな自然を感じてもらえたと思います。

と手応えを口にし

福地さん:誰かの背中を押すことのできるようなきっかけの作品になれたら嬉しい。誰かに元気を与えられることを願っています。

とアピール。OriHimeについても

福地さん:映画同様に現実世界でもたくさんの人を助けているロボット。もっともっと広まってほしいです。

とさらなる認知に期待を込めた。

映画『あまのがわ

公式サイト:
amanogawa-movie.com

物語・・・
母と2人で暮らす高校生の琴浦史織(福地桃子)は、大好きな太鼓を母(生田智子)に反対され、母との関係性が上手くいかず、不登校になっていた。母も家も友達との関係も、全てが嫌になってしまった史織は、次第に心を閉ざしていく。ある日、祖母(水野久美)のいる屋久島を訪れた史織は、そこで1台のロボットと出会う。会話ができるAIロボットに興味を示し、自分の心の内を吐露していく史織。ロボットとの不思議な交流の中で、やがてロボットは史織にとって唯一心を許せる友達になっていく。一方、交通事故で半身不随になってしまった鷲尾星空(柳喬之)は、病室の中で生きる目的も見失い、空虚な日々を過ごしていた。そしてそんな星空を献身的の様子に心を痛める母(杉本彩)。心を無くした史織と、身体を無くした星空には何の接点もないはずだったが…。そして、いつも史織と一緒に過ごしていたロボットには、ある秘密が隠されていたのだった―。

***********************************


出演:福地桃子/柳喬之、吉満寛人、マツモトクラブ、住岡梨奈、西田聖志郎、渡邉幸愛、園田あいか/杉本彩、生田智子、水野久美 他

監督・脚本・原作:古新舜
主題歌:住岡梨奈「あまのがわ」
(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
配給:アークエンタテインメント
©あまのがわフィルムパートナーズ