「古市憲寿」タグアーカイブ

宇垣美里「セクハラは醜悪」古市憲寿と語った!『スキャンダル』公開記念イベント


映画情報どっとこむ ralph 本年度アカデミー賞®3部門でのノミネート、メイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞を果たし、オスカー女優のシャーリーズ・セロンとニコール・キッドマン、さらにオスカーノミネート女優で最旬のマーゴット・ロビーというハリウッドの至宝3大女優の豪華競演でも話題の映画『スキャンダル』が、2月21日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開となります。

2016年、全米ニュース放送局で視聴率No.1を誇っていたFOXニュースを吹き飛ばした衝撃のスキャンダル。巨大権力に立ち向かった3人のキャスターたちの華麗なる戦いと逆転劇。セクハラ、パワハラ、トランプ政権の裏側など、まさに今、社会を揺るがす事実を描いた刺激的かつ意義深い話題作がいよいよ日本で公開を迎えます。

この度、公開に先駆けて公開記念イベントを実施。試写会後のトークショーに、アニメ&コスプレ好きを公言し、従来のアナウンサーイメージにとらわれず、独自の道を切り開き続けるフリーアナウンサーの宇垣美里さんと、歯に衣着せぬコメントが人気な社会学者の古市憲寿さんが登壇しました。映画の主人公たちと同様にテレビ局のアナウンサーとして活躍された経験を持つ宇垣さんと、様々な番組でコメンテーターを務めメディアの裏側を知る古市さんに、映画の魅力と日本でも昨今問題として取り上げられている“ハラスメント”についてお話いただきました。
宇垣美里、古市憲寿スキャンダル

『スキャンダル』公開記念イベント
日時:2月14日(金)
場所:ブロードメディアスタジオ試写室 
登壇:宇垣美里(フリーアナウンサー)、古市憲寿(社会学者)

映画情報どっとこむ ralph 本編上映後、イベントに登場したフリーアナウンサーの宇垣美里さんと社会学者の古市憲寿さん。
本作を観た感想について宇垣さんは「これがつい最近の2016年に起きたことだということ、それをアメリカはこのスピードで映画にできるんだということに驚きました。セクハラは醜悪なもので、私も映画で描かれていることは見覚えがあり、現実を諦めてしまう気持ちにもなりながらも映画の中の女性たちに共感し、声を上げる勇気に、自分も頑張らないとと思いました。」と話し、古市さんは「一番得なのは自分は黙っていて誰かが声を上げてくれること。自分から声を上げるのは大変なことです。映画に登場する女性たちも、セクハラを告発した後も新しいキャリアを確立させていてスカッとしました。」と話しました。
そして、実際に起こったスキャンダルを、会社名や登場人物の実名をそのまま忠実に描いた本作について「日本とアメリカではアナウンサー、キャスターに求められる像が違うように思いました。日本のアナウンサーは強すぎず、派手すぎず、セクシーすぎず、ニュースを伝えるにあたってノイズにならないのが一番大事だと思って局アナウンサー時代は働いていました。この映画で描かれているような権力構造、こういったことは日本でもいろんなところであると思います。社会人であれば一度はそういう経験がある人が多いんじゃないでしょうか。」と自身の見解を明かし、古市さんも「現在進行形で日本でも起こっていますよね。サラリーマンの方が夜家に帰ってきてみるニュース番組のキャスターは大体女性だし、自分の意見を言う人ではなくて、ただニュースを伝えてくれる綺麗な人を求めてる。減ったとはいえまだまだ正直セクハラはありますよね。リベラルとされているメディアでもパワハラがありふれているのを知っているし、ショックなのはこの映画を観てあまりショックを受けず、これってよくあることだよねって思っちゃう人が日本には多いのかなと思ってしまいました。」とコメント。

本作では世代やポジションの違う三人の女性キャスターたちが登場し、マーゴット・ロビー演じる若手キャスターはトップキャスターであるシャーリーズ・セロンやニコール・キッドマンの演じる先輩キャスターのように活躍することに憧れ、その為の努力や苦労も描かれています。テレビ局のアナウンサーだった宇垣さんは「私は枡田絵理奈アナウンサーに憧れていました。枡田さんから、『アナウンサーは100準備しても1伝わるかどうか。それでも準備できるかどうかが大事。自分が映らなくても番組が円滑に進んで他の出演者さんがやりやすいと思ってもらえたらそれがアナウンサーの仕事』と教わってきました。なので、マーゴット・ロビーが演じるケイラのようにトップを目指したい、たくさん映りたいという気持ちはありませんでした。映画の中のシーンにもありますが、セクハラを受けたことがある人、それを良くないことだと思っているならば、自分の後輩には同じ思いをさせないように声を上げることが大切だと思います。ラストシーンは涙してしまいました。」と、かつての自分の経験を振り返りながら映画の中のキャスターへ共感する思いを明かしました。古市さんも「パワハラとセクハラが同時に起こることは多いですよね。権力者が下の人たちを競わせる時、セクハラは起こりやすくなってします。さらに、セクハラを受けたけれどもそのおかげで恩恵を受けていた人が批判されることがあると思います。そもそもの仕組みが悪いのに、声を上げるとその女性がバッシングされてしまうリスクがあるなと思います。でもやっぱりその中で声を上げることが大事ですよね。」とセクハラの複雑な仕組みを分析しました。

日本でも連日のように取り上げられている「セクハラ」や「パワハラ」について、宇垣さんは「私は恵まれていてある程度発言権があったのですが、企業の一般職などに勤めている友人の話を聞くと、それ絶対セクハラじゃん、と思うことがたくさんあるんです。でもその組織の中にいる彼女がセクハラだって気づいてなくて。ハラスメントがまかり通っているなと思っていました。」と自身の周りのエピソードを明かしました。さらに古市さんも「どこにでもあると思います。でも当事者以外は告発すべきではないと思うんです。大学でジェンダーを研究している人やテレビ局員でもセクハラがある話は聞いたことがあります。ありふれていてもリスクを考えて口には出せない、権力関係を考えてしまう人が多くて男女の不合理な差が健在すると思っています。」と自身の見解を明かしました。
ハラスメントが起きてしまう社会について宇垣さんは「自分が権力があっても弱い立場の人たち、一人の人間であることを再認識する必要なあると思います。何かハラスメントになるのか常識を世間で作って、社会構造を新たに作っていくことが大事だと思います」と、その解決策を語り、古市さんも「基本的には当事者同士の問題。ハラスメントはいけないしすべきではないけど、第三者が糾弾をすることはバランスを変えてしまうと思います。みんなでちょっとずつ意識を変えて、ハラスメントをしても得しない仕組みを作っていく必要がある。スマホも普及して、記録・録音・録画もしやすくなったこともハラスメントを減らすことにつながるのではになるのではと思います。」とその解決に向けて、観客に呼びかけました。

本日2/14はバレンタインデー。「自分にいっぱいチョコ買いました。3つデパート回って、今しか買えないチョコをたくさん買いました。1日3つずつくらい大事に食べてます。並べて眺めてます」。と笑顔で語る宇垣さん。古市さんは「チョコレートは主食なので家に常に10キロ20キロあります。でも、わざわざ既製品を溶かして固め直すなんで、チョコレートを劣化させているだけ。手作りチョコってやめてほしいなと思ってるんですよね(笑)。素敵なチョコを買ってほしいです。」と、手作りチョコ文化に苦言を呈しました。
義理チョコがハラスメントだと禁止される会社の動きについて宇垣さんは「よくない?それでと思います。欲しかったら自分で買えばいいし、渡したい人が渡したい人にだけ渡したら良いと思います。」と自身の意見を話し、古市さんも「あげたい人があげればいい。禁止にしなくても自分で決めればいいと思います。」と賛同しました。
最後に、宇垣さんから「描かれているセクハラは醜悪で、だからこそ立ち向かっている女性たちの勇敢さはすべての人に刺さる話だと思います。セクハラに関係があると思っている人もないと思っている人も、ぜひ観てどうやって生きていこうか考えてみてほしいです。」、古市さんは「ちょっとでも生活に不満がある人、社会に対して何か言いたいことがある人は共感できることがあるはずなので、セクハラに関心がない人でもスカッとできる作品だと思います。」と、会場に向け呼びかけ、イベントは大盛況の中終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 『スキャンダル』
原題:BOMBSHELL

<STORY>
密やかな爆弾は、彼女の「告白」で着火した――
全米最大テレビ局の、あの衝撃のスキャンダルの全貌が暴かれる!これは、実話。

2016年、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局「FOXニュース」の元人気キャスターのグレッチェン・カールソンが、テレビ界の帝王として君臨していた同社CEOのロジャー・エイルズを提訴。そのスキャンダラスな報道にメディア界が揺れた――。
騒然とする局内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、上り詰めるまでの自身のキャリアの過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラ・ポスピシルは、ロジャーと対面する機会を得ていた――。       

***********************************

監督:ジェイ・ローチ 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
脚本:チャールズ・ランドルフ 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(アカデミー賞脚色賞受賞)
出演:
シャーリーズ・セロン 『モンスター』(アカデミー賞主演女優賞受賞)
ニコール・キッドマン 『めぐりあう時間たち』(アカデミー賞主演女優賞受賞)
マーゴット・ロビー 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(アカデミー賞主演女優賞ノミネート)
ジョン・リスゴー 『愛と追憶の日々』(アカデミー賞助演男優賞ノミネート)
2019/アメリカ・カナダ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/109分/字幕翻訳:松浦美奈
© Lions Gate Entertainment Inc.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『町田くんの世界』に脳科学者・澤口俊之、社会学者・古市憲寿ら各界の著名人から絶賛コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 超新人×奇跡の豪華キャストで描く衝撃の人間賛歌!映画『町田くんの世界』が6月7日(金)全国公開となります。

映画『町田くんの世界』
日々、映画の試写をしている記者さんたちからも好評な本作に、脳科学者・澤口俊之、社会学者・古市憲寿といった各界の著名人から絶賛コメントが到着しましたのでご紹介!

映画情報どっとこむ ralph ★著名人コメント(敬称略)

澤口 俊之(脳科学者)
我々ヒトが、他の動物と大きく異なる能力は高度な協調性である。町田くんは誰にでも優しく、自己犠牲さえ厭わない。そして、今のところ、ヒトだけが唯一恋愛をする動物であるとされる。町田くんは、まさにヒトの中のヒトだ。さらに、「町田くん」は、他のヒトにも伝染するのだ。なぜなら、「幸せ」は伝染するのだから。

古市憲寿(社会学者)
とても初々しい映画でした。町田くんという存在はファンタジーでしかないのか。 それとも、きちんと現実に存在する「奇跡」なのか。どこへたどり着くのかわからない物語と登場人物たち。最後までハラハラしながら観ることができました。

松江哲明(ドキュメンタリー監督)
こんな時代だからこそたどり着けた、あの幸福感。思い出すだけで思わず笑みがこぼれてしまう。映画監督に対して最高傑作という言葉は失礼かもしれないが、あえてそう断言したくなるほど、大好き。

有村昆(映画コメンテーター)
「平成」という時代が終わり、人の不幸をあざ笑う負の遺産しか日本人は見出せないのか? いや、それは違う。「令和」には町田くんがいる!上映後に観賞者同士で語らずにはいられない、語らないと気が済まない!この時代に一石を投じる注目の問題作。

森直人(映画評論家)
本当に美しいもの。石井裕也がいつも探しているのは、浮世のモノサシでは計れない人間の魂に必要な栄養を与えてくれる価値観のありかだろう。 これは学園映画の形をした哲学寓話。ドストエフスキーの『白痴』やトルストイの『イワンのばか』を連想すると言っても大げさではない!

松山梢(映画評論家)
恋を知る一歩手前にいる町田くんは、ガンコ汚れも落としてしまう強力な洗剤みたいだ。その呆れるほどの純粋さと優しさに2時間じゃぶじゃぶ浸かっていたら、くたびれた自分が洗いたての真っ白な人間になっている気がした。汚れたら、また見よう。そして、町田くんに洗ってもらおう!

襟川クロ(映画パーソナリティ―)
人の世の中も、視点を変えると違って見える。 で、新しい何かに気付いてちょっと変われる・・・ そう分かってはいるものの現実は、ねぇ。 と思っていたら、その”きっかけ”を教えてくれた町田くん。 そうか。コレか!楽しい時間をサンキュー!

宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)
甘っちょろいだけではない、このビタースウィートなファンタジーにリアルな感触と重みをもたらした新人2人、細田佳央太&関水渚の素晴らしさ。 特に関水渚は、今年の日本映画界における最大の発見かも。 石井裕也監督の役者の潜在能力を引き出す手腕にまたしても感服した。

新谷里映(映画ライター)
町田くん、優しすぎじゃない?いい人すぎじゃない?って一瞬でも思ってしまった自分が恥ずかしくなって、気づけば、町田くんの“人を愛し、人から愛される”才能に、彼の見ている世界に、彼の一生懸命さに、どんどん引き込まれていきました。映画を観た後の幸福感ハンパないです!

映画情報どっとこむ ralph そして、ラストの衝撃に劇場騒然となった本作の15秒のスポット映像を解禁!

映画情報どっとこむ ralph 1000人超えのオーディションを勝ち抜いた細田佳央太と関水渚の“まっしろ”な二人が、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子の豪華キャストとともに、全く新しい日本映画の扉を開きます!

映画『町田くんの世界』

6月7日(金)公開

オフィシャルサイト:
http://machidakun-movie.jp

公式Twitter:
@MachidakunMovie 
#町田くんの世界

公式Instagram:
@machidakunmovie/

【ストーリー】
運動も勉強も苦手で、見た目も地味な町田くん。でも人を愛する才能がズバ抜けていた!そんな彼が初めて“わからない感情”を知った時、周りのすべての人を巻き込んで、驚天動地のドラマが動き出す!みんなどうする?どうなる?

***********************************

細田佳央太 関水 渚
岩田剛典 高畑充希 / 前田敦子 太賀
池松壮亮 戸田恵梨香
佐藤浩市
北村有起哉 松嶋菜々子

主題歌 「いてもたっても」平井 堅(アリオラジャパン)
監督:石井裕也  脚本:片岡 翔 石井裕也  音楽:河野丈洋  企画・プロデュース:北島直明
原作:安藤ゆき「町田くんの世界」(集英社マーガレットコミックス刊)

©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

古市憲寿が大絶賛!「アズミ・ハルコは行方不明」公開直前イベントで


映画情報どっとこむ ralph 映画「アズミ・ハルコは行方不明」が今週末、12月3日(土)に公開されます。

本作は「ここは退屈迎えにきて」で一世を風靡し時の人となった作家・山内マリコの書き下ろし小説を『私たちのハァハァ』も話題の松居大悟監督が映画化。

行方不明の主人公を演じるのは、本作が8年ぶりの単独主演となる蒼井優。共演陣にはNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」が終了したばかりの高畑充希、太賀、葉山奨之、加瀬亮、そしてミュージシャンである石崎ひゅーいなど話題性抜群の実力派俳優たちがそろいました。
%e3%82%a2%e3%82%ba%e3%83%9f%e3%83%bb%e3%83%8f%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%81%af%e8%a1%8c%e6%96%b9%e4%b8%8d%e6%98%8e

そして、この度公開に先駆けて、松居大悟監督と、現代社会を独特の視点で分析する今人気社会学者古市憲寿さんをゲストに迎え、トークイベントが行われました。

「アズミ・ハルコは行方不明」公開直前試写会&トークイベント
日時:11月28日(月)
場所:アキバシアター
登壇者:古市憲寿、松居大悟監督

映画情報どっとこむ ralph 平日にも関わらず、満席の会場から拍手で迎えられた松居大悟監督と、今や「ワイドナショー」でお馴染みの人気の若手社会学者・古市憲寿さん。

開始早々。

古市さん:いきなりだけど文句から言っていい?僕、前作の『私たちのハァハァ』がダメだったんだよね(笑)

と先制パンチが。

%e5%8f%a4%e5%b8%82%e3%81%95%e3%82%93古市さん:だから試写に行く時すごい心配だったんだよね。でも今回は楽しかった!最近はLINEとかやりとりもそうだけど、タイムラインがどんどん短くなっているから、2時間の映画って4Dでないと耐えられないと思っていたんだけど、この映画はテンポも良くて、音楽もハマってて疾走感が気持ち良かった!!みんなSNSをやっていて、世界中につながれるのに地方で完結してしまっているという地方都市の閉塞感がすごくリアル。。。男性優位の社会で多かれ少なかれ不遇な扱いを受けている女性たちが、男性に復讐するというファンタジーとしても面白かった。その方法が、男たちをギャフンと言わせるとか、陥れようとするんじゃなく<私たちが幸せに生活するのが復讐>だという発想が素敵だと思った。“優雅に暮らすことが最高の復讐になる”というセリフが一番好き。今の場所にずっといなきゃいけないというのは苦痛だけど、行方不明になってもいいんだと、別に他の生き方もあるんだよとオルタナティブを示しているのが良いよね、違う人生を思い描くことができるのが魅力。

との大絶賛に監督も満足げ。

映画情報どっとこむ ralph 続いてお二人ともライブに通うほどファンであることから、話題は石崎ひゅーいさんの話へ。

古市さん:あのヌメーとした感じがいいよね(笑)やけにリアルだったし、どんな演出したの?

との質問に

%e6%9d%be%e5%b1%85%e7%9b%a3%e7%9d%a3松居監督:初めての演技なので最初いろいろ準備をして撮影を迎えてくれたんですけど、全部やめてもらいました。ひゅーいのその雰囲気のままで、春子のそばにいて欲しかったんです。

と、撮影現場でのエピソードを監督が披露。さらに今回キャバ嬢の愛菜役を演じた高畑充希さんについて

古市さん:とと姉ちゃんからすごいギャップだよね。朝ドラを観てたおばあちゃんがこの映画を観たらわかんないんじゃないかな。

と朝ドラからの役のイメージのギャップが大きいことに驚いた様子。さらに続けて

古市さん:松居君、女の人のことなんてわかんないのによくこの映画撮れたね。そもそも、なんで監督を松居君にしたんだろうね。

とまたしても辛口の質問に、笑いながら

松居監督:原作が好きで、プロデューサーと『アズミ・ハルコは行方不明』をやろうって決めてからスタッフを集めたんですが、気づいたら、周りが強い女の人ばかりになってて(笑)でも僕は女の人のことは分からないし、いろんな意見を聞いてバランスを取っていたらすごく面白かった。この作品に関してはみんなで作ることに意味があるんだなと感じました。女性を肯定する大きな意味でにの人間賛歌になればいいなと思ってます。

と回答。

映画情報どっとこむ ralph %e3%82%a2%e3%82%ba%e3%83%9f%e3%83%bb%e3%83%8f%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%81%af%e8%a1%8c%e6%96%b9%e4%b8%8d%e6%98%8e%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af

最後にメッセージを求められ・・・

古市さん:前後関係やストーリーを説明しすぎない、本能的に気持ちのいい映画。何度も観たくなる映画だと思います。今年は『シン・ゴジラ』や『君の名は。』『この世界の片隅に』など観れば観るほど新しい発見がある映画がヒットしているし、この作品も通じるところがあるので、皆さん何度も観てください!!!

と答えると

松居監督:満点のコメントです(笑)

と監督の採点で締めました!

映画「アズミ・ハルコは行方不明」

12月3日より新宿武蔵野館他全国ロードショー

公式HP:azumiharuko.com

映画情報どっとこむ ralph 突如、街中に拡散される、女の顔のグラフィティアート。

無差別で男をボコる、女子高生集団。

ひとりのOLの失踪をきっかけにひとつの街で交差する、ふたつのいたずら。これは、アズミハルコの企みなのか? ハルコは、なぜ姿を消したのか?

「ここは退屈迎えにきて」で一世を風靡し時の人となった作家・山内マリコの書き下ろし小説「アズミ・ハルコは行方不明」を『私たちのハァハァ』も話題の松居大悟監督が映画化。行方不明の主人公を演じるのは、本作が8年ぶりの単独主演となる蒼井優。

その行方不明の女の顔をグラフィティアートとして街中に拡散する若者集団「キルロイ」のメンバーを、放送中のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」や大ヒット公開中の映画『植物図鑑』で話題の高畑充希が演じる。

20代、30代を代表する実力派女優の共演によって、最強の青春映画『アズミ・ハルコは行方不明』が完成した。

***********************************

%e3%82%a2%e3%82%ba%e3%83%9f%e3%83%bb%e3%83%8f%e3%83%ab%e3%82%b3_%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc出演:蒼井優 高畑充希 太賀 葉山奨之 石崎ひゅーい
菊池亜希子 山田真歩 落合モトキ 芹那 花影香音 /柳憂怜国広富之/加瀬亮

劇中アニメーション:ひらのりょう
音楽:環ROY
監督:松居大悟(『ワンダフルワールドエンド』『スイートブールサイド』『私たちのハァハァ』)

原作:「アズミ・ハルコは行方不明」山内マリコ(幻冬舎文庫)
©2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ