「原田知世」タグアーカイブ

映画『あいあい傘』倉科カナ、トミーズ雅、宅間孝行監督が京都国際映画祭に登場!


映画情報どっとこむ ralph この秋、大人たちをやさしい 涙で包み込む。映画『あいあい傘』は 10月26日(金)より全国ロードショーとなります。

そして本日 10 月 11 日(木)に京都・西本願寺にて開幕した京都国際映画祭 2018 のレッドカーペットに、 宅間孝行監督、倉科カナ、トミーズ雅が登場しました!

世界文化遺産である西本願寺の境内に敷かれたレッドカーペットを歩いた3 名。


その後のマスコミ取材を受けた 倉科カナは「このような素晴らしい場に、『あいあい傘』という素晴らしい映画でレッドカーペットを踏むこと ができて本当に光栄に思います。」とコメント。 『あいあい傘』チームが京都国際映画祭の開幕に花を添えた華々しいイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph
宅間監督コメント
「映画を作っている時に、“クールジャパン”という部分に拘りをもって作りました。小道具や映 像など日本を意識できるような作りになっていると思います。日本のいいところが沢山出てくる のでそこを見て頂きたいです。」


倉科カナさんコメント
「本作の撮影は1シーン1カットの長回しで撮ることがとても多く、そこはキャスト監督含め素 晴らしい緊張感と熱量をもって挑んだ部分です。自分の中ではとても思い入れのある作品で、ご 覧になられた方が見終わった後にどんな人の顔が浮かぶのか、どんな風に感じ取って頂けるのか とても気になります。この作品を見て頂いた方が日々の忙しい生活の中で、少し足を止めて大切 な人について考えて頂けると嬉しいです。」

トミーズ雅さんコメント
「芸人という立場ですが、レッドカーペットを踏めて本当に嬉しく思います。試写で映画を見ま したが、本当にいい映画で泣きました。この映画を見て泣かない人は病院に行った方がいいと思 います。(笑)それぐらい素晴らしい映画なので、泣きたい方は是非見て頂きたいです。」

映画情報どっとこむ ralph 家族に「愛している」と伝えられることが、どれだけ幸せなことなのかー。当たり前だと思っていた日常をと ても愛おしく感じる、家族を大切に想える映画が誕生しました。『あいあい傘』は、逢いたいのにずっと逢えず にいた父と娘の愛にあふれた 5 日間の物語です。


映画『あいあい傘』

映画公式サイト :
https://aiai-gasa.com/

映画公式 Twitter :
https://twitter.com/aiaigasamovie

10月 26 日(金)より全国ロードショー!

物語・・・
恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつきは 25 年前に姿を消した父の六郎を探しにその町へやって来ます。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎と出会ったさつきは、「 祭りの取材をしたい」と嘘をついて彼に町案内をしてもらうことに。清太郎を通じて、六郎がどんな生活を送っているのかを知ったさつきは、意を決して、父の新しい家族、奥さんの玉枝と彼女の一人娘に会いに行こうとします。会いたくても会えなかった父と娘の本当の想いは届くのか…。

***********************************

キャスト:倉科カナ 市原隼人 立川談春 原田知世 ほか
監督・脚本:宅間孝行
主題歌:竹内まりや『小さな願い』(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:SDP
公開日:10月 26 日(金)ロードショー
©2018 映画「あいあい傘」製作委員会


倉科カナ・立川談春 映画『あいあい傘』の第二弾キービジュアルと本予告解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、10月26日(金)に公開される映画『あいあい傘』の第二弾キービジュアルと本予告が解禁となりました!

映画『あいあい傘』は倉科カナ、市原隼人、落語家の立川談春、原田知世ら豪華キャストが出演。幼くして生き 別れた親子が25年ぶりに再会する姿を通して、家族の絆や夫婦の愛を温かく描きます!


別々に暮らさざるを得なかった父と娘。会えなかった25年間それそれが抱えた思い、 そして再会の感動を表現した、第二弾キービジュアルと予告が完成した! 父・六郎(立川談春)は「許されるなら、会いに行きたかった。」という秘めた思いを感じる悲しげな表情。 娘・さつき(倉科カナ)は「お父さん、ずっと会いたかった。」という父を恋しがる娘の切ない表情を見せる。

訳あって家族と離れて暮らす六郎を支える玉枝(原田知世)の優しく、包容力のある表情や、さつきに運命を感 じた清太郎(市川隼人)の(さつきを)見守るような表情など、それぞれの思いが交錯する本作を表現されています!




映画『あいあい傘

10月26日(金)より全国ロードショー

公式サイト:
aiai-gasa.com

twitter:
https://twitter.com/aiaigasamovie


ストーリー 生き別れてしまった父と娘の切なくも心に沁みる5日間の物語
恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつき(倉科カナ)は25年 前に姿を消した父の六郎(立川談春)を探しにその町へやって来た。

宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎(市原隼人)と出会い、祭りの取材をしたいという嘘をついて町を案内してもらうことにする。
散策しながら次第に明らかになる現在の六郎の生 活。さつきは意を決して、父の新しい家族──奥さんの玉枝(原田知世)と彼女の一人娘 に会いに行こうとする。

***********************************

倉科カナ 市原隼人 入山杏奈 高橋メアリージュン やべきょうすけ 布川隼汰 永井大 金田明夫 大和田獏 / トミーズ雅 立川談春 原田知世
監督・脚本:宅間孝行 主題歌:竹内まりや『小さな願い』(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:S・D・P
©2018映画「あいあい傘」製作委員会


夏祭りの夜、25年ぶりに父と娘が再開『あいあい傘』 ノスタルジックな15秒映像!


映画情報どっとこむ ralph 10月26日(金)公開を予定の宅間孝行監督・脚本の『あいあい傘』より、倉科カナさん扮する主人公のさつきが、25年ぶりに死んだと聞かされていた 父(立川談春)と再会する直前のシーンを切り取った切ない15秒特報が到着しました!!

映画『あいあい傘』は倉科カナ、市原隼人、落語家の立川談春、原田知世ら豪華キャストが出演。
幼くして生き 別れた親子が25年ぶりに再会する姿を通して、家族の絆や夫婦の愛を温かく描く感動作。タイトルの「あいあ い傘」には、親子も、夫婦も、人生を共に歩むのは楽しいことだけじゃなくて、お互い気遣って、肩寄せ合って くっついて、一歩一歩あるいていく「あいあい傘」みたいなものというメッセージ。
映画情報どっとこむ ralph 夏祭りの夜、25年ぶりに父と娘が再開する―。
切ないピアノの音色が、主人公の心情を物語る…。 夏休みの原風景を思い出す ノスタルジックな15秒映像! 《第二弾特報&新場面写真解禁 》
あの日のことを、私は絶対に忘れない 幼い頃、遠く離れてしまった父と娘は、その日、25年ぶりに再会した
夏祭りで賑わうある日の夜に、 25年ぶりに再会する父と娘。 神社の石段を一歩一歩、 踏みしめながら進むさつきの後ろ姿から、 緊張と不安、そして期待を感じさせる。

さつきを見守る清太郎(市原隼人)の姿も、 日本の懐かしい原風景を表現した 特報が完成しました!!!


映画情報どっとこむ ralph 倉科カナさんからのコメント

倉科さん:突然の父との別れから彼女の心にはいつもどこか に穴が存在していたのではないでしょうか。 いま何処にいてどうしているのか…という想いをい つも抱え、時間が経っても埋まらない穴を埋める ために、父に会いに行く決心をしたんでしょうね。 撮影で私がさつきとして過ごしている間、 ただ「お父さんに会いに行く」という素直な気持 ちだけをもって演じることが出来ました。 この作品が、家族や大切な人をいま一度想うきっ かけになれたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph あいあい傘

2018年10月26日(金)全国ロードショー

公式サイト:
aiai-gasa.com
twitter:
https://twitter.com/aiaigasamovie [

物語・・・
生き別れてしまった父と娘の切なくも心に沁みる5日間の物語
恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつき(倉科カナ)は25年前に姿を 消した父の六郎(立川談春)を探しにその町へやって来た。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知る テキ屋の清太郎(市原隼人)と出会い、祭りの取材をしたいという嘘をついて町を案内してもらう ことにする。散策しながら次第に明らかになる現在の六郎の生活。さつきは意を決して、父の新し い家族──奥さんの玉枝(原田知世)と彼女の一人娘に会いに行こうとする。

***********************************

倉科カナ 市原隼人 入山杏奈 高橋メアリージュン やべきょうすけ 布川隼汰 永井大 金田明夫 大和田獏 / トミーズ雅 立川談春 原田知世

監督・脚本:宅間孝行
配給:S・D・P
©2018映画「あいあい傘」製作委員会


竹内まりや 約4年ぶりのシングル が映画「あいあい傘」の主題歌に決定!


映画情報どっとこむ ralph 11月25日(日)にデビュー40周年を迎える竹内まりやさん。

彼女の約4年ぶり、43枚目のシングル となる新曲『小さな願い』が10月26日(金)に公開される映画『あいあい傘』の 主題歌に決定しました。
映画『あいあい傘』は倉科カナさん、市原隼人さん、落語家の立川談春さん、原田知世さんら豪華キャストが出演。幼くして 生き別れた親子が25年ぶりに再会する姿を通して、家族の絆や夫婦の愛を温かく描く感動作。タイトルの 「あいあい傘」には、親子も、夫婦も、人生を共に歩むのは楽しいことだけじゃなくて、お互い気遣って、 肩寄せ合ってくっついて、一歩一歩あるいていく「あいあい傘」みたいなものというメッセージが込められています。

映画情報どっとこむ ralph 竹内まりやさんからのコメントが届いています!
竹内さん:人が人を想う気持ち…映画「あいあい傘」の中でたびたび感じたそのテーマを歌にしたのが「小さ な願い」です。 複雑な事情を背負いながら生きる人達、思いに任せぬ世の中を生きる人達など、この映画には心に 荷物を抱えた様々な人間の姿が描かれているのですが、どこかに救いと希望が感じられるのは、そ れが宅間監督の「願い」だからだと感じています。人間はたとえ自分が幸せでも、愛する誰かが不 幸せならば本当の幸福感は得られないからこそ、祈らずにはいられないのでしょう。そんな大切な 人への「願いと祈り」を歌の中に込めました。 聴いて下さる方々に、どこか少しでもあたたかい気持ちになっていただけたら幸いです。

映画情報どっとこむ ralph あいあい傘
2018年10月26日(金)全国ロードショー

公式サイト:
aiai-gasa.com
twitter:
@aiaigasamovie


物語・・・
生き別れてしまった父と娘の 切なくも心に沁みる5日間の物語
恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつき(倉科カナ)は25年前に姿を消し た父の六郎(立川談春)を探しにその町へやって来た。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清 太郎(市原隼人)と出会い、祭りの取材をしたいという嘘をついて町を案内してもらうことにする。散策 しながら次第に明らかになる現在の六郎の生活。さつきは意を決して、父の新しい家族──奥さんの玉枝 (原田知世)と彼女の一人娘に会いに行こうとする。

***********************************


キャスト:
倉科カナ 市原隼人 入山杏奈 高橋メアリージュン やべきょうすけ 布川隼汰 永井大 金田明夫 大和田獏 / トミーズ雅 立川談春 原田知世

監督・脚本:宅間孝行 配給:S・D・P
©2018映画「あいあい傘」製作委員会


春本雄二郎監督 『かぞくへ』公開日決定!予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph 春本雄二郎監督 『かぞくへ』がユーロスペースにて2月24日に公開が決定しました。

さらに、このたび公開にむけての本予告も完成。


幸せを手にしようとしていた主人公・旭が、図らずも結婚間近に控えた婚約者と親友の間でどうしようもなく揺れていく様を疾走感を持って描く予告編となています。

本予告は、ポスタービジュアルと同じ、二人の運命が変わっていく場所からスタート。

長崎県五島列島出身の旭と洋人は親友同士。五島で漁師を営む洋人に飲食店の経営者を紹介した旭は、契約成立に二人で喜ぶ。「五島に帰ってこんとや」と 問う洋人に、旭は東京で結婚することを打ち明けるが、家庭の温かさを知らない自身の出自に少しだけ不安を抱えていることを吐露する。

しかし、契約が実は架空のものだったことがわかり、旭は罪悪感にさいなまれる。婚約者の佳織に結婚式の先延ばしを相談するが、彼女にも譲れない理由があり・・・ それぞれの正義、それぞれの思いがすれ違い、主人公・旭の葛藤やどうしようもない切なさ が観る者の心に迫る予告編となっています。
映画情報どっとこむ ralph さらに、女優の原田知世さんが本作に感銘を受けコメント。

「心の友と呼べる人と出会えたなら、人生は豊かなものになるだろう。その人生が終わる時に思い浮かぶ人たちが、私にとっての『家族』という枠を超えた『かぞく』なのかもしれない」――原田知世
物語・・・
家族の温かさを知らず生きてきた旭は、同棲中の佳織と結婚を目前にしながら、よかれと思って紹介した仕事で親友の洋人を詐欺の被害に合わせてしまう。養護施設で家族同然に育ってきた唯一無二の親友と、認知症が進む祖母のために結婚式を急 ぐ婚約者の間で、次第に旭は追いつめられていき・・・
2018 年 2 月 ユーロスペースにてロードショー!

***********************************

CAST
松浦慎一郎、梅田誠弘、遠藤祐美、三溝浩二、おのさなえ、下垣まみ、瀧マキ、森本のぶ

【STAFF】
監督・脚本・編集:春本雄二郎
撮影:野口健司 照明:中西克之
録音・整音:小黒健太郎

制作:福田智穂
助監督:浅見佳史
音楽:高木聡 プ ロデューサー:深谷好隆、春本雄二郎、南 陽
海外セールス:植山英美(ARTicleFilms)
配給:『かぞくへ』製作委員会
配給協力:コトプロダクション 劇場営 業:髭野純 (C)『かぞくへ』製作委員会 【DCP/シネスコ/5.1ch/カラー/2016/日本/117 分】 公式サイト:kazokue-movie.com 【海外映画祭】第 29 回 東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 公式出品/第 23 回 フランス ヴズール国際アジア映画祭 審査員賞&NETPAC 賞(最 優秀アジア映画賞)&ギメ東洋美術館審査員スペシャルメンション/第 14 回 ソウル国際アガペー映画祭 Re-Awakening of The Asia Agape Films 部門 公式 招待/第 17 回 ドイツ ニッポンコネクション 2017 ニッポン・ヴィジョンズ部門 審査員スペシャル・メンション授与/オランダ カメラジャパンフェスティバル 2017 公式招待 2018