「原桂之介」タグアーカイブ

稲葉友が知英:瑞穂の幼馴染の柏原淳之介役!映画「私の人生なのに」


映画情報どっとこむ ralph 知英、主演の映画「私の人生なのに」。

幼馴染の柏原淳之介役が稲葉友さんだとわかりました!

本作は、金城瑞穂(知英)が、オリンピック候補の新体操スター選手でありながら、不治の病で半身不随となり、絶望の中、音楽と出会うことで人生がふたたび動き出し、新たな夢に向かって歩き始めていく青春サクセスストーリー。


今回出演が発表されたのは、映画「春待つ僕ら」など話題作への出演も決定している若手実力派俳優・稲葉友。
稲葉演じる柏原淳之介は、瑞穂の前に数年ぶりに現れた幼なじみで、瑞穂が再び前を向くきっかけとなる重要な役どころなんです。

瑞穂と淳之介。
それぞれが抱える葛藤や悩みを乗り越えながら、新しいステージを目指していく二人の姿が印象的に描かれる。今回の作品で稲葉は、ギター演奏と歌唱を“初”披露することもわかっており、新たな一面にも注目が集まりまする。

映画情報どっとこむ ralph 稲葉友さんからのコメントです!

稲葉さん:脊髄梗塞になった主人公、金城瑞穂と再会する幼馴染の柏原淳之介を演じます。作品が決まってからは毎日ギターを弾いて、曲を作って、歌っていました。その時の心も身体も全部捧げました。知英さんをはじめとするキャストの皆様、原監督をはじめとするスタッフの皆様、エキストラで集まってくださった皆様、撮影に関わってくださった全ての人の力が、とても確かにグッと込もった映画です。「生きる」って何だろうと、そんな誰もが抱えるテーマを真っ直ぐにひたむきに描いた作品になっています。「私の人生なのに」このタイトルに続く言葉を、是非とも映画館に確認しにきてください。


映画情報どっとこむ ralph 脚本・監督は『小川町セレナーデ』原桂之介!注目です。

私の人生なのに

今夏、新宿バルト9ほか全国ロードショー

http://watashinojinsei.com



***********************************

知英
稲葉友

監督・脚本:原桂之介

原作:清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
製作:瀬井哲也
プロデューサー:行実良、柴原祐一
共同プロデューサー:長井龍
撮影:加藤十大 照明:志村昭裕
録音:小林武史 美術:田口貴久
編集:相良直一郎

衣裳:岡本華菜子
ヘアメイク:及川奈緒美
キャスティング:あんだ敬一
助監督:岩坪梨絵

制作担当:金子堅太郎
ラインプロデューサー:傳野貴之
制作プロダクション:ダブ
協力:J-Workout、幸和義肢研究所、松永製作所、コ・イノベーション研究所、Chacott
配給:プレシディオ
宣伝:MUSA
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分
©2018『私の人生なのに』フィルムパートナーズ



知英 最新主演映画は原桂之介監督『私の人生なのに』今夏、公開決定!特報到着!


映画情報どっとこむ ralph 現在公開中の主演映画『レオン』が大ヒット中の“知英”。
次回作となる最新主演映画『私の人生なのに』が、今夏、全国公開が決定しました。

彼女が贈る最新作『私の人生なのに』は、オリンピック候補の新体操スター選手でありながら、不治の病で半身不随となり絶望を彷徨う中、音楽と出会うことで人生に彩りが戻り、自分を受け入れながら新たな夢に向かって歩き始めていく青春サクセスストーリーです。原作は清智英先生・東きゆう先生の同名ライトノベル『私の人生なのに』。

本日、特報と映画場面写真が解禁となりました!


女性アイドルグループKARAのメンバー時代からダンスで鍛えた身体能力をいかしながら、新体操のリボンの練習をかなり重ねて金城瑞穂役に挑みました。

また車椅子で生活する女性の役でもあるため、日常生活でも車椅子を何ヶ月も利用し自身の生活の一部にしながら役作りを続けて撮影。

脚本・監督は『小川町セレナーデ』原桂之介!

注目です。


私の人生なのに

今夏、新宿バルト9ほか全国ロードショー

http://watashinojinsei.com

***********************************

知英
脚本・監督|原桂之介『平成ポンチ』『小川町セレナーデ』
原作|清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
企画|VAP 制作|ダブ 
協力|J-Workout 
配給|プレシディオ 
宣伝|MUSA
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分
©2018「私の人生なのに」フィルムパートナーズ
  


小関裕太主演『Drawing Days』1週間限定公開決定


小関裕太主演作『Drawing Days』(ドローイング・デイズ)が8月8日(土)より渋谷シネクイントにて劇場公開することが決定しました。

DrawingDays 本作は、昨年放送されたドラマ『ごめんね青春!』や、今年3月に公開された映画『あしたになれば。』で、その存在感と演技力が大きな注目を集めている若手俳優・小関裕太が主演を務めています。

監督・脚本は昨年公開の『小川町セレナーデ』で監督デビューを果たし、同作品で新藤兼人賞・銀賞を受賞した原桂之介が手がけています。小川町良かったですからね期待大です。

また、古舘寛治、須藤理彩、根岸季衣といった実力派俳優たちが脇を固め、20歳を刻む小関と共に物語を紡ぎます。

物語は・・・

DrawingDays1 穏やかな光と町の佇まいが、色彩美を醸し出す神奈川県三浦市を舞台に、「夢を心に秘めた青年」と「夫に先立たれた婦人」のふたりによる「奇妙な共同生活(ルームシェア)」が始まるところから進んでいきます。

“絵を描きたい”

閉ざしていた夏生の心を動かす、佳乃の言葉?。
変わりゆく日々を形成していくふたりの生活とは?。

この『Drawing Days』は、6月6日(土):東京、6月7日(日):大阪にて行われた「小関裕太 20th BirthDayスペシャルイベント」にて第一弾上映が行われ、大好評の声にお応えし待望の劇場公開が決定!

DrawingDays2
なお、この1週間の上映では、主演・小関裕太の舞台挨拶付の上映回や、来場者全員にポスタープレゼントを行うなど、この作品をより楽しんでいただく特典もご用意し、本作の公開を盛り立てる予定です!

チケット情報等詳細は公式HPまで http://liveviewing.jp/drawingdays/

Drawing Days

8月8日(土)より渋谷シネクイントにて1週間限定ロードショー

DrawingDays3
過去記事:
安田顕偽乳は肩がこる!と『小川町セレナーデ』初日舞台挨拶
小川町セレナーデ初日舞台挨拶









小関裕太、黒島結菜、奥華子ら『あしたになれば。』初日舞台挨
あしたになれば。初日舞台挨拶


********************************************************************

キャスト:小関裕太、古舘寛治、須藤理彩、根岸季衣
脚本・監督:原 桂之介
配給:アミューズ/ライブ・ビューイング・ジャパン
2015年/日本/86分/カラー
(C)2015/アミューズ

   


新宿2丁目オネエ限定試写会&舞台挨拶!『小川町セレナーデ』


10月4日(土)より全国順次ロードショーの

『小川町セレナーデ』

母はスナックのママ、父はオカマ?そして娘は「偽オカマバー始めました。」っていう、ちょっと不思議な家族と“スナック小夜子”に集まる人たちの物語。

いい映画なんですよこれが。

今回、公開前に須藤理彩さん、安田顕さん、藤本泉さん、原桂之介監督が登壇しての完成披露試写会が行われました!

観客はなんと!
お仕事終わりの新宿2丁目のオネエのみなさん限定です!

小川町セレナーデ舞台挨拶photo
『小川町セレナーデ』完成披露試写会&舞台挨拶
日程:9月26日(金)
場所:角川シネマ新宿シネマ2(東京都新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル5F)
出演:須藤理彩、安田顕、藤本泉、原桂之介監督

MC:まずはご挨拶から
須藤理彩さん:朝早くからお集まりいただきありがとうございます。
小川町セレナーデ舞台挨拶須藤理彩1
藤本泉さん:今日は、沢山のきれいなお姉さまたちに集まっていただき、皆さんにどんな感想をいただけるのかドキドキワクワクしています。
小川町セレナーデ舞台挨拶藤本泉1
安田顕さん:こんな早い時間帯に来ていただきましてありがとうございます。
小川町セレナーデ舞台挨拶安田顕2
原桂之介監督:朝早くからありがとうございます。
原監督
小川町セレナーデ舞台挨拶須藤理彩2MC:須藤さん役作りはどうされましたか?

須藤さん:最初に台本を見てすごい強いものを持ってる女性だなと。なので、何かぶれない意思をもっている。起きている物事を受け入れる広いものを持っている女性にしたいということで、ワンシーンごと監督と話して作っていきました。

MC:藤本さん きつかったところは

藤本さん:真冬の寒い時期の撮影の中、薄いドレスで夜道を疾走したのが大変でした。

MC:安田さん演じるエンジェルはおかま役ですがいかがでしたか?
小川町セレナーデ舞台挨拶安田顕1
安田さん:エンジェルは女性と言うか心は女性。大変だなと持ったのは、ムダ毛処理ですね。身だしなみなんですよね。大変だなと。撮影終わっても処理して。習慣づいたところで撮影が終わってしまいました。(場内うなづくオネエサマ多数。)

見出しは安田顕、ムダ毛処理撮影終わったころ習慣ずくでお願いします!!

MC:長年温めてきた企画。原監督の映画完成の思いは?

原監督:1月の撮影。スタッフ一同、皆さんにご覧いただくために頑張ってきたのでうれしいなと思っています。

小川町セレナーデ舞台挨拶藤本泉は天然MC:共演に関していかがでしたか?

須藤さん:泉ちゃんは、クールビューティでかしこそうなんです。

けど。痛い子なんです。天然ちゃんです。
小川町セレナーデ舞台挨拶3控室でも豪雨探査機アプリをゴウアメタンキチって!そういうことがちょいちょいあって。愛おしくなりました。

安田さん:映画を観たんですよ。泉さんの演技に嫉妬しました。

MC:天然と言うことですが・・・
小川町セレナーデ舞台挨拶4 藤本さん:楽しい現場だったんですけど、突っ込まれることが多くって大変でした。

安田さん:現場は楽しかったし、大変だったし。観てもらう方が少ないと思うので、面白かったら口コミを。熱い記事もお願いします!

監督:作品のこと楽しくおしゃべりするときと真剣な時と。メリハリの効いた現場でした。

MC:最後に一言お願いします。

小川町セレナーデ舞台挨拶須藤理彩3 須藤さん:出てくる人たちは普段光が当たっていない。なんて平凡な人生を生きてる人達ですが、今回映画で描いていただいて、見た方が自分の人生を楽しい人生かもって前向きに思える仕上がりになっています。是非、皆さんで成長させていただけたらなともいます。

藤本さん:家族の切っても切れない絆だとか、温かさだとかが詰まった作品だと思います。

安田さん:よかったら口コミお願いします。2丁目にも通わせていただいて。一番怖かったのは皆さんお評価でした。心ができていますね。って言われて泣きそうになってしまいました。

監督:老若男女出てくる映画です。それぞれ何かを感じていただけたらと思います。

この後、花束の贈呈で終わりました。
小川町セレナーデ舞台挨拶花束
小川町セレナーデ舞台挨拶photo2
********************************************************************



監督・脚本:原桂之介 
出演: 須藤理彩 藤本 泉 安田 顕

小林きな子 髙橋洋 阿部進之介 

濱田ここね 大浦龍宇一 金山一彦 大杉 漣(特別出演)  

主題歌:『幸せの貼り紙はいつも背中に』(私立恵比寿中学)
協力:かわさき街おこしシネマプロジェクト  2014年/日本/カラー/5.1ch(一部除く)/DCP(一部除く)/ DCP16:9/119分/G
公式サイト http://ogawacho..com    
配給:アイエス・フィールド 配給協力:KADOKAWA 宣伝協力:アルゴ・ピクチャーズ
 © 2014「小川町セレナーデ」製作委員会    
公開:10月4日(土)より角川シネマ新宿、川崎チネチッタほか全国順次ロードショー!


偽オカマバー始めました「小川町セレナーデ」予告解禁


小川町セレナーデポスター偽オカマバー始めました!

10月4日(土)より、公開の

『小川長セレナーデ』

予告解禁です。

女手ひとつでスナックのママとして娘を育ててきた母、スナックの店名に自分の名前をつけられ、どうも昔から男運のない娘。

借金まみれのスナックの再起に娘が考えたのは、「偽オカマバー!」その手ほどきを頼んだ母の旧知のオネエの友人エンジェルは、どうやら娘の父親らしく・・・というお話で、

母役を須藤理彩さん、娘役をこの後主演作含む映画出演が相次ぐ藤本泉さん、そしてオネエのカリスマダンサー・エンジェルをTEAM NACSの安田顕さんが演じています。

予告編・・ヤスケンさんいい味出してます。。。。。おかまっぷり。

派手できらびやか、でも家族の暖かみを感じる仕上がりです。



監督・脚本を担当したのは多数の映画で助監督を務めてきた新鋭 原桂之介。

場末のスナックの持つ魅力、常連客たちが持つわびしさ、あたたかさ、おねぇの持つパワー、母親のたくましさ、小夜子をとりまく世界をメランコリック描き、どこの町にでもある小さなスナックのちょっと大変で、ちょっと楽しく心あたたまる物語を紡ぎだしました。

エンディング曲は、ももいろクローバーZの妹分、私立恵比寿中学の『幸せの貼り紙はいつも背中に』。

いつでも、飲みにおいで!

「小川町セレナーデ」

10月4日(土)より、角川シネマ新宿、川崎チネチッタほか全国順次公開となります。

********************************************************************


キャスト
須藤 理彩,安田 顕,藤本 泉
小林きな子,高橋洋,阿部進之介,濱田ここね
いか八朗,大浦龍宇一,金山一彦
大杉 漣(特別出演)

監督・脚本:原桂之介
プロデューサー: 佐谷秀美 篠田 学
共同プロデューサー:中山賢一 片山 宣
ラインプロデューサー:坂口慎一郎、キャスティングプロデューサー:星 久美子
脚本・監督:原 桂之介
撮影:柴崎幸三、照明:上田なりゆき、録音:小原善哉、美術:愛甲悦子、装飾:平井淳郎、
ヘアメイク:内城千栄子、スタイリスト:チバヤスヒロ
振付: 西濵ひーとん、音楽:古川はじめ
編集:小野寺絵美、音響効果:松浦大樹
VFXスーパーバイザー:大萩真司
助監督:桑原昌英 大津 是、制作担当: 田中智明
アシスタントプロデューサー:豊田賀世
主題歌:『幸せの貼り紙はいつも背中に』(私立恵比寿中学)

製作:「小川町セレナーデ」製作委員会
製作プロダクション:パイプライン
配給:アイエス・フィールド 
配給協力:KADOKAWA
協力:かわさき街おこしシネマプロジェクト