「千葉雄大」タグアーカイブ

阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大ら運命を変えた”言葉”を披露!『音量を上げろタコ!』公開記念!


映画情報どっとこむ ralph アスミック・エース配給・制作にて、「時効警察」シリーズの三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)より全国公開となりました!

そして!10月13日(土)に本作の公開記念舞台挨拶が行われ、主演の阿部サダヲさん、ヒロインの吉岡里帆さん、そして千葉雄大さん、ふせえりさん、田中哲司さん、三木聡監督と豪華キャスト&監督が登壇しました。


『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』公開記念舞台挨拶
日時:10月13日(土) 12:05~12:45
会場:TOHOシネマズ 新宿 スクリーン9
登壇:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、ふせえり、田中哲司、三木聡監督

映画情報どっとこむ ralph 本作の見どころを聞かれ

阿部さん:今週公開の映画の期待度2位という好成績で、1位ではないんですけれども、それがこの映画っぽくて素晴らしいと思います!(おそらく めざましどようびの今週公開の作品期待度ランキングだと思われる。因みに1位はルイスと不思議の時計)
と会場の笑いを誘いつつも、

阿部さん:原作ありきの作品が多い中、完全オリジナルの脚本なのでそこに期待して見て欲しいです!

と見どころをアピール。

吉岡さん:本作で初挑戦した歌唱とギター。半年前から準備して、こんなに長く時間をかけて準備した映画はないので思い入れがとても強いです!
とコメントし、

レコード会社でシンの担当である坂口役の千葉さんは、自身も移動中に聴いてるという本作の楽曲のかっこよさをアピールした。

デビルおばさんというインパクトの強い役名のふせさん、

ふせさん:テレビでは見られないような阿部くん、吉岡さん、千葉くんの普段みられない姿に注目してほしい。阿部さんこんなことできるんだ〜とか、千葉くんそれはまずいぞ!というシーンもあります!
と言うと、重ねてシンの所属する事務所の社長役の田中さんは

田中さん:いろんなカツラが出てきます!
と三木監督作品お馴染みの不思議な世界観が展開されていることを披露した。

映画情報どっとこむ ralph 劇中でふうかがシンから「逃げる理由を探すな!」「逃げるな!」と熱いメッセージを受け取り、運命が変わることにちなみ、自分が変わるきっかけになった“言葉”にまつわるエピソードを披露することに

阿部さん:中学生の時に同級生の母親に「阿部くんはさ〜30歳くらいになったら売れるよ!と言われました!

とエピソードを披露。

阿部さん:当時は役者ではなくプロ野球選手を目指していたのに、今こうして役者になり、主役をさせていただいている。

と見事に阿部の未来を言い当てた同級生の母親の先見の明に、一同が驚く場面があった。


吉岡さん:いいのいいの、ブライアン・イーノ!という台詞。大変な時も前向きにまあいっか、明日頑張れたらいいか、と思えるような台詞が三木監督の作品にはたくさん散りばめられているんですけど、それがとても顕著に表れている台詞だなと思います。

と真面目。

千葉さん:ある俳優さんに千葉はさ〜役じゃない時は全然色気がないよね!と言われました。でもそれは逆に役の時は多少なりとも色気が出てるんだ!と勝手に自信を持ったんですけど…今回出てますか?

と登壇者に質問。一同が「出てるよ!」と口を揃えて言うと、

阿部さん:色気が出てなきゃこんな千葉千葉ってたくさん出てこないよ!

と「千葉うちわ」を持った観客を眺めながらツッコミ。

千葉さん:色気のあるシーンというと、田中さんとのシーンを見て欲しいです!

と改めて本作のみどころシーンをおすすめ。


さらに最近ハイテンションになった出来事について聞かれると、

阿部さん:昨日公開されて、観てくれた人が面白かった!と連絡をくれたこと。まあ警官役で映画に出てる人なんだけど!

と言うと、吉岡さんも自身がファンであるお笑い芸人のフルーツポンチ・村上さんがInstagramで音タコ観てきますとアップしてくれていて嬉しかったと喜んでいた。千葉さんはW主題歌のひとつで、阿部さん&吉岡さんの歌う「体の芯からまだ燃えているんだ」を先日カラオケで歌ってハイテンションになったと発表。

千葉さん:キーが高くて、改めてこれを歌っている吉岡さんはすごいなと思いました!

と言うと、

阿部さん:千葉くん、俺のパートは?

と寂しそうに質問。すると

千葉さん:もちろん歌いましたよ〜阿部さん一番だいすき!

と仲のよさを見せつけた。

映画情報どっとこむ ralph そして映画の公開を祝し、本作の公式キャラクターである「音タコくん」があしらわれた”音タコ!特製くす玉”が会場に登場!
登壇者全員でくす玉の紐を引くと「テンションを上げろ!!」の垂れ幕が現れ、全員で公開を祝した。
垂れ幕は阿部さんと吉岡さんの直筆と発表されたが、実は阿部さんは「!!」しか書いていないことが判明、会場が笑いに包まれる場面もあった。


最後に

阿部さん:なかなかロック・コメディという映画はないと思います。ふざけてはいるんですけど、こんなに真面目にやったことはない映画で、心に焼き付けて帰って欲しいです。よろしくお願いします!

三木監督:みなさんが観て、どのように感じてくれるかということがスタッフ、キャストが映画を作った意味のひとつでもあると思うので、自由にいろんなことを感じて観ていただけたら嬉しいです。気に入っていただければ、二度、三度と観ていただければと思います!

と締めくくって舞台挨拶終了!


『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

物語・・・
リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!爆音!爆上げ!ハイテンション・ロック・コメディ!!
驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。正反対の2人は偶然出会い、ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるものという秘密を知ってしまう! しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前!やがて、シンの最後の歌声をめぐって、2人は謎の組織から追われるはめに。リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!

***********************************


出演:阿部サダヲ 吉岡里帆
千葉雄大 麻生久美子 小峠英二(バイきんぐ) 片山友希 中村優子 池津祥子 森下能幸 岩松了
ふせえり 田中哲司 松尾スズキ
監督・脚本:三木聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン
配給・制作:アスミック・エース


阿部サダヲ 吉岡里帆 千葉雄大が渋谷109登場『音量を上げろタコ!』起爆イベント


映画情報どっとこむ ralph

「時効警察」シリーズの三木聡が監督・脚本を務める 阿部サダヲさんx吉岡里帆さんでおくる爆歌映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)より全国公開となります。

その起爆イベントが行われ主演の阿部サダヲさん、ヒロインの吉岡里帆さん、千葉雄大さんが宣伝カーに乗って渋谷109にサプライズ降臨!さらに「音タコ応援隊」として、今大人気のアルコ&ピースさんも応援隊として登壇っし盛り上げました!

最近「〇〇しろタコ!」と思った事を発表!!!。

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』起爆イベント
日時:10月1日(月)
会場:渋谷109前ステージ
登壇:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、アルコ&ピース

映画情報どっとこむ ralph 音タコの応援団としてアルコ&ピースさんが登場すると歓声が!!!

アルピーさん:これからスーパースターが来るからね!
と謙遜しながらもテンション高め!通行人をいじりながらトークが進み、音タコ宣伝カーが到着!

中からは阿部サダヲさん、吉岡里帆さん、千葉雄大さん、が登場すると、台風一過で日差しがすごい中さらにー会場は大歓声ヒートアップ!

阿部さん:109の前初めてです。昨日の台風で今日は中止かなと思っていたら、盛り上がってますね!

吉岡さん:人が多くて、笑っちゃいます!

千葉さん:こんなに足を止めてくれる方いっぱいいるんですね。この辺よく歩いてるんです!

と話すキャスト陣。

一番笑ったシーンを

阿部さん:ふうかさんをオーディションに連れていくシーン!面白いです!よく見ると吉岡さん普通に笑っちゃってます!

吉岡さん:10テイクぐらい笑っちゃってます。監督さんそこを使ってくれてます。私が笑ったのは・・・シンとバイクで走るシーン。面白い助監督さんがアナログでロープで引っ張ってるんです!格好良いシーンもアナログで撮ってるんですよ!
とエピソードを明かしてくれました!

千葉さん:オーディション帰りの二人の名が回しのシーンですね。吉岡さんとのシーンではポテトでチップの袋を開けるシーン。助監督の熱が伝わってきて現場も面白かったし頑張りました。

アルピー平子さん:ライブシーンのファンたち。細かいあるあるが凄い。

アルピー酒井さん:シンの古いトランプは臭い!が面白かったです!
と、それぞれ明かしてくれました。


さらに、最近「〇〇しろタコ!」と思ったことを聞かれると

阿部さん:家電量販店の方にで、中国人と間違えられて中国語で案内されて、察してくれと。

大量に買ってくれそうなオーラが出てしまっていたよう!

吉岡さん:今さっき!宣伝カー派手なのに。振り向いてくれなくて!振り向いてくれタコって感じです!

阿部さん:意外と気付いてほしいんですよね。
と話すと

千葉さん:昨日洗濯物干しっぱなしで・・自分に対して、タコ!って思ってます。

これを受けて

アルコ&ピース:千葉雄大、いい加減にしろタコ!と言いたい。ここまで美しい顔なのに、日常的なトークも上手い。ファンが見ていなかったら、蹴り上げているところ!と

ライバル視。それには

千葉さん:すべて計算でやっています(笑)

と小悪魔お兄さんな表情をかべていました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、映画に関してタコ!って思うことをフリップで!
阿部さん:原作ものの映画が多い中で、7年くらいかけて作った完全オリジナル作品。笑いもあるがストレートなメッセージも入っています!
吉岡さん:ふざけている!は褒め言葉。ここまで大人たちがふざけ倒す映画はなかなかない。皆さんの心を笑いで満たせれば!
千葉さん:ぶっ飛んで笑える一方で、楽曲がいい
阿部さん:自分が歌う曲のデモテープの声は、HYDEさんだった。聴いた瞬間に『無理です!』と言いいましたよ!
とエピソードを!

最後にフォトセッションの後

宣伝カーに乗って、渋谷の街へ出発したのでした!

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

10月12日(金)ロードショー




公式HP: http://onryoagero-tako.com/
公式Twitter: @onryoagero

***********************************


出演:阿部サダヲ 吉岡里帆
千葉雄大 麻生久美子 小峠英二(バイきんぐ) 片山友希 中村優子 池津祥子 森下能幸 岩松了
ふせえり 田中哲司 松尾スズキ

監督・脚本:三木聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)

主題歌:
SIN+EX MACHiNA「人類滅亡の歓び」(作詞:いしわたり淳治 作曲:HYDE)(Ki/oon Music)
ふうか「体の芯からまだ燃えているんだ」(作詞・作曲:あいみょん)(Ki/oon Music)

配給・制作:アスミック・エース

©2018「音量を上げろタコ!」製作委員会



千葉雄大が変幻自在にブッ飛びキャラ 映画『音量を上げろタコ!』


映画情報どっとこむ ralph 「時効警察」シリーズの三木聡監督が脚本も務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)に公開となります。

“コメディの王様”阿部サダヲさんに、大ブレイク中の吉岡里帆さん、三木組常連のふせえり、田中哲司さん、松尾スズキさん、麻生久美子さんが見た目のインパクト含め強烈な個性を放つキャラクターとして登場する本作。


この度、「実はこの濃すぎるキャラクターの中でも随一のギャップを持つキャラクター」として大注目・千葉雄大さんの変幻自在っぷりがわかるカットを初解禁!

千葉さんが演じる坂口は、レコード会社「ステレオタイプレコード」に勤めるシンの担当A&R。

普段はシンの所属事務所の社長(田中哲司)に頭が上がらず、情けないし弱いしチョロい…

しかしその正体は、いくつもの裏の顔を他に持つ、阿修羅のような男だった!

今回解禁のカットにはそんな坂口の変幻自在っぷりを表す、千葉のコメディセンスが発揮されたリアクションも含まれています。風に舞い上がるポテトチップスのシーンでは、助監督が計2ヶ月かけて研究したという袋の開け方の指導を受け、プレッシャーを感じつつも2回目のテイクでOKを出したそう。
さらに先日の完成披露試写会でも「撮影の2日後くらいにずっとピザの匂いがするなと思って鼻をかんだら、チーズが出てきた」と衝撃のエピソードを披露したり、「グチャグチャドロドロになって振り回される役回りでもあり、全てが超興奮でした」と語っていたり、本作はなにかと初挑戦の連続だったことが伺えます。


映画情報どっとこむ ralph これまでに見ることのなかったブッ飛んだ変幻自在な役を演じ、一層新たな魅力に気づかせてくれる千葉雄大さんをぜひご覧ください。

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』



ストーリー 
リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!爆音!爆上げ!ハイテンション・ロック・コメディ!!

驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。正反対の2人は偶然出会い、ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるものという秘密を知ってしまう! しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前!やがて、シンの最後の歌声をめぐって、2人は謎の組織から追われるはめに。リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!

公式HP:
http://onryoagero-tako.com/

公式Twitter:
https://twitter.com/onryoagero 
#音タコ

***********************************

出演:阿部サダヲ 吉岡里帆
千葉雄大 麻生久美子 小峠英二(バイきんぐ) 片山友希 中村優子 池津祥子 森下能幸 岩松了
ふせえり 田中哲司 松尾スズキ
監督・脚本:三木聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)
主題歌:SIN+EX MACHiNA「人類滅亡の歓び」(作詞:いしわたり淳治
作曲:HYDE)(Ki/oon Music)
ふうか「体の芯からまだ燃えているんだ」(作詞・作曲:あいみょん)(Ki/oon Music)
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン
配給・制作:アスミック・エース
ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会   


阿部サダヲ 吉岡里帆 千葉雄大ら応援団風一言挨拶!『音タコ』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 「時効警察」シリーズの三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)より全国公開となります。

その完成披露試写会が行われ、主演の阿部サダヲさん、ヒロインの吉岡里帆さん、そして千葉雄大さん、ふせえりさん、松尾スズキさん、三木聡監督が登壇!明治大学応援団による、猛暑に負けないほどの熱い“音タコ特別応援エール”が行われ、そのまま、キャスト監督が応援団風ひとこと挨拶!

そして、本作が声のドーピングしている設定にちなみ、もしドーピングするならに・・・・・


『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』完成披露試写会
日時:8月22日(水)
会場:よみうりホール
登壇:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、ふせえり、松尾スズキ、三木聡監督

映画情報どっとこむ ralph 明治大学応援団による、猛暑に負けないほどの熱い“音タコ特別応援エール”が行われると、会場からも拍手が沸き起こり、

そこにキャストが登壇し、応援団風の自己紹介!

阿部サダヲさん:シンを!!演じました!!!阿部サダヲでっす!

吉岡里帆さん:ふうーか~を演じました!吉岡里帆です!!!
サンシャイン池崎さんバリの見事なそりを見せます!

千葉雄大さん:坂口を!演じました!千葉雄大でーーーーーす!

ふせえりさん:デビルおばさんやりました!!!ふせです!

松尾スズキさん:ザッパおじさん演じました!松尾スズキです!

三木聡監督さん:監督やりました!三木聡でございます!

とのハイテンション挨拶からスタートしたイベント!

映画情報どっとこむ ralph 声帯ドーピングをするシン役を演じて

阿部さん:面白かったです!三木監督とは初めてで。最初緊張していたのですが、初日に雨で溺れそうになって。自分の身は自分で守らねばと感じた現場でした(笑)
三木監督:顔が面白かったんで、カットかけなかったんですよね。

と、半笑いの監督。続いて、声が以上に小さいストリートミュージシャン役の吉岡さんは

吉岡さん:(超小声で)意識したことですか・・・意識したことなかった・・・・・。私の場合は棒を持ったおじさん(カメラマン)が走ってきて口にカメラをつっこまれました。特殊な撮影が多くて。強くなりました!
と、吐露する吉岡さん。

千葉さん:撮影が終わってから2日後くらいに、鼻からチーズが出てきました。ずっとピザの匂いがしてたんです。楽しい現場でしたね。
と、千葉さんも大変さを楽しんでいたご様子。ふせさんは吉岡さんの親せきの役

ふせさん:吉岡さんが可愛いんで、つらく当たってやろうと思って。ふうかってむかつくんですよ。
と話します。

松尾さん:吉岡さんが劇団にいた話をされていて。。。小劇場にはこんなかわいい子はいない!
と、懐疑的。大人計画にはいない?

阿部さん:自分で採らないだけでしょ!!
と突っ込み!

映画情報どっとこむ ralph また映画の内容にちなんで「ドーピングしたいこと」が共通質問として出題されると、

阿部さん:役者なので、太ったり痩せたり、歳をとったり若くなったりする必要がある。そんな時にドーピングが出来たら楽。特に松尾さんの舞台では『壁を走って』とか『高くジャンプして』とか言われるので、それができるならばドーピングしたい!
と役者の仕事に絡めコメント。

吉岡さん:何かを聞かれた時に、気のきいた返しができるようになりたい。何を聞かれても真面目に答えてしまうから!
とアドリブ力を上げるドーピングをしたいそう。ふせといいコンビネーションを見せる松尾に対して

吉岡さん:どんなドーピングをしているんですか?
と笑顔で質問すると会場からも笑いが。

千葉さん:『anan』のセックス特集で表紙を飾らせてもらえるならば、筋肉ドーピングをしたい。このあたりまで・・・もっとxxでも!
僕にはご縁がないので!是非とオファーに期待も。

松尾さん:『anan』のセックス特集の表紙になる夢を見たい
とコメントをかぶせて会場はさらに大爆笑!

映画情報どっとこむ ralph 最後に、
三木監督:このメンバーでしかありえないキャスティングです。それは映画を観てもらえれば納得してもらえる。自分でいうのもなんですが、平成の時代にこんなことが出来るんだ!?と僕自身が幸せな気持ちになった。平成最後のロック・コメディです。体験する映画なので、映画館でみんなで観てもらって感じてほしいです

と呼びかけ、大爆笑のイベントは終了した。

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
10月12日(金)ロードショー

公式HP: http://onryoagero-tako.com/
公式Twitter: @onryoagero



ストーリー 
リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!爆音!爆上げ!ハイテンション・ロック・コメディ!!

驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。

正反対の2人は偶然出会い、ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるものという秘密を知ってしまう! しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前!やがて、シンの最後の歌声をめぐって、2人は謎の組織から追われるはめに。リミット迫る“声の争奪戦”が今、はじまる!!!
***********************************

出演:
阿部サダヲ 吉岡里帆
千葉雄大 麻生久美子 小峠英二(バイきんぐ) 片山友希 中村優子 池津祥子 森下能幸 岩松了
ふせえり 田中哲司 松尾スズキ

監督・脚本:三木聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)

主題歌:
SIN+EX MACHiNA「人類滅亡の歓び」(作詞:いしわたり淳治 作曲:HYDE)(Ki/oon Music)
ふうか「体の芯からまだ燃えているんだ」(作詞・作曲:あいみょん)(Ki/oon Music)

配給・制作:アスミック・エース
ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会



千葉雄大インタビュー動画解禁!映画『ピーターラビット』BD&DVDリリース


映画情報どっとこむ ralph 原作は全世界累計発行部数2億5,000万冊という驚異の売り上げを記録し、35以上の言語に翻訳されているベストセラー絵本「ピーターラビット」を実写化、そのかわいい見た目とド派手なアクションシーンのギャップが話題となり全世界で大ヒットした映画『ピーターラビット』のブルーレイ&DVDが10月10日(水)に発売されます。

それに先駆けて、日本語吹替え版にて主人公のピーターを演じた俳優の千葉雄大さんによるインタビュー動画が解禁され、YouTubeにて公開されました。

解禁された映像では千葉さんがピーターに声をあててみての感想や作品について語っていたり、またピーターとご自身の似ている部分を聞かれると、「(劇中のピーターのように)みんなを束ねるような性格ではないんですが、“前歯”は似てるってよく言われます」と意外な共通点を語っています。

 

映画情報どっとこむ ralph ★本作には実力派キャスト&豪華ボイスキャストが集結!

『ANNIE/アニー』のローズ・バーン、『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』のドーナル・グリーソン、『マイティ・ソー バトルロイヤル』のサム・ニールが出演。ピーターの声を演じるのは米CBSの人気番組『レイト×2ショー』の司会や『イントゥ・ザ・ウッズ』などの作品にも出演しているジェームズ・コーデンが!

また、ピーターの妹たちを、マーゴット・ロビー(『スーサイド・スクワッド』)、エリザベス・デビッキ(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』)、デイジー・リドリー(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)ら新進女優たちが“熱演”。

全世界で大ヒットを記録し日本でも興収10億円を超え、全世界では3億4779万ドル(約382億5745万円)を上げ。。。

続編製作が決定しています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ピーターラビット

10 月 3 日(水)ブルーレイ&DVD レンタル開始/10 月 10 日(水)発売/8 月 29 日(水)より順次デジタル先行配信

【商品仕様】 ブルーレイ&DVD セット(2 枚組) 【初回生産限定】 品番:BRSL-81340 価格:4,743 円(+税) 4K ULTRA HD & ブルーレイセット(2 枚組) 【初回生産限定】 品番:UHBL-81340 価格:6,800 円(+税)

【STAFF】
監督:ウィル・グラック(『ANNIE/アニー』、『ステイ・フレンズ』、『小悪魔はなぜモテる?!』)
映画原案/脚色:ロブ・リーバー/ウィル・グラック

【CAST】
ピーターラビット:ジェームズ・コーデン(千葉 雄大)
ビア:ローズ・バーン (渋谷 はるか)
トーマス・マグレガー:ドーナル・グリーソン(浅沼 晋太郎)
フロプシー/語り手:マーゴット・ロビー(清水 理沙)
モプシー:エリザベス・デビッキ(木下 紗華)
カトンテール:デイジー・リドリー(下田 レイ)
マグレガーおじさん:サム・ニール(糸 博)
© 2018 Columbia Pictures Industries, Inc., 2.0 Entertainment Financing, LLC and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved. | PETER RABBIT and all associated characters ™ & © Frederick Warne & Co Limited.



***********************************