「千葉繁」タグアーカイブ

とり・みきの吹替え“凄ワザ”講義『危険戦隊デンジャー5』イベント


映画情報どっとこむ ralph 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。

現在、絶賛開催中!で、本日クロージングの「第9回したまちコメディ映画祭in台東」2016年9月16日(金)~19日(月・祝)。
www.shitacome.jp

本日9月18日(日)、東京国立博物館平成館にて、堀内賢雄さん、千葉繁さん、甲斐田裕子さん、多田野曜平さん、江原正士さん、羽佐間道夫さん、吉田啓介さんをお迎えし、「とり・みきの吹替え“凄ワザ”講義」&現場でのアフレコ秘話などを語りました。
%e8%a3%8f%e6%8a%80_%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc

実施日時:9月18日(日) 
場所:東京国立博物館平成館
登壇:堀内賢雄、千葉繁、甲斐田裕子、多田野曜平、江原正士、羽佐間道夫、吉田啓介、とり・みき

映画情報どっとこむ ralph ご挨拶!

とり・みきさん:
普通はこんなに(台本を)変えてはいけません!(笑) 今年も役者さんの遊び心が出ていましたが、近年は地上波での上映もかなり少なくなり、あまりアドリブを挟み込めなくなっているのが現状です。

堀内賢雄さん:
楽しませていただきました。先輩と一緒に出来上がった作品を観て、僕もなかなかやるじゃないかと思えました(笑)
(現場は)楽しくて、楽しくて、アフレコ中、先輩たちが下向いてる時は、あ、今アドリブを何か考えているなと…!その後、出てきたアドリブを絶対に聞き逃さないことが大事で、瞬時に何を返そうかと考えるのに必死でした。

千葉繁さん:
今回、髭だけでキャスティングされたのかな?と(笑)現場では、僕は台本通りにきっちりとやらせて頂きました(笑)ただ、変えなきゃダメだよっていうプレッシャーを与えてくるんですよね。

甲斐田裕子さん:
太刀打ちできない先輩たちと一緒で、緊張のアドリブ現場でした。相手役の堀内さんがアドリブをすごく入れられるので、困りましたね(笑)私も家でチェックしながらアドリブを考えてましたが、現場では惨敗でした。わたしにとってはこの舞台に立てたことを光栄に思っています!

多田野曜平さん:
去年もやらせて頂きましたが、今回は18役演じさせて頂きました。今年は、皆さまにいつもとは違う“凄技”を見せられればと思い、いくつかモノマネを取り入れてみました。

江原正士さん:
19役を演じさせて頂きましたが、こんなに色んな役を演じたのは久しぶりでした!今日反省しまして、次回はもっとパワーアップしてやっていきたいと思います!

羽佐間道夫さん: 
ヒットラー役をやりましたが、皆さま、どうでしたでしょうか?(会場から拍手あり)温かい拍手ありがとうございます。
だいたい喜劇に向いているのは、僕と多田野だけなんじゃないかな?(笑) 今回は、とりさんの台本にいかに忠実にやれるかというのに重きを置き、とても寡黙にやらせて頂きました。(とりさんから「いや、完全に口が閉じていてもアフレコしてましたよね!(笑)」とツッコミ)

吉田啓介(演出家)さん:
普通は台本通りにやってくださいというのが僕の仕事ですが、台本の1ページ目に「アドリブ大歓迎」と書いているので、もう何をやられてもいいかなと…(笑)はっちゃけて面白いものができればと思っておりました。

映画情報どっとこむ ralph 講義トーク!!

とりさん:堀内さん、なぜ演じたキャラクターを熊本弁にしたんですか?

堀内さん:台本を透かすと、すでに熊本弁になっているんですよ!(笑)ただ、方言と言っても純粋な熊本弁だとわからないので、特徴のある言葉だけを入れ込んでみました。

とりさん:羽佐間さん、南部の黒人や中国人を九州弁に変えたりするのは昔からよくありましたよね?

羽佐間さん:かなりありましたね。ただ、(堀内さんが言うように)台本が透かして見えるっていうのは初めてですね~(笑)

とりさん:皆さん、セリフの変更などは事前に考えて行きましたか?

堀内さん:私は、語尾につける変化や細かい部分だけを考えて行きましたね。

千葉さん:僕は一回目のテストで演出家に一度聞いて頂いて、そこで(熊本弁が)NGになれば、土佐弁に変えようと思っていました!(笑)一発目のテストで、肌で感じたのが、あ、これは野放しだなと…!(会場爆笑)

甲斐田さん:最近は台本通り、字幕通りで与えられたセリフでやっているので、さて、今回はどうしようと…。全然シャレたことが思い浮かばないと思って困りましたね。

多田野さん:僕は事前に全部考えて、台本を書き変えて行きました。あと今回は、モノマネも入れてみました(笑)

羽佐間さん:僕、(声優の)山田康雄と親友だったんだけど、今回、多田野が山田のモノマネをやってくれて本当に感動しましたね。その後、涙が出てアドリブが出来なくなっちゃって…(実際はアドリブだらけだったため会場爆笑)

江原さん:僕、基本台本を直さない人なんです。修飾語を変えたりとかだけして。ただ、この作品ではダジャレを追加しましたね。

吉田さん:事前にちゃんとアドリブに関する相談に来てくれたのは江原さんだけでした(笑)

堀内さん:あ、そうなんですか。俺はずっと裏でコーヒー飲んでましたよ(笑)

羽佐間さん:こういう作品をすると、若い方からひそかにエネルギーをもらえるんですよね!うかつに僕は裏でコーヒーを飲むことはしません(笑)
   

映画情報どっとこむ ralph 危険戦隊デンジャー5 ~我らの敵は総統閣下~

%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%ef%bc%95

物語・・・
第二次世界大戦下、あるミッションが動き出した。国際色豊かな5人のプロフェッショナルたちが集められ秘密組織が結成。その名は“デンジャー5”! 彼らに与えられた指令とは、ヒトラーを暗殺し、この大戦を終結させることだった。
厳選されたメンバーは、米国出身のジャクソン、オーストラリア人のタッカー、グラマラスなロシア美女イルザ、英国の知性派美人クレア、そしてヨーロッパの馬の骨ことピエール。

鷲の顔を持つ大佐の指令のもと、ナチスの悪魔の計画を阻止するため、呼ばれもしないのにヒトラーの誕生パーティにお邪魔、ヨセフ・メンゲレが支配する恐竜王国で大暴れ、そして幻の海底都市アトランティスでちょっと一服。果たして、彼らはヒトラーを暗殺できるのか?!

監督:ダリオ・ルッソ
出演:カーマイン・ルッソ、ショー
ン・ジェームズ・マーフィ、アル
ド・ミニョーネ、デヴィッド・アシ
ュビー、アマンダ・サイモンズ、ナ
ターシャ・リスティッチ 他

©2011 Dinosaur Pty Ltd, South Australian Film Corporation, Special Broadcasting Service Corporation, Adelaide Film Festival and ScreenAustralia.

***********************************

     




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

わけわかんない!!世界観凝縮!映画『珍遊記』遂に予告編が完成!


アホ過ぎる実写映画化!映画『珍遊記』は、2/27(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショーとなっております。

この度、映画の全貌を伝える予告編が遂に完成!
1/30(土)からの映画館での上映に先駆けて、いち早く解禁となりました!!!!。

今回の予告編は、主人公・山田太郎(松山ケンイチ)と共に天竺を目指すことになる坊主・玄奘(倉科カナ)が、太郎と出会う前に偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)に相談を持ち掛けられ、真顔で「ちんこ」について会話を繰り広げる、妙にシリアス度満点な映画のファーストシーンから始まります。

続いて太郎、太郎に恨みを持つ龍翔(溝端淳平)、世界最強の武闘家・中村泰造(温水洋一)、変身前の山田太郎(ピエール瀧)、こづれ紳士(板尾創路)、ザコ(矢部太郎)、アキバ(今野浩喜)、張明(おおかわら)、たけし(アイアム野田)といった個性的なキャラクターが次々登場。何とも説明しにくい衝撃のアクションシーンの数々を始め、荒唐無稽過ぎて目が離せない本作ならではの独特な魅力を凝縮しています。

珍遊記ポスターBGMとして使われているのは、これが本邦初公開となるRIP SLYMEによる書き下ろしのエンディング曲「Drop!」。また、ナレーションは、本作の特報に引き続き、俳優・声優の千葉繁が担当。より一層ハイテンションに、映画のもの凄い世界観を解説しています。

物語・・・
天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘(倉科カナ)は、偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)に天下の不良少年・山田太郎(ピエール瀧)を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべき妖力を封印するが、嫌々ながら太郎(松山ケンイチ)を引き取ることになり、何の因果か共に旅をする羽目に・・・果たして、彼らは無事に天竺まで辿り着くことが出来るのか(いや、出来ない!)?

公式HP⇒http://chinyuuki.com
公式twitter⇒https://twitter.com/chinyuuki_movie
公式facebook⇒https://www.facebook.com/chinyuukimovie
公式Instagram⇒https://www.instagram.com/chinyuuki_movie

珍遊記

********************************************************************

松山ケンイチ
倉科カナ 溝端淳平
田山涼成 笹野高史 温水洋一
ピエール瀧

監督・編集:山口雄大
原作:漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」(集英社刊)
脚本:おおかわら/松原 秀
企画・総合プロデューサー:紙谷 零
撮影:福本 淳 照明:市川徳充 録音:西條博介 美術:福田 宣 音楽:森野宣彦
オープニング曲(主題歌):RIP SLYME「Take It Easy」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
エンディング曲:RIP SLYME「Drop!」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
バトルソング:マキシマム ザ ホルモン「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」/「ジョニー鉄パイプⅢ」(VAP)
制作プロダクション:DLE 配給:東映 宣伝統括:ヨアケ 宣伝プロデューサー:上阪 優
製作:「珍遊記」製作委員会(DLE/博報堂DYミュージック&ピクチャーズ/東映/木下グループ/SDP/東映ビデオ)
ⓒ漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

パトレイバー実物大98式イングラム登場!


1988年以降、コミック・ビデオグラム・映画・小説など先駆的にメディアミックス展開を繰り広げ、世代を超えた多くのファンを獲得し、アニメ史に残る空前の大ヒットを記録した『機動警察パトレイバー』シリーズ。

その誕生から25年、アニメシリーズでも監督を務めた押井 守を総監督に迎え、登場人物も世代交代した完全オリジナル新作のプロジェクト

『THE NEXT GENERATION -PATLABOR-』が始動!!

全長8mもの実物大98式イングラムやレイバードッグ併設の二課棟までを完全実体化!最新鋭のCG/VFX技術も駆使し、「今」だからこそ可能となる、スーパーリアルエンターテインメントが、2014年4月より開始される全7章シリーズ順次劇場上映から、2015年長編作品の全国拡大公開に至る驚異のビッグプロジェクトとして幕を開けます!!―。

9月25日(水)、完全実体化された二課棟セット内で、監督・キャストによる製作発表記者会見、実物大98式イングラム(パトレイバー)のお披露目されました!

パトレイバー実物大98式イングラム

登壇
押井守(62)、真野恵里菜(22)、福士誠治(30)、太田莉菜(25)、千葉繁(59)、筧利夫(51)、特車二課広報班長 小久保啓(東北新社)

製作記者会見を迎え、場内は劇中さながらの出撃シーンが再現され、出動命令のサイレンが鳴り響く中、監督・キャストが登場。
そして!
本プロジェクトの為に特別に作成された実物大の人型機械「レイバー」も一緒にお披露目!!

始めに、特車二課広報班長に任命された小久保啓(東北新社)から壮大なプロジェクトの概要が説明。「1988年以降、映画や小説等形を変え、世代を超えて、多くのファンを獲得してきたパトレイバーシリーズがこの度、アニメシリーズで監督を務めた押井 守氏を総監督とし、完全オリジナルの新作として、実写化する事が決定致しました。設定については、登場人物が世代交代した3代目の物語であり、時代設定は2013年となっています。」続けて、気になる人型機械レイバーについては、「全長8m、実物大の『AV98イングラム』レイバーを2体制作しました。

今回はそのうちの1体がこちらになります」と会場に設置された実物大レイバーを指しながら説明。公開方法については、「シリーズ全12話+0話を全7章とし、2014年4月より新宿ピカデリーほか全国劇場で順次上映開始、2015年には、長編を劇場公開します。」と発表。さらに、制作費。撮影スケジュールについては「本プロジェクトの総製作費は20億円、撮影は今年6月にクランクインし、12月にクランクアップ予定。」と明かした。

そして監督・キャストからの挨拶が

押井総監督は「自分の名前だけ出して逃げちゃうんじゃないかと噂されておりますが、真面目にやっております。どうかよろしくお願い致します。」と切り出し、ヒロインを演じた真野は「私が生まれる前から「パトレイバー」はあって、多くの方に愛されている作品に出演をさせて頂く事になり、最初は不安で一杯だったのですが、こうして役を頂いたのも何かの縁だと思って、一生懸命頑張りたいと思います」とやる気に満ちた挨拶をした。

福士さん「警察役は何度かやっておりますが、こんなに勤務中にだらけた警察をやるのは初めてです(笑)そしてこんなにスケールの大きい作品に出るのも初めてなので、とても楽しく演じさせて頂いております。公開まで先ですが、ずっと盛り上がりながらやっていければなと思います」と話す。

太田さん「私はロシアから留学生で特車二課にやってきた陰険な女の役なのですが、常に隊員をバカにしているか整備員をたぶらかしている役なので、演じていてある意味非常に楽しいです(笑)公開までは少し時間がありますが皆様応援宜しくお願い致します」と、自身のユニークな役柄を紹介。

千葉さん「日々全く使えないどうしようもない部下たちと、変人極まりない上司に翻弄されつつ、熱中症限界の状態で撮影をしております。
その熱気が皆様に伝わる事を願っております。」と映画にかける熱い思いを語りました。

最後に、筧さんからは「私が言いたいことはただ一つ、私が隊長です!誰にも変えさせません!」と威勢の良いアピールすると、会場からは笑いと拍手が起こった。

物語のヒロインに抜擢された真野さんは、心境について聞かれると「台本を頂いた時、キャストの名前の一番最初の部分に自分の名前があって、涙が出るほど嬉しかった。真野恵里菜にしかできない演技をしようと思います」と選ばれた喜びと、撮影への意気込みを話されました。

質疑応答では、記者陣より実物大レイバーの制作費についての質問があり、2体合わせて数千万円であることが分かる場面も。押井総監督から
は「実際にコックピットに人が乗れるように作ってあります」と総監督らしい、細部までへの徹底的なこだわりが伝わりました。

『THE NEXT GENERATION -PATLABOR-』

公開日
【全7章シリーズ】 2014年4月より順次 新宿ピカデリーほかイベント上映開始
【長編映画】 2015年 新宿ピカデリーほか全国公開

楽しみ過ぎます。

公式サイト:http://patlabor-nextgeneration.com/

********************************************************************

THE NEXT GENERATION -PATLABOR-
総監督:押井 守 シリーズ各話監督:押井 守 ほか
脚本:押井 守/山邑 圭 原案:ヘッドギア 
制作:東北新社/オムニバス・ジャパン 配給:松竹
©2014 「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会

公開日2014年4月
【全7章シリーズ】 2014年4月より順次 新宿ピカデリーほかイベント上映開始
【長編映画】 2015年 新宿ピカデリーほか全国公開

公式サイト
http://patlabor-nextgeneration.com/




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ