「北村一輝」タグアーカイブ

吉田大八監督『羊の木』緊迫のビジュアル・予告編、遂に解禁!


映画情報どっとこむ ralph さびれた港町にやってきた、見知らぬ6人の男女
平凡な市役所職員が知った驚愕の事実― 「彼らは全員、元殺人犯」

『桐島、部活やめるってよ』、『紙の月』など、人間の光と闇を描き続ける吉田大八監督の最新作『羊の木』が2018年2月3日(土)より全国公開。

原作は熱狂的な支持を集める山上たつひこ×いがらしみきおの巨匠タッグによる超問題作「羊の木」。2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞。

演じるのは、主人公の月末(つきすえ)を錦戸亮。さらに松田龍平、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯ほか、日本映画界屈指の実力派が集まり、人間の本性を炙り出す極限のヒューマン・サスペンスが誕生しました。
映画情報どっとこむ ralph この度、予告編が遂に解禁となります。

舞台は、ある港町。市役所職員・月末(錦戸亮)は、見知らぬ男女6人(北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平)の受け入れを担当するが、移住してきた彼らは、どこかおかしい。町が抱える過疎問題を解決するために、元受刑者を受け入れるという“国家の極秘プロジェクト”であることを告げられた月末が知った、さらなる衝撃。“彼らは全員、元殺人犯”。

そして、予告編の冒頭では、さびれた平和な町に、“元殺人犯”という素性を隠しながら新住民として移住してきた男女6人が、新生活を始める姿が映し出されます。住民たちは彼らの素性を知らずに交流を持ち、月末の同級生で都会から地元に戻ってきた文は、“元殺人犯”の一人である宮腰(松田)と交際にまで発展。不穏な空気が漂うなか、身元不明の変死体が発見され、静かな町の日常が崩れていく様が垣間見えます。後半にかけて高まる緊張感から、物語は思いがけない方向へと加速して展開されることが予見され、想像を超える衝撃と希望のラストに期待がかかる映像となっています。

羊の木

2018年2月3日(土)全国ロードショー
公式サイト:
hitsujinoki-movie.com

***********************************

出演:錦戸亮
木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯/松田龍平

監督:吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』
脚本:香川まさひと 『クヒオ大佐』
原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊)
山上たつひこ「がきデカ」、いがらしみきお「ぼのぼの」

配給:アスミック・エース
(C)2018『羊の木』製作委員会  (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社


佐藤健、土屋太鳳互いに感謝!『8年越しの花嫁 奇跡の実話』完成披露


映画情報どっとこむ ralph 結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁を、8年間待ち続けた新郎。
一組のカップルに起きた奇跡の実話を佐藤健さん、土屋太鳳さんの豪華W主演に瀬々敬久監督がメガホンをとり、信じる力と深い愛に満ち溢れた感動のドラマを紡ぎました。

そして、完成披露試写会が、佐藤健さん、土屋太鳳さん、薬師丸ひろ子さん、杉本哲太さん、北村一輝さん、浜野謙太さん、中村ゆりさん、瀬々敬久監督登壇して行われました。

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』完成披露試写会
日程:11月16日(木)
場所:有楽町マリオン9階 丸の内ピカデリー前ロビー
登壇: 佐藤健、土屋太鳳、薬師丸ひろ子、杉本哲太、北村一輝、浜野謙太、中村ゆり、瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 大歓声の中、奇跡の青いバラを観客に配りながら、登場のキャストの皆さん。

佐藤さん:皆さんに胸を張ってお届けできる作品が出来上がりました。楽しんでいってください。
土屋さん:奇跡の愛を生きて下さった麻衣さん、尚志さん。そして病と闘う二人の周りの方々。この作品に出あわせてくださったすべての方に、この作品の完成をご報告いたします。
薬師丸さん:こんな奇跡が起こるとは思えない壮絶な日々を過ごし、最後はハッピーエンドになる素敵なお話です。
杉本さん:愛と家族と命の物語です。
北村さん:ハンカチは持ってきましたか?必ず号泣すると思います。覚悟してください。
浜野さん:この壮絶な愛の実話を作るのは大変なことだと思います。健君と太鳳ちゃんと監督の気合に圧倒されて僕も泣きました。
中村さん:この話を頂いて台本を新幹線の中で読んで、周りが引くほど泣きました。人生と人を愛することは複雑。でもどう生きるかで美しくなる。多くのことを学ばせていただいた作品です。
瀬々監督:この日が新しいスタート。この映画応援してやってください。
と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 実話ベースのお話を演じるにあたり、佐藤さんと土屋さんは撮影前に、ご本人達とお会いしたそうで

佐藤さん:尚志さんは僕にない魅力があるんです。それは・・・いつも笑顔なんです。実は僕は笑顔が苦手。(土屋さん:健先輩はチャンと笑顔ですよ!)ありがとう。

と笑顔が苦手という佐藤さんのはにかむ笑顔がカワイイ。そして、土屋さんは

土屋さん:麻衣さんにお会いさせていただいて・・女子力高くて、可愛らしくて、お茶目で元気で。凄く豪快な方。息子さんにもお会いできて、奇跡の向こうにあったのがこの時間なんだなと。この家族のために全力を尽くそうと演じました。

と聞いただけでも土屋さんがピッタリな配役であることがわかります。
映画情報どっとこむ ralph そんな二人を見守る麻衣さんの母役の薬師丸さんは

薬師丸さん:お母さまの葛藤と希望。本当に麻衣さんが戻ってくることを信じる気持ちに、心大きく動かされて演じました。監督の丁寧な作品作りに感銘しました。

と、瀬々組参加が楽しかったそう。父役の杉本さんは薬師丸さんとの共演があまちゃん以来

杉本さん:薬師丸さんが現場で太鳳ちゃんのお母さんみたいに自然になっていて、すでに家族が出来てたので後ろから支える感じで挑みました。

と語りました。

一方、MCがこんな上司がほしいといわれた北村さんは嬉しそうに

北村さん:監督に細かく演出していただきました。前向きに立とうとしながらも折れそうになる尚志を側にいて見守る。素敵な役をいただけました。

と、ご満悦。浜野さんは監督から無茶振りがあったそうで

浜野さん:君の役は原作ではコンパ王だからって監督に言われて・・・・コンパ王を深く掘り下げました。

と、会場を笑わせます。

中村さん:演じたウェディングプランナーは仕事の枠を超えて突き動かされていくのですが・・・本当に太鳳ちゃんの体重を変化させたりするのを健君が見守ったりアドバイスしたり。サポートして力併せているのを目の当たりにして、本当に突き動かされました。

と、主演二人の取り組みに惹かれたそう。

そんな、キャストの皆さんを実話ベースを映画化するにあたり、監督は演出方法を変えていて、

瀬々監督:普通の人に降りかかった試練がテーマ。だから初めてやってるようにして欲しかったので、テストなしで、理由も言わずにもう一回を連発してました。申し訳なかったです。

と厳しい演出方法をあかしました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、題名にある8年を感じるコーナーに。佐藤さんと土屋さんの8年前の写真を公開。
佐藤さんは20歳の頃のカレンダーの初々しい写真。
土屋さんは14歳。龍馬伝の時の一枚。

実は龍馬伝でお二人は共演。八年越しで妻を演じたということが判明。


そして、奇跡の青いバラとダイヤモンドリリーで作った花冠をサプライズプレゼント!
浜謙さんにではなく・・・・

当然、佐藤さんから土屋さんへ
佐藤さん;ダイヤモンドリリーの花言葉が、幸せな思い出。忍耐。箱入り娘。土屋さんにぴったりで。選ばせていただきました。


土屋さん:健先輩には撮影中もずっと支えて下さって。忍耐と気合だけは負けないようにこれからも人生生きていきたいと思います。

と、宣言!

佐藤さん:当初からこの役をできるのは土屋さんしか思い浮かばなかったです。彼女は支えてくれたと言いますが、支えることを考えている時間が僕の役作りでした。感謝しています。

とお二方が互いに感謝しあってイベントは終了となりました。

映画情報どっとこむ ralph 『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらも彼女を思い続ける尚志(ひさし)役に佐藤健、病と闘う麻衣役には土屋太鳳。『64-ロクヨン-前編/後編』(16年)など深い人間ドラマを描くことに定評のある瀬々敬久監督がメガホンをとり、今最も注目を浴びるスリーピース・バンド、back numberが主題歌を担当。これ以上ない豪華キャスト、スタッフが集結し、信じる力と深い愛に満ち溢れた感動のドラマを紡ぎます。

***********************************

佐藤健 土屋太鳳
薬師丸ひろ子 杉本哲太 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治
※古舘寛治さんの「舘」の字は、正式には外字の舘(※舎官)となります。

監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
音楽:村松崇継
原作:中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)

制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
配給:松竹

©映画「8年越しの花嫁」製作委員会
       


吉田大八監督『羊の木』ワールドプレミアで錦戸亮を絶賛!釜山国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 『桐島、部活やめるってよ』、『紙の月』の吉田大八監督の最新映画『羊の木』。
2018 年 2 月 3 日(土)より全国公開となります。
この度、韓国・ 釜山で12日から開幕した第22回釜山国際映画祭で「アジア映画の窓」部門に正式招待され、10月15日(日)にワー ルドプレミアを実施。釜山国際映画祭に初参加となった吉田大八監督が登壇し、観客からの Q&A に応えました。

映画情報どっとこむ ralph 400 人もの観客で満席となった会場で、上映後拍手が巻き起こるなか、登壇した吉田監督
吉田監督:『羊の木』は日本でもま だ一般のお客さまにはご覧頂いていないので、一番最初にここ韓国の皆さんにご覧頂けることを光栄に思います。

と挨拶。熱狂的な支持を集め続ける山上たつひこ×いがらしみきおの巨匠タッグが産み出した同名原作を、センセーショナルな問題作のテーマをそのままに、吉田監督により誰も想像し得ない全く新しい衝撃と希望の結末を作り上げた本作。


主演を務める錦戸亮さんに対して・・・

吉田監督:錦戸さんとはこの映画ではじめて会いました。彼はミュージシャンでもありますが、すごく良い意味で普通の人というか、普通の雰囲気を持っていると思いました。映画の中では個性溢れる人物に囲まれて、その真ん中でほぼ普通の人としてひたすらいろんな状況に対応し続ける。彼の表情の一つ一つに観客が気持ちをのせてい くような映画になっているし、撮影しながら現場では飄々とリラックスしてカメラの前で演技をしていて、普通の人を演じ る天才的な能力がある人であり、フラットなままで状況に対応する月末という人物をすごく上手に演じてくれました。音 楽をやっていることもあり、すごく感覚的にその場に一番フィットする演技を理解してくれ、スムーズな現場でした。

と、錦戸の魅力を語りました。


公式上映中、前半は会場から笑いもおきており、「6 名が町にやってきた時に、出迎える月末が毎回同じセリフをいうのが面白かった」という声に対して、

吉田監督:最初、迎えに行った時に、月末は、市役所の職員として決まった手続きに乗っ取って、皆を同じように迎え入れたい、彼の仕事である新しい居住者を迎え入れるセクションでのルーティンの仕事と同じよ うに受け入れたいと思ったんですが、今までの彼のルーティンの仕事とちょっと何かが違うなという事を月末自身と観客に知らしめたいという狙いがありました。

とコメント。しかし、後半にかけてサスペンス要素が深まる展開では、小さな音もしないくらい、観客は映画にくぎ付けになった様子。

多様なキャラクターが出てくる本作で、「監督にとって特に愛着があるキャラクターは?」という質問には、

吉田監督:もちろん全員 に思い入れがあって、分け隔てなく撮影から仕上げまでそれぞれのキャラクターを愛してきましたが、自分でも見直す 度に興味がわくキャラクターが変わることがありまして、今日の上映では大野さんを受けいれたクリーニング屋さんのお ばさんと、福元さんを受けいれた理髪店の店主のことを考えることが多かったです。

と、観る度にそれぞれのキャラクターに愛着をもつこと作品であることを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 6 名の元殺人犯のそれぞれの犯した罪の設定については、

吉田監督:この物語には原作があって、原作ではもっと新住民の数も 多いし、殺人だけじゃなく窃盗や性犯罪、詐欺などもあります。今回、殺人だけに絞ったのは、2 時間の映画の中で一つ 自分がこだわって考えたのは、人を殺したことがある人と無い人の間の境目がどう見えてくるかに興味があって、それを念頭において話を作りました。人を殺すことについても、弾みで殺したのか、計画的に殺したのか、あるいは残酷な殺し方なのか、運悪く相手は死んでしまったのか・・その経緯によって、目の前に人を殺したことがある人がいたとしても、相 手にどういう感情も持てるのか、どう付き合っていけるのか、いけないのかを細かくやりたかったので、全員殺人犯とし て一人一人変化をつけました。自分も撮影しながら、何が見えてくるか考えながら撮っていました。

と語りました。

と語りました。 上映後、

吉田監督:映画祭のお客さんが皆、とても集中してご覧になっており、そのことを感じながら一緒に上映を見 ることが出来ました。最初にお披露目する機会として、とても良い経験をさせてもらいました。

と、ワールドプレミアとなった映画祭への参加、そして、釜山国際映画祭の初参加への喜びを言葉にしました。
http://hitsujinoki-movie.com/

物語・・・
ある寂れた港町“魚深(うおぶか)”にやってきた見知らぬ6人の男女。平凡な市役所職員・月末(つきすえ)は彼らの受け入れを 命じられた。 受刑者を仮出所させ、過疎化が進む町で受け入れる国家の極秘プロジェクト。月末、町の住人、そして6人にもそれぞれの経歴は知らされなかった。しかし、月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」犯した罪に囚われながら、それぞれ居場所に馴染もうとする6人。素性の知れない彼らの過去を知ってしまった月末。 そして、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文を巻き込み、町の人々と6人の心が交錯し始める―。

***********************************

監督:吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』
出演:錦戸亮 木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯/松田龍平
脚本:香川まさひと 『クヒオ大佐』

原作:「羊の木」(講談社イブニングKC 刊) 山上たつひこ「がきデカ」、いがらしみきお「ぼのぼの」
© 2018「羊の木」製作委員会
©山上たつひこ いがらしみきお/講談社
配給:アスミック・エース


錦戸亮 x 木村文乃 x 北村一輝 吉田大八監督『羊の木』ヒューマン・ミステリー公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 『桐島、部活やめるってよ』、『紙の月』で人間の光と闇を描き続ける俊英・吉田大八監督の最新映画『羊の木』の公開日が2018年2月3日(土)に決定しました。

熱狂的な支持を集め続ける山上たつひこ×いがらしみきおの巨匠タッグが産み出した同名漫画は、2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞。

吉田監督はセンセーショナルな問題作のテーマをそのままに、誰も想像し得ない全く新しい衝撃と希望の結末を作り上げました。
本作の主演を務めるのは錦戸亮。共演に木村文乃。
元殺人犯に北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、そして松田龍平と日本映画界屈指の強烈な個性を持つ実力派キャストが集結し、極限の設定にリアリティを添えます。


映画情報どっとこむ ralph そして、この衝撃作は海外で圧倒的な反響を呼び、第53回シカゴ国際映画祭、第22回釜山国際映画祭への正式出品が決定したそうです。

公式HP:
http://hitsujinoki-movie.com/

物語・・・
ある寂れた港町“魚深(うおぶか)”にやってきた見知らぬ6人の男女。平凡な市役所職員・月末(つきすえ)は彼らの受け入れを命じられた。 受刑者を仮出所させ、過疎化が進む町で受け入れる国家の極秘プロジェクト。月末、町の住人、そして6人にもそれぞれの経歴は知らされなかった。しかし、月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」

犯した罪に囚われながら、それぞれ居場所に馴染もうとする6人。
素性の知れない彼らの過去を知ってしまった月末。

そして、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文を巻き込み、町の人々と6人の心が交錯し始める―。

***********************************

監督:吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』
出演:錦戸亮  木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯/松田龍平
脚本:香川まさひと 『クヒオ大佐』
原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊) 山上たつひこ「がきデカ」、いがらしみきお「ぼのぼの」
配給:アスミック・エース 
© 2018「羊の木」製作委員会 ©山上たつひこ いがらしみきお/講談社
     


佐藤健 x 土屋太鳳『8年越しの花嫁 奇跡の実話』最新の予告映像が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『8年越しの花嫁 奇跡の実話』最新の予告映像が解禁!
佐藤健、土屋太鳳、 瀬々敬久監督、 back number より コメントも到着!!


結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁・・・
8年間待ち続けた 新郎。

目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらも彼女を思い続ける尚志(ひさし)役に佐藤健さん。

病と闘う麻衣役には土屋太鳳。

12月16日(土)全国ロードショーとなりますが、最新の予告映像が完成、また、映画主題歌が back number に決定しました!!



映画情報どっとこむ ralph そして、映画主題歌を聞いたW主演の佐藤健&土屋太鳳、瀬々敬久監督、また、主題歌「瞬き」の作詞作曲を担当 した清水依与吏(back number) からもコメントが到着!


清水依与吏(back number) さんからのコメント
奇跡、運命、と聞くとひとまず、やたらキラキラしていて触れない位美しいものをイメージしてしまいますが、本当はもっと 泥くさくて汗くさくて実はもっとそばにあるものなのかもしれないなと思いました。なので楽曲としても、なるべく体温を感 じる音と血の流れを感じる言葉で構築された力強いものになるよう心掛けました。


佐藤健 さんからのコメント
8年間も待てるなんて凄い凄いと人は言うけど、もちろ ん凄いのですが、8年間世界で一番大切な人の側に いれた尚志さんは幸せだったんじゃないかと思います。 だってこの曲、どこからどう聴いても尚志さんの歌じゃない ですか。back numberの皆様には感謝しかありませ ん。本当に有難うございます。 映画を観た後、そんな目線でこの曲を聴いてみてくださ い。

土屋太鳳 さんからのコメント
私は人としても女性としても、そしてもちろん女優として も本当に未熟者だと思うけれど、この歌に出会って、聴 いて、歌詞を読んだあの朝の瞬間、この歌の中には愛 情の正体があるんだって分かりました。ここから先の地 球が巡る時間の中で、自分の命をあがきながら生きる 人の、そして大切な誰かを守りたい全ての人の支えにな る真実の歌だと思います。私自身ここから先の人生を、 この歌が指し示してくれる何かを忘れることなくあたため ながら見つめながら、見つけながら生きていこうと思いま すし、大切な人がいるかたは大切な人と一緒に、大切 な人を探しているかたは御自分のために、一人でも多く の人にこの歌を聴いてほしいと、心から願います。

瀬々敬久監督さんからのコメント
back numberは地方に住む若い人たちのジリジリとし た感性を描くのが得意なバンドだと思ってきた。大好きな 楽曲の一つに「スーパースターになったら」というのがある。
スーパースターになったら 迎えに行くよきっと 僕を待ってなんていなくたって 迷惑だと言われても スーパースターになって 男らしくなった新しい僕で 迎えに行くから
映画『8年越しの花嫁』につけてくれた「瞬き」も、この感 じにすごく近いと思った。麻衣を待ち続けた尚志は、地 方に住む普通の無名の人で、彼はスーパースターで決 してないのだけど、だからこそ、麻衣を待ち続けたという一 点だけで、彼は既にスーパースターなのだ。無名の普通 の人こそ、スーパースター。そういう思いがビンビン伝わっ てきて「瞬き」はまた大好きな楽曲の一つになった。 back numberの皆さん、ありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph 12月16日(土)全国ロードショーとなりますが、

さらに、全国公開に先駆けて12/9(土)より岡山県にて先行上映 が決定。
9/14(木)からは映画公式HPにて、土屋太鳳さんナレーションの特別映像(本作のモデルとなった中原夫妻のドキュメンタ リー映像)も公開されるそうです。

物語・・・
意識の戻らない恋人を、あなたは何年待てますかー 結婚を約束したカップル、尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突然麻衣を襲い、意 識不明となってしまう。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親(薬師丸ひろ子、杉本哲太)からは「もう麻衣のことは忘れてほしい」と言われ るが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が二人を待ち受けていた。そして二人が 結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる―。

***********************************

佐藤健 土屋太鳳
薬師丸ひろ子 杉本哲太 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治

※古舘寛治さんの「舘」の字は、正式には外字の舘(※舎官)となります。

監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
音楽:村松崇継
原作:中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)

制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
配給:松竹

©映画「8年越しの花嫁」製作委員会