「北朝鮮」タグアーカイブ

韓国×北朝鮮×米国の関係みておくべき!?映画かも『 V.I.P. 修羅の獣たち 』


映画情報どっとこむ ralph 韓国国家情報院の要員&警察×北朝鮮工作員×米国CIAの息をのむ対立が一目でわかる男たちの狂宴。

『新しき世界』でセンセーションを巻き起こしたパク・フンジョン監督最新作『V.I.P. 修羅の獣たち』が、6月16日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。
本作は、韓国の国家情報院とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされ、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちの物語。全世界で唯一の分断国家という特性を生かし、韓国初の“企画亡命者”を扱った本作は、《もし、北からのVIP(=最重要人物)が実は殺人事件の容疑者だったら?》という疑念からスタートし、スージー・キム事件(※とある企業の香港駐在員だった男性が夫婦喧嘩の末嫁を殺し、それを隠蔽しようと嫁を北朝鮮のスパイだと騙すが、当時の政府はそれがデタラメと認識したものの、当時の独裁政権を維持しようと北朝鮮の仕業と操作した事件)をモチーフにした、韓国×北朝鮮×米国の国家機関間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描いたクライム・アクション大作!

映画情報どっとこむ ralph 米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物・パク・ジェヒョク役は『泣く男』以来、3年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン。

連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド役に『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、

北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム役に『密偵』のパク・ヒスン、

米CIA要員ポール・グレイ役に日本でも大ヒットを記録したハリウッド大作『アルマゲドン』やアカデミー賞2部門に輝く『ファーゴ』、 『ジョン・ウィック:チャプター2』などで強烈な印象を残すスウェーデン出身の名優ピーター・ストーメア、

全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたVIPキム・グァンイル役は、人気・実力共に若手No.1俳優のイ・ジョンソク。

豪華な顔ぶれが大集合!
中でも少年のような清涼な魅力で女心を惹きつけてきたイ・ジョンソクが初の悪役に挑み、北朝鮮のなまりや英語での演技まで、ベテラン俳優に引けを取らない凄まじい集中力と演技への情熱を見せ、驚くべき相乗効果を生み出すと共に新たな姿を披露している。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、韓国の国家情報院&警察×北朝鮮の工作員×米国のCIAの息をのむ対立が一目でわかる画像解禁!

国家情報院の要員・パク・ジェヒョクに扮したチャン・ドンゴンが橋上でタバコを吸う姿
北朝鮮から亡命したVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)を間にし、対立していく警察チェ・イド(キム・ミョンミン)の姿。
そして、違う場面でキム・グァンイルの胸ぐらをつかむふたりの姿
まで、熱く感情的なキャラクターらが衝突しながら緊張感が高まる犯罪ドラマの一面を表しております!

映画情報どっとこむ ralph 分断国家という特性を生かした作品は昔話になるかもしれない。そんな”今”だからこそ、”実際ありそうな物語”を追求し、激しいアクションシーンはもちろん、本国ではスナッフフィルム並みの猟奇的な描写で賛否両論を巻き起こした問題作

『V.I.P. 修羅の獣たち』。
原題:브이아이피/英題:V.I.P.
6.16(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

4つの狂気が交錯する――。

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

公式HP:
http://klockworx-asia.com/vip/

***********************************

監督:パク・フンジョン『新しき世界』
出演:チャン・ドンゴン『泣く男』、キム・ミョンミン『エンドレス 繰り返される悪夢』、パク・ヒスン『密偵』、イ・ジョンソク「観相師-かんそうし-」、ピーター・ストーメア 『ジョン・ウィック:チャプター2』『ファーゴ』『アルマゲドン』
2017年/韓国公開8月23日/128分/シネマスコープ/レイティング:R15+
配給:クロックワークス
©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved



韓国×北朝鮮×米国の国家組織を巻き込む連続殺人事件『V.I.P. 修羅の獣たち』브이아이피予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『新しき世界』でセンセーションを巻き起こしたパク・フンジョン監督最新作『V.I.P. 修羅の獣たち』 、6月16日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。

そして、この度、本作の本ビジュアル、予告編映像が解禁!



解禁された予告編映像では、連続殺人事件のニュースが流れ、犯人を捕まえようと必死になった崖っぷちに立たされた警察(キム・ミョンミン)、北朝鮮の制服を身にまとった謎の工作員(パク・ヒスン)、“企画亡命者”として韓国にいる要人の息子(イ・ジョンソク)と彼を警戒している国家情報員(チャン・ドンゴン)、<交差する四つの狂気>、<国家機関の攻防戦>というキャッチと共に迫力満点のカーチェイス、激しいアクションシーンが盛り込まれ、最後はVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)の血まみれであざ笑いゾッとする姿が激しく心に余韻を残していく。

また、併せて解禁した本ビジュアルは、警察、工作員、要人の息子、国家情報員、4人の横顔と、下部にはグァンイルに銃を向け合い、息のつまるような緊張感を醸し出す。
“実際ありそうな物語”を追求し、激しいアクションシーンはもちろん、本国ではスナッフフィルム並みの猟奇的な描写で賛否両論を巻き起こした問題作『V.I.P. 修羅の獣たち』。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、韓国の国家情報院とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされ、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちの物語。全世界で唯一の分断国家という特性を生かし、韓国初の“企画亡命者”を扱った本作は、《もし、北からのVIP(=最重要人物)が実は殺人事件の容疑者だったら?》という疑念からスタートし、スージー・キム事件(※とある企業の香港駐在員だった男性が夫婦喧嘩の末嫁を殺し、それを隠蔽しようと嫁を北朝鮮のスパイだと騙すが、当時の政府はそれがデタラメと認識したものの、当時の独裁政権を維持しようと北朝鮮の仕業と操作した事件)をモチーフにした、韓国×北朝鮮×米国の国家機関間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描いたクライム・アクション大作!

米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物・パク・ジェヒョク役は『泣く男』以来、3年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン。連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド役に『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム役に『密偵』のパク・ヒスン、米CIA要員ポール・グレイ役に日本でも大ヒットを記録したハリウッド大作『アルマゲドン』やアカデミー賞2部門に輝く『ファーゴ』、 『ジョン・ウィック:チャプター2』などで強烈な印象を残すスウェーデン出身の名優ピーター・ストーメア、そして全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたVIPキム・グァンイル役は、人気・実力共に若手No.1俳優のイ・ジョンソクが扮し、その豪華な顔ぶれが大集合!中でも少年のような清涼な魅力で女心を惹きつけてきたイ・ジョンソクが初の悪役に挑み、北朝鮮のなまりや英語での演技まで、ベテラン俳優に引けを取らない凄まじい集中力と演技への情熱を見せ、驚くべき相乗効果を生み出すと共に新たな姿を披露している。

映画『 V.I.P. 修羅の獣たち
原題:브이아이피/英題:V.I.P.

6.16(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式HP:
http://klockworx-asia.com/vip/

4つの狂気が交錯する――。

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

***********************************

監督:パク・フンジョン『新しき世界』
出演:チャン・ドンゴン『泣く男』、キム・ミョンミン『エンドレス 繰り返される悪夢』、パク・ヒスン『密偵』、イ・ジョンソク「観相師-かんそうし-」、ピーター・ストーメア 『ジョン・ウィック:チャプター2』『ファーゴ』『アルマゲドン』

2017年/韓国公開8月23日/128分/シネマスコープ/レイティング:R15+
配給:クロックワークス

©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved


『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph カンヌ国際映画祭 ACID部門正式出品モスクワ国際映画祭、チューリッヒ国際映画祭にて 最優秀ドキュメンタリー賞受賞の衝撃作!

2016年カンヌ国際映画祭ACID部門正式出品作の衝撃ドキュメンタリー「マダム・ベー(MRS. B, A NORTH KOREAN WOMAN)」(原題)が、この度、邦題を『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』と決定し、初夏シアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開する運びとなりました。
さらに、来る3月3日より開催される、第12回大阪アジアン映画祭にて特別招待作品として日本初上映されることも発表されました。

映画情報どっとこむ ralph 中国へ売られた北朝鮮女性Bの数奇な運命家族のための出稼ぎのはずが騙され、中国の貧しい農村に嫁として売り飛ばされた、ある北朝鮮女性B。

最初は憎んでいた中国の夫と義父母との生活を受け入れ、そこで生き抜くために脱北ブローカーとなる。しかし北朝鮮に残してきた息子たちの将来を案じた彼女は、彼らを脱北させ、自らも韓国へと渡る過酷な道を選ぶ。

監督は、フランスと韓国を拠点に映画製作し、カンヌには同作品のほか短編(「ヒッチハイカー」)も出品された注目の新鋭ユン・ジェホ。 

女性Bの中国での生活、そして韓国への脱北の道中にも密着し、彼女の壮絶な生き様を記録した本作は、カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品されたほか、モスクワ国際映画祭とチューリッヒ国際映画祭にて最優秀ドキュメンタリー賞受賞するなど、世界各国の映画祭で絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 名もなき中年女性の貪欲で数奇な人生を追った傑作ドキュメンタリーがついに日本公開となる。                        

マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白

ユン・ジェホ(Jero YUN)
韓国・釜山出身。フランス、ナンシーのエコール・デ・ボザール、パリのアール・デコ、ル・フレノワで、美術、写真、映画を学ぶ。中編映画「暗闇の中で」(2009)、短編「赤い道」(2010)を演出したのち、短編「約束」(2011)を演出。アシアナ国際短編映画祭で大賞を受賞する。2012年ドキュメンタリー「北朝鮮人を探して」を演出、メキシコ国債短編環境映画祭にて審査員スペシャルメンション賞を受賞した。2013年台北映像委員会が制作したオムニバス映画に参加し、短編「豚」を台湾の女性監督シンイン・チェンと共同で演出し、カンヌ映画祭監督週間、プサン国際映画祭に招待された。

***********************************

2016年/フランス・韓国/72分/DCP/ドキュメンタリー
監督/ユン・ジェホ(Jero YUN)  
(C)Zorba Production, Su:m