「北原里英」タグアーカイブ

西条みつとしの長編映画監督デビュー 廣瀬智紀、北原里英、飛鳥凛『HERO〜2020〜』製作決定


映画情報どっとこむ ralph 8月4日(日)までヒューリックホール東京にて上演中の舞台『HERO~2019夏~』が、廣瀬智紀、北原里英ら舞台版にも出演しているキャストに更に豪華キャストを加え、脚本・演出の西条みつとしの長編映画監督デビュー作、映画『HERO〜2020〜』として製作されることが決定しました。
『HERO〜2020〜』 2012年に初演され、好評を博した本作を新たなキャストでリメイクし、舞台と映画という2つの異なる表現方法に同じ監督と同じキャストで、再演・映画化に挑戦する意欲的プロジェクト。

西条は芸人活動を経て、放送作家、コント作家として多数のお笑い芸人の作家を務め、2012年より自身が主宰する劇団TAIYO MAGIC FILM等、多数の舞台の脚本・演出を担当。舞台だけでなく、各国で絶賛された斎藤工の初長編監督映画『blank13』や、ドラマ24の「下北沢ダイハード」及び「オー・マイ・ジャンプ~少年ジャンプが地球を救う~」などの脚本を務めた他、監督した短編映画『JURI』が、先月閉幕したSKIPシティ国際Dシネマ映画祭の国内コンペティション部門に正式出品されており、本作で満を持しての長編映画監督デビューとなります。

映画情報どっとこむ ralph 演じるのは廣瀬智紀さん、元AKBの北原里英さん、飛鳥凛さんら。
舞台の出演者が同じ役で出演します。

脚本・監督の西条みつとしと主演の廣瀬智紀より、コメント届いた。

<脚本・監督:西条みつとし コメント>

僕は、キャストと一緒に時間をかけて作る事が、良い作品がが出来、お客様の為になる事だと考えているので、同じキャストで舞台を経てからの映画化にしていくという流れは、僕にとっては、とても有り難い流れで、凄く感謝しかない場です。ですので、映画版HERO、良いものが出来ると確信しています。僕自身も、本当に楽しみです。舞台では表現しづらかった事や、映像だからこそ伝えられるものも、この作品には、沢山あると思いますので、皆さん、映画版HEROを楽しみにしていてください。

<主演:廣瀬智紀 コメント> 
廣瀬智紀『HERO〜2020〜』 舞台で体験した物語を映画で。とても幸せで貴重なことだと思います。この「HERO」という作品は、とても繊細な心情が描かれており、映像ならではのやり方で舞台とは違ったドラマをお届けできるのではと感じています。また、中ではどうなるか全く想像がつかない部分もあったりするのでとてもワクワクしています。そして何より、舞台メンバーで臨めることが嬉しいです。ここまで築き上げた関係性と共に、また新たな感情との出会い、発見を楽しみ、みなさんとストイックに取り組んでいきたいと思います。最高の作品にします。映画「HERO」楽しみに待って頂けたら幸いです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『HERO〜2020〜』

は2020年初夏の公開が決定しています。

公式HP:
https://www.mmj-pro.co.jp/hero2020/

Twitter:
@HERO2019summers

***********************************

【出演】
廣瀬智紀
北原里英 小松準弥 前島亜美 小早川俊輔/
小築舞衣 中村涼子 米千晴(TAIYO MAGIC FILM) 小槙まこ 加藤玲大 後藤拓斗 双松桃子/

飛鳥凛 伊藤裕一 根本正勝 今立進(エレキコミック)

【スタッフ】
脚本・監督:西条みつとし
企画:メディアミックス・ジャパン
製作:「HERO」〜2020〜製作委員会
配給:ベストブレーン




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』 今秋公開決定&コメント到着!海外版逆輸入予告編


映画情報どっとこむ ralph 近未来、日本の何処かにある幻の街。
臓器密売組織が支配するその街は、未来でありながら、どこか昭和の日本を思わせる、カオスと暴力にあふれた異空間。そして、異形の者たちが跋扈するスラム街を舞台に、片腕にマシンガン義手を装着した姉妹“マシンガール”の、血みどろの戦いが幕を開ける!!

『爆裂魔神少女-バーストマシンガール』
監督は、本物の不良少年たちを起用した問題作『孤高の遠吠』で世間を騒がせ、間宮祥太朗主演の『全員死刑』でメジャー映画デビューを飾り、今期のドラマイズム「スカム」の監督も務める、現在もっとも勢いがある新鋭監督、小林勇貴。

プロデューサーは、『冷たい熱帯魚』『凶悪』等の問題作を連発する千葉善紀と『進撃の巨人』『シン・ゴジラ』等を手掛け、過激な残酷表現で世界中に熱狂的なファンを持つ西村喜廣。

2人の『マシンガール』アミとヨシエ役には、TV「下町ロケット」や「3年A組‐今から皆さんは人質です‐」に出演し今後のブレイクが期待される搗宮姫奈と、TV「仮面ライダー鎧武/ガイム」のチャッキー役で女優デビューを果たし、テレビ、映画と活動の幅を拡げている花影香音、2人のフレッシュな若手女優が抜擢された。

流れ者の殺し屋マツカタを演じたのは『RE:BORN リボーン』の坂口拓。

世界に通用する本格アクション俳優の実力が、スクリーンで爆発する。

マツカタと対決する殺し屋キキョウには、昨年AKB48グループを卒業し、現在女優として活躍中の北原里英。

これまでの北原里英からは想像不可能なその姿に、ファンが騒然となること間違いない。

映画情報どっとこむ ralph この度、スイスで開催される唯一のファンタスティック映画祭として知られる「ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭」(7/5~7/13)でのワールドプレミア出品が決定。

『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』 これを受けこの度、日本での今秋公開、キャスト、コメント、海外版予告編、メインカットを緊急解禁!!

搗宮姫奈(アミ役)コメント

『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』が私の初主演作になります。関わって頂いたスタッフ、共演者の皆と最高のアクション映画を作れて私自身、心から幸せです。オーディションを受けた時は、私がまだ20歳の時で、撮影が21歳の時でした。分からないことだらけの私は、とにかく良い作品を創りたい、小林勇貴監督が観ている世界観を描きたい、坂口拓さんのアクションについていきたい、そんな思いでひたすらにがむしゃらでした。そんながむしゃらでひた向きさが、映画に良い意味で前面にでていると思います。1人でも多くの方の心に残るように願っています。是非、楽しんでください!

花影香音(ヨシエ役)コメント

この映画のオーディションを受けた時に、ヨシエは私にしか出来ない。と何故か変な自信がありました。オーディション会場では強面なお偉いさんが沢山いて緊張しましたが、その直感通り、ヨシエという役を勝ち取ることができました。この映画をきっかけに師匠・坂口拓さんに出会い、約2ヶ月トレーニングを積み、撮影に挑みました。傷や打撲が増えていく毎日でした。正直、この破茶滅茶な台本を読んだときに、どう映像化するのか全く想像がつきませんでしたが、この映画は控えめに言って、アクションありパンチラありの仏恥義理極上エンターテイメントになってます!You should watch this!See you in the theater!


北原里英(橘キキョウ役)コメント

あの!小林勇貴監督の作品!かなりぶっ飛んでいますが、一ファンとして世界中に自信を持ってオススメできる作品です。個人的にはアイドルとしての活動を終えてすぐの撮影だったので、そういう意味でもとても思い入れがあります。あんな風に銃をぶっ放せることは撮影でもなかなかないのでとても爽快でした(笑)。特に、ワンカットで撮っていただいた登場シーンはアクションの方々の力もお借りして、すごく格好良く仕上がっているので是非注目して観ていただきたいです。試写で初めて観たときの衝撃が今でも忘れられません。キャスト全員最高でした!みなさんにも早くその衝撃を味わっていただきたいです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』

http://burstmachinegirl.com

今秋より、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿他公開決定!


物語・・・
無法地帯のスラム街『イシナリ地区』。正義も秩序もないその街は、臓器売買の元締め『ダルマ屋』が支配し、貧乏人は肉体を切り売りしながら、何とか食い扶ちを稼いでいる。幼い頃、親に身体を売られた姉妹のアミ(搗宮姫奈)とヨシエ(花影香音)は、ゴダイ一座の見世物小屋でアイドルとして舞台に立ちながら、助け合って生きていた。その見世物小屋にある日、流れ者のマツカタ(坂口拓)がワラジを脱ぐ。その正体は、『殺し屋協会ランキング5位』の凄腕殺し屋。ヨシエはアミには内緒で、失った片腕にマシンガン義手を装着し、ダルマ屋の女ボス青山ダルマ(根岸季衣)に復讐を考えていた。臓器売買の現場に乗りこんだヨシエは、ダルマの息子カルマを半殺しにする。だが、激怒したダルマは、改造人間兵器『ドリルブラシスターズ』を放ち、激闘の末、ヨシエはダルマ屋に囚われてしまう。知らせを聞いたアミは救出に駆けつけるが、ダルマ一味に捕まり、片腕を切断されてしまった。ダルマはゴダイ一座を皆殺しにするため、『殺し屋協会ランキング1位』の橘キキョウ(北原里英)を送り込む。

***********************************


監督・脚本・編集:小林勇貴
出演:搗宮姫奈/花影香音/坂口拓(TAK∴)
北原里英/根岸季衣/佐々木心音/矢部太郎(カラテカ)/住川龍珠/石川雄也
原作:映画『片腕マシンガール』(Fever Dreams Inc.)/オリジナルキャラクター制作:井口昇
2019年/日本/76分/5.1ch/シネスコ/カラー/デジタル/R15+
配給:アルバトロス・フィルム
Ⓒ2019 「爆裂魔神少女」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

北原里英 主演作2年連続で正式上映!『映画 としまえん』 at 第23回富川国際ファンタスティック映画祭


映画情報どっとこむ ralph この度、2019年5月10日に全国公開された『映画 としまえん』が第23回富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭 ワールドファンタスティック・レッド部門での正式招待上映、さらに上映後のQ&Aに本作が初商業映画作品となる高橋浩監督の登壇が決定しました!!

第23回目となる今回は2019年6月27日(木)~7月7日(日)の10日間開催。

そんな栄誉ある富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭で『映画としまえん』はワールドファンタスティック・レッド部門での正式上映が決定しました。
映画情報どっとこむ ralph 昨年2018年には『最低。』(瀬々敬久)、『MUTAFUKAZ』(西見祥示郎/ギヨーム・ルナール)、『サニー/32』『孤狼の血』(白石和彌)、『殺る女』(宮野ケイジ)、『ユリゴコロ』(熊澤尚人)、『カメラを止めるな!』(上田慎一郎)が同部門の上映作品となっているなど非常に注目度の高い部門であり、本作で主演を務める北原里英は昨年の『サニー/32』に続いて2年連続で主演作品が正式上映となる快挙となっております。

そしてこの度の『映画 としまえん』初海外上映を祝うべく脚本&監督を務めた高橋浩が現地に駆け付け、映画を見た現地の観客とガチンコのQ&Aを行います。

映画情報どっとこむ ralph 【北原里英コメント】
今回自分の主演させていただいた映画が韓国に。本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。特に2年連続で自分の関わらせていただいた作品が招待していただけてとても誇らしい気持ちです。
映画としまえんで、日本の遊園地の素晴らしさや趣きも感じていただきたいですし、ジャパニーズホラーのドキドキを味わっていただけたらと思います。
『映画 としまえん』
【遊園地としまえんコメント】
初めてお話をいただいた時から完成が待ち遠しく思え、スタッフ一同わくわく感が堪えませんでした。
試写会で拝見したとき、私たち遊園地の魅力が、「都市伝説」と「秘密のキーワード」に見事に凝縮されている事、特に私たちのシンボル「カルーセルエルドラド」が呪いを解くための重要な鍵を握っている点には感動を覚えました。
この度の映画祭で沢山の世界の方々にご覧になっていただき、『映画 としまえん』の魅力とともに、機会があれば「としまえん遊園地」の「お化け屋敷」を体感したいと思っていただけると幸いです。
皆様のご来園を心よりお待ち申し上げております。この度は誠におめでとうございます。

【高橋浩監督コメント】
『映画 としまえん』が歴史ある富川国際ファンタスティック映画祭のワールドファンタスティック・レッド部門で正式招待上映されるということで、本当に感無量な気持ちでいっぱいで、色々な国の方に観ていただけるという期待感からドキドキワクワクしております。遊園地は、世界共通で人気の場所であり、そしてそれにまつわる都市伝説も世界共通で存在すると認識しております。さらに誰もが経験する、思春期の持つ人間関係。遊園地×都市伝説×思春期特有の人間関係。このように、『映画 としまえん』はいつの時代でもどこの国にでも通じる要素がいっぱい詰まっております。富川市に来た各国の映画人にこの怪しい魅力を存分に楽しんでいただければこんなに嬉しいことはありません。

映画情報どっとこむ ralph 富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭

【上映部門】
ワールドファンタスティック・レッド

【上映スケジュール】
6月30日(日)18:00~、7月4日(木)20:00~、7月7日(日)13:00~(予定)

【イベントスケジュール】
高橋監督Q&A 7月4日(木)21:30~22:00 ※本編上映後(予定)

映画情報どっとこむ ralph 『映画 としまえん』

が5月10日(金)よりユナ イテッド・シネマとしまえんほか。


公式 Twitter:
@ToshimaenM
公式 HP:
toshimaen-movie.com

物語・・・
大学生の早希(北原里英)は、ある日、高校時代に仲の良かった女友達と一緒にかつてよく遊びに 行った遊園地・としまえんを訪れる。ネットで噂になっていた「としまえんの呪い」があるという古い洋館を 見つけた早希たちは、噂を冗談半分で試すが、その直後から恐ろしい現象が次々と起こり、一緒に来ていたメ ンバーが一人、また一人と次々に消えていく————。仲間たちを必死に探すうち、早希は呪いが誕生した、 恐ろしい過去の秘密を知ってしまう。

***********************************

出演:北原里英/小島藤子、浅川梨奈、松田るか、さいとうなり、小宮有紗/國島直希、鈴木聖奈、沖田×華 吉川美結、三嶋悠莉、河瀬祐未/YOUNG DAIS、中山峻、中島ひろ子・竹中直人

監督・脚本:高橋浩
製作:間宮登良松
企画:加藤和夫 プロデューサー:菅谷英智
キャスティングプロデューサー:福岡康 裕
ラインプロデューサー:林周治
音楽プロデューサー:津島玄一 音楽:海田庄吾 撮影監督:林淳一郎
照明:田村文彦 美 術:森原毅 録音:加来昭彦
集:大畑英亮 音響効果:柴崎憲治 整音:小林喬
特殊メイク:中田彰輝
VFXスーパーバイザー: 宮島壮司 ヘアメイク:竹川紗矢香
スタイリスト:神恵美 宣伝プロデューサー:手嶋亮介
宣伝:森めぐみ
助監督:猪越弘之
製作プロダクション:東映東京撮影所
製作統括:木次谷良助
特別協力:株式会社豊島園 西武鉄道株式会社 練馬区/ねりま観光センター
配給:東映ビデオ
(C)2019 東映ビデオ
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

北原里英、小島藤子、浅川梨奈、松田るか、さいとうなり、小宮有紗登壇『映画 としまえん』先行上映


映画情報どっとこむ ralph この度、歴史あるアミューズメント施設“としまえん”を舞台にした、ホラー『映画 としまえん』が5月10日(金)よりユナ イテッド・シネマとしまえんほか全国公開となります。

首都圏有数の規模を誇る老舗遊園地としまえんの、ネット上でまことしや かに囁かれる都市伝説を、本家本元としまえんの全面協力で映画化した本作は、女友達あるあるが怖い内容。。。。

そして、先行上映会が行われ、北原里英さん、小島藤子さん、浅川梨奈さん、松田るかさん、さいとうなりさん、小宮有紗さん、高橋浩監督が登壇して舞台挨拶を行いました。
日付:5月2日(木)
場所:池袋 HUMAX シネマズ
登壇:北原里英、小島藤子、浅川梨奈、松田るか、さいとうなり、小宮有紗、高橋浩監督

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりのお客様の前にキャストと監督が、客席を通ってあらわれると大きな拍手。
記者席との余りの近さに「近っ!!」とキャスト。

北原さん:中々こじんまりとしたアットホームな雰囲気の上映会に、GWの中日なのに、お集まりいただきありがとうございます!今回キャスト全員登壇の舞台挨拶は初めてなので、楽しみにしてきました!

小島さん:お休みの中、わざわざ足をお運びいただき、ありがとうございます!

浅川さん:前回の完成披露試写会の時、小宮有紗が急遽これなかったと言うことで、まあ透明人間は目立っていましたが、本日はちゃんといるので・・・・。今日はよろしくお願いします。
と、さっそく、小宮さんいじり。

松田さん:皆さん映画いかがでした?(大拍手)良かったです。今日は上映後と言うことで、ノビノビとやらせて頂こうと思います。
と、完成披露の反省を踏まえた挨拶。

さいとうさん:ホント来てくれてありがとうございます!!!最後まで楽しんでいってください!
と、満面の笑顔。
そして、本日は劇中衣装での登場・・・で、小宮さんだけは学生服。

小宮さん:20歳の浅川梨奈は私服なのに、25歳の私が。。。制服と。若干疑問はありますが、若さに負けずに頑張っていきたいと思います!
と言う小宮さんですが、全然大丈夫な可愛さ!

髙橋監督:令和始まって2日目。おそらく令和初めての映画が「としまえん」になるのかなと。嬉しいです。
と挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 今日は上映後なので、心おきなくと言われ、

松田さん:心使いありがとうございます。
と、恐縮。ですが、公開日は10日なので、本サイトでは少しだけオブラートに包ませていただきます。

としまえんの思い出を聞かれ、

北原さん:としまえんで遊びました。撮影の打ち上げも、としまえんのバーべキュー場で。としまえんの方達には本当に良くしていただきました!アイスクリームも露店を開けてくれて。
小島さん:締まった後の、誰もいない遊園地は珍しかったです。ミラーハウス怖かった。

浅川さん:どこにいるかわからないカメラマンさんが怖かった。

と、撮影での話も絡めて話してくれ・・・そんな、としまえんでは現在、映画とタイアップ“怨霊”ツアーお化け屋敷開催中。
http://eigajoho.com/150522

小島さんは、実はすでにこのコラボに行ってきたそうで

小島さん:初日に、プロデューサーさんと監督と行ってきました!監督が提案もしてるんですよね。
髙橋監督:はい。内装とお化けね。

ここで、実際はどんな風になってるの?と聞かれ、

小島さん:ダメじゃない?今言ったら。松田るかみたいになっちゃうよ!(大爆笑)でも、ちゃんと映画に絡めてあるよ。

浅川さん:小宮有紗はいるの?

小宮さん:いるいる!見つかるかも。。
と冗談。

浅川さん:個人的に制服を着て遊園地に行くと言うのが夢で。憧れがあったのですが・・・としまえんで皆で制服で遊べたのが嬉しかったです。でも、ちょっとコスプレ感が。
と小宮さんをいじる最年少。

続いて、としまえんの感想を

松田さん:まず沖縄に遊園地がないので・・ネズミーランドとかネコランドとかじゃない、地元に根付いた遊園地が、キャストが観り上げるんじゃなくて、地域が盛り上げてる感が良かったです!都内だし。後安い!
とPR。

さいとうさん:キャーキャー言ってるシーンを撮る前は実は爆笑してたりしていて。ホラーってやって楽しい観て怖い。を時間できて楽しかったです。

小宮さん:7年目に東映で、地球を守っていたころ練馬区民だったんですけど。としまえんに行ったことがなくて。メチャメチャ充実していて良いなと思いました。でも、私以外のメンバーは乗り物に乗って楽しんで・・・・。私は・・・だけ。今度、自分が楽しみに行きたいですね。心・の・こ・りです。。ので。

浅川さん:残っちゃった。。。

映画情報どっとこむ ralph 監督に苦労したシーンと好きなシーンを聞くと

髙橋監督:苦労したのはミラーハウス。スタッフが写らないように。準備が大変でした。思い出深いのは、皆さん見てるだけで、全部大好き!

撮影でホラー現象とかありました?かの質問に、

北原さん:スタッフの数の少なさにびっくり。恐怖でした。

浅川さん:浅川のポスターの顔。(生地最後にポスター付けたのでチェック)

小宮さん:もっと怖いあるよ。撮影前のお祓い私だけいけなかった。

北原さん:だから完成披露・・・・良かった戻ってきて。

大学時代と高校時代の演じ分けは?の質問は、結構ネタバレなので割愛。

最後に・・・
北原さん:約1年前に、監督が考え、としまえんさんが沢山協力してくださって完成したホラー映画が5月10日より公開。感無量です。映画も遊園地も相乗効果で盛り上がっていければと思いますので、応援お願いします。

『映画 としまえん』

が5月10日(金)よりユナ イテッド・シネマとしまえんほか。


公式 Twitter:
@ToshimaenM
公式 HP:
toshimaen-movie.com
物語・・・
大学生の早希(北原里英)は、ある日、高校時代に仲の良かった女友達と一緒にかつてよく遊びに 行った遊園地・としまえんを訪れる。ネットで噂になっていた「としまえんの呪い」があるという古い洋館を 見つけた早希たちは、噂を冗談半分で試すが、その直後から恐ろしい現象が次々と起こり、一緒に来ていたメ ンバーが一人、また一人と次々に消えていく————。仲間たちを必死に探すうち、早希は呪いが誕生した、 恐ろしい過去の秘密を知ってしまう。



***********************************

出演:北原里英/小島藤子、浅川梨奈、松田るか、さいとうなり、小宮有紗/國島直希、鈴木聖奈、沖田×華 吉川美結、三嶋悠莉、河瀬祐未/YOUNG DAIS、中山峻、中島ひろ子・竹中直人

監督・脚本:高橋浩
製作:間宮登良松
企画:加藤和夫 プロデューサー:菅谷英智
キャスティングプロデューサー:福岡康 裕
ラインプロデューサー:林周治
音楽プロデューサー:津島玄一 音楽:海田庄吾 撮影監督:林淳一郎
照明:田村文彦 美 術:森原毅 録音:加来昭彦
集:大畑英亮 音響効果:柴崎憲治 整音:小林喬
特殊メイク:中田彰輝
VFXスーパーバイザー: 宮島壮司 ヘアメイク:竹川紗矢香
スタイリスト:神恵美 宣伝プロデューサー:手嶋亮介
宣伝:森めぐみ
助監督:猪越弘之
製作プロダクション:東映東京撮影所
製作統括:木次谷良助
特別協力:株式会社豊島園 西武鉄道株式会社 練馬区/ねりま観光センター
配給:東映ビデオ
(C)2019 東映ビデオ
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ホラー『映画 としまえん』タイアップ“怨霊”ツアーお化け屋敷開催決定


映画情報どっとこむ ralph この度、歴史あるアミューズメント施設“としまえん”を舞 台にしたホラー映画、『映画 としまえん』が 5月10日(金)よ りユナイテッドシネマ・としまえんほか全国公開となります。
そこで本作の公開にあたり、期間中、特別タイアップとして 通常のお化け屋敷が『映画 としまえん』の世界観を表現した “怨霊ツアー”お化け屋敷としてリニューアルオープン!
実際 に映画内で使用された美術や小道具、さらに劇中音楽を使用し た最恐演出に加え、なんと 1926 年のとしまえん開園以来初、 人力お化け屋敷となります!
【通常は機械仕掛けのみのお化け 屋敷となっているが、今回の特別コラボでは 2 ヶ所“怖がらせ 隊”によって映画に現れる呪いのお化け(人間)が配置される】

“怨霊”ツアーお化け屋敷開催概要 開催
日時:4 月 27 日(土)~5 月 6 日(月) 5 月 11、12、18、19、25、26 日(すべて土日)
場所:遊園地としまえん お化け屋敷
時間:4 月 27 日~5 月 6 日/10:00~12:00・13:00~17:00
5 月 11、12、18、19、25、26 日(すべて土日)/13:00~17:00

映画情報どっとこむ ralph いち早くこのお化け屋敷を体験したとしまえんのスタッフ曰く

「お化け屋敷に入る前から恐怖でしたが、 ある扉の中に入ってからがとにかく怖いです!!映画を見ていない方でも充分に楽しめるので、ぜひ、体験 してください。ただし、1 人では決して入らないでくださいね。(関口)」

「としまえんのお化け屋敷が、い つもと全く違う内容に変化していて、最後まで恐怖で震えてしまいました。映画の世界観も体験できるなん て、ぜひ皆さんにも、この恐怖を体感していただきたいです!(小峯)」

とのこと。


『映画 としまえん』高橋浩監督からは

「お化け屋敷内に開かれた入り口、それは『映画 としまえん』に 繋がる入り口だった….。 というコンセプトでお化け屋敷に『映画 としまえん』の世界を再現しました。 映画の中の“彼女たち”が味わった恐怖から、あなたは逃れることができるのか!?ぜひ GW 中に挑戦し に来てください」

とコメントも寄せられている。

さらに、お化け屋敷を脱出できた者だけが入手できる QR コードも設置され、特別恐怖映像をスマホで 視聴できる施策も。

人を乗せずに回り続ける不気味な回転木馬、園内の奥深くに実在するお化け屋敷など、シーンの 90%以上をとしまえんで撮影。

夜の遊園地に閉じ込められる、息の詰まるような恐怖。真っ暗な遊園地でヒロインが迎える絶叫のエンディ ングに、あなたの心臓は耐えられるか !?

映画情報どっとこむ ralph
映画 としまえん

公式 Twitter:
@ToshimaenM

公式 HP:
toshimaen-movie.com

物語・・・
大学生の早希(北原里英)は、ある日、高校時代に仲の良かった女友達と一緒にかつてよく遊びに 行った遊園地・としまえんを訪れる。ネットで噂になっていた「としまえん
の呪い」があるという古い洋館を 見つけた早希たちは、噂を冗談半分で試すが、その直後から恐ろしい現象が次々と起こり、一緒に来ていたメ ンバーが一人、また一人と次々に消えてい
く————。仲間たちを必死に探すうち、早希は呪いが誕生した、 恐ろしい過去の秘密を知ってしまう。



***********************************


出演:北原里英/小島藤子、浅川梨奈、松田るか、さいとうなり、小宮有紗/國島直希、鈴木聖奈、沖田×華 吉川美結、三嶋悠莉、河瀬祐未/YOUNG DAIS、中山峻、中島ひろ子・竹中直人

監督・脚本:高橋浩
製作:間宮登良松 企画:加藤和夫 プロデューサー:菅谷英智 キャスティングプロデューサー:福岡康 裕 ラインプロデューサー:林周治 音楽プロデューサー:津島玄一 音楽:海田庄吾 撮影監督:林淳一郎 照明:田村文彦 美 術:森原毅 録音:加来昭彦 編集:大畑英亮 音響効果:柴崎憲治 整音:小林喬 特殊メイク:中田彰輝 VFXスーパーバイザー: 宮島壮司 ヘアメイク:竹川紗矢香 スタイリスト:神恵美
宣伝プロデューサー:手嶋亮介 宣伝:森めぐみ 助監督:猪越弘之 製作プロダクション:東映東京撮影所
製作統括:木次谷良助 特別協力:株式会社豊島園 西武鉄道株式会社 練馬区/ねりま観光センター
配給:東映ビデオ
(C)2019 東映ビデオ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

北原里英主演・としまえんの都市伝説がまさかの映画化!『映画 としまえん』予告映像が・・・


映画情報どっとこむ ralph この度、歴史あるアミューズメント施設“としまえん” を舞台にしたホラー映画『映画 としまえん』が 5月10日(金)よりユナイテッドシネマ・としまえんほか全国公開となることが決定しました!

その全国公開にあたり、最恐ポスタービジュアルならびに予告映像が初解禁となります。

首都圏有数の規模を誇る老舗遊園地・としまえん。



多くの家族連れで賑わいを見せる一方、ネット上でまこと しやかに囁かれるある噂が…。そんな都市伝説を本家本 元としまえんの全面協力でまさかの映画化したのが本作です・・・・。

予告映像でも触れられる、としまえんの呪い…。

「1. 古い洋館の扉を叩くな」
「2. お化け屋敷で返事をするな」
「3. 秘密の鏡をのぞくな」


××するなと言われれば、やってしまうのが青春!
しかしそう簡単に逃がしてくれないのが、最恐の「裏としまえん」!
軽い気持ちで始まったとしまえんの冒険だったが、あどけない女子たちに恐怖のアトラクシ ョンが忍び寄る!

閲覧注意の最恐絶叫ホラー映画がここに。

映画情報どっとこむ ralph 人を乗せずに回り続ける不気味な回転木馬、園内の奥深くに実在するお化け屋敷など、シーンの 90%以上をとしまえんで撮影。

夜の遊園地に閉じ込められる、息の詰まるような恐怖。真っ暗な遊園地でヒロインが迎える絶叫のエンディ ングに、あなたの心臓は耐えられるか !?

映画 としまえん

公式 Twitter:
@ToshimaenM

公式 HP:
toshimaen-movie.com


物語・・・
大学生の早希(北原里英)は、ある日、高校時代に仲の良かった女友達と一緒にかつてよく遊びに 行った遊園地・としまえんを訪れる。ネットで噂になっていた「としまえんの呪い」があるという古い洋館を 見つけた早希たちは、噂を冗談半分で試すが、その直後から恐ろしい現象が次々と起こり、一緒に来ていたメ ンバーが一人、また一人と次々に消えていく————。仲間たちを必死に探すうち、早希は呪いが誕生した、 恐ろしい過去の秘密を知ってしまう。




***********************************

出演:北原里英/小島藤子、浅川梨奈、松田るか、さいとうなり、小宮有紗/國島直希、鈴木聖奈、沖田×華 吉川美結、三嶋悠莉、河瀬祐未/YOUNG DAIS、中山峻、中島ひろ子・竹中直人

監督・脚本:高橋浩
製作:間宮登良松
企画:加藤和夫
プロデューサー:菅谷英智 キャスティングプロデューサー:福岡康 裕 ラインプロデューサー:林周治 音楽プロデューサー:津島玄一 音楽:海田庄吾
撮影監督:林淳一郎 照明:田村文彦 美 術:森原毅 録音:加来昭彦 編集:大畑英亮 音響効果:柴崎憲治 整音:小林喬 特殊メイク:中田彰輝 VFXスーパーバイザー: 宮島壮司 ヘアメイク:竹川紗矢香 スタイリスト:神恵美 宣伝プロデューサー:手嶋亮介
宣伝:森めぐみ
助監督:猪越弘之
製作プロダクション:東映東京撮影所 製作統括:木次谷良助 特別協力:株式会社豊島園 西武鉄道株式会社 練馬区/ねりま観光センター
配給:東映ビデオ
(C)2019 東映ビデオ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

北原里英 主演『映画 としまえん』追加キャスにト小島藤子、浅川梨奈、松田るか、さいとうなり、小宮有紗


映画情報どっとこむ ralph 2019 年に全国公開となります、歴史ある人気アミューズメント“としまえん”を舞台にした、まさかのホラー映画『映画 としまえん』。先ごろ発表された北原里英の主演に加え、追加キャスト情報が解禁されました。

辻本早希(北原里英)と高校時代からの友人で、仲良しグループのリーダー的存在で、他者をマウンティングしがちな杏樹役に NHK 朝ドラ「ひよっこ」で寮長役で注目を集め、初主演映画『馬の骨』ではギター演奏や作詞に挑戦するなど、多才さを披露する小島藤子。常に携帯で写真や動画を記録するオタク女子で、クールな千秋役には『咲-Saki-』や『honey』など、ドラマや映画に多数出演する一方で、グラビアで多くの雑誌の表紙を飾り「カバーガール大賞」を受賞し、大活躍を見せる浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)。怖がりでグループの妹的存在、悪意のない一言を発してしまう亜美役には「仮面ライダーエグゼイド」のポッピーピポパポ役で人気を博し、TVドラマ「賭ケグルイ」では、猟奇的なキャラクターを演じ、原作ファンを納得させる好演をみせた松田るか。無邪気に人をからかうグループのムードメーカーかや役には、モデルやインスタグラマーとして活躍するほか、「パズドラ 銀魂コラボ編」CM で話題となり、本作で映画本格デビューとなるさいとうなり。早希の幼馴染で、グループ内ではいじめの対象となってしまうが、物語の終盤にはまさかの展開で観る者を驚愕させる由香役には「ラブライブ!サンシャイン!!」黒澤ダイヤ役で声優として躍するほか、『アウト&アウト』など映画にも多数出演する小宮有紗。と、現在大活躍中の若手女優が集結。また、都市伝説を検証するユーチューバー役には『TOKYO TRIBE』で主演し、『夜明け』の公開が控えるなど、俳優としても活躍をみせるヒップホップミュージシャンのYOUNG DAIS や、としまえん用務員を演じる竹中直人が、幸せな日常から一転させる怪演をみせ、不穏な雰囲気を醸し出しています。 女子グループの人間模様が丁寧に描かれているのも魅力の本作。楽しい思い出の中、語るも恐ろしい驚愕の真相が暴かれていく・・・!!

映画情報どっとこむ ralph 追加キャストのみなさんからコメントも到着!

【小島藤子さんからのコメント】
キャストに同性同世代が集まったからか、映画本編とは真逆で、現場の雰囲気はいつもワイワイし ていました。撮影はとても楽しかったです。遊園地が舞台のホラー作品をいつかやってみたいなと 思っていたので、出演できて良かったです。普段とは違う不気味なとしまえんになっていると思い ます。是非、この作品で堪能してみてください。

【浅川梨奈さんからのコメント】
「映画 としまえん」に出演させて頂きます浅川梨奈です。 幼い頃から家族や友達と遊びに行っていたとしまえんを舞台にしたこの作品に携わらせて頂けて 本当に嬉しく思います。現場はホラー作品ですがとても賑やかで楽しく撮影させて頂きました。 私の演じた千秋はオカルトが大好きなオタク気質な女の子。高校時代と現在の容姿の差はポイント です。笑

【松田るかさんからのコメント】
いつもなら楽しい場所であるはずの遊園地で、一人また一人と呪われ消えていく恐怖。その恐怖 に追い込まれた時に垣間見える人間の汚さ。いろんな意味でホラーな映画になっていると思いま す。監督のこの映画に込める熱を見て、私もしっかり応えていこうと気合を入れて撮影に挑みま した。撮影期間が楽しかった記憶ばかりなので本当に怖くなっているのか不安になりましたが、 試写で里英ちゃんの驚き飛び上がる姿が見れたので、バッチリだと思います。

【さいとうなりさんからのコメント】
「映画 としまえん」はホラー映画なのに、なにか「誰もが持ち合わせている毒気」が随所に散り ばめてあります。実際現場でも『これ怖いけどなんか他人事じゃないよね』と話になるほど実は人 間味溢れる作品になっております。 そんな誰にでも起こりうる恐怖を楽しんで頂けると幸いです。 主演の北原里英さんを始めとするキャスト、スタッフさんなど、素晴らし方々と出会えた事を私は 誇りに思っております。

【小宮有紗さんからのコメント】
小林由香役を演じさせて頂きます、小宮有紗です。今回はとしまえんを舞台に女の子達にどんどん 恐怖が降りかかってくるという、夏にぴったりなホラー映画になっております。私も人生で初めて な経験をこの作品で沢山経験させて頂きましたので、公開されましたら一人でも多くの方に劇場で 観て頂けたらとても嬉しいです!!‬

【高橋浩監督からのコメント】
登場人物たちは、最初は仲間と楽しそうに遊んでいますが、恐怖の非日常空間になってからは自分 が助かりたいために嫌な部分やエゴがむき出しになってきます。ですから、皆さんには、陽の芝居 から陰の芝居まで演じて分けてもらう必要がありました。そういう+から− まで演じることのでき る女優をさがし、イメージに近い人が見つかると、その出演作を見ながらこの子は『映画 としま えん』に出演した時、このシーンでは何て言うんだろう、何をするんだろう、といつも考えていま した。 逆のパターンを当てはめたときもあります。こんな可愛い顔してこんなこと言わせちゃう?とか、 台本が煮詰まったときは、「キミはどうしたいの?教えて」とか写真に話しかけながら書いてまし た。ありがたいことに思惑通りのキャスティングが実現し、キャストの皆さんは私の脳内演出を超 えた期待以上の演技を見せてくれました。
現場の彼女たちはカメラが回っていない時は、いつも楽しそうに女子トークをしていたり、自分の 出番がないときでも現場に遊びにきていたり、昔から仲良し5人組だったんじゃないかと錯覚する ほどチームワークが抜群でした。限られた期間での撮影だったので、とても助けられました。 恐怖シーンでは本当に彼女たちがその恐怖を体験しているのではないかという程迫真の“怖がり” を体現してくれました。 そのあまりの迫真ぶりにカメラサイドではちょこちょこ笑いもおきていたほどです(笑) 八方美人キャラ、女王様キャラ、オタク女子キャラ、妹的キャラ、天真爛漫キャラ、内気キャラを 各人がそれぞれが見事に演じ分けてくれたので、芝居を見ているだけでも引き込まれますし、「次 はこいつをどう怖がらせてやろうか…?」と考えるだけでワクワクする現場でしたし、その私が感 じたワクワク感をそのままお届けできるような映画が完成しました。 普段あまり目にすることが出来ない“綺麗な彼女達の恐怖顔”を目いっぱいお楽しみください!

映画情報どっとこむ ralph 映画『映画 としまえん』

2019年 5 月 全国ロードショー

公式 HP:
toshimaen-movie.com
物語・・・
高校時代からの仲良しメンバー数人で“としまえん”に遊びに来た仲良し 5 人組。軽い気持ちで、噂になっていた“としまえんの呪い”を試してみたところ、次第に恐ろしい現象に巻き込まれる。呪いを解き、遊園地から脱出しようと試みるが、一人、また一人と仲間が消えていく・・・。真相に迫っていく中、メンバーに襲いかかる“呪い”が高校時代のある出来事に起因していることに気付くのだが・・・。


***********************************

出演:北原里英/小島藤子、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、松田るか、さいとうなり、小宮有紗/國島直希、鈴木聖奈、沖田×華 吉川美結、三嶋悠莉、河瀬祐未/YOUNG DAIS、中山峻、中島ひろ子、竹中直人
監督・脚本:高橋浩
(C) 2019 東映ビデオ
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

フォトシネマ朗読劇「命のバトン」高崎翔太、北原里英、MARK(FlowBack)、テジュ、岩田光央 コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph アイエス・フィールドが2年前より立ち上げた映画と舞台のコラボレーションプロジェクト、第1弾は元NMB48の市川美織を主演に起用した『放課後戦記』第2弾は、韓国アーティストMYNAMEのジュンQと、舞台や映画で活躍中の村井良大を主演に多彩なメンバーが揃い、好評を得た『最果てリストランテ』その第3弾となるプロジェクトは、第2弾に引き続き、写真で物語を綴るフォトシネマという技法を取り入れたフォトシネマ朗読劇「命のバトン」。今年の8月3日~8月5日に大阪で上演。観客の大きな支持を受け、早くも新潟での再演が決定しました。

命のバトンは、先日映画化が発表された『みとりし』(来年公開予定)で描かれる【看取り士】がテーマとなっており、逝くものが、残るものへとつなぐ想いを表現した作品。本作品は、映画で綴る物語のその前の物語。映画をご覧になる前にこの舞台を見ることで、より作品を楽しむことができる。

いわば「みとりし エピソードゼロ」にあたる作品となる。看取り士とはそもそもどんな人たちなのか…。

命を繋ぐ感動の朗読劇「命のバトン」の新潟公演は12月8日~9日、シアターNEXTONEで上演されます。

映画情報どっとこむ ralph 新潟公演のキャストは、俳優、韓流アーティスト、声優といった第一線で活躍する高崎翔太、北原里英、MARK(FlowBack)、テジュ、岩田光央といった豪華キャストが集結。この度、新潟公演のビジュアル撮影が行われ、出演者のコメントが届きました。

<高崎翔太:コメント>
「僕は映画『みとりし』にも参加させていただいていて、そのときは医者の役でしたが、今回は親族の役ということで、違った視点からみとりしに触れられるのが嬉しいです。そして、新潟出身なので、新潟でお芝居をするのが初めてで、それが一番嬉しく思います。みなさん、是非劇場に足を運んでください。」

<北原里英:コメント>
「私にとって初めての本格的な朗読劇で、すごくドキドキしています。新潟で出来るという事がすごく嬉しいです。家族の物語なので、NGT48のメンバーやその家族の方々にも是非観ていただきたいです。新潟から上京する物語でもあるので、新潟出身の方には特にリアルに感してもらえるのではないかと思います。この朗読劇が、自分を見つめるきっかけの一つになってくれたらいいなと思います。」

<MARK(FlowBack):コメント>
「僕にとって2回目の朗読劇です。今回は人間の温かさや人間味が来てくださる方に存分に感じ取っていただけるように演じたいと思っています。」

<テジュ:コメント>
「この舞台を観に来てくださる皆さんに家族との絆の大事さを考えていただけるような舞台に出来るように頑張ります。そして、今回の朗読劇は再演ですが、観て下さる皆さんがまた新しい舞台と感じてくださるような素敵な作品を作りたいです。」

<岩田光央:コメント>
「僕の好きな朗読劇で、父親役という今までにないキャラクターをやらせて頂くので非常に高揚しています。これから読み込みをしてしっかりと読解をしてイメージしたいと思います。非常に楽しみです!」

映画情報どっとこむ ralph 公演日程:2018年12月8日~9日(2日間)
◎会場:シアターNEXTONE
◎住所:新潟県新潟市中央区古町通5-596-1
◎時間:本編90分を予定しております
12/8 → 13:00~/ 16:00~/ 19:00~ 12/9 → 12:00~ / 15:00~/ 18:00~   *開場は開演30分前を予定してます。
◎出演者:高崎翔太・北原里英・MARK(FlowBack)・テジュ・岩田光央

一般販
・販売期間:発売中~12月5日(水)20:00まで
チケット販売:
http://confetti-web.com/inochinobaton

映画情報どっとこむ ralph フォトシネマ朗読劇「命のバトン」

物語・・・
時は1988年、日本は韓国で開かれるソウルオリンピックを間近にして最高の盛り上がりを見せていた。そんなある時、学生時代の友人・小林に呼び出された主人公の英雄。そして同級生の花村、ソンホ。学生時代に部活で陸上をしていた4人は、小林の提案で韓国にオリンピックを観に行くことになった。出発当日、空港に向かう電車の中。昔話に花を咲かせていた4人だったが、英雄の体調が急変する。心配する3人。そんな3人の心配を押し切り、空港に向かう英雄だった・・・が、英雄が次に目を開けると、そこは病院のベッドの上だった。英雄の病名は・・・?そしてそこで友人から初めて聞く言葉「看取り士」とは?

それから15年後。英雄は実家を離れて、東京で居酒屋を立ち上げた。場所は東京でも人気の恵比寿。オープン当初は人も入っていたが、飲食店の激戦区ということもあり、名物と言う商品もない英雄の店は日が経つにつれて客足も遠のき、売り上げも落ちていった。現在は赤字続きの借金生活。これ以上続けられるのかどうか瀬戸際に立たされていた。そんな時に父親・和彦の病気が発覚。急いで実家に帰る英雄であったが、和彦に追い返されてしまう。和彦が強がっている事に気づいていた英雄は、その原因を知る。和彦は、すい臓がんで余命半年という診断だった。片親で育った英雄はお店を続けるか、親の元で暮らすか、苦渋の選択を迫られていた。そして、英雄が決めた選択は・・・?

人は人生の最期をどう過ごすのか。人は命(死)というものにどう寄り添っていくか。

英雄の人生を追った『命のバトン』を繋ぐ感動ストーリー。

制作:アイエス・フィールド 
***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ