「北京国際映画祭」タグアーカイブ

SixTONES ジェシーが第9回 北京国際映画祭で舞台挨拶 『映画 少年たち』


映画情報どっとこむ ralph 1969年の初演から50年― 伝説として語り継がれる舞台を映画化した『映画 少年たち』は絶賛公開中ですが。。。。

この度、第9回北京国際映画祭のメインセクションの一つ「パノラマ部門」に選出。この記念すべき初海外映画祭上映に、メインキャストであるジェシー(SixTONES)が代表して訪中し、舞台挨拶を実施しました。

ジャニーズJr.の主演映画が海外映画祭に出品されるのも、現地に赴き舞台挨拶をするのもジャニーズの歴史で初だそうです。
(配給松竹しらべ)

『映画 少年たち』(英題:Ninja Drones?)第9回北京国際映画祭 概要
上映場所、日時 :北京(中国)
4月14日(日)10:00 :資料館(※上映後、ジェシー 舞台挨拶)
4月16日(火)18:30 :深影
4月17日(水)18:30 :美嘉三里屯
舞台挨拶日時:4月14日(日)
登壇者:ジェシー(SxiTONES) ※敬称略

映画情報どっとこむ ralph ジャニー喜多川製作総指揮の『映画 少年たち』を引っ提げて、SixTONESのジェシーが、4月13日(土)北京に降り立ちました。
コーディネーターの蔡氏によると、「SixTONESは中国のジャニーズファンの間でも今注目を集めており、彼らのコンサートのために来日をする熱狂的なファンを持つグループ。今回はジャニーズJr.主演作の海外映画祭の初上映で、しかもメンバーが初めて中国に来るということでWeibo(微博)やWechat(微信)でも盛んに情報交換がされ、盛り上がっていた」とのこと。

北京空港の到着ゲートから姿を見せるや否や、空港に集まったファンの悲鳴のような大きな歓声に包まれ、ジェシーさんもその熱烈歓迎ぶりに驚いた様子。

ファンは約200名。北京のみならず、上海や香港からも駆けつけていた。

ジェシーさん:「大家好(ダージャハオ)(みなさんこんにちは)」

と挨拶すると、一層大きな歓声が空港に響き渡る場面もありました。

映画情報どっとこむ ralph 翌日14日(日)、北京国際映画祭で初めての舞台挨拶付き上映がパノラマ部門のメイン会場であるチャイナフィルムアーカイブで行われました。600席の会場は2分でチケットが完売されるなど期待値は高く、会場にはスタンド花も数々届き、中国のファンからの熱い歓迎をうけました。

上映挨拶前にweiboと中国最大メディアのチャイナメディアグループの取材を受けた後、少し緊張の面持ちでいよいよ登壇。


満員の観客を前にジェシーさんは、

ジェシーさん:僕は今回初めて中国に足を踏み入れると同時に、初めての映画祭参加です。皆さん温かく迎えて頂き感激しています。

とまずは英語で挨拶した後、

ジェシーさん:この映画の初めての海外上映が北京で嬉しいです。皆さんがこの映画を気に入って頂けたら幸せです。

と北京語でも挨拶をすると、会場からは大きな拍手とかわいい!という歓声が起こりました。更に会場に集まったみんなで「ズドン!」とやると、みな大喜び。

〇北京に初めて降り立った印象
ジェシーさん:広すぎて、目的の場所に行こうとしても距離が長い。スケールが大きいと感じました。そして、空港にファンの方が大勢待ち受けてくれていて、うれしかったです。映画祭で海外に行くのは初めてなので緊張していたんですけど、ありがたかったです。次はライブとかでSixTONESで来れたらうれしいです。

〇600席が2分で完売しました。それを受けていかがですか?
ジェシーさん:間違いじゃないですよね?(笑)海外でも広められるっていうことが、ありがたいですね。ずっとやってこられた「少年たち」という舞台を映画化して、それを世界に発信できるということが、ジャニーさんが一番喜んでくれていると思います。そして、そんな素晴らしい作品にかかわることができて、とても光栄です。ジャニーズのミュージカルは、「こういうこともできるんだ!」という凄さを、お客様にアピールしたいと思います。


一般のお客様からの撮影では

<一番好きなシーンは?><北京の印象や、昨日なにを食べたか?>

などの質問にジェシーさんも笑いを交えながら答え、始終穏やかで楽しい舞台挨拶となりました。


○映画祭を終えた感想
会場のお客さんがみな盛り上がって下さって嬉しかったです。客席も満席でしたし、ホッとしました。これを皮切りにこれからも世界に発信していけるように頑張たいですね。その第一歩になったんじゃないかと思います。

映画情報どっとこむ ralph ティーンを中心に幅広い世代の注目を集め、ぴあ映画初日満足度調査で第1位を獲得し話題となるなど現在も絶賛大ヒット公開中です。SixTONES(ジェシー、京本大我、髙地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹)、 Snow Man(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介、向井康二)、なにわ男子(西畑大吾)、室龍太、Aぇ!group(正門良規、小島健)ら、今をときめく東西ジャニーズJr.を中心にすえ、更に関ジャニ∞の横山 裕、A.B.C-Zの戸塚祥太らが参戦

『映画 少年たち』
大ヒット上映中!!

オフィシャルサイト:
http://shonentachi-movie.jp/


【STORY】
2012年、とある少年刑務所。ここは犯罪に手を染めた少年たちがそれぞれの事情を抱えて収監される場所。刑務所内にはいくつかの房がある。赤房と青房の少年たちは互いをライバル視して喧嘩を繰り返し、黒房はそれを面白がって傍観している。常に監視され抑圧された刑務所ではあるが、それでもシャバよりはましだ。 ある日、刑務所に一人の新入りがやってくる。身寄りのない彼は誰とも馴染もうとせず、いつも独りぼっちで日記を書いていた。そんな頃、新しい看守長が赴任してくる。徹底的にお前たちを鍛えなおす、と高圧的に告げ、少年たちを暴力で支配し始める看守長。以来、地獄のような日々が少年たちを待っていた。新入りは、いじめを受けた自分を庇い、懲罰を受ける同じ雑居房の少年に心を寄せるようになっていく。いつしか二人は親友になり、仲間も増え、夢を語るようになる彼ら。しかし、看守長の圧制はいよいよ厳しさを増し、我慢の限界にきていた少年たちは団結し、密かにある計画を練るが…。

***********************************

ジェシー 京本大我 髙地優吾 松村北斗 森本慎太郎 田中 樹 / SixTONES
岩本 照 深澤辰哉 渡辺翔太 阿部亮平 宮舘涼太 佐久間大介 / Snow Man
西畑大吾/なにわ男子 向井康二/Snow Man 室 龍太 正門良規/Aぇ!group 小島 健/Aぇ!group
宮近海斗/Travis Japan 大西流星/なにわ男子 嶋﨑斗亜/Lilかんさい 中村嶺亜/7MEN 侍 川﨑皇輝/少年忍者
HiHi Jets 美 少年 7 MEN 侍 少年忍者 Jr.SP なにわ男子 関西ジャニーズJr.
戸塚祥太(A.B.C-Z) 山下リオ 森口瑤子 伊武雅刀 横山 裕

製作総指揮:ジャニー喜多川

監督:本木克英 脚本:石川勝己
脚本協力:川浪ナミヲ 高見健次 音楽:長谷川雅大
撮影:南野保彦 照明:江川敏則
美術:須江大輔 録音:栗原和弘 松本悟
編集:川瀬功(J.S.E.) 助監督:井上昌典 振付:SANCHE
特別協力:法務省
企画協力:ジャニーズ事務所 制作プロダクション:松竹撮影所 配給:松竹
ⓒ映画「少年たち」製作委員会  
     


松重豊&北川景子演じる仲良し年の差夫婦『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』初映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する名バイプレーヤー・松重豊の待望の初主演映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』が10月より全国公開となります。

原作は、作家・ヒキタクニオが自らの体験を基に書き上げたエッセイ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社刊)。一般的に馴染みの薄い“男の妊活”を真正面から描きながらも、ユーモアあふれる語り口で展開される作品は大きな話題を呼び、この度映画化が決定!
男性不妊という現実にショックを受けながらもそれを受け止め、全力で妊活に取り組む主人公・ヒキタクニオを松重豊が魅力たっぷりに演じ、そんなヒキタを懸命に支え、励ます妻・サチを北川景子が演じています。どんな困難が立ちはだかっても、二人で支え合い、明るく前向きに乗り越えていくヒキタ夫妻の姿がユーモラスかつ抒情的に描かれる本作は、来週13日から開催される第9回北京国際映画祭のコンペティション部門への正式出品が決定し、10月の日本公開に先駆け、世界へ向けての初お披露目となり、世界中から熱い視線が注がれています。

そしてこの度、本作の特報映像とティザーポスタービジュアルが解禁となります。

映画情報どっとこむ ralph ★特報映像解禁!「妻の一言で、すべてが変わった。」
49歳の作家・ヒキタクニオは、二回り近く年下の妻・サチと仲良く楽しい毎日を過ごしている。子どもは作らずに二人だけでやっていこうと思っていたヒキタとサチの幸せな日常が描かれる中、ある日、サチから突然の一言が飛び出す―「ヒキタさんの子どもに会いたい」
この一言がきっかけでヒキタの生活は一変し、“男の妊活”がスタート!しかし、映像のラストでは、クリニックで医師から検査結果を見せられ、ソファにうなだれながら「大変な事になってるぞ」とつぶやくヒキタの姿が。


果たして、ヒキタの身に何が起こっているのか?今後の展開から目が離せない内容となっています。

映画情報どっとこむ ralph さらに、ティザーポスタービジュアルも解禁!
道端に仲良く佇むヒキタ夫妻が念願の“ご懐妊”に向けて、これからどのように歩んでいくのか?この先の物語を想像せずにはいられない印象的なビジュアルとなっております。


ヒキタさん! ご懐妊ですよ

公式サイト:
hikitasan-gokainin.com

公式Twitter:
@hikitasan2019



***********************************


出演:松重 豊 北川景子 山中崇 濱田岳/伊東四朗 
脚本・監督:細川 徹  
原作:ヒキタクニオ『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(光文社刊)
配給:東急レクリエーション 
©2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会
  


『アイスと雨音』くまもと復興映画祭、北京国際映画祭、全州国際映画祭ほかに参加!


映画情報どっとこむ ralph 3月3日、渋谷ユーロスペースほか全国順次大ヒット公開中の松居大悟監督最新作『アイスと雨音』。SNSでは熱い感想と口コミが飛び交い、10回観たというリピーターも続出するなど、話題沸騰中の本作は、予定していた演劇が中止になるという松居監督自身の経験をもとに、“現実と虚構”” “映画と演劇”の狭間でもがく若者たちの1ヶ月を、74分ワンカットで描いた青春譚。
このたび、昨年の第30回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門公式出品に続き、今週末4月6日〜8日開催の「くまもと復興映画祭2018 powered by 菊池映画祭」、4月開催の中国・北京国際映画祭(アジアプレミア上映)、5月開催の韓国・第19回全州国際映画祭(チョンジュ国際映画祭/韓国プレミア上映)に公式出品が続々決定!


くまもと復興映画祭 powered by 菊池映画祭 正式出品

https://www.fukkoueigasai.jp
会期:2018年4月6日(金)〜8日(日)
参加:MOROHA、松居大悟監督

中国・第8回 北京国際映画祭 ⚫パノラマ部門 正式出品
(アジアプレミア上映)
http://www.bjiff.com
   会期:2018年4月15日(日)〜22日(日)
   参加:松居大悟監督

韓国・第19回 全州国際映画祭 WORLD CINEMA SCAPE部門 正式出品
(チョンジュ国際映画祭/韓国プレミア上映)
   http://eng.jiff.or.kr
   会期:2018年5月3日(木)〜12日(日)
   参加:森田想、田中怜子、松居大悟監督

映画情報どっとこむ ralph 松居大悟監督よりコメントが届きました。

松居監督:
個人的な気持ちで始めたので、誰かに認められたいとか、何かに勝りたいとか、そういう気持ちはありませんでした。でも今は、色んな感想やこうした上映が、嬉しいです。
この8人や関わったみんなは、すごいんです!

くまもと復興映画祭は、初めて参加するのですが、行定監督に呼んでいただき、同じ九州人として参加できることを誇りに思います。北京国際映画祭は、初参加どころか、中国で自分の作品が上映されるのも初めてなので、どういう反応が来るかドキドキします。全州国際映画祭は、去年に続き2回目の参加、すごくアットホームで、中の人たちが楽しんでるのが伝わるので、あの輪に入れるのが楽しみです。まだ先ですが、ヨーロッパの方でも上映されます。 イギリスで書かれた戯曲の上演中止から始まり、下北沢で撮られた74分ワンカットの若者たちの1ヶ月間を、どのように見てもらえるのか、食らわすことができるのか。

今、東京と名古屋で上映されていて、少しずつこれから日本国内の上映も広がってきています。生理的に無理という人もいるし、もう10回以上見たという人もいて、見る前に情報が飛び交う時代ですが、1つとして同じ感想はありません。「アイスと雨音」には、僕が予期していなかった何かが宿っているようです。演劇よりリーズナブルで、映画より生々しい、何か。劇場で見てほしいです。
精いっぱい元気にいきましょう!よろしくお願いします。

映画情報どっとこむ ralph アイスと雨音

ice-amaoto.com

監督は、映画『私たちのハァハァ』『アズミ・ハルコは行方不明』テレビドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」など、「今」という時代を映し続ける気鋭監督・松居大悟。出演は、400名の中からオーディションで選ばれた、森田想・田中怜子・田中偉登・青木柚・紅甘・戸塚丈太郎の6人の若手俳優たち。音楽は、マイク1本とギター1本で、聞き手の人生に踏み込み続けるMOROHAが劇中生演奏で観る者を釘づけにする。演技未経験で大阪から上京してきた出演者・田中怜子にインスパイアされ生み出された主題歌「遠郷タワー」(配信限定リリース中)は、覚悟を胸に目標を追い掛けるすべての人の背中を押す。心が折れたことがあるすべての人に捧ぐ、意欲作の誕生です。

STORY 

私たちの青春は、もう止まらない。
2017年、小さな町で演劇公演が予定されていた。オーディションで選ばれ、初舞台に意気込む6人の少年少女たち。戯曲は、世界の演劇シーンで注目を集めるイギリスの劇作家Simon Stephensの「MORNING」。親友が町を出ていくことをきっかけに、鬱屈からの夜明けを描いた物語。しかし、その舞台は突如中止となった―「ねえ、稽古しようよ」とひとりの少女が言い放つ。



***********************************


監督・脚本・編集:松居大悟
出演:森田想・田中怜子・田中偉登・青木柚・紅甘・戸塚丈太郎・門井一将・若杉実森・利重剛/MOROHA 
音楽・主題歌「遠郷タワー」:MOROHA

プロデューサー:行実良,阿部広太郎,直井卓俊,遠田孝一,林武志/共同プロデューサー:時田曜子,吉川亜未

撮影:塩谷大樹
録音・MIX:戸村貴臣
舞台監督:津江健太/衣装:KEISUKEYOSHIDA
製作:「アイスと雨音」実行委員会
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS 2017年/5.1chサラウンド/16:9/74分
©「アイスと雨音」実行委員会 


自然と人間を真摯に見つめる 金子雅和監督『アルビノの木』にコメント続々


映画情報どっとこむ TJ 金子雅和監督作品「アルビノの木」が7月16日(土)よりテアトル新宿にてレイトショー公開となります。

人間と自然の関係を真摯に見つめる物語。アルビノの木03圧倒的な映像美の中、人間のあり方を問う本作に、美術家の会田誠や画家の山口晃、作家で民俗学者の畑中章宏ら、各界の第一人者からのコメントが続々到着しています!

映画情報どっとこむ TJ 会田誠氏(美術家)
金子監督の誠実な…もっと言ってしまえば愚直な人柄がひしひしと感じられました。 僕は何度か「放射能」を連想しながら観ていましたが、それは観客の自由ですよね?

畑中章宏氏(作家・民俗学者)
日本列島に住む人びとは、「社会」を構成するものが人間だけだなんて、ずっと思ってはいなかった。 動物や樹木や草花、雨風といった気象などが相互に交流し合い、人間も含めた社会が成り立っていると
考えるのがふつうだった。 そんな暗黙のルールを破り、人間だけがそこからはずれたつもりでいても、勝手にはできない。 動物や植物や気象にも、彼らの歴史があり、事情があるのだ。 こういった、いまもっとも大変で意識されるべき「構造」が、この映画には描かれていると思う。

山口晃氏(画家)
あれは何だったのか、うまく言えないのですが、スクリーンの中で話が進んでゆくうち、突如映画でも物語でもない何者かがこちら側に現れる瞬間が幾度かあったのです。無理に言葉にしてみれば、拙なさを怖れず既存の文法を放り出す様な時が、その瞬間であったのかと思われます。それは、丁寧に映像を彫琢するうち、期せずして何か新しい型に達してしまったという風で、これ見よがしの感がなく、この映画独特の語り口になっていました。

アルビノの木
映画情報どっとこむ TJ 片岡礼子氏(俳優『函館珈琲』『続・深夜食堂』ほか)
人間も動物も その行為には理由(わけ)がある。 害獣って言葉を考えながら観て 人害について考える自分がいた。 人間を嫌いになりたい訳じゃない 真摯に生きるってなんだろう。

乙一氏(作家)
これは暗殺者の物語だ。銃を隠し、相手の土地に潜り込む。このシチュエーションを日本で成立させたことに驚かされる。エンターテインメント性を保ちながら、映画は具象と抽象の間をゆれうごく。やがて観客は、神話的な世界と通過儀礼を観るだろう。

瀬々敬久氏(映画監督『64-ロクヨン-』ほか
自然と人間の鮮烈なコントラスト。生かされていることを感じさせられる映画体験。 獣害って、何だ? 害獣って、どっちだ?

アルビノの木16
映画情報どっとこむ TJ

金子雅和監督作品『アルビノの木』

7月16日(土)~29日(金) テアトル新宿にてレイトショー!

公式HP:
http://www.albinonoki.com

7月16日の初日舞台あいさつをはじめ上映期間中、劇場イベント続々決定!
23日以降もイベント予定。

連日21:00の回上映後

7月16日(土)初日舞台挨拶
(松岡龍平、東加奈子、山田キヌヲ、尾崎愛、松蔭浩之、細井学、松永麻里、山口智恵、金子雅和監督)

7月17日(日)山田キヌヲさん(女優)×金子雅和監督

7月18日(月・祝)松蔭浩之さん(現代美術家)×ヴィヴィアン佐藤さん(美術家・ドラァグクイーン・映
画批評家)×金子雅和監督

7月19日(火)乙一さん(作家)×金子雅和監督

7月20日(水)長谷川初範さん(俳優)×金子雅和監督

7月21日(木)金子雅和監督によるティーチイン

7月22日(金)瀬々敬久さん(映画監督)×金子雅和監督

***********************************

害獣駆除会社で働くユクの元に、多額の報酬の仕事の依頼が舞い込む。鉱山として栄えた山間の村で「白鹿様」と言われる珍しい鹿を秘密裏に撃つこと。普通の鹿と異なる存在が悪い噂になることを危惧し、過疎化した村を切り捨てようとする町の役人の苦肉の策だった。害のない動物を殺すことに仄かな疑問を抱えつつもユクは村に向かう。山で出会った、故郷に対し複雑な思いを抱いている村の女性ナギ、その婚約者で木食器職人の羊市、かつて害獣を駆除していたという山小屋に独り住いの男、山の集落で静かに暮らす人々。連なる山々、生い茂る樹々、ときに赤く色を変える川、白い飛沫をあげる滝壺…圧倒的な自然の中に静かに佇む白鹿がいた。病床の母のために、人々が大切に思っている命を奪うこととは…。 

松岡龍平 東加奈子 福地祐介 増田修一朗 尾崎愛 細井学 松蔭浩之 松永麻里 山口智恵 山田キヌヲ 長谷川初範

2016年/日本/16:9/HD上映/5.1ch&2.0ch/カラー/86分/ckinone
製作:kinone
配給:マコトヤ


北京国際映画祭で金子雅和監督作品『アルビノの木』正式上映!


映画情報どっとこむ ralph 開催中の第6回北京国際映画祭(2016年4月16日〜4月23日)
BEIJING INTERNATIONAL FILM FESTIVAL

http://www.bjiff.com/xghd/zmwlgjzydy

にて、金子雅和監督「アルビノの木」が新人コンペ部門「フォワード・フューチャーコンペティション」にノミネートされ、4月21日(木)に正式上映されます。

金子も招待されていて、上映終了後に登壇し、観客とのQ&Aが予定されています。
アルビノの木
映画情報どっとこむ ralph フォワード・フューチャーコンペティションは長編2本目までを対象としたコンペ部門。今年は世界中から集められた18作品が最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞の3つの賞を競うことになる。なお、メイン、新人の両コンペ部門の正式上映される日本映画は「アルビノの木」のみ。

北京国際映画祭は6回を数えるまだ新しい映画祭ながら、アジアの映画祭のなかで上海国際映画祭につぐ注目度といわれる、はなはだしい躍進ぶり。来場者数20万となった昨年は、園子温監督「ラブ&ピース」がメインコンペ部門で上映され、今年は日本映画週間として黒澤明監督「乱」から「ピースオブケイク」まで、8作品を紹介している。

映画情報どっとこむ ralph 映画「アルビノの木」は・・・

害獣駆除会社で働くユクの元に、多額の報酬の仕事の依頼が舞い込む。鉱山として栄えた山間の村で「白鹿様」と言われる珍しい鹿を秘密裏に撃つこと。普通の鹿と異なる存在が悪い噂になることを危惧し、過疎化した村を切り捨てようとする町の役人の苦肉の策だった。しかし実際には害のない生き物を殺すことに葛藤を抱えながら村に向かい、村の女・ナギやその婚約者・羊市と出会う・・・

文明がもたらした歪みに揺らぐ人々を、日本の原風景の中で捉えた、自然と人間の物語。同時に圧倒的な自然と神々しい生命の映像叙事詩。

劇場デビュー長編「すみれ人形」がカルトな人気となった金子雅和の長編映画監督2作目。撮影も金子が手がけ、山々や源流や自然が織りなす光と陰を静かに圧倒的な力強さで捉えている作品です。

***********************************

出演:
松岡龍平 東加奈子 福地祐介
山田キヌヲ 長谷川初範 増田修一朗 尾崎愛 細井学 松蔭浩之 松永麻里 山口智恵

スタッフ:
監督/編集:金子雅和 
プロデューサー:金子雅和 金子美由紀 
脚本:金子雅和 金子美由紀 
撮影:金子雅和 撮影助手:東哲哉 
照明:白石宏明 録音:間野翼 
美術/衣装:金子美由紀 メイク:知野香那子 鈴木啓士朗 
助監督:滝野弘仁 登り山智志 
監督助手:福田佑一郎 制作:名倉愛 堀内蔵人 
整音:黄永昌 特殊効果:高橋昂也 高橋絢 
音楽:石橋英子 
ロケーションコーディネイト:坂詰史博 
協力:長野県須坂市
製作:kinone 配給:マコトヤ 
2016年/日本/16:9 Full HD/DCP//5.1ch/カラー/86分