「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」タグアーカイブ

ほっぺにピカチュウ! ポケモン映画公開記念SNOWコラボスタンプ


映画情報どっとこむ ralph 昨年大ヒットを記録した「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」から始まった、サトシとピカチュウの新しい冒険。

映画最新作「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」は、1年に1度の“風祭り”で、伝説のポケモン・ルギアから恵みの風をもらう街を舞台に起こる、新しい5人の仲間たちとの壮大な物語となっています。


「ひとりじゃできないことも、キミとなら…」

そんなポケモンと人、人と人との繋がりが描かれた本作は、今までのポケモン映画の枠を超え、さらなる進化を遂げます。今までのポケモン映画ではあまり出会わなかったような、年齢も性別もバラバラの登場人物たちが、どう物語に関わってくるのか!?そして、それぞれの登場人物とポケモンたちの絆とは!?「劇場版ポケットモンスターみんなの物語」は7月13日(金)公開です。


そしてこのたび映画公開を記念して、「ポケモン映画」とARカメラアプリ「SNOW」とのコラボスタンプが登場しました!
可愛らしいモデルさんは半澤楓さん。
Twitter:@kaede_000131

本日リリースされたスタンプは、ピカチュウとイーブイ、そしてモンスターボールをフェイスペイントにできるスタンプです。これらのスタンプは、ユーザーが口を開ける動きに合わせて紙吹雪が舞うので、みんなで集まってスポーツ観戦をするときにも最適!


さらに6月末には第2弾として、ユーザー自身がピカチュウやイーブイに変身できるスタンプが登場。

さらに、7月初めの第3弾では、ユーザー自身がモンスターボールでゲットされてしまうという、おもしろスタンプも登場します。

映画情報どっとこむ ralph 映画公開に先がけて、ポケモンの世界にドップリひたれるSNOWコラボスタンプ。今年のポケモン映画の更なる盛り上がりにご期待ください!!

アプリ「SNOW」ダウンロードURL:
https://bit.ly/2JPiMsK

アプリ「SNOW」とは

全世界で2億6000万人が使用する、ARカメラアプリ「SNOW」。

豊富な顔認識スタンプを使って動物に変身したり、様々なフィルターを使って日常をオシャレに加工できます。また最近は空を自動的に認識して景色を変えられる「空認識」や地面を認識してその上にキャラクターを出現させられる「ARスタンプ」などが登場し、10代だけでなく、あらゆる世代から支持を受ける大人気アプリです。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

2018年7月13日(金)全国ロードショー


幻のポケモン・ゼラオラとどうやら関わりが深そうな謎の少女・ラルゴに芦田愛菜。ポケモン初心者の女子高生・リサに川栄李奈。自分に自信が持てない気弱な研究家・トリトに濱田岳。嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男・カガチに大倉孝二。ポケモンを毛嫌いする変わり者のおばあさん・ヒスイに野沢雅子。ポケモン映画常連の中川翔子、山寺宏一も参加し、役柄同様、年齢も性別も異なる豪華ゲスト声優陣が集結しました。

ストーリー
ひとりじゃできないことも、キミとなら――。
人々が風と共に暮らす街・フウラシティでは、1年に1度だけ開催される“風祭り”が行われていた。祭りの最終日には伝説のポケモン・ルギアが現れて、人々はそこで恵みの風をもらう約束を、昔から交わしていたという。
ポケモン初心者の女子高生、リサ。
嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男、カガチ。
自分に自信が持てない気弱な研究家、トリト。
ポケモンを毛嫌いする変わり者のおばあさん、ヒスイ。
森の中で一人佇む謎の少女、ラルゴ。

偶然、風祭りに参加していたサトシとピカチュウは、5人の仲間たちと出会う。それぞれが悩みを抱え、パートナーのポケモンと一歩を踏み出せない中、みんなが出会うことで、運命の歯車が動き出す……。ルギアとの約束は守られるのか?そして幻のポケモン・ゼラオラの正体とは??

今、人とポケモン、みんなの絆が奇跡を起こす――。

***********************************

特別出演:芦田愛菜 川栄李奈 濱田岳 大倉孝二 野沢雅子・中川翔子 山寺宏一
サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江
ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇
原案:田尻 智 監督:矢嶋哲生 アニメーションスーパーバイザー:湯山邦彦

エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉、片上秀長
プロデューサー:下平聡士、松山進、知久敦、大日向俊

脚本:梅原英司、高羽彩
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸、和田丈嗣
キャラクターデザイン:金子志津枝 総作画監督:西谷泰史、丸藤広貴

音響監督:三間雅文
音楽:宮崎慎二
アニメーション制作:OLM / WIT STUDIO
製作:ピカチュウプロジェクト
配給:東宝

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©2018 ピカチュウプロジェクト


松本梨香 ・ 林明日香 劇場版ポケットモンスター 大ヒット御礼熱唱!横浜赤レンガ倉庫で


映画情報どっとこむ ralph 夏はポケモン!現在、大ヒット上映中のポケモン映画20周年記念作品「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」。

7月15日(土)に全国368スクリーンで公開され、週末映画ランキング初登場第1位(7月18日 興行通信社調べ)、ぴあ映画初日満足度ランキング第1位(7月15日 ぴあ調べ)を記録。

連日、子供たちやその家族のみならず、久しぶりにポケモン映画を観る20~30代の男女など幅広い層が劇場に来場。さらには、サトシとピカチュウの「出会い」と「約束」を描いた感動の物語に、劇場へ2回、3回と訪れるリピーターも続出。8月9日(水)までの公開から26日間で、観客動員195万人、興行収入22.7億円を突破!!

現在、横浜みなとみらいエリア一帯で、イベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」が開催され、期間中、1500匹以上のピカチュウが横浜をにぎわせています。

ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!
会期:8月9日(水)~15日(火) 
会場:横浜みなとみらいエリア

そして!

本日8月10日(木)横浜赤レンガ倉庫にて行われた、ずぶぬれスプラッシュショー「水のカーニバル」のステージに、サプライズで、主人公・サトシ役の松本梨香と、エンディング主題歌を担当した林明日香が登場しました!!
「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」大ヒット御礼イベント
日時:8月10日(木)
会場:横浜赤レンガ倉庫
ゲスト:松本梨香(サトシ役)、林明日香(エンディング主題歌)、ピカチュウ(着ぐるみ)

映画情報どっとこむ ralph 「ピカチュウ大量発生チュウ!」は、横浜市と株式会社ポケモンが協力して開くイベントで、今年で4回目。

今回は観客動員200万人突破目前ということで、映画の大ヒットに感謝を込めて、会場に集まった1500人の観客の前で、サプライズで、松本がオープニング主題歌「めざせポケモンマスター -20th Anniversary-」を、林が、エンディング主題歌「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」と、2003年公開の映画「七夜の願い星 ジラーチ」の主題歌「小さきもの」を披露しました。

横浜出身の松本は、念願のピカチュウ大量発生チュウイベントに初めて参加し、登場から大興奮。そして、松本が「めざせポケモンマスター」を歌うと、サビでは1500人の観客が大合唱。ウォーターキャノンから発射される約2tの水にずぶぬれになりながら、熱狂しました。

映画情報どっとこむ ralph 松本梨香さんコメント

みなさん、地元、横浜にようこそ。今回初めて、(ピカチュウ大量発生チュウイベントに)参加できてめちゃくちゃうれしいです。この歌でポケモンが始まり、あっという間に20年が経ちました。毎日毎日この歌を歌っていて、この歌を歌わない日はこの20年間で1日もなかったと思います。今回、この歌が映画のオープニングになると聞いた時は、本当に、やったー!と思いました。

今回、このような形でこの歌をみなさんにお届けできたことがすごくうれしいです。(横浜で歌ったことについて)地元なので、めちゃくちゃうれしいです。20年、がんばってきてよかったな、と思います。ありがとうございます。

林明日香さんコメント

(松本)梨香さんと、ポケモンの映画に14年ぶりに関わることができて、本当にうれしいです。

それにも増して、私は松本梨香さんという人が、本当にサトシのような人で、優しくて大好きです。梨香さんの事を語ると日が暮れてしまうんじゃないかという程、大好きです。




物語
全てのポケモンファンへ――、これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。

マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。

「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!? 旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

全国東宝系にて大ヒット上映中!!

***********************************

特別出演:本郷奏多 佐藤栞里 山寺宏一 中川翔子 古田新太
サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江 ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇
原案:田尻 智 
監督:湯山邦彦 
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉 宮原俊雄
プロデューサー:下平聡士 松山 進 知久 敦 片上秀長  
脚本:米村正二  アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:一石小百合 松原徳弘  
総作画監督:一石小百合  
音響監督:三間雅文  音楽:宮崎慎二 
製作:ピカチュウプロジェクト  
配給:東宝
オープニング主題歌:松本梨香「めざせポケモンマスター -20th anniversary-」(SMEレコーズ)
エンディング主題歌:林明日香「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」(EPICレコードジャパン)

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  ©Pokémon ©2017 ピカチュウプロジェクト
      


渋谷TSUTAYAをピカチュウがジャック!で大盛り上がり!


映画情報どっとこむ ralph いよいよ明日7月15日に公開となるポケモン映画 20 周年記念作品「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」。

目前にせまる公開を記念して、SHIBUYA TSUTAYA がピカチュウ一色に染まりました。
SHIBUYA TSUTAYA 店内では STAFF がピカチュウカラーの黄色い T シャツにピカみみカチューシャを着用して接客するなど、普段はなかなか見ることの出来ない貴重な光景が広がりました。

さらにスクランブル交差点前の店頭スペースにピカチュウの着ぐるみが登場すると、盛り上がりは最高潮!
渋谷の街は熱さ倍増!
大熱狂に包まれました!
店内 STAFF のピカチュウジャックをはじめ、SHIBUYA TSUTAYA とのコラボレーションは 7/17(月・祝)まで。
※ピカチュウの着ぐるみの登場は 7/14 のみ

映画情報どっとこむ ralph 劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

7月15日(土)より全国東宝系にてロードショー!!

ストーリー
全てのポケモンファンへ——、これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。
マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!? 旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

***********************************

特別出演:本郷奏多 佐藤栞里 山寺宏一 中川翔子 古田新太

サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江 ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ

ナレーション:石塚運昇
原案:田尻 智 監督:湯山邦彦
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉 宮原俊雄
プロデューサー:下平聡士 松山 進 知久 敦 片上秀長
脚本:米村正二
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:一石小百合 松原徳弘
総作画監督:一石小百合
音響監督:三間雅文 音楽:宮崎慎二
製作:ピカチュウプロジェクト
配給:東宝
オープニング主題歌:松本梨香「めざせポケモンマスター -20th anniversary-」( SME レコーズ)
エンディング主題歌:林明日香「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」(EPIC レコードジャパン)
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©2017 ピカチュウプロジェクト


ポケモン映画20周年記念四宮義俊美麗ビジュアル解禁!スポーツ報知特別号で!


映画情報どっとこむ ralph いよいよ今週末7月15日に公開を迎える「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」。現地時間7月6日(木)に、フランス・パリで開催された「Japan Expo Paris 2017」にて行われたワールドプレミアが話題の本作。

公開を目前に控え、四宮義俊氏による「ポケモン映画20周年記念ビジュアル」が解禁されました。四宮義俊氏は、これまでに新海誠監督作品「言の葉の庭」のポスターアートや数々の映画の劇中絵画などを幅広く手がけ、その美麗なイラストで知られる話題のアーティストです。
本作は、いまやすっかり最高のパートナーとなったサトシとピカチュウの「出会い」と「約束」の物語。メインポスターとして既に発表されているアートディレクター・杉森建氏によるビジュアルは「いつか一緒にあいつ(伝説のポケモン・ホウオウ)に会いに行こう」と2人が誓った「約束」を描いたもの。そして新たに解禁されたものは、2人の冒険の始まりを想起させる、まさに「出会い」を描いたビジュアルとなっています。

映画情報どっとこむ ralph この貴重なポスタービジュアルは、公開前日の7月14日発売のスポーツ報知「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」特別号のA1大のポスターとして収録。

この新ビジュアル同様、本作はサトシとピカチュウが出会い、2人が本当のパートナーになるまでの感動の物語。
大人から子どもまで、すべてのポケモンファン必見の「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」。いよいよ公開となる、記念すべきポケモン映画20作目をお楽しみください!

◆スポーツ報知「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」特別号
7月14日から主要駅売店、主要コンビニ(九州・四国の一部を除く)、SHIBUYA TSUTAYA,一部地域を除く読売新聞販売店で順次、発売。タブロイド判オールカラー24ページ、税込み350円。
<内容>ホウオウ、マーシャドー、新作ストーリー紹介。本郷奏多、佐藤栞里、山寺宏一、中川翔子、古田新太らゲスト声優、松本梨香、大谷育江ら声優陣、湯山邦彦監督のインタビュー。抜き取り面の表は四宮義俊氏によるオリジナル特大ポスター、裏は「ポスターで振り返るポケモン映画20年の歴史」。プレゼント特集など。

***********************************


特別出演:本郷奏多 佐藤栞里 山寺宏一 中川翔子 古田新太

サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江 ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇

原案:田尻 智 
監督:湯山邦彦 
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉 宮原俊雄
プロデューサー:下平聡士 松山 進 知久 敦 片上秀長  脚本:米村正二  アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:一石小百合 松原徳弘  
総作画監督:一石小百合  
音響監督:三間雅文  
音楽:宮崎慎二 
製作:ピカチュウプロジェクト  
配給:東宝
オープニング主題歌:松本梨香「めざせポケモンマスター -20th anniversary-」(SMEレコーズ)
エンディング主題歌:林明日香「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」(EPICレコードジャパン)
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  ©Pokémon ©2017 ピカチュウプロジェクト


ピカチュウと一緒!? SNOWコラボスタンプ 「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」


映画情報どっとこむ ralph テレビアニメの初回放送から20年目を迎えた「ポケットモンスター」。そして、シリーズ累計動員7400万人突破!大ヒットを記録し続け、今年で20作目となる「劇場版ポケットモンスター」。この記念すべき超大作「劇場版ポケットモンスターキミにきめた!」が、いよいよ7月15日(土)から公開となります。

20年前に放送されたアニメ初回のラストで、サトシとピカチュウが目にした伝説のポケモン・ホウオウ。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」とふたりが誓った約束の続きが描かれる完全オリジナルストーリー。「世界一のポケモンマスター」を目指すサトシがピカチュウと初めて出会い、ホウオウに会うための旅の中で、互いにパートナーと認め、堅い絆で結ばれていく成長物語。ハラハラドキドキの冒険はもちろん、サトシとピカチュウ、ひいては人間とポケモンの深い関係を描いた本作は、涙なしでは観られない感動作となっております。

そしてこのたび映画公開を記念して、「ポケモン映画」と動画コミュニケーションアプリ「SNOW」とのコラボスタンプが登場しました!本日リリースされたスタンプは、サトシの帽子をかぶったピカチュウと一緒に撮影できるスタンプと、ユーザー自身がピカチュウやニャースに変身できるスタンプです。これらのスタンプは、ユーザーが口を開ける動きにあわせて特別なアクションが見られます。さらに第2弾として7/7(金)※予定 には、ユーザーがサトシになりきって映画の1シーンを再現できるスタンプも登場します。これらのスタンプは期間限定、8/31(木)までの予定です。

映画公開に先がけて、ポケモンの世界にドップリひたれるSNOWコラボスタンプ。今年のポケモン映画の更なる盛り上がりにご期待ください!!
アプリ「SNOW」ダウンロード

映画情報どっとこむ ralph ◆ストーリー

全てのポケモンファンへ――、これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。

マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い?オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!?旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

7月15日(土)全国東宝系ロードショー

***********************************

特別出演:本郷奏多 佐藤栞里 山寺宏一 中川翔子 古田新太
サトシ:松本梨香 ピカチュウ:大谷育江 ムサシ:林原めぐみ コジロウ:三木眞一郎 ニャース:犬山イヌコ ナレーション:石塚運昇

原案:田尻 智 監督:湯山邦彦
エグゼクティブプロデューサー:岡本順哉 宮原俊雄

プロデューサー:下平聡士 松山 進 知久 敦 片上秀長
脚本:米村正二
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:一石小百合 松原徳弘
総作画監督:一石小百合
音響監督:三間雅文 音楽:宮崎慎二
製作:ピカチュウプロジェクト 配給:東宝
2017年7月15日(土)全国ロードショー

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©2017 ピカチュウプロジェクト