「劇中衣装」タグアーカイブ

「溺れるナイフ」劇中衣装が全国巡回!衣装展開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 溺れるナイフ』が11月5日(土)公開となります。

小松菜奈、菅田将暉W主演、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音という最旬キャストの発表に、「このキャスティング、この実写映画化は奇跡!」とSNSを中心に話題沸騰!監督は、日本映画界最注目の新鋭・山戸結希。気高く危うい10代の破裂しそうな恋と衝動を描いた、誰も出会ったことのないラブストーリーが誕生した。

この度、『溺れるナイフ』の衣装展が全国で実施されることが決定した!小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅、上白石萌音が、実際に着用した衣装・総数20点が、東名阪はじめ、北海道、福岡と7都市で展開となる。

溺れるナイフss5
都会からきたティーン誌のモデル・夏芽(小松菜奈)と、地元の神主一族の跡取り・コウ(菅田将暉)の<一生に一度の>ラブストーリーを描いた本作。

%e6%ba%ba%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%95今回の衣装展では、夏芽とコウがバイクにまたがり、爽やかな笑顔を見せるシーンで身にまとった、夏芽の白のキャミワンピ、コウの白装束はじめ、カナ(上白石萌音)の制服や大友(重岡大毅)のポロシャツやTシャツにジーンズや短パンという高校生らしい衣装の数々を展示。そのほか、夏芽が東京でモデルとして活躍する冒頭シーンで着用した、淡いピンクのラブリーな衣装も。

この衣装は、圧倒的な可愛さと世界観で女の子を魅了するニットブランド「縷縷夢兎(るるむう)」が提供しています。

映画情報どっとこむ ralph 衣装展スケジュールは以下の通り。

◆10/1~10/7  
【福岡】天神コア
◆10/1~  
【千葉】TOHOららぽーと船橋 
◆10/8~10/19   
【和歌山】ジストシネマ和歌山
◆10/8~10/16  
【愛知】イオンシネマ大高
◆10/10~10/16   
【鹿児島】鹿児島ミッテ10/アミュプラザ鹿児島2F
◆10/15~11/20  
【大阪】NU茶屋町
◆10/19~10/23  
【熊本】 TOHOシネマズ光の森/ゆめタウン光の森
◆10/20~11/6   
【愛知】近鉄パッセ(名古屋駅)星野書店
◆10/22~11/11  
【和歌山】ジストシネマ南紀 
◆10/25~11/7  
【北海道】札幌シネマフロンティア 
◆10/25~11/7  
【東京】渋谷TSUTAYA
◆10/26~10/30  
【長崎】TOHOシネマズ長崎/ みらい長崎COCOウォーク
◆11/2~11/6   
【博多】T・ジョイ博多、リバーウォーク北九州/T・ジョイリバーウォーク北九州
◆11/9~11/20  
【愛知】TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
◆11/9~11/13  
【宮崎】セントラルシネマ宮崎/イオンモール宮崎

映画情報どっとこむ ralph

破裂しそうな10代の恋と衝動を描く、不滅の“純愛”ストーリー。

「溺れるナイフ」

11月5日(土)TOHOシネマズ渋谷ほか全国ロードショー

公式:
oboreruknife

溺れるナイフポスター物語・・・
あの頃、君が世界の全てで、私たちは永遠だと信じていた―。
溺れるナイフ15歳の夏。東京から遠く離れた浮雲町に越してきた、人気モデルの望月夏芽(小松菜奈)。退屈でウンザリするようなこの町で、夏芽は体を貫くような‘閃光’と出会ってしまう。それは、コウと呼ばれる少年・長谷川航一朗(菅田将輝)だった。傲慢なほどに激しく自由なコウに、反発しながらも、どうしようもなく惹かれてゆく夏芽。コウもまた、夏芽の美しさに対等な力を感じ、やがてふたりは付き合いはじめる。「一緒にいれば無敵!」という予感に満たされるふたり。しかし浮雲の夏祭りの夜、全てを変える事件が起きるのだった―。失われた全能感、途切れてしまった絆。傷ついたふたりは、再び輝きを取り戻すことができるのか。未来への一歩を踏み出すために、いま、ふたりがくだす決断とは― 。

***********************************

監督 山戸結希

キャスト:
小松菜奈 菅田将暉 
重岡大毅(ジャニーズWEST) 上白石萌音 志磨遼平(ドレスコーズ)

原作:ジョージ朝倉「溺れるナイフ」(講談社「別フレKC」刊)
主題歌:「コミック・ジェネレイション」ドレスコーズ(キングレコード)
脚本:井土紀州 山戸結希 
音楽:坂本秀一 
製作:「溺れるナイフ」製作委員会(ギャガ/カルチュア・エンタテインメント) 
助成:文化芸術振興費補助金 
企画協力・制作プロダクション:松竹撮影所 
制作プロダクション:アークエンタテインメント 
企画・製作幹事・配給:ギャガ 

原作:ジョージ朝倉『溺れるナイフ』(講談社「別冊フレンド」刊) 
(C)ジョージ朝倉/講談社  
(C)ジョージ朝倉/講談社 (c)2016「溺れるナイフ」製作委員会